Xamarin 環境を検証するVerify your Xamarin environment

インストーラーが完了したら ( Setup and installを参照)、数分をかけて、Xamarin 開発を実行するための準備ができているかどうかを確認します。Once the installers have completed (see Setup and install), spend a few minutes to verify that everything is ready to experience Xamarin development.

インストールの確認が終わったら、次のチュートリアルの一方または両方を試します。Once you have finished verifying the installation, try either or both of the following walkthroughs:

すべてのプラットフォームAll platforms

Visual Studio で、まず、[ツール]、[拡張機能と更新プログラム] の順に選択し、いずれかの Xamarin コンポーネントに更新が必要であるかどうかを確認します。In Visual Studio, first select Tools > Extensions and Updates and check if any of the Xamarin components require updates.

次に、[ファイル]、[新しいプロジェクト] の順に選択し、Visual Studio で新しい Xamarin.Forms ソリューションを作成します。Then, create a new Xamarin.Forms solution in Visual Studio using File > New Project. ダイアログで、[Visual C#]、[クロスプラットフォーム] の順に展開し、[モバイル アプリ (Xamarin.Forms)] を選択し、[OK] をクリックします。In the dialog, expand Visual C# > Cross-Platform, select Mobile App (Xamarin.Forms), and click OK. ダイアログが表示されたら [空のアプリ] を選択します。In the dialog that follows, select Blank App. [コード共有方法][.NET Standard] を選択します。Under Code Sharing Strategy, select .NET Standard. [OK] をクリックします。Click OK.

以上の操作で、4 つのプロジェクトが含まれるソリューションが作成されます。4 つのプロジェクトとは、共有 .NET Standard 2.0 ライブラリ プロジェクトと、Android、iOS、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) のそれぞれに合わせて作られたアプリケーション プロジェクトです。These actions create a solution with four projects: a shared .NET Standard 2.0 library project and application projects for Android, iOS, and the Universal Windows Platform (UWP):

空のアプリ Xamarin.Forms テンプレートから新しいプロジェクトを作成した結果Results of creating a new project from the Blank App Xamarin.Forms template

AndroidAndroid

  1. [ツール]、[Android]、[Android SDK マネージャー] の順に進み、最新の Android SDK ツールがインストールされていることを確認してください。Check that you have the latest Android SDK tools installed by going to Tools > Android > Android SDK Manager. Android SDK Tools、Android SDK Platform ツール、Android SDK Build ツールの最新版をインストールします。Install the newest versions of the Android SDK Tools, Android SDK Platform tools, and Android SDK Build tools. 常に最新レベルの Android API をインストールする必要はありません。It is not necessary to always install the latest Android API level. 必要な API レベルは、対象となるプラットフォーム レベルによって異なります。The API level you need depends on the platform level you want to target. 通常、Xamarin プラットフォームをインストールすると、必要なレベルの Android プラットフォームがインストールされます。In general, installing the Xamarin platform will install the Android platform level it requires.

  2. デバイスまたはエミュレーターでビルドとデバッグを検証します。Validate building and debugging on a device or emulator:

    • ソリューション エクスプローラーで Android プロジェクトを右クリックして [スタートアップ プロジェクトに設定] をクリックします。Right-click the Android project in Solution Explorer and select Set as Startup Project.

    • ツール バーには、利用できる Android デバイスとエミュレーターの一覧が含まれるドロップダウンが表示されるはずです。In the toolbar, you should see a drop-down containing a list of available Android devices and emulators.

    Android デバイスの [設定] ページの [開発者] オプションで、USB デバッグを有効にする必要があります。Android devices must be enabled for USB debugging in the Developer options of the device's Settings page. 有効にすると、デバイスとコンピューターを USB ケーブルで接続できます。The device is then attached to the computer by USB cable.

    エミュレーターも一覧表示されます。Also listed are emulators. いずれかのデバイスまたは Visual Studio エミュレーターを選択します。Select one of the devices or Visual Studio emulators:

    デバッグ ターゲットとして Visual Studio Emulator for Android を選択していますSelecting the Visual Studio Emulator for Android as a debug target

    詳細については、「Introducing Visual Studio's Emulator for Android」(Visual Studio ALM blog) (Visual Studio の Emulator for Android の概要 (Visual Studio ALM ブログ)) をご覧ください。For more detailed information, see Introducing Visual Studio's Emulator for Android (Visual Studio ALM blog). エミュレーターを機能させるときに問題が発生する場合は、「 Troubleshooting the Visual Studio Emulator for Android」を参照してください。If you encounter problems getting the emulator to work, see Troubleshooting the Visual Studio Emulator for Android. [ツール]、[Android]、[Android Emulator マネージャー] の順に選択し、エミュレーターの新しいデバイス プロファイルを作成することもできます。You can also create new device profiles for the emulator by selecting Tools > Android > Android Emulator Manager.

  3. F5 を押すと、プログラムがコンパイルされ、Android デバイスまたはエミュレーターに配置されます。Press F5 to compile and deploy the program to the Android device or emulator.

WindowsWindows

  1. ソリューション エクスプローラーでユニバーサル Windows プロジェクトを右クリックして [スタートアップ プロジェクトに設定] をクリックします。Right-click the Universal Windows project in Solution Explorer and select Set as Startup Project.

  2. [ソリューション プラットフォーム] ドロップダウンで、[x86] または [x64] を選択します。In the Solution Platforms drop-down, select x86 or x64. [ローカル コンピューター] を選択します。Select Local Machine.

  3. F5 キーを押すと、プログラムがデスクトップに配置されます。Press F5 to deploy the program to the desktop.

iOSiOS

  1. Mac への接続」で説明されているように、ネットワーク上で Mac が利用でき、Visual Studio とペアになっていることを確認してください。Make sure your Mac is available on the network and paired with Visual Studio as described on Connecting to the Mac.

  2. ソリューション エクスプローラーで iOS プロジェクトを右クリックして [スタートアップ プロジェクトに設定] を選択します。Right-click the iOS project in Solution Explorer and select Set as Startup Project.

  3. 次に示すように、Visual Studio のビルド ドロップダウン リストでターゲットに [iPhoneSimulator] を選択するか、Mac にテザリングされたデバイスがある場合、ターゲットに [iPhone] を選択します。Select the iPhoneSimulator target from Visual Studio's build drop-down as shown below, or the iPhone target if you have a device tethered to the Mac.

    iPhoneSimulator ビルド ターゲットを選択していますSelecting the iPhoneSimulator build target

    シミュレーターが一覧にない場合、Mac で Xcode を起動し、[Xcode]、[ユーザー設定] の順に選択し、[ダウンロード] をクリックします。If no simulators are listed, launch Xcode on your Mac, select Xcode > Preferences, and click Download. [コンポーネント] という見出しの下に、ダウンロード可能なシミュレーターのバージョンが表示されます。Under the Components heading you should see the simulator versions that are available to download. デバッグに関する詳しい説明については、iOS のデバッグに関するページを参照してください。Additional instructions for debugging can be found on the iOS Debugging page.

  4. [Visual Studio] ドロップダウンからエミュレーター デバイス ターゲットを選択します。Select an emulator device target from the Visual Studio drop-down:

    iPhone デバッグ ターゲットを選択していますSelecting an iPhone debug target

  5. F5 キーを押してデバッガーを起動します。Start the debugger by pressing F5. Mac 上のシミュレーターが起動し、Visual Studio でのデバッグ中にアプリを操作できるようになります。The simulator is launched on the Mac where you'll interact with the app, while debugging happens in Visual Studio. iPhone または iPad の実機を Mac に接続した場合はこの一覧に表示され、代わりに選択できます。If you have a physical iPhone or iPad connected to the Mac, it will appear on the list and you can select it instead. デバイスもシミュレーターも表示されない場合、Mac との接続を確認してください。If you do not see any devices or simulators listed, check the connection to the Mac. 上の手順 1 でリンクされている記事を参照するか、[ツール]、[iOS]、[Mac とペアリング] の順に進んでください。Review the article linked in step 1 above, or go to Tools > iOS > Pair to Mac

  6. Mac に接続する際に問題が発生した場合は、「接続のトラブルシューティング」をご覧ください。If you encounter problems connecting to the Mac, read Connection Troubleshooting.

  7. "インストールされている iOS の署名キーに一致するプロビジョニング プロファイルがインストールされていません" というエラーが表示された場合は、次の改善案を試してください。If you see an error saying "No installed provisioning profiles match the installed iOS signing keys," try the following suggestions:

    • Xcode にアカウントを追加する 」(apple.com) の説明に従って、Mac 上の Xcode に Apple ID アカウントが追加されていることを確認します。Check that your Apple Id account is added in Xcode on your Mac as described on Adding Your Account to Xcode (apple.com). アカウントの追加後、必ず Visual Studio と Xcode の両方を再起動します。After adding your account, be sure to restart both Visual Studio and Xcode.

    • iOS バンドル署名タブの iOS プロジェクト プロパティで、アクティブなデバッグ構成のカスタム権利フィールドが空であることを確認します。Verify that in your iOS project properties in the iOS bundle signing tab, that the Custom entitlement field is empty for the active debug configuration. 注: 上記のエラー メッセージが表示された場合は、この設定の削除だけを試してみる必要があります。Note: you should only try removing this setting if you've encountered the above error message.

    CrossPlat Xamarin Verify 8CrossPlat Xamarin Verify 8