リモート デバッグ エラーとトラブルシューティングRemote Debugging Errors and Troubleshooting

リモートでデバッグを試行すると、次のエラーが発生する場合があります。You may come across the following errors when attempting to debug remotely.

管理者としてリモートデバッガーを実行するRun the remote debugger as an administrator

リモートデバッガーを管理者として実行しないと、問題が発生する可能性があります。You may come across issues if you don't run the remote debugger as an administrator. たとえば、次のエラーが表示されることがあります。 "Visual Studio リモートデバッガー (MSVSMONEXE) には、このプロセスをデバッグするための十分な特権がありません。 "For example, you may see the following error: "The Visual Studio Remote Debugger (MSVSMON.EXE) has insufficient privileges to debug this process." (サービスではなく) アプリケーションとしてリモートデバッガーを実行している場合は、異なるユーザーアカウントエラーが表示されることがあります。If you are running the remote debugger as an application (not a service), you may see the different user account error.

リモートデバッガーをサービスとして実行する場合When running the remote debugger as a service

リモートデバッガーを s サービスとして実行する場合は、いくつかの理由から管理者として実行することをお勧めします。When running the remote debugger as s service, we recommend running it as an administrator for several reasons:

  • リモートデバッガーサービスでは管理者からの接続のみが許可されるため、管理者として実行しても新しいセキュリティリスクは発生しませんThe remote debugger service only allows connections from administrators, so there are no new security risks introduced by running it as an administrator.

  • これにより、Visual Studio ユーザーにプロセスをデバッグする権限がリモートデバッガー自体よりも多くある場合に発生するエラーを防ぐことができます。It can prevent errors that result when the Visual Studio user has more rights to debug a process than the remote debugger itself does.

  • リモートデバッガーのセットアップと構成を簡略化します。To simplify the setup and configuration of the remote debugger.

リモートデバッガーを管理者として実行せずにデバッグすることもできますが、これを正しく動作させるための要件がいくつかあり、多くの場合、より高度なサービス構成手順が必要になります。While it's possible to debug without running the remote debugger as an administrator, there are several requirements to make this work correctly and they often require more advanced service configuration steps.

  • リモートコンピューターで使用しているアカウントには、"サービスとしてログオン" 権限が必要です。The account you are using on the remote machine must have the logon as service privilege. 「サービスとしてのログオンを追加するには」の手順を参照してください。See the steps under "To add logon as a service" in the cannot connect back error article.

  • このアカウントは、ターゲットプロセスをデバッグする権限を持っている必要があります。The account must have rights to debug the target process. これらの権限を取得するには、デバッグするプロセスと同じアカウントでリモートデバッガーを実行する必要があります。To get these rights, you must run the remote debugger under the same account as the process to be debugged. (簡単な方法は、管理者としてサービスを実行することです)。(The easier alternative is to run the service as an administrator.)

  • アカウントは、ネットワーク経由で Visual Studio コンピューターに接続して (つまり、認証する) 必要があります。The account must be able to connect back to (that is, authenticate with) the Visual Studio computer over the network. ドメインでは、リモートデバッガーが組み込みのローカルシステムアカウントまたはネットワークサービスアカウントまたはドメインアカウントで実行されている場合、接続が簡単になります。On a domain, it is easier to connect back if the remote debugger is running under the built-in Local System or Network Service accounts, or a domain account. ビルトインアカウントには、セキュリティ上のリスクをもたらす可能性がある、管理者特権のセキュリティ特権があります。The built-in accounts have elevated security privileges that can present a security risk.

リモートデバッガーをアプリケーションとして実行する場合 (通常モード)When running the remote debugger as an application (normal mode)

(通常のアプリケーションなどの) 独自の昇格されていないプロセスにアタッチしようとする場合は、リモートデバッガーを管理者として実行しているかどうかは関係ありません。If you are trying to attach to your own non-elevated process (such as a normal application), it doesn't matter if you are running the remote debugger as an administrator.

次のようないくつかのシナリオで、管理者としてリモートデバッガーを実行します。You want to run the remote debugger as an administrator in several scenarios:

  • 別のユーザー (IIS のデバッグ時など) として実行されているプロセスにアタッチする場合は、You want to attach to processes running as another user (such as when debugging IIS), or

  • 別のプロセスを起動しようとしています。起動するプロセスは管理者です。You are trying to launch another process, and the process you want to launch is an administrator.

プロセスを起動する必要があり、起動するプロセスが管理者でない場合は、を管理者として実行しないようにします。You do not want to run as an administrator if you want to launch processes, and the process you want to launch should not be an administrator.

関連項目See also