Visual Studio 2019 for Mac ツアーVisual Studio 2019 for Mac tour

Visual Studio for Mac は、コードを編集、デバッグ、ビルドし、その後にアプリを発行できる Mac 上の .NET 統合開発環境 です。Visual Studio for Mac is a .NET integrated development environment on the Mac that can be used to edit, debug, and build code and then publish an app. Visual Studio for Mac には、コード エディターやデバッガーに加えて、コンパイラ、コード補完ツール、グラフィック デザイナー、ソース管理など、ソフトウェア開発プロセスを容易にする機能があります。In addition to a code editor and debugger, Visual Studio for Mac includes compilers, code completion tools, graphical designers, and source control features to ease the software development process.

Visual Studio for Mac は、.csproj.fsproj、または .sln など、対応する Windows 版と同じ種類のファイルを多くサポートしています。また、EditorConfig などの機能もサポートしており、これはご自分に最適な IDE を使用できることを意味しています。Visual Studio for Mac supports many of the same file types as its Windows counterpart, such as .csproj, .fsproj, or .sln files, and supports features such as EditorConfig, meaning that you can use the IDE that works best for you. Windows で Visual Studio を使用したことがあれば、使い慣れた方法でアプリの作成、起動、開発を行うことができます。Creating, opening, and developing an app will be a familiar experience for anyone who has previously used Visual Studio on Windows. また、Visual Studio for Mac は、Windows 版を強力な IDE にしている強力なツールの多くを採用しています。In addition, Visual Studio for Mac employs many of the powerful tools that make its Windows counterpart such a powerful IDE. Roslyn コンパイラ プラットフォームは、リファクタリングと IntelliSense に使用されます。The Roslyn Compiler Platform is used for refactoring and IntelliSense. そのプロジェクト システムとビルド エンジンでは MSBuild が使用されており、ソース エディターでは、Windows での Visual Studio と同じ基盤が使用されています。Its project system and build engine use MSBuild, and its source editor uses the same foundation as Visual Studio on Windows. Xamarin アプリと .NET Core アプリに同じデバッグ エンジンを使用し、Xamarin.iOS と Xamarin.Android に同じデザイナーを使用しています。It uses the same debugger engines for Xamarin and .NET Core apps, and the same designers for Xamarin.iOS and Xamarin.Android.

Visual Studio for Mac で実行できることWhat can I do in Visual Studio for Mac

Visual Studio for Mac では、次の種類での開発をサポートしています。Visual Studio for Mac supports the following types of development:

  • C#、F# を使用した ASP.NET Core Web アプリケーション、および Razor ページ、JavaScript、TypeScript のサポートASP.NET Core web applications with C#, F#, and support for Razor pages, JavaScript, and TypeScript
  • C# または F# を使用した .NET Core コンソール アプリケーション.NET Core console applications with C# or F#
  • C# を使用したクロスプラットフォーム Unity ゲームおよびアプリケーションCross-platform Unity games and applications with C#
  • C# または F# および XAML を使用した Xamarin での Android、iOS、tvOS および watchOS アプリケーションAndroid, iOS, tvOS, and watchOS applications in Xamarin with C# or F# and XAML
  • C# または F# での Cocoa デスクトップ アプリCocoa desktop apps in C# or F#

この記事では、Visual Studio for Mac の多様なセクションについて説明し、これらのアプリケーションを作成する場合に強力なツールになる機能の一部を紹介します。This article explores various sections of Visual Studio for Mac, providing a look at some of the features that make it a powerful tool for creating these applications.

IDE ツアーIDE tour

Visual Studio for Mac は、アプリケーションのファイルと設定の管理、アプリケーション ノードの作成、およびデバッグのセクションに分かれています。Visual Studio for Mac is organized into several sections for managing application files and settings, creating application code, and debugging.

作業の開始Getting started

Visual Studio 2019 for Mac を初めて起動すると、新規ユーザーにはサインイン ウィンドウが表示されます。When you start Visual Studio 2019 for Mac for the first time, new users will see a sign-in window. ご自分の Microsoft アカウントでサインインして、有料ライセンス (ある場合) をアクティブ化するか、Azure サブスクリプションにリンクします。Sign-in with your Microsoft account to activate a paid license (if you have one) or link to Azure subscriptions. [後で行う] を押し、Visual Studio > [サインイン] メニュー項目を使用して、後でサインインすることができます。You can press I'll do this later and sign in later via the Visual Studio > Sign in menu item:

Microsoft アカウントへのサインイン

次に、優先するキーボード ショートカットを選択すると、IDE をカスタマイズするためのオプションが表示されます: Visual Studio for Mac、Visual Studio、Visual Studio Code、または Xcode。You'll then be given the option to customize the IDE by selecting your preferred keyboard shortcuts: Visual Studio for Mac, Visual Studio, Visual Studio Code, or Xcode:

お気に入りのキーボード ショートカットを選択する

この初期セットアップ エクスペリエンスの後は、Visual Studio 2019 for Mac を開くと常に "開始ウィンドウ" が表示され、最近使用したプロジェクトの一覧と、既存のプロジェクトを開いたり新しいプロジェクトを作成したりするためのボタンが表示されます。After this initial setup experience, you'll see the start window whenever you open Visual Studio 2019 for Mac, which shows a list of recent projects, and buttons to open an existing project or create a new one:

最近使用したプロジェクトから選択するか、新しいものを作成する

ソリューションとプロジェクトSolutions and projects

次の図は、アプリケーションが読み込まれた Visual Studio for Mac を示しています。The following image shows Visual Studio for Mac with an application loaded:

アプリケーションが読み込まれた Visual Studio for Mac

以下のセクションでは、Visual Studio for Mac の主な領域について概要を説明します。The following sections provide an overview of the major areas in Visual Studio for Mac.

[ソリューション] ウィンドウSolution Window

[ソリューション] ウィンドウでは、ソリューション内のプロジェクトが整理されています。The Solution Window organizes the project(s) in a solution:

[ソリューション] ウィンドウに整理されているプロジェクト

これは、ソース コード、リソース、ユーザー インターフェイス、および依存関係のファイルが、プラットフォーム固有のプロジェクトに整理されている場所です。This is where files for the source code, resources, user interface, and dependencies are organized into platform-specific Projects.

Visual Studio for Mac でプロジェクトとソリューションを使用する方法の詳細については、「プロジェクトおよびソリューション」を参照してください。For more information on using Projects and Solutions in Visual Studio for Mac, see the Projects and Solutions article.

アセンブリ参照Assembly references

各プロジェクトのアセンブリ参照は、[参照] フォルダーの下に表示されます。Assembly references for each project are available under the References folder:

[ソリューション] ウィンドウの [参照] フォルダー

その他の参照は、[参照の編集] ダイアログを使用して追加されます。このダイアログを表示するには、[参照] フォルダーをダブルクリックするか、コンテキスト メニュー操作で [参照の編集] を選択します。Additional references are added using the Edit References dialog, which is displayed by double-clicking on the References folder, or by selecting Edit References on its context menu actions:

[参照の編集] ダイアログ

Visual Studio for Mac で参照を使用する方法については、「プロジェクト内の参照の管理」を参照してください。For more information on using References in Visual Studio for Mac, see the Managing References in a Project article.

依存関係/パッケージDependencies / packages

アプリで使用されるすべての外部依存関係は、.NET Core プロジェクトか Xamarin.iOS/Xamarin.Android プロジェクトかに応じて、[依存関係] フォルダーまたは [パッケージ] フォルダーに格納されます。All external dependencies used in your app are stored in the Dependencies or Packages folder, depending on whether you are in a .NET Core or Xamarin.iOS/Xamarin.Android project. 通常、NuGet の形式で提供されます。These are usually provided in the form of a NuGet.

NuGet は、.NET 開発用の最も人気のあるパッケージ マネージャーです。NuGet is the most popular package manager for .NET development. Visual Studio は NuGet をサポートしているので、簡単にパッケージを検索し、プロジェクトをアプリケーションに追加できます。With Visual Studio's NuGet support, you can easily search for and add packages to your project to application.

依存関係をアプリケーションに追加するには、[依存関係]/[パッケージ] フォルダーを右クリックし、[パッケージの追加] を選択します。To add a dependency to your application, right-click on the Dependencies / Packages folder, and select Add Packages:

NuGet パッケージの追加

アプリケーションで NuGet パッケージを使用する方法については、「プロジェクトに NuGet パッケージを含める」を参照してください。Information on using a NuGet package in an application can be found in the Including a NuGet project in your project article.

ソース エディターSource Editor

C#、XAML、JavaScript のいずれで作成するかに関係なく、コード エディターでは、完全にネイティブなユーザー インターフェイスが提供され、Visual Studio Windows と同じコア コンポーネントが共有されます。Regardless of if you're writing in C#, XAML, or JavaScript, the code editor the shares the same core components with Visual Studio on Windows, with an entirely native user interface.

これには、次のような利点がいくつかあります。This brings some of the following features:

  • ネイティブ macOS (Cocoa ベース) のユーザー インターフェイス (ツールヒント、エディター画面、余白のデザイン、テキストのレンダリング、IntelliSense)Native macOS (Cocoa-based) user interface (tooltips, editor surface, margin adornments, text rendering, IntelliSense)
  • IntelliSense の型によるフィルター処理と "インポート項目を表示"IntelliSense type filtering and "show import items"
  • ネイティブ テキスト入力のサポートSupport for native text inputs
  • RTL/BiDi 言語のサポートRTL/BiDi language support
  • Roslyn 3Roslyn 3
  • マルチキャレットのサポートMulti-caret support
  • 右端で折り返すWord wrap
  • 更新された IntelliSense UIUpdated IntelliSense UI
  • 改善された検索/置換Improved find/replace
  • スニペットのサポートSnippet support
  • 選択範囲のフォーマットFormat selection
  • インラインの電球Inline lightbulbs

Visual Studio for Mac でのソース エディターの使用に関する詳細については、「ソース エディター」のドキュメントを参照してください。For more information on using the Source Editor in Visual Studio for Mac, see the Source Editor documentation.

タブを常に表示しておくには、ピン留めを利用できます。To keep tabs visible at all times, you can take advantage of pinning them. これにより、プロジェクトを起動するたびに、必要なタブが常に表示されるようになります。This ensures that every time you launch a project, the tab you need will always appear. タブをピン留めするには、タブの上にマウス ポインターを移動し、ピン アイコンをクリックします。To pin a tab, hover over the tab and click the pin icon:

タブのピン留め

リファクタリングRefactoring

Visual Studio for Mac には、コンテキスト アクションとソース分析という、コードをリファクターする 2 つの便利な方法があります。Visual Studio for Mac provides two useful ways to refactor your code: Context Actions, and Source Analysis. 詳細については、「リファクタリング」を参照してください。You can read more about them in the Refactoring article.

デバッグDebugging

Visual Studio for Mac には、.NET Core、.NET Framework、Unity、および Xamarin プロジェクトをサポートするデバッガーが用意されています。Visual Studio for Mac has debuggers that support .NET Core, .NET Framework, Unity, and Xamarin projects. Visual Studio for Mac では、.NET Core デバッガーと Mono Soft Debugger が使用されており、この IDE であらゆるプラットフォームにわたるマネージド コードをデバッグできます。Visual Studio for Mac uses the .NET Core debugger and the Mono Soft Debugger, allowing the IDE to debug managed code across all platforms. デバッグの詳細については、「Xamarin を使ったデバッグ」を参照してください。For additional information on debugging, visit the Debugging article.

デバッガーには、文字列、色、URL だけでなく、サイズ、座標、ベジエ曲線などの特殊な種類の高機能なビジュアライザーが含まれています。The debugger contains rich visualizers for special types such as strings, colors, URLs, as well as sizes, coordinates, and bézier curves.

デバッガーのデータの視覚化の詳細については、「データの視覚化」を参照してください。For more information on the debugger's data visualizations, visit the Data Visualizations article.

バージョン コントロールVersion control

Visual Studio for Mac は、Git と Subversion ソース管理システムと統合されています。Visual Studio for Mac integrates with Git and Subversion source control systems. ソース管理下にあるプロジェクトは、ソリューション名の横にブランチとして一覧表示されます。Projects under source control are denoted with the branch listed next to the Solution name:

ソース管理下にあるプロジェクトを示すブランチ名

コミットされていない変更があるファイルは、次の図に示すように、[ソリューション] ウィンドウにアイコンで示されます。Files with uncommitted changes have an annotation on their icons in the Solution Window, as illustrated in the following image:

[ソリューション] ウィンドウのコミットされていないファイル

Visual Studio でバージョン管理を使用する方法については、「バージョン管理」を参照してください。For more information on using version control in Visual Studio, see the Version Control article.

次のステップNext steps

関連項目See also