Office ソリューション開発の概要 (VSTO)Office solutions development overview (VSTO)

ソリューションのフロント エンドとして Microsoft Office を使用すると、Word のワープロ機能、Excel のデータの分析機能、および Outlook の電子メール管理機能などの使い慣れた Microsoft Office のユーザー インターフェイスとツールを活用することができます。By using Microsoft Office as the front end for solutions, you can take advantage of the familiar Microsoft Office user interfaces and tools such as the word processing features in Word, the data analysis features of Excel, and the e-mail management features of Outlook. Office アプリケーションのカスタマイズおよびビジネス プロセスに必要な特定の機能の追加を行うために、Visual Studio でソリューションを開発することができます。You can develop solutions in Visual Studio to customize Office applications and add the specific features you need for your business processes. たとえば、Word を既存のパーツからコントラクトを組み合わせてコントラクト ジェネレーターにすることができます。既存のパーツは編集可能である場合も編集可能でない場合もあります。For example, you can turn Word into a contract generator that assembles contracts out of pre-existing parts that can be made editable or not editable. Excel では、さまざまなプロジェクト用にカスタマイズされた自動予算のワークシートを作成できます。With Excel, you can create an automated budget worksheet customized for different projects. ユーザーはオフラインで Office ソリューションを取得することもできます。これは、Web ベースのアーキテクチャを使用する場合に、複雑なソリューションをより実用的なものにします。Your users can also take office solutions offline, which makes complex solutions more practical than they would be if you use a web-based architecture.

ここでは、Visual Studio の Office Developer Tools で使用可能な Visual Studio Tools for Office (VSTO) テンプレートを使用して作成できる、Office ソリューションの種類の概要について説明します。This topic provides an overview of the types of Office solutions that you can create by using the Visual Studio Tools for Office (VSTO) templates available in the Office developer tools in Visual Studio. Office での開発方法に関する概要については、Office デベロッパー センターを参照してください。For general information about how to develop with Office, see the Office developer center.

Office プロジェクトの種類の選択Choose an Office project type

Visual StudioVisual Studio では、VSTO ベースの Office 開発のために、次の種類のプロジェクト テンプレートを提供します。provides the following types of project templates for VSTO-based Office development:

  • ドキュメント レベルのカスタマイズ は、特定のドキュメントに関連付けられます。Document-level customizations are associated with a specific document.

  • VSTO Add-ins は、アプリケーション自体に関連付けられます。VSTO Add-ins are associated with the application itself.

    これらのプロジェクトの中でソリューションに最適な種類を決定するには、特定のドキュメントを開いたときにのみ実行するコードが必要かどうか、また、アプリケーションの実行時に使用できるコードが必要かどうかについて考えます。To decide which of these project types is best for your solution, think about whether you want your code to run only when a specific document is open, or whether you want the code to be available whenever the application is running. プロジェクト テンプレートの詳細については、Office プロジェクト テンプレートの概要を参照してください。For more information about the project templates, see Office project templates overview.

    作成できるプロジェクトの種類は、開発用コンピューターにインストールした Office アプリケーションによって異なります。The types of projects you can create depend on which Office applications you have installed on the development computer. 詳細については、Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

ドキュメント レベルのカスタマイズDocument-level customizations

ドキュメント レベルのカスタマイズは、Microsoft Office Word または Microsoft Office Excel 内の単一のドキュメント、ブック、またはテンプレートに関連付けられているアセンブリで構成されます。Document-level customizations consist of an assembly that is associated with a single document, workbook, or template in Microsoft Office Word or Microsoft Office Excel. このアセンブリは、関連付けられたドキュメントを開いたときに読み込まれます。The assembly is loaded when the associated document is opened. 作成するカスタマイズの機能は、関連付けられたドキュメントが開いている場合にのみ使用できます。Features in customizations that you create are available only when the associated document is open. カスタマイズでは、任意のドキュメントが開いている場合の新しいメニュー項目やリボン タブの表示など、アプリケーション全体に変更を加えることはできません。Customizations cannot make application-wide changes, such as displaying a new menu item or ribbon tab when any document is open.

Visual StudioVisual Studio には、ドキュメント レベルのカスタマイズを作成するのに役立つツールが含まれています。includes tools to help you create document-level customizations. カスタマイズするドキュメントは、 Visual StudioVisual Studioのデザイン サーフェイスとしてホストされます。これにより、コントロールをドキュメントにドラッグ アンド ドロップして、ドキュメントをデザインすることができます。The document that you customize is hosted as a design surface in Visual StudioVisual Studio, which enables you to design the document by dragging and dropping controls onto it. その他の多くの Visual StudioVisual Studio 機能は、Windows フォーム コントロール、ドラッグ アンド ドロップのデータ バインディング、および統合デバッガーなど、ドキュメント レベルのプロジェクトで利用可能です。Many other Visual StudioVisual Studio features are available in document-level projects, such as Windows Forms controls, drag-and-drop data binding, and an integrated debugger.

カスタマイズの詳細については、次のトピックを参照してください。For more information about customizations, see the following topics:

VSTO アドインVSTO Add-ins

VSTO アドインは、Microsoft Office アプリケーションに関連付けられているアセンブリで構成されます。VSTO Add-ins consist of an assembly that is associated with a Microsoft Office application. アプリケーションが既に実行されている場合に VSTO アドインを読み込むこともできますが、通常、VSTO アドインは関連付けられたアプリケーションが開始されたときに実行されます。Typically, the VSTO Add-in runs when the associated application is started, although users can also load VSTO Add-ins after the application is already running. 作成した VSTO アドインの機能は、どのドキュメントが開いているかにかかわらず、アプリケーション自体に対して使用できます。Features in VSTO Add-ins that you create are available to the application itself, regardless of which documents are open.

Visual StudioVisual Studio には、VSTO アドインの作成に役立つツールが含まれています。アドイン プロジェクトには、VSTO アドインを表す自動的に生成されたクラスが含まれます。includes tools to help you create VSTO Add-ins. Add-in projects include an automatically generated class that represents the VSTO Add-in. このクラスは、ホスト アプリケーションのオブジェクト モデルへのアクセス、および VSTO アドインの読み込みとシャットダウン時のコードの実行に使用できる、プロパティとイベントを提供します。This class provides properties and events that you can use to access the object model of the host application and run code when the VSTO Add-in is loaded and shut down. その他の多くの Visual StudioVisual Studio 機能は、Windows フォームや統合デバッガーなどの VSTO アドイン プロジェクトで利用可能です。Many other Visual StudioVisual Studio features are available in VSTO Add-in projects, such as Windows Forms and an integrated debugger.

VSTO アドインの詳細については、次のトピックを参照してください。For more information about VSTO Add-ins, see the following topics:

プライマリ相互運用機能アセンブリを使用した Office アプリケーションの自動化Automate Office applications by using primary interop assemblies

アプリケーションのオブジェクト モデルにアクセスするコードを記述して、Office アプリケーションの機能をソリューションにプログラムによって組み込むことができます。You can programmatically incorporate the features of an Office application into your solution by writing code that accesses the application's object model. オブジェクト モデルは、さまざまなプロパティとメソッドを介して機能を公開するクラスの配置です。Object models are an arrangement of classes that expose functionality through various properties and methods. 各 Office アプリケーションのオブジェクト モデルは異なります。The object model for each Office application is different.

Visual StudioVisual Studioの Office 開発者ツールを使用して作成されたソリューションから Office アプリケーションのオブジェクト モデルを使用するには、アプリケーションのプライマリ相互運用機能アセンブリ (PIA) を使用する必要があります。To use the object model of an Office application from a solution created by using the Office development tools in Visual StudioVisual Studio, you must use the primary interop assembly (PIA) for the application. PIA によって、Office アプリケーションの COM ベースのオブジェクト モデルと対話するソリューション内にマネージド コードを作成できるようになります。The PIA enables the managed code in your solution to interact with the Office application's COM-based object model.

ほとんどの開発タスクを実行するには、開発用コンピューターのグローバル アセンブリ キャッシュに Office PIA をインストールし、登録する必要があります。You must have the Office PIAs installed and registered in the global assembly cache on your development computer to perform most development tasks. 詳細については、Office ソリューションの開発のためのコンピューター構成を参照してください。For more information, see Configure a computer to develop Office solutions. エンド ユーザーのコンピューターで VSTO Office ソリューションを実行する場合には、Office PIA は必要ありません。The Office PIAs are not required on end-user computers to run VSTO Office solutions. 詳細については、Office ソリューションのデザインと作成を参照してください。For more information, see Design and create Office solutions.

VSTO Office ソリューションでの PIA の使用に関する詳細については、次のトピックを参照してください。For more information about using the PIAs in VSTO Office solutions, see the following topics:

エンドユーザーのコンピューターでの Microsoft VSTO Office ソリューションの実行Run Microsoft VSTO Office solutions on end-user computers

VSTO Office ソリューションを作成する場合、配置要件が開発方法に与える可能性のある影響について考慮します。When you create a VSTO Office solution, consider how the deployment requirements might affect your development choices.

配置オプションDeployment options

ClickOnce または Windows インストーラーを使用して、 Visual StudioVisual Studioの Office 開発者ツールを使用して作成したソリューションを配置します。Use ClickOnce or Windows Installer to deploy solutions that you create by using the Office development tools in Visual StudioVisual Studio. ClickOnce の配置では、インストールできる自己更新ソリューションを作成し、最小限のユーザー操作で実行することができます。ClickOnce deployment enables you to create self-updating solutions that can be installed and run with minimal user interaction. Windows インストーラー (.msi) ファイルを簡単にエンドユーザーのコンピューターに配布または Systems Management Server (SMS) を使用して配布します。Windows Installer (.msi) files can be easily distributed to end-user computers, or distributed by using Systems Management Server (SMS). VSTO Office ソリューションの配置に関する詳細については、Office ソリューションを配置を参照してください。For more information about deploying VSTO Office solutions, see Deploy an Office solution.

必須コンポーネントのインストールInstall prerequisites

エンド ユーザーが Visual StudioVisual Studioの Office 開発者ツールを使用して作成したソリューションを実行できるようにするには、ユーザーのコンピューターに特定の必須コンポーネントがインストールされている必要があります。Before end users can run a solution you create by using the Office development tools in Visual StudioVisual Studio, their computers must have certain prerequisites installed. ClickOnce を使用するか、Windows インストーラー ファイルを作成して、ソリューションを配置する場合は、ソリューションと共にこれらの必須コンポーネントをインストールできます。If you deploy your solution by using ClickOnce or by creating a Windows Installer file, these prerequisites can be installed with your solution. 詳細については、Office ソリューションをデプロイする前提条件エンド ユーザー コンピューター上で Office ソリューションを実行するための前提条件のインストール方法を参照してください。For more information, see Office solution prerequisites for deployment and How to: Install prerequisites on end user computers to run Office solutions.

セキュリティSecurity

VSTO Office ソリューションのセキュリティは、 Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtime がソリューションのインストールおよび読み込み時に作成する一連のチェックによって強制されます。Security for VSTO Office solutions is enforced by a series of checks that the Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtime makes when it installs and loads the solution. これらのチェックには、配置マニフェストの場所が信頼されているかどうか、または配置マニフェストの署名に使用される証明書が信頼されているかどうかの検証が含まれます。These checks include verifying whether the location of the deployment manifest is trusted or whether the certificate used to sign the deployment manifest is trusted. 詳細については、セキュリティで保護された Office ソリューションを参照してください。For more information, see Secure Office solutions.

関連項目See also