Office UI のカスタマイズOffice UI customization

Microsoft Office アプリケーションのユーザー インターフェイス (UI) は、Visual Studio の Office Developer Tools を使用してカスタマイズできます。You can customize the user interface (UI) of Microsoft Office applications by using the Office developer tools in Visual Studio. 以下のトピックでは、カスタマイズできる UI 機能について説明します。This topic describes the UI features that you can customize in the following sections:

UI 機能の比較Comparison of UI Features

次の表では、Microsoft Office プロジェクトでカスタマイズできる主な UI 機能を比較します。The following table compares the main UI features that you can customize in Microsoft Office projects.

機能Feature サポートされているプロジェクトの種類Supported project types サポートされる Microsoft Office アプリケーションSupported Microsoft Office applications
[操作] ウィンドウActions pane ドキュメント レベルのカスタマイズDocument-level customizations ExcelExcel

WordWord
カスタム作業ウィンドウCustom task panes VSTO アドインVSTO Add-ins ExcelExcel

InfoPath 2013InfoPath 2013

InfoPath 2010InfoPath 2010

OutlookOutlook

PowerPointPowerPoint

WordWord

ExcelExcel
カスタム リボンの UICustom Ribbon UI ドキュメント レベルのカスタマイズDocument-level customizations

VSTO アドインVSTO Add-ins
ExcelExcel

InfoPath 2013InfoPath 2013

InfoPath 2010InfoPath 2010

OutlookOutlook

PowerPointPowerPoint

ProjectProject

WordWord

VisioVisio
Backstage ビューBackstage view ドキュメント レベルのカスタマイズDocument-level customizations

VSTO アドインVSTO Add-ins
ExcelExcel

InfoPath 2013InfoPath 2013.

InfoPath 2010InfoPath 2010

OutlookOutlook

PowerPointPowerPoint

ProjectProject

WordWord

VisioVisio
Outlook フォーム領域Outlook form regions VSTO アドインVSTO Add-ins OutlookOutlook
ドキュメントのコントロールControls on documents ドキュメント レベルのカスタマイズDocument-level customizations

VSTO アドインVSTO Add-ins
ExcelExcel

WordWord
ショートカット メニューShortcut menus ドキュメント レベルのカスタマイズDocument-level customizations

VSTO アドインVSTO Add-ins
ExcelExcel

InfoPath 2013InfoPath 2013

InfoPath 2010InfoPath 2010

OutlookOutlook

PowerPointPowerPoint

ProjectProject

WordWord

VisioVisio

ExcelExcel

操作ウィンドウやカスタム作業ウィンドウActions panes and custom task panes

作業ウィンドウは、通常、Microsoft Office アプリケーションのウィンドウの一辺にドッキングされているユーザー インターフェイス ウィンドウです。Task panes are user interface panels that are typically docked to one side of a window in a Microsoft Office application. ほぼすべての Microsoft Office アプリケーションには組み込みの作業ウィンドウがあります。Almost all Microsoft Office applications include built-in task panes. 作業ウィンドウの例として、Word のヘルプ作業ウィンドウがあります。An example of a task pane is the Help task pane in Word.

Visual Studio の Office 開発ツールには、作業ウィンドウをカスタマイズする方法が 2 つあります。The Office development tools in Visual Studio provide two different ways to customize task panes:

  • ドキュメントレベルのカスタマイズには、操作ウィンドウを追加できます。You can add an actions pane to a document-level customization. 既定では、アプリケーションの右側、ドキュメントの右側に操作ウィンドウが表示されます。By default, the actions pane is displayed on the right side of the application, to the right of the document. 操作ウィンドウは、ドキュメントの左、上、または下に表示することもできます。However, the actions pane can also be displayed to the left, top, or bottom of the document.

  • VSTO アドインには、カスタム作業ウィンドウを追加できます。You can add a custom task pane to a VSTO Add-in. ユーザーは、アプリケーション ウィンドウのいずれかの辺にカスタム作業ウィンドウをドッキングすることができます。また、ウィンドウの任意の場所にカスタム作業ウィンドウをドラッグすることができます。Users can dock custom task panes to different sides of the application window, or they can drag custom task panes to any location in the window.

    操作ウィンドウやカスタム作業ウィンドウには、データ エントリなど、ユーザーの作業を支援するさまざまなコントロールが用意されています。Actions panes and custom task panes provide functionality by hosting a variety of controls to help users with tasks such as data entry. リボン グループと比較すると、操作ウィンドウとカスタム作業ウィンドウには、テキストやコントロールを含む大きな領域があります。Compared to a Ribbon group, actions panes and custom task panes provide a much larger area to include text and controls.

    操作ウィンドウの詳細については、次を参照してください。操作ウィンドウの概要します。For more information about actions panes, see Actions pane overview. カスタム作業ウィンドウの詳細については、次を参照してください。カスタム作業ウィンドウします。For more information about custom task panes, see Custom task panes.

カスタム リボン UICustom Ribbon UI

Office のアプリケーションに追加する機能を表示するようにリボン UI をカスタマイズすることができます。You can customize the Ribbon UI to expose functionality that you add to applications in Office. リボンを使用すると、関連するコマンドを (コントロールの形式で) 見つけやすいように整理できます。The Ribbon is a way to organize related commands (in the form of controls) so that they are easier to find. 独自のリボン タブとグループを作成し、ソリューションで提供する機能にユーザーがアクセスできるようにすることができます。You can create your own Ribbon tabs and groups to give users access to functionality that you provide in your solution. 旧バージョンの Microsoft Office System でメニューとツールバーを使用してアクセスしていた機能の多くは、現在ではリボンを使用してアクセスできます。Most of the features that were accessed by using the menus and toolbars in earlier versions of the Microsoft Office system can now be accessed by using the Ribbon.

詳細については、次を参照してください。リボンの概要します。For more information, see Ribbon overview.

Backstage ビューBackstage view

クリックすると、Office アプリケーションで、ファイルタブには、Backstage ビューが表示されます。In Office applications, clicking the File tab opens the Backstage view. Backstage ビューには、ファイルレベルのタスクと操作を組み合わせた UI が用意されています。Backstage は、2007 Microsoft Office System の Microsoft Office ボタンで使用できる似た機能の置き換えです。The Backstage view provides a UI that combines file-level tasks and actions, and replaces similar functionality available from the Microsoft Office button in the 2007 Microsoft Office system. Backstage ビューは、XML を使用してフルに拡張することができます。The Backstage view is fully extensible by using XML.

Visual Studio には、Backstage ビューをカスタマイズできるデザイナーや API が用意されていません。Visual Studio does not provide a designer or APIs for customizing the Backstage view. ただし、追加する場合、リボン (XML) 項目、Office プロジェクトには、Backstage ビューをカスタマイズするリボン XML ファイルに XML を追加できます。However, if you add a Ribbon (XML) item to your Office project, you can add XML to the Ribbon XML file to customize the Backstage view. 詳細についてはリボン (XML) 、項目を参照してくださいリボン XMLします。For more information about Ribbon (XML) items, see Ribbon XML.

Backstage ビューをカスタマイズする方法の詳細については、次を参照してください。開発者向け Office 2010 の Backstage ビュー開発者向け Office 2010 の Backstage ビューをカスタマイズします。For more information about customizing the Backstage view, see Introduction to the Office 2010 Backstage view for developers and Customize the Office 2010 Backstage view for developers.

Outlook フォーム領域Outlook form regions

標準の Microsoft Office Outlook フォームにカスタム機能を追加するには、フォーム領域を使用します。Use form regions to add custom functionality to standard Microsoft Office Outlook forms. フィールドまたはコントロールを追加して既存のフォームを拡張するフォーム領域を作成できます。You can create form regions that extend any existing form with additional fields or controls. Visual Studio で Office 開発ツールを使用して新しいフォーム領域を作成する場合、フォーム領域には Windows フォーム コントロールのみを使用できます。If you create a new form region by using the Office development tools in Visual Studio, you can use only Windows Forms controls on the form region. Outlook で設計したフォーム領域をインポートする場合、ネイティブ Outlook コントロールのみを使用できます。If you import a form region that was designed in Outlook, then you can use only native Outlook controls.

Outlook UI のさまざまな領域を占有するフォーム領域を作成できます。You can create form regions that occupy different areas of the Outlook UI. たとえば、隣接するフォーム領域をフォームの最初のページの下部に表示し、隣接する各フォーム領域を展開可能にすることができます。For example, adjoining form regions are displayed at the bottom of the first page of a form, and each adjoining form region is collapsible. また、完全な追加のフォーム ページとして表示し、既存の標準フォームまたはカスタム フォームに表示できる個別のフォーム領域を追加することもできます。You can also add a separate form region that is displayed as a full additional form page and that can appear on any existing standard form or custom form.

詳細については、次を参照してください。作成の Outlook フォーム領域します。For more information, see Create Outlook form regions.

ドキュメントのコントロールControls on documents

Word 文書と Excel ワークシートには多様なコントロールを追加できます。You can add a variety of controls to Word documents and Excel worksheets. たとえば、日付選択カレンダー コントロールを文書に追加して、ユーザーが標準の形式で日付を入力できるようにしたり、データベースにデータを送信するボタンをワークシートに追加したりすることができます。For example, you might want to add a date picker control to a document so the user can enter dates in a standard format, or put a button on a worksheet to send data to a database.

Excel または Word のドキュメント レベルのプロジェクトを開発する場合は、Visual Studio デザイナーを使用するには、デザイン時に、プロジェクト内のドキュメントまたはブックにコントロールを追加するまたは実行時にコントロールをプログラムで追加することができます。When you develop document-level projects for Excel or Word, you can use the Visual Studio designer to add controls to the document or workbook in your project at design time, or you can programmatically add controls at runtime. Excel または Word の VSTO アドイン プロジェクトを開発する場合は、開いているドキュメントや実行時にブックをプログラムでコントロールを追加できます。When you develop VSTO Add-in projects for Excel or Word, you can programmatically add controls to any open document or workbook at runtime.

詳細については、次を参照してください。ホスト項目とホスト コントロールの概要Windows フォームでコントロールの Office ドキュメントの概要します。For more information, see Host items and host controls overview and Windows forms controls on Office documents overview.

ショートカット メニューShortcut Menus

ドキュメント ウィンドウやアプリケーション ウィンドウを右クリックすると、ショートカット メニューが表示されます。A shortcut menu appears when you right-click in a document or an application window. ユーザーがドキュメント、ブック、またはホスト コントロールを右クリックするなど、イベントが発生した後に表示されるようにショートカット メニューを設定することができます。You can set a shortcut menu to appear after an event takes place, such as when a user right-clicks a document, workbook, or host control. ショートカット メニューには、さまざまなメニュー コマンドやコントロールを追加できます。You can add a number of different menu commands or controls to a shortcut menu. ショートカット メニューを作成するには、XML を使用します。Create shortcut menus by using XML. 追加する場合、リボン (XML) 項目、Office プロジェクトには、ショートカット メニューを作成するリボン XML ファイルに XML を追加できます。If you add a Ribbon (XML) item to your Office project, you can add XML to the Ribbon XML file to create shortcut menus. XML を使用して、ショートカット メニューを作成する方法の詳細については、次を参照してください。方法。ショートカット メニュー コマンドを追加します。For more information about using XML to create shortcut menus, see How to: Add commands to shortcut menus.

関連項目See also