KDNET ネットワーク カーネル デバッグの自動設定Setting Up KDNET Network Kernel Debugging Automatically

Windows 用デバッグツールでは、ネットワーク経由のカーネルデバッグがサポートされています。Debugging Tools for Windows supports kernel debugging over a network. このトピックでは、kdnet セットアップツールを使用してネットワークデバッグを自動的に設定する方法について説明します。This topic describes how to set up network debugging automatically using the kdnet.exe setup tool.

デバッガーを実行するコンピューターはホストコンピューターと呼ばれ、デバッグ中のコンピューターはターゲットコンピューターと呼ばれます。The computer that runs the debugger is called the host computer, and the computer being debugged is called the target computer. ホストコンピューターは、Windows 7 以降を実行している必要があります。また、対象のコンピューターで Windows 8 以降が実行されている必要があります。The host computer must be running Windows 7 or later, and the target computer must be running Windows 8 or later.

ホストコンピューターの IP アドレスを確認するDetermining the IP Address of the Host Computer

  1. ターゲットおよびホスト Pc がネットワークハブに接続されていること、または適切なネットワークケーブルを使用してスイッチが接続されていることを確認します。Confirm that the target and host PCs are connected to a network hub or switch using an appropriate network cable.

  2. ホストコンピューターで、コマンドプロンプトウィンドウを開き、「 IPConfig 」と入力して IP 構成を表示します。On the host computer, open a Command Prompt window and enter IPConfig to display the IP configuration.

  3. コマンドの出力で、イーサネットアダプターの IPv4 アドレスを見つけます。In the command output, locate the IPv4 address of the Ethernet adapter.

    ...
    
    Ethernet adapter Ethernet:
    ...
    
    IPv4 Address. . . . . . . . . . . : <YourHostIPAddress>
    ...
    
    
  4. デバッグに使用するネットワークアダプターの IPv4 アドレスをメモしておきます。Make a note of the IPv4 address of the network adapter that you intend to use for debugging.

ホストとターゲットコンピューターの設定Setting Up the Host and Target Computers

次の手順に従って、kdnet ユーティリティを使用して、ターゲット PC でデバッガーの設定を自動的に構成します。Use the kdnet.exe utility to automatically configure the debugger settings on the target PC, by following these steps.

  1. Windows デバッグツールがホストシステムにインストールされていることを確認します。Confirm that the Windows Debugging Tools are installed on the host system. デバッガーツールのダウンロードとインストールの詳細については、「 Windows 用デバッグツールのダウンロード」を参照してください。For information on downloading and installing the debugger tools, see Download Debugging Tools for Windows.

  2. KdnetファイルとVerifiedNICListファイルを見つけます。Locate the kdnet.exe and VerifiedNICList.xml files. 既定では、これらはここにあります。By default, they are located here.

    C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Debuggers\x64
    

    注意

    これらの方法では、両方の Pc がターゲットとホストの両方で64ビットバージョンの Windows を実行していることを前提としています。These directions assumes that both PCs are running a 64 bit version of Windows on both the target and host. そうでない場合は、ターゲットが実行されているホストで同じ "ビット" のツールを実行するのが最善の方法です。If that is not the case, the best approach is to run the same "bitness" of tools on the host that the target is running. たとえば、ターゲットが32ビットの Windows を実行している場合は、ホストで32バージョンのデバッガーを実行します。For example, if the target is running 32-bit Windows, run a 32 version of the debugger on the host. 詳細については、「 32 ビットまたは64ビットのデバッグツールの選択」を参照してください。For more information, see Choosing the 32-Bit or 64-Bit Debugging Tools.

  3. ホストコンピューターで、2つのファイルをネットワーク共有またはサムドライブにコピーして、対象のコンピューターで使用できるようにします。On the host computer, copy the two files to a network share or thumb drive, so that they will be available on the target computer.

  4. ターゲットコンピューターで、C:\KDNET ディレクトリを作成し、 KDNETファイルとVerifiedNICListファイルをそのディレクトリにコピーします。On the target computer, create a C:\KDNET directory and copy the kdnet.exe and VerifiedNICList.xml files to that directory.

    重要

    Kdnet を使用してブート情報を変更する前に、テスト PC で BitLocker やセキュアブートなどの Windows のセキュリティ機能を一時的に停止することが必要になる場合があります。Before using kdnet to change boot information you may need to temporarily suspend Windows security features such as BitLocker and Secure Boot on the test PC. セキュリティ機能が無効になっている場合は、テストが完了し、テスト PC を適切に管理するときに、これらのセキュリティ機能を再び有効にします。Re-enable these security features when testing is complete and appropriately manage the test PC, when the security features are disabled.

  5. ターゲット コンピューターで、管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。On the target computer, open a Command Prompt window as Administrator. 次のコマンドを入力して、ターゲットコンピューターにサポートされているネットワークアダプターがあることを確認します。Enter this command to verify that the target computer has a supported network adapter.

    C:\KDNET>kdnet
    Network debugging is supported on the following NICs:
    busparams=1.0.0, Broadcom NetXtreme Gigabit Ethernet, Plugged in.  
    This Microsoft hypervisor supports using KDNET in guest VMs.
    
  6. Kdnet からの出力はターゲット上のネットワークアダプターがサポートされていることを示しているため、続行できます。As the output from kdnet indicates that network adapter on the target is supported, we can proceed.

  7. 次のコマンドを入力して、ホストシステムの IP アドレスを設定し、一意の接続キーを生成します。Type this command to set the IP address of the host system and generated a unique connection key. IP アドレスまたはホストシステムの名前を使用します。Use the IP address or the name of the host system. 推奨される50000-50039 の範囲で、使用するターゲット/ホストペアごとに一意のポートアドレスを選択します。Pick a unique port address for each target/host pair that you work with, with in the recommended range of 50000-50039.

    C:\>kdnet <HostComputerIPAddress> <YourDebugPort> 
    
    Enabling network debugging on Intel(R) 82577LM Gigabit Network Connection.
    Key=2steg4fzbj2sz.23418vzkd4ko3.1g34ou07z4pev.1sp3yo9yz874p
    
  8. 返されたキーを notepad.exe ファイルにコピーします。Copy the returned key into a notepad .txt file.

WinDbg の使用 Using WinDbg

ホストコンピューターで、[WinDbg] を開きます。On the host computer, open WinDbg. [ファイル] メニューの [カーネルデバッグ] をクリックします。On the File menu, choose Kernel Debug. カーネルデバッグ ダイアログボックスで、 Net タブを開きます。前の手順でメモ帳の .txt ファイルに保存したポート番号とキーを貼り付けます。In the Kernel Debugging dialog box, open the Net tab. Paste in your port number and key that you saved to in the notepad .txt file earlier. [OK] をクリックします。Click OK.

また、コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のコマンドを入力して、WinDbg セッションを開始することもできます。ここで 、は上で選択したポートで、は上記の kdnet によって返されたキーです。You can also start a WinDbg session by opening a Command Prompt window and entering the following command, where is the port you selected above, and is the key that was returned by kdnet above. 前の手順でメモ帳の .txt ファイルに保存したのキーを貼り付けます。Paste in the key in that you saved to in the notepad .txt file earlier.

windbg -k net:port=<YourDebugPort>,key=<YourKey> 

ファイアウォール経由でのポートへのアクセスを WinDbg に許可するように求めるメッセージが表示された場合は、他の3 つの種類のネットワークすべてに対して、windbg がポートにアクセスできるようにします。If you are prompted about allowing WinDbg to access the port through the firewall, allow WinDbg to access the port for all three of the different network types.

windows セキュリティの警告-windows ファイアウォールがこのアプリの一部の機能をブロックしましたwindows security alert - windows firewall has blocked some features of this app

この時点で、デバッガーはターゲットが再接続するのを待機し、次のようなテキストがデバッガーのコマンドウィンドウに表示されます。At this point the debugger will be waiting for the target to reconnect and text similar to the following will be displayed in the debugger command window.

Microsoft (R) Windows Debugger Version 1.0.1908.30002 AMD64
Copyright (c) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Using NET for debugging
Opened WinSock 2.0
Waiting to reconnect...

ターゲット PC を再起動する Restarting the Target PC

デバッガーが接続されたら、ターゲットコンピューターを再起動します。Once the debugger is connected, reboot the target computer. PC を再起動する1つの方法は、管理者のコマンドプロンプトからこのコマンドを使用することです。One way to do restart the PC, is to use this command from an administrator's command prompt.

shutdown -r -t 0 

対象の PC が再起動すると、デバッガーは自動的に接続されます。After the target PC restarts, the debugger should connect automatically.

トラブルシューティングのヒントTroubleshooting Tips

デバッグアプリケーションはファイアウォール経由で許可されている必要がありますDebugging application must be allowed through firewall

デバッガーは、ファイアウォール経由のアクセス権を持っている必要があります。The debugger must have access through the firewall. コントロールパネルを使用して、ファイアウォール経由のアクセスを許可します。Use Control Panel to allow access through the firewall.

  1. コントロール>パネルの [システムとセキュリティ] を開き、 [Windows ファイアウォールを介したアプリの許可] をクリックします。Open Control Panel > System and Security and click Allow an app through Windows Firewall.

  2. アプリケーションの一覧で、 WINDOWS GUI のシンボリックデバッガーwindows カーネルデバッガーを見つけます。In the list of applications, locate Windows GUI Symbolic Debugger and Windows Kernel Debugger.

  3. チェックボックスを使用して、これら2つのアプリケーションがファイアウォールを介して、3種類のネットワークの種類をすべて許可するようにします。Use the check boxes to allow those two applications all three of the different network types through the firewall.

  4. 下にスクロールし、 [OK] をクリックして、ファイアウォールの変更を保存します。Scroll down and click OK, to save the firewall changes. デバッガーを再起動します。Restart the debugger.

    3種類のネットワークをすべて有効にした windows GUI シンボリックデバッガーと Windows カーネルデバッガーを表示する windows コントロールパネルのファイアウォール構成

Ping を使用して接続をテストするUse Ping to test connectivity

デバッガーがタイムアウトになり、接続できない場合は、ターゲット PC で ping コマンドを使用して接続を確認します。If the debugger times out and does not connect, use the ping command on the target PC to verify connectivity.

C:\>Ping <HostComputerIPAddress> 

ネットワークデバッグ用のポートの選択Choosing a Port for Network Debugging

デバッガーがタイムアウトになり、接続できない場合は、既定のポート番号5万が既に使用されているか、ブロックされている可能性があります。If the debugger times out and does not connect, it could be because the default port number of 50000 is already in use or it is blocked.

49152 ~ 65535 の任意のポート番号を選択できます。You can choose any port number from 49152 through 65535. 推奨される範囲は 5万 ~ 50039 です。The recommended range is between 50000 and 50039. 選択したポートは、ホストコンピューターで実行されているデバッガーによる排他アクセスのために開かれます。The port that you choose will be opened for exclusive access by the debugger running on the host computer.

  ネットワークデバッグに使用できるポート番号の範囲は、会社のネットワークポリシーによって制限される場合があることに注意してください。Note  The range of port numbers that can be used for network debugging might be limited by your company's network policy. 会社のポリシーによってネットワークデバッグに使用できるポートの範囲が制限されているかどうかを確認するには、ネットワーク管理者に確認してください。To determine whether your company's policy limits the range of ports that can be used for network debugging, check with your network administrators.

サポートされているネットワークアダプターSupported Network Adapters

Kdnet の実行時に "ネットワークデバッグがこのコンピューターのどの Nic でもサポートされていません" と表示される場合は、ネットワークアダプターがサポートされていないことを意味します。If "Network debugging is not supported on any of the NICs in this machine" is displayed when you run kdnet.exe, it means that the network adapter is not supported.

ホストコンピューターは任意のネットワークアダプターを使用できますが、ターゲットコンピューターでは、Windows 用デバッグツールでサポートされているネットワークアダプターを使用する必要があります。The host computer can use any network adapter, but the target computer must use a network adapter that is supported by Debugging Tools for Windows. サポートされているネットワークアダプターの一覧については、「 Windows 10 でサポートされるイーサネット nic 」および「 Windows 8.1 でネットワークカーネルデバッグ用にサポートされるイーサネット nic」を参照してください。For a list of supported network adapters, see Supported Ethernet NICs for Network Kernel Debugging in Windows 10 and Supported Ethernet NICs for Network Kernel Debugging in Windows 8.1.

関連トピックRelated topics

Windows 10 でのネットワークカーネルデバッグ用にサポートされているイーサネット NicSupported Ethernet NICs for Network Kernel Debugging in Windows 10

Windows 8.1 でのネットワークカーネルデバッグ用にサポートされるイーサネット NicSupported Ethernet NICs for Network Kernel Debugging in Windows 8.1

KDNET Network カーネルデバッグの手動設定Setting Up KDNET Network Kernel Debugging Manually

WinDbg ドライバーの概要 (カーネル モード)Getting Started with WinDbg (Kernel-Mode)

ユニバーサル ドライバーのデバッグ - ステップ バイ ステップ ラボ (Echo カーネル モード)Debug Universal Drivers - Step by Step Lab (Echo Kernel-Mode)