WinPE:マウントし、カスタマイズWinPE: Mount and Customize

WinPE では、.wim ファイルとして付属しています。WinPE ships as a .wim file. マウントし、WinPE イメージをカスタマイズするその他の任意の Windows イメージと同じプロセスにです。Mounting and customizing a WinPE image is the same process as any other Windows image. WinPE では、それに固有のいくつかのカスタマイズもあります。WinPE also has some customizations that are specific to it. このトピックでは、WinPE イメージをカスタマイズする一般的な方法を説明します。This topic covers the common ways to customize a WinPE image.

一般的なカスタマイズ:Common customizations:

Windows PE のツールを使用して、Windows アセスメントおよびデプロイメント キットを取得します。Get the Windows Assessment and Deployment Kit with Windows PE tools

32 ビットまたは 64 ビットのいずれかの Windows PE ファイルのセットを作成します。Create a set of either 32-bit or 64-bit Windows PE files

WinPE をカスタマイズするには、WinPE イメージを使用する必要があります。Before you can customize WinPE, you need to have a WinPE image to work with. WinPE イメージを取得する必要がある場合は、次を参照してくださいWinPE:。起動可能な USB ドライブを作成学習する方法。If you need to get a WinPE image, see WinPE: Create USB bootable drive to learn how.

Windows PE のブート イメージをマウントします。Mount the Windows PE boot image

  • DISM を使用して、テクニシャン コンピューター上の一時的な場所に WinPE イメージをマウントします。Use DISM to mount the WinPE image into a temporary location on your technician PC:

    Dism /Mount-Image /ImageFile:"C:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim" /index:1 /MountDir:"C:\WinPE_amd64\mount"
    

カスタマイズを追加します。Add customizations

デバイス ドライバー (.inf ファイル) を追加します。Add device drivers (.inf files)

  • 使用DISM /add-driverWinPE イメージにデバイス ドライバーを追加します。Use DISM /add-driver to add a device driver to your WinPE image.

    Dism /Add-Driver /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /Driver:"C:\SampleDriver\driver.inf"
    

    1 つのコマンドを使用して複数のドライバーをイメージに追加できますが、各ドライバー パッケージを個別に追加する場合の問題のトラブルシューティングを容易にすることがよくあります。You can add multiple drivers to an image by using one command, but it's often easier to troubleshoot problems if you add each driver package individually.

    ドライバーの詳細については、デバイス ドライバー (.inf ファイル) を追加を参照してください。To learn more about drivers, see Add device drivers (.inf files). 使用可能なすべての DISM ドライバー サービスのオプションを表示するには、servicing コマンド ライン オプション DISM ドライバーを参照してください。To see all available DISM driver servicing options, see DISM driver servicing command-line options.

パッケージ/言語/省略可能なコンポーネント/.cab ファイルを追加します。Add packages/languages/optional components/.cab files

  • WinPE では、DISM を使用した追加機能を有効にして、言語に追加できるパッケージがいます。WinPE has packages that you can add with DISM to enable additional features and languages. 使用DISM /add-packageイメージにオプションのコンポーネントを追加します。Use DISM /add-package to add optional components to your image. WinPE の省略可能なコンポーネントを追加する場合は、省略可能なコンポーネントとその関連する言語パックの両方を追加することを確認します。When you add a WinPE optional component, make sure that you add both the optional component and its associated language packs.

    Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"C:\Program Files\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-HTA.cab"  
    
    Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"C:\Program Files\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-HTA_en-us.cab"
    

    使用可能なオプションのコンポーネントと言語の詳細については、次を参照してくださいWinPE:。パッケージの追加 (オプション コンポーネント リファレンス)します。To learn more about available optional components and languages, see WinPE: Add packages (Optional Components Reference).

ファイルとフォルダーを追加します。Add files and folders

  • ファイルとフォルダーを c: ドライブにコピー\WinPE_amd64\フォルダーをマウントします。Copy files and folders into the C:\WinPE_amd64\mount folder. これらのファイルは、x: に表示されます\WinPE 内のフォルダー。These files will show up in the X:\ folder in WinPE.

    WinPE 速度が低下する RAMDisk の既定の環境で使用可能なメモリがいっぱいにこれらと、多くのファイルを追加しないでください。Don't add too many files, as these will slow down WinPE and can fill up the available memory in the default RAMDisk environment.

スタートアップ スクリプトを追加します。Add a startup script

  • カスタム コマンドを含める Startnet.cmd を変更します。Modify Startnet.cmd to include your customized commands. このファイルは、あるマウントされたイメージにあるC:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\Startnet.cmdします。This file is located in your mounted image at C:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\Startnet.cmd.

    このファイルから、その他のバッチ ファイルまたはコマンド ライン スクリプトを呼び出すこともできます。You can also call other batch files or command line scripts from this file.

    プラグ アンド プレイまたはネットワークのサポートへの呼び出しを含めることを確認しますwpeinitカスタム Startnet.cmd スクリプトにします。For Plug and Play or networking support, make sure that you include a call to wpeinit in your customized Startnet.cmd script. 詳細については、次を参照してくださいWpeinit および Startnet.cmd:。WinPE のスタートアップ スクリプトを使用してします。For more info, see Wpeinit and Startnet.cmd: Using WinPE Startup Scripts.

アプリを追加します。Add an app

  1. WinPE のマウントされたイメージ内で、アプリのディレクトリを作成します。Create an app directory inside the mounted WinPE image.

    md "C:\WinPE_amd64\mount\windows\<MyApp>"
    
  2. 必要なアプリのファイルをローカルの WinPE ディレクトリにコピーします。Copy the necessary app files to the local WinPE directory.

    Xcopy C:\<MyApp> "C:\WinPE_amd64\mount\windows\<MyApp>"
    
  3. WinPE を起動し、x: ディレクトリからアプリケーションを実行して後でアプリをテストします。Test the app later by booting WinPE and running the application from the X: directory.

    X:\Windows\System32> X:\Windows\<MyApp>
    

    アプリが、一時的な記憶域が必要な場合、またはアプリの実行時に、WinPE が応答しなくなった場合は、WinPE に割り当てられる一時的なストレージ (スクラッチ領域) の量を増やす必要があります。If your app requires temporary storage, or if WinPE becomes unresponsive when it runs an app, you may need to increase the amount of temporary storage (scratch space) allocated to WinPE.

  4. シェルまたは WinPE の開始時に実行されるアプリケーションを自動的に起動するには、Winpeshl.ini ファイルにパスの場所を追加します。To automatically launch a shell or application that runs when WinPE starts, add the path location to the Winpeshl.ini file. 詳細については、次を参照してください。 Winpeshl.ini 参照。WinPE の開始時にアプリを起動するします。For more info, see Winpeshl.ini Reference: Launching an app when WinPE starts.

一時記憶域 (スクラッチ領域) の追加します。Add temporary storage (scratch space)

  • WinPE では、WinPE のファイルに加え、アプリケーションで使用できる、スクラッチ領域と呼ばれる、追加の一時ファイルの記憶域をアンパックするのには、x: ドライブ上のメモリを予約します。WinPE reserves memory on the X: drive to unpack the WinPE files, plus additional temporary file storage, known as scratch space, that can be used by your applications. 既定では、これは、1 gb 以上の pc の 512 MB の RAM、それ以外の場合、既定では 32 MB です。By default, this is 512MB for PCs with more than 1GB of RAM, otherwise the default is 32MB. 有効な値は、32、64、128、256 または 512 です。Valid values are 32, 64, 128, 256, or 512.

    Dism /Set-ScratchSpace:256 /Image:"C:\WinPE_amd64\mount"
    

背景イメージを置き換えるReplace the background image

複数のバージョンの WinPE が届かない場合は、どのバージョンの WinPE が実行されているすぐに見分けることができます背景イメージを設定できます。If you've got multiple versions of WinPE, you can set the background image so you can instantly tell which version of WinPE is running.

WinPE の背景イメージ ファイルのセキュリティ アクセス許可を変更 (\windows\system32\winpe.jpg)。Change the security permissions of the WinPE background image file (\windows\system32\winpe.jpg). これにより、変更またはファイルを削除することができます。This allows you to modify or delete the file.

  1. Windows エクスプ ローラーに移動します。C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32します。In Windows Explorer, navigate to C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32.

  2. 右クリックし、C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32\winpe.jpgファイル、および選択プロパティ > セキュリティタブ>詳細Right-click the C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32\winpe.jpg file, and select Properties > Security tab > Advanced.

  3. 所有者は、横にある次のように選択します。変更します。Next to Owner, select Change. 所有者を変更します管理者します。Change the owner to Administrators.

  4. 変更を適用し、変更を保存する [プロパティ] ウィンドウを終了します。Apply the changes, and exit the Properties window to save changes.

  5. 右クリックし、C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32\winpe.jpgファイル、および選択プロパティ > セキュリティタブ>詳細Right-click the C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32\winpe.jpg file, and select Properties > Security tab > Advanced.

  6. アクセス許可を変更管理者フル アクセスできるようにします。Modify the permissions for Administrators to allow full access.

  7. 変更を適用し、変更を保存する [プロパティ] ウィンドウを終了します。Apply the changes, and exit the Properties window to save changes.

  8. 置換、winpe.jpgファイルを独自のイメージ ファイル。Replace the winpe.jpg file with your own image file.

高パフォーマンス電源設定します。Set the power scheme to high performance

注:高パフォーマンス電源設定を使用して、実行、通常より高くなればなるほど、デバイスことができます。Note: Using the high performance power scheme can make the device run hotter than usual.

  1. メモ帳でファイルを編集: C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32\startnet.cmd、高パフォーマンス電源設定を設定するコマンドを追加します。In Notepad, edit the file: C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32\startnet.cmd, adding a command to set the power scheme to High Performance.

    wpeinit
    powercfg /s 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c 
    

応答ファイルの設定を追加します。Add answer file settings

  • WinPE 設定の一部は、ファイアウォール、ネットワーク、およびディスプレイの設定など、応答ファイルを使用して管理できます。Some WinPE settings can be managed by using an answer file, such as firewall, network, and display settings. 応答ファイルを作成、unattend.xml という名前を付けますおよびこれらの設定を処理する WinPE メディアのルートに追加します。Create an answer file, name it unattend.xml, and add it to the root of the WinPE media to process these settings. 詳細については、次を参照してくださいWpeinit および Startnet.cmd:。WinPE のスタートアップ スクリプトを使用してします。For more information, see Wpeinit and Startnet.cmd: Using WinPE Startup Scripts.

(必要に応じて)、更新プログラムを WinPE に追加します。Add updates to WinPE (if needed)

WinPE イメージに更新プログラムを適用できますが、特定の状況の場合にのみ必要です。You can apply updates to your WinPE image, but you'll only need to for certain situations.

最初のバージョンの WinPE の最新の更新プログラムをダウンロードする必要がありますを WinPE イメージに更新プログラムを適用するように指示されているの場合、 Microsoft update カタログします。If you've been instructed to apply an update to your WinPE image, you'll have to first download the latest update for your WinPE version from the Microsoft update catalog. 一致するバージョンの Windows 10 用の更新プログラムには、WinPE の更新プログラムが含まれます。Updates for WinPE are included in updates for the matching version of Windows 10. Windows 10 の利用可能な最新の更新に関する情報を検索するWindows 10 更新履歴します。You can find information about the latest available updates for Windows 10 at Windows 10 update history.

  1. 最新の更新プログラムをダウンロードします。Download the latest update.

  2. マウントされた WinPE イメージに更新プログラムを適用します。Apply the update to your mounted WinPE image.

    Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"E:\windows10.0-kbxxxxx.msu"
    

    Windows10.0 kbxxxxx.msu は更新ファイルの名前Where Windows10.0-kbxxxxx.msu is the name of the update file

  3. 更新プログラムにロックします。Lock in the update:

    dism /cleanup-image /image:C:\WinPE_amd64\mount\windows /startcomponentcleanup /resetbase /scratchdir:C:\temp
    

Windows PE イメージのマウントを解除し、メディアの作成Unmount the Windows PE image and create media

  1. 変更のコミット、WinPE イメージのマウントを解除します。Unmount the WinPE image, committing changes.

    Dism /Unmount-Image /MountDir:"C:\WinPE_amd64\mount" /commit
    
  2. USB フラッシュ ドライブなどの起動可能メディアを作成します。Create bootable media, such as a USB flash drive.

    MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 F:
    
  3. メディアを起動します。Boot the media. WinPE で自動的に開始します。WinPE starts automatically. WinPE ウィンドウが表示されたら、wpeinit のコマンドが自動的に実行されます。After the WinPE window appears, the wpeinit command runs automatically. この手順が完了するまで数分かかる場合があります。This may take a few minutes. カスタマイズした内容を確認します。Verify your customizations.

トラブルシューティングTroubleshooting

作業ディレクトリを削除します。To delete a working directory:

場合によっては、マウントされたイメージを復元することができません。In some cases, you may not be able to recover the mounted image. DISM では、削除、マウントされたディレクトリへのアクセスを取得する次の手順を実行する必要がありますので、作業ディレクトリを誤って削除から保護します。DISM protects you from accidentally deleting the working directory, so you may have to try the following steps to get access to delete the mounted directory. それぞれ、次の手順を試してください。Try each of the following steps:

  1. イメージのマウントを試してください。Try remounting the image:

    dism /Remount-Image /MountDir:C:\mount
    
  2. 変更を破棄すること、イメージのマウント解除を再試行してください。Try unmounting the image, discarding the changes:

    dism /Unmount-Image /MountDir:C:\mount /discard
    
  3. マウントされたイメージに関連付けられているリソースのクリーンアップを再試行してください。Try cleaning up the resources associated with the mounted image:

    dism /Cleanup-Mountpoints
    

関連トピックRelated topics

WinPE:最適化し、イメージを縮小WinPE: Optimize and shrink the image

Windows 10 用の WinPEWinPE for Windows 10

WinPE:起動可能な USB ドライブを作成します。WinPE: Create USB Bootable drive

WinPE:ブート CD、DVD、ISO または VHD を作成します。WinPE: Create a Boot CD, DVD, ISO, or VHD

WinPE:(フラット ブートまたは RAM 以外) のハード ドライブにインストールします。WinPE: Install on a Hard Drive (Flat Boot or Non-RAM)

WinPE:UEFI または BIOS のレガシ モードで起動します。WinPE: Boot in UEFI or legacy BIOS mode

WinPE:パッケージの追加 (オプション コンポーネント リファレンス)WinPE: Add packages (Optional Components Reference)