attribattrib

表示、設定、またはファイルまたはディレクトリに割り当てられている属性を削除します。Displays, sets, or removes attributes assigned to files or directories. パラメーターを指定せずに使用されている場合attrib現在のディレクトリ内のすべてのファイルの属性を表示します。If used without parameters, attrib displays attributes of all files in the current directory.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

attrib [{+|-}r] [{+|-}a] [{+|-}s] [{+|-}h] [{+|-}i] [<Drive>:][<Path>][<FileName>] [/s [/d] [/l]]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
{+|-}r{+|-}r セット (+) またはオフにします (-) 読み取り専用ファイル属性。Sets (+) or clears (-) the Read-only file attribute.
{+|-}a{+|-}a セット (+) またはオフにします (-) アーカイブ ファイル属性。Sets (+) or clears (-) the Archive file attribute.
{+|-}s{+|-}s セット (+) またはオフにします (-)、システム ファイル属性。Sets (+) or clears (-) the System file attribute.
{+|-}h{+|-}h セット (+) またはオフにします (-) 隠しファイル属性。Sets (+) or clears (-) the Hidden file attribute.
{+|-}i{+|-}i セット (+) またはオフにします (-) ファイルのコンテンツのインデックス作成されなかった属性。Sets (+) or clears (-) the Not Content Indexed file attribute.
[<ドライブ >:] [] [][<Drive>:][][] ディレクトリ、ファイル、または表示属性を変更したりファイルのグループの名前と場所を指定します。Specifies the location and name of the directory, file, or group of files for which you want to display or change attributes. 使用することができます、でしょうか。You can use the ? * ワイルドカード文字、 FileNameパラメーターを表示またはファイルのグループの属性を変更します。and * wildcard characters in the FileName parameter to display or change the attributes for a group of files.
/s/s 適用対象attribと現在のディレクトリに一致するファイルに、コマンド ライン オプションとそのすべてのサブディレクトリ。Applies attrib and any command-line options to matching files in the current directory and all of its subdirectories.
/d/d 適用対象attribとディレクトリに、コマンド ライン オプション。Applies attrib and any command-line options to directories.
/l/l 適用対象attribとシンボリック リンクのターゲットではなく、シンボリック リンクに、コマンド ライン オプション。Applies attrib and any command-line options to the Symbolic Link, rather than the target of the Symbolic Link.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • ワイルドカード文字を使用することができます (でしょうか。You can use wildcard characters (? *) で、 FileNameパラメーターを表示またはファイルのグループの属性を変更します。and *) with the FileName parameter to display or change the attributes for a group of files.
  • ファイルに、システムがある場合 (s) または 非表示 (h) 属性を設定、そのファイルの他の属性を変更する前に属性をクリアする必要があります。If a file has the System (s) or Hidden (h) attribute set, you must clear the attribute before you can change any other attributes for that file.
  • [アーカイブ] 属性 () 前回バックアップされた後に変更されたファイルをマークします。The Archive attribute (a) marks files that have changed since the last time they were backed up. なお、 xcopyコマンドを使用してアーカイブ属性。Note that the xcopy command uses archive attributes.

Examples

現在のディレクトリにある News86 という名前のファイルの属性を表示するには、次のように入力します。To display the attributes of a file named News86 that is located in the current directory, type:

attrib news86 

読み取り専用属性を Report.txt という名前のファイルに割り当てるに次のように入力します。To assign the Read-only attribute to the file named Report.txt, type:

attrib +r report.txt 

ドライブ B 内のディスク上のパブリック ディレクトリとそのサブディレクトリ内のファイルから読み取り専用属性を削除するに次のように入力します。To remove the Read-only attribute from files in the Public directory and its subdirectories on a disk in drive B, type:

attrib -r b:\public\*.* /s 

A、ドライブのすべてのファイルにアーカイブ属性を設定し、拡張子が .bak のファイルにアーカイブ属性をオフにし、次のように入力します。To set the Archive attribute for all files on drive A, and then clear the Archive attribute for files with the .bak extension, type:

attrib +a a:*.* & attrib -a a:*.bak