bdehdcfg: targetbdehdcfg: target

BitLocker と Windows 回復してシステムのドライブとして使用するためには、パーティションを準備します。Prepares a partition for use as a system drive by BitLocker and Windows Recovery. 既定では、ドライブ文字がないこのパーティションが作成されます。By default, this partition is created without a drive letter. このコマンドの使用方法の例については、次を参照してください。 します。For examples of how this command can be used, see Examples.

構文Syntax

bdehdcfg -target {default|unallocated|<DriveLetter> shrink|<DriveLetter> merge}

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
既定値 (default)default コマンド ライン ツールで、BitLocker セットアップ ウィザードと同じプロセスに従うことを示します。Indicates that the command-line tool will follow the same process as the BitLocker setup wizard.
未割り当てunallocated ディスクの使用可能な未割り当ての領域外のシステム パーティションを作成します。Creates the system partition out of the unallocated space available on the disk.
<ドライブ文字 > 圧縮<DriveLetter> shrink アクティブなシステム パーティションを作成するために必要な量で指定されたドライブが減少します。Reduces the drive specified by the amount necessary to create an active system partition. このコマンドを使用して、指定されたドライブに空き領域が 5% 以上する必要があります。To use this command, the drive specified must have at least 5 percent free space.
<ドライブ文字 > マージ<DriveLetter> merge アクティブなシステム パーティションとして指定されたドライブを使用します。Uses the drive specified as the active system partition. オペレーティング システムのドライブは、マージの対象にすることはできません。The operating system drive cannot be a target for merge.

Examples

使用して次の例を示しています、ターゲットシステム ドライブとして既存のドライブ (P) を指定するコマンド。The following example depicts using the target command to designate an existing drive (P) as the system drive.

bdehdcfg -target P: merge

その他の参照情報Additional references