dirdir

ディレクトリのファイルとサブディレクトリの一覧を表示します。Displays a list of a directory's files and subdirectories. パラメーターを指定せずに使用されている場合dirディスクのボリューム ラベルとシリアル番号、続いて (その名前と日付と時刻の各が最後に変更を含む)、ディスク上のディレクトリおよびファイルの一覧が表示されます。If used without parameters, dir displays the disk's volume label and serial number, followed by a list of directories and files on the disk (including their names and the date and time each was last modified). ファイルの場合dir名の拡張子とサイズをバイト単位で表示します。For files, dir displays the name extension and the size in bytes. Dirもファイルと表示されているディレクトリの累積的なサイズ、およびディスクに残っているバイト単位で空き領域の合計数が表示されます。Dir also displays the total number of files and directories listed, their cumulative size, and the free space (in bytes) remaining on the disk.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

dir [<Drive>:][<Path>][<FileName>] [...] [/p] [/q] [/w] [/d] [/a[[:]<Attributes>]][/o[[:]<SortOrder>]] [/t[[:]<TimeField>]] [/s] [/b] [/l] [/n] [/x] [/c] [/4]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
[<ドライブ >:] [][<Drive>:][] 一覧を表示するドライブとディレクトリを指定します。Specifies the drive and directory for which you want to see a listing.
[<ファイル名 >][<FileName>] 特定のファイルまたはファイルの一覧を表示するグループを指定します。Specifies a particular file or group of files for which you want to see a listing.
/p/p 一度に、一覧の 1 つの画面が表示されます。Displays one screen of the listing at a time. 次の画面を表示するには、キーボードの任意のキーを押してください。To see the next screen, press any key on the keyboard.
/q/q ファイル所有権情報を表示します。Displays file ownership information.
/w/w 最大 5 個のファイル名または行ごとにディレクトリ名を持つ、ワイド形式で一覧を表示します。Displays the listing in wide format, with as many as five file names or directory names on each line.
/d/d 一覧と同じ形式で表示されて /w列で並べ替えられているファイル。Displays the listing in the same format as /w, but the files are sorted by column.
/a[[:]<Attributes>]/a[[:]<Attributes>] これらのディレクトリと、指定した属性付きのファイルの名前のみが表示されます。Displays only the names of those directories and files with the attributes that you specify. 省略した場合 /adirを除くすべてのファイルの名前を表示します。 非表示とシステム ファイル。If you omit /a, dir displays the names of all files except hidden and system files. 使用する場合 /aを指定せず属性dir非表示など、すべてのファイルの名前とシステム ファイルが表示されます。If you use /a without specifying Attributes, dir displays the names of all files, including hidden and system files.
次の一覧では、それぞれのために使用できる値について説明します属性します。The following list describes each of the values that you can use for Attributes. コロン (:) を使用します。省略可能です。Using a colon (:) is optional. これらの値の任意の組み合わせを使用し、スペースを含む値を分離しません。Use any combination of these values, and do not separate the values with spaces.
dディレクトリd Directories
hファイルを非表示h Hidden files
sシステム ファイルs System files
l再解析ポイントl Reparse points
r読み取り専用ファイルr Read-only files
**** アーカイブ ファイルa Files ready for archiving
**** コンテンツ インデックス付きのファイルがありませんi Not content indexed files
- つまり、"not"プレフィックスします。- Prefix meaning "not"
/o[[:]<SortOrder>]/o[[:]<SortOrder>] に従って出力を並べ替えるSortOrder、次の値の任意の組み合わせがあることができます。Sorts the output according to SortOrder, which can be any combination of the following values:
n名 (アルファベット順)n By name (alphabetical)
eで拡張機能 (アルファベット順)e By extension (alphabetical)
gディレクトリを最初にグループ化g Group directories first
sサイズ (小さい順)s By size (smallest first)
dで日付/時刻 (古い順)d By date/time (oldest first)
- 順序を逆にプレフィックス- Prefix to reverse order
注:コロンを使用しては省略可能です。Note: Using a colon is optional. 複数の値は、一覧表示する順序で処理されます。Multiple values are processed in the order in which you list them. スペースを含む複数の値を分離されません。Do not separate multiple values with spaces.
場合SortOrderが指定されていないdir/oがアルファベット順で並べ替えられても、ファイルを後に、アルファベット順でディレクトリを一覧表示します。If SortOrder is not specified, dir /o lists the directories in alphabetic order, followed by the files, which are also sorted in alphabetic order.
/t[[:]<TimeField>]/t[[:]<TimeField>] 表示または並べ替えに使用するには、どの時刻フィールドを指定します。Specifies which time field to display or use for sorting. 以下に示しますを使用できる値の各タイム フィールドに使える:The following list describes each of the values you can use for TimeField:
cの作成c Creation
**** 最後のアクセスa Last access
w最終書き込みw Last written
/s/s 出現するすべての指定したディレクトリ内の指定したファイル名とすべてのサブディレクトリの一覧を表示します。Lists every occurrence of the specified file name within the specified directory and all subdirectories.
/b/b ディレクトリと追加情報のファイル、ベアに一覧表示しません。Displays a bare list of directories and files, with no additional information. /bオーバーライド /wします。/b overrides /w.
/l/l 表示では、ディレクトリ名とファイル名を小文字に並べ替えられていません。Displays unsorted directory names and file names in lowercase.
/n/n 画面の右端に長いリスト形式で表示します。Displays a long list format with file names on the far right of the screen.
/x/x 8dot3 以外のファイル名を生成する短い名前が表示されます。Displays the short names generated for non-8dot3 file names. 表示、表示と同じ /n、短い名前は、長い名前の前に挿入されますが、します。The display is the same as the display for /n, but the short name is inserted before the long name.
/c/c ファイルのサイズでは、桁区切り記号を表示します。Displays the thousand separator in file sizes. これは既定の動作です。This is the default behavior. 使用 /c区切り記号を非表示にします。Use /-c to hide separators.
/4/4 年を 4 桁の形式で表示します。Displays years in four-digit format.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 複数を使用するFileNameパラメーターは、スペース、コンマまたはセミコロンで各ファイル名を区切ります。To use multiple FileName parameters, separate each file name with a space, comma, or semicolon.

  • ワイルドカード文字を使用することができます ( * または ? ) ファイル名の 1 つまたは複数の文字を表す、ファイルまたはサブディレクトリのサブセットを表示します。You can use wildcard characters (* or ?), to represent one or more characters of a file name and to display a subset of files or subdirectories.

    アスタリスク (*)。 たとえば、文字の任意の文字列の代わりにアスタリスクを使用します。Asterisk (*): Use the asterisk as a substitute for any string of characters, for example:

    • dir *.txtで始まる、.txt など、.txt、.txt1 .txt_old 拡張子を持つ現在のディレクトリ内のすべてのファイルを一覧表示されます。dir *.txt lists all files in the current directory with extensions that begin with .txt, such as .txt, .txt1, .txt_old.
    • 読み取る dir*.txtで始まる、「読み取り」とは拡張子が .txt、.txt、.txt1、.txt_old などで始まる、現在のディレクトリ内のすべてのファイルを一覧表示されます。dir read*.txt lists all files in the current directory that begin with "read" and with extensions that begin with .txt, such as .txt, .txt1, or .txt_old.
    • 読み取る dir*.\ * 現在のディレクトリに「読み取り」で始まる拡張子が付いたファイルすべてを一覧表示されます。dir read*.\* lists all files in the current directory that begin with "read" with any extension.

    アスタリスクのワイルドカードは常に使用短いファイル名のマッピング、予期しない結果を取得する可能性があります。The asterisk wildcard always uses short file name mapping, so you might get unexpected results. たとえば、次のディレクトリには、2 つのファイル (t.txt2 と t97.txt) が含まれています。For example, the following directory contains two files (t.txt2 and t97.txt):

    C:\test>dir /x
    Volume in drive C has no label.
    Volume Serial Number is B86A-EF32
    
    Directory of C:\test
    
    11/30/2004  01:40 PM <DIR>  .
    11/30/2004  01:40 PM <DIR> ..
    11/30/2004  11:05 AM 0 T97B4~1.TXT t.txt2
    11/30/2004  01:16 PM 0 t97.txt
    

    その入力が想像dir t97\ * ファイル t97.txt を返します。You might expect that typing dir t97\* would return the file t97.txt. ただし、入力dir t97\ * アスタリスクのワイルドカードには、その短い名前マップ T97B4~1.TXT を使用して t97.txt にファイル t.txt2 が一致するために、両方のファイルを返します。However, typing dir t97\* returns both files, because the asterisk wildcard matches the file t.txt2 to t97.txt by using its short name map T97B4~1.TXT. 同様に、入力del t97\ * 両方のファイルを削除します。Similarly, typing del t97\* would delete both files.

    疑問符 (?): 名前の単一の文字の代わりに疑問符 () を使用します。Question mark (?): Use the question mark as a substitute for a single character in a name. たとえば、入力dir を読み取る。txtを「読み取り」で始まり、最大 3 つの文字が続く、.txt 拡張子を持つ現在のディレクトリ内のファイルを一覧表示されます。For example, typing dir read???.txt lists any files in the current directory with the .txt extension that begin with "read" and are followed by up to three characters. これには、Read.txt、Read1.txt、Read12.txt、Read123.txt、および Readme1.txt がない Readme12.txt が含まれます。This includes Read.txt, Read1.txt, Read12.txt, Read123.txt, and Readme1.txt, but not Readme12.txt.

  • ファイルの表示属性を指定します。Specifying file display attributes

    使用する場合 /aで 1 つ以上の値を持つ属性dir指定のすべての属性を持つファイルのみの名前を表示します。If you use /a with more than one value in Attributes, dir displays the names of only those files with all the specified attributes. 例では、使用する場合の /ar-h属性として (いずれかを使用して /、: r hまたは /ar-h)、 dirのみを表示を非表示には、読み取り専用ファイルの名前になります。For example, if you use /a with r and -h as attributes (by using either /a:r-h or /ar-h), dir will only display the names of the read-only files that are not hidden.

  • ファイル名の並べ替えを指定します。Specifying file name sorting

    1 つ以上を指定する場合SortOrder値、 dirと 2 番目の条件によって、次の最初の条件では、ファイル名を並べ替えます。If you specify more than one SortOrder value, dir sorts the file names by the first criterion, then by the second criterion, and so on. 使用する場合など /oで、 e-sSortOrder (いずれかを使用して最も-sまたは /oe-s)、 dir最大規模の最初の拡張機能によってディレクトリとファイルの名前を並べ替えます、最終的な結果が表示されます。For example, if you use /o with the e and -s values for SortOrder (by using either /o:e-s or /oe-s), dir sorts the names of directories and files by extension, with the largest first, and then displays the final result. 拡張機能でアルファベット順に並べ替えるを最初に、表示拡張機能なしでファイル名、ディレクトリ名、およびファイル名拡張子を持つ。The alphabetic sorting by extension causes file names with no extensions to appear first, then directory names, and then file names with extensions.

  • リダイレクト文字とパイプを使用します。Using redirection symbols and pipes

    リダイレクト文字を使用する場合 ( > ) を送信するdir出力をファイルまたはパイプ ( | ) を送信するdirを別のコマンドを使用して出力 /a:-d/bファイル名のみを一覧表示します。When you use the redirection symbol (>) to send dir output to a file or a pipe (|) to send dir output to another command, use /a:-d and /b to list the file names only. 使用することができますFileName/b/sことを指定するdirが現在のディレクトリとそのサブディレクトリのすべてのファイルを検索名前と一致するFileNameします。You can use FileName with /b and /s to specify that dir is to search the current directory and its subdirectories for all file names that match FileName. Dirドライブ文字、ディレクトリ名、ファイル名、および各ファイルのファイル名拡張子 (1 行につき 1 つのパス) を名前を付けます検出のみを表示します。Dir lists only the drive letter, directory name, file name, and file name extension (one path per line), for each file name it finds. パイプを使用して送信する前にdirを別のコマンドの出力は、TEMP 環境変数に設定項目のファイル。Before you use a pipe to send dir output to another command, you should set the TEMP environment variable in your Autoexec.nt file.

  • Dirコマンドで他のパラメーターは、回復コンソールから利用できます。The dir command, with different parameters, is available from the Recovery Console.

Examples

後、別のでは、ワイド形式と画面ごとに一時停止、アルファベット順でディレクトリをすべて 1 つを表示するには、ルート ディレクトリが現在のディレクトリであることを確認し、入力します。To display all directories one after the other, in alphabetical order, in wide format, and pausing after each screen, make sure that the root directory is the current directory, and then type:

dir /s/w/o/p

Dirルート ディレクトリ、サブディレクトリ、および拡張機能を含め、ルート ディレクトリ内のファイルを一覧表示されます。Dir lists the root directory, the subdirectories, and the files in the root directory, including extensions. 次に、 dirサブディレクトリの名前と、ツリーの各サブディレクトリ内のファイル名を一覧表示されます。Then, dir lists the subdirectory names and file names in each subdirectory in the tree.

前の例を変更するようにdirファイル名と、拡張機能が表示されますが、ディレクトリ名、型が省略されます。To alter the preceding example so that dir displays the file names and extensions, but omits the directory names, type:

dir /s/w/o/p/a:-d

ディレクトリの一覧を印刷するには、次のように入力します。To print a directory listing, type:

dir > prn

指定するとprnディレクトリの一覧は、lpt1 に接続されているプリンターに送信されます。When you specify prn, the directory list is sent to the printer that is attached to the LPT1 port. 置き換える必要がある場合は、プリンターは、別のポートに接続されているが、 prn適切なポートの名前に置き換えます。If your printer is attached to a different port, you must replace prn with the name of the correct port.

出力をリダイレクトすることもできます、 dirを置き換えることで、ファイルにコマンドprnファイル名を使用します。You can also redirect output of the dir command to a file by replacing prn with a file name. パスを入力することもできます。You can also type a path. Direct にはたとえば、 dir型であるレコード ディレクトリにファイル dir.doc に出力します。For example, to direct dir output to the file dir.doc in the Records directory, type:

dir > \records\dir.doc

Dir.doc が存在しない場合dirレコード ディレクトリが存在しない場合を除き、それを作成します。If dir.doc does not exist, dir creates it, unless the Records directory does not exist. その場合は、次のメッセージが表示されます。In that case, the following message appears:

File creation error

ドライブ C 上のすべてのディレクトリ内には、拡張子 .txt のすべてのファイル名の一覧を表示するに次のように入力します。To display a list of all the file names with the .txt extension in all directories on drive C, type:

dir c:\*.txt /w/o/s/p

Dirが表示されたら、ワイド形式で、ディレクトリごとにアルファベット順の一覧に対応するファイルの名前を付けます、毎回続行する任意のキーを押すまで、画面が入力を一時停止します。Dir displays, in wide format, an alphabetized list of the matching file names in each directory, and it pauses each time the screen fills until you press any key to continue.

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key