diskshadowdiskshadow

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

diskshadow.exe はボリューム シャドウ コピー サービスによって提供される機能を公開するツール(VSS)します。diskshadow.exe is a tool that exposes the functionality offered by the volume shadow copy Service (VSS). 既定では、diskshadow は diskraid または DiskPart に似た対話型コマンド インタープリターを使用します。By default, diskshadow uses an interactive command interpreter similar to that of diskraid or DiskPart. diskshadow には、スクリプト可能なモードも含まれています。diskshadow also includes a scriptable mode.

注意

ローカルの Administrators グループ、またはそれと同等のメンバーシップは、diskshadow の実行に必要な最小値です。Membership in the local Administrators group, or equivalent, is the minimum required to run diskshadow.

diskshadow のコマンドを使用する方法の例については、次を参照してください。します。for examples of how to use diskshadow commands, see Examples.

構文Syntax

対話型モードの場合は、diskshadow コマンド インタープリターを開始するコマンド プロンプトで、次を入力します。for interactive mode, type the following at the command prompt to start the diskshadow command interpreter:

diskshadow  

スクリプト モードの場合、以下の入力場所script.txt diskshadow のコマンドを含むスクリプト ファイルには。for script mode, type the following, where script.txt is a script file containing diskshadow commands:

diskshadow -s script.txt  

diskshadow コマンドdiskshadow commands

またはスクリプト ファイルを diskshadow コマンド インタープリターでは、次のコマンドを実行できます。You can run the following commands in the diskshadow command interpreter or through a script file:

パラメーターParameter 説明Description
set_2set_2 コンテキスト、オプション、詳細出力モード、およびシャドウ コピーを作成するためのメタデータ ファイルを設定します。Sets the context, options, verbose mode, and metadata file for creating shadow copies.
復元をシミュレートしますSimulate restore 発行することがなく、コンピューター上の復元のセッション内のライターをテスト 復元前 または PostRestore ライターへのイベントです。Tests writer involvement in restore sessions on the computer without issuing PreRestore or PostRestore events to writers.
メタデータを読み込みLoad metadata 移動可能なシャドウ コピーをインポートする前に、メタデータの .cab ファイルの読み込みまたは復元の場合、ライター メタデータを読み込みます。Loads a metadata .cab file prior to importing a transportable shadow copy or loads the writer metadata in the case of a restore.
ライターwriter ライターまたはコンポーネントが含まれるか、バックアップまたは復元の手順からライターまたはコンポーネントを除外することを確認します。verifies that a writer or component is included or excludes a writer or component from the backup or restore procedure.
add_1add_1 シャドウ コピー、ボリュームのセットにボリュームを追加するか、別名環境にエイリアスを追加します。adds volumes to the set of volumes that are to be shadow copied, or adds aliases to the alias environment.
create_1create_1 現在のコンテキストとオプションの設定を使用して、シャドウ コピーの作成プロセスを開始します。starts the shadow copy creation process, using the current context and option settings.
execexec ローカル コンピューター上のファイルを実行します。executes a file on the local computer.
バックアップを開始します。Begin backup 完全バックアップのセッションを開始します。starts a full backup session.
末尾のバックアップEnd backup 完全バックアップのセッションとの問題を終了、 Backupcompleteイベントが必要な場合は、適切なライターの状態。Ends a full backup session and issues a Backupcomplete event with the appropriate writer state, if needed.
復元を開始します。Begin restore 復元セッションとの問題を開始、復元前イベントに関連するライター。starts a restore session and issues a PreRestore event to involved writers.
最後の復元End restore 復元セッションとの問題を終了、 PostRestoreイベントに関連するライター。Ends a restore session and issues a PostRestore event to involved writers.
resetreset diskshadow を既定の状態にリセットします。resets diskshadow to the default state.
listlist ライター、シャドウ コピー、または現在登録されているシャドウ コピー プロバイダーは、システム上にあるを一覧表示します。lists writers, shadow copies, or currently registered shadow copy providers that are on the system.
影を削除します。delete shadows シャドウ コピーを削除します。deletes shadow copies.
importimport システムに読み込まれたメタデータ ファイルからの移植可能なシャドウ コピーをインポートします。imports a transportable shadow copy from a loaded metadata file into the system.
マスクmask 使用してインポートされたハードウェアのシャドウ コピーを削除、インポートコマンド。removes hardware shadow copies that were imported by using the import command.
exposeexpose ドライブ文字、共有、またはマウント ポイントとして永続的なシャドウ コピーを公開します。exposes a persistent shadow copy as a drive letter, share, or mount point.
unexposeunexpose 使用して公開されたシャドウ コピーを unexposes、公開コマンド。unexposes a shadow copy that was exposed by using the expose command.
break_2break_2 Vss シャドウ コピー ボリュームの関連付けを解除します。Disassociates a shadow copy volume from VSS.
元に戻すrevert 指定したシャドウ コピーにボリュームを元に戻します。reverts a volume back to a specified shadow copy.
exit_1exit_1 diskshadow を終了します。exits diskshadow.

注釈Remarks

  • 少なくとものみ追加作成シャドウ コピーを作成するために必要な。at a minimum, only add and create are necessary to create a shadow copy. ただし、コンテキストとオプションの設定を申し立ててはこれ、バックアップのコピーになります、バックアップの実行スクリプトなしでのみシャドウ コピーが作成されます。However, this will forfeit the context and option settings, will be a copy backup, and will only create a shadow copy with no backup execution script.

Examples

これは、バックアップ シャドウ コピーを作成するコマンドのシーケンスの例です。This is a sample sequence of commands that will create a shadow copy for backup. Script.dsh、としてファイルに保存され diskshadow を使用して実行するには、その/s script.dshIt can be saved to file as script.dsh, and executed with diskshadow /s script.dsh

次のものとします。Assume the following:

  • C: と呼ばれる既存のディレクトリがある\diskshadowdata します。You have an existing directory called c:\diskshadowdata.

  • システム ボリュームが c: とデータ量は d: です。Your system volume is C: and your data volume is D:.

  • C: backupscript.cmd ファイルがある\diskshadowdata します。You have a backupscript.cmd file in c:\diskshadowdata.

  • Backupscript.cmd ファイルでは、シャドウ データ p: とに、バックアップ ドライブ q: のコピーを実行します。Your backupscript.cmd file will perform the copy of shadow data p: and q: to your backup drive.

これらのコマンドを手動で入力するか、スクリプト化。You can enter these commands manually or script them:

#diskshadow script file  
set context persistent nowriters  
set metadata c:\diskshadowdata\example.cab  
set verbose on  
begin backup  
add volume c: alias Systemvolumeshadow  
add volume d: alias Datavolumeshadow  
  
create  
  
expose %Systemvolumeshadow% p:  
expose %Datavolumeshadow% q:  
exec c:\diskshadowdata\backupscript.cmd  
end backup  
#End of script  

その他の参照additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key