Diskshadow (英語の可能性あり)

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

Diskshadow.exe は、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) によって提供される機能を公開するツールです。 既定では、Diskshadow は Diskraid や Diskpart と同様の対話型コマンド インタープリターを使用します。 Diskshadow には、スクリプト可能モードも含まれています。

Note

Diskshadow を実行するために必要な最小要件は、ローカルの管理者グループ (同等) のメンバーシップです。

構文

対話型モードの場合は、コマンド プロンプトで次を入力して Diskshadow コマンド インタープリターを起動します。

diskshadow

スクリプト モードの場合は、次を入力します。script.txt は、Diskshadow コマンドを含むスクリプト ファイルです。

diskshadow -s script.txt

パラメーター

Diskshadow コマンド インタープリターまたはスクリプト ファイルを使用して、次のコマンドを実行できます。 シャドウ コピーを作成するには、最低限 addcreate だけが必要です。 ただし、これによりコンテキストとオプションの設定が失い、コピー バックアップが作成され、バックアップ実行スクリプトを使用してシャドウ コピーが作成されます。

コマンド 説明
set コマンド シャドウ コピーを作成するためのコンテキスト、オプション、詳細モード、メタデータ ファイルを設定します。
load metadata コマンド 転送可能なシャドウ コピーをインポートする前にメタデータ .cab ファイルを読み込んだり、復元の場合にライター メタデータを読み込んだりします。
writer コマンド ライターまたはコンポーネントが含まれているかを検証するか、バックアップまたは復元手順からライターまたはコンポーネントを除外します。
add コマンド シャドウ コピーするボリュームのセットにボリュームを追加するか、別名をエイリアス環境に追加します。
create コマンド 現在のコンテキストとオプションの設定を使用して、シャドウ コピーの作成プロセスを開始します。
exec コマンド ローカル コンピューター上でファイルを実行します。
begin backup コマンド 完全バックアップ セッションを開始します。
end backup コマンド 完全バックアップ セッションを終了し、必要に応じて適切なライター状態で backupcomplete イベントを発行します。
begin restore コマンド 復元セッションを開始し、関連するライターに prerestore イベントを発行します。
end restore コマンド 復元セッションを終了し、関連するライターに postrestore イベントを発行します。
reset コマンド Diskshadow を既定の状態にリセットします。
list コマンド システム上にあるライター、シャドウ コピー、または現在登録されているシャドウ コピー プロバイダーを一覧表示します。
delete shadows コマンド シャドウ コピーを削除します。
import コマンド 読み込まれたメタデータ ファイルからシステムに転送可能なシャドウ コピーをインポートします。
mask コマンド import コマンドを使用してインポートされたハードウェア シャドウ コピーを削除します。
expose コマンド 永続的なシャドウ コピーをドライブ文字、共有、またはマウント ポイントとして公開します。
unexpose コマンド expose コマンドを使用して公開されたシャドウ コピーを公開しません。
break コマンド VSS からのシャドウ コピー ボリュームの関連付けを解除します。
revert コマンド 指定したシャドウ コピーにボリュームを元に戻します。
exit コマンド コマンド インタープリターまたはスクリプトを終了します。

これは、バックアップ用のシャドウ コピーを作成するコマンドのサンプル シーケンスです。 ファイルに script.dsh として保存し、diskshadow /s script.dsh を使用して実行できます。

次の場合を想定します。

  • c:\diskshadowdata という名前の既存のディレクトリがあります。

  • システム ボリュームは C: で、データ ボリュームは D: です。

  • c:\diskshadowdata に backupscript.cmd ファイルがあります。

  • backupscript.cmd ファイルは、バックアップ ドライブへのシャドウ データ p: と q: のコピーを実行します。

これらのコマンドは、手動で入力するか、スクリプトを作成できます。

#Diskshadow script file
set context persistent nowriters
set metadata c:\diskshadowdata\example.cab
set verbose on
begin backup
add volume c: alias systemvolumeshadow
add volume d: alias datavolumeshadow

create

expose %systemvolumeshadow% p:
expose %datavolumeshadow% q:
exec c:\diskshadowdata\backupscript.cmd
end backup
#End of script

その他のリファレンス