fsutil の objectidFsutil objectid

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7

ファイル、ディレクトリ、およびリンクなどの他のオブジェクトを追跡するために、分散リンクの追跡 (DLT) クライアントのサービスおよびファイル レプリケーション サービス (FRS) によって使用される内部のオブジェクトはオブジェクト識別子 (Oid) を管理します。Manages object identifiers (OIDs), which are internal objects used by the Distributed Link Tracking (DLT) Client service and File Replication Service (FRS) to track other objects such as files, directories, and links. オブジェクト識別子は、ほとんどのプログラムに表示されないし、変更しないでください。Object identifiers are invisible to most programs and should never be modified.

注意事項

削除、設定、またはしないでそれ以外の場合、オブジェクト識別子を変更します。Do not delete, set, or otherwise modify an object identifier. 削除するか、オブジェクト識別子の設定は、すべてのデータ ボリュームを含む、ファイルの部分からのデータが失われる可能性します。Deleting or setting an object identifier can result in the loss of data from portions of a file, up to and including entire volumes of data. さらに、分散リンクの追跡 (DLT) クライアントのサービスとファイル レプリケーション サービス (FRS) で有害な動作が発生する可能性があります。In addition, you might cause adverse behavior in the Distributed Link Tracking (DLT) Client service and File Replication Service (FRS).

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

fsutil objectid [create] <FileName>
fsutil objectid [delete] <FileName>
fsutil objectid [query] <FileName>
fsutil objectid [set] <ObjectID> <BirthVolumeID> <BirthObjectID> <DomainID> <FileName>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
作成create 指定したファイルがまだない場合 1 つは、オブジェクト識別子を作成します。Creates an object identifier if the specified file does not already have one. ファイルは、オブジェクト識別子を既に持っている場合、このサブコマンドは同じです、クエリサブコマンドします。If the file already has an object identifier, this subcommand is equivalent to the query subcommand.
deletedelete オブジェクト識別子を削除します。Deletes an object identifier.
クエリ (query)query オブジェクト識別子を照会します。Queries an object identifier.
セット (set)set オブジェクト識別子を設定します。Sets an object identifier.
<ObjectID><ObjectID> ボリューム内で一意であることが保証される特定のファイルの 16 バイトの 16 進識別子を設定します。Sets a file-specific 16 byte hexadecimal identifier that is guaranteed to be unique within a volume. オブジェクト識別子は、ファイルを識別するために、分散リンクの追跡 (DLT) クライアント サービスとファイル レプリケーション サービス (FRS) によって使用されます。The object identifier is used by the Distributed Link Tracking (DLT) Client service and the File Replication Service (FRS) to identify files.
<BirthVolumeID><BirthVolumeID> ファイルが配置されている場合、最初に、オブジェクト識別子を取得してボリュームを示します。Indicates the volume on which the file was located when it first obtained an object identifier. この値は、DLT クライアント サービスで使用される 16 バイトの 16 進識別子です。This value is a 16 byte hexadecimal identifier that is used by the DLT Client service.
<BirthObjectID><BirthObjectID> ファイルの元のオブジェクト識別子を示します (、 ObjectIDファイルが移動されると変わる可能性があります)。Indicates the file's original object identifier (The ObjectID may change when a file is moved). この値は、DLT クライアント サービスで使用される 16 バイトの 16 進識別子です。This value is a 16 byte hexadecimal identifier that is used by the DLT Client service.
<DomainID ><DomainID> 16 バイトの 16 進数のドメイン識別子です。16 byte hexadecimal domain identifier. この値は、現在使用されていないと、すべてゼロに設定する必要があります。This value is not currently used and must be set to all zeros.
<FileName><FileName> ファイル名と拡張子、たとえば C:\documents\filename.txt を含むファイルへの完全パスを指定します。Specifies the full path to the file including the file name and extension, for example C:\documents\filename.txt.

注釈Remarks

  • オブジェクト識別子を持つ任意のファイルは、生年月日ボリュームの識別子、生年月日のオブジェクト識別子、およびドメイン識別子もあります。Any file that has an object identifier also has a birth volume identifier, a birth object identifier, and a domain identifier. ファイルを移動するときは、オブジェクト識別子を変更することがありますが、生年月日のボリュームと生年月日のオブジェクト識別子は変化します。When you move a file, the object identifier may change, but the birth volume and birth object identifiers remain the same. この動作により、常に移動された場所に関係なく、ファイルを検索する Windows オペレーティング システムです。This behavior enables the Windows operating system to always find a file, no matter where it has been moved.

Examples

オブジェクト識別子を作成するには、次のように入力します。To create an object identifier, type:

fsutil objectid create c:\temp\sample.txt

オブジェクト識別子を削除するには、次のように入力します。To delete an object identifier, type:

fsutil objectid delete c:\temp\sample.txt

オブジェクト識別子をクエリするには、次のように入力します。To query an object identifier, type:

fsutil objectid query c:\temp\sample.txt

オブジェクト識別子を設定するには、次のように入力します。To set an object identifier, type:

fsutil objectid set 40dff02fc9b4d4118f120090273fa9fc f86ad6865fe8d21183910008c709d19e 40dff02fc9b4d4118f120090273fa9fc 00000000000000000000000000000000 c:\temp\sample.txt

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key

FsutilFsutil