Fsutil クォータFsutil quota

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7

ネットワーク ベースの記憶域をより正確に制御を提供する NTFS ボリューム上のディスク クォータを管理します。Manages disk quotas on NTFS volumes to provide more precise control of network-based storage.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

fsutil quota [disable] <VolumePath>
fsutil quota [enforce] <VolumePath>
fsutil quota [modify] <VolumePath> <Threshold> <Limit> <UserName>
fsutil quota [query] <VolumePath>
fsutil quota [track] <VolumePath>
fsutil quota [violations]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
無効化disable クォータの追跡と指定されたボリュームでの強制を無効にします。Disables quota tracking and enforcement on the specified volume.
適用します。enforce 指定されたボリュームでクォータ使用率を適用します。Enforces quota usage on the specified volume.
変更modify 既存のディスク クォータを変更します。 または、新しいクォータを作成します。Modifies an existing disk quota or creates a new quota.
queryquery 既存のディスク クォータの一覧を表示します。Lists existing disk quotas.
トラックtrack ディスクの指定されたボリュームでの使用状況を追跡します。Tracks disk usage on the specified volume.
違反violations システムおよびアプリケーションのログを検索し、クォータ違反が検出されたこと、またはユーザーがクォータのしきい値またはクォータの上限に達したことを示すメッセージが表示されます。Searches the system and application logs and displays a message to indicate that quota violations have been detected or that a user has reached a quota threshold or quota limit.
<VolumePath ><VolumePath> 必須。Required. ドライブ名の後にコロンまたは形式の GUID を指定しますボリューム { GUID } します。Specifies the drive name followed by a colon or the GUID in the format Volume{GUID}.
<しきい値 ><Threshold> 警告が発行された日時です (バイト単位) での制限を設定します。Sets the limit (in bytes) at which warnings are issued. このパラメーターが必要です、 fsutil クォータの変更コマンド。This parameter is required for the fsutil quota modify command.
<制限値 ><Limit> 許可された最大ディスク使用量をバイト単位で設定します。Sets the maximum allowed disk usage (in bytes). このパラメーターが必要です、 fsutil クォータの変更コマンド。This parameter is required for the fsutil quota modify command.
<ユーザー名 ><UserName> ドメインまたはユーザー名を指定します。Specifies the domain or user name. このパラメーターが必要です、 fsutil クォータの変更コマンド。This parameter is required for the fsutil quota modify command.

注釈Remarks

  • ディスク クォータは、ボリュームごとに実装され、両方のハードおよびソフトの記憶域制限をユーザーごとに実装できるようにします。Disk quotas are implemented on a per-volume basis, and they enable both hard and soft storage limits to be implemented on a per-user basis.

  • 使用するスクリプトを記述を使用するfsutil クォータ新しいユーザーを追加するたびに、クォータ制限を設定またはクォータの制限値を自動的に追跡するには、コンパイルして、レポートにし、自動的に電子メールでシステム管理者に送信します。You can use write scripts that use fsutil quota to set the quota limits every time you add a new user or to automatically track quota limits, compile them into a report, and automatically send them to the system administrator in e-mail.

Examples

{928842df-5a01-11de-a85c-806e6f6e6963}、GUID で指定されているディスク ボリュームの既存のディスク クォータの一覧を表示するには、次のように入力します。To list existing disk quotas for a disk volume that is specified with the GUID, {928842df-5a01-11de-a85c-806e6f6e6963}, type:

fsutil quota query Volume{928842df-5a01-11de-a85c-806e6f6e6963}

既存のディスク クォータをドライブ文字で指定されているディスク ボリュームの一覧を表示するc: 種類。To list existing disk quotas for a disk volume that is specified with the drive letter, C:, type:

Fsutil quota query C:

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key

FsutilFsutil