fsutil の修復Fsutil repair

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7

管理および NTFS 自己復旧修復操作を監視します。Administers and monitors NTFS self-healing repair operations.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

fsutil repair [enumerate] <volumepath> [<LogName>]
fsutil repair [initiate] <VolumePath> <FileReference>
fsutil repair [query] <VolumePath>
fsutil repair [set] <VolumePath> <Flags>
fsutil repair [wait][<WaitType>] <VolumePath>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
列挙します。enumerate ボリュームの破損ログのエントリを列挙します。Enumerates the entires of a volume's corruption log.
<volumepath ><volumepath> コロンの後にドライブ名として、ボリュームを指定します。Specifies the volume as the drive name followed by a colon.
<LogName><LogName> $ が壊れています - 一連のボリュームの破損を確認します。$Corrupt - The set of confirmed corruptions in the volume.
$ を確認します - ボリュームで未確認の潜在的な破損のセット。$Verify - A set of potential, unverified corruptions in the volume.
開始initiate NTFS 自己復旧を開始します。Initiates NTFS self-healing.
<FileReference><FileReference> NTFS ボリュームに固有のファイル ID (ファイルの参照番号) を指定します。Specifies the NTFS volume-specific file ID (file reference number). ファイル参照には、ファイルのセグメント数が含まれています。The file reference includes the segment number of the file.
クエリ (query)query NTFS ボリュームの自動修復の状態を照会します。Queries the self-healing state of the NTFS volume.
セット (set)set ボリュームの自動修復の状態を設定します。Sets the self-healing state of the volume.
<フラグ ><Flags> ボリュームの自動修復の状態を設定するときに使用される修復方法を指定します。Specifies the repair method to be used when setting the self-healing state of the volume.

フラグパラメーターは、3 つの値に設定することができます。The Flags parameter can be set to three values:

- 0x01:[全般] の修復を有効にします。- 0x01: Enables general repair.
- 0x09:修復なしのデータ損失の可能性について警告します。- 0x09: Warns about potential data loss without repair.
- 0x00:NTFS 自己復旧修復操作を無効にします。- 0x00: Disables NTFS self-healing repair operations.
statestate 指定したボリュームまたはシステムの破損状態を照会します。Queries the corruption state of the system or for a given volume.
待機wait Repair(s) を完了するまで待機します。Waits for repair(s) to complete. NTFS は、修復を実行するは、ボリューム上の問題を検出しましたが、このオプションは、保留中のスクリプトを実行する前に、修復が完了するまで待機するシステムをできます。If NTFS has detected a problem on a volume on which it is performing repairs, this option allows the system to wait until the repair is complete before it runs any pending scripts.
[WaitType {0|1}][WaitType {0|1}] 現在の修復を完了するか、すべての修復を完了するを待機するを待機するかどうかを示します。Indicates whether to wait for the current repair to complete or to wait for all repairs to complete. WaitType次の値に設定することができます。WaitType can be set to the following values:

- 0:すべての修復を完了するまで待機します。- 0: Waits for all repairs to complete. (既定値)(default value)
- 1:現在の修復を完了するまで待機します。- 1: Waits for the current repair to complete.

注釈Remarks

  • 必要とせず、NTFS ファイル システムをオンラインでの破損を修正しようとして NTFS の自己修復Chkdsk.exeを実行します。Self-healing NTFS attempts to correct corruptions of the NTFS file system online, without requiring Chkdsk.exe to be run. この機能は、Windows Server 2008 で導入されました。This feature was introduced in Windows Server 2008. 詳細については、次を参照してください。自己復旧 NTFSします。For more information, see Self Healing NTFS.

Examples

ボリュームの確認済みの破損を列挙するには、次のように入力します。To enumerate the confirmed corruptions of a volume, type:

fsutil repair enumerate C: $Corrupt 

ドライブ C 上の自動修復の修復を有効にするには、次のように入力します。To enable self-healing repair on drive C, type:

fsutil repair set c: 1

ドライブ C 上の自動修復の修復を無効にするには、次のように入力します。To disable self-healing repair on drive C, type:

fsutil repair set c: 0

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key

FsutilFsutil

自己 NTFS の復旧Self Healing NTFS