fsutil reparsepointFsutil reparsepoint

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7、Windows 2008、Windows VistaApplies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7, Windows 2008, Windows Vista

再解析ポイントのクエリまたは削除します。Queries or deletes reparse points. Fsutil reparsepointコマンドは、通常のサポート担当者によって使用されます。The fsutil reparsepoint command is typically used by support professionals.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

fsutil reparsepoint [query] <FileName>
fsutil reparsepoint [delete] <FileName>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
queryquery ファイルまたは指定したハンドルによって識別されたディレクトリに関連付けられている再解析ポイントのデータを取得します。Retrieves the reparse point data that is associated with the file or directory identified by the specified handle.
deletedelete ファイルまたはディレクトリを指定したハンドルによって識別されますが、ファイルまたはディレクトリを削除しませんから、再解析ポイントを削除します。Deletes a reparse point from the file or directory that is identified by the specified handle, but does not delete the file or directory.
ファイル名と拡張子、たとえば C:\documents\filename.txt を含むファイルへの完全パスを指定します。Specifies the full path to the file including the file name and extension, for example C:\documents\filename.txt.

注釈Remarks

  • 再解析ポイントは NTFS ファイルをユーザー定義のデータを含む定義可能な属性を持つシステム オブジェクトであり、入力/出力 (I/O) のサブシステムでの機能を拡張するために使用します。Reparse points are NTFS file system objects that have a definable attribute that contains user-defined data, and they are used to extend functionality in the input/output (I/O) subsystem.

  • 再解析ポイントは、ディレクトリの接合ポイントとボリューム マウント ポイントに使用されます。Reparse points are used for directory junction points and volume mount points. ファイル システム フィルター ドライバーでドライバーを特別なものとして特定のファイルをマークにも使用されます。They are also used by file system filter drivers to mark certain files as special to that driver.

  • プログラムが再解析ポイントを設定すると、このデータと格納しているデータを一意に識別する再解析タグを格納します。When a program sets a reparse point, it stores this data, plus a reparse tag, which uniquely identifies the data it is storing. ファイル システムでは、再解析ポイントと、ファイルを開くときに、関連付けられているファイル システム フィルターを検索しようとします。When the file system opens a file with a reparse point, it attempts to find the associated file system filter. ファイル システム フィルターが見つかった場合、フィルターは、再解析データの指示に従って、ファイルを処理します。If the file system filter is found, the filter processes the file as directed by the reparse data. ファイル システム フィルターが見つからない場合、ファイルを開く操作は失敗します。If no file system filter is found, the File open operation fails.

Examples

関連付けられた C:\Server 再解析ポイントのデータを取得するには、次のように入力します。To retrieve reparse point data associated with C:\Server, type:

fsutil reparsepoint query c:\server

再解析ポイントを指定したファイルまたはディレクトリから削除するには、次の形式を使用します。To delete a reparse point from a specified file or directory, use the following format:

fsutil reparsepoint delete c:\server

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key

FsutilFsutil