Fsutil リソースFsutil resource

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7、Windows 2008、Windows VistaApplies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7, Windows 2008, Windows Vista

セカンダリトランザクションリソースマネージャーを作成するか、トランザクションリソースマネージャーを開始または停止します。または、トランザクションリソースマネージャーに関する情報を表示し、次の動作を変更します。Creates a Secondary Transactional Resource Manager, starts or stops a Transactional Resource Manager, or displays information about a Transactional Resource Manager and modifies the following behavior:

  • 次のマウント時に既定のトランザクションリソースマネージャーがトランザクションメタデータをクリーンアップするかどうかWhether a default Transactional Resource Manager will clean its transactional metadata at the next mount

  • 可用性よりも一貫性を優先するように指定されたトランザクションリソースマネージャーThe specified Transactional Resource Manager to prefer consistency over availability

  • 一貫性を維持して可用性を優先するように指定されたトランザクションリソースマネージャーThe specified Transaction Resource Manager to prefer availability over consistency

  • 実行中のトランザクションリソースマネージャーの特性The characteristics of a running Transactional Resource Manager

このコマンドの使用方法の例については、「」を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples .

構文Syntax

fsutil resource [create] <RmRootPathname>
fsutil resource [info] <RmRootPathname>
fsutil resource [setautoreset] {true|false} <DefaultRmRootPathname>
fsutil resource [setavailable] <RmRootPathname>
fsutil resource [setconsistent] <RmRootPathname>
fsutil resource [setlog] [growth {<Containers> containers|<Percent> percent} <RmRootPathname>] [maxextents <Containers> <RmRootPathname>] [minextents <Containers> <RmRootPathname>] [mode {full|undo} <RmRootPathname>] [rename <RmRootPathname>] [shrink <percent> <RmRootPathname>] [size <Containers> <RmRootPathname>]
fsutil resource [start] <RmRootPathname> [<RmLogPathname> <TmLogPathname>
fsutil resource [stop] <RmRootPathname>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
作成create セカンダリトランザクションリソースマネージャーを作成します。Creates a secondary Transactional Resource Manager.
トランザクションリソースマネージャーのルートディレクトリへの完全パスを指定します。Specifies the full path to a Transactional Resource Manager root directory.
infoinfo 指定されたトランザクションリソースマネージャーの情報を表示します。Displays the specified Transactional Resource Manager's information.
setautoresetsetautoreset 既定のトランザクションリソースマネージャーが次のマウントでトランザクションメタデータをクリーンアップするかどうかを指定します。Specifies whether a default Transactional Resource Manager will clean the transactional metadata on the next mount.

-既定では、 setautoresetパラメーターをtrueに設定して、トランザクションリソースマネージャーが次のマウントでトランザクションメタデータをクリーンアップするように指定します。- Set the setautoreset parameter to true to specify that the Transaction Resource Manager will clean the transactional metadata on the next mount, by default.
- Setautoresetパラメーターをfalseに設定して、既定では、トランザクションリソースマネージャーが次のマウントでトランザクションメタデータを消去しないように指定します。- Set the setautoreset parameter to false to specify that the Transaction Resource Manager will not clean the transactional metadata on the next mount, by default.
ドライブ名の後にコロンを付けて指定します。Specifies the drive name followed by a colon.
setavailablesetavailable トランザクションリソースマネージャーが整合性よりも可用性を優先することを指定します。Specifies that a Transactional Resource Manager will prefer availability over consistency.
setconsistentsetconsistent トランザクションリソースマネージャーが可用性よりも一貫性を優先することを指定します。Specifies that a Transactional Resource Manager will prefer consistency over availability.
growthsetlog 既に実行されているトランザクションリソースマネージャーの特性を変更します。Changes the characteristics of a Transactional Resource Manager that is already running.
成長growth トランザクションリソースマネージャーのログを拡張できる量を指定します。Specifies the amount by which the Transactional Resource Manager log can grow.

拡張パラメーターは次のように指定できます。The growth parameter can be specified as follows:

-形式を使用したコンテナーの数:コンテナーコンテナー- Number of containers using the format: Containerscontainers
-形式を使用した割合:パーセントパーセント- Percentage using the format: Percentpercent
トランザクションリソースマネージャーによって使用されるデータオブジェクトを指定します。Specifies the data objects that are used by the Transactional Resource Manager.
maxextentmaxextent 指定したトランザクションリソースマネージャーのコンテナーの最大数を指定します。Specifies the maximum number of containers for the specified Transactional Resource Manager.
minextentminextent 指定されたトランザクションリソースマネージャーのコンテナーの最小数を指定します。Specifies the minimum number of containers for the specified Transactional Resource Manager.
モード {完全|に元に戻す}mode {full|undo} すべてのトランザクションをログに記録するか (完全)、ロールバックされたイベントのみをログに記録するか (元に戻す) を指定します。Specifies whether all transactions are logged ( full) or only rolled back events are logged (undo).
renamerename トランザクションリソースマネージャーの GUID を変更します。Changes the GUID for the Transactional Resource Manager.
shrinkshrink トランザクションリソースマネージャーのログを自動的に減らすことができる割合を指定します。Specifies percentage by which the Transactional Resource Manager log can automatically decrease.
sizesize 指定されたコンテナー数として、トランザクションリソースマネージャーのサイズを指定します。Specifies the size of the Transactional Resource Manager as a specified number of Containers.
startstart 指定されたトランザクションリソースマネージャーを開始します。Starts the specified Transactional Resource Manager.
stopstop 指定されたトランザクションリソースマネージャーを停止します。Stops the specified Transactional Resource Manager.

Examples

C:\test によって指定されたトランザクションリソースマネージャーのログを設定するには、次のように入力します。To set the log for the Transactional Resource Manager that is specified by c:\test, to have an automatic growth of five containers, type:

fsutil resource setlog growth 5 containers c:test

C:\test によって指定されたトランザクションリソースマネージャーのログを設定するには、次のように入力します。To set the log for the Transactional Resource Manager that is specified by c:\test, to have an automatic growth of two percent, type:

fsutil resource setlog growth 2 percent c:test

既定のトランザクションリソースマネージャーで、次にドライブ C にマウントするときにトランザクションメタデータをクリーンアップするように指定するには、次のように入力します。To specify that the default Transactional Resource Manager will clean the transactional metadata on the next mount on drive C, type:

fsutil resource setautoreset true c:\  

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key

FsutilFsutil

トランザクション NTFSTransactional NTFS