fsutil スパースFsutil sparse

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7

スパース ファイルを管理します。Manages sparse files.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

fsutil sparse [queryflag] <FileName>
fsutil sparse [queryrange] <FileName>
fsutil sparse [setflag] <FileName>
fsutil sparse [setrange] <FileName> <BeginningOffset> <Length>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
queryflagqueryflag クエリはスパースです。Queries sparse.
queryrangequeryrange ファイルをスキャンし、0 以外のデータが含まれる範囲を検索します。Scans a file and searches for ranges that may contain nonzero data.
setflagsetflag スパースとして指定されたファイルをマークします。Marks the indicated file as sparse.
setrangesetrange ファイルの指定した範囲をゼロに設定します。Fills a specified range of a file with zeros.
ファイル名と拡張子、たとえば C:\documents\filename.txt を含むファイルへの完全パスを指定します。Specifies the full path to the file including the file name and extension, for example C:\documents\filename.txt.
スパース ファイルとしてマークするファイル内のオフセットを指定します。Specifies the offset within the file to mark as sparse.
領域の長さ (バイト) をスパースとしてマーク済みであるファイルを指定します。Specifies the length of the region in the file to be marked as sparse (in bytes).

注釈Remarks

  • スパース ファイルは、未割り当てのデータの 1 つまたは複数の領域を持つファイルです。A sparse file is a file with one or more regions of unallocated data in it. プログラムは、値が 0 バイトを含むようこれら未割り当てのリージョンが表示されますが、これらのゼロを表すためにディスク領域は使用されません。A program will see these unallocated regions as containing bytes with the value zero, but no disk space is used to represent these zeros. Nonmeaningful のすべてのデータ (ゼロで構成されるデータの大きな文字列) が割り当てられていませんが、意味のある、または 0 以外のすべてのデータが割り当てられます。All meaningful or nonzero data is allocated, whereas all nonmeaningful data (large strings of data that is composed of zeros) is not allocated. スパース ファイルが読み取られるときに、格納されている割り当て済みのデータが返され、未割り当てのデータが返されます、既定では、値 0 の場合は、C2 セキュリティ要件の仕様に従って。When a sparse file is read, allocated data is returned as stored, and unallocated data is returned, by default, as zeros, in accordance with the C2 security requirement specification. スパース ファイルのサポートにより、データをファイルに任意の場所から解除します。Sparse file support allows data to be deallocated from anywhere in the file.

  • スパース ファイルでは、ゼロの大きな範囲はディスクの割り当てのない必要があります。In a sparse file, large ranges of zeroes may not require disk allocation. ファイルが書き込まれるときに、必要に応じて、0 以外のデータ用の領域が割り当てられます。Space for nonzero data will be allocated as needed when the file is written.

  • のみ圧縮またはスパース ファイルにオペレーティング システムに既知の範囲をゼロがあることができます。Only compressed or sparse files can have zeroed ranges known to the operating system.

  • ファイルがスパース ファイルまたは圧縮の場合は、NTFS はファイル内のディスク領域を解放できます。If the file is sparse or compressed, NTFS may deallocate disk space within the file. ファイルのサイズを拡張せずゼロ バイトの範囲を設定します。This sets the range of bytes to zeroes without extending the file size.

Examples

スパースとして C:\Temp ディレクトリに Sample.txt をという名前のファイルをマークするには、次のように入力します。To mark a file named Sample.txt in the C:\Temp directory as sparse, type:

fsutil sparse setflag c:\temp\sample.txt 

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key

FsutilFsutil