fsutil usnFsutil usn

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7

更新シーケンス番号 (USN) 変更ジャーナルを管理します。Manages the update sequence number (USN) change journal.

構文Syntax

fsutil usn [createjournal] m=<MaxSize> a=<AllocationDelta> <VolumePath>
fsutil usn [deletejournal] {/D | /N} <volumepath>
fsutil usn [enablerangetracking] <volumepath> [options]
fsutil usn [enumdata] <FileRef> <LowUSN> <HighUSN> <VolumePath>
fsutil usn [queryjournal] <VolumePath>
fsutil usn [readdata] <FileName>
fsutil usn [readjournal] [c= <chunk-size> s=<file-size-threshold>] <volumepath>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
createjournalcreatejournal USN 変更ジャーナルを作成します。Creates a USN change journal.
m =<MaxSize >m=<MaxSize> NTFS が、変更ジャーナルの割り当てをバイト単位で最大のサイズを指定します。Specifies the maximum size, in bytes, that NTFS allocates for the change journal.
=<AllocationDelta >a=<AllocationDelta> 末尾に追加され、変更ジャーナルの先頭から削除されるメモリの割り当てのバイト単位のサイズを指定します。Specifies the size, in bytes, of memory allocation that is added to the end and removed from the beginning of the change journal.
<VolumePath ><VolumePath> ドライブ文字 (コロンに続く) を指定します。Specifies the drive letter (followed by a colon).
deletejournaldeletejournal 削除またはアクティブな USN 変更ジャーナルを無効にします。Deletes or disables an active USN change journal. 注: ボリュームの完全な (と時間のかかる) のスキャンを実行するこれらのサービスが必要になるために、ファイル レプリケーション サービス (FRS) とインデックス サービスに影響変更ジャーナルを削除します。Caution: Deleting the change journal impacts the File Replication Service (FRS) and the Indexing Service, because it would require these services to perform a complete (and time-consuming) scan of the volume. これはさらに悪い、FRS SYSVOL レプリケーションと DFS リンクの代替中に、ボリュームがスキャンされている間のレプリケーションに影響します。This in turn negatively impacts FRS SYSVOL replication and replication between DFS link alternates while the volume is being rescanned.
/d/d アクティブな USN 変更ジャーナルを無効にし、変更ジャーナルを無効にされている入力/出力 (I/O) の制御が返されます。Disables an active USN change journal, and returns input/output (I/O) control while the change journal is being disabled.
/n/n アクティブな USN 変更ジャーナルを無効にし、変更ジャーナルが無効になった後にのみ、I/O のコントロールを返します。Disables an active USN change journal and returns I/O control only after the change journal is disabled.
enablerangetrackingenablerangetracking USN 書き込み範囲が、ボリュームの追跡を有効にします。Enables USN write range tracking for a volume.
c=<chunk-size>c=<chunk-size> ボリュームに追跡するために、チャンク サイズを指定します。Specifies the chunk size to track on a volume.
s=<file-size-threshold>s=<file-size-threshold> 追跡の範囲のファイル サイズのしきい値を指定します。Specifies the file size threshold for range tracking.
enumdataenumdata 列挙し、2 つの指定した境界の間の変更ジャーナルのエントリを一覧表示されます。Enumerates and lists the change journal entries between two specified boundaries.
<FileRef ><FileRef> 列挙体が開始されるボリューム上のファイル内の位置を表す序数を指定します。Specifies the ordinal position within the files on the volume at which the enumeration is to begin.
<LowUSN ><LowUSN> 返されるレコードをフィルター処理するために使用する範囲の USN 値の下限の境界を指定します。Specifies the lower boundary of the range of USN values used to filter the records that are returned. 最終変更ジャーナルの USN レコードのみが間、または等しく、 LowUSNHighUSNメンバーの値が返されます。Only records whose last change journal USN is between or equal to the LowUSN and HighUSN member values are returned.
<HighUSN ><HighUSN> 返されるファイルをフィルター処理するために使用する範囲の USN 値の上限の境界を指定します。Specifies the upper boundary of the range of USN values used to filter the files that are returned.
queryjournalqueryjournal 現在の変更ジャーナル、そのレコードでは、その容量に関する情報を収集するために、ボリュームの USN データを照会します。Queries a volume's USN data to gather information about the current change journal, its records, and its capacity.
readdatareaddata ファイルの USN データを読み取ります。Reads the USN data for a file.
<FileName><FileName> たとえば、ファイル名と拡張子を含む、ファイルへの完全パスを指定します。C:\documents\filename.txtSpecifies the full path to the file, including the file name and extension For example: C:\documents\filename.txt
readjournalreadjournal USN ジャーナルで USN のレコードを読み取ります。Reads the USN records in the USN journal.
minver =<番号 >minver=<number> 返す USN_RECORD の最小値メジャー バージョン。Minimum Major Version of USN_RECORD to return. 既定値 = 2 です。Default = 2.
maxver =<番号 >maxver=<number> 返す USN_RECORD の最大のメジャー バージョン。Maximum Major Version of USN_RECORD to return. 既定値 = 4 です。Default = 4.
startusn =<USN 番号 >startusn=<USN number> USN から USN ジャーナルの読み取りを開始します。USN to start reading the USN journal from. 既定 = 0。Default = 0.

注釈Remarks

  • USN 変更ジャーナルについてAbout the USN change journal

    USN 変更ジャーナルでは、ボリューム上のファイルに加えられたすべての変更の永続的なログを提供します。The USN change journal provides a persistent log of all changes made to files on the volume. ファイル、ディレクトリ、およびその他の NTFS オブジェクトが追加、削除、および変更と、NTFS は、コンピューター上のボリュームごとに 1 つずつ、USN 変更ジャーナルにレコードを入力します。As files, directories, and other NTFS objects are added, deleted, and modified, NTFS enters records into the USN change journal, one for each volume on the computer. レコードはそれぞれ、変更の種類と変更されたオブジェクトを示します。Each record indicates the type of change and the object changed. ストリームの末尾には、新しいレコードが追加されます。New records are appended to the end of the stream.

    プログラムは、一連のファイルに加えられたすべての変更を決定する、USN 変更ジャーナルを参照してください。Programs can consult the USN change journal to determine all the modifications made to a set of files. USN 変更ジャーナルは、タイムスタンプの確認やファイルの通知の登録よりもはるかに効率的です。The USN change journal is much more efficient than checking time stamps or registering for file notifications. USN 変更ジャーナルでは、有効になっているされ、インデックス サービス、ファイル レプリケーション サービス (FRS)、リモート インストール サービス (RIS) とリモート記憶域で使用することができます。The USN change journal is enabled and used by the Indexing Service, File Replication Service (FRS), Remote Installation Services (RIS), and Remote Storage.

  • 使用してcreatejournalUsing createjournal

    変更ジャーナルはボリュームに既に存在する場合、 createjournalパラメーターの更新、変更ジャーナルのMaxSizeAllocationDeltaパラメーター。If a change journal already exists on a volume, the createjournal parameter updates the change journal's MaxSize and AllocationDelta parameters. これにより、無効にすることがなく作業中のジャーナルを保持するレコードの数を拡張することができます。This enables you to expand the number of records that an active journal maintains without having to disable it.

  • 使用してmUsing m

    変更ジャーナルは、この対象の値よりも大きくできますが、変更ジャーナルがこの値より小さくする次の NTFS のチェックポイントで切り捨てられます。The change journal can grow larger than this target value, but the change journal is truncated at the next NTFS checkpoint to less than this value. NTFS が、変更ジャーナルに調べの値を超えた場合、トリムMaxSizeの値プラスAllocationDeltaします。NTFS examines the change journal and trims it when its size exceeds the value of MaxSize plus the value of AllocationDelta. NTFS のチェックポイントでは、オペレーティング システムは、どのような処理は、障害から復旧するために必要かを判断する NTFS を有効にする NTFS ログ ファイルにレコードを書き込みます。At NTFS checkpoints, the operating system writes records to the NTFS log file that enable NTFS to determine what processing is required to recover from a failure.

  • 使用して ****Using a

    変更ジャーナルの複数の値の合計の拡張可能MaxSizeAllocationDeltaを削除する対象の前にします。The change journal can grow to more than the sum of the values of MaxSize and AllocationDelta before being trimmed.

  • 使用してdeletejournalUsing deletejournal

    削除またはアクティブな変更ジャーナルを無効にするとは非常に時間がかかり、システムのマスター ファイル テーブル (MFT) 内のすべてのレコードへのアクセスし、0 (ゼロ) に最後の USN 属性を設定する必要があります。Deleting or disabling an active change journal is very time consuming, because the system must access all the records in the master file table (MFT) and set the last USN attribute to 0 (zero). このプロセスは数分かかるし、再起動が必要なシステムが再起動した後に続行できます。This process can take several minutes, and it can continue after the system restarts, if a restart is necessary. このプロセス中に変更ジャーナルがアクティブと見なされないも無効にされています。During this process, the change journal is not considered active, nor is it disabled. システムが履歴を無効にするときにアクセスできないし、journal のすべての操作がエラーを返します。While the system is disabling the journal, it cannot be accessed, and all journal operations return errors. 悪影響を与える、ジャーナルを使用している他のアプリケーションに影響するので、active、journal では、無効にする場合に、細心の注意を使用してください。You should use extreme care when disabling an active journal, because it adversely affects other applications that are using the journal.

Examples

作成には、USN は、ジャーナル ドライブ C の型を変更します。To create a USN change journal on drive C, type:

fsutil usn createjournal m=1000 a=100 c:

アクティブなを削除するのには、USN は、ジャーナル ドライブ C の型を変更します。To delete an active USN change journal on drive C, type:

fsutil usn deletejournal /d c:

範囲指定チャンク サイズのファイル サイズのしきい値と追跡を有効にするには、次のように入力します。To enable range tracking with a specified chunk-size and file-size-threshold, type:

fsutil usn enablerangetracking c=16384 s=67108864 C:

列挙をドライブ C 上の 2 つの指定した境界の間の変更ジャーナルのエントリの一覧は、次のように入力します。To enumerate and list the change journal entries between two specified boundaries on drive C, type:

fsutil usn enumdata 1 0 1 c:

ドライブ C 上のボリュームに USN のデータを照会するには、次のように入力します。To query USN data for a volume on drive C, type:

fsutil usn queryjournal c:

USN のデータを C ドライブの \Temp フォルダにあるファイルを読み取り、次のように入力します。To read the USN data for a file in the \Temp folder on drive C, type:

fsutil usn readdata c:\temp\sample.txt

特定の開始の USN と USN ジャーナルを読み取り、次のように入力します。To read the USN journal with a specific start USN, type:

fsutil usn readjournal startusn=0xF00

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key

FsutilFsutil