manage-bde: setidentifiermanage-bde: setidentifier

指定された値にドライブのドライブ識別子のフィールドを設定、 、組織の一意の識別子を提供する グループ ポリシー設定です。Sets the drive identifier field on the drive to the value specified in the Provide the unique identifiers for your organization Group Policy setting. このコマンドの使用方法の例については、次を参照してください。 します。For examples of how this command can be used, see Examples.

構文Syntax

manage-bde –setidentifier <Drive> [-computername <Name>] [{-?|/?}] [{-help|-h}]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<ドライブ ><Drive> コロンの後にドライブ文字を表します。Represents a drive letter followed by a colon.
-computername-computername 別のコンピューターに BitLocker による保護を変更する、bde.exe を使用することを指定します。Specifies that Manage-bde.exe will be used to modify BitLocker protection on a different computer. 使用することも - cnとしてこのコマンドの簡易版です。You can also use -cn as an abbreviated version of this command.
<名 ><Name> BitLocker による保護を変更するコンピューターの名前を表します。Represents the name of the computer on which to modify BitLocker protection. 指定できる値には、コンピューターの NetBIOS 名とコンピューターの IP アドレスが含まれます。Accepted values include the computer's NetBIOS name and the computer's IP address.
-?-? または /?or /? ヘルプの簡単なコマンド プロンプトが表示されます。Displays brief Help at the command prompt.
--help または-h-help or -h 表示は、コマンド プロンプトでヘルプを完了します。Displays complete Help at the command prompt.

Examples

次の例を使用して、 - setidentifier C の BitLocker ドライブ識別子のフィールドを設定するコマンドThe following example illustrates using the -setidentifier command to set BitLocker drive identifier field for C.

manage-bde –setidentifier C:

その他の参照情報Additional references