nslookup set retrynslookup set retry

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

再試行の回数を設定します。Sets the number of retries.

構文Syntax

set retry=<Number>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
再試行の回数の新しい値を指定します。Specifies the new value for the number of retries. 既定の再試行回数には 4 です。The default number of retries is 4.
{help | ?}{help | ?} 簡単な概要を表示します。 nslookupサブコマンドします。Displays a short summary of nslookup subcommands.

注釈Remarks

  • 一定の時間内で、要求への応答が受信していない場合は、タイムアウト期間が倍になり、要求が再送信してもらいます。When a reply to a request is not received within a certain amount of time, the time-out period is doubled and the request is resent. 再試行の値渡す前に、要求が再送信回数を制御します。The retry value controls how many times a request is resent before giving up. タイムアウト期間を変更することができます、タイムアウト設定サブコマンドします。You can change the time-out period with the set timeout subcommand.

    その他の参照additional references

    コマンドライン構文のポイント nslookup のタイムアウトを設定します。Command-Line Syntax Key nslookup set timeout