set (環境変数)set (environment variable)

cmd.exe 環境変数を表示、設定、または削除します。Displays, sets, or removes cmd.exe environment variables. パラメーターを指定せずに使用する場合 設定 現在の環境変数の設定が表示されます。If used without parameters, set displays the current environment variable settings.

注意

このコマンドでは、既定で有効になっているコマンド拡張機能が必要です。This command requires command extensions, which are enabled by default.

Set コマンドは、別のパラメーターを使用して Windows 回復コンソールから実行することもできます。The set command can also run from the Windows Recovery Console, using different parameters. 詳細については、「 Windows 回復環境 (WinRE)」を参照してください。For more information, see Windows Recovery Environment (WinRE).

構文Syntax

set [<variable>=[<string>]]
set [/p] <variable>=[<promptString>]
set /a <variable>=<expression>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<variable> 設定または変更するには、環境変数を指定します。Specifies the environment variable to set or modify.
<string> 指定された環境変数に関連付ける文字列を指定します。Specifies the string to associate with the specified environment variable.
/p/p の値を、 <variable> ユーザーが入力した入力行に設定します。Sets the value of <variable> to a line of input entered by the user.
<promptstring> 入力をユーザーに入力を求めるメッセージを指定します。Specifies a message to prompt the user for input. このパラメーターは、 /p パラメーターと共に使用する必要があります。This parameter must be used with the /p parameter.
/a/a <string>は、評価される数値式に設定されます。Sets <string> to a numerical expression that is evaluated.
<expression> 数値式を指定します。Specifies a numerical expression.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

解説Remarks

  • コマンド拡張機能が有効になっている場合 (既定)、値を指定して set を実行すると、その値で始まるすべての変数が表示されます。If command extensions are enabled (the default) and you run set with a value, it displays all of the variables that begin with that value.

  • 、、 <> | & 、およびの ^ 各文字は特殊なコマンドシェル文字であり、の前にエスケープ文字 ( ^ ) を付けるか、またはで使用する場合は引用符で囲む必要があり <string> ます (例 "&シンボルを含む stringcontaining)。The characters <, >, |, &, and ^ are special command shell characters, and they must be preceded by the escape character (^) or enclosed in quotation marks when used in <string> (for example, "StringContaining&Symbol"). いずれかの特殊文字を含む文字列を引用符で囲む場合、引用符は環境変数値の一部として設定されます。If you use quotation marks to enclose a string that contains one of the special characters, the quotation marks are set as part of the environment variable value.

  • 環境変数を使用して、バッチ ファイルやプログラムの動作を制御し、Windows と、MS-DOS を制御するサブシステムの外観し機能します。Use environment variables to control the behavior of some batch files and programs and to control the way Windows and the MS-DOS subsystem appears and works. Set コマンドは、 Autoexec ファイルで環境変数を設定するためによく使用されます。The set command is often used in the Autoexec.nt file to set environment variables.

  • パラメーターを指定せずに set コマンドを使用すると、現在の環境設定が表示されます。If you use the set command without any parameters, the current environment settings are displayed. これらの設定には、通常、ディスク上のプログラムを検索するために使用される COMSPEC および PATH 環境変数が含まれています。These settings usually include the COMSPEC and PATH environment variables, which are used to help find programs on disk. Windows で使用されるその他の2つの環境変数は、 PROMPTDIRCMD です。Two other environment variables used by Windows are PROMPT and DIRCMD.

  • との値を指定すると <variable> <string> 、指定した <variable> 値が環境に追加され、 <string> その変数に関連付けられます。If you specify values for <variable> and <string>, the specified <variable> value is added to the environment and <string> is associated with that variable. 環境内の変数が既に存在する場合、新しい文字列値には、元の文字列値が置き換えられます。If the variable already exists in the environment, the new string value replaces the old string value.

  • Set コマンドに変数と等号 (なし) のみを指定した場合 <string> 、変数 <string> に関連付けられている値はクリアされます (変数が存在しない場合と同様)。If you specify only a variable and an equal sign (without <string>) for the set command, the <string> value associated with the variable is cleared (as if the variable is not there).

  • /A パラメーターを使用すると、次の演算子がサポートされます。優先順位が高い順になります。If you use the /a parameter, the following operators are supported, in descending order of precedence:

    演算子Operator 実行される操作Operation performed
    ( ) グループ化Grouping
    ! ~ - 単項Unary
    * / % 算術Arithmetic
    + - 算術Arithmetic
    << >> 論理シフトLogical shift
    & ビット演算子 ANDBitwise AND
    ^ ビット演算子排他的 ORBitwise exclusive OR
    = *= /= %= += -= &= ^= = <<= >>=
    , 式の区切り記号Expression separator
  • 論理 ( && or || ) 演算子または剰余 () 演算子を使用する場合は % 、式文字列を引用符で囲みます。If you use logical (&& or ||) or modulus (%) operators, enclose the expression string in quotation marks. 式で任意の数値ではない文字列には、環境変数の名前と見なされ、それらの値は、処理される前に、数値に変換します。Any non-numeric strings in the expression are considered environment variable names, and their values are converted to numbers before they are processed. 現在の環境で定義されていない環境変数名を指定する値は 0 が割り当てられている、% を使用して値を取得することがなく環境変数の値の算術演算を実行できます。If you specify an environment variable name that is not defined in the current environment, a value of zero is allotted, which allows you to perform arithmetic with environment variable values without using the % to retrieve a value.

  • 実行すると set/a コマンド スクリプトの外部でコマンドラインから、式の最終的な値が表示されます。If you run set /a from the command line outside of a command script, it displays the final value of the expression.

  • 数値は、0 × 16 進数または 8 進数 0 で始まっていない限り、10 進の番号です。Numeric values are decimal numbers unless prefixed by 0× for hexadecimal numbers or 0 for octal numbers. そのため、0 ~ 12 は、18 の場合と同じある 022 と同じです。Therefore, 0×12 is the same as 18, which is the same as 022.

  • 既定では、遅延環境変数の拡張サポートが無効になりますが、有効にするかを使用して無効にするに cmd/v します。Delayed environment variable expansion support is disabled by default, but you can enable or disable it by using cmd /v.

  • バッチ ファイルを作成するときに行うこともできます 設定 変数を作成し、それらを番号付きの変数を使用することと同じ方法で使用する %0 を通じて %9 します。When creating batch files, you can use set to create variables, and then use them in the same way that you would use the numbered variables %0 through %9. 変数を使用することもできます。 %0 を通じて %9 の入力として 設定 します。You can also use the variables %0 through %9 as input for set.

  • バッチファイルから変数値を呼び出す場合は、値をパーセント記号 () で囲み % ます。If you call a variable value from a batch file, enclose the value with percent signs (%). たとえば、batch プログラムが " baud" という名前の環境変数を作成した場合、コマンドプロンプトで「 % baud% 」と入力すると、 baud に関連付けられている文字列を置換可能なパラメーターとして使用できます。For example, if your batch program creates an environment variable named BAUD, you can use the string associated with BAUD as a replaceable parameter by typing %baud% at the command prompt.

Examples

という名前の環境変数の値 TEST ^ 1 を設定するには testVar 、次のように入力します。To set the value TEST^1 for the environment variable named testVar, type:

set testVar=test^^1

設定 コマンドは、変数の値を等号 (=) に依存しているすべてのデータを割り当てます。The set command assigns everything that follows the equal sign (=) to the value of the variable. したがって、「」と入力すると、 set testVar=test^1 次の結果が得ら testVar=test^1 れます。Therefore, if you type set testVar=test^1, you'll get the following result, testVar=test^1.

環境変数の値 TEST&1 を設定するには testVar 、次のように入力します。To set the value TEST&1 for the environment variable testVar, type:

set testVar=test^&1

INCLUDE という名前の環境変数を設定して、文字列 c:\ ディレクトリ が関連付けられるようにするには、次のように入力します。To set an environment variable named INCLUDE so the string c:\directory is associated with it, type:

set include=c:\directory

次に、名前にパーセント記号 () を含めることにより、バッチファイルで文字列 c:\ ディレクトリ を使用でき % ます。You can then use the string c:\directory in batch files by enclosing the name INCLUDE with percent signs (%). たとえば、バッチファイルでを使用して、 dir %include% INCLUDE 環境変数に関連付けられているディレクトリの内容を表示できます。For example, you can use dir %include% in a batch file to display the contents of the directory associated with the INCLUDE environment variable. このコマンドが処理された後、文字列 c:\ ディレクトリによって % include% が 置き換えられます。After this command is processed, the string c:\directory replaces %include%.

Batch プログラムで set コマンドを使用して PATH 環境変数に新しいディレクトリを追加するには、次のように入力します。To use the set command in a batch program to add a new directory to the PATH environment variable, type:

@echo off
rem ADDPATH.BAT adds a new directory
rem to the path environment variable.
set path=%1;%path%
set

P 文字で始まるすべての環境変数の一覧を表示するには、次のように入力します。To display a list of all of the environment variables that begin with the letter P, type:

set p

その他のリファレンスAdditional References