wbadmin のバックアップの有効化wbadmin enable backup

毎日のバックアップスケジュールを作成して有効にするか、既存のバックアップスケジュールを変更します。Creates and enables a daily backup schedule or modifies an existing backup schedule. パラメーターを指定しない場合は、現在スケジュールされているバックアップの設定が表示されます。With no parameters specified, it displays the currently scheduled backup settings.

毎日のバックアップスケジュールを構成または変更するには、 Administratorsグループまたはbackup Operatorsグループのメンバーである必要があります。To configure or modify a daily backup schedule, you must be a member of either the Administrators or Backup Operators group. さらに、実行する必要があります wbadmin 管理者特権でコマンド プロンプトからです。In addition, you must run wbadmin from an elevated command prompt. (管理者特権でのコマンドプロンプトを開くには、 [コマンドプロンプト] を右クリックし、 [管理者として実行] をクリックします)。(To open an elevated command prompt right-click Command Prompt and then click Run as administrator.)

このサブコマンドの使用方法の例については、「」を参照してください。For examples of how to use this subcommand, see Examples.

構文Syntax

Windows Server 2008 の構文:Syntax for Windows Server 2008:

wbadmin enable backup
[-addtarget:<BackupTargetDisk>]
[-removetarget:<BackupTargetDisk>]
[-schedule:<TimeToRunBackup>]
[-include:<VolumesToInclude>]
[-allCritical]
[-quiet]

Windows Server 2008 R2 の構文:Syntax for Windows Server 2008 R2:

wbadmin enable backup
[-addtarget:<BackupTarget>]
[-removetarget:<BackupTarget>]
[-schedule:<TimeToRunBackup>]
[-include:<VolumesToInclude>]
[-nonRecurseInclude:<ItemsToInclude>]
[-exclude:<ItemsToExclude>]
[-nonRecurseExclude:<ItemsToExclude>][-systemState]
[-allCritical]
[-vssFull | -vssCopy]
[-user:<UserName>]
[-password:<Password>]
[-quiet]

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 の構文:Syntax for Windows Server 2012 and Windows Server 2012 R2:

wbadmin enable backup
[-addtarget:<BackupTarget>]
[-removetarget:<BackupTarget>]
[-schedule:<TimeToRunBackup>]
[-include:<VolumesToInclude>]
[-nonRecurseInclude:<ItemsToInclude>]
[-exclude:<ItemsToExclude>]
[-nonRecurseExclude:<ItemsToExclude>][-systemState]
[-hyperv:<HyperVComponentsToExclude>]
[-allCritical]
[-systemState] 
[-vssFull | -vssCopy]
[-user:<UserName>]
[-password:<Password>]
[-quiet] 
[-allowDeleteOldBackups]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
-addtarget-addtarget Windows Server 2008 の場合は、バックアップの保存場所を指定します。For Windows Server 2008, specifies the storage location for backups. ディスク識別子としてバックアップの保存先を指定する必要があります (「解説」を参照してください)。Requires you to specify a destination for backups as a disk identifier (see Remarks). ディスクは使用前にフォーマットされ、そのディスク上の既存のデータは完全に消去されます。The disk is formatted before use, and any existing data on it is permanently erased.
Windows Server 2008 R2 以降では、バックアップの保存場所を指定します。For Windows Server 2008 R2 and later, Specifies the storage location for backups. リモート共有\フォルダー (\<servername><sharename>)のディスク、ボリューム、または汎用名前付け規則 (UNC) パスとして、場所を指定する必要があります。Requires you to specify the location as a disk, volume, or Universal Naming Convention (UNC) path to a remote shared folder (\\<servername><sharename>). 既定では、バックアップ\は: \ <sharename > \WindowsImageBackup<ComputerBackedUp に保存され >.By default, the backup will be saved at: \\<sharename>\WindowsImageBackup<ComputerBackedUp>. ディスクを指定すると、使用前にディスクがフォーマットされ、そのディスク上の既存のデータが完全に消去されます。If you specify a disk, the disk will be formatted before use, and any existing data on it is permanently erased. 共有フォルダーを指定する場合、場所を追加することはできません。If you specify a shared folder, you cannot add more locations. 共有フォルダーは、一度に1つのストレージの場所としてのみ指定できます。You can only specify one shared folder as a storage location at a time.
重要:バックアップをリモート共有フォルダーに保存した場合、同じフォルダーを使用して同じコンピューターを再度バックアップすると、そのバックアップは上書きされます。Important: If you save a backup to a remote shared folder, that backup will be overwritten if you use the same folder to back up the same computer again. また、バックアップ操作が失敗した場合は、古いバックアップが上書きされますが、新しいバックアップは使用できないため、バックアップが存在しないことがあります。In addition, if the backup operation fails, you may end up with no backup because the older backup will be overwritten, but the newer backup will not be usable. これを回避するには、リモート共有フォルダーにサブフォルダーを作成して、バックアップを整理します。You can avoid this by creating subfolders in the remote shared folder to organize your backups. この場合、サブフォルダーには親フォルダーの2倍の領域が必要になります。If you do this, the subfolders will need twice the space of the parent folder.
1つのコマンドで指定できる場所は1つだけです。Only one location can be specified in a single command. コマンドを再実行して、複数のボリュームおよびディスクバックアップの記憶域の場所を追加できます。Multiple volume and disk backup storage locations can be added by running the command again.
-removetarget-removetarget 既存のバックアップスケジュールから削除する記憶域の場所を指定します。Specifies the storage location that you want to remove from the existing backup schedule. ディスク識別子として場所を指定する必要があります (「解説」を参照してください)。Requires you to specify the location as a disk identifier (see Remarks).
-スケジュール-schedule バックアップを作成する時刻を HH: MM およびコンマ区切りの形式で指定します。Specifies times of day to create a backup, formatted as HH:MM and comma delimited.
-含める-include Windows Server 2008 では、ボリュームドライブ文字、ボリュームマウントポイント、またはバックアップに含める GUID ベースのボリューム名のコンマ区切りのリストを指定します。For Windows Server 2008, specifies the comma-delimited list of volume drive letters, volume mount points, or GUID-based volume names to include in the backup.
Windows Server 2008 R2and 以降では、バックアップに含める項目のコンマ区切りの一覧を指定します。For Windows Server 2008 R2and later, Specifies the comma-delimited list of items to include in the backup. 複数のファイル、フォルダー、またはボリュームを含めることができます。You can include multiple files, folders, or volumes. ボリュームパスは、ボリュームドライブ文字、ボリュームマウントポイント、または GUID ベースのボリューム名を使用して指定できます。Volume paths can be specified using volume drive letters, volume mount points, or GUID-based volume names. GUID ベースのボリューム名を使用する場合は、円記号 ()) で終わる必要があります。If you use a GUID-based volume name, it should be terminated with a backslash (). ファイルへのパスを指定する場合は、ファイル名にワイルドカード文字 (*) を使用できます。You can use the wildcard character (*) in the file name when specifying a path to a file.
-nonRecurseInclude-nonRecurseInclude Windows Server 2008 R2 以降では、は、バックアップに含める項目の非再帰的なコンマ区切りのリストを指定します。For Windows Server 2008 R2 and later, specifies the non-recursive, comma-delimited list of items to include in the backup. 複数のファイル、フォルダー、またはボリュームを含めることができます。You can include multiple files, folders, or volumes. ボリュームパスは、ボリュームドライブ文字、ボリュームマウントポイント、または GUID ベースのボリューム名を使用して指定できます。Volume paths can be specified using volume drive letters, volume mount points, or GUID-based volume names. GUID ベースのボリューム名を使用する場合は、円記号 ()) で終わる必要があります。If you use a GUID-based volume name, it should be terminated with a backslash (). ファイルへのパスを指定する場合は、ファイル名にワイルドカード文字 (*) を使用できます。You can use the wildcard character (*) in the file name when specifying a path to a file. -BackupTarget パラメーターが使用されている場合にのみ使用してください。Should be used only when the -backupTarget parameter is used.
-除外-exclude Windows Server 2008 R2 以降では、バックアップから除外する項目のコンマ区切りリストを指定します。For Windows Server 2008 R2 and later, specifies the comma-delimited list of items to exclude from the backup. ファイル、フォルダー、またはボリュームを除外することができます。You can exclude files, folders, or volumes. ボリュームパスは、ボリュームドライブ文字、ボリュームマウントポイント、または GUID ベースのボリューム名を使用して指定できます。Volume paths can be specified using volume drive letters, volume mount points, or GUID-based volume names. GUID ベースのボリューム名を使用する場合は、円記号 ()) で終わる必要があります。If you use a GUID-based volume name, it should be terminated with a backslash (). ファイルへのパスを指定する場合は、ファイル名にワイルドカード文字 (*) を使用できます。You can use the wildcard character (*) in the file name when specifying a path to a file.
-nonRecurseExclude-nonRecurseExclude Windows Server 2008 R2 以降では、バックアップから除外する、非再帰的でコンマ区切りのリストを指定します。For Windows Server 2008 R2 and later, specifies the non-recursive, comma-delimited list of items to exclude from the backup. ファイル、フォルダー、またはボリュームを除外することができます。You can exclude files, folders, or volumes. ボリュームパスは、ボリュームドライブ文字、ボリュームマウントポイント、または GUID ベースのボリューム名を使用して指定できます。Volume paths can be specified using volume drive letters, volume mount points, or GUID-based volume names. GUID ベースのボリューム名を使用する場合は、円記号 ()) で終わる必要があります。If you use a GUID-based volume name, it should be terminated with a backslash (). ファイルへのパスを指定する場合は、ファイル名にワイルドカード文字 (*) を使用できます。You can use the wildcard character (*) in the file name when specifying a path to a file.
-hyperv-hyperv バックアップに含めるコンポーネントのコンマ区切りの一覧を指定します。Specifies the comma-delimited list of components to be included in backup. 識別子には、コンポーネント名またはコンポーネント GUID (中かっこの有無を含む) を指定できます。The identifier could be a component name or component GUID (with or without braces).
-systemState-systemState Windows °7および Windows Server 2008 R2 以降では、 -includeパラメーターで指定した他の項目に加えて、システム状態を含むバックアップが作成されます。For Windows°7 and Windows Server 2008 R2 and later, creates a backup that includes the system state in addition to any other items that you specified with the -include parameter. システム状態には、ブートファイル (Boot.ini、NDTLDR、NTDetect.com) が含まれています。これには、COM 設定、SYSVOL (グループポリシーとログオンスクリプト)、Active Directory と NTDS などの Windows レジストリが含まれます。ドメインコントローラー上の DIT、および証明書サービスがインストールされている場合は、証明書ストア。The system state contains boot files (Boot.ini, NDTLDR, NTDetect.com), the Windows Registry including COM settings, the SYSVOL (Group Policies and Logon Scripts), the Active Directory and NTDS.DIT on domain controllers and, if the certificates service is installed, the Certificate Store. サーバーに Web サーバーの役割がインストールされている場合は、IIS メタディレクトリが含まれます。If your server has the Web server role installed, the IIS Metadirectory will be included. サーバーがクラスターの一部である場合は、クラスターサービス情報も含まれます。If the server is part of a cluster, Cluster service information is also included.
-allCritical-allCritical すべての重要なボリューム (オペレーティングシステムの状態を含むボリューム) をバックアップに含めることを指定します。Specifies that all critical volumes (volumes that contain operating system's state) be included in the backups. このパラメーターは、完全なシステムまたはシステム状態の回復用のバックアップを作成する場合に便利です。This parameter is useful if you are creating a backup for full system or system state recovery. -BackupTarget が指定されている場合にのみ使用する必要があります。指定しない場合、コマンドは失敗します。It should be used only when -backupTarget is specified, otherwise the command will fail. は、 -includeオプションと共に使用できます。Can be used with the -include option.
ヒント:重要なボリュームのバックアップのターゲットボリュームにはローカルドライブを指定できますが、バックアップに含まれているボリュームを指定することはできません。Tip: The target volume for a critical-volume backup can be a local drive, but it cannot be any of the volumes that are included in the backup.
-vssFull-vssFull Windows Server 2008 R2 以降では、はボリュームシャドウコピーサービス (VSS) を使用して完全バックアップを実行します。For Windows Server 2008 R2 and later, Performs a full back up using the Volume Shadow Copy Service (VSS). すべてのファイルがバックアップされ、各ファイルの履歴がバックアップされたことを反映して更新され、以前のバックアップのログが切り捨てられる可能性があります。All files are backed up, each file's history is updated to reflect that it was backed up, and the logs of previous backups may be truncated. このパラメーターを使用しない場合、wbadmin start backup はコピーバックアップを作成しますが、バックアップされているファイルの履歴は更新されません。If this parameter is not used wbadmin start backup makes a copy backup, but the history of files being backed up is not updated.
注意:Windows Server バックアップ以外の製品を使用して、現在のバックアップに含まれるボリューム上のアプリケーションをバックアップする場合は、このパラメーターを使用しないでください。Caution: Do not use this parameter if you are using a product other than Windows Server Backup to back up applications that are on the volumes included in the current backup. これにより、他のバックアップ製品で作成されている増分バックアップ、差分バックアップ、またはその他の種類のバックアップが壊れる可能性があります。これは、バックアップするデータの量を判断するために依存している履歴が原因で完全バックアップが実行される可能性があるためです。以上.Doing so can potentially break the incremental, differential, or other type of backups that the other backup product is creating because the history that they are relying on to determine how much data to backup might be missing and they might perform a full backup unnecessarily.
-vssCopy-vssCopy Windows Server 2008 R2 以降では、VSS を使用してコピーバックアップを実行します。For Windows Server 2008 R2 and later, performs a copy backup using VSS. すべてのファイルがバックアップされますが、バックアップするファイルの履歴は更新されないため、変更や削除などのファイル、およびアプリケーションログファイルに関するすべての情報が保持されます。All files are backed up but the history of the files being backup up is not updated so you preserve the all the information on which files where changed, deleted, and so on, as well as any application log files. この種類のバックアップを使用しても、このコピーバックアップとは独立して発生する可能性のある増分バックアップと差分バックアップのシーケンスには影響しません。Using this type of backup does not affect the sequence of incremental and differential backups that might happen independent of this copy backup. これは既定値です。This is the default value.
警告 :増分バックアップまたは差分バックアップや復元では、コピーバックアップを使用できません。Warning: A copy backup cannot be used for incremental or differential backups or restores.
-ユーザー-user Windows Server 2008 R2 以降では、バックアップストレージの宛先 (リモート共有フォルダーの場合) への書き込みアクセス許可を持つユーザーを指定します。For Windows Server 2008 R2 and later, specifies the user with write permission to the backup storage destination (if it is a remote shared folder). ユーザーは、バックアップするコンピューターの Administrators グループまたは Backup Operators グループのメンバーである必要があります。The user needs to be a member of the Administrators group or Backup Operators group on the computer that is getting backed up.
-パスワード-password Windows Server 2008 R2 以降では、-user パラメーターによって指定されたユーザー名のパスワードを指定します。For Windows Server 2008 R2 and later, specifies the password for the user name provided by the parameter -user.
-通知の停止-quiet ユーザーにプロンプトを表示せずにサブコマンドを実行します。Runs the subcommand with no prompts to the user.
-allowDeleteOldBackups-allowDeleteOldBackups コンピューターをアップグレードする前に行われたすべてのバックアップを上書きします。Overwrites any backups made before the computer was upgraded.

コメントRemarks

ディスクのディスク id 値を表示するには、「 wbadmin get disks」と入力します。To view the disk identifier value for your disks, type wbadmin get disks.

Examples

次の例は、さまざまなバックアップシナリオでwbadmin enable backupコマンドを使用する方法を示しています。The following examples show how the wbadmin enable backup command can be used in different backup scenarios:

シナリオ #1Scenario #1

  • ハードディスクドライブ e:、d:\mountpoint、 \ \? \Volume{cc566d14-44a0-11d9-9d93-806e6f6e6963}\ のバックアップをスケジュールするSchedule backups of hard disk drives e:, d:\mountpoint, and \\?\Volume{cc566d14-44a0-11d9-9d93-806e6f6e6963}</span>
  • ファイルをディスク DiskID に保存します。Save the files to the disk DiskID
  • 毎日午前9:00 にバックアップを実行するRun backups daily at 9:00 A.M. 午後 6 時までand 6:00 P.M.
    wbadmin enable backup -addtarget:DiskID -schedule:09:00,18:00 -include:e:,d:\mountpoint,\\?\Volume{cc566d14-44a0-11d9-9d93-806e6f6e6963}\
    
    シナリオ #2Scenario #2
  • D:\documents フォルダーのバックアップをネットワーク上の場所\ \backupshare\backup1 にスケジュールします。Schedule backups of the folder d:\documents to the network location \\backupshare\backup1
  • バックアップ管理者 Aaren (aekel) のネットワーク資格情報を使用します。これは、ネットワーク共有へのアクセスを認証するためのドメイン CONTOSOEAST のメンバーです。Use the network credentials for the backup administrator Aaren Ekelund (aekel), who is a member of the domain CONTOSOEAST to authenticate access to the network share. パスワードは $ 3Hm9 ^ 5lpです。Aaren's password is $3hM9^5lp.
  • 毎日午前12:00 にバックアップを実行するRun backups daily at 12:00 A.M. および 7:00 pmand 7:00 P.M.
    wbadmin enable backup –addtarget:\\backupshare\backup1 –include: d:\documents –user:CONTOSOEAST\aekel –password:$3hM9^5lp –schedule:00:00,19:00
    
    シナリオ #3Scenario #3
  • ボリューム t: とフォルダー d:\documents のバックアップをドライブ h: にスケジュールしますが、d:\documents~tmp フォルダーは除外します。Schedule backups of volume t: and folder d:\documents to the drive h:, but exclude the folder d:\documents~tmp
  • ボリュームシャドウコピーサービスを使用して完全バックアップを実行します。Perform a full backup using the Volume Shadow Copy Service.
  • 毎日午前1:00 にバックアップを実行するRun backups daily at 1:00 A.M.
    wbadmin enable backup –addtarget:H: –include T:,D:\documents –exclude D:\documents\~tmp –vssfull –schedule:01:00
    

その他の参照情報Additional references