wbadmin start systemstaterecoverywbadmin start systemstaterecovery

場所と指定したバックアップからシステム状態の回復を実行します。Performs a system state recovery to a location and from a backup that you specify.

注意

Windows Server バックアップはバックアップまたはシステム状態のバックアップまたはシステム状態の回復の一部としてユーザーのレジストリ ハイブ (HKEY_CURRENT_USER) を回復します。Windows Server Backup does not back up or recover registry user hives (HKEY_CURRENT_USER) as part of system state backup or system state recovery.

このサブコマンドでシステム状態の回復を実行するには、メンバーである、 Backup Operatorsグループまたは管理者グループ、またはをされている必要が適切なアクセス許可を委任します。To perform a system state recovery with this subcommand, you must be a member of the Backup Operators group or the Administrators group, or you must have been delegated the appropriate permissions. さらに、実行する必要があります wbadmin 管理者特権でコマンド プロンプトからです。In addition, you must run wbadmin from an elevated command prompt. (を開き、管理者特権でコマンド プロンプトを右クリックコマンド プロンプト、 をクリックし、管理者として実行)。(To open an elevated command prompt right-click Command Prompt, and then click Run as administrator.)

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

Windows Server 2008 の構文:Syntax for Windows Server 2008:

wbadmin start systemstaterecovery
-version:<VersionIdentifier>
-showsummary
[-backupTarget:{<BackupDestinationVolume> | <NetworkSharePath>}]
[-machine:<BackupMachineName>]
[-recoveryTarget:<TargetPathForRecovery>]
[-authsysvol]
[-quiet]

Windows Server 2008 R2 またはそれ以降の構文:Syntax for Windows Server 2008 R2 or later:

wbadmin start systemstaterecovery
-version:<VersionIdentifier>
-showsummary
[-backupTarget:{<BackupDestinationVolume> | <NetworkSharePath>}]
[-machine:<BackupMachineName>]
[-recoveryTarget:<TargetPathForRecovery>]
[-authsysvol]
[-autoReboot]
[-quiet]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
バージョン-version 年/月/日に回復するバックアップのバージョン識別子を指定します-HH:MM の形式。Specifies the version identifier for the backup to recover in MM/DD/YYYY-HH:MM format. バージョン識別子を把握していない場合は、入力 wbadmin のバージョンを取得するです。If you do not know the version identifier, type wbadmin get versions.
-showsummary-showsummary (操作を完了するために必要な再起動) 後に、最後のシステム状態の回復の概要を報告します。Reports the summary of the last system state recovery (after the restart required to complete the operation). その他のパラメーターはこのパラメーターを含めることはできません。This parameter cannot be accompanied by any other parameters.
-backuptarget-backupTarget バックアップまたは復元するバックアップを格納している記憶域の場所を指定します。Specifies the storage location that contains the backup or backups you want to recover. このパラメーターは、記憶域の場所は、このコンピューターのバックアップが通常格納場所と異なる場合に便利です。This parameter is useful when the storage location is different from where the backups of this computer are usually stored.
-コンピューター-machine 回復するコンピューターの名前を指定します。Specifies the name of the computer that you want to recover. このパラメーターは、複数のコンピューターを同じ場所にバックアップされている場合に便利です。This parameter is useful when multiple computers have been backed up to the same location. ときに使用する必要があります、 -backuptarget パラメーターを指定します。Should be used when the -backupTarget parameter is specified.
-recoveryTarget-recoveryTarget 復元するディレクトリを指定します。Specifies the directory to restore to. このパラメーターは、バックアップが別の場所に復元される場合に便利です。This parameter is useful if the backup is restored to an alternate location.
-authsysvol-authsysvol 使用する場合は (システム ボリュームの共有ディレクトリ) の SYSVOL の authoritative restore を実行します。If used, performs an authoritative restore of SYSVOL (the System Volume shared directory).
-autoReboot-autoReboot システム状態の回復操作の終了時にシステムを再起動することを指定します。Specifies to restart the system at the end of the system state recovery operation. このパラメーターは、元の場所への回復のみ有効です。This parameter is valid only for a recovery to the original location. 回復操作の後の手順を実行する必要がある場合、このパラメーターを使用するはお勧めできません。We do not recommend you use this parameter if you need to perform steps after the recovery operation.
-通知の停止-quiet ユーザーにプロンプトなしで、サブコマンドを実行します。Runs the subcommand with no prompts to the user.

Examples

  • 午前 9時 00分を 03/31/2013 からシステム状態のバックアップの回復を実行するには、次のように入力します。To perform a system state recovery of the backup from 03/31/2013 at 9:00 A.M., type:
    wbadmin start systemstaterecovery -version:03/31/2013-09:00
    
  • 午前 9時 00分 04/30/2013 からシステム状態のバックアップの回復を実行するにはTo perform a system state recovery of the backup from 04/30/2013 at 9:00 A.M. 共有リソース上に格納される\ \servername\share server01、種類。that is stored on the shared resource \\servername\share for server01, type:
    wbadmin start systemstaterecovery -version:04/30/2013-09:00 -backupTarget:\\servername\share -machine:server01
    

その他の参照情報Additional references