Windows Server Version 1809 の新機能What's New in Windows Server version 1809

適用先:Windows Server (半期チャネル)Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel)

Windows の最新の機能については、「Windows Server の新機能」を参照してください。To learn about the latest features in Windows, see What's New in Windows Server. このトピックでは、Windows Server Version 1809 の新機能の一部について説明します。This topic describes some of the new features in Windows Server, version 1809.

Kubernetes を使用したコンテナー ネットワークContainer networking with Kubernetes

Windows Server 2019 の Kubernetes を使用したコンテナー ネットワーク機能により、プラットフォームのネットワーク回復性とコンテナー ネットワーク プラグインのサポートが強化され、Windows での Kubernetes の使いやすさが大幅に向上します。Container networking with Kubernetes in Windows Server 2019 greatly improves usability of Kubernetes on Windows by enhancing platform networking resiliency and support of container networking plugins. さらに、ワークロードを Kubernetes に展開すると、ネットワーク セキュリティを使用して、埋め込みツールにより Linux と Windows の両方のサービスを保護できます。Additionally, customers deploying workloads on Kubernetes network security to protect both Linux and Windows services using embedded tooling.

コンテナー用グループ管理サービス アカウントGroup managed service accounts for containers

Windows Server Version 1809 では、グループ管理サービス アカウント (gMSA) を使用してネットワーク リソースにアクセスするコンテナーの拡張性と信頼性が向上しています。Windows Server, version 1809 has improvements in the scalability and reliability of containers that use group managed service accounts (gMSA) to access network resources.

ホスト デバイスからコンテナーへのアクセスHost device access for containers

プロセス分離された Windows Server のコンテナーには、単純なバスを割り当てることができます。Simple buses can be assigned to process-isolated Windows Server containers. コンテナー内で実行されているアプリケーションは、必要であれば SPI、I2C、GPIO、UART/COM を使用して通信できるようになりました。Applications running in containers that need to talk over SPI, I2C, GPIO, and UART/COM are now able to do so.

追加機能Additional features

Windows Server Version 1809 の新機能のほか、Windows Server 2019 の次の新機能も Windows Server Version 1809 に適用されます。In addition to features that are new in Windows Server version 1809, the following new features and capabilities for Windows Server 2019 also apply to Windows Server version 1809: