サービス品質 ( QoS ) ポリシーQuality of Service (QoS) Policy

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016

QoS プロファイルを作成し、その設定をグループポリシーとともに配布することで、QoS ポリシーを Active Directory インフラストラクチャ全体のネットワーク帯域幅を管理する一元的ポイントとして使用できます。You can use QoS Policy as a central point of network bandwidth management across your entire Active Directory infrastructure by creating QoS profiles, whose settings are distributed with Group Policy.

注意

このトピックに加えて、次の QoS ポリシーのドキュメントも参照してください。In addition to this topic, the following QoS Policy documentation is available.

QoS ポリシーは、 ( ) ドメイン、サイト、組織単位 OU などの Active Directory コンテナーにリンクしているグループポリシーオブジェクト GPO の一部として、ユーザーログインセッションまたはコンピューターに適用さ ( れ ) ます。QoS policies are applied to a user login session or a computer as part of a Group Policy object (GPO) that you have linked to an Active Directory container, such as a domain, site, or organizational unit (OU).

QoS トラフィック管理は、アプリケーション層の下で行われます。つまり、QoS ポリシーによって提供される利点を活用するために、既存のアプリケーションを変更する必要はありません。QoS traffic management occurs below the application layer, which means that your existing applications do not need to be modified to benefit from the advantages that are provided by QoS policies.

QoS ポリシーをサポートするオペレーティングシステムOperating Systems that Support QoS Policy

QoS ポリシーを使用して、次の Microsoft オペレーティングシステムを搭載したコンピューターまたはユーザーの帯域幅を管理できます。You can use QoS policy to manage bandwidth for computers or users with the following Microsoft operating systems.

  • Windows Server 2016Windows Server 2016
  • Windows 10Windows 10
  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
  • Windows 8.1Windows 8.1
  • Windows Server 2012Windows Server 2012
  • Windows 8Windows 8
  • Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2
  • Windows 7Windows 7
  • Windows Server 2008Windows Server 2008
  • Windows VistaWindows Vista

グループポリシーの QoS ポリシーの場所Location of QoS Policy in Group Policy

Windows Server 2016 グループポリシー管理エディターでは、コンピューターの構成に関する QoS ポリシーのパスは次のとおりです。In Windows Server 2016 Group Policy Management Editor, the path to QoS Policy for Computer Configuration is the following.

既定のドメインポリシー |コンピューターの構成 |ポリシー |Windows の設定 |ポリシー - ベースの QoSDefault Domain Policy | Computer Configuration | Policies | Windows Settings | Policy-based QoS

このパスを次の図に示します。This path is illustrated in the following image.

グループポリシーの QoS ポリシーの場所

Windows Server 2016 グループポリシー管理エディターでは、ユーザー構成の QoS ポリシーへのパスは次のとおりです。In Windows Server 2016 Group Policy Management Editor, the path to QoS Policy for User Configuration is the following.

既定のドメインポリシー |ユーザーの構成 |ポリシー |Windows の設定 |ポリシー - ベースの QoSDefault Domain Policy | User Configuration | Policies | Windows Settings | Policy-based QoS

既定では、QoS ポリシーは構成されていません。By default no QoS policies are configured.

QoS ポリシーを使用する理由Why Use QoS Policy?

ネットワーク上のトラフィックが増加するにつれて、ネットワークパフォーマンスとサービスコストのバランスを取ることがますます重要になっていますが、ネットワークトラフィックは通常、優先順位付けと管理が容易ではありません。As traffic increases on your network, it is increasingly important for you to balance network performance with the cost of service - but network traffic is not normally easy to prioritize and manage.

ネットワーク上で、ミッション - クリティカルで待機時間が重要なアプリケーションは、 - 優先順位の低いトラフィックに対してネットワーク帯域幅を競合させる必要があります。On your network, mission-critical and latency-sensitive applications must compete for network bandwidth against lower priority traffic. 同時に、特定のネットワークパフォーマンス要件を持つ一部のユーザーとコンピューターでは、差別化されたサービスレベルが必要になる場合があります。At the same time, some users and computers with specific network performance requirements might require differentiated service levels.

コスト効率に優れた予測可能なネットワークパフォーマンスレベルを提供するための課題は、最初に、ワイドエリアネットワークの ( WAN ) 接続、またはボイスオーバー IP ( VoIP やビデオストリーミングなどの待機時間の影響を受けるアプリケーションで表示され ) ます。The challenges of providing cost-effective, predictable network performance levels often first appear over wide area network (WAN) connections or with latency-sensitive applications, like voice over IP (VoIP) and video streaming. ただし、予測可能なネットワークサービスレベルを提供するための最終的な目標は、企業のローカルエリアネットワークなどのあらゆるネットワーク環境に適用さ ( ) れます。また、会社のカスタム基幹業務アプリケーションなど、VoIP アプリケーションを超えて - - います。However, the end-goal of providing predictable network service levels applies to any network environment (for example, an Enterprises' local area network), and to more than VoIP applications, such as your company's custom line-of-business applications.

ポリシーベースの QoS は、ネットワーク帯域幅管理ツールです。このツールを使用すると、アプリケーション、ユーザー、およびコンピューターに基づいてネットワーク制御を行うことができます。Policy-based QoS is the network bandwidth management tool that provides you with network control - based on applications, users, and computers.

QoS ポリシーを使用する場合、アプリケーションを特定のアプリケーションプログラミングインターフェイス api 用に記述する必要はありません ( ) 。When you use QoS Policy, your applications do not need to be written for specific application programming interfaces (APIs). これにより、既存のアプリケーションで QoS を使用できるようになります。This gives you the ability to use QoS with existing applications. また、ポリシーベースの qos はグループポリシーに組み込まれているため、既存の管理インフラストラクチャを利用できます。Additionally, Policy-based QoS takes advantage of your existing management infrastructure, because Policy-based QoS is built into Group Policy.

差別化サービスコードポイントを使用して QoS の優先度を定義する ( DSCP)Define QoS Priority Through a Differentiated Services Code Point (DSCP)

( ) さまざまな種類のネットワークトラフィックに割り当てた差別化サービスコードポイントの DSCP 値を使用して、ネットワークトラフィックの優先順位を定義する QoS ポリシーを作成できます。You can create QoS policies that define network traffic priority with a Differentiated Services Code Point (DSCP) value that you assign to different types of network traffic.

DSCP を使用する ( ) と、IPv4 パケットのヘッダーの [サービスの種類] フィールドに値 0 ~ 63 を適用し、 ( ) IPv6 の [Traffic Class] フィールド内に値0を適用できます。The DSCP allows you to apply a value (0–63) within the Type of Service (TOS) field in an IPv4 packet's header, and within the Traffic Class field in IPv6.

DSCP 値は、インターネットプロトコルの IP レベルでのネットワークトラフィック分類を提供し ( ) ます。ルーターは、トラフィックキューの動作を決定するために使用します。The DSCP value provides network traffic classification at the Internet Protocol (IP) level, which routers use to decide traffic queuing behavior.

たとえば、特定の DSCP 値を持つパケットを、優先度の高い、ベストエフォート、ベストエフォートよりも低い3つのキューのいずれかに配置するようにルーターを構成できます。For example, you can configure routers to place packets with specific DSCP values into one of three queues: high priority, best effort, or lower than best effort.

優先順位の高いキューにあるミッションクリティカルなネットワークトラフィックは、他のトラフィックより優先されます。Mission-critical network traffic, which is in the high priority queue, has preference over other traffic.

1アプリケーションあたりのネットワーク帯域幅の使用量をスロットル率で制限するLimit Network Bandwidth Use Per Application with Throttle Rate

QoS ポリシーでスロットル率を指定することによって、アプリケーションの送信ネットワークトラフィックを制限することもできます。You can also limit an application's outbound network traffic by specifying a throttle rate in QoS Policy.

帯域幅制限を定義する QoS ポリシーによって、送信ネットワークトラフィックの速度が決まります。A QoS policy that defines throttling limits determines the rate of outbound network traffic. たとえば、WAN のコストを管理するために、IT 部門は、ファイルサーバーが特定の速度を超えてダウンロードを提供できないことを指定するサービスレベルアグリーメントを実装する場合があります。For example, to manage WAN costs, an IT department might implement a service level agreement that specifies that a file server can never provide downloads beyond a specific rate.

QoS ポリシーを使用して、DSCP 値とスロットルレートを適用するUse QoS Policy to Apply DSCP Values and Throttle Rates

QoS ポリシーを使用して、次のような送信ネットワークトラフィックの DSCP 値とスロットル率を適用することもできます。You can also use QoS Policy to apply DSCP values and throttle rates for outbound network traffic to the following:

  • 送信アプリケーションとディレクトリパスSending application and directory path

  • 送信元と送信先の IPv4 または IPv6 アドレスまたはアドレスプレフィックスSource and destination IPv4 or IPv6 addresses or address prefixes

  • プロトコル伝送制御プロトコル ( TCP ) とユーザーデータグラムプロトコル ( UDP)Protocol - Transmission Control Protocol (TCP) and User Datagram Protocol (UDP)

  • 発信元と宛先のポートとポート範囲 ( TCP または UDP)Source and destination ports and port ranges (TCP or UDP)

  • グループポリシーでの展開による特定のユーザーまたはコンピューターのグループSpecific groups of users or computers through deployment in Group Policy

これらのコントロールを使用して、VoIP アプリケーションに対して DSCP 値46を使用して QoS ポリシーを指定し、ルーターが VoIP パケットを待機時間の短いキューに配置できるようにするか、QoS ポリシーを使用して、 ( ) TCP ポート443から送信するときに、一連のサーバーの送信トラフィックを512キロバイト/秒 KBps に調整できます。By using these controls, you can specify a QoS policy with a DSCP value of 46 for a VoIP application, enabling routers to place VoIP packets in a low-latency queue, or you can use a QoS policy to throttle a set of servers' outbound traffic to 512 kilobytes per second (KBps) when sending from TCP port 443.

また、特別な帯域幅要件を持つ特定のアプリケーションに QoS ポリシーを適用することもできます。You can also apply QoS policy to a particular application that has special bandwidth requirements. 詳細については、「 QoS Policy のシナリオ」を参照してください。For more information, see QoS Policy Scenarios.

QoS ポリシーの利点Advantages of QoS Policy

QoS ポリシーを使用すると、ルーターやスイッチで構成できない QoS ポリシーを構成して適用することができます。With QoS Policy, you can configure and enforce QoS policies that cannot be configured on routers and switches. QoS ポリシーには、次のような利点があります。QoS Policy provides the following advantages.

  1. 詳細レベル: 特に、ユーザーのコンピューターが動的 IP アドレスの割り当てを使用して構成されている場合、またはコンピューターが固定スイッチまたはルーターポートに接続されていない場合は、ポータブルコンピューターの場合と同様に、ルーターやスイッチでユーザーレベルの QoS ポリシーを作成することは困難です。Level of detail: It is difficult to create user-level QoS policies on routers or switches, especially if the user's computer is either configured by using dynamic IP address assignment or if the computer is not connected to fixed switch or router ports, as is frequently the case with portable computers. これに対して、QoS ポリシーを使用すると、 - ドメインコントローラーでユーザーレベルの qos ポリシーを構成し、ユーザーのコンピューターにポリシーを伝達することが簡単になります。In contrast, QoS Policy makes it easier to configure a user-level QoS policy on a domain controller and propagate the policy to the user's computer.

  2. 柔軟性Flexibility. コンピューターがネットワークに接続する場所や方法に関係なく、QoS ポリシーが適用されます。コンピューターは、任意の場所から WiFi またはイーサネットを使用して接続できます。Regardless of where or how a computer connects to the network, QoS policy is applied - the computer can connect using WiFi or Ethernet from any location. ユーザー - レベルの qos ポリシーでは、ユーザーがログオンしている任意の場所で、すべての互換性のあるデバイスに qos ポリシーが適用されます。For user-level QoS policies, the QoS policy is applied on any compatible device at any location where the user logs on.

  3. セキュリティ: IT 部門がインターネットプロトコルセキュリティ IPsec を使用してエンドツーエンドからユーザーのトラフィックを暗号化 ( ) する場合、パケットの IP 層 (TCP ポートなど) の上にある情報に基づいてルーターのトラフィックを分類することはできません ( ) 。Security: If your IT department encrypts users' traffic from end to end by using Internet Protocol security (IPsec), you cannot classify the traffic on routers based on any information above the IP layer in the packet (for example, a TCP port). ただし、QoS ポリシーを使用すると、エンドデバイスでパケットを分類して、ip ペイロードが暗号化され、パケットが送信される前に IP ヘッダー内のパケットの優先順位を示すことができます。However, by using QoS Policy, you can classify packets at the end device to indicate the priority of the packets in the IP header before the IP payloads are encrypted and the packets are sent.

  4. パフォーマンス: 調整など、一部の QoS 機能は、ソースに近い場合に実行する方が適しています。Performance: Some QoS functions, such as throttling, are better performed when they are closer to the source. QoS ポリシーは、このような QoS 機能をソースに最も近い場所に移動します。QoS Policy moves such QoS functions closest to the source.

  5. 管理の容易性: QoS ポリシーは、次の2つの方法でネットワークの管理を強化します。Manageability: QoS Policy enhances network manageability in two ways:

    aa. グループポリシーに基づいているため、QoS ポリシーを使用して、必要に応じて、および1台の中央ドメインコントローラーコンピューター上で、一連のユーザーとコンピューターの QoS ポリシーを構成および管理できます。Because it is based on Group Policy, you can use QoS Policy to configure and manage a set of user/computer QoS policies whenever necessary, and on one central domain-controller computer.

    b.b. QoS ポリシーは ( ) 、qos ポリシーを適用する各サーバーの IP アドレスに基づいてポリシーを指定するのではなく、Uniform Resource Locator URL でポリシーを指定するメカニズムを提供することで、ユーザー/コンピューターの構成を容易にします。QoS Policy facilitates user/computer configuration by providing a mechanism to specify policies by Uniform Resource Locator (URL) instead of specifying policies based on the IP addresses of each of the servers where QoS policies need to be applied. たとえば、ネットワークに共通の URL を共有するサーバーのクラスターがあるとします。For example, assume your network has a cluster of servers that share a common URL. QoS ポリシーを使用すると、クラスター内の各サーバーに対して1つのポリシーを作成するのではなく、共通の URL に基づいて1つのポリシーを作成できます。各ポリシーは、各サーバーの IP アドレスに基づいて作成されます。By using QoS Policy, you can create one policy based on the common URL, instead of creating one policy for each server in the cluster, with each policy based on the IP address of each server.

このガイドの次のトピックについては、「 QoS ポリシーを使用したはじめに」を参照してください。For the next topic in this guide, see Getting Started with QoS Policy.