サービスの品質(QoS)ポリシーQuality of Service (QoS) Policy

適用対象:Windows Server 2016 の Windows Server (半期チャネル)Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016

QoS プロファイルを作成し、その設定をグループポリシーとともに配布することで、QoS ポリシーを Active Directory インフラストラクチャ全体のネットワーク帯域幅を管理する一元的ポイントとして使用できます。You can use QoS Policy as a central point of network bandwidth management across your entire Active Directory infrastructure by creating QoS profiles, whose settings are distributed with Group Policy.

注意

このトピックに加え、次の QoS ポリシーのドキュメントは使用できます。In addition to this topic, the following QoS Policy documentation is available.

QoS ポリシーがグループ ポリシー オブジェクトの一部としてユーザーのログイン セッションやコンピューターに適用される(GPO)ドメイン、サイト、または組織単位など、Active Directory コンテナーにリンクした(OU)します。QoS policies are applied to a user login session or a computer as part of a Group Policy object (GPO) that you have linked to an Active Directory container, such as a domain, site, or organizational unit (OU).

QoS のトラフィック管理は、既存のアプリケーションが QoS ポリシーによって提供される利点を享受するために変更する必要がないことを意味するアプリケーション層の下に発生します。QoS traffic management occurs below the application layer, which means that your existing applications do not need to be modified to benefit from the advantages that are provided by QoS policies.

QoS ポリシーをサポートするオペレーティング システムOperating Systems that Support QoS Policy

QoS ポリシーは、コンピューターまたはユーザーは、次の Microsoft オペレーティング システムでの帯域幅の管理を使用することができます。You can use QoS policy to manage bandwidth for computers or users with the following Microsoft operating systems.

  • Windows Server 2016Windows Server 2016
  • Windows 10Windows 10
  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
  • Windows 8.1Windows 8.1
  • Windows Server 2012Windows Server 2012
  • Windows 8Windows 8
  • Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2
  • Windows 7Windows 7
  • Windows Server 2008Windows Server 2008
  • Windows VistaWindows Vista

グループ ポリシーの QoS ポリシーの場所Location of QoS Policy in Group Policy

Windows Server 2016 グループ ポリシー管理エディターでの QoS ポリシーをコンピューターの構成へのパスは、次は。In Windows Server 2016 Group Policy Management Editor, the path to QoS Policy for Computer Configuration is the following.

既定のドメイン ポリシー |コンピューターの構成 |ポリシー |Windows の設定 |ポリシー-ベースの QoSDefault Domain Policy | Computer Configuration | Policies | Windows Settings | Policy-based QoS

このパスは、次の図に示します。This path is illustrated in the following image.

グループ ポリシーの QoS ポリシーの場所

Windows Server 2016 グループ ポリシー管理エディターでの QoS ポリシーをユーザーの構成へのパスは、次は。In Windows Server 2016 Group Policy Management Editor, the path to QoS Policy for User Configuration is the following.

既定のドメイン ポリシー |ユーザーの構成 |ポリシー |Windows の設定 |ポリシー-ベースの QoSDefault Domain Policy | User Configuration | Policies | Windows Settings | Policy-based QoS

既定で QoS ポリシーは構成されません。By default no QoS policies are configured.

QoS ポリシーを使用する理由Why Use QoS Policy?

ネットワーク上のトラフィックが増えるは、- サービスのコストとのネットワーク パフォーマンスのバランスをとることがますます重要になりますが、ネットワーク トラフィックは通常、優先順位を付けるし、管理が容易ではありません。As traffic increases on your network, it is increasingly important for you to balance network performance with the cost of service - but network traffic is not normally easy to prioritize and manage.

ネットワーク上のミッション クリティカル-クリティカルと待機時間-低優先度のトラフィックに対するネットワーク帯域幅の機密性の高いアプリケーションの競合が発生する必要があります。On your network, mission-critical and latency-sensitive applications must compete for network bandwidth against lower priority traffic. 同時に、いくつかのユーザーとコンピューターと特定のネットワークのパフォーマンス要件が必要がありますには、サービス レベルが区別されています。At the same time, some users and computers with specific network performance requirements might require differentiated service levels.

コスト効率の高い、予測可能なネットワークのパフォーマンス レベルを提供するという課題がワイド エリア ネットワーク経由でに多くの場合、最初に表示される(WAN)接続またはボイス オーバー IP などの待機時間の重要なアプリケーションと(VoIP)ビデオ ストリーミングとします。The challenges of providing cost-effective, predictable network performance levels often first appear over wide area network (WAN) connections or with latency-sensitive applications, like voice over IP (VoIP) and video streaming. ただし、すべてのネットワーク環境に予測可能なネットワークのサービス レベルを提供するための最終的な目標が適用されます(企業のローカル エリア ネットワークなど、)、および複数の会社のカスタム ラインなどのVoIPアプリケーション。-の-ビジネス アプリケーション。However, the end-goal of providing predictable network service levels applies to any network environment (for example, an Enterprises’ local area network), and to more than VoIP applications, such as your company's custom line-of-business applications.

ポリシー ベースの QoS とは、ネットワーク制御、アプリケーション、ユーザー、およびコンピューターに基づくを提供するネットワーク帯域幅の管理ツールです。Policy-based QoS is the network bandwidth management tool that provides you with network control - based on applications, users, and computers.

QoS ポリシーを使用すると、アプリケーションを特定のアプリケーション プログラミング インターフェイスを記述する必要はありません(Api)します。When you use QoS Policy, your applications do not need to be written for specific application programming interfaces (APIs). これにより、既存のアプリケーションで QoS を使用します。This gives you the ability to use QoS with existing applications. さらに、ポリシー ベースの QoS は、ポリシー ベースの QoS はグループ ポリシーに組み込まれているため、既存の管理インフラストラクチャを活用。Additionally, Policy-based QoS takes advantage of your existing management infrastructure, because Policy-based QoS is built into Group Policy.

差別化されたサービスのコード ポイントを介して QoS 優先度を定義(DSCP)Define QoS Priority Through a Differentiated Services Code Point (DSCP)

Differentiated Services コード ポイントでネットワーク トラフィックの優先順位を定義する QoS ポリシーを作成する(DSCP)さまざまな種類のネットワーク トラフィックに割り当てる値。You can create QoS policies that define network traffic priority with a Differentiated Services Code Point (DSCP) value that you assign to different types of network traffic.

値を適用することができます、DSCP (0 ~ 63)型のサービス内で(TOS) IPv4 パケットのヘッダーと IPv6 のトラフィック クラス フィールドはフィールド。The DSCP allows you to apply a value (0–63) within the Type of Service (TOS) field in an IPv4 packet's header, and within the Traffic Class field in IPv6.

DSCP 値は、インターネット プロトコルでネットワーク トラフィックの分類を提供します。 (IP)レベル、トラフィックのキューの動作を決定するルーターを使用します。The DSCP value provides network traffic classification at the Internet Protocol (IP) level, which routers use to decide traffic queuing behavior.

たとえば、特定の DSCP 値を持つパケットを 3 つのキューのいずれかに配置するルーターを構成できます: 優先度の高い、最適なまたはベスト エフォートよりも低きます。For example, you can configure routers to place packets with specific DSCP values into one of three queues: high priority, best effort, or lower than best effort.

、優先度の高いキューでは、ミッション クリティカルなネットワーク トラフィックは、基本設定を、その他のトラフィックにします。Mission-critical network traffic, which is in the high priority queue, has preference over other traffic.

スロットル率をアプリケーションごとの制限ネットワーク帯域幅の使用Limit Network Bandwidth Use Per Application with Throttle Rate

QoS ポリシーのスロットル率を指定することで、アプリケーションの送信ネットワーク トラフィックを制限することもできます。You can also limit an application's outbound network traffic by specifying a throttle rate in QoS Policy.

スロットルの上限を定義する QoS ポリシーは、送信ネットワーク トラフィックの割合を決定します。A QoS policy that defines throttling limits determines the rate of outbound network traffic. たとえば、WAN コストを管理する、IT 部門は、ファイル サーバーを一定レートを超えるダウンロードを提供できることを指定するサービス レベル アグリーメントを実装できます。For example, to manage WAN costs, an IT department might implement a service level agreement that specifies that a file server can never provide downloads beyond a specific rate.

DSCP を適用する QoS ポリシーを使用して、値をスロットル レートUse QoS Policy to Apply DSCP Values and Throttle Rates

DSCP 値を適用および送信ネットワーク トラフィックには、次のレートを調整する QoS ポリシーを使用することもできます。You can also use QoS Policy to apply DSCP values and throttle rates for outbound network traffic to the following:

  • 送信元アプリケーションとディレクトリのパスSending application and directory path

  • ソースおよび宛先 IPv4 または IPv6 アドレスまたはアドレス プレフィックスSource and destination IPv4 or IPv6 addresses or address prefixes

  • プロトコルの伝送制御プロトコル(TCP)とユーザー データグラム プロトコル(UDP)Protocol - Transmission Control Protocol (TCP) and User Datagram Protocol (UDP)

  • ソースおよび宛先ポートとポート範囲(TCP または UDP)Source and destination ports and port ranges (TCP or UDP)

  • ユーザーまたはグループ ポリシーの展開を使用してコンピューターの特定のグループSpecific groups of users or computers through deployment in Group Policy

これらのコントロールを使用するを指定する QoS ポリシーを VoIP アプリケーションの場合、46 の DSCP 値を持つ VoIP パケットを低待機時間のキューに配置するようにルーターを有効にするか、QoS ポリシーを使用するには一連の 512 キロバイト/秒へのサーバーの送信トラフィックを制限するKBps) TCP ポート 443 から送信するときにします。By using these controls, you can specify a QoS policy with a DSCP value of 46 for a VoIP application, enabling routers to place VoIP packets in a low-latency queue, or you can use a QoS policy to throttle a set of servers' outbound traffic to 512 kilobytes per second (KBps) when sending from TCP port 443.

特殊な帯域幅の要件を持つ特定のアプリケーションに QoS ポリシーを適用することもできます。You can also apply QoS policy to a particular application that has special bandwidth requirements. 詳細については、次を参照してください。 QoS ポリシー シナリオします。For more information, see QoS Policy Scenarios.

QoS ポリシーの利点Advantages of QoS Policy

QoS ポリシーを使用して構成し、ルーターとスイッチで構成することはできません、QoS ポリシーを適用することができます。With QoS Policy, you can configure and enforce QoS policies that cannot be configured on routers and switches. QoS ポリシーは、次の利点を提供します。QoS Policy provides the following advantages.

  1. レベルの詳細: 特に、ユーザーのコンピューターが動的 IP アドレスの割り当てを使用して構成されているいずれかの場合、またはの場合とでは頻繁に、コンピューターが固定のスイッチまたはルーターのポートに接続されていない場合は、ルーターやスイッチなどのユーザー レベルの QoS ポリシーを作成することは困難です。ポータブル コンピューター。Level of detail: It is difficult to create user-level QoS policies on routers or switches, especially if the user’s computer is either configured by using dynamic IP address assignment or if the computer is not connected to fixed switch or router ports, as is frequently the case with portable computers. これに対し、QoS ポリシー簡単にユーザーを構成する-レベルのドメイン コント ローラー上の QoS ポリシーとユーザーのコンピューターにポリシーを伝達します。In contrast, QoS Policy makes it easier to configure a user-level QoS policy on a domain controller and propagate the policy to the user’s computer.

  2. 柔軟性します。Flexibility. や場所、方法、コンピューターはネットワークに接続するのに関係なく QoS ポリシーの適用 - コンピューターは、WiFi またはイーサネットを使用して、任意の場所から接続できます。Regardless of where or how a computer connects to the network, QoS policy is applied - the computer can connect using WiFi or Ethernet from any location. ユーザーの-レベル、QoS ポリシーを QoS ポリシーはユーザーがログオンした任意の場所で任意の互換性のあるデバイスに適用します。For user-level QoS policies, the QoS policy is applied on any compatible device at any location where the user logs on.

  3. セキュリティ: 場合は、IT 部門はインターネット プロトコル セキュリティを使用してユーザーのトラフィックをエンド ツー エンドを暗号化(IPsec)、パケットの IP 層上のすべての情報に基づいたルーター上のトラフィックを分類することはできません(など、TCP ポート)します。Security: If your IT department encrypts users’ traffic from end to end by using Internet Protocol security (IPsec), you cannot classify the traffic on routers based on any information above the IP layer in the packet (for example, a TCP port). ただし、QoS ポリシーを使用すると、IP ペイロードが暗号化され、パケットを送信する前に、IP ヘッダーでのパケットの優先度を示すエンド デバイスでパケットを分類できます。However, by using QoS Policy, you can classify packets at the end device to indicate the priority of the packets in the IP header before the IP payloads are encrypted and the packets are sent.

  4. パフォーマンス: 調整などの一部の QoS 関数が実行したは、ソースにより近いになった方。Performance: Some QoS functions, such as throttling, are better performed when they are closer to the source. QoS ポリシーは、このような QoS 関数、ソースに最も近いを移動します。QoS Policy moves such QoS functions closest to the source.

  5. 管理の容易性: QoS ポリシーには、2 つの方法でネットワーク管理の容易性が拡張されています。Manageability: QoS Policy enhances network manageability in two ways:

    **** します。a. グループ ポリシーに基づいているために、構成し、必要に応じて、1 つの中央のドメイン コント ローラー コンピューターと、一連のユーザーまたはコンピュータの QoS ポリシーを管理する QoS ポリシーを使用することができます。Because it is based on Group Policy, you can use QoS Policy to configure and manage a set of user/computer QoS policies whenever necessary, and on one central domain-controller computer.

    bします。b. QoS ポリシーは、Uniform Resource Locator によってポリシーを指定するためのメカニズムを提供することによってユーザー/コンピューターの構成を容易に(URL)各 QoS ポリシーが必要なサーバーの IP アドレスに基づくポリシーを指定する代わりに適用します。QoS Policy facilitates user/computer configuration by providing a mechanism to specify policies by Uniform Resource Locator (URL) instead of specifying policies based on the IP addresses of each of the servers where QoS policies need to be applied. たとえば、ネットワークに共通の URL を共有するサーバーのクラスターがあるとします。For example, assume your network has a cluster of servers that share a common URL. QoS ポリシーを使用すると、各サーバーの IP アドレスに基づいて各ポリシーを使用して、クラスター内のサーバーごとに 1 つのポリシーを作成する代わりに、一般的な URL に基づく 1 つのポリシーを作成できます。By using QoS Policy, you can create one policy based on the common URL, instead of creating one policy for each server in the cluster, with each policy based on the IP address of each server.

次のトピックでは、このガイドでは、次を参照してください。 QoS ポリシーの概要します。For the next topic in this guide, see Getting Started with QoS Policy.