DFS レプリケーションの概要DFS Replication overview

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Windows Server (半期チャネル)Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008, Windows Server (Semi-Annual Channel)

DFS レプリケーションは、Windows Server の役割サービスです。これを使用すると、複数のサーバーやサイト間でフォルダー (DFS 名前空間パスによって参照されるフォルダーを含む) を効率的にレプリケートできます。DFS Replication is a role service in Windows Server that enables you to efficiently replicate folders (including those referred to by a DFS namespace path) across multiple servers and sites. DFS レプリケーションは、帯域幅が制限されたネットワーク接続を介してサーバー間でフォルダーの同期を維持するために使用できる、効率的なマルチマスターレプリケーションエンジンです。DFS Replication is an efficient, multiple-master replication engine that you can use to keep folders synchronized between servers across limited bandwidth network connections. これにより、ファイルレプリケーションサービス (FRS) が DFS 名前空間のレプリケーションエンジンとして置き換えられます。また、Windows Server 2008 以降のドメイン機能レベルを使用するドメインで Active Directory Domain Services (AD DS) SYSVOL フォルダーをレプリケートすることもできます。It replaces the File Replication Service (FRS) as the replication engine for DFS Namespaces, as well as for replicating the Active Directory Domain Services (AD DS) SYSVOL folder in domains that use the Windows Server 2008 or later domain functional level.

DFS レプリケーションは、RDC (Remote Differential Compression) と呼ばれる圧縮アルゴリズムを使用します。DFS Replication uses a compression algorithm known as remote differential compression (RDC). RDC は、ファイル内のデータに対する変更を検出し、ファイル全体ではなく、変更されたファイルブロックのみをレプリケート DFS レプリケーションできるようにします。RDC detects changes to the data in a file and enables DFS Replication to replicate only the changed file blocks instead of the entire file.

DFS レプリケーションを使用した SYSVOL のレプリケートの詳細については、「 DFS レプリケーションへの sysvol レプリケーションの移行」を参照してください。For more information about replicating SYSVOL using DFS Replication, see Migrate the SYSVOL replication to DFS Replication.

DFS レプリケーションを使用するには、レプリケーショングループを作成し、そのグループにレプリケートフォルダーを追加する必要があります。To use DFS Replication, you must create replication groups and add replicated folders to the groups. 次の図は、レプリケーショングループ、レプリケートフォルダー、およびメンバーを示しています。Replication groups, replicated folders, and members are illustrated in the following figure.

2つのメンバー間の接続を含むレプリケーショングループ。それぞれにレプリケートフォルダーがいくつかあります。

この図は、レプリケーショングループが、1つまたは複数のレプリケートフォルダーのレプリケーションに参加する、メンバーと呼ばれる一連のサーバーであることを示しています。This figure shows that a replication group is a set of servers, known as members, which participates in the replication of one or more replicated folders. レプリケートフォルダーは、各メンバーの同期状態を維持するフォルダーです。A replicated folder is a folder that stays synchronized on each member. 図には、次の2つのレプリケートフォルダーがあります。プロジェクトと提案。In the figure, there are two replicated folders: Projects and Proposals. 各レプリケートフォルダー内のデータが変更されると、レプリケーショングループのメンバー間の接続間で変更がレプリケートされます。As the data changes in each replicated folder, the changes are replicated across connections between the members of the replication group. すべてのメンバー間の接続は、レプリケーショントポロジを形成します。The connections between all members form the replication topology. 1つのレプリケーショングループに複数のレプリケートフォルダーを作成すると、レプリケーショングループのトポロジ、スケジュール、および帯域幅の調整が各レプリケートフォルダーに適用されるため、レプリケートフォルダーの展開プロセスが簡単になります。Creating multiple replicated folders in a single replication group simplifies the process of deploying replicated folders because the topology, schedule, and bandwidth throttling for the replication group are applied to each replicated folder. 追加のレプリケートフォルダーを展開するには、Dfsradmin.exe またはを使用して、ウィザードの指示に従って、新しいレプリケートフォルダーのローカルパスとアクセス許可を定義します。To deploy additional replicated folders, you can use Dfsradmin.exe or a follow the instructions in a wizard to define the local path and permissions for the new replicated folder.

各レプリケートフォルダーには、ファイルとサブフォルダーのフィルターなどの固有の設定があるため、レプリケートフォルダーごとに異なるファイルとサブフォルダーを除外できます。Each replicated folder has unique settings, such as file and subfolder filters, so that you can filter out different files and subfolders for each replicated folder.

各メンバーに格納されているレプリケートフォルダーは、メンバー内のさまざまなボリュームに配置できます。また、レプリケートフォルダーは、共有フォルダーまたは名前空間の一部である必要はありません。The replicated folders stored on each member can be located on different volumes in the member, and the replicated folders do not need to be shared folders or part of a namespace. ただし、DFS 管理スナップインを使用すると、レプリケートされたフォルダーを簡単に共有し、必要に応じて既存の名前空間に発行することができます。However, the DFS Management snap-in makes it easy to share replicated folders and optionally publish them in an existing namespace.

DFS レプリケーションを管理するには、DFS の管理、Dfsradmin.exe と Dfsrdiag.exe のコマンド、または WMI を呼び出すスクリプトを使用します。You can administer DFS Replication by using DFS Management, the DfsrAdmin and Dfsrdiag commands, or scripts that call WMI.

要件Requirements

DFS レプリケーションを展開する前に、サーバーを次のように構成する必要があります。Before you can deploy DFS Replication, you must configure your servers as follows:

  • Active Directory Domain Services (AD DS) スキーマを更新して、Windows Server 2003 R2 以降のスキーマが追加されるようにします。Update the Active Directory Domain Services (AD DS) schema to include Windows Server 2003 R2 or later schema additions. Windows Server 2003 R2 以前のスキーマ追加では、読み取り専用のレプリケートフォルダーを使用することはできません。You cannot use read-only replicated folders with the Windows Server 2003 R2 or older schema additions.
  • レプリケーション グループに含まれるすべてのサーバーが、同じフォレストに存在することを確認します。Ensure that all servers in a replication group are located in the same forest. 異なるフォレスト内にある複数のサーバーにまたがってレプリケーションを有効にすることはできません。You cannot enable replication across servers in different forests.
  • レプリケーショングループのメンバとして機能するすべてのサーバーに DFS レプリケーションをインストールします。Install DFS Replication on all servers that will act as members of a replication group.
  • ウイルス対策ソフトウェア ベンダーに問い合わせて、使用するウイルス対策ソフトウェアが DFS レプリケーションと互換性があることを確認します。Contact your antivirus software vendor to check that your antivirus software is compatible with DFS Replication.
  • NTFS ファイル システムでフォーマットされているボリュームで、レプリケートするフォルダーを探します。Locate any folders that you want to replicate on volumes formatted with the NTFS file system. DFS レプリケーションでは Resilient File System (ReFS) または FAT ファイル システムはサポートされていません。DFS Replication does not support the Resilient File System (ReFS) or the FAT file system. また、DFS レプリケーションではクラスターの共有ボリュームに保存されているコンテンツはレプリケートできません。DFS Replication also does not support replicating content stored on Cluster Shared Volumes.

Azure Virtual Machines との相互運用性Interoperability with Azure virtual machines

Azure の仮想マシンでの DFS レプリケーションの使用は、Windows Server でテストされています。ただし、いくつかの制限事項と要件に従う必要があります。Using DFS Replication on a virtual machine in Azure has been tested with Windows Server; however, there are some limitations and requirements that you must follow.

  • DFS レプリケーションによって SYSVOL フォルダー以外のデータをレプリケートしているサーバーを、スナップショットや保存された状態を使用して復元すると、DFS レプリケーションが失敗します。この場合、特別なデータベース回復手順が必要になります。Using snapshots or saved states to restore a server running DFS Replication for replication of anything other than the SYSVOL folder causes DFS Replication to fail, which requires special database recovery steps. 同様に、仮想マシンをエクスポート、複製、またはコピーしないでください。Similarly, don't export, clone, or copy the virtual machines. 詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事 2517913 と、「 Safely Virtualizing DFSR (DFSR を安全に仮想化する)」を参照してください。For more information, see article 2517913 in the Microsoft Knowledge Base, as well as Safely Virtualizing DFSR.
  • 仮想マシンでホストされているレプリケート フォルダー内のデータをバックアップする場合は、ゲスト仮想マシン内からバックアップ ソフトウェアを使用する必要があります。When backing up data in a replicated folder hosed in a virtual machine, you must use backup software from within the guest virtual machine.
  • DFS レプリケーションは、物理または仮想化されたドメインコントローラーにアクセスする必要があります。 Azure AD と直接通信することはできません。DFS Replication requires access to physical or virtualized domain controllers – it can't communicate directly with Azure AD.
  • DFS レプリケーションを行うには、オンプレミスのレプリケーション グループ メンバーと、Azure VM でホストされているメンバーとの間の VPN 接続が必要です。DFS Replication requires a VPN connection between your on premise replication group members and any members hosted in Azure VMs. また、オンプレミスのルーター (Forefront Threat Management Gateway など) を構成して、RPC エンドポイント マッパー (ポート 135) と、49152 ~ 65535 の範囲にランダムに割り当てられたポートが、VPN 接続を経由できるようにする必要があります。You also need to configure the on premise router (such as Forefront Threat Management Gateway) to allow the RPC Endpoint Mapper (port 135) and a randomly assigned port between 49152 and 65535 to pass over the VPN connection. Set-dfsrmachineconfiguration コマンドレットまたは Dfsrdiag.exe コマンドラインツールを使用して、ランダムポートではなく静的ポートを指定できます。You can use the Set-DfsrMachineConfiguration cmdlet or the Dfsrdiag command line tool to specify a static port instead of the random port. DFS レプリケーション用に静的ポートを指定する方法の詳細については、「 Set-DfsrServiceConfiguration」を参照してください。For more information about how to specify a static port for DFS Replication, see Set-DfsrServiceConfiguration. Windows Server の管理用に開く関連ポートについては、Microsoft サポート技術情報の記事 832017 を参照してください。For information about related ports to open for managing Windows Server, see article 832017 in the Microsoft Knowledge Base.

Azure 仮想マシンを使い始める方法については、 Microsoft Azure の Web サイトを参照してください。To learn about how to get started with Azure virtual machines, visit the Microsoft Azure web site.

DFS レプリケーションのインストールInstalling DFS Replication

DFS レプリケーションは、ファイルサービスおよび記憶域サービスの役割の一部です。DFS Replication is a part of the File and Storage Services role. DFS 用の管理ツール (DFS の管理、Windows PowerShell 用の DFS レプリケーションモジュール、およびコマンドラインツール) は、リモートサーバー管理ツールの一部として個別にインストールされます。The management tools for DFS (DFS Management, the DFS Replication module for Windows PowerShell, and command-line tools) are installed separately as part of the Remote Server Administration Tools.

次のセクションで説明するように、 Windows 管理センター、サーバーマネージャー、または PowerShell を使用して DFS レプリケーションをインストールします。Install DFS Replication by using Windows Admin Center, Server Manager, or PowerShell, as described in the next sections.

サーバー マネージャーを使用して DFS をインストールするにはTo install DFS by using Server Manager

  1. サーバー マネージャーを開き、 [管理] をクリックし、 [役割と機能の追加] をクリックします。Open Server Manager, click Manage, and then click Add Roles and Features. 役割と機能の追加ウィザードが表示されます。The Add Roles and Features Wizard appears.

  2. [サーバーの選択] ページで、DFS をインストールするオフライン仮想マシンのサーバーまたは仮想ハード ディスク (VHD) を選択します。On the Server Selection page, select the server or virtual hard disk (VHD) of an offline virtual machine on which you want to install DFS.

  3. インストールする役割サービスおよび機能を選択します。Select the role services and features that you want to install.

    • DFS レプリケーションサービスをインストールするには、 [サーバーの役割] ページで [DFS レプリケーション] を選択します。To install the DFS Replication service, on the Server Roles page, select DFS Replication.

    • DFS 管理ツールのみをインストールするには、 [機能] ページで、 [リモート サーバー管理ツール][役割管理ツール][ファイル サービス ツール] の順に展開し、 [DFS 管理ツール] をクリックします。To install only the DFS Management Tools, on the Features page, expand Remote Server Administration Tools, Role Administration Tools, expand File Services Tools, and then select DFS Management Tools.

      Dfs管理ツールは、dfs 管理スナップイン、Windows PowerShell 用の DFS レプリケーションと Dfs 名前空間モジュール、およびコマンドラインツールをインストールしますが、dfs サービスはサーバーにインストールしません。DFS Management Tools installs the DFS Management snap-in, the DFS Replication and DFS Namespaces modules for Windows PowerShell, and command-line tools, but it does not install any DFS services on the server.

Windows PowerShell を使用して DFS レプリケーションをインストールするにはTo install DFS Replication by using Windows PowerShell

管理者特権で Windows PowerShell セッションを開き、次のコマンドを入力します。ここで> < name は、インストールする役割サービスまたは機能です (関連する役割サービスまたは機能名の一覧については、次の表を参照してください)。Open a Windows PowerShell session with elevated user rights, and then type the following command, where <name> is the role service or feature that you want to install (see the following table for a list of relevant role service or feature names):

Install-WindowsFeature <name>
役割サービスまたは機能Role service or feature 名前Name
DFS レプリケーションDFS Replication FS-DFS-Replication
DFS 管理ツールDFS Management Tools RSAT-DFS-Mgmt-Con

たとえば、リモート サーバー管理ツール機能の分散ファイル システム ツール部分をインストールするには、次のように入力します。For example, to install the Distributed File System Tools portion of the Remote Server Administration Tools feature, type:

Install-WindowsFeature "RSAT-DFS-Mgmt-Con"

DFS レプリケーションと、リモートサーバー管理ツール機能の分散ファイルシステムツール部分をインストールするには、次のように入力します。To install the DFS Replication, and the Distributed File System Tools portions of the Remote Server Administration Tools feature, type:

Install-WindowsFeature "FS-DFS-Replication", "RSAT-DFS-Mgmt-Con"

関連項目See also