記憶域移行サービスの既知の問題Storage Migration Service known issues

このトピックでは、 Storage Migration Serviceを使用してサーバーを移行する際の既知の問題に対する回答を示します。This topic contains answers to known issues when using Storage Migration Service to migrate servers.

Microsoft サポートを操作するときにログファイルを収集する方法How to collect log files when working with Microsoft Support

Storage Migration Service には、Orchestrator サービスとプロキシサービスのイベントログが含まれています。The Storage Migration Service contains event logs for the Orchestrator service and the Proxy Service. Urchestrator サーバーには常に両方のイベントログが含まれ、プロキシサービスがインストールされている宛先サーバーにはプロキシログが含まれます。The urchestrator server always contains both event logs, and destination servers with the proxy service installed contain the proxy logs. これらのログは次の場所にあります。These logs are located under:

  • アプリケーションとサービスログ \ Microsoft \ Windows \ StorageMigrationServiceApplication and Services Logs \ Microsoft \ Windows \ StorageMigrationService
  • アプリケーションとサービスログ \ Microsoft \ Windows \ StorageMigrationServiceApplication and Services Logs \ Microsoft \ Windows \ StorageMigrationService-Proxy

オフラインで表示したり Microsoft サポートに送信したりするためにこれらのログを収集する必要がある場合は、GitHub で入手可能なオープンソースの PowerShell スクリプトがあります。If you need to gather these logs for offline viewing or to send to Microsoft Support, there is an open source PowerShell script available on GitHub:

記憶域移行サービスヘルパーStorage Migration Service Helper

README で使用状況を確認します。Review the README for usage.

Windows Server 2019 を管理していない場合、Windows 管理センターに記憶域移行サービスが表示されないStorage Migration Service doesn't show up in Windows Admin Center unless managing Windows Server 2019

Windows 管理センターの1809バージョンを使用して Windows Server 2019 orchestrator を管理する場合、記憶域移行サービスのツールオプションは表示されません。When using the 1809 version of Windows Admin Center to manage a Windows Server 2019 orchestrator, you don't see the tool option for Storage Migration Service.

Windows 管理センターの記憶域移行サービス拡張機能は、Windows Server 2019 バージョン1809以降のオペレーティングシステムのみを管理するようにバージョンにバインドされています。The Windows Admin Center Storage Migration Service extension is version-bound to only manage Windows Server 2019 version 1809 or later operating systems. 以前の Windows Server オペレーティングシステムまたは insider preview を管理するために使用する場合、ツールは表示されません。If you use it to manage older Windows Server operating systems or insider previews, the tool will not appear. この動作は仕様による結果です。This behavior is by design.

解決するには、Windows Server 2019 ビルド1809以降を使用またはアップグレードします。To resolve, use or upgrade to Windows Server 2019 build 1809 or later.

Storage Migration Service では、カットオーバー時に静的 IP を選択することはできませんStorage Migration Service doesn't let you choose static IP on cutover

Windows 管理センターで Storage Migration Service 拡張機能の0.57 バージョンを使用していて、移行フェーズに進むと、アドレスに静的 IP を選択できません。When using the 0.57 version of the Storage Migration Service extension in Windows Admin Center and you reach the Cutover phase, you cannot select a static IP for an address. DHCP を使用することは強制されています。You are forced to use DHCP.

この問題を解決するには、Windows 管理センターで、[設定 > ] [拡張] の下で、更新されたバージョンの Storage Migration Service 0.57.2 がインストールに使用できることを示すアラートを探します。To resolve this issue, in Windows Admin Center, look under Settings > Extensions for an alert stating that updated version Storage Migration Service 0.57.2 is available to install. 場合によっては、Windows 管理センターのブラウザータブの再起動が必要になることがあります。You may need to restart your browser tab for Windows Admin center.

記憶域移行サービスの切り替えの検証が、"対象コンピューターのトークンフィルターポリシーのアクセスが拒否されました" というエラーで失敗するStorage Migration Service cutover validation fails with error "Access is denied for the token filter policy on destination computer"

カットオーバーの検証を実行すると、次のエラーが表示されます。対象コンピューターのトークンフィルターポリシーのアクセスが拒否されました。 "When running cutover validation, you receive error "Fail: Access is denied for the token filter policy on destination computer." これは、移行元コンピューターと移行先コンピューターの両方に対して、正しいローカル管理者の資格情報を指定した場合でも発生します。This occurs even if you provided correct local administrator credentials for both the source and destination computers.

この問題は、Windows Server 2019 のコードの不具合が原因で発生します。This issue is caused by a code defect in Windows Server 2019. この問題は、移行先コンピューターを記憶域移行サービス Orchestrator として使用している場合に発生します。The issue will occur when you are using the destination computer as a Storage Migration Service Orchestrator.

この問題を回避するには、移行先として使用していない Windows Server 2019 コンピューターに Storage Migration Service をインストールし、Windows 管理センターでそのサーバーに接続して、移行を実行します。To work around this issue, install the Storage Migration Service on a Windows Server 2019 computer that is not the intended migration destination, then connect to that server with Windows Admin Center and perform the migration.

これは、Windows Server の今後のリリースで修正されました。We have fixed this in a later release of Windows Server. この修正プログラムを作成するバックポートを要求するには、 Microsoft サポートを使用してサポートケースを開いてください。Please open a support case via Microsoft Support to request a backport of this fix be created.

Storage Migration Service が Windows Server 2019 評価版または Windows Server 2019 Essentials edition に含まれていないStorage Migration Service isn't included in Windows Server 2019 Evaluation or Windows Server 2019 Essentials edition

Windows 管理センターを使用してWindows server 2019 評価版または windows Server 2019 Essentials edition に接続する場合、記憶域移行サービスを管理するオプションはありません。When using Windows Admin Center to connect to a Windows Server 2019 Evaluation release or Windows Server 2019 Essentials edition, there isn't an option to manage the Storage Migration Service. 記憶域移行サービスも、役割と機能には含まれていません。Storage Migration Service also isn't included in Roles and Features.

この問題は、Windows Server 2019 および Windows Server 2019 Essentials の評価メディアに記載されているサービスの問題が原因で発生します。This issue is caused by a servicing issue in the Evaluation media of Windows Server 2019 and Windows Server 2019 Essentials.

評価のためにこの問題を回避するには、Windows Server 2019 の製品版、MSDN、OEM、またはボリュームライセンス版をインストールし、ライセンス認証を行わないでください。To work around this issue for evaluation, install a retail, MSDN, OEM, or Volume License version of Windows Server 2019 and don't activate it. ライセンス認証を行わない場合、Windows Server のすべてのエディションは180日間評価モードで動作します。Without activation, all editions of Windows Server operate in evaluation mode for 180 days.

この問題は、Windows Server の今後のリリースで修正されました。We have fixed this issue in a later release of Windows Server.

Storage Migration Service による転送エラー CSV のダウンロードがタイムアウトになりますStorage Migration Service times out downloading the transfer error CSV

Windows 管理センターまたは PowerShell を使用して転送操作の詳細なエラーのみをダウンロードすると、次のエラーが表示されます。When using Windows Admin Center or PowerShell to download the transfer operations detailed errors-only CSV log, you receive error:

ログの転送-ファイアウォールでファイル共有が許可されていることを確認してください。Transfer Log - Please check file sharing is allowed in your firewall. :Net.tcp:/localhost: 28940/sms/service/1/transfer に送信されたこの要求操作は、構成されたタイムアウト時間 (00:01:00) 内に応答を受信しませんでした。: This request operation sent to net.tcp://localhost:28940/sms/service/1/transfer did not receive a reply within the configured timeout (00:01:00). この操作に割り当てられた時間は、より長いタイムアウト時間の一部であった可能性があります。The time allotted to this operation may have been a portion of a longer timeout. これは、サービスが操作を処理中であるか、サービスが応答メッセージを送信できなかったことが原因である可能性があります。This may be because the service is still processing the operation or because the service was unable to send a reply message. 操作のタイムアウトを増やすことを検討してください (チャネル/プロキシをありにキャストし、OperationTimeout プロパティを設定します)。また、サービスがクライアントに接続できることを確認してください。Please consider increasing the operation timeout (by casting the channel/proxy to IContextChannel and setting the OperationTimeout property) and ensure that the service is able to connect to the client.

この問題は、記憶域移行サービスで許可されている既定の1分のタイムアウトではフィルター処理できない、非常に多くの転送ファイルが原因で発生します。This issue is caused by an extremely large number of transferred files that cannot be filtered in the default one minute timeout allowed by Storage Migration Service.

この問題を回避するには:To work around this issue:

  1. Orchestrator コンピューターで Notepad.exe を使用して %SYSTEMROOT%\SMS\Microsoft.StorageMigration.Service.exe.configファイルを編集し、"sendtimeout" を1分の既定値から10分に変更します。On the orchestrator computer, edit the %SYSTEMROOT%\SMS\Microsoft.StorageMigration.Service.exe.config file using Notepad.exe to change the "sendTimeout" from its 1 minute default to 10 minutes

      <bindings>
       <netTcpBinding>
         <binding name="NetTcpBindingSms"
                  sendTimeout="00:01:00"
    
  2. Orchestrator コンピューターで "Storage Migration Service" サービスを再起動します。Restart the "Storage Migration Service" service on the orchestrator computer.

  3. Orchestrator コンピューターで、Regedit.exe を起動します。On the orchestrator computer, start Regedit.exe

  4. 次のレジストリ サブキーを探してクリックします。Locate and then click the following registry subkey:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\\Software\\Microsoft\\SMSPowershell

  5. [編集] メニューの [新規] をポイントして [DWORD 値] をクリックします。On the Edit menu, point to New, and then click DWORD Value.

  6. DWORD の名前として「WcfOperationTimeoutInMinutes」と入力し、enter キーを押します。Type "WcfOperationTimeoutInMinutes" for the name of the DWORD, and then press ENTER.

  7. "WcfOperationTimeoutInMinutes" を右クリックし、[変更] をクリックします。Right-click "WcfOperationTimeoutInMinutes", and then click Modify.

  8. [基本データ] ボックスで、[10 進] をクリックします。In the Base data box, click "Decimal"

  9. [値のデータ] ボックスに「10」と入力し、[OK] をクリックします。In the Value data box, type "10", and then click OK.

  10. レジストリエディターを終了します。Exit Registry Editor.

  11. エラーのみの CSV ファイルをもう一度ダウンロードします。Attempt to download the errors-only CSV file again.

この動作は、Windows Server 2019 の今後のリリースで変更される予定です。We intend to change this behavior in a later release of Windows Server 2019.

ネットワーク間での移行時に、カットオーバーが失敗するCutover fails when migrating between networks

Azure IaaS インスタンスなど、ソースとは異なるネットワークでを実行している移行先コンピューターに移行する場合、ソースが静的 IP アドレスを使用していると、カットオーバーを完了できません。When migrating to a destination computer running in a different network than the source, such as an Azure IaaS instance, cutover fails to complete when the source was using a static IP address.

この動作は仕様であり、IP アドレス経由で接続するユーザー、アプリケーション、およびスクリプトからの移行後の接続の問題を回避するために設計されています。This behavior is by design, to prevent connectivity issues after migration from users, applications, and scripts connecting via IP address. IP アドレスが古いソースコンピューターから新しい送信先ターゲットに移動されると、新しいネットワークサブネット情報や DNS や WINS とは一致しません。When the IP address is moved from the old source computer to the new destination target, it won't match the new network subnet information and perhaps DNS and WINS.

この問題を回避するには、同じネットワーク上のコンピューターへの移行を実行します。To workaround this issue, perform a migration to a computer on the same network. その後、そのコンピューターを新しいネットワークに移動し、IP 情報を再割り当てします。Then move that computer to a new network and reassign its IP information. たとえば、Azure IaaS に移行する場合は、最初にローカル VM に移行し、次に Azure Migrate を使用して VM を Azure に移動します。For instance, if migrating to Azure IaaS, first migrate to a local VM, then use Azure Migrate to shift the VM to Azure.

この問題は、Windows 管理センターの今後のリリースで修正されました。We have fixed this issue in a later release of Windows Admin Center. 移行先サーバーのネットワーク設定を変更しない移行を指定できるようになりました。We'll now allow you to specify migrations that don't alter the destination server's network settings. 更新された拡張機能は、リリース時にここに表示されます。The updated extension will be listed here when released.

宛先プロキシと資格情報の管理者特権の検証に関する警告Validation warnings for destination proxy and credential administrative privileges

転送ジョブを検証するときに、次の警告が表示されます。When validating a transfer job, you see the following warnings:

この資格情報には管理者特権があります。The credential has administrative privileges. 警告 :操作をリモートで実行することはできません。Warning: Action isn't available remotely. 宛先プロキシが登録されています。The destination proxy is registered. 警告 :宛先プロキシが見つかりませんでした。Warning: The destination proxy wasn't found.

Windows Server 2019 の対象コンピューターに Storage Migration Service Proxy サービスをインストールしていない場合、または destinaton コンピューターが Windows Server 2016 または Windows Server 2012 R2 の場合、この動作は仕様によるものです。If you have not installed the Storage Migration Service Proxy service on the Windows Server 2019 destination computer, or the destinaton computer is Windows Server 2016 or Windows Server 2012 R2, this behavior is by design. 転送のパフォーマンスを大幅に向上させるために、プロキシがインストールされた Windows Server 2019 コンピューターに移行することをお勧めします。We recommend migrating to a Windows Server 2019 computer with the proxy installed for significantly improved transfer performance.

特定のファイルのインベントリや転送が行われず、エラー5の "アクセスが拒否されました"Certain files do not inventory or transfer, error 5 "Access is denied"

転送元コンピューターから移行先コンピューターにファイルをインベントリしたり転送したりするときに、管理者グループのアクセス許可が削除されたファイルは移行に失敗します。When inventorying or transferring files from source to destination computers, files from which a user has removed Administrators group permissions fail to migrate. 記憶域移行サービスの確認-プロキシデバッグは次のように表示されます。Examining the Storage Migration Service-Proxy debug shows:

ログ名: StorageMigrationService-Proxy/Debug Source: StorageMigrationService-プロキシの日付: 2/26/2019 9:00:04 AM イベント ID: 1万タスクカテゴリ:None レベル: エラーキーワード:Log Name: Microsoft-Windows-StorageMigrationService-Proxy/Debug Source: Microsoft-Windows-StorageMigrationService-Proxy Date: 2/26/2019 9:00:04 AM Event ID: 10000 Task Category: None Level: Error Keywords:
ユーザー: ネットワークサービスコンピューター: srv1.contoso.com の説明:User: NETWORK SERVICE Computer: srv1.contoso.com Description:

02/26/2019-09:00: 04.860 [Erro] 転送エラー \(srv1. contoso. com):(5) アクセスが拒否されました。02/26/2019-09:00:04.860 [Erro] Transfer error for \srv1.contoso.com\public\indy.png: (5) Access is denied. スタックトレース: FileDirUtils での StorageMigration (String fileName、DesiredAccess desiredAccess、ShareMode shareMode、FlagsAndAttributes FlagsAndAttributes) でのスタックトレースの場合、次の場所に移動します。FileDirUtils の StorageMigration (文字列パス) で、StorageMigration (FileInfo ファイル) をに移動します。このファイルには、(FileInfo ファイル) を指定します。StorageMigration () at StorageMigration () で、InitializeSourceFileInfo () をに移動します。このファイルの場所に移動してください。StorageMigration () [d:\os\src\base\dms\proxy\transfer\transferproxy\FileTransfer.cs:: TryTransfer::55]」を実行してください ()。Stack Trace: at Microsoft.StorageMigration.Proxy.Service.Transfer.FileDirUtils.OpenFile(String fileName, DesiredAccess desiredAccess, ShareMode shareMode, CreationDisposition creationDisposition, FlagsAndAttributes flagsAndAttributes) at Microsoft.StorageMigration.Proxy.Service.Transfer.FileDirUtils.GetTargetFile(String path) at Microsoft.StorageMigration.Proxy.Service.Transfer.FileDirUtils.GetTargetFile(FileInfo file) at Microsoft.StorageMigration.Proxy.Service.Transfer.FileTransfer.InitializeSourceFileInfo() at Microsoft.StorageMigration.Proxy.Service.Transfer.FileTransfer.Transfer() at Microsoft.StorageMigration.Proxy.Service.Transfer.FileTransfer.TryTransfer() [d:\os\src\base\dms\proxy\transfer\transferproxy\FileTransfer.cs::TryTransfer::55]

この問題は、backup 特権が呼び出されていないストレージ移行サービスのコード障害が原因で発生します。This issue is caused by a code defect in the Storage Migration Service where the backup privilege was not being invoked.

この問題を解決するには、 KB4490481 (OS ビルド 17763.404)を orchestrator コンピューターに Windows Update インストールし、プロキシサービスがインストールされている場合は対象コンピューターにインストールします。To resolve this issue, install Windows Update April 2, 2019—KB4490481 (OS Build 17763.404) on the orchestrator computer and the destination computer if the proxy service is installed there. 移行元の移行ユーザーアカウントが、ソースコンピューターのローカル管理者であり、Storage Migration Service orchestrator であることを確認します。Ensure that the source migration user account is a local administrator on the source computer and the Storage Migration Service orchestrator. 移行先の移行ユーザーアカウントが、移行先コンピューターのローカル管理者であり、記憶域移行サービス orchestrator であることを確認します。Ensure that the destination migration user account is a local administrator on the destination computer and the Storage Migration Service orchestrator.

Storage Migration Service を使用してデータをプリシードするときに、DFSR ハッシュが一致しませんDFSR hashes mismatch when using Storage Migration Service to preseed data

記憶域移行サービスを使用してファイルを新しい宛先に転送するときに、DFS レプリケーション (DFSR) を構成して、レプリケーションまたは DFSR データベースの複製によって既存の DFSR サーバーでそのデータをレプリケートする場合、すべてのファイルにハッシュが experiemce されます。不一致とが再レプリケートされます。When using the Storage Migration Service to transfer files to a new destination, then configuring the DFS Replication (DFSR) to replicate that data with an existing DFSR server through presseded replication or DFSR database cloning, all files experiemce a hash mismatch and are re-replicated. データストリーム、セキュリティストリーム、サイズ、および属性はすべて、SMS を使用して転送した後、完全に一致しているように見えます。The data streams, security streams, sizes, and attributes all appear to be perfectly matched after using SMS to transfer them. Examing ファイルを ICACLS または DFSR データベース複製デバッグログに記録すると、次のようになります。Examing the files with ICACLS or the DFSR Database cloning debug log reveals:

ソースファイル:Source file:

icacls d:\test\Source:icacls d:\test\Source:

icacls d:\test\thatcher.png/save out .txt/t thatcher (A;;FA、;、BA) (A;; 0x1200a9;;;DD) (A;; 0x1301bf;;;DU) (A; ID; FA;;;BA (A; ID; FA;;;SY) (A; ID; 0x1200a9;;;BUicacls d:\test\thatcher.png /save out.txt /t thatcher.png D:AI(A;;FA;;;BA)(A;;0x1200a9;;;DD)(A;;0x1301bf;;;DU)(A;ID;FA;;;BA)(A;ID;FA;;;SY)(A;ID;0x1200a9;;;BU)

コピー先ファイル:Destination file:

icacls d:\test\thatcher.png/save out .txt/t thatcher (A;;FA、;、BA) (A;; 0x1301bf;;;DU) (A;; 0x1200a9;;;DD) (A; ID; FA;;;BA (A; ID; FA;;;SY) (A; ID; 0x1200a9;;;BU)S:PAINO_ACCESS_CONTROLicacls d:\test\thatcher.png /save out.txt /t thatcher.png D:AI(A;;FA;;;BA)(A;;0x1301bf;;;DU)(A;;0x1200a9;;;DD)(A;ID;FA;;;BA)(A;ID;FA;;;SY)(A;ID;0x1200a9;;;BU)S:PAINO_ACCESS_CONTROL

DFSR デバッグログ:DFSR Debug Log:

20190308 10:18: 53.116 3948 DBCL 4045 [警告] Dbcl:: IDTableImportUpdate 不一致レコードが見つかりました。20190308 10:18:53.116 3948 DBCL 4045 [WARN] DBClone::IDTableImportUpdate Mismatch record was found.

ローカル ACL ハッシュ: 1BCDFE03-A18BCE01-D1AE9859-23A0A5F6 LastWriteTime: 20190308 18:09: 44.876 FileSizeLow: 1131654 Filesizelow: 0属性:32Local ACL hash:1BCDFE03-A18BCE01-D1AE9859-23A0A5F6 LastWriteTime:20190308 18:09:44.876 FileSizeLow:1131654 FileSizeHigh:0 Attributes:32

複製 ACL ハッシュ:DDC4FCE4-DDF329C4-977CED6D-F4D72A5B lastwritetime: 20190308 18:09: 44.876 FileSizeLow: 1131654 Filesizelow: 0属性:32Clone ACL hash:DDC4FCE4-DDF329C4-977CED6D-F4D72A5B LastWriteTime:20190308 18:09:44.876 FileSizeLow:1131654 FileSizeHigh:0 Attributes:32

この問題は、ストレージ移行サービスがセキュリティ監査 Acl (SACL) を設定するために使用するライブラリのコードの欠陥が原因で発生します。This issue is caused by a code defect in a library used by the Storage Migration Service to set security audit ACLs (SACL). SACL が空のときに、null でない SACL が誤って設定された場合は、DFSR によってハッシュの不一致が正しく識別されます。A non-null SACL is unintentionally set when the SACL was empty, leading DFSR to correctly identify a hash mismatch.

この問題を回避するには、記憶域の移行サービスではなく、 dfsr のプリシードと Dfsr データベースの複製操作で Robocopy を使用し続けます。To workaround this issue, continue using Robocopy for DFSR pre-seeding and DFSR Database cloning operations instead of the Storage Migration Service. この問題について調査しています。これは、Windows Server の新しいバージョンと、場合によっては移植 Windows Update で解決する予定です。We are investigating this issue and intend to resolve this in a later version of Windows Server and possibly a backported Windows Update.

CSV ログをダウンロードするときにエラー404が発生するError 404 when downloading CSV logs

転送操作の終了時に転送ログまたはエラーログをダウンロードしようとすると、次のエラーが表示されます。When attempting to download the transfer or error logs at the end of a transfer operation, you receive error:

$jobname:転送ログ: ajax エラー404$jobname : Transfer log : ajax error 404

このエラーは、orchestrator サーバーで "ファイルとプリンターの共有 (SMB 受信)" ファイアウォール規則を有効にしていない場合に発生します。This error is expected if you have not enabled the "File and Printer Sharing (SMB-In)" firewall rule on the orchestrator server. Windows 管理センターのファイルのダウンロードには、接続されたコンピューターにポート TCP/445 (SMB) が必要です。Windows Admin Center file downloads require port TCP/445 (SMB) on connected computers.

Windows Server 2008 R2 からの転送時に "どのエンドポイントにもストレージを転送できませんでした" というエラーが発生するError "Couldn't transfer storage on any of the endpoints" when transfering from Windows Server 2008 R2

Windows Server 2008 R2 ソースコンピューターからデータを転送しようとすると、データは転送されず、次のエラーが表示されます。When attempting to transfer data from a Windows Server 2008 R2 source computer, no data transfers and you receieve error:

どのエンドポイントでもストレージを転送できませんでした。Couldn't transfer storage on any of the endpoints. 0x90440x9044

このエラーが発生するのは、Windows Server 2008 R2 コンピューターに、Windows Update からの重要な更新プログラムと重要な更新プログラムのすべてが完全にパッチされていない場合です。This error is expected if your Windows Server 2008 R2 computer isn't fully patched with all Critical and Important updates from Windows Update. 記憶域移行サービスに関係なく、Windows Server 2008 R2 コンピューターをセキュリティ上の目的で修正することを常にお勧めします。これは、オペレーティングシステムに新しいバージョンの Windows Server のセキュリティ強化が含まれていないためです。Irrespective of Storage Migration Service, we always recommend patching a Windows Server 2008 R2 computer for security purposes, as that operating system doesn't contain the security improvements of newer versions of Windows Server.

"どのエンドポイントにもストレージを転送できませんでした" というエラーが表示され、[ソースデバイスがオンラインであるかどうかを確認してください。] にアクセスできませんでした。Error "Couldn't transfer storage on any of the endpoints" and "Check if the source device is online - we couldn't access it."

ソースコンピューターからデータを転送しようとすると、一部またはすべての共有が転送されず、概要エラーが発生します。When attempting to transfer data from a source computer, some or all shares do not transfer, with summary error:

どのエンドポイントでもストレージを転送できませんでした。Couldn't transfer storage on any of the endpoints. 0x90440x9044

SMB 転送の詳細を調べると、次のエラーが表示されます。Examining the SMB transfer details shows error:

ソースデバイスがオンラインであるかどうかを確認してください。アクセスできませんでした。Check if the source device is online - we couldn't access it.

StorageMigrationService/Admin イベントログを調べると、次のように表示されます。Examining the StorageMigrationService/Admin event log shows:

ストレージを転送できませんでした。Couldn't transfer storage.

補足Job1 ID (i):Job: Job1 ID:
都道府県:失敗したエラー:36931エラーメッセージ:State: Failed Error: 36931 Error Message:

ガイダンス:詳細なエラーを確認し、転送要件が満たされていることを確認してください。Guidance: Check the detailed error and make sure the transfer requirements are met. 転送ジョブで、移行元と移行先のコンピューターを転送できませんでした。The transfer job couldn't transfer any source and destination computers. これは、orchestrator コンピューターが移行元または移行先のコンピューターにアクセスできなかったか、ファイアウォール規則が原因の可能性があります。または、アクセス許可が不足している可能性があります。This could be because the orchestrator computer couldn't reach any source or destination computers, possibly due to a firewall rule, or missing permissions.

StorageMigrationService/Debug ログを調べると、次のように表示されます。Examining the StorageMigrationService-Proxy/Debug log shows:

07/02/2019-13:35: 57.231 [Erro] 転送の検証に失敗しました。07/02/2019-13:35:57.231 [Erro] Transfer validation failed. ErrorCode40961、ソースエンドポイントに到達できない、または存在しない、または送信元の資格情報が無効である、または認証されたユーザーにアクセスするための十分なアクセス許可がありません。ErrorCode: 40961, Source endpoint is not reachable, or doesn't exist, or source credentials are invalid, or authenticated user doesn't have sufficient permissions to access it. StorageMigration で StorageMigration () を実行します。 TransferRequestHandler には、ProcessRequest (FileTransferRequest fileTransferRequest, Guid operationId) を入力します (FileTransferRequest fileTransferRequest、Guid operationId) [d:\os\src\base\dms\proxy\transfer\transferproxy\TransferRequestHandler.cs::at Microsoft.StorageMigration.Proxy.Service.Transfer.TransferOperation.Validate() at Microsoft.StorageMigration.Proxy.Service.Transfer.TransferRequestHandler.ProcessRequest(FileTransferRequest fileTransferRequest, Guid operationId) [d:\os\src\base\dms\proxy\transfer\transferproxy\TransferRequestHandler.cs::

このエラーは、移行アカウントに SMB 共有に対する少なくとも読み取りアクセス許可がない場合に発生します。This error is expected if your migration account does not have at least Read access permissions to the SMB shares. このエラーを回避するには、移行元コンピューターの SMB 共有にソース移行アカウントを含むセキュリティグループを追加し、読み取り、変更、またはフルコントロールを付与します。To workaround this error, add a security group containing the source migration account to the SMB shares on the source computer and grant it Read, Change, or Full Control. 移行が完了したら、このグループを削除できます。After the migration completes, you can remove this group. Windows Server の将来のリリースでは、ソース共有に対する明示的なアクセス許可が不要になるように、この動作が変更される可能性があります。A future release of Windows Server may change this behavior to no longer require explicit permissions to the source shares.

関連項目See also