記憶域の移行サービスの既知の問題Storage Migration Service known issues

使用する場合、このトピックでは既知の問題に対する回答を含む記憶域の移行サービスサーバーを移行します。This topic contains answers to known issues when using Storage Migration Service to migrate servers.

マイクロソフトのサポートを使用する場合は、ログ ファイルを収集する方法How to collect log files when working with Microsoft Support

記憶域の移行サービスには、Orchestrator サービスとプロキシ サービスのイベント ログが含まれています。The Storage Migration Service contains event logs for the Orchestrator service and the Proxy Service. Urchestrator サーバーは、両方のイベント ログでは、常に含まれています。 とプロキシ サービスがインストールされた移行先サーバーがプロキシ ログを含めることができます。The urchestrator server always contains both event logs, and destination servers with the proxy service installed contain the proxy logs. これらのログは、下にあります。These logs are located under:

  • アプリケーションとサービス ログ \ Microsoft \ Windows \ StorageMigrationServiceApplication and Services Logs \ Microsoft \ Windows \ StorageMigrationService
  • Application and Services Logs \ Microsoft \ Windows \ StorageMigrationService-ProxyApplication and Services Logs \ Microsoft \ Windows \ StorageMigrationService-Proxy

オフラインでこれらのログを収集するために、または Microsoft サポートに送信する必要がある場合は、オープン ソースの PowerShell スクリプトを GitHub で入手できます。If you need to gather these logs for offline viewing or to send to Microsoft Support, there is an open source PowerShell script available on GitHub:

記憶域の移行サービス ヘルパーStorage Migration Service Helper

使用状況のリリース ノートを確認します。Review the README for usage.

記憶域の移行サービスに表示されない Windows Admin Center Windows Server 2019 を管理する場合を除き、Storage Migration Service doesn't show up in Windows Admin Center unless managing Windows Server 2019

Windows Admin Center の 1809 バージョンを使用して、Windows Server 2019 orchestrator の管理、ストレージ サービスの移行ツールのオプションが表示されません。When using the 1809 version of Windows Admin Center to manage a Windows Server 2019 orchestrator, you don't see the tool option for Storage Migration Service.

Windows Admin Center 記憶域の移行サービスの拡張機能は、Windows Server 2019 バージョンは 1809 または以降のオペレーティング システムの管理だけにバージョン バインディングです。The Windows Admin Center Storage Migration Service extension is version-bound to only manage Windows Server 2019 version 1809 or later operating systems. を以前の Windows Server オペレーティング システムまたは insider プレビューの管理に使用する場合、ツールは表示されません。If you use it to manage older Windows Server operating systems or insider previews, the tool will not appear. この動作は仕様による結果です。This behavior is by design.

を解決するには、を使用して、または Windows Server 2019 1809 またはそれ以降のビルドにアップグレードします。To resolve, use or upgrade to Windows Server 2019 build 1809 or later.

記憶域の移行サービスで、カット オーバーに静的 IP を選択することできますしませんStorage Migration Service doesn't let you choose static IP on cutover

0.57 Windows Admin Center での拡張機能のカット オーバーのフェーズに到達する記憶域の移行サービスのバージョンを使用する場合は、静的 IP アドレスを選択することはできません。When using the 0.57 version of the Storage Migration Service extension in Windows Admin Center and you reach the Cutover phase, you cannot select a static IP for an address. DHCP を使用する必要があります。You are forced to use DHCP.

Windows Admin Center では、この問題を解決するのには下を見て設定 > 拡張機能記憶域の移行サービス 0.57.2 更新されたバージョンを示す警告がインストールできるようにします。To resolve this issue, in Windows Admin Center, look under Settings > Extensions for an alert stating that updated version Storage Migration Service 0.57.2 is available to install. Windows 管理センターの [ブラウザー] タブを再起動する必要があります。You may need to restart your browser tab for Windows Admin center.

記憶域の移行サービスのカット オーバーの検証「の展開先コンピューターに、トークン フィルター ポリシーはアクセスが拒否されました」エラーで失敗します。Storage Migration Service cutover validation fails with error "Access is denied for the token filter policy on destination computer"

カット オーバーの検証を実行するときにエラー"が失敗します。アクセスが拒否対象コンピューターで、トークン フィルター ポリシーです。"When running cutover validation, you receive error "Fail: Access is denied for the token filter policy on destination computer." これは、ソースと宛先の両方のコンピューターを適切なローカル管理者の資格情報を指定した場合でも発生します。This occurs even if you provided correct local administrator credentials for both the source and destination computers.

この問題は、Windows Server 2019 でのコードの欠陥によって発生します。This issue is caused by a code defect in Windows Server 2019. 記憶域の移行サービス オーケストレーターとして対象のコンピューターを使用して、問題が発生します。The issue will occur when you are using the destination computer as a Storage Migration Service Orchestrator.

この問題を回避するには、目的のターゲットではない Windows Server 2019 コンピューターで、記憶域の移行サービスをインストール Windows Admin Center でそのサーバーに接続し、移行を実行します。To work around this issue, install the Storage Migration Service on a Windows Server 2019 computer that is not the intended migration destination, then connect to that server with Windows Admin Center and perform the migration.

Windows Server の今後のリリースでこの問題を解決する予定です。We intend to fix this issue in a later release of Windows Server. 使用してサポート ケースを開いてくださいMicrosoft サポートバックポートこの修正プログラムの作成を要求します。Please open a support case via Microsoft Support to request a backport of this fix be created.

記憶域の移行サービスは、Windows Server 2019 Evaluation edition に含まれていません。Storage Migration Service isn't included in Windows Server 2019 Evaluation edition

Windows Admin Center を使用して接続するときに、 Server 2019 評価版の Windows リリース記憶域の移行サービスを管理するオプションはありません。When using Windows Admin Center to connect to a Windows Server 2019 Evaluation release there isn't an option to manage the Storage Migration Service. 記憶域の移行サービスはまた、役割と機能に含まれていません。Storage Migration Service also isn't included in Roles and Features.

この問題は、Windows Server 2019 の評価メディア サービスの問題によって発生します。This issue is caused by a servicing issue in the Evaluation media of Windows Server 2019.

この問題を回避するには、製品版、MSDN、OEM、またはボリューム ライセンスのバージョンの Windows Server 2019 をインストールしてそれをアクティブ化しないでください。To work around this issue, install a retail, MSDN, OEM, or Volume License version of Windows Server 2019 and don't activate it. Windows Server のすべてのエディションは、ライセンス認証を行わず、180 日間評価モードで動作します。Without activation, all editions of Windows Server operate in evaluation mode for 180 days.

Windows Server 2019 の今後のリリースでこの問題を修正しました。We have fixed this issue in a later release of Windows Server 2019.

記憶域の移行サービスがタイムアウトになると、転送エラー CSV のダウンロードStorage Migration Service times out downloading the transfer error CSV

転送操作詳細なエラーのみ CSV ログをダウンロードする Windows Admin Center または PowerShell を使用して、エラーが表示されます。When using Windows Admin Center or PowerShell to download the transfer operations detailed errors-only CSV log, you receive error:

ログの転送 - ファイルの共有は、ファイアウォールの許可を確認してください。Transfer Log - Please check file sharing is allowed in your firewall. :Net.tcp://localhost に送信されたこの要求操作: 28940/sms/service/1/転送は、構成されたタイムアウト内に応答を受信しませんでした (00: 01:00)。: This request operation sent to net.tcp://localhost:28940/sms/service/1/transfer did not receive a reply within the configured timeout (00:01:00). この操作に割り当てられた時間より長いタイムアウト時間の一部であった可能性があります。The time allotted to this operation may have been a portion of a longer timeout. サービスには、操作がまだ処理しているため、またはサービスは応答メッセージを送信することがあります。This may be because the service is still processing the operation or because the service was unable to send a reply message. (チャネル/プロキシを IContextChannel にキャストして OperationTimeout プロパティを設定) して、操作タイムアウトを増やすことを検討し、サービスがクライアントに接続できることを確認してください。Please consider increasing the operation timeout (by casting the channel/proxy to IContextChannel and setting the OperationTimeout property) and ensure that the service is able to connect to the client.

この問題は非常に多くの記憶域の移行サービスで許可されている既定の 1 つ分のタイムアウトでフィルター処理することはできませんが転送されたファイルによって発生します。This issue is caused by an extremely large number of transferred files that cannot be filtered in the default one minute timeout allowed by Storage MIgration Service.

この問題を解決するには。To work around this issue:

  1. Orchestrator コンピューターでは、編集、 %SYSTEMROOT%\SMS\Microsoft.StorageMigration.Service.exe.config Notepad.exe を使用して、既定の 1 分から 10 分に"sendTimeout"を変更するファイルOn the orchestrator computer, edit the %SYSTEMROOT%\SMS\Microsoft.StorageMigration.Service.exe.config file using Notepad.exe to change the "sendTimeout" from its 1 minute default to 10 minutes

      <bindings>
       <netTcpBinding>
         <binding name="NetTcpBindingSms"
                  sendTimeout="00:01:00"
    
  2. Orchestrator コンピューターの「記憶域の移行サービス」サービスを再起動します。Restart the "Storage Migration Service" service on the orchestrator computer.

  3. Orchestrator コンピューターでは、Regedit.exe を起動しますOn the orchestrator computer, start Regedit.exe
  4. 次のレジストリ サブキーを探してクリックします。Locate and then click the following registry subkey:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\\Software\\Microsoft\\SMSPowershell

  5. [編集] メニューの [新規] をポイントして [DWORD 値] をクリックします。On the Edit menu, point to New, and then click DWORD Value.

  6. DWORD の名前を"WcfOperationTimeoutInMinutes"を入力し、ENTER キーを押します。Type "WcfOperationTimeoutInMinutes" for the name of the DWORD, and then press ENTER.
  7. "WcfOperationTimeoutInMinutes"を右クリックし、[変更] をクリックします。Right-click "WcfOperationTimeoutInMinutes", and then click Modify.
  8. 基本データ ボックスで、"Decimal"をクリックします。In the Base data box, click "Decimal"
  9. 値データ ボックスでは、「10」を入力し、ok をクリックします。In the Value data box, type "10", and then click OK.
  10. レジストリ エディターを終了します。Exit Registry Editor.
  11. エラー専用の CSV ファイルを再度ダウンロードしようとしてください。Attempt to download the errors-only CSV file again.

Windows Server 2019 の今後のリリースでは、この動作を変更する予定です。We intend to change this behavior in a later release of Windows Server 2019.

ネットワークの間で移行するときにカット オーバーが失敗します。Cutover fails when migrating between networks

接続先の VM に移行する場合、Azure IaaS インスタンスなど、ソースとは異なるネットワークで実行されているカット オーバーに失敗、ソースは、静的 IP アドレスを使用していたときに完了します。When migrating to a destination VM running in a different network than the source, such as an Azure IaaS instance, cutover fails to complete when the source was using a static IP address.

この動作はユーザー、アプリケーション、および IP アドレスを使用して接続するスクリプトからの移行後の接続の問題を防ぐために、仕様です。This behavior is by design, to prevent connectivity issues after migration from users, applications, and scripts connecting via IP address. IP アドレスを新しい変換先のターゲットに古いソース コンピューターから移動すると、新しいネットワークのサブネットの情報とおそらく DNS と WINS に一致しません。When the IP address is moved from the old source computer to the new destination target, it won't match the new network subnet information and perhaps DNS and WINS.

この問題を回避するには、同じネットワーク上のコンピューターへの移行を実行します。To workaround this issue, perform a migration to a computer on the same network. そのコンピューターを新しいネットワークに移動し、その IP 情報を再割り当てください。Then move that computer to a new network and reassign its IP information. たとえば、Azure IaaS に移行する場合最初、ローカルの VM に移行し、Azure Migrate を使用して、VM を Azure にシフトします。For instance, if migrating to Azure IaaS, first migrate to a local VM, then use Azure Migrate to shift the VM to Azure.

Windows Server 2019 の今後のリリースでこの問題を修正しました。We have fixed this issue in a later release of Windows Server 2019. 移行先サーバーのネットワーク設定を変更しない移行を指定することをできるようになりましたが。We'll now allow you to specify migrations that don't alter the destination server's network settings. 通常の月次更新サイクルの一環として Windows Server 2019 の既存のバージョンに更新プログラムがリリースされます。We may release an update to the existing version of Windows Server 2019 as part of the normal monthly update cycle.

関連項目See also