Windows のブート問題に関する高度なトラブルシューティングAdvanced troubleshooting for Windows boot problems

注意

この記事は、サポート担当者と IT 担当者による使用を目的としています。This article is intended for use by support agents and IT professionals. 回復オプションに関する一般的な情報については、「Windows 10 の回復オプション」をご覧ください。If you're looking for more general information about recovery options, see Recovery options in Windows 10.

要約Summary

Windows ベースのコンピューターで、起動時に問題が発生する理由はいくつか考えられます。There are several reasons why a Windows-based computer may have problems during startup. 起動の問題をトラブルシューティングするには、まず、次のどのフェーズでコンピューターが停止しているかを判断します。To troubleshoot boot problems, first determine in which of the following phases the computer gets stuck:

フェーズPhase ブート プロセスBoot Process BIOSBIOS UEFIUEFI
11 プリブートPreBoot MBR/PBR (ブートストラップ コード)MBR/PBR (Bootstrap Code) UEFI ファームウェアUEFI Firmware
22 Windows ブート マネージャーWindows Boot Manager %SystemDrive%\bootmgr%SystemDrive%\bootmgr \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi\EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
33 Windows OS ローダーWindows OS Loader %SystemRoot%\system32\winload.exe%SystemRoot%\system32\winload.exe %SystemRoot%\system32\winload.efi%SystemRoot%\system32\winload.efi
44 Windows NT OS カーネルWindows NT OS Kernel %SystemRoot%\system32\ntoskrnl.exe%SystemRoot%\system32\ntoskrnl.exe

1. プリブート1. PreBoot

PC のファームウェアは、Power-On Self Test (POST) を開始し、ファームウェア設定を読み込みます。The PC’s firmware initiates a Power-On Self Test (POST) and loads firmware settings. このプリブート プロセスは、有効なシステム ディスクが検出されたときに終了します。This pre-boot process ends when a valid system disk is detected. ファームウェアがマスター ブート レコード (MBR) を読み取り、Windows ブート マネージャーを起動します。Firmware reads the master boot record (MBR), and then starts Windows Boot Manager.

2. Windows ブート マネージャー2. Windows Boot Manager

Windows ブート マネージャーは、Windows ブート パーティションで Windows ローダー (Winload.exe) を見つけて起動します。Windows Boot Manager finds and starts the Windows loader (Winload.exe) on the Windows boot partition.

3. Windows オペレーティング システム ローダー3. Windows operating system loader

Windows カーネルを起動するために必要な重要なドライバーが読み込まれ、カーネルの実行が開始されます。Essential drivers required to start the Windows kernel are loaded and the kernel starts to run.

4. Windows NT OS カーネル4. Windows NT OS Kernel

カーネルは、システム レジストリ ハイブと、BOOT_START とマークされた追加のドライバーをメモリに読み込みます。The kernel loads into memory the system registry hive and additional drivers that are marked as BOOT_START.

カーネルは、システム セッションを初期化するセッション マネージャー プロセス (Smss.exe) に制御を渡し、BOOT_START とマークされていないデバイスとドライバーを読み込んで起動します。The kernel passes control to the session manager process (Smss.exe) which initializes the system session, and loads and starts the devices and drivers that are not marked BOOT_START.

次に、ブート シーケンスの概要、ディスプレイに表示される内容、シーケンス内のその時点での一般的なブートの問題について説明します。Here is a summary of the boot sequence, what will be seen on the display, and typical boot problems at that point in the sequence. トラブルシューティングを開始する前に、ブート プロセスの概要と表示状態を理解し、エンゲージメントの開始時に問題が適切に識別されるようにする必要があります。Before starting troubleshooting, you have to understand the outline of the boot process and display status to ensure that the issue is properly identified at the beginning of the engagement.

ブート シーケンスのフローチャートのサムネイル
クリックして拡大Click to enlarge

各フェーズでは、トラブルシューティングの方法が異なります。Each phase has a different approach to troubleshooting. この記事では、最初の 3 つのフェーズで発生する問題のトラブルシューティング手法について説明します。This article provides troubleshooting techniques for problems that occur during the first three phases.

注意

コンピューターが回復オプションを繰り返し起動する場合は、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行してサイクルを中断します。If the computer repeatedly boots to the recovery options, run the following command at a command prompt to break the cycle:

Bcdedit /set {default} recoveryenabled no

F8 キーのオプションが機能しない場合は、次のコマンドを実行します。If the F8 options don't work, run the following command:

Bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy

BIOS フェーズBIOS phase

システムが BIOS フェーズに合格したかどうかを確認するには、次の手順を実行します。To determine whether the system has passed the BIOS phase, follow these steps:

  1. コンピューターに接続されている外部周辺機器がある場合は、それらを取り外します。If there are any external peripherals connected to the computer, disconnect them.
  2. 物理コンピューターのハード ディスク ドライブのライトが機能しているかどうかを確認します。Check whether the hard disk drive light on the physical computer is working. 機能していない場合は、起動プロセスが BIOS フェーズで停止していることを示します。If it is not working, this indicates that the startup process is stuck at the BIOS phase.
  3. NumLock キーを押して、インジケーター ライトのオンとオフが切り替わるかどうかを確認します。Press the NumLock key to see whether the indicator light toggles on and off. 切り替わらない場合は、起動プロセスが BIOS で停止していることを示します。If it does not, this indicates that the startup process is stuck at BIOS.

BIOS フェーズでシステムが停止している場合は、ハードウェアに問題がある可能性があります。If the system is stuck at the BIOS phase, there may be a hardware problem.

ブート ローダー フェーズBoot loader phase

黒い画面にカーソルだけが点滅している場合、または次のいずれかのエラー コードが表示される場合は、ブート プロセスがブート ローダー フェーズで停止していることを示します。If the screen is completely black except for a blinking cursor, or if you receive one of the following error codes, this indicates that the boot process is stuck in the Boot Loader phase:

  • ブート構成データ (BCD) が見つからないか破損しているBoot Configuration Data (BCD) missing or corrupted
  • ブート ファイルまたは MBR が破損しているBoot file or MBR corrupted
  • オペレーティング システムが見つからないOperating system Missing
  • ブート セクターが見つからないか破損しているBoot sector missing or corrupted
  • Bootmgr が見つからないか破損しているBootmgr missing or corrupted
  • システム ハイブが見つからないか破損しているため起動できないUnable to boot due to system hive missing or corrupted

この問題のトラブルシューティングを行うには、Windows インストール メディアを使用してコンピューターを起動し、Shift + F10 キーを押してコマンド プロンプトを表示し、次のいずれかの方法を使用します。To troubleshoot this problem, use Windows installation media to start the computer, press Shift+F10 for a command prompt, and then use any of the following methods.

方法 1: スタートアップ修復ツールMethod 1: Startup Repair tool

スタートアップ修復ツールは、多くの一般的な問題を自動的に修正します。The Startup Repair tool automatically fixes many common problems. また、このツールを使用すると、より複雑なスタートアップの問題をすばやく診断して修復できます。The tool also lets you quickly diagnose and repair more complex startup problems. コンピューターでスタートアップの問題が検出されると、スタートアップ修復ツールが起動します。When the computer detects a startup problem, the computer starts the Startup Repair tool. ツールが起動すると、診断が実行されます。When the tool starts, it performs diagnostics. これらの診断には、スタートアップ ログ ファイルの分析による問題の原因の特定が含まれます。These diagnostics include analyzing startup log files to determine the cause of the problem. スタートアップ修復ツールによって原因が特定されると、ツールは自動的に問題の修正を試みます。When the Startup Repair tool determines the cause, the tool tries to fix the problem automatically.

これを行うには、次の手順に従います。To do this, follow these steps.

注意

WinRE を起動するその他の方法については、「Windows 回復環境 (Windows RE)」を参照してください。For additional methods to start WinRE, see Windows Recovery Environment (Windows RE).

  1. インストールされているバージョンの Windows のインストール メディアでシステムを起動します。Start the system to the installation media for the installed version of Windows. 詳しくは、「Windows 用のインストール メディアの作成」を参照してください。For more information, see Create installation media for Windows.

  2. [Windows のインストール] 画面で、[次へ] > [コンピューターの修復] の順に選びます。On the Install Windows screen, select Next > Repair your computer.

  3. [システム回復オプション] 画面で、[次へ] > [コマンド プロンプト] の順に選びます。On the System Recovery Options screen, select Next > Command Prompt.

  4. スタートアップ修復が終了したら、[ シャットダウン] を選び、続いて PC の電源を入れて Windows が正常に起動するかどうかを確認します。After Startup Repair, select Shutdown, then turn on your PC to see if Windows can boot properly.

スタートアップ修復ツールを使用すると、起動時の問題と修復を理解するのに役立つログ ファイルが生成されます。The Startup Repair tool generates a log file to help you understand the startup problems and the repairs that were made. ログ ファイルは、次の場所で確認できます。You can find the log file in the following location:

%windir%\System32\LogFiles\Srt\Srttrail.txt%windir%\System32\LogFiles\Srt\Srttrail.txt

詳しくは、「STOP エラーが発生したか、Windows Vista または windows 7 を起動しようとしたときにコンピューターが応答を停止する」を参照してくださいFor more information see, A Stop error occurs, or the computer stops responding when you try to start Windows Vista or Windows 7

方法 2: ブート コードを修復するMethod 2: Repair Boot Codes

ブート コードを修復するには、次のコマンドを実行します。To repair boot codes, run the following command:

BOOTREC /FIXMBR

ブート セクターを修復するには、次のコマンドを実行します。To repair the boot sector, run the following command:

BOOTREC /FIXBOOT

注意

BOOTRECFixmbr を同時に実行すると、マスター ブート コードだけが上書きされます。Running BOOTREC together with Fixmbr overwrites only the master boot code. MBR の破損がパーティション テーブルに影響を与える場合、Fixmbr を実行しても問題が解決しない可能性があります。If the corruption in the MBR affects the partition table, running Fixmbr may not fix the problem.

方法 3: BCD エラーを修正するMethod 3: Fix BCD errors

BCD 関連のエラーが表示された場合は、次の手順を実行します。If you receive BCD-related errors, follow these steps:

  1. インストール済みのすべてのシステムをスキャンします。Scan for all the systems that are installed. これを行うには、次のコマンドを実行します。To do this, run the following command:

    Bootrec /ScanOS
    
  2. コンピューターを再起動して、問題が修正されているかどうかを確認します。Restart the computer to check whether the problem is fixed.

  3. 問題が解決しない場合は、次のコマンドを実行します。If the problem is not fixed, run the following command:

    Bootrec /rebuildbcd
    
  4. 次のいずれかの出力が表示される場合があります。You might receive one of the following outputs:

    Scanning all disks for Windows installations. Please wait, since this may take a while ...
    Successfully scanned Windows installations. Total identified Windows installations: 0
    The operation completed successfully.
    
    Scanning all disks for Windows installations. Please wait, since this may take a while ...
    Successfully scanned Windows installations. Total identified Windows installations: 1
    D:\Windows  
    Add installation to boot list? Yes/No/All:
    

出力に "windows installation: 0" と表示される場合は、次のコマンドを実行します。If the output shows windows installation: 0, run the following commands:

bcdedit /export c:\bcdbackup

attrib c:\\boot\\bcd -r –s -h

ren c:\\boot\\bcd bcd.old

bootrec /rebuildbcd

コマンドを実行すると、次の出力が表示されます。After you run the command, you receive the following output:

Scanning all disks for Windows installations. Please wait, since this may take a while ...
Successfully scanned Windows installations. Total identified Windows installations: 1
{D}:\Windows
Add installation to boot list? Yes/No/All: Y
  1. システムを再起動してみてください。Try restarting the system.

方法 4: Bootmgr を置き換えるMethod 4: Replace Bootmgr

方法 1、2、3 で問題が解決しない場合は、Bootmgr ファイルを C ドライブからシステム予約されたパーティションに置き換えます。If methods 1, 2 and 3 do not fix the problem, replace the Bootmgr file from drive C to the System Reserved partition. これを行うには、次の手順を実行します。To do this, follow these steps:

  1. コマンド プロンプトで、ディレクトリをシステムで予約済みのパーティションに変更します。At a command prompt, change the directory to the System Reserved partition.

  2. attrib コマンドを実行してファイルを再表示します。Run the attrib command to unhide the file:

    attrib -r -s -h
    
  3. Windows (システム ドライブ) で同じ attrib コマンドを実行します。Run the same attrib command on the Windows (system drive):

    attrib -r -s -h
    
  4. Bootmgr ファイルの名前を "Bootmgr.old" に変更します。Rename the Bootmgr file as Bootmgr.old:

    ren c:\bootmgr bootmgr.old
    
  5. システム ドライブに移動します。Navigate to the system drive.

  6. Bootmgr ファイルをコピーし、システムで予約済みのパーティションに貼り付けます。Copy the Bootmgr file, and then paste it to the System Reserved partition.

  7. コンピューターを再起動します。Restart the computer.

方法 5: システム ハイブを復元するMethod 5: Restore System Hive

Windows がシステム レジストリ ハイブをメモリに読み込めない場合は、システム ハイブを復元する必要があります。If Windows cannot load the system registry hive into memory, you must restore the system hive. これを行うには、Windows 回復環境を使用するか、システム修復ディスク (ERD) を使用して C:\Windows\System32\config\RegBack から C:\Windows\System32\config にファイルをコピーします。To do this, use the Windows Recovery Environment or use Emergency Repair Disk (ERD) to copy the files from the C:\Windows\System32\config\RegBack to C:\Windows\System32\config.

問題が解決しない場合は、システム状態のバックアップを別の場所に復元してから、置き換えるレジストリ ハイブを取得できます。If the problem persists, you may want to restore the system state backup to an alternative location, and then retrieve the registry hives to be replaced.

注意

Windows 10 バージョン 1803 以降では、Windows はシステム レジストリを RegBack フォルダーに自動的にバックアップしなくなりました。この変更は仕様によるものであり、Windows の全体的なディスク使用量を削減することを目的としています。Starting in Windows 10, version 1803, Windows no longer automatically backs up the system registry to the RegBack folder.This change is by design, and is intended to help reduce the overall disk footprint size of Windows. レジストリ ハイブが破損しているシステムを回復するには、システムの復元ポイントを使用することをお勧めします。To recover a system with a corrupt registry hive, Microsoft recommends that you use a system restore point. 詳細については、この記事を参照してください。For more details, check this article.

カーネル フェーズKernel Phase

システムがカーネル フェーズ中に停止した場合は、複数の現象が発生するか、複数のエラー メッセージが表示されます。If the system gets stuck during the kernel phase, you experience multiple symptoms or receive multiple error messages. これには以下が含まれますが、これらに限定されるものではありません。These include, but are not limited to, the following:

これらの問題のトラブルシューティングを行うには、次の回復ブート オプションを一度に 1 つずつ試してください。To troubleshoot these problems, try the following recovery boot options one at a time.

シナリオ 1: セーフ モードまたは前回正常起動時の構成でコンピューターを起動するScenario 1: Try to start the computer in Safe mode or Last Known Good Configuration

[詳細ブート オプション] 画面で、セーフ モード、または セーフ モードとネットワークでコンピューターを起動します。On the Advanced Boot Options screen, try to start the computer in Safe Mode or Safe Mode with Networking. これらのオプションのどちらかが機能する場合は、イベント ビューアーを使用して、起動の問題の原因を特定して診断します。If either of these options works, use Event Viewer to help identify and diagnose the cause of the boot problem. イベント ログに記録されているイベントを表示するには、次の手順を実行します。To view events that are recorded in the event logs, follow these steps:

  1. 次のいずれかの方法を使用して、イベント ビューアーを開きます。Use one of the following methods to open Event Viewer:

    • [スタート] をクリックし、[管理ツール] をポイントして [イベント ビューアー] をクリックします。Click Start, point to Administrative Tools, and then click Event Viewer.

    • Microsoft 管理コンソール (MMC) でイベント ビューアー スナップインを開始します。Start the Event Viewer snap-in in Microsoft Management Console (MMC).

  2. コンソール ツリーで、[イベント ビューアー] を展開し、表示するログをクリックします。In the console tree, expand Event Viewer, and then click the log that you want to view. たとえば、[システム ログ] または [アプリケーション ログ] をクリックします。For example, click System log or Application log.

  3. 詳細ウィンドウで、表示するイベントをダブルクリックします。In the details pane, double-click the event that you want to view.

  4. [編集] メニューの [コピー] をクリックし、イベントを貼り付けるプログラムで新しいドキュメント (Microsoft Word など) を開き、[貼り付け] をクリックします。On the Edit menu, click Copy, open a new document in the program in which you want to paste the event (for example, Microsoft Word), and then click Paste.

  5. 上方向キーまたは下方向キーを使用して、前または次のイベントの説明を表示します。Use the Up Arrow or Down Arrow key to view the description of the previous or next event.

クリーン ブートClean boot

サービスに影響する問題のトラブルシューティングを行うには、システム構成 (msconfig) を使用してクリーン ブートを実行します。To troubleshoot problems that affect services, do a clean boot by using System Configuration (msconfig). [スタートアップのオプションを選択] を選び、サービスを 1 つずつテストして、問題の原因となっているサービスを特定します。Select Selective startup to test the services one at a time to determine which one is causing the problem. 原因が見つからない場合は、システム サービスを含めて試してください。If you cannot find the cause, try including system services. ただし、ほとんどの場合、問題のあるサービスはサードパーティです。However, in most cases, the problematic service is third-party.

エラーが検出されたサービスを無効にし、[通常スタートアップ] を選んでコンピューターを再起動します。Disable any service that you find to be faulty, and try to start the computer again by selecting Normal startup.

詳しい手順については、「Windows でクリーン ブートを実行する方法」を参照してください。For detailed instructions, see How to perform a clean boot in Windows.

コンピューターがドライバー署名の無効化モードで起動する場合は、コンピューターを "ドライバー署名の強制を無効にする" モードで起動し、次の記事に記載されている手順に従って、ドライバー署名の強制が必要なドライバーまたはファイルを特定します: 「ドライバー署名がないために発生するブート問題のトラブルシューティング (x64)If the computer starts in Disable Driver Signature mode, start the computer in Disable Driver Signature Enforcement mode, and then follow the steps that are documented in the following article to determine which drivers or files require driver signature enforcement: Troubleshooting boot problem caused by missing driver signature (x64)

注意

コンピューターがドメイン コントローラーの場合は、ディレクトリ サービス復元モード (DSRM) を試してください。If the computer is a domain controller, try Directory Services Restore mode (DSRM).

この方法は、STOP エラー "0xC00002E1" または "0xC00002E2" が発生した場合の重要な手順です。This method is an important step if you encounter Stop error "0xC00002E1" or "0xC00002E2"

Examples

警告

レジストリ エディターなどを使用してレジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生する場合があります。Serious problems might occur if you modify the registry incorrectly by using Registry Editor or by using another method. このような問題では、オペレーティング システムの再インストールが必要になることもあります。These problems might require that you reinstall the operating system. Microsoft では、このような問題の解決に関しては保証できません。Microsoft cannot guarantee that these problems can be solved. レジストリの変更は各自の責任で行ってください。Modify the registry at your own risk.

エラー コード INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE (STOP 0x7B)Error code INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE (STOP 0x7B)

この STOP エラーのトラブルシューティングを行うには、次の手順に従ってドライバーをフィルター処理します。To troubleshoot this Stop error, follow these steps to filter the drivers:

  1. システムの ISO ディスクをディスク ドライブに挿入して、Windows 回復環境 (WinRE) に移動します。Go to Window Recovery Environment (WinRE) by putting an ISO disk of the system in the disk drive. ISO は、同じバージョンの Windows またはそれ以降のバージョンである必要があります。The ISO should be of same version of Windows or a later version.

  2. レジストリを開きます。Open the registry.

  3. システム ハイブを読み込み、"test" という名前を付けます。Load the system hive, and name it as "test."

  4. 次のレジストリ サブキーで、Microsoft 以外のドライバーの下位フィルター項目と上位フィルター項目を確認します。Under the following registry subkey, check for lower filter and upper filter items for Non-Microsoft Drivers:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\ClassHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\Class

  5. 特定したサードパーティのドライバーごとに、上位または下位のフィルターをクリックし、値データを削除します。For each third-party driver that you locate, click the upper or lower filter, and then delete the value data.

  6. レジストリ全体で類似のアイテムを探します。Search through the whole registry for similar items. 適切な手順を実行し、レジストリ ハイブをアンロードします。Process as an appropriate, and then unload the registry hive.

  7. サーバーを通常モードで再起動します。Restart the server in Normal mode.

その他のトラブルシューティング手順については、次の記事を参照してください。For additional troubleshooting steps, see the following articles:

Windows 更新プログラムのインストール後に発生する問題を解決するには、次の手順を実行して、保留中の更新プログラムを確認します。To fix problems that occur after you install Windows updates, check for pending updates by using these steps:

  1. WinRE でコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Open a Command Prompt window in WinRE.

  2. 次のコマンドを実行します。Run the command:

    DISM /image:C:\ /get-packages
    
  3. 保留中の更新プログラムがある場合は、次のコマンドを実行してアンインストールします。If there are any pending updates, uninstall them by running the following commands:

    DISM /image:C:\ /remove-package /packagename: name of the package
    
    DISM /Image:C:\ /Cleanup-Image /RevertPendingActions
    

コンピューターを起動してみます。Try to start the computer.

コンピューターが起動しない場合は、次の手順を実行します。If the computer does not start, follow these steps:

  1. WinRE でコマンド プロンプト ウィンドウを開き、メモ帳などのテキスト エディターを起動します。Open A Command Prompt window in WinRE, and start a text editor, such as Notepad.

  2. システム ドライブに移動し、windows\winsxs\pending.xml を探します。Navigate to the system drive, and search for windows\winsxs\pending.xml.

  3. Pending.xml ファイルが見つかった場合は、ファイル名を Pending.xml.old に変更します。If the Pending.xml file is found, rename the file as Pending.xml.old.

  4. レジストリを開き、テストとして HKEY_LOCAL_MACHINE にコンポーネント ハイブを読み込みます。Open the registry, and then load the component hive in HKEY_LOCAL_MACHINE as a test.

  5. 読み込まれたテスト ハイブを強調表示し、pendingxmlidentifier 値を探します。Highlight the loaded test hive, and then search for the pendingxmlidentifier value.

  6. pendingxmlidentifier 値が存在する場合は、値を削除します。If the pendingxmlidentifier value exists, delete the value.

  7. テスト ハイブをアンロードします。Unload the test hive.

  8. システム ハイブを読み込み、"test" という名前を付けます。Load the system hive, name it as "test".

  9. 次のサブキーに移動します。Navigate to the following subkey:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\TrustedInstallerHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\TrustedInstaller

  10. 開始値を 1 から 4 に変更します。Change the Start value from 1 to 4

  11. ハイブをアンロードします。Unload the hive.

  12. コンピューターを起動してみます。Try to start the computer.

STOP エラーがスタートアップ プロセスの後半で発生した場合、または STOP エラーがまだ生成されている場合は、メモリ ダンプをキャプチャできます。If the Stop error occurs late in the startup process, or if the Stop error is still being generated, you can capture a memory dump. 適切なメモリ ダンプは、STOP エラーの根本原因を特定するのに役立ちます。A good memory dump can help determine the root cause of the Stop error. 詳細については、次の記事を参照してください。For details, see the following articles:

Windows 10 または Windows Server 2016 でのページ ファイルの問題の詳細については、以下を参照してください。For more information about page file problems in Windows 10 or Windows Server 2016, see the following:

STOP エラーの詳細については、次のサポート技術情報の記事を参照してください。For more information about Stop errors, see the following Knowledge Base article:

ドライバーに関連するエラーがダンプ ファイルに表示される場合 (たとえば、windows\system32\drivers\stcvsm.sys が見つからないか破損している場合) は、次のガイドラインに従います。If the dump file shows an error that is related to a driver (for example, windows\system32\drivers\stcvsm.sys is missing or corrupted), follow these guidelines:

  • ドライバーによって提供される機能を確認します。Check the functionality that is provided by the driver. ドライバーがサードパーティのブート ドライバーである場合は、その動作を理解していることを確認してください。If the driver is a third-party boot driver, make sure that you understand what it does.

  • ドライバーが重要なものではなく、依存関係がない場合は、システム ハイブを読み込み、ドライバーを無効にします。If the driver is not important and has no dependencies, load the system hive, and then disable the driver.

  • STOP エラーがシステム ファイルの破損を示している場合は、オフライン モードでシステム ファイル チェックを実行します。If the stop error indicates system file corruption, run the system file checker in offline mode.

    • これを行うには、WinRE を開き、コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。To do this, open WinRE, open a command prompt, and then run the following command:

      SFC /Scannow /OffBootDir=C:\ /OffWinDir=E:\Windows
      

      詳細については、「システム ファイル チェッカー (SFC) を使って問題を修正する」を参照してください。For more information, see Using System File Checker (SFC) To Fix Issues

    • ディスクが破損している場合は、次のチェック ディスク コマンドを実行します。If there is disk corruption, run the check disk command:

      chkdsk /f /r
      
    • STOP エラーが一般的なレジストリの破損を示している場合、または新しいドライバーまたはサービスがインストールされたと思われる場合は、次の手順を実行します。If the Stop error indicates general registry corruption, or if you believe that new drivers or services were installed, follow these steps:

      1. WinRE を起動し、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Start WinRE, and open a Command Prompt window.
      2. メモ帳などのテキスト エディターを起動します。Start a text editor, such as Notepad.
      3. C:\Windows\System32\Config\ に移動します。Navigate to C:\Windows\System32\Config.
      4. 名前に ".old" を追加して、5 つのハイブの名前を変更します。Rename the all five hives by appending ".old" to the name.
      5. Regback フォルダーからすべてのハイブをコピーし、Config フォルダーに貼り付け、コンピューターを通常モードで起動します。Copy all the hives from the Regback folder, paste them in the Config folder, and then try to start the computer in Normal mode.

注意

Windows 10 バージョン 1803 以降では、Windows はシステム レジストリを RegBack フォルダーに自動的にバックアップしなくなりました。この変更は仕様によるものであり、Windows の全体的なディスク使用量を削減することを目的としています。Starting in Windows 10, version 1803, Windows no longer automatically backs up the system registry to the RegBack folder.This change is by design, and is intended to help reduce the overall disk footprint size of Windows. レジストリ ハイブが破損しているシステムを回復するには、システムの復元ポイントを使用することをお勧めします。To recover a system with a corrupt registry hive, Microsoft recommends that you use a system restore point. 詳細については、この記事を参照してください。For more details, check this article.