Unity での手と視点の追跡Articulated Hand and Eye Tracking in Unity

HoloLens 2 では、左手や視線の追跡など、いくつかの新機能と魅力的な機能が導入されました。HoloLens 2 has introduced some new and exciting capabilities, such as Articulated Hand and Eye Tracking.

Unity の新機能を利用する最も簡単な方法は、MRTK v2 を使用することです。The easiest way to leverage the new capability in Unity is through MRTK v2. また、使用を開始する際に役立ついくつかのシーンもあります。There are also some example scenes to help you get started.

MRTK v2 での手や目などをサポートするビルディングブロックBuilding Blocks supporting Hands, eyes and others in MRTK v2

MRTK v2 には、開発を高速化するために役立つ一連の UI コントロールと構成要素が用意されています。MRTK v2 provides a set of UI Controls and building blocks to help you accelerate your development.

 ボタンボタンButton Button  境界ボックス境界ボックスBounding Box Bounding Box  操作ハンドラー操作ハンドラーManipulation Handler Manipulation Handler
HoloLens2's を含むさまざまな入力メソッドをサポートするボタンコントロールA button control which supports various input methods including HoloLens2's articulated hand 3D 空間内のオブジェクトを操作するための標準 UIStandard UI for manipulating objects in 3D space 1人または2人の手でオブジェクトを操作するためのスクリプトScript for manipulating objects with one or two hands
 スレートスレートSlate Slate  システムキーボードシステムキーボードSystem Keyboard System Keyboard  対話型対話型Interactable Interactable
入力によるスクロールをサポートする2D スタイルプレーン2D style plane which supports scrolling with articulated hand input Unity でシステムキーボードを使用するサンプルスクリプトExample script of using the system keyboard in Unity 視覚的な状態とテーマのサポートを使用してオブジェクトを対話型するためのスクリプトA script for making objects interactable with visual states and theme support
 ソルバー ソルバーSolver Solver  オブジェクトコレクションオブジェクトコレクションObject Collection Object Collection  ツールヒントのツールヒントTooltip Tooltip
タグに沿って、本文ロック、定数ビューサイズ、表面吸着などのさまざまなオブジェクトの配置動作Various object positioning behaviors such as tag-along, body-lock, constant view size and surface magnetism 3次元図形内のオブジェクトの配列をレイアウトするためのスクリプトScript for lay out an array of objects in a three-dimensional shape フレキシブルアンカー/ピボットシステムを使用した注釈 UI。モーションコントローラーとオブジェクトのラベル付けに使用できます。Annotation UI with flexible anchor/pivot system, which can be used for labeling motion controllers and object.
 アプリバー アプリバーApp Bar App Bar  ポインター ポインターPointers Pointers  指先ビジュアライゼーション指先の視覚化Fingertip Visualization Fingertip Visualization
境界ボックスの手動アクティブ化の UIUI for Bounding Box's manual activation さまざまな種類のポインターについてLearn about various types of pointers 指先での Visual affordance による直接的な相互作用の信頼性の向上Visual affordance on the fingertip, which improves the confidence for the direct interaction
 視線追跡: ターゲット選択視点の追跡: ターゲットの選択Eye Tracking: Target Selection Eye Tracking: Target Selection  目の追跡: ナビゲーションの監視: ナビゲーションEye Tracking: Navigation Eye Tracking: Navigation  目の追跡: ヒートマップ視線追跡: ヒートマップEye Tracking: Heat Map Eye Tracking: Heat Map
視点、音声、手入力を組み合わせてシーン全体のホログラムをすばやく簡単に選択するCombine eyes, voice and hand input to quickly and effortlessly select holograms across your scene 表示内容に基づいて、テキストを自動的にスクロールするか、フォーカスされているコンテンツにズームする方法について説明します。Learn how to auto scroll text or fluently zoom into focused content based on what you are looking at アプリに表示されているユーザーのログ記録、読み込み、視覚化の例Examples for logging, loading and visualizing what users have been looking at in your app

シーンの例Example Scenes

このシーンの例では、MRTK のさまざまな種類の相互作用と UI コントロールについて説明します。Explore MRTK's various types of interactions and UI controls in this example scene.

その他の例については、「 Assets/MixedRealityToolkit/デモ フォルダー」にある Mixed Reality Toolkit GitHubを参照してください。You can find other example scenes in Mixed Reality Toolkit GitHub under Assets/MixedRealityToolkit.Examples/Demos folder.

シーンの例Example Scene

次の開発チェックポイントNext Development Checkpoint

私たちが用意した Unity 開発チェックポイント体験に従っている場合、読者は MRTK コア構成要素を探索している段階にいます。If you're following the Unity development checkpoint journey we've laid out, you're in the midst of exploring the MRTK core building blocks. ここから、次の構成要素に進むことができます。From here, you can proceed to the next building block:

または、Mixed Reality プラットフォームの機能と API に移動します。Or jump to Mixed Reality platform capabilities and APIs:

いつでも Unity 開発チェックポイントに戻ることができます。You can always go back to the Unity development checkpoints at any time.

関連項目See also