Mixed reality とはWhat is mixed reality?

Mixed reality は、物理的な世界とデジタルの世界をブレンドした結果です。Mixed reality is the result of blending the physical world with the digital world. Mixed reality は、人間、コンピューター、および環境の相互作用における次の進化であり、現在の夢見るに制限されている可能性があります。Mixed reality is the next evolution in human, computer, and environment interaction and unlocks possibilities that before now were restricted to our imaginations. これは、コンピュータービジョン、グラフィカル処理能力、表示テクノロジ、および入力システムの機能強化によって可能になります。It is made possible by advancements in computer vision, graphical processing power, display technology, and input systems. Mixed realityという用語は、当初、Paul ミルグラムと Fumio Kishino によって1994のホワイトペーパーに導入されました。The term mixed reality was originally introduced in a 1994 paper by Paul Milgram and Fumio Kishino, "A Taxonomy of Mixed Reality Visual Displays." このホワイトペーパーでは、 virtuality 連続性の概念を紹介し、分類の分類がどのように表示されるかに焦点を絞っています。Their paper introduced the concept of the virtuality continuum, and focused on how the categorization of taxonomy applied to displays. そのため、混合現実のアプリケーションは表示されません。Since then, the application of mixed reality goes beyond displays. また、環境の入力、空間サウンド、場所も含まれます。It also includes environmental input, spatial sound, and location.

環境の入力と認識Environmental input and perception

コンピューター、人間、および環境間の相互作用を示すベン図

過去数年にわたり、人間とコンピューターの両方の入力の関係が十分に調査されました。Over the past several decades, the relationship between human and computer input has been well explored. また、人間のコンピューターの操作や HCI と呼ばれる、広く研究されている分野もあります。It even has a widely studied discipline known as human computer interaction or HCI. 人間の入力は、キーボード、マウス、タッチ、インク、音声、さらには Kinect の骨格追跡など、さまざまな方法で行われます。Human input happens through a variety of means, including keyboards, mice, touch, ink, voice, and even Kinect skeletal tracking.

センサーと処理の進歩は、環境からのコンピューター入力の新しい領域に大きくなります。Advancements in sensors and processing are giving rise to a new area of computer input from environments. コンピューターと環境の間の相互作用は、実質的には環境の理解または認識です。The interaction between computers and environments is effectively environmental understanding or perception. そのため、環境情報を公開する Windows の API 名は、認識 apiと呼ばれます。Hence the API names in Windows that reveal environmental information are called the perception APIs. 環境入力では、世界中のユーザーの位置 (ヘッドトラッキングなど)、表面と境界 (空間マッピング空間の理解など)、アンビエント照明、環境サウンド、オブジェクトなどがキャプチャされます。認識と場所。Environmental input captures things like a person's position in the world (e.g. head tracking), surfaces and boundaries (e.g. spatial mapping and spatial understanding), ambient lighting, environmental sound, object recognition, and location.

ここで、3つのコンピューターの処理、人間による入力、および環境入力のすべてを組み合わせて、真の mixed reality エクスペリエンスを作成する機会を設定します。Now, the combination of all three--computer processing, human input, and environmental input--sets the opportunity to create true mixed reality experiences. 物理的な世界への移動は、デジタル世界での動きにつながる可能性があります。Movement through the physical world can translate to movement in the digital world. 物理的な世界の境界は、デジタル環境でのゲームプレイなどのアプリケーションエクスペリエンスに影響を与える可能性があります。Boundaries in the physical world can influence application experiences, such as game play, in the digital world. 環境情報を入力しないと、経験によって物理的な現実とデジタルの現実とを組み合わせることはできません。Without environmental input, experiences cannot blend between physical and digital realities.

混合現実のスペクトラムThe mixed reality spectrum

Mixed reality は物理的な世界とデジタルの両方の面を融合しているため、これらの2つの現実は、virtuality の連続性と呼ばれるスペクトルの極端を定義しています。Since mixed reality blends both physical and digital worlds, these two realities define the polar ends of a spectrum known as the virtuality continuum. わかりやすくするために、これを混合現実のスペクトラムと呼びます。For simplicity, we refer to this as the mixed reality spectrum. 左側には、人間が存在する物理的な現実があります。右側には、対応するデジタル現実があります。On the left-hand side we have physical reality in which we, humans, exist; on the right-hand side we have the corresponding digital reality.


現在市場にあるほとんどの携帯電話では、環境を理解する機能はほとんどありません。Most mobile phones on the market today have little to no environmental understanding capabilities. そのため、これらのエクスペリエンスでは、物理的な現実とデジタルの現実を混在させることはできません。Thus the experiences they offer cannot mix between physical and digital realities. 物理的な世界のビデオストリームにグラフィックスを重ね合わせるというエクスペリエンスが、現実に拡張されています。The experiences that overlay graphics on video streams of the physical world are augmented reality. デジタルエクスペリエンスを提供するためにビューを occlude するエクスペリエンスは、仮想現実です。The experiences that occlude your view to present a digital experience are virtual reality. ご覧のように、これら2つの極端な間で有効になっているエクスペリエンスはmixed realityです。As you can see, the experiences enabled between these two extremes is mixed reality:

  • 物理的な世界から、ホログラムなどのデジタルオブジェクトを実際に存在しているかのように配置します。Starting with the physical world, placing a digital object, such as a hologram, as if it was really there.
  • 物理的な世界から、別の人のデジタル表現 (アバター) を使用して、ノートを離れるときの場所を示しています。Starting with the physical world, a digital representation of another person--an avatar--shows the location where they were standing when leaving notes. つまり、さまざまな時点での非同期コラボレーションを表すエクスペリエンスです。In other words, experiences that represent asynchronous collaboration at different points in time.
  • デジタル環境では、壁や家具など、物理的な世界の物理的な境界は、ユーザーが物理的なオブジェクトを回避するのに役立つように、エクスペリエンス内にデジタルで表示されます。Starting with a digital world, physical boundaries from the physical world, such as walls and furniture, appear digitally within the experience to help users avoid physical objects.

混合現実のスペクトラム

現在利用可能なほとんどの拡張現実および仮想現実のオファリングは、この範囲のごく一部を表しています。Most augmented reality and virtual reality offerings available today represent a very small part of this spectrum. ただし、より大きな混合現実の範囲のサブセットです。They are, however, subsets of the larger mixed reality spectrum. Windows 10 は、すべての点を念頭に置いて構築されており、人間、場所、および物のデジタル表現を実際の世界にブレンドできます。Windows 10 is built with the entire spectrum in mind, and allows blending digital representations of people, places, and things with the real world.

混合現実スペクトルのデバイスの種類

Windows Mixed Reality エクスペリエンスを提供するデバイスには、主に次の2種類があります。There are two main types of devices that deliver Windows Mixed Reality experiences:

  1. Holographic デバイス。Holographic devices. これらの特性は、デバイスが実際に存在しているかのように、実際の世界にデジタルコンテンツを配置する機能によって特徴付けられています。These are characterized by the device's ability to place digital content in the real world as if it were really there.
  2. イマーシブデバイス。Immersive devices. これらは、物理的な世界を隠し、デジタル体験で置き換えることによって、デバイスの機能によって特徴付けられています。These are characterized by the device's ability to create a sense of "presence"--hiding the physical world, and replacing it with a digital experience.
特性Characteristic Holographic デバイスHolographic Devices イマーシブデバイスImmersive Devices
デバイスの例Example Device Microsoft HoloLensMicrosoft HoloLens
Microsoft HoloLens image
Acer Windows Mixed Reality Development EditionAcer Windows Mixed Reality Development Edition
Acer Windows Mixed Reality Development Edition image
ディスプレイDisplay 「」を参照してください。See-through display. ヘッドセットを装着しているときに、ユーザーが物理環境を確認できるようにします。Allows user to see the physical environment while wearing the headset. 非透過ディスプレイ。Opaque display. ヘッドセットの装着中に物理環境をブロックします。Blocks out the physical environment while wearing the headset.
動かすMovement 回転と翻訳の両方で、完全に6度の自由な移動。Full six-degrees-of-freedom movement, both rotation and translation. 回転と翻訳の両方で、完全に6度の自由な移動。Full six-degrees-of-freedom movement, both rotation and translation.

デバイスが別の PC に接続されているかどうか (USB ケーブルまたは Wi-fi 経由)、または自己完結型 (ならでは) であるかどうかは、デバイスが holographic かイマーシブかは反映されません。Note, whether a device is connected to or tethered to a separate PC (via USB cable or Wi-Fi) or self-contained (untethered) does not reflect whether a device is holographic or immersive. 確かに、モビリティを向上させる機能によりエクスペリエンスが向上し、holographic デバイスとイマーシブデバイスの両方がテザリングさまたはならではになる可能性があります。Certainly, features that improve mobility lead to better experiences, and both holographic and immersive devices could be tethered or untethered.

デバイスとエクスペリエンスDevices and experiences

技術的な進歩は、mixed reality エクスペリエンスを有効にしたものです。Technological advancement is what has enabled mixed reality experiences. 現在、すべての範囲でエクスペリエンスを実行できるデバイスはありません。There are no devices today that can run experiences across the entire spectrum. ただし、Windows 10 では、デバイスの製造元と開発者の両方に共通の mixed reality プラットフォームが提供されます。However, Windows 10 provides a common mixed reality platform for both device manufacturers and developers. 現在のデバイスは、混合現実の範囲内の特定の範囲をサポートできます。Devices today can support a specific range within the mixed reality spectrum. 時間の経過と共に、新しいデバイスによってその範囲が拡張されます。Over time, new devices will expand that range. 将来、holographic デバイスはよりイマーシブになり、イマーシブデバイスはより holographic になります。In the future, holographic devices will become more immersive, and immersive devices will become more holographic.

デバイスが混合現実のスペクトラムにどのように配置されているか

多くの場合、アプリケーションまたはゲーム開発者が作成しようとしているエクスペリエンスの種類を考えることをお勧めします。Often, it is best to think what type of experience an application or game developer wants to create. エクスペリエンスは、通常、特定のポイントまたは部分を対象としています。The experiences will typically target a specific point or part on the spectrum. 次に、開発者は、対象とするデバイスの機能を考慮する必要があります。Then, developers should consider the capabilities of devices they want to target. たとえば、物理的な世界に依存するエクスペリエンスは、HoloLens で最高のパフォーマンスを発揮します。For example, experiences that rely on the physical world will run best on HoloLens.

  • 左側 (ほぼ物理的な現実)。Towards the left (near physical reality). ユーザーは、物理的な環境内に存在していて、その環境が離れていると信じられることはありません。Users remain present in their physical environment and are never made to believe they have left that environment.
  • 中央に (完全に混在する現実)。In the middle (fully mixed reality). これらのエクスペリエンスでは、現実世界とデジタル世界を融合しています。These experiences blend the real world and the digital world. 映画のJumanjiを見た閲覧者は、ストーリーがどこで行われたかについて、その家の物理的な構造を調整して、ジャングル環境と連携させることができます。Viewers who have seen the movie Jumanji can reconcile how the physical structure of the house where the story took place was blended with a jungle environment.
  • 右側に (デジタル現実に近い)。Towards the right (near digital reality). ユーザーは、完全なデジタル環境を体験し、物理的な環境で何が起こっているかを認識していません。Users experience a completely digital environment, and are unaware of what occurs in the physical environment around them.

関連項目See also