Unity 開発の概要Unity development overview

最も高速パスのビルド方法、 mixed reality アプリUnityThe fastest path to building a mixed reality app is with Unity. 探索する時間を取ることをお勧めします。、 Unity チュートリアルします。We recommend you take the time to explore the Unity tutorials. Unity が包括的で資産が必要な場合Asset Storeします。If you need assets, Unity has a comprehensive Asset Store. アクセスすることができます、Unity の基本的な知識を蓄積した後、チュートリアルを Unity での複合現実開発の詳細を参照してください。Once you have built up a basic understanding of Unity, you can visit the tutorials to learn the specifics of mixed reality development with Unity. 参照してください、 Unity Mixed Reality フォーラムが発生する問題の解決策を見つけて、コミュニティの構築、Unity での複合現実アプリの残りの部分とかかわります。Be sure to visit the Unity Mixed Reality forums to engage with the rest of the community building mixed reality apps in Unity and find solutions to problems you might run into.

まず、Unity を使用した複合現実アプリの構築を開始するツールをインストールするします。To get started building mixed reality apps with Unity, first install the tools.

Mixed Reality ツールキットを使用して新しい Unity プロジェクトNew Unity Project with Mixed Reality Toolkit

Unity での開発に最も簡単な方法は、Mixed Reality ツールキットのヘルプです。The easiest way to develop in Unity is with the help of Mixed Reality Toolkit. プロジェクトのセットアップのヘルプを自動的に、一連の開発を促進する Mixed Reality 機能が提供されます。It will help you setup with project automatically, and provide a set of Mixed Reality features to accelerate your development. チェック アウトしてくださいMixed Reality Toolkit v2詳細と開始します。Please check out Mixed Reality Toolkit v2 to learn more and get started.

Windows Mixed Reality への既存の Unity アプリの移植Porting an existing Unity app to Windows Mixed Reality

Windows Mixed Reality を移植する既存の Unity プロジェクトを使用する場合はと共にに従って、 Unity 移植のガイドを開始します。If you have an existing Unity project that you're porting to Windows Mixed Reality, follow along with the Unity porting guide to get started.

新しい Unity プロジェクトを Windows Mixed Reality の構成Configuring new Unity project for Windows Mixed Reality

Mixed Reality ツールキットをインポートせず、新しい Unity プロジェクトを作成したい場合は、少数の Unity の設定が 2 つのカテゴリに分類、Windows Mixed Reality を手動で変更する必要があります。 プロジェクトごとおよびシーンごと。If you'd like to created a new Unity project without importing Mixed Reality Toolkit, there are a small set of Unity settings you'll need to manually change for Windows Mixed Reality, broken down into two categories: per-project and per-scene. ステップ バイ ステップ ガイドについてはこちらを参照してください新しい Unity プロジェクトの Windows Mixed Reality を構成する。See here for step by step guide to Configure new Unity Project for Windows Mixed Reality

複合現実の機能および入力の追加Adding mixed reality capabilities and inputs

プロジェクトとセットアップ MRTK V2 をしたか、前述のように、プロジェクトを構成すると、(カメラ) などの標準の Unity ゲーム オブジェクトが点灯直後の取り付けられているスケール エクスペリエンスカメラの位置を更新自動的にユーザーとして、世界中から自分の頭に移動します。Once you've setup MRTK V2 with your project, or configured your project as described above, standard Unity game objects (such as the camera) will light up immediately for a seated-scale experience, with the camera's position updated automatically as the user moves their head through the world.

Windows Mixed Reality 機能のサポートを追加するなど、空間ステージジェスチャ、モーションのコント ローラーまたは音声入力に直接組み込まれている Api を使用して実現されますUnity です。Adding support for Windows Mixed Reality features such as spatial stages, gestures, motion controllers or voice input is achieved using APIs built directly into Unity.

最初の手順は、確認する必要があります、スケールが発生するアプリを対象とします。Your first step should be to review the experience scales that your app can target:

  • ビルドに必要な場合、向き専用または取り付けられているスケール エクスペリエンス、設定する必要があります Unity に領域の種類の追跡の静止If you're looking to build an orientation-only or seated-scale experience, you'll need to set Unity's tracking space type to Stationary.
  • ビルドに必要な場合、継続スケールまたはルーム スケール エクスペリエンス、Unity のことを確認する必要がありますに正常に設定されて領域の種類を追跡RoomScaleします。If you're looking to build a standing-scale or room-scale experience, you'll need to ensure Unity's tracking space type is successfully set to RoomScale.
  • ビルドに必要な場合、世界規模、HoloLens でエクスペリエンスをユーザーが 5 m を超えるローミングできるようにすることを使用する必要があります、 WorldAnchorコンポーネント。If you're looking to build a world-scale experience on HoloLens, letting users roam beyond 5 meters, you'll need to use the WorldAnchor component.

すべての複合現実アプリ用のコア ビルディング ブロックは、その他の Unity Api を使用した一貫性のある方法で公開されます。All of the core building blocks for mixed reality apps are exposed in a manner consistent with other Unity APIs. Mixed Reality Toolkit を使用します。They are also available through Mixed Reality Toolkit.

多くの複合現実アプリは、使用する Unity アプリにも公開するその他の主な機能があります。There are other key features that many mixed reality apps will want to use, which are also exposed to Unity apps:

実際、またはシミュレートされたデバイスで Unity プロジェクトを実行しています。Running your Unity project on a real or simulated device

次の手順は、ようになったら、holographic の Unity プロジェクトをテストする準備ができて、をエクスポートし、Unity Visual Studio ソリューションをビルドします。Once you've got your holographic Unity project ready to test out, your next step is to export and build a Unity Visual Studio solution.

手の形でその VS ソリューションとできますし、アプリを実行する 3 つの方法のいずれかでいずれかを使用して実際またはシミュレーション上のデバイス。With that VS solution in hand, you can then run your app in one of three ways, using either a real or simulated device:

Unity のドキュメントUnity documentation

このドキュメントの他使用可能な Windows デベロッパー センターでは、Unity は Unity エディターと共に Windows Mixed Reality 機能のドキュメントをインストールします。In addition to this documentation available on the Windows Dev Center, Unity installs documentation for Windows Mixed Reality functionality alongside the Unity Editor. Unity のドキュメントには、2 つのセクションが含まれています。 提供されています。The Unity provided documentation includes two separate sections:

  1. Unity スクリプトのリファレンスUnity scripting reference
    • ドキュメントのこのセクションには、Unity が提供するスクリプト API の詳細が含まれています。This section of the documentation contains details of the scripting API that Unity provides.
    • Unity エディターからを通じてアクセス可能なヘルプ > スクリプトのリファレンスAccessible from the Unity Editor through Help > Scripting Reference
  2. Unity マニュアルUnity manual
    • このマニュアルは、高度な基本的な手法から Unity を使用する方法を学習するために設計されています。This manual is designed to help you learn how to use Unity, from basic to advanced techniques.
    • Unity エディターからを通じてアクセス可能なヘルプ > 手動Accessible from the Unity Editor through Help > Manual

関連項目See also