任意のデスクトップインストーラー (MSI、EXE、ClickOnce、または App-v) からの MSIX パッケージの作成Create an MSIX package from any desktop installer (MSI, EXE, ClickOnce, or App-V)

Msix パッケージ化ツールを使用すると、次のいずれかのオプションから msix アプリケーションパッケージを作成できます。You can use the MSIX Packaging Tool to create an MSIX application package from any of the following options:

  • MSIMSI
  • EXCEL.EXEEXE
  • ClickOnceClickOnce
  • App-VApp-V
  • スクリプトScript
  • 手動のインストールManual installation

このドキュメントでは、既存の資産を取得し、それらを MSIX に変換する方法について説明します。This doc will walk you through how to take any existing assets you have, and convert them to MSIX.

変換を開始する前に、インストーラーと変換するかどうかを確認することをお勧めします。Before you start conversion, we recommend ensuring that you understand your installer, and whether it will convert.

また、環境を構成するためのベストプラクティスと、変換用のMsix パッケージ化ツールに従うことをお勧めします。We also recommend following the best practices to configure your environment and the MSIX Packaging Tool for conversion.

注意

MSIX Packaging Tool は現在、App-V 5.1 をサポートしています。The MSIX Packaging Tool currently supports App-V 5.1. App-v 4.x を使用するパッケージがある場合は、ソースインストーラーを使用して MSIX に変換することをお勧めします。If you have a package with App-V 4.x, we recommend that you use the source installer to convert to MSIX.

このツールを最初に起動すると、テレメトリ データの送信に同意するよう求められます。When the tool is first launched, you will be prompted to provide consent to sending telemetry data. 重要な注意点として、共有する診断データはアプリからのみ提供され、個人の特定やお問い合わせの目的で使用されることはありません。It's important to note that the diagnostic data you share only comes from the app and is never used to identify or contact you.

アプリケーションパッケージの作成は、最も一般的に使用されるオプションです。Creating an application package is the most commonly used option. ここでは、インストーラーから MSIX パッケージを作成するか、アプリケーションペイロードを手動でインストールします。This is where you will create an MSIX package from an installer, or by manual installation of the application payload.

pic1

パッケージ化の方法Packaging method

変換コンピューターのオプションを選択します。Select an option your conversion machine:

  • 既にクリーンな環境で作業している場合は、[このコンピューターでパッケージを作成する] を選択します。If you are already working in a clean environment, select Create package on this computer

  • 既存の仮想マシンまたはリモートコンピューターに接続する場合は、[リモートコンピューターでパッケージを作成する] を選択します。If you want to connect to an existing virtual or remote machine, select Create package on a remote machine

  • 変換するマシン上にローカル仮想マシンがある場合は、[ローカル仮想マシンにパッケージを作成する] を選択します。If you have a local virtual machine on your machine you want to convert on, select Create package on a local virtual machine

    • Hyper-v 仮想マシンのみがサポートされていることに注意してください。別の仮想化製品を使用する場合は、[リモートコンピューター] オプションを使用して接続できます。Please note that we only support Hyper-V virtual machines, if you want to use another virtualization product you can connect using the remote machine option.
  • [次へ] をクリックします。Click Next

コンピューターを準備するPrepare computer

次に、[Prepare computer](コンピューターの準備) ページに、パッケージ化に向けてコンピューターを準備するためのオプションが表示されます。Next, the Prepare computer page provides options to prepare the computer for packaging.

Msix パッケージ化ツールドライバーが必要です。有効になっていない場合、ツールは自動的に有効にしようとします。The MSIX Packaging Tool Driver is required and the tool will automatically try to enable it if it is not enabled. このツールは、最初に DISM を使って、ドライバーがインストールされているかどうかを確認します。The tool will first check with DISM to see if the driver is installed. 問題が発生した場合は、トラブルシューティングのドキュメントを確認し、問題が解決しない場合はフィードバックハブの問題を提出してください。If you run into an issue, try checking our troubleshooting documentation, then filing a Feedback Hub issue if the problem persists.

注意

MSIX Packaging Tool ドライバーは、システムを監視して、インストーラーがシステムに対して行っている変更をキャプチャします。これにより、MSIX Packaging Tool は、それらの変更に基づいてパッケージを作成できます。The MSIX Packaging Tool Driver monitors the system to capture the changes that an installer is making on the system which allows MSIX Packaging Tool to create a package based on those changes.

アクティブな Windows Update余分なデータが収集されないように、パッケージ化の期間中は Windows Update を一時的に無効にします。Windows Update is Active We will temporarily disable Windows Update for the duration of packaging so that we don't collect any extraneous data.

  • [Pending reboot](再起動の保留中) チェック ボックスは既定では無効になっています。The Pending reboot checkbox is disabled by default. 保留中の操作により再起動が必要というメッセージが表示された場合は、マシンを手動で再起動してから、もう一度ツールを起動する必要があります。You'll need to manually restart the machine and then launch the tool again if you are prompted that pending operations need a reboot. これは必須ではなく、お勧めにすぎません。This not required, only recommended.

  • (省略可能) [Windows Search is Active](Windows Search がアクティブ) チェック ボックスをオンにします。検索サービスを無効にする場合は、[Disable selected](選択の無効化) を選択します。[Optional] Check the box for Windows Search is Active and select Disable selected if you choose to disable the search service.

    • これは必須ではなく、お勧めにすぎません。This is not required, only recommended.
    • 無効にすると、このツールにより、状態フィールドが無効に更新されます。Once disabled, the tool will update the status field to Disabled.
  • Optional[ SMS ホストがアクティブであることを確認する] チェックボックスをオンにし、ホストサービスを無効にする場合は [選択を無効にする] を選択します。[Optional] Check the box for SMS Host is Active and select Disable selected if you choose to disable the host service.

    • これは必須ではなく、お勧めにすぎません。This is not required, only recommended.
    • 無効にすると、このツールにより、状態フィールドが無効に更新されます。Once disabled, the tool will update the status field to Disabled.

マシンの準備が完了したら、[Next](次へ) をクリックします。When you're done preparing the machine, click Next.

パッケージ化するインストーラーを選択するChoose the installer you want to package

まず、変換するインストーラーで何が発生するかを理解しておく必要があります。The first thing you will want to do is understand what will happen with the installer you wish to convert. これらのインストーラーのいずれかを使用すると、ワークフローを簡略化するためにここで指定することも、ワークフローの後でインストールするときに手動で実行することもできます。With any of these installers, you can specify them here to simplify your workflow, or you can manually run it at the time of installation later in the workflow.

MSI インストーラーMSI installers

.Msi インストーラーを変換する場合は、ファイルを参照して .msi を指定するだけです。If you are converting a .msi installer, you can simply browse for it, and specify the .msi. 付属の .mst ファイルまたは .msp ファイルがある場合は、[インストーラー引数] フィールドで指定できます。If you have an accompanying .mst or .msp file, you can specify that in the installer arguments field. ここで .msi を指定する利点の1つは、パッケージ情報をすべて取得して、次の変換手順で時間を節約できることです。One of the benefits of specifying your .msi here is that we can pull all of the package information from it, saving you time on the next step of conversion.

App-v インストーラーApp-V installers

App-v を使用して変換する場合、これは非常に簡単なプロセスです。If you are converting using an App-V, this is a really simple process for you. 必要なのは、App-v ファイルを指定することだけです。 [MSIX を作成する] ページに迅速に追跡できます。All you need to do is specify an App-V file, and you get fast tracked to the create an MSIX page. これは、パッケージのマニフェストを MSIX パッケージに変換する必要があるだけなので、MSIX としてのみ機能するからです。This is because the manifest of the package simply needs to get translated to an MSIX package, and then it just works as an MSIX. ここでの注意事項は、このツールでサポートされているのは App-v 5.1 のみです。 App-v がバージョン4.x の場合は、ソースインストーラーを取得し、MSIX に直接変換することをお勧めします。The caveat here is that the tool only supports App-V 5.1 - if your App-V is version 4.x, we recommend that you take the source installer and then convert it directly to MSIX.

EXE インストーラーEXE installers

.Exe インストーラーを変換する場合は、この時点でインストーラーを指定できます。If you are converting a .exe installer, you can specify the installer at this point. Exe との形式の一貫性がないため、インストーラーのパッケージ情報を手動で入力する必要があります。Due to the lack of format consistency with an exe, you will need to manually enter the package information for your installer.

ClickOnce インストーラーClickOnce installers

ClickOnce インストーラーを変換する場合は、この時点でインストーラーを指定できます。If you are converting a ClickOnce installer, you can specify the installer at this point. .Exe と同様に、インストーラーのパッケージ情報を手動で入力する必要があります。Like an .exe, you will need to manually enter the package information for your installer.

スクリプトScripts

スクリプトを使用してアプリケーションをインストールする場合は、ここでコマンドラインを指定できます。If you are using a script to install your application, you can specify the command line here. または、このフィールドを空白のままにして、インストール段階でスクリプトを手動で実行することもできます。Alternatively, you can leave this field blank and run the script manually during the installation phase.

手動のインストールManual installation

手動でインストーラーを実行する場合、またはインストーラーのアクションを手動で実行する場合は、[インストーラー] フィールドを空白のままにして、インストール段階でインストーラーに必要な操作を実行します。If you wish to manually run your installer, or perform the actions of the installer manually, you can leave the installer field blank, and during the installation phase, perform the actions required for your installer.

変換テンプレートファイルを生成しようとすると、インストーラーを指定せずに変換を実行できなくなります。If you are trying to generate a conversion template file, you will be unable to do so without specifying an installer.

インストーラー引数がある場合は、指定されたフィールドに必要な引数を入力できます。If you have any installer arguments, you can enter the desired argument in the provided field. このフィールドは、あらゆる文字列を受け入れます。This field accepts any string.

署名の設定Signing preference

[署名の設定] で、署名オプションを選択します。Under Signing preference, select a signing option. また、これを設定の既定値として設定することもできます。これにより、変換するたびにいくつかの手順を省略できます。You can also set this as a default in your settings, which will save you some steps each time you convert.

  • Device Guard 署名で署名するこのオプションを使用すると、Device Guard 署名と共に使用するように構成した Microsoft Active Directory アカウントにサインインできます。これは、Microsoft が独自の証明書を提供する必要がない場所で提供する署名サービスです。Sign with Device Guard signing This option allows you to sign in to your Microsoft Active Directory account that you have configured to use with Device Guard signing, which is a signing service that Microsoft provides where you don't need to provide your own certificate. アカウントの設定方法と Device Guard の署名については、こちらを参照してください。Learn more about how to set up your account and about Device Guard signing here.
  • 証明書 (.pfx) を使用して署名する.Pfx 証明書ファイルを参照して選択します。Sign with a certificate(.pfx) Browse to and select your .pfx certificate file. 証明書がパスワードで保護されている場合は、パスワード ボックスにパスワードを入力します。If the certificate is password protected, type the password in the password box.
  • .Cer ファイルを指定します (署名しない) このオプションを使用すると、.cer ファイルを指定できます。Specify a .cer file (does not sign) This option allows you to specify a .cer file. これは、パッケージに署名する必要がなく、発行元の情報が署名に使用される証明書のサブジェクトと一致していることを確認する場合に便利です。This is useful when you don't want to sign the package, but you want to ensure that the publisher information matches the subject of the certificate that will be used for signing.
  • パッケージに署名しない後でパッケージに署名する場合は、このオプションを選択します。Do not sign package Select this option if you will be signing your package at a later time. 注: MSIX パッケージが署名されていない場合、インストールすることはできません。NOTE: You cannot install an MSIX package if it is not signed
  • 署名時には、証明書の有効期限が切れるまでの有効期限が切れるように、証明書にタイムスタンプを追加することを強くお勧めします。When signing, we highly recommend adding a timestamp to your certificate so that the validity of your certificate can outlast its expiration date. 許可される形式は、RFC 3161 タイム スタンプ サーバーの URL です。The accepted format is an RFC 3161 time stamp server URL.

注意

SHA1 証明書を使用して MSIX パッケージ形式アプリケーションに署名することはサポートされていません。Signing an MSIX package format application with a SHA1 certificate is not supported.

[次へ] をクリックします。Click Next to proceed.

パッケージ情報Package information

既存の仮想マシン上でご自分のアプリケーションをパッケージ化することを選択した後は、そのアプリに関する情報を指定する必要があります。After you choose to package your application on an existing virtual machine, you must provide information about to the app. このツールでは、インストーラーから入手できる情報に基づいてこれらのフィールドへの自動入力が試行されます。The tool will try to auto-fill these fields based on the information available from the installer. どのような場合でも、必要に応じてエントリを更新できます。You will always have a choice to update the entries as needed. フィールドにアスタリスク * が付いている場合は必須です。If the field as an asterisk*, it's required. エントリが無効な場合は、インライン ヘルプが表示されます。Inline help is provided if the entry is not valid.

  • Package name (パッケージ名):Package name:
    • 必須です。マニフェスト内のパッケージ ID 名に対応し、パッケージの内容を記述します。Required and corresponds to package identity Name in the manifest to describe the contents of the package.
    • エンド ユーザーには表示されません。Is not shown to the end user.
    • 大文字と小文字が区別され、スペースを含めることはできません。Is case-sensitive and cannot have a space.
    • 長さが 3 から 50 文字で、英数字、ピリオド、およびダッシュ文字で構成された文字列を受け入れることができます。Can accept string between 3 and 50 characters in length that consists of alpha-numeric, period, and dash characters.
    • 末尾をピリオドにすることはできません。次のいずれかを指定してください: "CON"、"PRN"、"AUX"、"NUL"、"COM1"、"COM2"、"COM3"、"COM4"、"COM5"、"COM6"、"COM7"、"COM8"、"COM9"、"LPT1"、"LPT2"、""、"LPT4"、"LPT5"、"LPT6"、"LPT7"、"LPT8"、および "LPT9"Cannot end with a period and be one of these: "CON", "PRN", "AUX", "NUL", "COM1", "COM2", "COM3", "COM4", "COM5", "COM6", "COM7", "COM8", "COM9", "LPT1", "LPT2", "LPT3", "LPT4", "LPT5", "LPT6", "LPT7", "LPT8", and "LPT9."
  • Package display name (パッケージ表示名):Package display name:
    • 必須です。マニフェスト内のパッケージに対応し、スタート メニューや設定ページでユーザーにパッケージのフレンドリ名を表示します。Required and corresponds to package in the manifest to display a friendly package name to the user, in start menu and settings pages.
    • このフィールドは、長さが 1 から 256 文字の文字列を受け入れ、ローカライズ可能です。Field accepts A string between 1 and 256 characters in length and is localizable.
  • Publisher name (発行元名):Publisher name:
    • 必須です。パッケージに対応し、発行元の情報を記述します。Required and corresponds to package that describes the publisher information.
    • 発行元属性は、パッケージへの署名に使用する証明書の発行元サブジェクト情報と一致する必要があります。The Publisher attribute must match the publisher subject information of the certificate used to sign a package.
    • このフィールドは、長さが 1 から 8,192 文字で、識別名の正規表現 "(CN | L | O | OU | E | C | S | STREET | T | G | I | SN | DC | SERIALNUMBER | Description | PostalCode | POBox | Phone | X21Address | dnQualifier | (OID.(0 | [1-9][0-9])(.(0 | [1-9][0-9]))+))=(([^,+="<>#;])+ | ".")(, ((CN | L | O | OU | E | C | S | STREET | T | G | I | SN | DC | SERIALNUMBER | Description | PostalCode | POBox | Phone | X21Address | dnQualifier | (OID.(0 | [1-9][0-9])(.(0 | [1-9][0-9]))+))=(([^,+="<>#;])+ | ".")))*" に適合する文字列を受け入れます。This field accepts a string between 1 and 8192 characters in length that fits the regular expression of a distinguished name : "(CN | L | O | OU | E | C | S | STREET | T | G | I | SN | DC | SERIALNUMBER | Description | PostalCode | POBox | Phone | X21Address | dnQualifier | (OID.(0 | [1-9][0-9])(.(0 | [1-9][0-9]))+))=(([^,+="<>#;])+ | ".")(, ((CN | L | O | OU | E | C | S | STREET | T | G | I | SN | DC | SERIALNUMBER | Description | PostalCode | POBox | Phone | X21Address | dnQualifier | (OID.(0 | [1-9][0-9])(.(0 | [1-9][0-9]))+))=(([^,+="<>#;])+ | ".")))*".
  • Publisher display name (発行元表示名):Publisher display name:
    • 必須です。マニフェスト内のパッケージに対応し、アプリ インストーラーや設定ページでユーザーに発行元のフレンドリ名を表示します。Required and corresponds to package in the manifest to display a friendly publisher name to the user, in App installer and settings pages.
    • このフィールドは、長さが 1 から 256 文字の文字列を受け入れ、ローカライズ可能です。Field accepts A string between 1 and 256 characters in length and is localizable.
  • バージョン:Version:
    • 必須です。マニフェスト内のパッケージに対応し、パッケージのバージョン番号を記述します。Required and corresponds to the package in the manifest to describe the version number of the package.
    • このフィールドは、"Major. Minor. Build. Revision" という4つのバージョン文字列を受け入れます。This field accepts a version string in quad notation: "Major.Minor.Build.Revision".
  • 説明:Description:
    • このフィールドは省略可能です。This field is optional.
  • Install location (インストール場所):Install location:
    • これは、インストーラーがアプリケーション ペイロードをコピーする先の場所です (通常は Programs Files フォルダー)。This is the location that the installer is going to copy the application payload to (usually Programs Files folder).
    • このフィールドは省略可能ですが、アプリケーションのペイロードを Program Files フォルダーの外部にインストールする場合に推奨されます。This field is optional but recommended when the app payload is being installed outside of the Program Files folders.
    • フォルダー パスを参照して選択します。Browse to and select a folder path.
    • アプリケーションのインストール操作を実行するときに、このファイルがインストーラーのインストール場所と一致していることを確認します。Make sure this file matches the installer's install location while you go through the application install operation.
  • このパッケージに MSIX コアのサポートを追加します。Add support for MSIX Core to this package.
    • このチェックボックスをオンにすると、ドロップダウンが表示され、生成するパッケージのMsix コアサポートの Windows バージョンを選択することができます。When selected, this checkbox will then reveal a drop down that will aloow you to select a Windows version for MSIX Core support for the package you are generating.

インストールInstallation

  • これは、ツールがアプリケーションのインストール操作を監視およびキャプチャするインストールフェーズです。This is the installation phase where the tool is monitoring and capturing the application install operations.
  • ツールによって、前に指定した環境でインストーラーが起動されます。インストーラーウィザードを実行してアプリケーションをインストールする必要があります。The tool will launch the installer in the environment that was specified previously and you'll need to go through the installer wizard to install the application.
    • インストール パスが、先ほどパッケージ情報ページ内で定義したものと一致することを確認します。Make sure the installation path matches what was defined earlier in the package information page.
    • 新しくインストールされたアプリケーションのショートカットをデスクトップに作成することが必要になる場合があります。You might need to create a shortcut in desktop for the newly installed application.
    • アプリケーションのインストール ウィザードが終わったら、確実にインストール ウィザードを完了するか、閉じます。Once you're done with the application installation wizard, make sure you finish or close on the installation wizard.
    • 複数のインストーラーを実行する必要がある場合は、この時点で手動でそうすることができます。If you need to run multiple installers you can do that manually at this point.
    • アプリに他の前提条件が必要な場合は、すぐにインストールする必要があります。If the app needs other pre-requisites, you need to install them now.
    • アプリケーションに .Net 3.5/20 が必要な場合は、このオプション機能を Windows に追加します。If the application needs .Net 3.5/20, add the optional feature to Windows.
  • インストーラーを以前に指定しなかった場合は、ここでインストーラーまたはスクリプトを手動で実行できます。If you did not specify an installer previously, here is where you can manually run your installer or script.
  • インストーラーで再起動が必要な場合は、手動で再起動するか、[再起動] ボタンを使用して再起動を実行できます。再起動後に、変換プロセスのこの時点に戻ります。If your installer requires a restart, you can perform a manual restart, or use the 'restart' button to perform the restart, and you will return to this point in the conversion process after the restart.
  • アプリケーションのインストールが完了したら、[Next](次へ) をクリックします。When you've completed installing the application, click Next.

最初の起動タスクを管理するManage first launch tasks

このページには、ツールがキャプチャしたアプリケーション実行可能ファイルが表示されます。This page shows application executables that the tool captured. 最初の起動タスクをすべてキャプチャするために、少なくとも 1 回アプリケーションを起動することをお勧めします。We recommended launching the application at least once to capture any first launch tasks.

実行可能ファイルを選択し、[実行] をクリックすることで起動できます。You can launch the executable by selecting it, and then clicking run. 不要なエントリポイントを選択し、[削除] をクリックして削除することもできます。You can also remove any unnecessary entry points by selecting it, and then clicking remove.

複数のアプリケーションがある場合は、メインのエントリ ポイントに対応するチェック ボックスをオンにします。If there are multiple applications, check the box that corresponds to the main entry point. ここにアプリケーションの .exe が表示されない場合、それを手動で参照して実行します。If you don't see the application .exe here, manually browse to and run it. 次に、リストを更新します。Then, refresh list.

[Next](次へ) をクリックします。アプリケーションのインストールが完了し、最初の起動タスクを管理することの確認を求めるポップ アップが表示されます。Click Next You'll be prompted with a pop up asking for confirmation that you're finished with application installation and managing first launch tasks.

  • 完了している場合は、[Yes, move on](はい、進む) をクリックします。If you're done, click Yes, move on.
  • 完了していない場合は、[No, I'm not done](いいえ、完了していない) をクリックします。If you're not done, click No, I'm not done. 直前のページに戻ります。そこで、アプリケーションの起動、他のファイル、dll、実行可能ファイルのインストールやコピーを実行できます。You'll be taken back to the last page to where you can launch applications, install or copy other files, and dlls/executables.

サービスレポートServices report

1.2019.1220.0 バージョンの MSIX パッケージ化ツールから、インストーラーをサービスに変換できるようになりました。これにより、サービスレポートページが追加されました。Starting in the 1.2019.1220.0 version of the MSIX Packaging Tool, you can convert an installer with services, and so we've added a Services report page. サービスが検出されなかった場合は、このページが表示されますが、ページの上部でサービスが検出されなかったことを示すメッセージが空になります。If no services were detected, you will still see this page, but it will be empty with a message that no services were detected at the top of the page.

[サービス] レポートページには、変換中にインストーラーで検出されたサービスの一覧が表示されます。The Services report page lists services that were detected in your installer during conversion. 必要な情報がすべて含まれ、サポートされているサービスが、付属の表に表示されます。Services that have all the information they need and are supported will be shown in the Included table. 追加情報を必要とするサービス、修正が必要なサービス、またはサポートされていないサービスは、除外するテーブルに表示されます。Services that need additional information, need a fix, or aren’t supported will be shown in the Excluded table.

サービスを修正するか、サービスに関するその他のデータを表示するには、テーブル内のサービスエントリをダブルクリックして、サービスに関する詳細情報を含むポップアップを表示します。To fix a service or see additional data about the service, double-click the service entry in the table to view a pop-up with more information about the service. 必要に応じて、この情報の一部を編集することができます。You can edit some of this information if you need to.

  • キー名: サービスの名前。Key name: The name of the service. これは編集できません。This is not editable.
  • 説明: サービスエントリの説明。Description: The description of the service entry.
  • 表示名: サービスの表示名。Display name: The display name of the service.
  • イメージのパス: サービスの実行可能ファイルの場所です。Image path: Location of the service executable. これは編集できません。This is not editable.
  • 開始アカウント: サービスの開始アカウント。Start account: The start account for the service.
  • スタートアップの種類: サービスのスタートアップの種類。Startup type: Type of startup for the service. 自動手動、および無効をサポートします。Supports Automatic, Manual, and Disabled.
  • 引数: サービスの開始時に実行される引数。Arguments: Arguments to be run when the service starts.
  • 依存関係: サービスの依存関係。Dependencies: Dependencies for the service.

サービスが修正されたら、それを含まれるテーブルに移動できます。また、最終的なパッケージに含めない場合は、除外されたテーブルに残しておくこともできます。After a service has been fixed, you can move it to the Included table or you can choose to leave it in the Excluded table if you don’t want it in your final package. 詳細については、サービスのドキュメントを参照してください。For additional information, check out the services documentation.

パッケージの作成Create package

  • MSIX パッケージを保存する場所を指定します。Provide a location to save the MSIX package.
  • 既定では、パッケージはローカルのアプリ データ フォルダーに保存されます。By default, packages are saved in local app data folder.
  • [Settings](設定) メニューで、既定の保存場所を定義できます。You can define the default save location in Settings menu.
  • 変換テンプレートファイルを生成する場合は、そのテンプレートファイルを MSIX パッケージと同じ場所に保存しないように指定することもできます。If you are generating a conversion template file, you can also specify a different save location for that template file if you don't want it in the same location as the MSIX package.
  • MSIX パッケージを保存する前にパッケージのコンテンツとプロパティを引き続き編集する場合は、[パッケージエディター ] を選択してパッケージエディターに移動します。If you'd like to continue to edit the content and properties of the package before saving the MSIX package, you can select Package editor and be taken to package editor.
  • [Create](作成) をクリックして、MSIX パッケージを作成します。Click Create to create the MSIX package.

パッケージが作成されると、ポップアップが表示されます。You'll be presented with a pop up when the package is created. このポップアップには、新しく作成されたパッケージのファイルの場所にリンクされた保存場所が含まれます。This pop up will include the save location, linked to the file location of the newly created package. また、MSIX パッケージ化ツールのログファイルの場所へのリンクも含まれています。It also includes a link to the location of the log files for the MSIX Packaging Tool. このポップアップを閉じると、ウェルカム ページにリダイレクトされます。You can close this pop up and get redirected to the welcome page. パッケージエディターを選択して、パッケージのコンテンツとプロパティを表示および変更することもできます。You can also select Package editor to see and modify the package content and properties.