winget ツールを使用したアプリケーションのインストールと管理

winget コマンド ライン ツールを使用すると、Windows 10 および Windows 11 コンピューター上でアプリケーションを検出、インストール、アップグレード、削除、および構成することができます。 このツールは、Windows パッケージ マネージャー サービスに対するクライアント インターフェイスです。

winget をインストールする

Windows パッケージ マネージャーの winget コマンドライン ツールは、既定では、アプリ インストーラーとして Windows 11 と最新バージョンの Windows 10 にバンドルされています。

以前のバージョンの Windows を実行していて、アプリ インストーラーがインストールされていない場合は、Microsoft Store からアプリ インストーラーを取得できます。 既にインストールされている場合は、最新バージョンに更新されていることを確認してください。

アプリ インストーラーには、実稼働バージョンの winget ツールが含まれています。

Note

winget コマンド ライン ツールは、現時点では Windows 10 1709 (ビルド 16299) 以降でのみサポートされています。

winget プレビュー バージョンをインストールする [開発者のみ]

最新の Windows パッケージ マネージャー機能を試すには、次のいずれかの方法で winget コマンドライン ツールの最新のプレビュー ビルドをインストールします。

管理者に関する考慮事項

インストーラーの動作は、管理者特権で winget を実行しているかどうかによって異なる場合があります。

  • 管理者特権を使用せずに winget を実行している場合、アプリケーションによっては、インストールするために昇格が必要になる可能性があります。 インストーラーが実行されると、Windows は、昇格を求めるメッセージを表示します。 昇格しないことを選択すると、アプリケーションのインストールは失敗します。

  • 管理者コマンド プロンプトで winget を実行しているときは、アプリケーションで必要とする場合に昇格のプロンプトは表示されません。 管理者としてコマンド プロンプトを実行しているときは常に注意し、信頼できるアプリケーションのみをインストールしてください。

winget を使用する

アプリ インストーラーをインストールした後、コマンド プロンプトから "winget" と入力して winget を実行できます。

最も一般的な使用シナリオの 1 つは、お気に入りのツールを検索してインストールすることです。

  1. ツールを検索するには、winget search <appname> と入力します。

  2. 目的のツールが使用可能であることを確認したら、winget install <appname> と入力してツールをインストールできます。 winget ツールがインストーラーを起動し、お使いの PC にアプリケーションをインストールします。 winget commandline

  3. install と search に加えて、winget には、アプリケーションの詳細の表示ソースの変更、およびパッケージの検証を可能にする、他のいくつかのコマンドが用意されています。 コマンドの全一覧を表示するには、winget --help と入力します。 winget help

一部のユーザーにより、クライアントが PATH に存在しない問題が報告されています。

コマンド

winget ツールの現在のプレビューでは、次のコマンドがサポートされています。

コマンド 説明
install 指定されたアプリケーションをインストールします。
show 指定されたアプリケーションの詳細を表示します。
source winget ツールによってアクセスされる Windows パッケージ マネージャーのリポジトリを追加、削除、および更新します。
search アプリケーションを検索します。
list インストール済みパッケージを表示します。
upgrade 指定したパッケージをアップグレードします。
uninstall 指定したパッケージをアンインストールします。
hash インストーラーの SHA256 ハッシュを生成します。
validate Windows パッケージ マネージャー リポジトリに送信するマニフェスト ファイルを検証します。
設定 設定を開きます。
features 試験的な機能の状態を示します。
export インストール済みパッケージの一覧をエクスポートします。
import ファイル内のすべてのパッケージをインストールします。

オプション

winget ツールでは、次のオプションがサポートされています。

オプション 説明
-v、--version winget の現在のバージョンを返します。
--info ライセンス、プライバシーに関する声明、構成済みのグループ ポリシーへのリンクを含む、winget に関するすべての詳細情報を提供します。
-?、--help winget の追加のヘルプを表示します。

サポートされているインストーラー形式

winget ツールでは、次の種類のインストーラーがサポートされています。

  • EXE (Silent および SilentWithProgress フラグあり)
  • INNO
  • NULLSOFT
  • MSI
  • APPX
  • MSIX
  • BURN

スクリプト作成 winget

複数のアプリケーションをインストールするために、バッチ スクリプトと PowerShell スクリプトを作成できます。

@echo off  
Echo Install Powertoys and Terminal  
REM Powertoys  
winget install Microsoft.Powertoys  
if %ERRORLEVEL% EQU 0 Echo Powertoys installed successfully.  
REM Terminal  
winget install Microsoft.WindowsTerminal  
if %ERRORLEVEL% EQU 0 Echo Terminal installed successfully.   %ERRORLEVEL%

Note

スクリプト化されると、winget は、指定された順序でアプリケーションを起動します。 インストーラーが成功または失敗を返すと、winget は次のインストーラーを起動します。 インストーラーが別のプロセスを起動すると、途中で winget に返される可能性があります。 これにより、前のインストーラーが完了する前に、winget は次のインストーラーをインストールします。

デバッグおよびトラブルシューティング

winget には、問題の診断に役立つログ記録が用意されています。 トラブルシューティングとログ記録の詳細については、デバッグとトラブルシューティングに関する記事を参照してください。

欠落しているツール

コミュニティ リポジトリにツールまたはアプリケーションが含まれていない場合は、リポジトリにパッケージを送信してください。 お気に入りのツールを追加することで、自分や他のすべてのユーザーが使用できるようになります。

winget 設定のカスタマイズ

winget コマンド ラインのエクスペリエンスを構成するには、settings.json ファイルを変更します。 詳細については、「https://aka.ms/winget-settings」を参照してください。 設定はまだ試験的な状態であり、ツールのプレビュー バージョン向けにまだ最終化されていないことに注意してください。

オープン ソースの詳細

winget ツールは、GitHub のリポジトリ https://github.com/microsoft/winget-cli/ から入手できるオープン ソース ソフトウェアです。 クライアントを構築するためのソースは、src フォルダーにあります。

winget のソースは、Visual Studio 2019 C++ ソリューションに含まれています。 ソリューションを正しく構築するには、最新の Visual Studio と C++ ワークロードをインストールしてください。

GitHub の winget ソースに投稿することをお勧めします。 まず、Microsoft CLA に同意して署名する必要があります。

トラブルシューティング

winget-cli リポジトリでは、一般的な問題やエラーの一覧と共に、問題の解決方法についての提案が保持されています。