ストア内のアクセシビリティAccessibility in the Store

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリがアクセシビリティ対応であると Microsoft Store で宣言するための要件について説明します。Describes the requirements for declaring your Universal Windows Platform (UWP) app as accessible in the Microsoft Store.

Microsoft Store で認定を受けるためにアプリを提出している間に、アプリがアクセシビリティ対応であることを宣言することができます。While submitting your app to the Microsoft Store for certification, you can declare your app as accessible. アクセシビリティ対応アプリであることを宣言すると、視覚に障碍があるユーザーのように、アクセシビリティ対応アプリに興味を持っているユーザーが簡単にそのアプリを見つけられるようになります。Declaring your app as accessible makes it easier to discover for users who are interested in accessible apps, such as users who have visual impairments. ユーザーは、Microsoft Store での検索時にアクセシビリティ対応のフィルターを使うことで、アクセシビリティ対応アプリを見つけます。Users discover accessible apps by using the Accessible filter while searching the Microsoft Store. また、アクセシビリティ対応アプリであることを宣言すると、アプリの説明にアクセシビリティ対応のタグが追加されます。Declaring your app as accessible also adds the Accessible tag to your app’s description.

アプリがアクセシビリティ対応であることを宣言して、次のうちの 1 つ以上を使う主なシナリオでユーザーが必要とする 基本的なアクセシビリティ情報 が用意されていることを示します。By declaring your app as accessible, you state that it has the basic accessibility information that users need for primary scenarios using one or more of the following:

  • キーボード。The keyboard.
  • ハイ コントラスト テーマ。A high contrast theme.
  • 可変 DPI (1 インチあたりのドット数) の設定。A variable dots per inch (dpi) setting.
  • Windows アクセシビリティ機能 (ナレーター、拡大鏡、スクリーン キーボードなど) のような一般的な支援技術。Common assistive technology such as the Windows accessibility features, including Narrator, Magnifier, and On-Screen Keyboard.

アプリをアクセシビリティ対応としてビルドし、テストした場合は、アプリをアクセシビリティ対応として宣言する必要があります。You should declare your app as accessible if you built and tested it for accessibility. これは、次のことが完了していることを意味します。This means that you did the following:

  • 名前、役割、値などの UI 要素に関するすべてのアクセシビリティ情報を設定している。Set all the relevant accessibility information for UI elements, including name, role, value, and so on.
  • キーボードの完全なアクセシビリティを実装している。ユーザーは次のことができる。Implemented full keyboard accessibility, enabling the user to:
    • キーボードのみを使ってアプリの主なシナリオを達成する。Accomplish primary app scenarios by using only the keyboard.
    • Tab キーを使って論理的な順序で UI 要素を切り替える。Tab among UI elements in a logical order.
    • 方向キーを使ってコントロール内の UI 要素間を移動する。Navigate among UI elements within a control by using the arrow keys.
    • キーボード ショートカットを使ってアプリの主な機能を利用する。Use keyboard shortcuts to reach primary app functionality.
    • キーボードがないデバイスで、タブと矢印を同等に扱うためにナレーターのタッチ ジェスチャを使う。Use Narrator touch gestures for Tab and arrow equivalency for devices with no keyboard.
  • アプリの UI が視覚上のアクセシビリティに対応している。最低でも 4.5:1 のテキスト コントラスト比がある、情報を伝えるときに色だけに依存していない、など。Ensured that your app UI is visually accessible: has a minimum text contrast ratio of 4.5:1, does not rely on color alone to convey information, and so on.
  • InspectUIAVerify などのアクセシビリティ テスト ツールを使ってアクセシビリティの実装が検証されていて、このようなツールで報告される優先度 1 のエラーをすべて解決している。Used accessibility testing tools such as Inspect and UIAVerify to verify your accessibility implementation, and resolved all priority 1 errors reported by such tools.
  • ナレーター、拡大鏡、スクリーン キーボード、ハイ コントラスト テーマ、調整された DPI 設定を使って、エンド ツー エンドでアプリの主なシナリオを検証している。Verified your app’s primary scenarios from end to end by using Narrator, Magnifier, On-Screen Keyboard, a high contrast theme, and adjusted dpi settings.

これらの手順と、その実行に役立つリソースへのリンクを確認する場合は、「アクセシビリティのチェック リスト」をご覧ください。See the Accessibility checklist for a review of these procedures and links to resources that will help you accomplish them.