アクセシビリティのチェック リストAccessibility checklist

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリをアクセシビリティ対応にするために役立つチェック リストを示します。Provides a checklist to help you ensure that your Universal Windows Platform (UWP) app is accessible .

ここでは、アプリをアクセシビリティ対応にするときに使用できるチェック リストを示します。Here we provide a checklist you can use to ensure that your app is accessible.

  1. コンテンツやアプリの対話型の UI 要素にアクセシビリティ対応の名前 (必須) と説明 (省略可能) を設定します。Set the accessible name (required) and description (optional) for content and interactive UI elements in your app.

    アクセシビリティ対応の名前とは、スクリーン リーダーが UI 要素を読み上げるときに使う短い説明の文字列です。An accessible name is a short, descriptive text string that a screen reader uses to announce a UI element. TextBlockTextBox などの一部の UI 要素では、既定のアクセシビリティ対応の名前としてテキスト コンテンツを昇格させるものがあります。「基本的なアクセシビリティ情報」をご覧ください。Some UI elements such as TextBlock and TextBox promote their text content as the default accessible name; see Basic accessibility information.

    暗黙的なアクセシビリティ対応の名前として内部テキスト コンテンツを昇格させない画像などのコントロールに対し、明示的にアクセシビリティ対応の名前を設定する必要があります。You should set the accessible name explicitly for images or other controls that do not promote inner text content as an implicit accessible name. フォーム要素のラベルのテキストは、ラベルと入力を関連付けるために、Microsoft UI オートメーション モデルの LabeledBy ターゲットとして使うことができるようにする必要があります。You should use labels for form elements so that the label text can be used as a LabeledBy target in the Microsoft UI Automation model for correlating labels and inputs. ユーザーに、通常アクセシビリティ対応の名前に含まれているものよりも詳しい UI のガイダンスを提供する場合は、アクセシビリティ対応の説明やヒントを用意すると、UI の内容がわかりやすくなります。If you want to provide more UI guidance for users than is typically included in the accessible name, accessible descriptions and tooltips help users understand the UI.

    詳しくは、「アクセシビリティ対応の名前」と「アクセシビリティ対応の説明」をご覧ください。For more info, see Accessible name and Accessible description.

  2. キーボード アクセシビリティを実装します。Implement keyboard accessibility:

    • UI 用の既定のタブ インデックスの順序をテストします。Test the default tab index order for a UI. 必要に応じてタブ インデックスの順序を調整します。このとき、特定のコントロールの有効化または無効化、一部の UI 要素の TabIndex の既定値の変更が必要になる場合があります。Adjust the tab index order if necessary, which may require enabling or disabling certain controls, or changing the default values of TabIndex on some of the UI elements.
    • コンポジット要素に方向キーのナビゲーションをサポートするコントロールを使います。Use controls that support arrow-key navigation for composite elements. 既定のコントロールの場合、通常、方向キーのナビゲーションは既に実装されています。For default controls, the arrow-key navigation is typically already implemented.
    • キーボードのアクティブ化をサポートするコントロールを使います。Use controls that support keyboard activation. 既定のコントロール、特に UI オートメーションの Invoke パターンをサポートするものの場合は、基本的にキーボードのアクティブ化が利用できます。該当するコントロールの説明書をご覧ください。For default controls, particularly those that support the UI Automation Invoke pattern, keyboard activation is typically available; check the documentation for that control.
    • 対話式操作をサポートする UI の一部に対するアクセス キーを設定するか、ショートカット キーを実装します。Set access keys or implement accelerator keys for specific parts of the UI that support interaction.
    • UI で使うカスタム コントロールで、アクティブ化用に適切な AutomationPeer サポートを設定した状態でコントロールが実装され、アクティブ化キー、トラバーサル キー、アクセス キーまたはショートカット キーのサポートに必要なキー処理の上書きが定義されていることを確認します。For any custom controls that you use in your UI, verify that you have implemented these controls with correct AutomationPeer support for activation, and defined overrides for key handling as needed to support activation, traversal and access or accelerator keys.

    詳しくは、「キーボード操作」をご覧ください。For more info, see Keyboard interactions.

  3. テキストが読み取り可能なサイズであることを確認します。Ensure text is a readable size

    • Windows には、さまざまなアクセシビリティ ツールとユーザーが活用し、独自のニーズとテキストを読み取るための基本設定を調整する設定が含まれています。Windows includes various accessibility tools and settings that users can take advantage of and adjust to their own needs and preferences for reading text. 次のようなクラスがあります。These include:
      • 拡大鏡ツール、UI の選択範囲を拡大します。The Magnifier tool, which enlarges a selected area of the UI. アプリ内のテキストのレイアウトが困難に拡大鏡を使用して、読み取り用に行う必要があります。You should ensure the layout of text in your app doesn't make it difficult to use Magnifier for reading.
      • スケールと解像度の設定をグローバル設定]、[システムの表示]-> [-> スケールとレイアウトします。Global scale and resolution settings in Settings->System->Display->Scale and layout. 正確にサイズ変更オプションが使用可能なディスプレイ デバイスの機能に依存とは異なります。Exactly which sizing options are available can vary as this depends on the capabilities of the display device.
      • テキスト サイズ設定設定、アクセスの容易さの表示-> します。Text size settings in Settings->Ease of access->Display. 調整、テキストを大きくすべてのアプリケーションと画面 (すべての UWP テキスト コントロールは、テキストをカスタマイズまたはテンプレートなしのエクスペリエンスをスケーリングをサポート) 間でのサポート コントロールでテキストのサイズだけを指定する設定。Adjust the Make text bigger setting to specify only the size of text in supporting controls across all applications and screens (all UWP text controls support the text scaling experience without any customization or templating).

      注意

      すべての大きな設定により、ユーザーのプライマリ画面のみに一般にテキストとアプリの推奨サイズを指定します。The Make everything bigger setting lets a user specify their preferred size for text and apps in general on their primary screen only.

  4. テキスト コントラストが適切であること、ハイ コントラスト テーマで要素が正しくレンダリングされること、色が正しく使われていることを確認するため、UI を表示して検証します。Visually verify your UI to ensure that the text contrast is adequate, elements render correctly in the high-contrast themes, and colors are used correctly.

    • 色分析ツールを使って、視覚的なテキストのコントラスト比が 4.5:1 以上であることを検証します。Use a color analyzer tool to verify that the visual text contrast ratio is at least 4.5:1.
    • ハイ コントラスト テーマに切り替え、アプリの UI が読みやすく使いやすいことを確認します。Switch to a high contrast theme and verify that the UI for your app is readable and usable.
    • UI が情報を伝える唯一の手段として色を使っていないことを確認します。Ensure that your UI doesn’t use color as the only way to convey information.

    詳しくは、「ハイ コントラスト テーマ」と「アクセシビリティに対応したテキストの要件」をご覧ください。For more info, see High-contrast themes and Accessible text requirements.

  5. アクセシビリティ ツールを実行し、報告された問題に対処して、画面の読み上げを確認します。Run accessibility tools, address reported issues, and verify the screen reading experience.

    Inspect などのツールを使ってプログラムによるアクセスを検証し、AccChecker などの診断ツールを実行して一般的なエラーを見つけます。画面の読み上げの確認には、ナレーターを使います。Use tools such as Inspect to verify programmatic access, run diagnostic tools such as AccChecker to discover common errors, and verify the screen reading experience with Narrator.

    詳しくは、「アクセシビリティ テスト」をご覧ください。For more info, see Accessibility testing.

  6. アプリ マニフェストの設定がアクセシビリティ ガイドラインに準拠しているかどうかを確認します。Make sure your app manifest settings follow accessibility guidelines.

  7. Microsoft Store でアプリがアクセシビリティ対応であることを宣言します。Declare your app as accessible in the Microsoft Store.

    アクセシビリティ サポートの基準を実装したら、Microsoft Store でアプリがアクセシビリティ対応であることを宣言することで、より多くのユーザーにアプリを提供し、さらに良い評価を得ることができます。If you implemented the baseline accessibility support, declaring your app as accessible in the Microsoft Store can help reach more customers and get some additional good ratings.

    詳しくは、「ストア内のアクセシビリティ」をご覧ください。For more info, see Accessibility in the Store.