DispCivicAddressReport オブジェクト

[Location API オブジェクトモデルは、「要件」セクションで指定されているオペレーティングシステムで使用できます。 今後のバージョンでは変更されるか、利用できなくなる場合もあります。 代わりに、web サイトから場所にアクセスするには、 W3C 地理位置情報 APIを使用します。 デスクトップアプリケーションから場所にアクセスするには、 Windows の地理 位置情報 API を使用します。]

都市住所レポートを表します。

メンバー

DispCivicAddressReport オブジェクトには、次の種類のメンバーがあります。

Properties

DispCivicAddressReport オブジェクトには、これらのプロパティがあります。

プロパティ アクセスの種類 説明
AddressLine1
読み取り専用
番地の最初の行。
AddressLine2
読み取り専用
番地の2番目の行。
City
読み取り専用
市区町村名。
地域
読み取り専用
国または地域の名前。
DetailLevel
読み取り専用
レポートの詳細レベル。
住所
読み取り専用
郵便番号。
StateProvince
読み取り専用
都道府県名。
Timestamp
読み取り専用
レポートが生成された日付と時刻。

解説

このオブジェクトは、 CivicAddressReportFactoryオブジェクトの CivicAddressReportプロパティを使用して取得できます。 このオブジェクトは、 NewCivicAddressReport イベントを使用して受け取ることができます。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 7 [ デスクトップアプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
サポートなし