Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール ガイドWindows Subsystem for Linux Installation Guide for Windows 10

Windows Subsystem for Linux のインストールInstall the Windows Subsystem for Linux

Windows 上に Linux ディストリビューションをインストールする前に、"Linux 用 Windows サブシステム" オプション機能を有効にする必要があります。Before installing any Linux distributions on Windows, you must enable the "Windows Subsystem for Linux" optional feature.

管理者として PowerShell を開き、以下を実行します。Open PowerShell as Administrator and run:

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

WSL 1 のみをインストールするには、お使いのマシンを再起動し、「選択した Linux ディストリビューションをインストールする」に進んでください。それ以外の場合は、再起動を待ってから WSL 2 への更新操作に進んでください。To only install WSL 1, you should now restart your machine and move on to Install your Linux distribution of choice, otherwise wait to restart and move on to update to WSL 2. 詳細については、「WSL 2 と WSL 1 の比較」を参照してください。Read more about Comparing WSL 2 and WSL 1.

WSL 2 に更新するUpdate to WSL 2

WSL 2 に更新するには、次の条件を満たす必要があります。To update to WSL 2, you must meet the following criteria:

"仮想マシン プラットフォーム" のオプション コンポーネントを有効にするEnable the 'Virtual Machine Platform' optional component

WSL 2 をインストールする前に、"仮想マシン プラットフォーム" オプション機能を有効にする必要があります。Before installing WSL 2, you must enable the "Virtual Machine Platform" optional feature.

管理者として PowerShell を開き、以下を実行します。Open PowerShell as Administrator and run:

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

お使いのマシンを再起動して WSL のインストールを完了し、WSL 2 に更新します。Restart your machine to complete the WSL install and update to WSL 2.

WSL 2 を既定のバージョンとして設定するSet WSL 2 as your default version

管理者として PowerShell を開いて次のコマンドを実行し、新しい Linux ディストリビューションをインストールする際の既定のバージョンとして WSL 2 を設定します。Open PowerShell as Administrator and run this command to set WSL 2 as the default version when installing a new Linux distribution:

wsl --set-default-version 2

このメッセージは、コマンド WSL 2 requires an update to its kernel component. For information please visit https://aka.ms/wsl2kernel を実行した後に表示されることがあります。You might see this message after running that command: WSL 2 requires an update to its kernel component. For information please visit https://aka.ms/wsl2kernel. リンク (https://aka.ms/wsl2kernel) に従って、WSL 2 で使用する Linux カーネルをコンピューターにインストールするためのドキュメントのこのページから MSI をインストールしてください。Please follow the link (https://aka.ms/wsl2kernel) and install the MSI from that page on our documentation to install a Linux kernel on your machine for WSL 2 to use. カーネルをインストールしたら、コマンドを再度実行すると、メッセージが表示されることなく正常に完了します。Once you have the kernel installed, please run the command again and it should complete successfully without showing the message.

注意

対象のディストリビューションのサイズによっては、WSL 1 から WSL 2 への更新が完了するまでに数分かかる場合があります。The update from WSL 1 to WSL 2 may take several minutes to complete depending on the size of your targeted distribution. Windows 10 Anniversary Update または Creators Update から WSL 1 の古い (レガシ) インストールを実行している場合は、更新エラーが発生することがあります。If you are running an older (legacy) installation of WSL 1 from Windows 10 Anniversary Update or Creators Update, you may encounter an update error. 次の手順に従って、レガシ ディストリビューションをアンインストールして削除します。Follow these instructions to uninstall and remove any legacy distributions.

wsl --set-default-version の結果が無効なコマンドである場合は、「wsl --help」と入力してください。If wsl --set-default-version results as an invalid command, enter wsl --help. --set-default-version が表示されない場合は、お使いの OS によってサポートされていないことを意味しているため、バージョン 2004 ビルド 19041 以降に更新する必要があります。If the --set-default-version is not listed, it means that your OS doesn't support it and you need to update to version 2004, Build 19041 or higher.

選択した Linux ディストリビューションをインストールするInstall your Linux distribution of choice

  1. Microsoft Store を開き、希望する Linux ディストリビューションを選択します。Open the Microsoft Store and select your favorite Linux distribution.

    Microsoft Store での Linux ディストリビューションの表示

    次のリンクを使用すると、各ディストリビューションの Microsoft Store ページが開きます。The following links will open the Microsoft store page for each distribution:

  2. ディストリビューションのページで、[入手] を選択します。From the distribution's page, select "Get".

    Microsoft Store での Linux ディストリビューション

新しいディストリビューションを設定するSet up a new distribution

新しくインストールした Linux ディストリビューションを初めて起動すると、コンソール ウィンドウが開き、ファイルが圧縮解除されて PC に格納されるまで 1、2 分待つように求められます。The first time you launch a newly installed Linux distribution, a console window will open and you'll be asked to wait for a minute or two for files to de-compress and be stored on your PC. 今後のすべての起動には、1 秒もかかりません。All future launches should take less than a second.

次に、新しい Linux ディストリビューションのユーザー アカウントとパスワードを作成する必要があります。You will then need to create a user account and password for your new Linux distribution.

Windows コンソールでの Ubuntu の展開

ディストリビューションのバージョンを WSL 1 または WSL 2 に設定するSet your distribution version to WSL 1 or WSL 2

インストールされている各 Linux ディストリビューションに割り当てられている WSL バージョンを確認するには、PowerShell コマンド ラインを開き、次のコマンドを入力します (Windows ビルド 19041 以上でのみ使用可能): wsl -l -vYou can check the WSL version assigned to each of the Linux distributions you have installed by opening the PowerShell command line and entering the command (only available in Windows Build 19041 or higher): wsl -l -v

wsl --list --verbose

ディストリビューションで使用される WSL のバージョンを設定するには、以下を実行します。To set a distribution to be backed by either version of WSL please run:

wsl --set-version <distribution name> <versionNumber>

<distribution name> は、お使いのディストリビューションの実際の名前に必ず置き換えてください。<versionNumber> は、数字の "1" または "2" に置き換えてください。Make sure to replace <distribution name> with the actual name of your distribution and <versionNumber> with the number '1' or '2'. 上記と同じコマンドで "2" を "1" に置き換えて実行することにより、いつでも WSL 1 に戻すことができます。You can change back to WSL 1 at anytime by running the same command as above but replacing the '2' with a '1'.

また、WSL 2 を既定のアーキテクチャにする場合は、次のコマンドを使用して実行できます。Additionally, if you want to make WSL 2 your default architecture you can do so with this command:

wsl --set-default-version 2

これにより、インストールされるすべての新しいディストリビューションのバージョンが WSL 2 に設定されます。This will set the version of any new distribution installed to WSL 2.

インストールのトラブルシューティングTroubleshooting installation

関連エラーと推奨される修正を次に示します。Below are related errors and suggested fixes. その他の一般的なエラーとその解決策については、WSL のトラブルシューティングのページを参照してください。Refer to the WSL troubleshooting page for other common errors and their solutions.

  • エラー 0x80070003 が発生してインストールに失敗しましたInstallation failed with error 0x80070003

    • Windows Subsystem for Linux はシステム ドライブ (通常、これは C: ドライブ) でのみ実行されます。The Windows Subsystem for Linux only runs on your system drive (usually this is your C: drive). ディストリビューションがシステム ドライブに格納されていることを確認します。Make sure that distributions are stored on your system drive:
    • [設定] -> [ストレージ] -> [その他のストレージ設定: 新しいコンテンツの保存先を変更する] を開きます。C: ドライブにアプリをインストールするためのシステム設定の画像Open Settings -> Storage -> More Storage Settings: Change where new content is saved Picture of system settings to install apps on C: drive
  • WslRegisterDistribution failed with error 0x8007019e (エラー0x8007019e で WslRegisterDistribution が失敗しました)WslRegisterDistribution failed with error 0x8007019e

    • Windows Subsystem for Linux オプション コンポーネントが有効になっていません。The Windows Subsystem for Linux optional component is not enabled:
    • [コントロール パネル] -> [プログラムと機能] -> [Windows の機能の有効化または無効化] を開いて、 [Linux 用 Windows サブシステム] をチェックするか、またはこの記事の冒頭に記載した PowerShell コマンドレットを使用してください。Open Control Panel -> Programs and Features -> Turn Windows Feature on or off -> Check Windows Subsystem for Linux or using the PowerShell cmdlet mentioned at the beginning of this article.
  • インストールがエラー 0x80070003 またはエラー 0x80370102 で失敗したInstallation failed with error 0x80070003 or error 0x80370102

    • コンピューターの BIOS 内部で仮想化が有効になっていることを確認してください。Please make sure that virtualization is enabled inside of your computer's BIOS. これを行う方法の手順は、コンピューターによって異なりますが、最も可能性が高いのは CPU 関連のオプションの下です。The instructions on how to do this will vary from computer to computer, and will most likely be under CPU related options.
  • アップグレードしようとしたときに次のエラーが発生する: Invalid command line option: wsl --set-version Ubuntu 2Error when trying to upgrade: Invalid command line option: wsl --set-version Ubuntu 2

    • Linux 用 Windows サブシステムが有効になっていること、および Windows ビルド バージョン 19041 以降を使用していることを確認してください。Please make sure that you have the Windows Subsystem for Linux enabled, and that you're using Windows Build version 19041 or higher. WSL を有効にするには、PowerShell プロンプトで管理者特権を使用してこのコマンドを実行します: Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-LinuxTo enable WSL run this command in a PowerShell prompt with admin privileges: Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux. WSL のインストール手順の詳細については、こちらを参照してください。You can find the full WSL install instructions here.
  • 仮想ディスク システムの制限があるため、要求された操作を完了できませんでした。仮想ハード ディスク ファイルは、圧縮と暗号化が解除されている必要があります。また、スパースにすることはできません。The requested operation could not be completed due to a virtual disk system limitation. Virtual hard disk files must be uncompressed and unencrypted and must not be sparse.

  • "wsl" という用語が、コマンドレット、関数、スクリプト ファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。The term 'wsl' is not recognized as the name of a cmdlet, function, script file, or operable program.