Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール ガイドWindows Subsystem for Linux Installation Guide for Windows 10

Linux 用 Windows サブシステムをインストールするInstall Windows Subsystem for Linux

Linux 用 Windows サブシステムには 2 つの異なるバージョンがあり、インストール プロセス中にどちらかを選択します。Windows Subsystem for Linux has two different versions to choose between during the installation process. 全体的なパフォーマンスは WSL 2 の方が優れているため、これを使用することをお勧めします。WSL 2 has better overall performance and we recommend using it. システムが WSL 2 をサポートしていない場合、またはクロスシステム ファイル ストレージを必要とする特定の状況がある場合は、WSL 1 を使い続けることができます。If your system does not support WSL 2, or you have a specific situation that requires cross-system file storage, then you may want to stick with WSL 1. 詳細については、「WSL 2 と WSL 1 の比較」を参照してください。Read more about Comparing WSL 2 and WSL 1.

手順 1 - Linux 用 Windows サブシステムを有効にするStep 1 - Enable the Windows Subsystem for Linux

Windows 上に Linux ディストリビューションをインストールする前に、まず "Linux 用 Windows サブシステム" オプション機能を有効にする必要があります。You must first enable the "Windows Subsystem for Linux" optional feature before installing any Linux distributions on Windows.

管理者として PowerShell を開き、以下を実行します。Open PowerShell as Administrator and run:

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

ここで、手順 2 に進み、WSL 2 に更新することをお勧めしますが、WSL 1 のみをインストールする場合は、マシンを 再起動 して、「手順 6 - 選択した Linux ディストリビューションをインストールする」に進むことができます。We recommend now moving on to step #2, updating to WSL 2, but if you wish to only install WSL 1, you can now restart your machine and move on to Step 6 - Install your Linux distribution of choice. WSL 2 に更新するには、マシンの 再起動を待ってから 、次の手順に進みます。To update to WSL 2, wait to restart your machine and move on to the next step.

手順 2 - WSL 2 に更新するStep 2 - Update to WSL 2

WSL 2 に更新するには、Windows 10 を実行している必要があります。To update to WSL 2, you must be running Windows 10.

必要条件Requirements

  • x64 システムの場合: バージョン 1903 以降、 ビルド 18362 以上。For x64 systems: Version 1903 or higher, with Build 18362 or higher.
  • ARM64 システムの場合: バージョン 2004 以降、 ビルド 19041 以上。For ARM64 systems: Version 2004 or higher, with Build 19041 or higher.
  • 18362 より前のビルドは WSL 2 をサポートしていません。Builds lower than 18362 do not support WSL 2. Windows 更新アシスタントを使用して、お使いのバージョンの Windows を更新します。Use the Windows Update Assistant to update your version of Windows.

バージョンとビルド番号を確認するには、 Windows ロゴ キー + R キー を押して、「 winver 」と入力し、 [OK] を選択します。To check your version and build number, select Windows logo key + R , type winver , select OK . (または、Windows コマンド プロンプトで ver コマンドを入力します)。(Or enter the ver command in Windows Command Prompt). [設定] メニューで、最新の Windows バージョンに更新します。Update to the latest Windows version in the Settings menu.

注意

Windows 10 バージョン 1903 または 1909 を実行している場合は、Windows メニューから [設定] を開き、[更新とセキュリティ] に移動して、[更新プログラムのチェック] を選択します。If you are running Windows 10 version 1903 or 1909, open "Settings" from your Windows menu, navigate to "Update & Security" and select "Check for Updates". ビルド番号は、18362.1049+ または 18363.1049+ で、マイナー ビルド番号は .1049 より大きい必要があります。Your Build number must be 18362.1049+ or 18363.1049+, with the minor build # over .1049. 詳細については、「Windows 10 バージョン 1903 および 1909 で WSL 2 のサポート開始」を参照してください。Read more: WSL 2 Support is coming to Windows 10 Versions 1903 and 1909. また、トラブルシューティング手順も参照してください。See the troubleshooting instructions.

手順 3: 仮想マシンの機能を有効にするStep 3 - Enable Virtual Machine feature

WSL 2 をインストールする前に、" 仮想マシン プラットフォーム " オプション機能を有効にする必要があります。Before installing WSL 2, you must enable the Virtual Machine Platform optional feature.

管理者として PowerShell を開き、以下を実行します。Open PowerShell as Administrator and run:

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

お使いのマシンを 再起動 して WSL のインストールを完了し、WSL 2 に更新します。Restart your machine to complete the WSL install and update to WSL 2.

手順 4 - Linux カーネル更新プログラム パッケージをダウンロードするStep 4 - Download the Linux kernel update package

  1. 最新のパッケージをダウンロードします。Download the latest package:

    注意

    ARM64 マシンを使用している場合は、代わりに ARM64 パッケージをダウンロードしてください。If you're using an ARM64 machine, please download the ARM64 package instead. 使用しているマシンの種類がわからない場合は、コマンド プロンプトまたは PowerShell を開き、「systeminfo | find "System Type"」と入力します。If you're not sure what kind of machine you have, open Command Prompt or PowerShell and enter: systeminfo | find "System Type".

  2. 前の手順でダウンロードした更新プログラム パッケージを実行します。Run the update package downloaded in the previous step. (ダブルクリックして実行します。管理者特権のアクセス許可を求めるメッセージが表示されます。[はい] を選択して、このインストールを承認します。)(Double-click to run - you will be prompted for elevated permissions, select ‘yes’ to approve this installation.)

インストールが完了したら、次の手順に進み、新しい Linux ディストリビューションをインストールする際の既定のバージョンとして WSL 2 を設定します。Once the installation is complete, move on to the next step - setting WSL 2 as your default version when installing new Linux distributions. (新しい Linux インストールを WSL 1 に設定する場合は、この手順をスキップしてください)。(Skip this step if you want your new Linux installs to be set to WSL 1).

注意

詳細については、Windows コマンドラインのブログにあるWSL2 Linux カーネルの更新プログラムに対する変更に関するページを参照してください。For more information, read the article changes to updating the WSL2 Linux kernel, available on the Windows Command Line Blog.

手順 5 - WSL 2 を既定のバージョンとして設定するStep 5 - Set WSL 2 as your default version

PowerShell を開いて次のコマンドを実行し、新しい Linux ディストリビューションをインストールする際の既定のバージョンとして WSL 2 を設定します。Open PowerShell and run this command to set WSL 2 as the default version when installing a new Linux distribution:

wsl --set-default-version 2

注意

対象のディストリビューションのサイズによっては、WSL 1 から WSL 2 への更新が完了するまでに数分かかる場合があります。The update from WSL 1 to WSL 2 may take several minutes to complete depending on the size of your targeted distribution. Windows 10 Anniversary Update または Creators Update から WSL 1 の古い (レガシ) インストールを実行している場合は、更新エラーが発生することがあります。If you are running an older (legacy) installation of WSL 1 from Windows 10 Anniversary Update or Creators Update, you may encounter an update error. 次の手順に従って、レガシ ディストリビューションをアンインストールして削除します。Follow these instructions to uninstall and remove any legacy distributions.

wsl --set-default-version の結果が無効なコマンドである場合は、「wsl --help」と入力してください。If wsl --set-default-version results as an invalid command, enter wsl --help. --set-default-version が表示されない場合は、お使いの OS によってサポートされていないことを意味しているため、バージョン 1903、ビルド 18362 以上に更新する必要があります。If the --set-default-version is not listed, it means that your OS doesn't support it and you need to update to version 1903, Build 18362 or higher.

コマンドの実行後に、次のメッセージが表示される場合: WSL 2 requires an update to its kernel component. For information please visit https://aka.ms/wsl2kernelIf you see this message after running the command: WSL 2 requires an update to its kernel component. For information please visit https://aka.ms/wsl2kernel. さらに MSI Linux カーネル更新パッケージをインストールする必要があります。You still need to install the MSI Linux kernel update package.

手順 6 - 選択した Linux ディストリビューションをインストールするStep 6 - Install your Linux distribution of choice

  1. Microsoft Store を開き、希望する Linux ディストリビューションを選択します。Open the Microsoft Store and select your favorite Linux distribution.

    Microsoft Store での Linux ディストリビューションの表示

    次のリンクを使用すると、各ディストリビューションの Microsoft Store ページが開きます。The following links will open the Microsoft store page for each distribution:

  2. ディストリビューションのページで、[入手] を選択します。From the distribution's page, select "Get".

    Microsoft Store での Linux ディストリビューション

手順 7 - 新しいディストリビューションを設定するStep 7 - Set up a new distribution

新しくインストールした Linux ディストリビューションを初めて起動すると、コンソール ウィンドウが開き、ファイルが圧縮解除されて PC に格納されるまで 1、2 分待つように求められます。The first time you launch a newly installed Linux distribution, a console window will open and you'll be asked to wait for a minute or two for files to de-compress and be stored on your PC. 今後のすべての起動には、1 秒もかかりません。All future launches should take less than a second.

次に、新しい Linux ディストリビューションのユーザー アカウントとパスワードを作成する必要があります。You will then need to create a user account and password for your new Linux distribution.

Windows コンソールでの Ubuntu の展開

お疲れさまでした。これで、Windows オペレーティング システムと完全に統合された Linux ディストリビューションのインストールと設定が正常に完了しました。CONGRATULATIONS! You've successfully installed and set up a Linux distribution that is completely integrated with your Windows operating system!

Windows ターミナルをインストールする (省略可能)Install Windows Terminal (optional)

Windows ターミナルでは、複数のタブ (複数の Linux コマンド ライン、Windows コマンド プロンプト、PowerShell、Azure CLI などをすばやく切り替える) が有効になり、カスタム キー バインド (タブを開くまたは閉じる、コピーと貼り付けを行うなどのためのショートカット キー) を作成でき、検索機能、カスタム テーマ (配色、フォント スタイルとサイズ、背景画像、ぼかし、透明度) を使用できます。Windows Terminal enables multiple tabs (quickly switch between multiple Linux command lines, Windows Command Prompt, PowerShell, Azure CLI, etc), create custom key bindings (shortcut keys for opening or closing tabs, copy+paste, etc.), use the search feature, and custom themes (color schemes, font styles and sizes, background image/blur/transparency). 詳細情報。Learn more.

Windows ターミナルをインストールします。Install Windows Terminal.

Windows ターミナル

ディストリビューションのバージョンを WSL 1 または WSL 2 に設定するSet your distribution version to WSL 1 or WSL 2

インストールされている各 Linux ディストリビューションに割り当てられている WSL バージョンを確認するには、PowerShell コマンド ラインを開き、次のコマンドを入力します (Windows ビルド 18362 以上でのみ使用可能): wsl -l -vYou can check the WSL version assigned to each of the Linux distributions you have installed by opening the PowerShell command line and entering the command (only available in Windows Build 18362 or higher): wsl -l -v

wsl --list --verbose

ディストリビューションで使用される WSL のバージョンを設定するには、以下を実行します。To set a distribution to be backed by either version of WSL please run:

wsl --set-version <distribution name> <versionNumber>

<distribution name> は、お使いのディストリビューションの実際の名前に必ず置き換えてください。<versionNumber> は、数字の "1" または "2" に置き換えてください。Make sure to replace <distribution name> with the actual name of your distribution and <versionNumber> with the number '1' or '2'. 上記と同じコマンドで "2" を "1" に置き換えて実行することにより、いつでも WSL 1 に戻すことができます。You can change back to WSL 1 at anytime by running the same command as above but replacing the '2' with a '1'.

また、WSL 2 を既定のアーキテクチャにする場合は、次のコマンドを使用して実行できます。Additionally, if you want to make WSL 2 your default architecture you can do so with this command:

wsl --set-default-version 2

これにより、インストールされるすべての新しいディストリビューションのバージョンが WSL 2 に設定されます。This will set the version of any new distribution installed to WSL 2.

インストールのトラブルシューティングTroubleshooting installation

関連エラーと推奨される修正を次に示します。Below are related errors and suggested fixes. その他の一般的なエラーとその解決策については、WSL のトラブルシューティングのページを参照してください。Refer to the WSL troubleshooting page for other common errors and their solutions.

  • エラー 0x80070003 が発生してインストールに失敗しましたInstallation failed with error 0x80070003

    • Windows Subsystem for Linux はシステム ドライブ (通常、これは C: ドライブ) でのみ実行されます。The Windows Subsystem for Linux only runs on your system drive (usually this is your C: drive). ディストリビューションがシステム ドライブに格納されていることを確認します。Make sure that distributions are stored on your system drive:
    • [設定] -> ** システム --> [記憶域] -> その他のストレージ設定: [新しいコンテンツの保存先を変更する] を開きます。C: ドライブにアプリをインストールするためのシステム設定の画像Open Settings -> **System --> Storage -> More Storage Settings: Change where new content is saved Picture of system settings to install apps on C: drive
  • WslRegisterDistribution failed with error 0x8007019e (エラー0x8007019e で WslRegisterDistribution が失敗しました)WslRegisterDistribution failed with error 0x8007019e

    • Windows Subsystem for Linux オプション コンポーネントが有効になっていません。The Windows Subsystem for Linux optional component is not enabled:
    • [コントロール パネル] -> [プログラムと機能] -> [Windows の機能の有効化または無効化] を開いて、 [Linux 用 Windows サブシステム] をチェックするか、またはこの記事の冒頭に記載した PowerShell コマンドレットを使用してください。Open Control Panel -> Programs and Features -> Turn Windows Feature on or off -> Check Windows Subsystem for Linux or using the PowerShell cmdlet mentioned at the beginning of this article.
  • インストールがエラー 0x80070003 またはエラー 0x80370102 で失敗したInstallation failed with error 0x80070003 or error 0x80370102

    • コンピューターの BIOS 内部で仮想化が有効になっていることを確認してください。Please make sure that virtualization is enabled inside of your computer's BIOS. これを行う方法の手順は、コンピューターによって異なりますが、最も可能性が高いのは CPU 関連のオプションの下です。The instructions on how to do this will vary from computer to computer, and will most likely be under CPU related options.
  • アップグレードしようとしたときに次のエラーが発生する: Invalid command line option: wsl --set-version Ubuntu 2Error when trying to upgrade: Invalid command line option: wsl --set-version Ubuntu 2

    • Linux 用 Windows サブシステムが有効になっていること、および Windows ビルド バージョン 18362 以上を使用していることをご確認ください。Enure that you have the Windows Subsystem for Linux enabled, and that you're using Windows Build version 18362 or higher. WSL を有効にするには、PowerShell プロンプトで管理者特権を使用してこのコマンドを実行します: Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-LinuxTo enable WSL run this command in a PowerShell prompt with admin privileges: Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux.
  • 仮想ディスク システムの制限があるため、要求された操作を完了できませんでした。仮想ハード ディスク ファイルは、圧縮と暗号化が解除されている必要があります。また、スパースにすることはできません。The requested operation could not be completed due to a virtual disk system limitation. Virtual hard disk files must be uncompressed and unencrypted and must not be sparse.

    • [内容を圧縮] ([内容を暗号化] のチェックボックスがオンになっている場合はこれも) を選択解除するため、Linux ディストリビューションのプロファイル フォルダーを開きます。Deselect “Compress contents” (as well as “Encrypt contents” if that’s checked) by opening the profile folder for your Linux distribution. これは、Windows ファイル システムのフォルダーにあります (例: USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited...)。It should be located in a folder on your Windows file system, something like: USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited...
    • この Linux ディストリビューション プロファイル内に、LocalState フォルダーが存在します。In this Linux distro profile, there should be a LocalState folder. このフォルダーを右クリックして、オプションのメニューを表示します。Right-click this folder to display a menu of options. [プロパティ] > [詳細設定] の順に選択し、[内容を圧縮してディスク領域を節約する] および [内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する] チェックボックスを確実にオフにします。Select Properties > Advanced and then ensure that the “Compress contents to save disk space” and “Encrypt contents to secure data” checkboxes are unselected (not checked). これを現在のフォルダーのみに適用するか、すべてのサブフォルダーとファイルに適用するかを確認するメッセージが表示された場合は、圧縮フラグをオフにしようとしているだけなので、[このフォルダーのみ] を選択します。If you are asked whether to apply this to just to the current folder or to all subfolders and files, select “just this folder” because you are only clearing the compress flag. この操作を実行すると、wsl --set-version コマンドが機能するようになります。After this, the wsl --set-version command should work.

WSL ディストリビューションのプロパティ設定のスクリーンショット

注意

この例では、Ubuntu 18.04 ディストリビューションの LocalState フォルダーの場所は次のとおりです。C:\Users<my-user-name>\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited.Ubuntu18.04onWindows_79rhkp1fndgscIn my case, the LocalState folder for my Ubuntu 18.04 distribution was located at C:\Users<my-user-name>\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited.Ubuntu18.04onWindows_79rhkp1fndgsc

この問題の最新情報が追跡されている WSL ドキュメント GitHub スレッド #4103 をご確認ください。Check WSL Docs GitHub thread #4103 where this issue is being tracked for updated information.

  • "wsl" という用語が、コマンドレット、関数、スクリプト ファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。The term 'wsl' is not recognized as the name of a cmdlet, function, script file, or operable program.

  • Error:この更新プログラムは、Linux 用 Windows サブシステムを搭載したマシンにのみ適用されます。Error: This update only applies to machines with the Windows Subsystem for Linux.

    • Linux カーネル更新プログラム MSI パッケージをインストールするには、WSL が必要であり、最初に有効にする必要があります。To install the Linux kernel update MSI package, WSL is required and should be enabled first. 失敗した場合は、"This update only applies to machines with the Windows Subsystem for Linux" というメッセージが表示されます。If it fails, it you will see the message: This update only applies to machines with the Windows Subsystem for Linux.
    • このメッセージが表示される理由として、次の 3 つが考えられます。There are three possible reason you see this message:
    1. WSL 2 をサポートしていない古いバージョンの Windows を使用しています。You are still in old version of Windows which doesn't support WSL 2. バージョン要件と更新プログラムへのリンクについては、手順 2 を参照してください。See step #2 for version requirements and links to update.

    2. WSL が有効になっていません。WSL is not enabled. 手順 1 に戻り、お使いのマシンでオプションの WSL 機能が有効になっていることを確認する必要があります。You will need to return to step #1 and ensure that the optional WSL feature is enabled on your machine.

    3. WSL を有効にした後、再起動しないと、効力が発しません。マシンを再起動してから、もう一度お試しください。After you enabled WSL, a reboot is required for it to take effect, reboot your machine and try again.

  • Error:WSL 2 のカーネル コンポーネントを更新する必要があります。詳細については、 https://aka.ms/wsl2kernel をアクセスしてください。Error: WSL 2 requires an update to its kernel component. For information please visit https://aka.ms/wsl2kernel .

    • Linux カーネル パッケージが %SystemRoot%\system32\lxss\tools フォルダーにない場合、このエラーが発生します。If the Linux kernel package is missing in the %SystemRoot%\system32\lxss\tools folder, you will encounter this error. このインストール手順の手順 4 に従って Linux カーネル更新プログラム MSI パッケージをインストールすることにより、このエラーを解決できます。Resolve it by installing the Linux kernel update MSI package in step #4 of these installation instructions. [プログラムの追加と削除] から MSI をアンインストールして、インストールし直すことが必要な場合があります。You may need to uninstall the MSI from 'Add or Remove Programs', and install it again.