App Store への Xamarin.iOS アプリの公開Publishing Xamarin.iOS apps to the App Store

App Store にアプリを公開する場合、アプリ開発者は、まず、スクリーンショット、説明、アイコン、およびその他の情報と共に、そのアプリを審査のために Apple に提出する必要があります。To publish an app to the App Store, an app developer must first submit it – along with screenshots, a description, icons, and other information – to Apple for review. アプリの承認後、Apple ではそのアプリを App Store に配置します。そこでユーザーはアプリを購入し、自分の iOS デバイスから直接インストールすることができます。After approving the app, Apple places it on the App Store, where users can purchase it and install it directly from their iOS devices.

このガイドでは、App Store 用のアプリを準備し、審査のために Apple に送信する場合に従う手順について説明します。This guide describes the steps to follow to prepare an app for the App Store and send it to Apple for review. 具体的には、以下の作業について説明します。In particular, it describes:

  • App Store 審査ガイドラインに従うFollowing the App Store Review Guidelines
  • App ID と権利の設定Setting up an App ID and entitlements
  • App Store アイコンとアプリ アイコンの提供Providing an App Store icon and app icons
  • App Store プロビジョニング プロファイルの設定Setting up an App Store provisioning profile
  • リリース ビルド構成の更新Updating the Release build configuration
  • iTunes Connect でのアプリの構成Configuring your app in iTunes Connect
  • アプリのビルドと Apple への提出Building your app and submitting it to Apple

重要

Apple は、2019 年 3 月以降に App Store に提出されるすべてのアプリおよび更新プログラムが iOS 12.1 SDK (Xcode 10.1 以降に含まれている) でビルドされる必要があることを通知しましたApple has indicated that starting in March 2019, all apps and updates submitted to the App Store must have been built with the iOS 12.1 SDK or later, included in Xcode 10.1 or later. アプリでは、iPhone XS および 12.9 インチ iPad Pro の画面サイズもサポートされる必要もあります。Apps should also support the iPhone XS and 12.9" iPad Pro screen sizes.

App Store のガイドラインApp Store guidelines

App Store で公開するためにアプリを提出する前に、そのアプリが Apple の「App Store 審査ガイドライン」で定義されている基準を満たしていることを確認します。Before submitting an app for publication in the App Store, make sure that it meets the standards defined by Apple's App Store Review Guidelines. App Store にアプリを提出すると、Apple ではそのアプリを審査し、要件を満たしていることを確認します。When you submit an app to the App Store, Apple reviews it to make sure that it meets these requirements. 要件を満たしていない場合、Apple はそのアプリを却下します。その場合、示された問題に対処し、再提出する必要があります。If it does not, Apple will reject it – and you will need to address the cited problems and resubmit. したがって、開発プロセスでできるだけ早くガイドラインをよく理解することをお勧めします。Therefore, it is a good idea to become familiar the guidelines as early as possible in the development process.

アプリを提出する際の注意事項をいくつか以下に示します。A couple of things to watch out for when submitting an app:

  1. アプリの説明がその機能と一致することを確認します。Make sure the app’s description matches its functionality.
  2. アプリが通常の使用でクラッシュしないことをテストします。Test that the app doesn’t crash under normal usage. これには、サポートされるすべての iOS デバイスでの使用が含まれます。This includes usage on every iOS device it supports.

Apple で提供される App Store に関連するリソースも参照してください。Also take a look at App Store-related resources that Apple provides.

アプリ ID と権利を設定するSet up an App ID and entitlements

iOS アプリにはそれぞれ一意のアプリ ID があり、権利 と呼ばれる、一連のアプリケーション サービスが関連付けられています。Every iOS app has a unique App ID, which has an associated set of application services called entitlements. 権利により、アプリでは、プッシュ通知の受信や、HealthKit などの iOS 機能へのアクセスなど、さまざまな作業を行うことができます。Entitlements allow apps to do various things such as receive push notification, access iOS features such as HealthKit, and more.

アプリ ID を作成し、必要な権利を選択するには、Apple Developer ポータルにアクセスして、次の手順に従います。To create an App ID and select any needed entitlements, visit the Apple Developer Portal and follow these steps:

  1. Apple Developer ポータルにログインします。Login to the Apple Developer Portal. Apple ID をまだお持ちでない場合は、まず Apple ID を作成します。If you don't already have an Apple ID, create an Apple ID first.
  2. [Certificates, IDs & Profiles](証明書、ID、およびプロファイル) セクション、 [Identifiers](識別子) セクションの順にアクセスします。Go to the Certificates, IDs & Profiles section, and then to the Identifiers section.
  3. ページの上部にある識別子の見出しの横にある + ボタンをクリックします。Click the + button next to the Identifiers heading at the top of the page.
  4. App ID を選択し、[続行] をクリックします。Select App IDs and click Continue.
  5. [App](アプリ) を選択し、 [Continue](続行) をクリックします。Select App and then click Continue.
  6. 新しいアプリケーションの [Description](説明)[Bundle ID](バンドル ID) を入力し、Xamarin.iOS アプリケーションで必要となる機能を選択します。Enter a Description and Bundle ID for the new application, and select any Capabilities that will be required by your Xamarin.iOS application. App Services の詳細については、「Xamarin.iOS の機能の使用」ガイドを参照してください。App Services are further described in the Working with capabilities in Xamarin.iOS guide. 選択が終了したら、 [Continue](続行) をクリックします。When you finish making your selections, click Continue.
  7. [Register](登録) ボタンをクリックして、新しい App ID を作成するプロセスを完了します。Click the Register button to complete the process for creating the new App ID.

アプリ ID を定義する際に必要なアプリケーション サービスを選択して構成するだけでなく、アプリ ID と権利を Xamarin.iOS プロジェクトで構成する必要があります。その場合は、Info.plist ファイルと Entitlements.plist ファイルを編集します。In addition to selecting and configuring the required application services when defining your App ID, you must configure the App ID and entitlements in your Xamarin.iOS project by editing the Info.plist and Entitlements.plist files. 詳細については、「Xamarin.iOS での権利の使用」ガイドを参照してください。このガイドでは、Entitlements.plist ファイルの作成方法と、そのファイルに含まれるさまざまな権利設定の意味について説明しています。For more information, take a look at the Working with Entitlements in Xamarin.iOS guide, which describes how to create an Entitlements.plist file and the meaning of the various entitlement settings it contains.

App Store アイコンを含めるInclude an App Store icon

Apple にアプリを提出する場合は、App Store アイコンを含むアセット カタログが含まれていることを確認してください。When you submit an app to Apple, be sure that it includes an asset catalog that contains an App Store icon. これを行う方法については、「App Store icons in Xamarin.iOS」 (Xamarin.iOS の App Store アイコン) ガイドを参照してください。To learn how to do this, take a look at the App Store icons in Xamarin.iOS guide.

アプリ アイコンと起動画面を設定するSet the apps icons and launch screens

Apple が iOS アプリを App Store で利用できるようにするには、アプリを実行できるすべての iOS デバイスの適切なアイコンと起動画面が必要になります。For Apple to make an iOS app available on the App Store, it must have proper icons and launch screens for all of the iOS devices on which it can run. アプリ アイコンと起動画面の設定の詳細については、以下のガイドを参照してください。For more information about setting up app icons and launch screens, read the following guides:

App Store プロビジョニング プロファイルを作成してインストールするCreate and install an App Store provisioning profile

iOS ではプロビジョニング プロファイルを使用して、特定のアプリケーション ビルドの展開方法を制御します。iOS uses provisioning profiles to control how a particular application build can be deployed. これらは、アプリの署名に使用される証明書、アプリ ID、およびアプリをインストールできる場所に関する情報を含むファイルです。These are files that contain information about the certificate used to sign an app, the App ID, and where the app can be installed. 開発とアドホック配布の場合、プロビジョニング プロファイルには、アプリを展開できる許可デバイスのリストも含まれます。For development and ad hoc distribution, the provisioning profile also includes the list of allowed devices to which you can deploy the app. ただし、App Store での配布の場合は、証明書とアプリ ID の情報のみが含まれます。これは、App Store でのみ一般に配布されるためです。However, for App Store distribution, only certificate and App ID information are included since the only mechanism for public distribution is the App Store.

App Store プロビジョニング プロファイルを作成してインストールするには、次の手順に従います。To create and install an App Store provisioning profile, follow these steps:

  1. Apple Developer ポータルにログインします。Login to the Apple Developer Portal.
  2. [Certificates, IDs & Profiles](証明書、ID、およびプロファイル) セクション、 [Profiles](プロファイル) セクションの順にアクセスします。Go to the Certificates, IDs & Profiles section, and then to the Profiles section.
  3. + ボタンをクリックして [iOS App Development](iOS アプリ開発)[App Store](App Store) を選択して、 [Continue](続行) をクリックします。Click the + button, select iOS App Development and App Store, and click Continue.
  4. リストからご利用のアプリの [アプリ ID] を選択して、[続行] をクリックします。Select your app's App ID from the list and click Continue.
  5. 署名証明書を選択して、[続行] をクリックします。Select a signing certificate and click Continue.
  6. このプロファイルに含めるデバイスを選択し、 [Continue](続行) をクリックします。Select devices to include in this profile and click Continue.
  7. [Provisioning Profile Name](プロビジョニング プロファイル名) を入力し、 [Generate](生成) をクリックしてプロファイルを生成します。Enter a Provisioning Profile Name and click Generate to generate the profile.
  8. Xamarin の Apple アカウント管理ツールを使用して、新しく作成されたプロビジョニング プロファイルをご利用の Mac にダウンロードします。Use Xamarin's Apple Account Management tools to download the newly-created provisioning profile to your Mac. Mac を使用している場合は、Apple Developer ポータルから直接プロビジョニング プロファイルをダウンロードし、ダブルクリックしてインストールすることもできます。If you're on a Mac, you can also download the provisioning profile directly from the Apple Developer Portal and double-click on it to install.

詳しい手順については、配布プロファイルの作成に関するページと「Xamarin.iOS プロジェクトでの配布プロファイルの選択」を参照してください。For detailed instructions, see the Creating a distribution profile and Selecting a distribution profile in a Xamarin.iOS project.

リリース ビルド構成を更新するUpdate the Release build configuration

新しい Xamarin.iOS プロジェクトでは、デバッグおよびリリース _ビルド構成_が自動的に設定されます。New Xamarin.iOS projects automatically set up Debug and Release build configurations. リリース ビルドを正しく構成するには、次の手順に従います。To properly configure the Release build, follow these steps:

  1. Solution Pad から、iOS プロジェクト内にある Info.plist ファイルを開きます。From the Solution Pad, open Info.plist file located inside the iOS project.

  2. [アプリケーション] ビューを使用していることを確認してください。Make sure you're in Application view. これは、下部のナビゲーション バーにあるオプションをクリックして設定できます。This can be set by clicking on the option in the bottom navigation bar.

  3. 署名オプションとして [手動プロビジョニング] を選択します。Select Manual Provisioning as the Signing option. ファイルを保存して閉じます。Save and close the file.

  4. Solution Pad[プロジェクト名] を右クリックし、[オプション] を選択して [iOS ビルド] タブに移動します。Right-click on the Project Name in the Solution Pad, select Options, and navigate to the iOS Build tab.

  5. [構成][リリース] に、[プラットフォーム][iPhone] に設定します。Set Configuration to Release and Platform to iPhone.

  6. 特定の iOS SDK でビルドするには、[SDK バージョン] リストからそれを選択します。To build with a specific iOS SDK, select it from the SDK version list. それ以外の場合は、この値を既定のままにしておきます。Otherwise, leave this value at Default.

  7. リンクを設定し、未使用のコードを削除することで、アプリケーションの全体のサイズが小さくなります。Linking reduces the overall size of your application by stripping out unused code.

    • ほとんどの場合、 [リンカーの動作] は既定値の [フレームワーク SDK のみをリンクする] に設定する必要があります。In most cases, Linker Behavior should be set to the default value of Link Framework SDKs only.
    • [リンクしない] オプションを使用すると、 [フレームワーク SDK のみをリンクする] オプションでリンクから除外されるパブリックでない iOS API が Xamarin.iOS に存在するため、Apple がアプリを拒否する可能性がありますUsing the Don't Link option can cause Apple to reject the app due to the presence of non-public iOS APIs in Xamarin.iOS that would be linked out with the Link Framework SDKs only option
    • [すべてをリンクする] は、サード パーティのライブラリを含め、プロジェクト内のすべてのアセンブリからコードが取り除かれるため、慎重に使用する必要があります。Link All should be used with care as it will strip code from all assemblies in the project, including 3rd party libraries. 静的コード分析を行って、どのライブラリ コードが使用されているかが判断されるため、サード パーティのライブラリから、リンカーで検出できないリフレクション経由でのみ使用できるコードを取り除くことができます。It can strip out code that the 3rd party library may only use via reflection that the linker cannot detect, as it does static code analysis to determine what library code is being used. コードの欠落による実行時のエラーを回避するには一部のクラスやメソッドを手動で保持する必要があるため、 [すべてをリンクする] は注意して使用してください。Use Link All with care as you may have to manually preserve some classes and/or methods to avoid runtime failures due to missing code.
    • 詳細については、「Xamarin.iOS アプリをリンクする」ガイドを参照してください。For more information, refer to the Linking Xamarin.iOS apps guide.
  8. iOS 11 の場合は、ARM64 をサポートするデバイス アーキテクチャの 1 つを選択します。For iOS 11, select one of the device architectures that supports ARM64. 64 ビット iOS デバイスのビルドの詳細については、「32/64 ビット プラットフォームの考慮事項」ドキュメントの「Enabling 64-Bit Builds of Xamarin.iOS Apps」 (Xamarin.iOS アプリの 64 ビット ビルドの有効化) セクションを参照してください。For more information on building for 64-bit iOS devices, please see the Enabling 64-Bit Builds of Xamarin.iOS Apps section of the 32/64-bit platform considerations documentation.

  9. LLVM コンパイラを使用すれば、より小さく高速なコードをビルドすることができます。You may wish to use the LLVM compiler to build smaller and faster code. しかし、このオプションではコンパイル時間が増加します。However, this option increases compile times.

  10. [PNG 画像を最適化する] をオンにして、アプリケーションのサイズをさらに小さくします。Check Optimize PNG images to further decrease your application's size.

  11. デバッグはビルド サイズが不必要に大きくなるため、有効に_しない_ でください。Debugging should not be enabled, as it will make the build unnecessarily large.

  12. アプリケーションのニーズに基づいて、国際化対応のために使用および設定するガベージ コレクションの種類を調整することもできます。Based on your application's needs, you may also wish to adjust the type of Garbage Collection being used and setup for Internationalization.

    上記のようにオプションを設定すると、ビルド設定は次のようになります。After setting the options as described above, your build settings should look similar to this:

    iOS ビルド設定iOS Build settings

    ビルド設定について詳しく説明されている「iOS ビルドのしくみ」ガイドも参照してください。Also take a look at the iOS build mechanics guide, which further describes build settings.

  13. [iOS バンドル署名] タブに移動します。ここでオプションが編集できない場合は、Info.plist ファイルで [手動プロビジョニング] が確実に選択されていることを確認します。Navigate to the iOS Bundle Signing tab. If the options here are not editable, ensure that Manual Provisioning is selected in the Info.plist file.

  14. [構成][リリース] に、[プラットフォーム][iPhone] に設定されていることを確認します。Make sure that Configuration is set to Release and Platform is set to iPhone.

  15. [署名 ID][配布 (自動)] に設定します。Set Signing Identity to Distribution (Automatic).

  16. [プロビジョニング プロファイル] では、前の手順で作成した App Store プロビジョニング プロファイルを選択します。For Provisioning Profile, select the App Store provisioning profile created above.

    これで、プロジェクトのバンドル署名オプションは次のようになります。Your project's bundle signing options should now look similar to this:

    iOS バンドル署名iOS Bundle Signing

  17. [OK] をクリックして、プロジェクト プロパティへの変更を保存します。Click OK to save changes to the project properties.

iTunes Connect でアプリを構成するConfigure your app in iTunes Connect

iTunes Connect は、App Store で iOS アプリケーションを管理するための Web ベースのツール群です。iTunes Connect is a suite of web-based tools for managing your iOS applications on the App Store. Xamarin.iOS アプリケーションを審査のために Apple に提出し、App Store でリリースする前に、iTunes Connect でアプリケーションを正しく構成する必要があります。Your Xamarin.iOS application must be properly configured in iTunes Connect before it can be submitted to Apple for review and released on the App Store.

これを行う方法については、「iTunes Connect でのアプリの構成」ガイドを参照してください。To learn how to do this, read the Configuring an app in iTunes Connect guide.

アプリをビルドして提出するBuild and submit your app

ビルド設定が正しく構成され、iTunes Connect が提出待ちの状態になったら、アプリをビルドして Apple に提出することができます。With your build settings properly configured and iTunes Connect awaiting your submission, you can now build your app and submit it to Apple.

  1. Visual Studio for Mac で、[リリース] ビルド構成とビルド対象のデバイス (シミュレーターではない) を選択します。In Visual Studio for Mac, select the Release build configuration and a device (not a simulator) for which to build.

    ビルド構成とプラットフォームの選択Build configuration and platform selection

  2. [ビルド] メニューから、 [発行のためのアーカイブ] を選択します。From the Build menu, select Archive for Publishing.

  3. アーカイブが作成されると、 [アーカイブ] ビューが表示されます。Once the archive has been created, the Archives view will be displayed. [署名と配布] をクリックして、発行ウィザードを開きます。Click Sign and Distribute... to open the publishing wizard.

    [アーカイブ] ビューの [署名と配布] ボタンの場所のスクリーンショット。Screenshot of the Sign and Distribute button location in the Archives view.

    注意

    既定では、[アーカイブ] ビューには開いているソリューションのアーカイブのみが表示されます。By default the Archives view only shows archives for the open solution. アーカイブのあるソリューションをすべて表示するには、[アーカイブをすべて表示] チェック ボックスをオンにします。To see all solutions that have archives, check the Show all archives checkbox. 古いアーカイブを保持し、その中に含まれるデバッグ情報を、必要に応じてクラッシュ レポートにシンボル名を付加するために使用できるようにしておくことをお勧めします。It is a good idea to keep old archives so that the debug information they include can be used to symbolicate crash reports if necessary.

  4. [App Store] 配布チャネルを選択します。Select the App Store distribution channel. [次へ] をクリックします。Click Next.

  5. [アップロード] を宛先として選択します。Select Upload as the destination. [次へ] をクリックします。Click Next.

  6. [プロビジョニング プロファイル] ウィンドウで、署名 ID、アプリ、およびプロビジョニング プロファイルを選択します。In the Provisioning profile window, select your signing identity, app, and provisioning profile. [次へ] をクリックします。Click Next.

    有効な署名 ID、アプリ、プロビジョニング プロファイルの選択を示すプロビジョニング プロファイル ウィザード ページのスクリーンショット。Screenshot of the Provisioning profile wizard page showing a valid signing identity, app, and provisioning profile selection.

  7. [App Store Connect information](App Store Connect の情報) ウィンドウで、メニューから Apple ID のユーザー名を選択し、アプリ固有のパスワードを入力します。In the App Store Connect information window, select an Apple ID username from the menu and enter an app-specific password. [次へ] をクリックします。Click Next.

    Apple ID ユーザー名が選択されていることを示す、App Store の接続情報ウィザード ページのスクリーンショット。Screenshot of the App Store Connect information wizard page showing an Apple ID user name selected.

  8. パッケージの詳細を確認し、 [発行] をクリックします。Verify the details of your package and click Publish. .ipa ファイルを保存する場所を選択すると、アプリが App Store Connect にアップロードされます。After selecting a location to save the .ipa file, the wizard will upload your app to App Store Connect.

    注意

    Apple では、.ipa ファイルに iTunesMetadata.plist が含まれるアプリは、次のようなエラーが発生するため、却下する場合があります。Apple may reject apps with the iTunesMetadata.plist included in the .ipa file, resulting in an error such as the following:

    ERROR: ERROR ITMS-90047: "Disallowed paths ( "iTunesMetadata.plist" ) found at: Payload/iPhoneApp1.app"

    このエラーの回避策については、Xamarin フォーラムのこちらの投稿を参照してください。For a workaround to this error, take a look at this post in the Xamarin Forums.

iTunes Connect のステータスiTunes Connect status

アプリの提出の状態を確認するには、iTunes Connect にログインし、ご利用のアプリを選択します。To see the status of your app submission, log in to iTunes Connect and select your app. 初期状態は [審査待ち] となります。ただし、処理中は一時的に [Upload Received](アップロード受信済み) になる場合があります。The initial status should be Waiting For Review, though it may temporarily read Upload Received while it is being processed.

レビューを待機していますWaiting For Review

ヒントとテクニックTips and tricks

.ipa の場所をカスタマイズするCustomize the .ipa location

MSBuild プロパティの IpaPackageDir では、.ipa ファイルの出力場所をカスタマイズすることができます。An MSBuild property, IpaPackageDir, makes it possible to customize the .ipa file output location. IpaPackageDir がカスタムの場所に設定されている場合、タイムスタンプが付いた既定のサブディレクトリではなく、その場所に .ipa ファイルが置かれます。If IpaPackageDir is set to a custom location, the .ipa file will be placed in that location instead of the default timestamped subdirectory. このような変更は、継続的インテグレーション (CI) ビルドに利用される自動化ビルドのように、正常に動作するために特定のディレクトリ パスに依存する自動化ビルドを作成する際に便利な場合があります。This can be useful when creating automated builds that rely on a specific directory path to work correctly, such as those used for Continuous Integration (CI) builds.

新しいプロパティはいくつかの方法で使用される可能性があります。There are several possible ways to use the new property. たとえば、(Xamarin.iOS 9.6 以前の) 古い既定のディレクトリに .ipa ファイルを出力する場合は、次のいずれかの方法を使用して、IpaPackageDir プロパティを $(OutputPath) に設定できます。For example, to output the .ipa file to the old default directory (as in Xamarin.iOS 9.6 and lower), you can set the IpaPackageDir property to $(OutputPath) using one of the following approaches. いずれの方法も、IDE ビルド、および msbuildmdtool を使用するコマンド ライン ビルドを含む、すべての Unified API Xamarin.iOS ビルドと互換性があります。Both approaches are compatible with all Unified API Xamarin.iOS builds, including IDE builds as well as command-line builds that use msbuild or mdtool:

  • 最初のオプションでは、MSBuild ファイルの <PropertyGroup> 要素内で IpaPackageDir プロパティを設定します。The first option is to set the IpaPackageDir property within a <PropertyGroup> element in an MSBuild file. たとえば、次の <PropertyGroup> を iOS アプリ プロジェクト .csproj ファイルの一番下 (終了タグ </Project> の直前) に追加できます。For example, you could add the following <PropertyGroup> to the bottom of the iOS app project .csproj file (just before the closing </Project> tag):

    <PropertyGroup>
      <IpaPackageDir>$(OutputPath)</IpaPackageDir>
    </PropertyGroup>
    
  • もっと良い手法は、.ipa ファイルのビルドに使用される構成に対応する既存の <PropertyGroup> の一番下に <IpaPackageDir> 要素を追加することです。A better approach is to add a <IpaPackageDir> element to the bottom of the existing <PropertyGroup> that corresponds to the configuration used to build the .ipa file. この方法が優れているのは、iOS IPA オプション プロジェクト プロパティ ページで予定されている設定との将来的な互換性がプロジェクトに与えられるためです。This is better because it will prepare the project for future compatibility with a planned setting on the iOS IPA Options project properties page. 現在、Release|iPhone 構成を使用して .ipa ファイルをビルドしている場合、更新された完全なプロパティ グループは次のようになります。If you currently use the Release|iPhone configuration to build the .ipa file, the complete updated property group might look similar to the following:

    <PropertyGroup Condition=" '$(Configuration)|$(Platform)' == 'Release|iPhone'">
       <Optimize>true</Optimize>
       <OutputPath>bin\iPhone\Release</OutputPath>
       <ErrorReport>prompt</ErrorReport>
       <WarningLevel>4</WarningLevel>
       <ConsolePause>false</ConsolePause>
       <CodesignKey>iPhone Developer</CodesignKey>
       <MtouchUseSGen>true</MtouchUseSGen>
       <MtouchUseRefCounting>true</MtouchUseRefCounting>
       <MtouchFloat32>true</MtouchFloat32>
       <CodesignEntitlements>Entitlements.plist</CodesignEntitlements>
       <MtouchLink>SdkOnly</MtouchLink>
       <MtouchArch>ARMv7, ARM64</MtouchArch>
       <MtouchHttpClientHandler>HttpClientHandler</MtouchHttpClientHandler>
       <MtouchTlsProvider>Default</MtouchTlsProvider>
       <BuildIpa>true</BuildIpa>
       <IpaPackageDir>$(OutputPath)</IpaPackageDir>
    </PropertyGroup>
    

コマンド ライン ビルドの msbuild のための代替手法は、/p: コマンド ライン引数を追加し、IpaPackageDir プロパティを設定することです。An alternate technique for msbuild command-line builds is to add a /p: command line argument to set the IpaPackageDir property. 代替手法を使う場合、msbuild はコマンド ラインに渡される $() 式を展開しません。そのため、$(OutputPath) 構文は利用できません。In this case note that msbuild does not expand $() expressions passed in on the command line, so it is not possible to use the $(OutputPath) syntax. 代わりに、完全パス名を指定する必要があります。You must instead provide a full path name.

msbuild /p:Configuration="Release" /p:Platform="iPhone" /p:ServerAddress="192.168.1.3" /p:ServerUser="macuser" /p:IpaPackageDir="%USERPROFILE%\Builds" /t:Build SingleViewIphone1.sln

Mac の場合は次のようになります。Or the following on Mac:

msbuild /p:Configuration="Release" /p:Platform="iPhone" /p:IpaPackageDir="$HOME/Builds" /t:Build SingleViewIphone1.sln

配布ビルドが作成され、アーカイブされたら、アプリケーションを iTunes Connect に提出できます。With your distribution build created and archived, you are now ready to submit your application to iTunes Connect.

まとめSummary

この記事では、App Store でのリリースのために iOS アプリを構成、ビルド、および提出する方法について説明しました。This article described how to configure, build, and submit an iOS app for release on the App Store.