System Center vNext Data Protection Manager エラー コード

この記事では、Microsoft vNext アプリケーションで発生する可能性があるエラー System CenterについてData Protection Manager。

元の製品バージョン:  System Center Data Protection Manager
元の KB 番号:   3041345

注意

  • 一部のエラー コードについては、この記事の表に追加のトラブルシューティング情報を示します。
  • メッセージおよびトラブルシューティング情報では、斜体のテキストが角かっこで囲まれます (たとえば) は、特定のエンティティの名前 (サーバー名など) を <ServerName> 表します。

エラー コード 0 ~ 100

エラー コード メッセージ ページの先頭へ
0 シャドウ コピーを作成できません。 障害の原因は、レプリカと差分領域の間の関連付けを失ったレプリカでした。
7 Active Directory ドメイン サービス データベースに接続できません。 DPM サーバーがドメインのメンバーであり、ドメイン コントローラーである必要があります。
8 PreDiscoveryConcurrencyError
9 SavedInquiryConcurrencyError
10 ADGConcurrencyError
11 ホストに到達<サーバー名> DPM は参照できません。 サーバー名<オンライン> DPM サーバーからリモートでアクセス可能な状態を確認します。 サーバー名サーバーでファイアウォールが有効<場合> DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
12 アクセスが拒否された<サーバー名> DPM は参照できません。 DPM を実行しているコンピューターに <ServerName> の DCOM 起動とアクセス許可が付与され、DPM サーバーと <ServerName> のシステム時刻がドメイン コントローラーのシステム時刻と同期されている必要があります。
13 保護エージェントが応答 <、DPM <サーバー名を参照>サーバー名を参照できません。 サーバー名のアプリケーション ログで DPMRA ソースの<を確認>エージェントが応答に失敗した理由を確認します。
  1. DPM サーバーがサーバー名サーバーからリモートでアクセス<確認>。
  2. DPM サーバーでファイアウォールが有効になっている場合は、サーバー名サーバーからの要求がブロック<確認>。
  3. サーバー名サーバーで DPM Protection エージェント (DPMRA) サービス<再起動>。 サービスが開始しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
14 DPM は、コンピューター上<保護エージェント>通信エラーが原因で、サーバー名を参照できません。
1. サーバー名<DPM サーバー>リモートでアクセス可能な状態を確認します。
2. サーバー名サーバーでファイアウォール<場合> DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
3. サーバー名サーバーで DPM Protection エージェント (DPMRA) サービス<再起動>。 サービスが開始しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
15 保護エージェントが <ServerName> <にインストールされていないか、コンピューターが再起動>ので、DPM は サーバー 名を参照できません。 保護エージェントをインストールします。
16 パスの一部が削除または名前<されている> FileName ファイル名のパスにアクセスできない。 パスを確認し、もう一度入力します。
17 ADGAgentUnableToReadOrAccess
18 ADGUnprotectableNE
19 ADGAgentUnableToAccessFolder
30 コンピューターを再起動して保護エージェント<完了するまで、DPM はサーバー>サーバー名に接続できません。 サーバーを再起動し、もう一度操作を試します。
31 ホストに到達できない<サーバー名> DPM は参照できません。
1. サーバー 名<オンライン> DPM サーバーからリモートでアクセス可能な状態にしてください。
2. ファイアウォールが サーバー 名 <で有効>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
32 アクセスが拒否された<サーバー名> DPM は参照できません。 [管理 ] タスク 領域の [エージェント] タブ で、エージェントの状態を確認します。 また、DPM サーバー上のシステム時刻と保護されたコンピューターが、ドメイン コントローラー上のシステム時刻と同期されているのを確認します。
33 エージェントが応答<サーバー名> DPM は参照できません。 ServerName サーバー名にエージェントを<した>コンピューターが再起動している可能性があります。 エージェントが使用可能になるまでWindows開始するまで数分待ちます。 それ以外の場合は、このエラーをトラブルシューティングするには、次の手順を実行します。
  1. エージェントが応答に失敗した理由を調<ServerName>アプリケーション イベント ログで DPMRA ソースの最近のレコードを確認します。
  2. DPM サーバーがサーバー名サーバーからリモートでアクセス<確認>。
  3. DPM サーバーでファイアウォールが有効になっている場合は、サーバー名サーバーからの要求をブロック<確認>。
  4. サーバー名サーバーで DPM Protection Agent サービス<再起動>。 サービスが開始しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
34 DPM は、エージェントとの<エラー> ServerName ファイルを参照できません。 ServerName サーバー名にエージェントを<した>コンピューターが再起動している可能性があります。 エージェントが使用可能になるまでWindows開始するまで数分待ちます。 それ以外の場合は、このエラーをトラブルシューティングするには、次の手順を実行します。
  1. DPM サーバーがサーバー名サーバーからリモートでアクセス<確認>。
  2. DPM サーバーでファイアウォールが有効になっている場合は、サーバー名サーバーからの要求をブロック<確認>。
  3. サーバー名サーバーで DPM Protection Agent サービス<再起動>。 サービスが開始しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
35 DPM は、<ServerName> にエージェントがインストールされていないか、またはコンピューターが再起動中のため、<サーバー名> を参照できません。 保護エージェントをインストールします。
36 パスの一部が削除または名前変更されたため、DPM はパス <Component> にアクセスできない。 パスを確認し、もう一度入力します。
37 要素が別のプロセス<排他的に>されたため、DPM は FileName ファイルにアクセスできない。 後で選択を試したり、オブジェクトが別のプロセスによってロックされているのか確認してください。
38 DPM は、ServerName サーバー名の保護されたコンピューター上の <Component> <列挙>。 ごみ箱、システム ボリューム情報フォルダー、NTFS ボリューム以外のボリューム、DFS リンク、CD、クォーラム ディスク (クラスター用)、その他のリムーバブル メディアは保護できません。 なし。
39 DPM は FileName ファイルのパス<アクセス>。 パスが存在し、アクセス可能なパスを確認します。
40 <ObjectName> 宛先ボリュームのマウント ポイントが <MountPointPath> 含まれている <VolumeName> 。 また、ボリュームを保護しますか <VolumeName> ?
41 コンピューターに到達できないので、DPM <ServerName>との通信に失敗しました。
1. サーバー名<オンライン> DPM サーバーからリモートでアクセス可能にしてください。
2. ファイアウォールが サーバー 名 <で有効>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
3. バックアップ LAN を使用している場合は、バックアップ LAN 設定が有効である必要があります。
4. クラスター化されたリモート SMB ストレージを使用している場合、プライマリ クラスターの所有者が切り替えた直後にバックアップ ジョブが開始しようとすると、このエラーが表示される場合があります。 その場合は、しばらく待って操作を再試行してください。
42 アクセスが拒否されたため 、DPM はサーバー<サーバー>エージェントとの通信に失敗しました。
1. DPM サーバーに <ServerName> の DCOM 起動とアクセス許可が付与され、DPM サーバーと保護されたコンピューターのシステム時刻がドメイン コントローラーのシステム時刻と同期されているのを確認します。
2. このコンピューターを保護する必要がなくなった場合は、このコンピューターのレコードをデータベースから削除できます。 レコードを削除するには、[ エージェント] タブの [管理] タスク領域で 、コンピューター名を選択します。 [詳細] ウィンドウで 、[レコードの削除] を選択します
3. DPM サーバーと保護されたコンピューターからドメイン コントローラーにアクセスできる状態を確認します。
4. DPM と保護されたコンピューターの間で引き続き通信の問題が発生している場合は、通信の問題に関連するイベントについて、DPM サーバーと保護されたコンピューターのイベント ログを確認します。
43 DPM は、エージェントが応答しないので、サーバー<サーバー>保護エージェントとの通信に失敗しました。
  1. エージェントが応答に失敗した理由を調<ServerName>アプリケーション イベント ログで DPMRA ソースの最近のレコードを確認します。
  2. DPM サーバーがサーバー名サーバーからリモートでアクセス<確認>。
  3. DPM サーバーでファイアウォールが有効になっている場合は、サーバー名サーバーからの要求をブロック<確認>。
  4. サーバー名サーバーで DPM Protection Agent サービス<再起動>。 サービスが開始しない場合は、保護エージェントを再インストールします。

上記の手順で問題が解決しない場合は、「エラー ID 43 または 60」を参照System Center 2012Data Protection Manager。
44 RmFsCaseSensitive
45 DPM は、エージェントがインストールされていないか<コンピューターが再起動> サーバー 名サーバーの保護エージェントとの通信に失敗しました。 保護エージェントをインストールします。 コンピューターが再起動中の場合は、コンピューターがオンラインになります。
46 選択されているオブジェクトが多すぎるため、DPM は操作を実行できなかった。 少数のオブジェクトを選択し、操作を再試行します。
  • ボリューム上の多数のデータ ソースを保護する場合は、個々のデータ ソースではなくボリューム全体を保護する方法を検討してください。
  • ボリュームから多数のフォルダーまたはファイルを回復する場合は、親フォルダーの回復を検討するか、回復を複数の操作に分割します。
47 PSServerName サーバー上の保護エージェント<コンポーネント>正しくインストールまたは構成されていません。
1. PSServerName <対象>がサポートされていないバージョンのオペレーティング システムを実行していないか確認します。
2. PSServerName <コンピューターを再起動>。 問題が解決しない場合は 、PSServerName <で>プログラムの追加と削除を使用して DPM 保護エージェント をアンインストールします。 次に、DPM サーバーの [エージェント] タブの[管理] タスク領域で 、PSServerName サーバーに保護エージェント<再インストール>。
48 <ServerName>再起動する必要があります。 保護エージェントがインストールされた後、コンピューターが再起動されていない可能性があります。 サーバーを再起動します。 このサーバーでデータを保護している場合は、再起動後に整合性チェックを実行してデータを同期します。
49 保護エージェントは、PSServerName サーバー上のボリューム<FileName>にアクセスしようと <PSVolumeName> <>。 ファイルにアクセス可能な場所を確認します。 データを整合性チェックと同期します。
50 PSServerName サーバー上<DPM 保護エージェント>ボリューム上の FileName ファイルの整合性チェック<実行>失敗しました <PSVolumeName> ファイルが使用可能なのを確認し、整合性チェックを再実行します。
51 PSServerName サーバー上のボリュームの保護にルート ディレクトリが追加または削除<<PSVolumeName> された>。 アクションは不要です。
52 DPM サービスは、サーバー名サーバー名サーバー上の保護エージェント<通信>。 サーバー名サーバーで DPM レプリケーション エージェント (DPMRA) サービス<再起動>。
53 DPM は、保護エージェントとの<エラー> ServerName サーバー名サーバーとの通信に失敗しました。
1. サーバー名<DPM サーバー>アクセス可能な状態にしてください。
2. ファイアウォールが サーバー 名 <で有効>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
3. サーバー名サーバーで DPM レプリケーション エージェント サービス<再起動>。 サービスが開始しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
54 RmFSFInsufficientResources
55 サーバー名サーバー <VolumeName> の<ボリューム>アクセスできません。 ボリュームが削除またはマウント解除されたか、別のプロセスで排他的に使用されている可能性があります。 このエラーを解決するには、ボリュームに <VolumeName> アクセスできます。

以前に保護されたボリュームを同じ名前に置き換える新しいボリュームが作成され、新しいボリュームを保護する場合は、元のボリュームを保護グループから削除してから、新しいボリュームを保護グループに追加する必要があります。 <VolumeName> 将来の回復のためにレプリカを保持できます。

コンピューター上のデータ ソースを保護する必要がなくなった場合は、コンピューターから保護エージェントをアンインストールできます。 ボリュームが完全に削除または削除されている場合は、保護グループからボリュームを削除します (必要に応じて、将来の回復のためにレプリカを保持する選択を選択します)、次に [非アクティブなアラート] を選択してアラートを 無効 にします。
56 DPM は、保護エージェントから完了状態を受け取らなかったため、データの移動に失敗しました。 操作を再び実行してください。
57 1 つ以上のボリュームで使用できるディスク領域が十分ではないので、DPM はデータを保護し続 <TargetServerName> けられません。 ディスク領域を解放して再試行します。
58 DPM がレプリカのディスク領域を使用しなかっています。 このデータ ソースでアクティブな保留中のディスクしきい値アラートが表示されなかから、ジョブを再実行してください。 DPM によってボリュームが自動的に拡大され、アラートが解決された可能性があります。
59 DPM を使用して、サーバー名サーバー上<DatasourceType >< DatasourceName>の<開始>。 この操作が完了したら、保護を継続するために、DPM はレプリカと保護されたコンピューターで回復されたデータを同期する必要があります。 レプリカの整合性チェックを実行してレプリカを同期するために DPM を有効にするには、一貫性のないマークが付けされています。 アクションは不要です。
60 サーバー名サーバーの<エージェント>予期しない状態のため、一時的に応答できなかった。 操作を再び実行してください。 問題が残っている場合は、保護されているサーバーに開いているファイルが含けられている可能性があります。 このシナリオでは、次の 3 つの潜在的な回避策があります。
  • アプリケーションを停止し、DPM レプリカまたは整合性チェックを手動で実行します。
  • 保護するデータを別のフォルダーにコピーするプロセスを開発し、そのフォルダーを保護するために DPM を構成します。
  • .cmd バッチ ファイルを使用してファイルを開いているアプリケーションを停止し、DPM バックアップを実行し、バックアップが完了した後にアプリケーションを再起動する保護されたサーバーで、バックアップ前およびバックアップ後のスクリプトを構成します。 このオプションは、バックアップの実行中にアプリケーションを使用できないことを意味します。
61 RmFileMovedIn
62 DPM を実行している <VolumeName> コンピューターでボリュームが見当たらできません。 記憶域プール ディスクにアクセス可能な場所を確認します。 ディスク領域が設定されていない場合は、ディスク領域を再割り当てしてから、データを再保護します。
63 ファイルが属するリソース グループ<仮想>が構成されていないので、DPM は FileName ファイルを保護できない。 リソース グループに仮想名が構成されていることを確認します。 また、クラスター リソース間の依存関係が正しく構成されていることを確認します。
64 ボリューム <VolumeName> は DPM サーバー上でオフラインです。 DPM サーバーで、サーバー マネージャーを開き、[診断イベント ビューアー] Windowsログ] を展開し、アプリケーション ログで推奨されるアクション > > を実行します。
65 DPM サービスは、サーバー名サーバー名サーバー上の保護エージェント<通信>。 サーバーで DPM レプリケーション エージェント サービスを再起動します。
77 内部エラーが原因で整合性チェック ジョブが失敗しました。 整合性チェック ジョブを再実行します。
78 DPM では、このコンピューターにインストールされている互換性のないフィルターが検出されたため、保護されたコンピューター <ServerName> でデータ ソースの保護を続行できません。 解決するには、「互換性のないフィルター ドライバーのエラー」を参照してください
91 <ServerName <DatasourceType >< DatasourceName> の<のレプリカ>は、保護されたデータ ソースと一致しません。 アクションは不要です。
92 DatasourceType DatasourceName データベースのレプリカのボリューム<にアクセス> >< サーバー名<アクセス>。 DatasourceName <保護を>し、このデータ ソースの保護を再構成します。
93 ServerName サーバー<の DatasourceType >< DatasourceName>の<レプリカ>作成されます。 レプリカの作成が後でスケジュールされている場合、アクションは必要ありません。 レプリカを手動で作成する場合は、データをコピーし、整合性チェックと同期します。
94 のデータ ソース < >< DatasourceType DatasourceName > は保護されなくなったので、DPM にはレプリカが存在しなくなりました。 このデータ ソースに対してレプリカを保持しない 停止保護 タスクが実行されたため、レプリカが削除された可能性があります。 レプリカの作成操作が完了するまで待ちます。 次に、ジョブを再試行します。 アクションは必要ありません。 DPM データベースが更新されるのを待って、このデータ ソースが保護されなくなったのを反映します。
95 サーバー名サーバー上の <DatasourceName>の<ジョブ>は、継続的な同期操作によって発生しました。 進行中の同期操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 その後、操作を再試行します。
96 サーバー名サーバー上の <DatasourceName>の<の>は、継続的なレプリカの作成によって発生しました。 整合性チェック操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 次に、ジョブを再試行します。
97 サーバー 名サーバー上の <DatasourceName> の<の>エラーは、継続的な整合性チェック操作によって発生しました。 整合性チェック操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 次に、ジョブを再試行します。
98 <ServerName>の datasourceName <の>のジョブの失敗は、現在進行中の回復操作によって発生しました。 回復操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 次に、ジョブを再試行します。
99 サーバー 名サーバー上の <DatasourceName> の<の>は、継続的な停止保護ジョブによって発生しました。 保護停止操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 次に、ジョブを再試行します。
100 <ServerName> の datasourceName> の<の>は、継続的な復旧ポイントの作成によって発生しました。 復旧ポイントの操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 その後、操作を再試行します。

エラー コード 101~200

エラー コード メッセージ ページの先頭へ
101 このデータ ソースのレプリカが削除されたため、このデータ ソースに対してレプリカを保持せずに保護を停止するタスクが実行されたため、ジョブは失敗しました。 アクションは必要ありません。 DPM データベースが更新されるのを待って、このデータ ソースが保護されなくなったのを反映します。
104 ジョブの実行中に予期しないエラーが発生しました。

または

不明なエラー (0x80041010)
このエラーは、リモート共有上にファイルをSQL Serverデータベースを保護しようとしている場合に表示される可能性があります。 DPM ではサポートされていません。

これは、R2 を実行しているホストで Hyper-V VM をバックアップする場合Windows Server 2012があります。 DPM 2012 SP1 は、このシナリオをサポートしません。 Hyper-V VM を R2 以降で実行しているホストWindows Server 2012バックアップするには、DPM 2012 SP1 を DPM 2012 R2 にアップグレードします。
107 DPM 保護エージェントは、PSServerName サーバー上の変更<<PSVolumeName> 追跡>。
1. PSServerName データベースの System イベント ログで FSRecord ソースの<を確認>、問題が発生した理由を確認します。
2. 整合性チェックと同期します。
108 RmMonitoringLogIsFull
109 <> ServerName> の <DatasourceType >< DatasourceName> の DPMサーバー上のレプリカは、保護されたデータ ソースと矛盾しています。 変更を適用できない。 アクションは不要です。
110 RmSpillLogIsNotPresentOrHasIncorrectSize
111 <ServerName> が正常にシャットダウンされることなく再起動されました。 アクションは不要です。
112 Name <の DatasourceType DatasourceName> に対する変更<>< FileName < 適用>。 アクションは不要です。
113 の <DatasourceType DatasourceName> のジョブエラーは >< 、<ServerName> で継続的に競合する操作が原因で発生しました。 進行中の操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 次に、ジョブを再試行します。
114 ServerName サーバー上<DatasourceName>のジョブ<失敗>は、継続的なバックアップ操作によって発生しました。 操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 その後、操作を再試行します。
115 ServerName サーバー上<DatasourceName>のジョブ<失敗>は、テープ操作からの継続的な回復によって発生しました。 操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 その後、操作を再試行します。
116 ServerName サーバー<ジョブ>、そのコンピューター上の他の継続的な競合操作によって発生しました。 一部のアプリケーションでは、同じデータ ソースで並列復旧およびバックアップ操作を許可しない場合があります。 操作をキャンセルするか、操作が完了するのを待ちます。 その後、操作を再試行します。
117 内部エラーが原因で同期ジョブが失敗しました。
  • データSQL Server、Exchange、Windows SharePoint Services データの場合は、復旧ポイントを作成し、短期的なディスク保護を有効にし、[高速完全バックアップを使用して復旧ポイントを作成する] を選択 します
  • その他の種類のデータについては、復旧ポイントを作成し、[同期後に復旧 ポイントを作成する] を選択します
118 レプリカがレプリカの作成保留中の状態ではないので、選択したデータを DPM サーバー <ServerName> に 復元 することはできません。 復元する前に、レプリカが レプリカ作成保留中の 状態にあるか確認してください。
130 保持範囲全体の復旧ポイントの最大数が . <MaxLimit> 1 日あたりの回復ポイントを増やすには、保持範囲を減らしたり、日数を減らしたりする必要があります。
131 ファイル名の拡張子は、a で始まる必要があります。次の文字を含めることはできません ./ \ : * ? " < >``| アクションは不要です。
132 重複するファイル名の拡張子を削除します。 拡張機能を削除します。
133 この復旧ポイントと以前の復旧ポイントの時間差が指定した同期頻度よりも小さいため、この復旧ポイントを選択できない。

指定した同期頻度: <ValueEntered>
指定した同期頻度以上の以前の復旧ポイントとの時間差がある復旧ポイントを選択します。
135 このボリュームの他のマウント ポイント上のデータが保護のために選択されたため、このフォルダーを保護できません。 アクションは不要です。
136 ディスクまたはテープ ライブラリが使用できないので、保護グループを作成できません。 テープ ライブラリを構成するか、ストレージ プールにディスクを追加します。
137 入力された保護グループ名が既に存在します。 別の名前を指定します。
138 システム ボリューム上のデータの保護を有効にしました <ObjectName> 。 また、このコンピューターのシステム状態を保護する場合は、保護グループのメンバーとして System State を個別に追加する必要があります。 アクションは不要です。
139 InvalidTimeOffset
140 ネットワーク帯域幅の使用調整速度は、1 Mbps から 10000 Mbps の間である必要があります。 有効な値を指定します。
141 レプリカが <InputParameterTag> アイドル状態ではないので、実行できません。 進行中のジョブがジョブを完了または取り消すのを待ちます。
143 DPM を使用してドメイン コントローラー上の NETLOGON 共有または SYSVOL 共有上のデータを保護する場合、DPM を使用してデータを復元すると、ドメイン コントローラーの Active Directory ドメイン サービス データベースのコピーが破損します。 アクションは不要です。
144 長期保護のバックアップ頻度は、短期的な保護のためにバックアップ頻度以上である必要があります。

短期的な保護のためのバックアップ頻度: <InputParameterTag>
アクションは不要です。
145 この保護グループの長期的な回復目標に影響を及ぼすため、明示的な完全バックアップ スケジュールを削減できない。 この保護グループの高速完全バックアップ スケジュールを減らす前に、保護グループのプロパティを変更して、週単位以上のバックアップ頻度を指定する必要があります。
146 指定した保護グループ名が無効です。 保護グループ名は、1 ~ 64 文字で、少なくとも 1 つのアルファベット文字である必要があります。 有効な名前を指定します。
147 保護されたコンピューターを表示するには、これらのコンピューターの保護を有効にする必要があります。 保護を有効にする。
148 別の DPM サーバー (プライマリ DPM サーバー) 上のレプリカを保護するために選択しました。 プライマリ DPM サーバーの DPM データベース (DPMDB) をレプリカと共に保護することをお勧めします。 DPMDB を保護しない場合、DPMDB とレプリカが失われた場合にプライマリ DPM サーバーのレプリカを回復することはできません。
149 ServerName のボリュームの変更ジャーナル サイズを <<VolumeName> >指定しました <ValueEntered> 。 ただし、選択したコンピューターの使用可能な領域よりも大きくなります。 保護されたコンピューター上のボリュームの空き領域を指定し、タスクを再試行します。
150 プライマリ DPM サーバー上のレプリカを保護しようとしている。

ファイルの除外は、これらのレプリカには適用されませんが、他のすべての保護グループ メンバーに適用されます。
アクションは不要です。
151 ServerName サーバー名のサイズと使用<<VolumeName> ディスク>取得できませんでした。 この情報が取得されるまで、このボリューム上のデータを保護するためにディスク領域を割り当てできません。 再試行しますか? アクションを再試行します。
152 既存の設定のため、DPM データ ソースを保護グループに追加できない。 新しい保護グループを作成します。
153 サーバー名のサイズと使用領域<<VolumeName> サーバー> 取得できませんでした。 この情報が取得されるまで、このボリューム上のデータを保護するためにディスクを割り当てできません。
154 サーバー名のサイズと使用領域<<VolumeName> サーバー> 取得できませんでした。 この情報が取得されるまで、このボリューム上のデータを保護するためにディスクを割り当てできません。
155 サーバー名のサイズと使用領域<<VolumeName> サーバー> 取得できませんでした。 この情報が取得されるまで、このボリューム上のデータを保護するためにディスクを割り当てできません。
156 1 つ以上のメンバーの初期同期が発生している間、この保護グループにメンバーを追加する機能は一時的に無効になります。 メンバーの初期同期ジョブをキャンセルするか、完了するまで待ちます。
157 <DatasourceName>保護に追加できないのは、既に保護グループのメンバーだからです。 アクションは不要です。
158 <ValueEntered> は有効な値ではありません。 最大値はです <MaximumSizeUnit> 有効な値を指定します。
159 <ValueEntered> は有効な値ではありません。 有効な値を指定します。
160 <ValueEntered> の最小割り当て値を満たしています <OriginallyCalculatedValue><Unit> 有効な値を指定します。
162 DPM では、サーバー名サーバー名の選択したデータのサイズを計算することで、ディスク割り当 <VolumeName> ての<最適化>。 続行しますか? 最適化に進みます。
164 <VolumeName> on <ServerName> 1 GB の最小サイズ要件を満たしません。 ボリュームを選択しない。
168 保護されている 1 つ以上のボリュームのレプリカが見つからない。 これは、DPM ストレージ プール内の 1 つ以上のディスクがオフラインの場合や、レプリカを格納するために DPM によって作成されたボリュームの削除の結果である可能性があります。 レプリカが割り当て可能になるまで、ディスク割り当てを変更したり、これらのボリューム上のメンバーに対する保護を構成したりすることはできません。 保護 グループで [保留中のメンバーの 確認] を選択し、保護のためにディスク領域を割り当てる。
169 この以前に保護されたボリュームのレプリカを保持することを選択したが、そのレプリカが DPM サーバーから欠落しています。 レプリカの格納に使用されたボリュームが記憶域プールから削除されたか、レプリカが格納されたディスクを検出できません。 このレプリカのレコードを DPM から削除するまで、この以前に保護されたボリュームを保護することはできません。 保護グループで該当するメンバーを選択し、[非アクティブな保護の 削除] を選択します。 [ディスク上の レプリカの削除] が選択 されている必要があります。
170 保護グループに対して要求された変更は <ProtectedGroup> 、次の一貫性チェックを開始します <ListOfVolumes>

要求された変更を適用しますか?
171 記憶域プール ディスクに、レプリカボリュームと復旧ポイント ボリュームを割り当てるのに十分な領域が不足しています。 このエラーは、保護グループのベア メタル回復 (BMR) を停止しようとするときに発生する可能性があります。 既定では、BMR のみを停止すると、DPM は BMR 保護を System State Protection に変換しようと試み、BMR よりもシステム バックアップに多くのスペースが必要です。 使用可能な領域がシステム状態保護に変換するのに十分でない場合は、このエラーが表示されます。

BMR 保護を停止してディスク領域を増やした場合は、[ベア メタル回復] と [システム状態] の両方で [メンバーの保護を停止 する] を選択します
172 入力はカスタム スキームに対して無効です。 アクションは不要です。
173 現在、選択したデータベースを保護できません。 このデータベースは、データベースが属する保護Windows SharePoint Services保護の一部として既に選択されています。 このデータベースのみを保護する場合は、ファームを保護からWindows SharePoint Servicesする必要があります。
174 現在、選択したデータをWindows SharePoint Servicesすることはできません。 サーバー ファームのコンポーネントである一部のデータベースWindows SharePoint Services保護のために既に選択されています。 このデータを保護する場合Windows SharePoint Servicesデータベースを保護から削除する必要があります。
175 既存のボリュームは、<ServerName データベースの <DatasourceType DatasourceName> のレプリカボリュームと復旧ポイント ボリュームのサイズ要件 >< <満た>。 保護のために DPM 記憶域プール ディスクを使用するか、適切なサイズのボリュームを作成します。 DPM は、オペレーティング システムまたは DPM コンポーネントがインストールされているボリュームを使用しません。
176 DPM は、適切なサイズが設定 <、volumeLabel>ボリューム ラベルを使用してレプリカを作成できなかったためです。 レプリカに使用するボリュームは 、MinimumSize データベースの GB <大>必要があります。
177 DPM は、適切なサイズ<が>ボリュームを作成するために VolumeLabel ボリュームを使用できなかったためです。 復旧ポイントの格納に使用するボリュームは 、MinimumSize データベースの GB よりも<大>必要があります。
178 DPM は、<ServerName> で <DatasourceType DatasourceName> を保護するために既に選択されている の >< 使用に失敗しました。 アクションは不要です。
179 DPM は、<ServerName> の <DatasourceType DatasourceName> を保護するために使用されるボリューム および <VolumeLabel> のサイズを変更できません。 >< ディスクの管理を使用してボリュームのサイズを変更します。
180 <Volume> Name> サーバー名サーバーサーバーにレプリカと復旧ポイントを格納するためのディスク領域をストレージ プールに割り当て<。 ディスク領域が記憶域プールに割り当てられるまで<VolumeName> <ServerName> の保護は開始されません。 保護 グループの [保留中のメンバーの 確認] を選択し、保護のためにディスク領域を割り当てる。
181 ディスク割り当てが失敗 <、DPM は ProtectedGroup>を作成できなかった。 以下に示す割り当てエラーを参照し、保護グループの作成を再試行します。
182 この保護グループに対して Eseutil 整合性チェックを実行することはできません。これは、DPM Eseutil.exeに存在しないのでです。 DPM サーバーEse.dll FolderPath Eseutil.exeフォルダーに、Exchange Serverフォルダーから<ファイル>コピーします。

また 、[Eseutil 整合性の実行] チェック オプションをオフにすることで、この保護グループの Eseutil 整合性チェックを実行しない選択をすることもできます。 ただし、保護されたデータの回復可能性が確認できないので、この方法はお勧めしません。
183 ディスク上に復旧ポイントを作成するための単一のアイテムを選択します。 現在、リスト ビューで複数のアイテムを選択しています。 アクションは不要です。
184 保護が停止されたため、アプリケーション データ ソースの復旧ポイントを作成できません。 アクションは不要です。
186 DPM は、既に DPM <使用>ボリュームをディスク割り当てに使用することはできません。 DPM によって未設定または使用されているボリュームを指定します。
185 復旧ポイントの統合中にエラーが発生しました。 関連するアラートを見つけて、問題を解決します。 その後、回復を再試行します。
192 要求された操作は、レプリカの状態が矛盾していたため、完了する必要があります。 整合性チェックを実行し、操作を再試行します。
193 データ ソースが存在しません。
194 PGIDNotFound
195 保護グループのプロパティが変更されたため、変更を適用できません。 保護グループのプロパティは、次のいずれかの理由で変更されている可能性があります。
  • 自動検出ジョブが実行され、この保護グループのプロパティが変更されました。
  • 別のユーザーが DPM 管理者コンソールを使用して、この保護グループのプロパティを変更しています。
操作を再び実行してください。
196 IntentTranslationInProgress
197 InvalidProtectedGroupSpec
198 NotEnoughMediaInFreePool
199 DPM は 、ObjectName サーバーのリソース グループ内の<保護>。 このリソース グループには、このリソース グループの一部ではない依存関係を持つリソースが含まれる。
1. クラスター構成を確認して、共有と共有が存在するハード ディスクが同じリソース グループの一部である必要があります。
2. クラスター構成を確認して、アプリケーションと必要なハード ディスクが同じリソース グループの一部である必要があります。
200 DPM は、選択したアイテムに対して要求されたアクションを実行する必要がありました。 これは、選択したアイテムの 1 つ以上、または選択したアイテムに関連付けられているプロパティが変更され、要求されたアクションが実行されなかっていない可能性があります。 操作を再び実行してください。

エラー コード 201-300

エラー コード メッセージ 詳細情報
201 DPM は、アクティブな保護の下にあるか、非アクティブなレプリカが使用可能な SharePoint ファーム <ReferentialDatasourceName> に含まれるので、SQL データベース <DatasourceName> の保護に失敗しました。 データベースを保護SQL、次のいずれかの操作を行います。
  • データベースの名前を変更し、データベースを保護する
  • ファームの保護をSharePoint、このファームに関連付けられているレプリカを削除します。 次に、このデータベースを保護します。
202 DPM は、要求されたデータを回復できません。

選択した復旧ポイントは、回復に使用できなくなりました。
別の復旧ポイントを選択します。
203 この回復ポイントが作成された後、データ ソース ファイルが移動されたため、回復に失敗しました。
  • 移動操作の後に作成された復旧ポイントを選択します。
  • 別の回復の種類を選択します。
204 最大許容頻度は 5 年です。
205 テープ ラベルが指定されていません。テープの識別用にテープ ラベルを指定する必要があります。
206 指定した保持範囲が無効です。

5148 週または 1188 か月または 99 年以下の保持範囲の値を指定します。
207 VSS 操作中に DPM サーバー コンピューターで予期しないエラーが発生しました。 操作を再び実行してください。
208 最後の復旧ポイントが作成された後に同期が発生していないか、同期中に変更が見つからなかったため、復旧ポイントは作成されませんでした。 最後の復旧ポイントが作成された後に同期が発生していない場合は、保護されたコンピューター上の保護されたデータとレプリカを同期してから、復旧ポイントを作成できます。 詳細については、「レプリカを同期する方法」および「DPM ヘルプで復旧ポイントを作成する方法」を参照してください
209 DPM は、保護されたコンピューター上でファイルが削除または移動されたのを検出しました。 元の場所に復元を使用して回復することはできません。 [ 仮想マシンとして任意のホストに復元する] を選択し 、元のホスト コンピューターを移動先として選択します。
210 ボリューム シャドウ コピー サービスで一般的な障害が発生した場合、DPM は復旧ポイントを作成できません。
1. ボリューム シャドウ コピー サービスが DPM サーバーで有効になっているか確認します。
2. Application イベント ログで VolSnap ソースの最近のレコードを確認して、問題が発生した理由を確認します。
3. 操作を再試行します。
211 別の復旧ポイントの作成が進行中のため、復旧ポイントを作成できません。 数分待って、操作を再試行します。
212 回復ポイントは、回復またはテープへのバックアップで使用されているので、回復ポイントを削除できません。 レプリカ上のすべての回復ジョブとテープ ジョブへのバックアップが完了するのを待ち、操作を再試行します。
213 ディスク領域が不足していたため、復旧ポイントが作成され、すぐに削除されました。 ディスク割り当てを変更して、復旧ポイント ボリュームの領域割り当てを増やします。
214 DPM には、新しい復旧ポイントを作成するための十分な記憶域が復旧ポイント ボリュームに用意されていない。 このデータ ソースでアクティブな保留中の復旧ポイント ボリュームしきい値アラートが表示されなかからず、ジョブを再実行します。 DPM によってボリュームが自動的に拡大され、アラートが解決された可能性があります。
215 一時的な問題のため、復旧ポイントを作成できません。
1. 問題が発生した理由を確認するには、Application イベント ログで VolSnap ソースの最近のレコードを確認します。
2. 操作を再試行します。
218 通知を送信するには、受信者の電子メール アドレスを指定する必要があります。
219 通知をサブスクライブする前に、SMTP サーバーの設定を指定する必要があります。 設定を構成するには、[操作] メニュー の [ オプション] を 選択します。 [SMTP サーバー] タブを 選択します。
220 リモート レポート サービスのインストールで SMTP の詳細が構成されていない限り、DPM はレポートの電子メール サブスクリプションSQL Serverできません。 DPM のセットアップ中に既存のサーバーを DPM にSQL Serverする場合は、SMTP の詳細を手動で構成する必要があります。

SMTP サーバー名、SMTP ポート番号、SMTP From アドレスを手動で構成ファイルSQL Server Reporting Servicesします。

構成ファイルのパス: <FileName>

サーバー: <ServerName>

[オプション] ダイアログの [SMTP サーバー] タブの SMTP サーバーの詳細により、DPM アラート通知だけが有効になります。 詳細については、「DPM ヘルプ」を参照してください。
221 <UserName> DPM Server に対する管理者特権を持つ必要があります。 ユーザーを Administrators グループに追加するか、別の管理者ユーザー名を使用してやり直してください。
222 アクセスが拒否<サーバー名> DPM は参照できません。 [管理 ] タスク 領域の [エージェント] タブで 、エージェントの状態を確認します。 また、DPM サーバー上のシステム時刻と保護されたコンピューターが、ドメイン コントローラー上のシステム時刻と同期されているのを確認します。
223 エージェントが応答していない<サーバー名> DPM はサーバー名を参照できません。
1. エージェントが応答に失敗した理由を確認するには、サーバー名サーバーサーバーのアプリケーション イベント ログで DPMRA ソースの最近のレコード <確認>。
2. DPM サーバーがサーバー名サーバーからリモートでアクセス<確認>。
3. DPM サーバーでファイアウォールが有効になっている場合は、サーバー名サーバーからの要求がブロック<確認>。
4. サーバー名サーバーで DPM レプリケーション エージェント <を再起動>。 サービスの開始に失敗した場合は、保護エージェントを再インストールします。
224 DPM は、<ServerName> <にエージェントがインストールされていないか、またはコンピューターが再起動>サーバー名を参照できません。
1. サーバー名<DPM サーバー>アクセス可能な状態にしてください。
2. サーバー名サーバーでファイアウォールが有効<場合> DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
3. サーバー名サーバーで DPM レプリケーション エージェント サービス<再起動>。 サービスの開始に失敗した場合は、保護エージェントを再インストールします。
225 DPM は、<サーバー> <サーバー名サーバーにエージェントがインストールされていないか、またはコンピューターが再起動> サーバー 名を参照できません。 保護エージェントを ServerName <サーバー>にインストールするには、[管理] タスク領域の [エージェント]タブで、[操作] ウィンドウの [インストール]を選択 します。 コンピューターが再起動中の場合は、コンピューターがオンラインになります。
226 RrNodeMissing
227 ファイルまたはフォルダー<別>によって排他的にロックされたため、DPM は FileName ファイルにアクセスできません。 アイテムが別のプロセスによってロックされていないか確認します。
229 DPM は FileName ファイルのパス<アクセス>。 エクスプローラーを使用してパスに正常にアクセスWindowsします。
231 RrShadowCopyMissing
232 %MaxListItemsInBrowseView のみ。オブジェクト名に含<の> を表示できます。 [オブジェクト名<復元> 選択 するか、[検索] タブを使用して回復する特定のアイテムを検索します。
233 プライマリ ライブラリとコピー ライブラリの両方に同じライブラリを指定しました。

プライマリ ライブラリとして選択したライブラリはソース テープから読み取り、コピー ライブラリとして選択したライブラリはデータをテープにコピーします。

2 つの異なるライブラリを指定するか、マルチドライブ ライブラリをプライマリ ライブラリとして指定します。
234 オンライン回復テープを含むライブラリを選択しました。 オンライン回復テープを含むライブラリが推奨として表示されます。

推奨されるライブラリを選択しない場合は、回復ウィザードの完了後に、選択したライブラリに回復テープを転送してください。
235 回復を続行できるライブラリはありません。 ライブラリをオンラインにするには、[管理] の [ライブラリ]タブ****で、[再 スキャン]を選択します
236 DPM は、選択したライブラリでのみ回復テープを探します。 この選択したライブラリに、回復に必要なテープを読み込む必要があります。
237 'Latest' 回復時間の回復を選択しました。

メールボックスExchangeの場合、DPM は [以前の 時点の回復] オプションのみを サポートします。

選択したメールボックスの場合は、[復旧<タイムスタンプ] が>。
238 <ServerName>保護エージェントがインストールされた後に再起動されていないため、回復先として使用できません。 ServerName <再起動> して、回復操作を再試行します。
239 <ServerName>保護されません。 リストをフィルター処理できるのは、保護されているコンピューターとデータ ソースのみです。
241 ServerName <上> VolumeName <>は現在保護されません。
242 ServerName サーバー上<オブジェクト>"<"は現在>保護されません。 共有名とコンピューター名が正確である必要があります。
243 通知を使用するには、SMTP サーバー設定を構成する必要があります。 [操作] メニューの [オプション] を選択します。 次に 、[SMTP サーバー] タブを 選択して設定を構成します。
244 このボリュームは現在保護されません。
245 この回復操作について通知するユーザーの電子メール アドレスを指定する必要があります。 [回復] タブの [受信者] ボックスに、電子メール アドレスを入力します。
246 ファイルを回復するには、1 つ以上のサーバーにエージェントをインストールする必要があります。 エージェントをインストールするには、[管理]タスク領域 を選択し、[エージェント] タブを選択し、[操作] ウィンドウで [インストール] を 選択します
247 <InputPath> 有効なネットワーク パスではありません。 \server\share 形式でパス \ を指定する必要があります。 ワイルドカードは使用できます。
248 <InputPath> 有効なローカル パスではありません。 d: 、 \ d:\folder などのパスを指定する必要があります。 ワイルドカードは使用できます。
252 マウント ポイントを含むオブジェクトを回復しようとするとします。
249 <InputName>は、有効なファイル名またはフォルダー名ではありません。 ファイル名が正しく、パスが適切な [元の場所] フィールドにのみ入力されていることを確認します。
250 データが回復されるボリュームで、実行中の復旧ポイントまたは同期ジョブ、または今後 10 分以内に実行がスケジュールされている復旧ポイントまたは同期ジョブは取り消されます。 続行しますか?
251 マウント ポイントを参照しています。
252 マウント ポイントを含むオブジェクトを回復しようとするとします。
253 今すぐ復旧ポイントを作成すると、最も古い復旧ポイントが削除され、復元できません。 続行しますか?
254 DPM は回復を正常に実行しなかった。 回復を再試行します。
255 選択した復旧ポイントが存在しなくなりました。
256 CmdProcHostUnreachable
257 CmdProcAccessDenied
258 CmdProcResponseTimeout
259 CmdProcCommunicationError
260 CmdProcNotInstalled
260 CmdProcNotInstalled
262 CmdProcAgentTooOld
263 HASH(0x2f3b33c)
264 HASH(0x2f3b98c)
265 回復に使用する復旧ポイントからの読み取り中に、DPM でエラーが発生しました。 復旧ポイントが存在しなくなったか、または回復用に共有を選択した場合、その内容へのパスが復旧ポイントから欠落しています。 別の復旧ポイントからデータを回復します。
266 HASH(0x2f41ddc)
267 次のコンピューターは、DPM 保護エージェントをインストールする最小ソフトウェア要件を満たしていない:サーバー< 覧> オペレーティング システムが最近更新された場合、Active Directory の更新プログラムは保留中の場合があります。 Active Directory の更新が完了するまで待ち、保護エージェントのインストールを再試行します。 Active Directory の更新に必要な時間は、Active Directory ドメイン レプリケーション ポリシーによって異なります。

ソフトウェア要件の詳細については 、「DPM 2010 System Requirements」を参照してください
268 HASH(0x2f3dabc)
269 操作していたシャドウ コピーが削除されました。
270 DPM が DPM 保護エージェントと<できなかった> ServerName サーバー名サーバーでエージェント操作が失敗しました。 コンピューターが別の DPM サーバーによって保護されている場合や、保護エージェントが保護されたコンピューターでアンインストールされている可能性があります。

ServerName <が>ワークグループ サーバーである場合、DPM ユーザー アカウントのパスワードが変更されている可能性があります。または有効期限が切れている可能性があります。
この問題のトラブルシューティングを行う場合は、次の情報を確認してください。
  1. エージェントが ServerName サーバー名サーバーに<されていない>、この DPM DpmAgentInstaller.exeをパラメーターとして実行します。 詳細については、「DPM 展開ガイド 」を参照してください
  2. この DPM サーバーにコンピューターを正しく接続するには、保護されたコンピューターでオプションを使用して SetDpmServer ツール -Add を実行します。
  3. コンピューターが別の DPM サーバーによって保護されている場合、または保護エージェントがアンインストールされている場合は、アクティブな保護からこのコンピューター上の保護されたデータ ソースを削除します。 次に、[管理] タスク領域の [ エージェント] タブからこのコンピューターの エントリを 削除します。
  4. ServerName <がワークグループ>である場合は、保護されたコンピューターと DPM サーバーのフラグを使用して実行して、パスワード SetDpmServer -UpdatePassword Update-NonDomainServerInfo.ps1 を更新します。
  5. DPM サーバーと保護されたコンピューターが同じドメインに含されていない場合は、2 つのドメインの間に 2 つの信頼セットアップが行なう必要があります。
271 UserName <ユーザー>次のアイテムへの管理者アクセス権を持<ServerName> [コンピューターの選択] ページから コンピューターを削除するか、選択したコンピューターすべてへの管理者アクセス権を持つアカウントの資格情報を指定します。
272 作業時間が無効です。 有効な作業時間を指定します。
273 エイリアスまたは表示名を空にしたり 、InputName ファイルに次の<を>。 検索する有効な名前を指定します。
274 コンピューター上の ServerName サーバー<の>設定を構成<できません>。 指定したユーザー名とパスワードに、ターゲット コンピューターに対する管理者のアクセス許可が付与されている必要があります。
275 ComputerName サーバーの<の>グループからサーバー名の<削除>。 指定したユーザー名とパスワードに、ターゲット コンピューターに対する管理者のアクセス許可が付与されている必要があります。
276 サイト、ドキュメント、リスト、またはリスト アイテムを空にしたり 、InputName ファイルの次の文字<含>。 検索する有効な値を入力します。
277 ServerName サーバー名サーバーのサービス コントロール マネージャー<接続>。
1. サーバー名 <>DPM サーバーからリモートでアクセス可能な状態にしてください。
2. サーバー名サーバーでファイアウォールが有効<場合> DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
278 Active Directory ドメイン サービス データベースに接続できません。 以下を確認してください。
1. サーバーはドメインのメンバーであり、ドメイン コントローラーが実行されています。
2. サーバーとドメイン コントローラーの間にネットワーク接続があります。
3. [ローカル エリア接続] で [Microsoft Networks のファイルとプリンターの共有 ] プロパティが有効になります
290 保護エージェントを ServerName ファイルから削除<できません>。 コンピューターにエージェントがインストールされていないか、ドメインに存在しなくなった可能性があります。 DPM データベースからこのレコードを削除し、プログラムの追加と削除を使用してコンピューターからエージェントをアンインストールする必要がある場合があります。

DPM データベースから DPM レコードを削除しますか?
291 保護エージェントのインストールに失敗しました。 指定した資格情報には 、ServerName サーバー名の管理者特権<持>。 指定した資格情報に ServerName サーバー名に対する管理者権限<確認>、保護エージェントの再インストールを試みます。
292 保護グループから関連付けられたコンピューター上のすべての保護されたメンバーを削除するまで、保護されたコンピューターから保護エージェントをアンインストールすることはできません。 保護エージェントをアンインストールする前に、保護グループから次のコンピューターに関連付けられているすべてのメンバーを削除<ListofServers>。
293 保護エージェントの操作に失敗しました。 指定した資格情報は、有効なドメイン ユーザー アカウントに属していない。 この問題をトラブルシューティングするには、次の手順に従います。
  1. 入力した資格情報が有効なドメイン ユーザー アカウントに属し、操作を再試行します。
  2. ドメイン コントローラーが使用可能で正常に機能しているのを確認します。
294 保護エージェントのインストールまたはアップグレードが成功しました。 ただし、DPM はブートストラップ サービスを削除する必要があります。 保護する前に、 サーバー<サーバー>コンピューターを再起動する必要があります。
295 DPM は、サーバー名または前提条件が見つからない場合<サーバー名>エージェント コーディネーター サービスを削除できません。
1. コントロール パネルの [ プログラムの追加と削除] を使用して、サーバー名サーバーの DPM エージェント コーディネータ < アンインストール>。
2. VCRedist 2012 が ServerName サーバー名サーバーにインストール<確認>。 インストールされていない場合は、DPM インストール ディレクトリからインストールします。
3. ServerName .NET Frameworkに 4.0 がインストール<確認>。 インストールされていない場合は、DPM インストール ディレクトリからインストールします。
296 保護エージェントの更新に失敗しました。エラー: Data Protection Manager ID: 296 保護エージェントを DPM サーバーと互換性のあるバージョンに更新します。 DPM 管理者コンソールで、[管理] タスク 領域の [エージェント] タブを 選択します。 保護エージェントがインストールされているコンピューターを選択し、[操作] ウィンドウで [更新]選択します
297 保護エージェントは、このコンピューターにインストールされている DPM のバージョンと互換性がありません。 保護エージェントの正しいバージョンを再インストールするまで、以降のすべての保護および回復タスクは、このコンピューターで失敗します。 このコンピューターから保護エージェントをアンインストールし、保護エージェントを再インストールします。
298 ServerName サーバー上<DatasourceType >< %DatasourceName>の<>。 別の場所に回復するか、別の回復ポイントから回復してみてください。
299 %DatasourceType の場合。%DatasourceName; ServerName <では >、TempListOfFiles ファイルを使用して次の<を回復>。 ファイルが既に存在し、コピー先のコンピューターで使用されていないか、ファイルに十分なディスク領域が存在する必要があります。
300 保護エージェントの操作は、サーバー名サーバーと通信できなかったため<失敗>。 この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。
  1. サーバー名<オンライン> DPM サーバーからリモートでアクセス可能な状態を確認します。
  2. サーバー名サーバーでファイアウォールが<されている>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
  3. インターネット プロトコル セキュリティ (IPsec) が DPM サーバーと保護されたコンピューターの両方で構成されていることを確認します。 IPsec が 1 つのコンピューターにのみ構成されている場合は、IPsec をオフにします。

エラー コード 301-400

エラー コード メッセージ ページの先頭へ
301 保護エージェントが ServerName サーバーサーバーにインストールされていないので、保護エージェントの<失敗>。
1. DPM 管理者コンソールの [管理] タスク領域の [エージェント] タブで、保護エージェントがインストールされているコンピューターを選択し、[操作]ウィンドウで [アンインストール] を選択して保護エージェント レコードを削除します。
2. [エージェント]タブで、[インストール]を選択して*、ServerName* サーバー名にエージェント<再インストール>。
302 ServerName サーバー名サーバー上の保護エージェントにアクセスできなかったため、保護エージェント<失敗>。 <ServerName> DPM を実行している場合や、DPM 保護エージェントが別の DPM サーバーによってインストールされている可能性があります。 DPM または DPM 保護エージェントを<ServerName>からアンインストールし、コンピューターを保護するために使用するコンピューターから DPM 保護エージェントを再度インストールします。
303 ServerName サーバーサーバーで保護エージェント<失敗>。
  • 指定したサーバーで別のインストールが実行されています。

    解決策: インストールが完了するのを待ち、操作を再試行します。
  • サーバー上のブート ボリュームは、ファイル割り当てテーブル (FAT) として書式設定されます。

    解決策: 十分な領域がある場合は、ブート ボリュームを NTFS ファイル システムに変換します。
304 サーバー名サーバーで別のエージェント操作が実行されたため、保護エージェント<失敗>。 サーバー 名サーバーの保護エージェントの操作が<完了>、保護エージェントの再インストールを再試行します。
305 サーバー名サーバーのオペレーティング システムがサポートされていない<エージェント>失敗しました。 オペレーティング システムが選択したコンピューター Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) 以降にインストールされている必要があります。 オペレーティング システムが最近更新された場合、Active Directory の更新プログラムが保留中である可能性があります。 この場合は、Active Directory の更新が完了するまで待ち、保護エージェントのインストールを再試行します。 Active Directory の更新に必要な時間は、ドメインの Active Directory レプリケーション ポリシーによって異なります。

ソフトウェア要件の詳細については 、「DPM 2010 System Requirements」を参照してください
306 保護エージェントの別のバージョンが ServerName サーバー名サーバーに既にインストール <、>。 保護エージェントの別のバージョンが DPM サーバーに既にインストールされているので、保護エージェントのインストールに失敗しました。

解決策: コントロール パネルの [ プログラムの追加と削除] を使用して、DPM サーバーから保護エージェントをアンインストールし、保護エージェントの再インストールを試します。
307 サーバー名サーバー名サーバーで DPM が不明な DPM 保護エージェントを検出<エージェント の>。 コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して、<ServerName> から保護エージェントをアンインストールしてから、保護エージェントを再インストールして、もう一度操作を実行します。
308 DPM が ServerName サーバー名サーバー上の Protection Agent サービスと通信できなかったため、保護エージェント<失敗>。 サーバー名サーバーに保護エージェントを<した>コンピューターが再起動している可能性があります。 保護エージェントが使用可能になるまでコンピューターを再起動した後、数分待ちます。

問題が解決しない場合は、次の手順を実行します。
  1. サーバー名<DPM サーバー>リモートでアクセス可能な状態を確認します。
  2. サーバー名サーバーでファイアウォールが<されている>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
  3. ServerName <が>ワークグループ サーバーである場合、DPM ユーザー アカウントのパスワードが変更または期限切れになっている可能性があります。 このエラーを解決するには、保護されたコンピューターと DPM サーバーでフラグ SetDpmServer -UpdatePassword Update-NonDomainServerInfo.ps1 を指定して実行します。
  4. サーバー名サーバーで DPM Protection Agent サービス<再起動>。 サービスが開始しない場合は、サーバー名サーバーのコントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して保護エージェント<アンインストール>。 次に、[管理]タスク 領域の[エージェント] タブの [操作] ウィンドウで、[インストール] を選択して、サーバー名ウィンドウに保護エージェント< インストール>。
309 サーバー名サーバー上の ADMIN$ 共有が存在 <、 エージェント>失敗しました。 システム ルートが ServerName サーバーサーバーで ADMIN$ として<確認>。
310 エージェントの操作は、サーバー名サーバーの ADMIN$ 共有にアクセスできなかったため<失敗>。 <ServerName> に対する ADMIN$ 共有アクセス許可を持ち、DPM サーバーと <ServerName> のシステム時刻がドメイン コントローラー上のシステム時刻と同期されているのを確認します。
311 サーバー名サーバー名の DPM <エージェント>が正しく動作していません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
  • エージェントが ServerName サーバー名 <にインストール>、DpmAgentInstaller.exeを実行し、 この DPM コンピューターの名前をパラメーターとして使用します。 DPM 保護エージェントの詳細については、「DEPLOY THE DPM protection agent」を参照してください
  • DPM 管理者コンソールで、DPM 保護エージェントをアンインストールします。 [管理 ] タスク 領域の[エージェント] タブで、保護エージェントを選択し、[操作] ウィンドウで [アンインストール] を 選択します
312 DPM エージェント コーディネーター サービスが応答しないので、エージェント操作が失敗しました。 サーバー名サーバーで DPM エージェント コーディネーター サービス<再起動>。
313 ServerName サーバー名のインストール プログラムの実行中にエラーが発生し、エージェント<失敗>。 %windir%\temp\msdpm*.log <ServerName>のログ ファイルを確認し、適切なアクションを実行します。 操作を再び実行してください。 エラーが解決しない場合は、コンピューターを再起動してから、もう一度操作を試してください。
314 ServerName サーバーでインストールが既に進行中のため、エージェント<失敗>。 インストールが完了するまで待ち、エージェント操作を再試行します。
315 ServerName サーバーがクラスターの一<サーバー>、エージェントの操作に失敗しました。 DPM は、クラスター化されたサーバーの保護をサポートしません。 ユーザーの操作は必要ありません。
316 サービスが応答しなかったため<ServerName>の保護エージェント操作が失敗しました。 サーバー名サーバーに保護エージェントを<した>コンピューターが再起動している可能性があります。 保護エージェントが使用可能になるまでコンピューターを再起動した後、数分待ちます。

それ以外の場合は、このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. エージェントが応答に失敗した理由を確認するには、アプリケーション イベント ログ <ServerName> DPMRA ソースの最近のレコードを確認します。
  2. DPM サーバーがサーバー名サーバーからリモートでアクセス<確認>。
  3. DPM サーバーでファイアウォールが有効になっている場合は、サーバー名サーバーからの要求がブロック<確認>。
  4. ServerName <> が NETBIOS を使用するように構成されたワークグループ コンピューターである場合は、DPM サーバーの NETBIOS 名に <ServerName> からアクセス可能>。 それ以外の場合は、DNS 名にリモートでアクセス可能な名前を確認します。
  5. ServerName <がワークグループ>である場合は、ワークグループ サーバーからの通信を許可する IPSEC 例外が DPM サーバーに存在する必要があります。
  6. ServerName <が>ワークグループ サーバーの場合、DPM ユーザー アカウントのパスワードが変更された可能性があります。または有効期限が切れている可能性があります。 このエラーを解決するには、保護されたコンピューターと DPM サーバーでフラグ SetDpmServer -UpdatePassword Update-NonDomainServerInfo.ps1 を指定して実行します。
  7. サーバー名サーバーで DPM Protection Agent サービス<再起動>。 サービスが開始しない場合は、DPM 保護エージェントを再インストールします。
317 保護エージェントのインストールに必要なファイル (バージョン <AgentVersion>) が <ServerName> DPM サーバーに存在しないので、保護エージェントのインストールに失敗しました。 DPM セットアップと DPM 更新プログラムを実行して、不足しているファイルを再インストールします。
318 サーバー名サーバー名のコンピューター アカウントを DPM が識別できなかったため、エージェント<失敗>。 サーバー名とドメイン <>が応答中である必要があります。 次に、Microsoft 管理コンソール (MMC) で、ローカル コンピューターのグループ ポリシー オブジェクト エディター スナップインを開き、ローカル コンピューター ポリシー\コンピューター構成\管理用テンプレート \Network\DNS クライアント でローカル DNS クライアント設定を確認します。
319 サーバー名サーバーの DPM エージェント コーディネーター サービスとの通信エラーが原因で、エージェント<失敗>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
  1. 保護されたコンピューターがローカライズされたバージョンの Windows Server 2003 SP1 を実行している場合は、まずオペレーティング システムを Windows Server 2003 SP2 にアップグレードします。
  2. 保護されたコンピューターで、記事「975759」の適切なローカライズされた修正プログラムをダウンロードしてインストールし、 もう一度アップグレードを試してください。


[ 利用可能な修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが利用可能な言語が表示されます。
320 保護エージェントがサーバー名サーバーにインストールされていないので、エージェントの<失敗>。 DPM 管理者コンソールの [管理]タスク領域 の [エージェント]タブ で、[アンインストール] を選択して、DPM からエージェント レコードを削除します。 次に、[ インストール] を選択して、サーバー名サーバーに<エージェントを>。
321 選択したサーバーは、エージェントがインストールされた直後に再起動します。

これらのサーバーにエージェントをインストールする必要がありますか?
ユーザーの操作は必要ありません。
322 ListofServers <次>が Active Directory ドメイン サービスに見つからないか、サーバー オペレーティング システムWindowsインストールされていません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
  1. コンピューター名のスペルを確認します。
  2. Service Pack 1 以降Windowsサーバー 2003 がコンピューターにインストールされていることを確認します。
  3. コンピューターの完全修飾ドメイン名を入力したと確認します。
  4. コンピューターが最近ドメインに追加された場合は、Active Directory が更新されるのを待つ必要があります。
  5. コンピューターが最近再起動された場合は、しばらく待って、エージェント操作を再試行します。
  6. 選択したコンピューターが属するドメインと DPM サーバーのドメインの間で、2 者間の信頼が有効になっているか、信頼がフォレストの種類である必要があることを確認します。
323 保護エージェントをアップグレードすると、保護されたコンピューターで実行されているバックアップ ジョブが失敗します。 保護エージェントをアップグレードすると、保護されたデータのレプリカが矛盾する可能性があります。 アップグレードの完了後に一貫性チェックをスケジュールする必要がある場合があります。 [はい] をクリックして続行します。 ユーザーの操作は必要ありません。
324 コンピューター名サーバー上の DPM エージェント コーディネーター サービス<応答>失敗しました。 この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。
1. ComputerName データベースのアプリケーション イベント ログで、最新の DPMAC ソース レコード<確認>。
2. DPM サーバーが ComputerName サーバーからリモートでアクセス<確認>。
3. DPM サーバーでファイアウォールが有効になっている場合は、そのファイアウォールが ComputerName サーバーからの要求をブロック<確認>。
4. DPM サーバーと選択したコンピューターの時刻がドメイン コントローラーと同期されているのを確認します。 コマンド プロンプトで、時間を net time /set ドメイン コントローラーと同期するように入力します。
5. エラーを受け取る前に実行していたエージェント操作に基づいて、次の操作を実行します。
  • DPM 管理コンソールを使用してエージェントをインストールする場合は、次の手順に従います。

    対象のコンピューターで、保護エージェントを手動でインストールし、そのコンピューターを DPM サーバーに追加します。 手順については、「Protection Agents の手動 インストール」を参照してください
  • DPM 管理コンソールを使用してエージェントをアンインストールする場合は、次の手順を実行します。
    1. 対象のコンピューターの [コントロール パネル] で、[ファイル名] に プログラムと機能。
    2. プログラムの一覧で 、[Microsoft Data Protection Manager 2010 エージェント] を右 クリックし、[アンインストール] を 選択します
    3. DPM サーバーで、DPM 管理シェルを開きます。
    4. コマンド ラインで、と RemoveProductionServer.ps1 入力し、Enter キーを押して、対象のコンピューターを DPM サーバーから削除します。
    5. メッセージが表示されたら、DPM サーバー名を入力し、Enter キーを押して、削除するコンピューターの名前を入力し、もう一度 Enter キーを押します。
  • DPM 管理コンソールを使用してエージェントをアップグレードする場合は、次の手順を実行します。
    1. DPMAgentInstaller.exe ファイルの 32 ビット バージョンまたは 64 ビット バージョンを、エージェントをアップグレードするコンピューターからアクセスできるネットワーク共有にコピーします。
    2. 対象のコンピューターで、ネットワーク共有に移動し、[管理者として実行] DPMAgentInstaller.exeを右****クリックします
    3. DPM サーバーで、DPM 管理者コンソールを開き、ナビゲーション バーで [管理] を選択し、[エージェント] タブ を選択 します。
    4. [詳細 ] ウィンドウで、対象のコンピューターを選択し、[操作] ウィンドウで [情報の更新]を選択します
325 選択したコンピューターを再起動するまで保護エージェントがアクティブではないので、エージェントの操作に失敗しました。 選択したコンピューターを再起動します。
326 DPM サーバーのサーバー名へのアクセスが<されたため、>失敗しました。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
  1. ServerName <> DPM サーバーによって保護されている場合は、そのサーバーに保護エージェントをインストールできません。
  2. DPM エージェント コーディネーター サービスが にインストールされている場合は、<ServerName のコントロール パネルで [プログラムの追加と削除>を使用してアンインストールします。
  3. 別の保護エージェント管理ジョブ<ServerName>実行している場合は、完了するまで待機してから、操作を再試行します。
327 AMRemoteACNotInstalled
328 リモート レジストリ サービスがサーバー名サーバーで実行されていないため、エージェント<失敗>。 サーバー名サーバーでリモート レジストリ サービス<開始>。 [管理ツール ] メニューの [サービス] を 選択します。 右側のウィンドウで、[リモート レジストリ] を 右クリックし、[スタート] を 選択します


エージェント操作の完了後にリモート レジストリ サービスを無効にできます。
329 エージェント操作が失敗した理由は、互換性のないバージョンの <Name> が ServerName <にインストール>。 バージョン <> バージョン<以降>インストールするか、コンピューターから <>をアンインストールします。 元<(OEM)>の名前がインストールされている場合は、OEM サポートに問い合わせ、手順を確認してください。
330 サーバー名サーバーのインストーラー サービスWindowsが無効<エージェント>失敗しました。 ServerName Windowsでインストーラー サービス<>。 [管理ツール ] メニューの [サービス] を 選択します。 右側のウィンドウで、[インストーラー] を右クリック Windowsし、[スタート] を 選択します

エージェント操作が完了したWindowsインストーラー サービスを無効にできます。
331 同様の操作が ServerName サーバーサーバーで既に実行 <、 エージェント>。 他の操作が完了するのを待ち、操作を再試行します。
333 保護エージェントは、サーバー名サーバーに既<インストール>。 ユーザーの操作は必要ありません。
334 保護エージェントは DPM サーバー<サーバー>サーバー にインストールできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
335 2003 Server で実行されているコンピューターに保護エージェントをインストールすると、Windowsネットワーク接続が一時的に失われる原因になります。 ユーザーの操作は必要ありません。
336 保護エージェントのアンインストールは、DPM サーバーが現在、保護されたコンピューター上の保護エージェントと通信中なので、使用できません。<ListofServers>。 しばらく待って、保護エージェントのアンインストールを再試行してください。
337 コンピューターへのアクセスが拒否<サーバー>サーバー 名に保護エージェントをインストールすることはできません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
  1. 別の DPM サーバーが現在 サーバー 名を<している>、その DPM サーバーを使用して、サーバー名サーバーから保護エージェント<アンインストール>。 次に、この DPM サーバーを使用して、サーバー名サーバーに保護<インストール>。
  2. DPM サーバーと選択したコンピューターの時刻がドメイン コントローラーと同期されているのを確認します。 コマンド プロンプトで、時間を net time /set ドメイン コントローラーと同期するように入力します。
  3. コンピューターがドメイン コントローラーの場合は、プライマリ ドメイン コントローラー (PDC Emulator) が service Pack 1 (SP1) を使用して Windows Server 2003 を実行し、Active Directory が Windows Server 2003 SP1 のインストール以降にドメイン コントローラー間のレプリケーションを完了したと確認します。
338 MaxInstallServers を<コンピューター>一度にインストールする場合のみ選択できます。 [選択したコンピューター] リスト<するコンピューター> MaxInstallServers より少ない 数を選択 します。
339 AMFilterManagerMissing
340 保護エージェントのアップグレードは 、<ServerName> に最新バージョンの保護エージェント (バージョン <AgentVersion>) がインストールされたため失敗しました。 コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を< 使用>サーバー名から既存の DPM 保護 エージェントをアンインストール します。 次に、DPM 管理者コンソールで、必要な DPM 保護エージェントのバージョンを再インストールします。 [管理] タスク 領域の [エージェント] タブ 、[操作] ウィンドウ の [インストール ] を選択 します。
341 指定した資格情報が ServerName データベースに対して十分なユーザー権限を持<エージェント操作>。 考えられる問題 1

使用されるアカウントには、サーバーに対する十分なユーザー権限とアクセス許可が付与されません。

解決策: エージェント操作を再試行し、DPM サーバーの管理者ユーザー権限を持つ資格情報を指定します。

考えられる問題 2

DPM サーバーのシステム時刻、エージェントをインストールするサーバー、およびドメイン コントローラーは同期されません。したがって、Kerberos 認証は失敗します。

解決策: DPM サーバー上のシステム時刻と、エージェントをインストールするサーバーが、ドメイン コントローラー上のシステム時刻と同期されているのを確認します。

考えられる問題 3

保護エージェントをインストールする DPM サーバーまたはコンピューターの DNS 設定が正しくありません。

解決策: DNS 設定が正しいか確認します。
342 DPM サーバーがサーバー名サーバーと通信できなかったため、エージェント<失敗>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
1. サーバー名<オンライン> DPM サーバーからリモートでアクセス可能な状態を確認します。
2. サーバー名サーバーでファイアウォールが有効<場合> DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
3. サーバー名サーバーのリモート レジストリ サービス<エージェント>実行中です。 リモート レジストリ サービスが開始されていない場合は、[管理ツール] メニューの [サービス] を 選択します。 右側のウィンドウで、[リモート レジストリ] を 右クリックし、[スタート] を 選択します


保護エージェントの操作が完了したら、サービスを無効にできます。
343 <ServerName> が 32 ビット x86 ベースのコンピューターまたは 64 ビット x64 ベースのコンピューターではないので、エージェントの操作に失敗しました。 ユーザーの操作は必要ありません。
344 選択したコンピューターで DPM 保護エージェントの正しいバージョンが見つからなかった。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
  1. 選択したコンピューターに正しいバージョンのエージェントがインストールされていることを確認します。
  2. 保護エージェントが最近アップグレードされた場合は、DPM 管理シェルで実行し、エージェントの状態を再 Attach-ProductionServer.ps1 <Computer Name> び更新します。
345 サーバー名サーバーの DPM エージェント コーディネーター サービスとの通信エラーが原因で、エージェント<失敗>。 サーバー名サーバーで DPM エージェント コーディネータ <>し、保護エージェントの再インストールを試みる。
346 DPM では、サーバー名サーバー名から構成情報<取得>。 管理インストルメンテーション (WMI) Windowsサービスが開始されている必要があります。 ファイアウォールが有効になっている場合は、サーバー<サーバー> WMI の例外が作成されます。
347 エージェント操作がサーバー名サーバー上に DPM エージェント コーディネーター サービス<発生>。 この問題を解決するには、次の操作を行います。
- サーバー名サーバー名の DPM エージェント コーディネータ <が>場合は、応答中です。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、エージェントのインストール操作を再試行します。
- 対象のコンピューターに保護エージェントを手動でインストールしてみてください。 詳細については 、「Installing Protection Agents Manually」を参照してください
- 対象のコンピューターが Server 2008 Windows実行している場合は、対象のコンピューターで次の操作を行います。
  1. 「ダウンロードして手動でインストールする」の記事で説明されている修正プログラムを975759。
  2. 修正プログラムのインストール中に受け取ったエラーを解決します。 エラーが発生した場合は、サービスが無効になっているか、またはサービスに関連付けられている有効なデバイスがないので、サービスを開始できません。次の操作を実行します。
    1. Service Manager で、[構成] を 展開し、[サービス] を 選択します
    2. [サービス ] ウィンドウで、[更新] を右 クリックWindowsし、[プロパティ] を 選択します
    3. [プロパティ Windows 更新] ダイアログ ボックスの [起動の種類] ボックスの一覧で、[手動] を選択し、[適用] を選択し、[サービスの状態] 領域で [開始] を 選択します
    4. エージェントのインストール操作を再試行します。
348 エージェント操作がサーバー名サーバー名サーバーの DPM エージェント コーディネーター サービスと通信<発生>。 考えられる問題 1

エージェント操作が DPM サーバー上の DPM エージェント コーディネーター サービスと通信しようとするときにエラーが発生しました。

解決策: DPM サーバー上のエージェント コーディネーター サービスが応答中である場合は、そのサービスが応答している必要があります。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、エージェント操作を再試行します。

考えられる問題 2

コンピューター上の COM オブジェクトのセキュリティ設定が正しくありません。

解決策: サーバー上の COM アクセス許可を確認します。 DCOM 構成設定が次のように設定されているのを確認します。

COM セキュリティの既定のアクセス許可
- 自己に許可されるローカル アクセスとリモート アクセス
- システムに対するローカル アクセスが許可されている

COM セキュリティ マシンのアクセス制限 (セキュリティ制限)
- NT AUTHORITY\ANONYMOUS LOGON に許可されているローカル アクセスとリモート アクセス
- BUILTIN\Distributed COM ユーザーがローカルおよびリモート アクセスを許可する
- \Everyone に許可されているローカル アクセスとリモート アクセス

COM セキュリティの既定の起動アクセス許可
- NT AUTHORITY\SYSTEM への起動が許可されている
- NT AUTHORITY\INTERACTIVE への起動が許可されている
- BUILTIN\Administrators に対して起動が許可されている

COM セキュリティ マシンの起動制限 (セキュリティ制限)
- ローカル起動とアクティブ化が \Everyone に許可されている
- ローカルおよびリモート起動、ローカルとリモートのアクティブ化が BUILTIN\Administrators に許可されている
- ローカルおよびリモート起動、ローカルおよびリモートのアクティブ化が BUILTIN\Distributed COM ユーザーに許可される
349 エージェント操作でエージェント インストール ファイルを ServerName ファイルに転送しようとした<発生>。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、エージェント操作を再試行します。
350 NTDiskNumber <ディスク> ストレージ プールに既に存在します。 ストレージ プールに追加する別のディスクを選択します。
351 NTDiskNumber <ディスク>記憶域プールに追加できません。 記憶域プールに追加されるディスクに、システム ボリューム、ブート ボリューム、OEM、その他の特殊なボリューム、DPM ソフトウェア、または SQL Server データベースが含SQL Serverしてください。
352 ディスク<NTDiskNumber>障害が発生した、または見つからないため、記憶域プールに追加できません。 [ディスクの管理] をオンにし、ディスクがオンラインかどうかを確認します。 ディスクがオフラインの場合は、ハードウェア構成を確認してから再スキャンします。 ディスクのサイズが 2 TB を超える場合は、GUID パーティション テーブル (GPT) ディスクである必要があります。
353 保護エージェントのアップグレードは、DPM サーバーが現在、次の保護されたコンピューター上の保護エージェントと通信中なので、使用できません。<ListofServers>。 しばらく待って、保護エージェントのアップグレードを再試行してください。
354 NTDiskNumber <ディスク>記憶域プールに一覧表示されません。 [管理 ] タスク 領域の [ディスク]タブで、[ 再スキャン] を選択して、DPM ストレージ プール内のすべてのディスクを更新します。
355 NTDiskNumber <ディスク>ボリュームが含まれているため、記憶域プールから削除できません。 ユーザーの操作は必要ありません。
356 ボリュームをマウントする必要<VolumeUsage>フォルダーが既に存在します。 DlsVolumesRoot ディレクトリからマウント<ディレクトリ>をクリアし、操作を再試行します。
358 記憶域プール ボリュームのディスク領域の割り当ては、記憶域プールに割り当て解除されたディスク領域が十分でないので失敗しました。 ストレージ プールにディスクを追加するか、ボリューム サイズの要件を減らします。
359 InvalidMountPointName
360 仮想ディスク サービス エラーが原因で操作に失敗しました。 操作を再び実行してください。
361 ディスク<NTDiskNumber>動的ディスクに変換できないので、記憶域プールに追加されません。 サポートされているディスクの種類の詳細については、「DPM 2010 展開ガイド」を参照してください。
362 レプリカボリュームが存在しないので、レプリカを増やせない。 レプリカを増やす前に、レプリカを再割り当てします。
363 VolumeSetNotPresent
364 ディスク関連の操作の実行中に、DPM で予期しないエラーが発生しました。 仮想ディスク サービスが正しく実行されていることを確認し、操作を再試行します。
365 DPM は現在シャットダウン中で、要求された操作を完了できません。 DPM がシャットダウンしたら、DPM を再起動してから、この操作を再試行します。
366 DPM を実行しているコンピューターは、DPM 記憶域プール内のボリュームではないので、DPM ディスク <NTDiskNumber> からボリューム [<VolumeGuid>, <VolumeLabel>] を削除しました。 [管理 ] タスク 領域の [ ディスク] タブで、DPM 記憶域プール内のすべてのディスクを確認します。
367 DpmSync が完了し 、DPSSyncSummary <エラーが>。 DPM サーバーで、イベント ビューアーを使用して、このイベントの詳細を表示します。 詳細は、アプリケーション イベント ログで確認できます。
368 システム ツールを使用してボリュームのサイズが外部で変更されたため、DPM はボリューム [<VolumeGuid>, <VolumeLabel>] を削除しました。 システム ツールを使用して、DPM 記憶域プール内のディスク上のボリュームのサイズを変更しない。
369 保護エージェントは、サーバー クラスタークラスター<ノード>ノード<インストール>されません。 ノード サーバーへのフェールオーバーが発生すると、保護<失敗>。 サーバー クラスターの各ノードに保護エージェントをインストールします。
370 エージェント操作に失敗しました。 ユーザーの操作は必要ありません。
371 エージェントが再び有効になるまで 、ServerName 上のすべての保護ジョブと回復ジョブは失敗します。

続行しますか?
ユーザーの操作は必要ありません。
372 DPM がサーバー名サーバー名サーバーサーバーの DPM 保護エージェントの最新バージョン (バージョン <AgentVersion>) を検出<、エージェントの操作>。 DPM サーバーを AgentVersion <> にアップグレードするか、<LocalDPMVersion> の保護エージェントを <ServerName> にインストールします。
373 サーバー名<コンピューター> DPM コンピューター SQL Serverデータベースをホストします。 ServerName サーバーのオペレーティング システム<サーバー 2003> 2003 Windowsインストールすると、コンピューターの再起動が必要な場合があります。 再起動が完了するまで、DPM エンジンと DPM 管理者コンソールは機能しません。 保護エージェントをインストールしますか? ユーザーの操作は必要ありません。
400 DPM サーバーは、サーバー名サーバー上の Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスを使用してリモート システムに関する<取得>。 このエラーを解決するには、次のいずれかを実行します。
- コマンド プロンプトから、保護 DPMAgentInstaller.exe <dpmservername> エージェントを保護されたコンピューターにインストールするように入力します。 次に、保護エージェントのインストール ウィザードを使用して保護エージェントを DPM サーバーに接続します。 次のことを確認します。
  • <ServerName>オンラインであり、DPM サーバーからリモートでアクセスできます。
  • サーバー名サーバーでファイアウォール<されている> DPMサーバーからの WMI 要求をブロックしていない。
  • サーバー名サーバー上<WMI>実行中です。

    エラー コード 401-500

    エラー コード メッセージ ページの先頭へ
    401 エージェント コーディネーター サービスのインストール中にエージェントのインストールに失敗しました。 このエラーを解決するには、次の情報を確認します。
    - share \ \ < ServerName>\ADMIN$ にアクセスできます。
    - DPM サーバーからサービス コントロール マネージャー (SCM) へのリモート呼び出しは、<ServerName>によってブロックされません。
    402 サーバー名サーバーの Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスから<取得しようと>アクセスが拒否されました。 このエラーを解決するには、次の手順を実行します。

    注意
    レジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生する可能性があります。 これらの問題では、オペレーティング システムの再インストールが必要な場合があります。 こうした問題の修復について、マイクロソフトはいかなる保証もいたしません。 レジストリの変更はユーザー自身の責任において行ってください。 レジストリを変更する前に必ずバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っている必要があります。
    1. ターゲット コンピューターで、[実行の開始] > 選択 **、「regedit」と入力** し 、[OK] を選択します
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけて、削除します。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MicrosoftFirewall\DomainProfile\RemoteAdminSettings

    3. ターゲット コンピューターを再起動し、ターゲット コンピューターを DPM サーバーに再度追加します。
    403 ServerName でロック ファイルを作成しようとするときにアクセスが拒否されました \ \ < >\ADMIN$. \ADMIN$でロック ファイルを作成するアクセス許可を持 \ \ <ServerName> っている必要があります。
    404 エージェント コーディネーター サービスをインストールしようとするときに、エージェント操作が失敗しました。 このエラーを解決するには、次の情報を確認します。
    - share \ \ < ServerName>\ADMIN$ にアクセスできます。
    - DPM サーバーからサービス コントロール マネージャー (SCM) へのリモート呼び出しは、<ServerName>によってブロックされません。
    405 DPM は、サーバー名のコンピューター<クラスター>検出できません。 サーバー名にエージェント<インストール> 続行できます。 クラスター化されたリソースを保護するには、クラスターのすべてのノードに DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。 エラーの詳細を確認し、Windows管理インストルメンテーション サービスが実行され、DPM サーバーからリモートでアクセス可能な状態にしてください。
    406 DPM は、サーバー <ChosenServerName> がクラスター化されているのに、<ServerName サーバー名の完全修飾ドメイン名を識別>。 ChosenServerName <エージェントのインストール>続行できます。 クラスター化されたリソースを保護するには、クラスターのすべてのノードに DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。 クラスターの状態が正しく構成されていることを確認し、すべてのノードがドメインに参加されていることを確認します。
    407 基本ディスクが選択されています。 DPM は動的ディスクに変換され、これらのディスク上の既存のボリュームは単純なボリュームに変換されます。 続行しますか? ユーザーの操作は必要ありません。
    408 選択したディスクをストレージ プールから削除する必要がありますか? ユーザーの操作は必要ありません。
    409 不足しているディスクには、保護グループ のメンバーが含まれます。 これらのメンバーを引き続き保護するには、それらを別のディスクに割り当てる必要があります。 続行しますか? ユーザーの操作は必要ありません。
    417 HASH(0x315eebc)
    418 HASH(0x30e56c4)
    419 DPM は、作成されたレプリカまたは回復ポイント ボリュームに対するセキュリティアクセス許可を設定できません。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行し、操作を再試行します。
    420 DPM は、レプリカまたは回復ポイント のボリュームに対するセキュリティアクセス許可を取得する必要があります。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、操作を再試行します。
    450 DPM データベースの場所に無効なパス名が指定されました。 .mdf または .bak ファイルの正しいパスを指定し、もう一度やり直してください。
    451 DPM レポート データベースの場所に指定されたパス名が無効です。 ユーザーの操作は必要ありません。
    452 DPM サービスは停止に失敗しました。 エラーに関する情報をアプリケーションおよびシステム イベント ログで確認します。
    453 DPM サービスの開始に失敗しました。 エラーに関する情報をアプリケーションおよびシステム イベント ログで確認します。
    454 DpmSync は、指定されたインスタンスに接続SQL Serverしました。 DPM に関連付けられた有効なインスタンスを指定SQL Server管理者特権を持つユーザーとしてログオンしている必要があります。
    455 [DatabaseLocation <] の場所<DatabaseName>] を [DatabaseLocation> <] にSQL Server。 サービスが実行SQL Server DPM データベースの有効なバックアップを復元する必要があります。
    456 同期操作にエラーが発生しました。 詳細については、Application イベント ログを確認してください。
    457 指定されたコマンド ライン引数が無効です。 DpmSync のヘルプについては、DPM 管理シェルで、コマンド プロンプトに DpmSync -? 「.
    458 バックアップから復元されたサーバー名<DPM サーバー> DPM データベース。 その結果 、DBRestoreTime サーバーの<前に>されたアラートは、DPM サーバー上のアラートの現在の状態を反映しません。 Operations Manager ビューを DPM サーバー上の現在の状態と同期するには、次の手順を実行します。
    1. Operations Manager オペレーター コンソールで、<ServerName> のすべてのアラートと、保護するコンピューターを解決します。[アラート] で、System Center Data Protection Manager (DPM) のすべてのアラートを表示し、アラートを [ソース] で並べ替え、<ServerName> のアラートを選択します。 選択したアラートを削除するには、アラートを右クリックし、[アラート解決状態の設定] をクリックし、[解決済み]を選択します
    2. DPM サーバーの DPM 管理者コンソールの [操作] ウィンドウで、[オプション] を選択し、[アラート発行] タブで [アクティブな通知の発行]を選択します。 これにより、ユーザー操作が必要な可能性がある既存のすべてのアラートが Operations Manager に発行されます。
    460 コマンド構文が無効です。 DpmSync のヘルプについては、DPM 管理シェルで、コマンド プロンプトに DpmSync -? 「.
    461 指定されたインスタンス名が見つかりませんでした。 インスタンスの正しい名前を指定SQL Server。
    462 DPM データベース ファイル のパスを取得できません。 正しいパスを指定し、もう一度操作を実行します。
    464 パスが見つかりません: FileName <を>。 データベース バックアップが指定したパスに存在することを確認します。
    465 データベースをデタッチするためにすべての接続を閉じできません。 エラーの詳細を確認し、もう一度やり直してください。
    466 データベース ファイルを FileName ファイル<コピー>。 エラーの詳細を確認し、もう一度操作を実行します。
    467 指定したアクションは、DPM がインストールされているコンピューターでのみ実行できます。 DPM サーバーでツールを実行して、次の手順を実行します。
    469 データベースをデタッチできません。 DPM データベースを切り離す適切なアクセス許可を持っている必要があります。
    470 DPM データベースは、指定されたインスタンスのサーバーにSQL Server。 DPM データベースが指定したインスタンスに存在SQL Server。
    471 データベースを接続できません。 DPM データベースのバックアップが有効な状態を確認します。

    エラー コード 501-600

    エラー コード メッセージ ページの先頭へ
    517 メッセージを SMTP サーバーに送信できません。 SMTP サーバーの設定を確認します。
    518 SMTP サーバーに接続しようとするときに認証エラーが発生しました。 正しくないユーザー名、パスワード、または SMTP サーバー名を入力しました。 レポートとアラート通知の電子メール配信を有効にするには、正しいユーザー名またはパスワードを入力します。
    519 SMTP サーバーは、1 つ以上の受信者アドレスを拒否しました。 受信者のアドレスを確認します。
    520 SMTP サーバーのポート番号は 1 ~ 65535 である必要があります。 有効なポート番号を入力します。
    521 SMTP サーバーのホスト名を解決できません。 SMTP サーバーのホスト名を確認します。
    522 SMTP サーバーに接続できません。 SMTP サーバー名とポート番号を確認します。
    523 入力したパスワードが一致しません。 パスワードを再入力します。
    524 保護エージェントの TCP ポート番号は 1 ~ 65535 である必要があります。 有効なポート番号を入力します。
    525 保護エージェントの TCP ポート番号は 1 ~ 65535 である必要があります。 有効なポート番号を入力します。
    526 保護エージェントの TCP ポート番号は、保護エージェントのポート番号とは異なる必要があります。 ポート番号を再入力します。
    527 SMTP サーバーは、From アドレスが無効だと報告します。 SMTP を使用して指定したサーバーに電子メールを送信するための適切なアクセス許可が存在する必要があります。
    528 受信者に電子メール メッセージが正常<送信>。
    529 指定した受信者に電子メール メッセージが正常に送信されました。 ユーザーの操作は必要ありません。
    530 空白のパスワードは使用できません。 空白以外のパスワードを入力します。
    531 DPM アラートは、DPM アラート イベント ログに発行されています。 ユーザーの操作は必要ありません。
    532 エンド ユーザーの回復設定に対する変更は、次に正常に同期が完了するまで、保護グループごとに完全には有効ではありません。 ユーザーの操作は必要ありません。
    533 DPM バックアップ イベントは、DPM バックアップ イベント ログに発行されています。

    エラー コード 800-899

    エラー コード メッセージ ページの先頭へ
    801 DPM をインストールするには、管理者またはローカル管理者グループのメンバーとしてログオンする必要があります。 ローカル管理者グループの管理者またはメンバーとしてコンピューターにサインインし、セットアップを再度実行します。
    802 コンピューター プロセッサの速度が DPM の最小構成要件を満たしていない。 最小必要なプロセッサ速度は 、ClockSpeed <に>。 DPM の最小構成要件を満たすコンピューター ハードウェアをアップグレードするか、別のコンピューターに DPM をインストールします。 DPM システム要件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
    803 コンピューターで使用可能なメモリが、DPM の最小メモリ要件より小さい。 最小メモリ要件は MinimumMemoryRequired <MB で>、推奨されるメモリ要件は 2 GB です。 DPM の最小構成要件を満たすコンピューター ハードウェアをアップグレードするか、別のコンピューターに DPM をインストールします。 DPM システム要件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
    805 InstallItem ファイルをインストールするのに十<ディスク領域>。 このディスクに追加のディスク領域を解放し、操作を再試行します。
    806 セットアップエラー - Active Directory が見つかりません。 ユーザーの操作は必要ありません。
    807 セットアップエラー - ターゲットが正しく構成されていません。 ユーザーの操作は必要ありません。
    808 HASH(0x314255c)
    809 DPM は FileName ファイルの<読み 込>。 ファイルが見つからないか破損している可能性があります。 DPM 製品 DVD から DPM セットアップを実行します。 DVD からセットアップを実行した場合、DVD は壊れています。
    810 DPM のインストールに失敗しました。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM セットアップを再度実行します。
    811 DPM データベースが作成されていない。 コントロール パネルの [プログラムの追加 と削除] を使用して、セットアップ中に作成された DPM ファイルとレジストリ エントリを削除します。 コンピューターがSQL Serverインストールされ、実行されていることを確認し、セットアップを再度実行します。
    812 レポートの構成に失敗しました。 コンピューターがSQL Server Reporting Servicesインストールされ、実行されていることを確認します。

    詳細については、「インストールとレポートのSQLに関する問題」を参照Data Protection Manager。
    813 DPM のアンインストールに失敗しました。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM のアンインストールを再試行します。
    814 この製品の構成データが壊れています。 インストーラーのインストールWindowsトラブルシューティングします。 詳細については、サポート担当者にお問い合わせください。
    817 FileName ファイルのセットアップ <パス>、完全修飾された後に長すぎます。 [アプリケーション データ] フォルダー パスの文字数が 260 文字未満の場合は、DPM セットアップを再度実行します。
    818 FileName ファイルのセットアップ <パス>無効です。 有効なアプリケーション データ フォルダー パスを指定します。
    820 セットアップでは、システム構成を照会できません。 DPM セットアップ ウィザードの [インストール]ページでこのエラーが発生した場合、エラーを解決するには、次の手順を実行します。
    1. DPM サーバーで、[すべてのプログラムの開始] Microsoft SQL Server > > 2008 > 構成ツール] を > SQL Server 構成マネージャー。
    2. [SQL Server 構成マネージャー] で 、[SQL Server サービス] を選択し、[詳細] ウィンドウで、DPM 2010 データベースに関連する SQL Server および SQL Server エージェント サービスが実行されている必要があります。
    3. いずれかのサービスが停止している場合は、[詳細] ウィンドウでサービスを右クリックし、[開始] を選択 します
    4. サービスが開始されない場合は、次の手順を実行して、両方のサービスのログオン アカウントをローカル システム アカウントに変更します。
      1. [詳細 ] ウィンドウで サービスを右クリックし、[プロパティ] を 選択します
      2. [ログオン ] タブで 、[組み込みアカウント ] を選択します。 [組み込みアカウント] ボックスの一覧で、[ローカル システム] 選択し 、[OK] を選択します
      3. [詳細 ] ウィンドウで サービスを右クリックし、[開始] を 選択します
    5. 次に、次の手順を実行して、両方のサービスのログオン アカウントを MICROSOFT$DPM$Acct アカウントに戻します。
      1. [詳細 ] ウィンドウで サービスを右クリックし、[プロパティ] を 選択します
      2. [ログオン ] タブで、[アカウント名] ボックスに「このアカウント」と入力し、[パスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスに 「.\MICROSOFT$DPM$Acct」 と入力し、DPM 2010 RTM セットアップ時に使用したパスワードと同じパスワードを入力し 、[OK] を選択します。
      3. [詳細 ] ウィンドウで サービスを右クリックし、[開始] を 選択します
    6. DPM 2010 RTM を再度インストールまたはアップグレードします。
    822 DPM セットアップは、構成にアクセスSQL Server Reporting Servicesでした。 管理インストルメンWindows (WMI) サービスが実行されているのを確認します。 WMI サービスが実行されていない場合は、コントロール パネルで[管理ツール] を選択し、[サービス] を 選択します。 [管理インストルメン テーションWindows右クリックし、[スタート] を 選択します
    823 DPM セットアップでは、RegistryKey <レジストリ キーに>。 レジストリ キーが存在することを確認<レジストリ キー>し、DPM セットアップを再度実行します。
    824 Reporting Server Web サーバーの URL にアクセスできません。 Reporting Services Configuration Manager を実行して、レポート サーバーの Web URL と設定を確認します。
    828 DPM は、サービス コントロール マネージャー (SCM) に接続できません。 この問題のトラブルシューティングを行う場合は、イベント ログの最近のWindows確認してください。
    829 DPM では 、SetupServiceName サービスの<を>できません。 この問題のトラブルシューティングを行う場合は、イベント ログの最近のWindows確認してください。
    830 DPM では、ServiceName の構成<サービス> できません。 ServerName <で> イベント ログの最近のエラーを確認Windowsします。
    832 セットアップでは、ユーザー名<DPM データベース>アクセス権を付与できません。 コンピューターがSQL Serverインストールされ、実行されていることを確認します。
    833 セットアップでは、ユーザー アカウント<UserName>削除できません。 ユーザー アカウント<UserName>削除するには、[管理ツール] メニューの[コンピューターの 管理] を選択し、[ローカル ユーザーとグループ] を展開し、[ユーザー] を 選択します[UserName] ウィンドウ<右クリック>し、[削除] を 選択します
    834 セットアップでは、展開されたレポートを削除できません。 レポートを手動で削除するには、 に移動します http://<ComputerName>/ReportServer$<InstanceName>
    836 DPM の修復に失敗しました。 DPM サーバーがソフトウェア要件を満たしていることを確認します。 DPM をアンインストールし、DPM セットアップを再度実行します。
    841 セットアップでは、指定した場所のディスク領域を計算できません。 別のインストール場所を指定します。
    842 セットアップでは、<> SqlInstance インスタンス<レジストリ キー>アクセスSQL Server。 2008 SQL Serverが正しくインストールされていることを確認します。
    845 DPM セットアップでは、DPMDB データベースを削除できません。 DPMDB データベースを削除するには、SQL Server Management Studioで 、DPM サーバー名 InstanceName <サーバーに > \ < 接続>。 データベースのインスタンス<InstanceName>展開SQL Server[データベース] を展開し 、[DPMDB データベース] を右クリックし、[削除] を 選択します
    846 DPM は、ユーザーをSqlCmd.exe。 クライアント ツールがSQLされていることを確認します。 インストールされていない場合は、クライアント ツールをインストールしSQL DPM セットアップを再度実行する必要があります。
    847 DPM では 、SetupServiceName <サービス> できません。 サービスの作成に失敗した場合、再起動が保留されている可能性があります。 コンピューターを再起動し、DPM をアンインストールしてから、セットアップを再度実行します。
    848 セットアップでは、SourceLocation ファイルからファイルを SourceLocation <から installLocation>に<コピー>。 セットアップがインストール場所にアクセスできると確認します。
    849 セットアップでは 、InstallLocation ファイルのフォルダー<削除>。 フォルダーを手動で削除します。
    850 セットアップでは、FolderPath ファイルを削除<フォルダーパス>マークできません。 DPM のセットアップが完了したら、手動でファイルを削除します。
    851 セットアップを開始できません。 DPM 製品 DVD からセットアップ プログラムを実行します。 DVD からセットアップを実行した場合、DVD は壊れています。
    853 セットアップでは、[プログラムの追加と削除] で DPM を登録できません。 ユーザーの操作は必要ありません。
    854 DPM セットアップの別のインスタンスが実行されています。 DPM セットアップの他のインスタンスが実行されなかから、DPM セットアップに進みます。
    855 セットアップでスケジュールされたジョブを削除できなかった。 [SQL Server Management Studio] を開き、次に、コンピューターの DPM インスタンスに接続SQL Server。 アプリケーションのインスタンスSQL Server エージェントSQL Server展開 し、[ジョブ] を展開し 、[ScheduleCategory] カテゴリ<削除>します。
    856 DPM が既存の DPM データベースにアクセスできないか、DPM データベースが壊れています。 サービスが実行SQL Server確認します。 サービスがSQL Server場合は、DPM データベースを復元し、DPM セットアップを再度実行します。
    857 DPM は、DPM データベースにアクセスできないので、保護エージェントがインストールされているコンピューターの一覧を列挙できません。 保護エージェントは、一部のコンピューターにインストールされている場合があります。 コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して、保護された コンピューター上のエージェント をアンインストールします。
    858 DPM プロダクト キーが無効です。 有効な DPM プロダクト キーを入力します。 プロダクト キーは、製品 DVD の背面Data Protection Manager位置します。
    859 セットアップでは、SMTP サーバー SQL Serverアドレスと送信者のアドレス<FileName> 2008 Reporting Services 構成ファイルを解析できません。 コンピューターがSQL Serverされていることを確認します。
    860 DPM は 、SetupServiceName <サービスを 停止>。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM のインストールを再試行します。
    861 DPM は、インストール パスレジストリ キーを読み取りできません。 一部のフォルダーは削除されません。 DPM セットアップの完了後にフォルダーを手動で削除します。
    862 セットアップでは、SetupServiceName <サービスを>できません。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM のインストールを再試行します。
    863 選択した場所を DirectoryPath <使用> DPM をインストールすることはできません。 DPM は、コンピューターのローカル ドライブにのみインストールできます。 DPM は、読み取り専用フォルダー、隠しフォルダー、マウント ポイント内のフォルダー、ルート ボリューム、または <FolderPath などのローカル システム フォルダーに直接インストール>。 DPM をインストールする別の場所を選択します。
    864 リムーバブル メディアまたはネットワーク共有に DPM をインストールすることはできません。 DriveName <場所> インストール場所として使用することはできません。 DPM をインストールするローカル ハード ドライブ上の場所を選択します。
    865 セットアップでは、DPM に割り当てられたボリュームに関する情報を列挙する必要がありました。 [管理ツール ] メニューの[コンピューターの 管理ディスクの管理] > を選択します。 記憶域プールに追加されたディスクから DPM に割り当てられたボリュームを削除します。
    866 回復Windows DPM 管理者コンソールで作成されたアカウントを削除できません。 [管理ツール ] メニューの [コンピューターの管理] を選択します。 [ローカル ユーザーとグループ] を展開し、[ユーザー] を選択し、アカウントをWindowsし、[削除] を 選択します
    868 DPM では、DirectoryPath ディレクトリのボリューム情報<クエリ>。 DPM をインストールするローカル ハード ドライブ上の別のインストール場所を選択します。
    869 ディレクトリ<DirectoryPath> NTFS ボリューム上に存在しない場合。 NTFS で書式設定されたボリュームに前提条件ソフトウェアと DPM をインストールします。
    870 DPM では 、DirectoryPath データベースのディレクトリ<クエリ>。 DPM をインストールするローカル ハード ドライブ上の別のインストール場所を選択します。
    871 DPM セットアップでは、このコンピューターに DPM の既存のインストールが検出されました。 既存のインストールは、インストールしようとしているバージョンよりも新しいバージョンです。 以前のバージョンの DPM をインストールするには、まず既存のバージョンをアンインストールする必要があります。
    872 SQL Server 2000 は、このコンピューターにインストールされていません。 このSQL Server (Standard または Enterprise) をインストールします。
    873 SQL Server 2000 SP 3a は、このコンピューターにインストールされていません。 使用SQL Serverインスタンスに 2000 SP 3a 以上SQL Serverインストールします。
    874 QFE 859 for SQL Server 2000 は、このコンピューターにインストールされていません。 使用SQL Serverのインスタンスに 2000 QFE 859 SQL Serverインストールします。
    875 SQL Server 2000 Reporting Services は、このコンピューターにインストールされていません。 使用SQL Serverのインスタンスに 2000 Reporting Services SQL Serverインストールします。
    876 DPM セットアップでは 、FolderPath のフォルダー<作成>。 フォルダーが既に存在する場合は、フォルダーを削除し、DPM セットアップを再度実行します。
    877 DPM セットアップでは、FileName ファイルの<書き 込>。 ファイルが既に存在する場合は、ファイルを削除し、セットアップを再度実行します。
    878 セットアップでは、保護ジョブのスケジュールを作成できません。 [SQL Server Management Studio] を開き、次に、コンピューターの DPM インスタンスに接続SQL Server。 アプリケーションのインスタンスSQL Server エージェントSQL Server展開 し、[ジョブ] を展開し 、[ScheduleCategory] カテゴリ<削除>します。
    879 DPM セットアップでは 、SetupServiceName のサービス <を削除>。 サービスを手動で削除するには、コマンド プロンプトに sc delete <SetupServiceName> 「.
    880 DPM 保護エージェントの構成に失敗しました。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM のインストールを再試行します。
    881 必要なローカル グループを作成できません。 DPM のインストールを再試行してください。
    882 DPM セットアップで必要なサービスを作成できない。 このコンピューターは、DPM を実行している別のコンピューターによって保護されている可能性があります。 保護エージェントがインストールされているコンピューターに DPM をインストールすることはできません。 このコンピューターに DPM 保護エージェントがインストールされている場合は、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用してアンインストールし、DPM セットアップを再度実行します。
    883 DPM セットアップでは、FileName ファイル<を> できません。 現在のユーザーがファイルを読み取るアクセス許可を持っている必要があります。
    884 DPM セットアップでは、FolderPath <フォルダーを>。 DPM セットアップが完了した<FolderPath>フォルダーを手動で削除します。
    885 DPM セットアップでは、ファイル名<ファイル>できません。 現在のユーザーがファイルを作成するアクセス許可を持っている必要があります。
    886 このプログラムは、内部 DPM の使用専用です。 DPM セットアップ プログラムを起動するには、製品 DVD のルートSetup.exe をダブルクリックします。
    887 DPM の構成中にエラーが発生しました。 コントロール パネルの [プログラムの追加 と削除 ] を使用して DPM をアンインストールし、もう一度 DPM セットアップを実行します。
    888 DPM セットアップでは、デスクトップに DPM ショートカットを作成する必要があります。 DPM の使用を開始するには、[スタート]を 選択し、[すべてのプログラム] をポイントし 、[2010 年Microsoft System Center Data Protection Manager選択します。
    889 以前の DPM インストールのデータベース ファイルが [場所] <>。 [場所] ページで既存 <> 削除するか、データベースの別の場所を選択します。
    890 このコンピューターには、以前のバージョンの DPM がインストールされています。 アンインストールしてセットアップを再度起動します。 ユーザーの操作は必要ありません。
    891 PrerequisiteInstallFailed
    892 コンピューター名<コンピューター> イントラネット セキュリティ ゾーンの設定から削除Internet Explorer。 Internet Explorer の [ツール] メニューで、[インターネット オプション] を選択します。 [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで、[ローカル イントラネット サイト詳細設定] を選択し、イントラネット ゾーンからコンピューター < > > ComputerName>を削除します。
    893 セットアップでは、DPM に割り当てられているボリュームを削除できません。 [管理ツール ] メニューの[コンピューターの 管理ディスクの管理] > を選択します。 記憶域プールに追加されたディスクから DPM に割り当てられたボリュームを削除します。
    894 DPM セットアップでは、デスクトップ上の DPM ショートカットを削除する必要があります。 デスクトップから DPM ショートカットを手動で削除します。
    895 SetupServiceName <サービス>コンピューターから削除されません。 コンピューターを再起動して 、SetupServiceName <サービスを>。
    896 DPM は DatabaseName データベースデータベース<接続>。 ServiceName サーバー SQL Serverサービス<開始>クエリを実行するアクセス許可が付与SQL Server。
    897 DPM は 、DatabaseName ファイルのデータベース<削除>。 このSQL Server Management Studioデータベースを削除します。データベース名 <、TempDatabaseName><を>。
    898 DPM セットアップでは、サーバー構成SQL Server Reporting Servicesできません。 管理インストルメンWindows (WMI) サービスが実行され、インストールが破損SQL Server Reporting Services確認します。
    899 DPM セットアップでは、MSDPMTrustedMachines ローカル グループを削除する必要がありました。 MSDPMTrustedMachines グループを手動で削除します。 [管理ツール ] メニューの [コンピューターの管理] を選択します。 [ローカル ユーザーとグループ] を展開し、[グループ] を 選択しますMSDPMTrustedMachines を右 クリックし、[削除] を 選択します

    エラー コード 900-999

    エラー コード メッセージ ページの先頭へ
    900 DPM セットアップでは、DPM で使用されるレジストリ キーの一部を削除する必要があります。 ユーザーの操作は必要ありません。
    901 DPM セットアップでは、DPM エージェント コーディネーター サービスを削除する必要があります。 DPM エージェント コーディネーター サービスを手動で削除します。 [管理ツール ] メニューの [サービス] を 選択します。 [DPM エージェント コーディネータ ー] を右クリックし、[削除] を 選択します
    902 ジョブで内部致命的エラーが発生しました。 Microsoft カスタマー サポートにお問い合わせください。
    904 サーバー名サーバー<保護> DPM バージョンと互換性がありません。 保護エージェントのバージョンは AgentVersion <バージョン>、DPM バージョンは EngineVersion <バージョン>。 サーバー名サーバーの保護エージェント<更新>。
    905 サーバー名サーバー<保護> DPM バージョンと互換性がありません。 保護エージェントのバージョンは AgentVersion <バージョン>、DPM バージョンは EngineVersion <バージョン>。 必要なすべての DPM 更新プログラムがこのコンピューターに適用されるのを確認します。
    906 JobRedefinition
    907 ジョブで内部データベース エラーが発生しました。 操作を再び実行してください。
    908 ジョブが取り消されました。 ユーザーは、ジョブをキャンセルするか、関連付けられた保護グループを変更しました。 操作を再び実行してください。
    909 DPM が正しく形成されていないメッセージを受け取り、それを解釈できなかった。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートにお問い合わせください。
    910 DPM サービスは、ジョブの完了時に予期せず終了しました。 終了は、システムの再起動によって発生した可能性があります。 操作を再び実行してください。
    911 割り当てられた時間内に、DPM でこのジョブを完了する必要があります。 [監視] タスク領域 で、ジョブを種類別にグループ化し、ジョブの詳細を確認します。 このジョブの次のスケジュールされた実行が現在実行されている場合、アクションは必要ありません。 ジョブが現在実行されていない場合は、ジョブを再試行します。
    912 依存している別のジョブが失敗したため、ジョブが取り消されました。 操作を再び実行してください。
    913 ジョブが取り消されたのは、非アクティブな時間枠の間にスケジュールされていたためです。 操作を再び実行してください。
    914 予期しないエラーが原因でジョブが失敗しました。 選択したコンピューターで DPMRA サービスが実行されている必要があります。
    915 コンポーネント のデータ ソース VSS コンポーネントが見つからないため <> 失敗しました。 保護されたデータ ソースが正しくインストールされ、VSS ライター サービスが実行されていることを確認します。
    916 DPMSync ツールによって開始された回復モードで実行されているので、DPM サービスに接続できません。 DpmSync が操作を完了するのを待ちます。 DpmSync が実行されていない状態で、DPM サービスがまだ回復モードの場合は、もう一度 DpmSync を実行します。
    917 DPM サービスへの接続が失われました。 サービスのシャットダウンの可能性について、アプリケーション イベント ログを確認します。 次のサービスが有効になっているか確認します。
    - DPM
    - DPM レプリケーション エージェント
    - SQLAgent$<InstanceName>
    - MSSQL$<InstanceName>
    - 仮想ディスク サービス
    - ボリューム シャドウ コピー
    918 DPM サービスへの接続が失われました。 DPM サービスが実行されている状態を確認し、Application イベント ログでサービスのシャットダウンの可能性について確認します。
    919 DPM サービスへの接続が失われました。
    920 DPM は、DPM アラート イベント ログへのイベントの書き込みに失敗しました。 DPM Alerts イベント ログが削除されたか、アクセス許可が変更されています。 DPM をアンインストールし、DPM を再インストールして DPM アラート イベント ログを再作成します。
    921 コンポーネント のデータ ソースの列挙中にエラーが発生し、操作<失敗>。 エラー メッセージで指定されたデータ ソースがオンラインでアクセス可能な状態にしてください。
    927 HASH(0x31d4df4)
    928 HASH(0x31d767c)
    929 DPM 管理シェルが DPM サーバーに接続されていないか、以前の接続が失われました。 コマンドを Connect-DPMServer 使用して DPM サーバーに接続します。 既に DPM サーバーに接続されている場合でも、このエラーが表示される場合は、DPM サービスが実行されていることを確認し、アプリケーション イベント ログでエラーが発生した場合は確認してください。
    939 DPM 管理者コンソールのバージョン <バージョン> DPM サーバーのバージョンと互換性がありません。 バージョンが MinimumUIVersion バージョンと MaximumUIVersion <の>間<確認>。
    940 致命的なデータベース エラーが原因でデータベースに接続できません。 データベースが破損している可能性は低い。 イベント ログを確認し、適切なアクションを実行します。 ファイルが実行SQL Server確認します。
    941 DPM データベースに接続できません。 サーバーが正SQL Server構成されていることを確認し、操作を再試行します。
    942 ハードウェアまたはソフトウェアの問題のため、データベースの整合性が疑われる場合があります。 管理者にSQL Serverしてください。 イベント ログWindows確認します。 DBCC CHECKDB を実行 して、損害の程度を判断します。 この問題は、ディスク自体ではなく、キャッシュ内にある可能性があります。 その場合は、コンピューターを再起動SQL Server問題を修正します。 それ以外の場合は、DBCC を使用して問題を修復します。 場合によっては、DPM データベースの復元が必要になる場合があります。
    943 データベースの状態が不整合のため、DPM データベースに接続できません。 管理者にSQL Serverしてください。 場合によっては、DPM データベースの復元が必要になる場合があります。 問題が解決しない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートにお問い合わせください。
    944 データベース操作に失敗しました。 サーバーがSQL Server、正しく構成されていることを確認してから、操作を再試行します。
    945 一般的なデータベース障害のため、DPM データベースに接続できません。 サーバーが正常にSQL Server構成されていることを確認します。
    946 DPM の別のインスタンスが現在実行中です。 コンピューターを再起動し、もう一度操作を再試行します。
    947 SqmUploadFailed
    948 ServerName サーバー名の<に接続>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。

    DPM サービスを再起動する
    1. DPM サーバーで、Service Manager を開き、[構成] を 展開 し、[サービス] を 選択します
    2. [サービス ] ウィンドウ で、次の DPM サービスを再起動します。
      • DPM (MSDPM)
      • DPM Access Manager Service (DPMAMService)
      • DPM ライター (DpmWriter)
      • DPMLA (DPM ライブラリ エージェント)
      • DPMRA (DPM レプリケーション エージェント)
    3. サービスを再起動できない場合は、次の操作を行います。
      1. Service Manager で、[診断]**を展開し、[**イベント ビューアー] を展開し、[ログ] Windows展開します
      2. ログでエラーを確認し、見つけたエラーを解決してから、DPM 管理者コンソールを再度開きます。

    コマンドを再実行 DPMSync -Sync する
    1. DPM サーバーで、[すべての プログラムの開始] を選択Microsoft SQL Server > > 2008 SQL > マネージャー Management Studio。
    2. [Connect to Server] ダイアログ ボックスの[サーバー名] ボックスに、DPM データベースに使用する SQL Server のインスタンスのコンピューター名と名前を次の形式で入力します。<ComputerName \ InstanceName>。
    3. [SQL マネージャー] Management Studioを展開 し、[データベース] を展開し 、[DPMDB] を右クリックし、[新しいクエリ]を選択します
    4. 次のクエリを入力SQLし、[実行] を 選択します
      Select * from Tbl_dls_globalsetting where PropertyName='DBRecovery'.

    5. 返される PropertyValue が 1 の場合、操作は終了するか、完了する前 DPMSync -Sync に取り消されました。 再実行し DPMSync -Sync 、操作を完全に終了させ、DPM 管理者コンソールを再度開きます。
    949 サーバー名の DPM Server <接続> 既に開いている。
    950 InvalidSchedule
    951 ジョブ定義のスケジュールが見つかりません。 ユーザーの操作は必要ありません。
    952 ScheduleRedefinition
    953 SqlAgentError
    954 DlsSchedulerError
    955 一貫性チェックの結果、エージェント のスケジュールに対するSQL Serverが変更されました。追加されたスケジュール: <SchedulesAdded>
    削除されたスケジュール: <SchedulesRemoved>
    更新されたスケジュール: <SchedulesUpdated>。
    ユーザーの操作は必要ありません。
    956 DPM は、次Windows SharePoint Servicesコンピューターに DPM 保護エージェントをインストールするまで、サーバー ファーム<保護>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
    1. これらのコンピューターにエージェントをインストールするには、[管理] タスク領域で [エージェント] タブを選択し、[アクション] ウィンドウで [インストール] を 選択します
    2. コンピューターがクラスターまたはミラーのノードである場合は、そのクラスターまたはミラーのすべての物理ノードに DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。
    3. SQL SharePoint ファームでエイリアスを使用する場合は、SQL クライアント接続コンポーネントが SharePoint フロントエンド Web サーバーにインストールされていることを確認します。
    4. SharePoint ファームで SQL エイリアスを使用する場合は、SharePoint フロントエンド Web サーバーでコマンドを実行して、DPM で解決できない SQL エイリアスを識別できます。 ConfigureSharePoint.exe -ResolveAllSqlAliases
    957 DPM は、次のコンピューターに <DPM 保護エージェントSQL Server ServerName SQL Server <> をインストールするまで、コンポーネント> のミラー 化されたデータベースを保護>。 これらのコンピューターに保護エージェントをインストールするには、[管理] タスク領域で [エージェント] タブを選択し、[アクション] ウィンドウで [インストール] を 選択します。 コンピューターがクラスターのノードである場合は、クラスターのすべての物理ノードに DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。
    958 DPM では、保護されたコンピューター上の仮想マシンの内容を参照<コンピューター を>。 仮想マシンの完全復元を実行します。

    [説明] セクションに記載されている条件が存在しない場合でも、このエラーが発生する場合は、「エラー」で説明されている回避策を試してください。Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2で VHD ファイルを管理する場合は、「指定したファイルの仮想ディスク プロバイダーが見つかりませんでした」を参照してください。
    959 DPM では 、ServerName サーバー名の保護されたコンピューター上の 1 つ以上の<列挙>。 ディスクが固定され、ボリュームが NTFS ファイル システムで書式設定されている必要があります。
    960 DPM では、ServerName サーバー名の保護されたコンピューター上の 1 つ以上の VSS アプリケーション<列挙>。 イベント ビューアーで VSS からのエラーを確認して、すべての VSS ライターが良好な状態にあるか確認します。
    961 DPM では 、ServerName サーバー名の保護されたコンピューターで 1 つ以上の VSS 以外のアプリケーション<列挙>。 イベント ビューアーで VSS からのエラーを確認して、すべての VSS ライターが良好な状態にあるか確認します。 また、このファイルがPSDataSourceConfig.xml構成されていることを確認します。
    962 DPM では、ServerName サーバー名の保護されたSharePointの 1 つ以上の検索<列挙>。 検索ライターのすべてのSharePoint状態を確認します。
    963 DPM は 、ServerName サーバー名の保護されたコンピューター上<コンポーネント>の 1 つ以上の<列挙>。 アプリケーションライターが良好な状態にあるか確認します。
    964 DPM は 、ServerName サーバー名の保護<コンピューター>コンポーネント コンポーネントの<列挙>。 ライターが良好な状態にあるか確認します。
    965 DPM は 、ServerName サーバー名のSQL ServerでWindows管理インストルメンテーションを使用して、<インスタンスを列挙>。 ユーザーの管理Windowsが良好SQL Server状態にあるか確認します。
    966 DPM は 、ServerName サーバー名の保護されたコンピューター SQL Server <コンポーネント>のインスタンス<接続>。 インスタンスが正しい状態SQL Server確認します。
    967 DPM は 、ServerName SharePointで保護されたコンピューター上のデータ ソース<列挙>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
    1. サーバー ファームのフロントエンド Web サーバーが、SharePoint保護用に構成されていることを確認します ConfigureSharePoint.exe -EnableSharePointProtection
    2. 検索を保護SharePoint、フロントエンド Web サーバー ConfigureSharePoint.exe -EnableSPSearchProtection でも実行します。
    968 現在の選択範囲はリセットされ、再度選択する必要があります。 リセットするには、[はい] を選択します。 現在の選択範囲を保持するには、[いいえ] を 選択します
    969 DPM 管理者コンソールのバージョン <バージョン> DPM サーバーのバージョンと互換性がありません。 DPM サーバーに最新の更新プログラムがインストールされていることを確認します。
    970 [はい] をクリックして、このデータ ソースの所有権を要求し、データ ソースのバックアップと回復を再開します。
    975 ジョブ定義の引数が無効です。 正しい引数構文を使用して操作を再試行します。
    976 DPM エンジンに接続できなかったため、DPM ジョブが失敗しました。 DPM サービスを再起動します。
    997 DpmProcessName データベースのプロセスに対して致命的でない<が>。 これは Microsoft に報告されます。 ユーザーの操作は必要ありません。
    998 保護エージェントの障害が原因で操作が失敗しました。 操作を再び実行してください。
    999 予期しないエラーが発生すると 、DpmProcessName のプロセス<エラー>。 DPMProcessName サーバーで DPM プロセス<再起動>。

    エラー コード 1000-1999

    エラー コード メッセージ ページの先頭へ
    1000 誤ったユーザー名またはパスワードが原因でログインに失敗しました。 ユーザー名とパスワードを確認し、もう一度やり直してください。
    1001 InvalidJobDefinition
    1002 現時点では、選択したジョブを取り消す必要があります。 ユーザーの操作は必要ありません。
    1003 JobNotFound
    1004 JobDefinitionNotFound
    1005 CanNotCreateJobDefinition
    1100 DPM: 情報アラート: ServerName <を>。 ユーザーの操作は必要ありません。
    1101 DPM: 警告アラート: ServerName <を>。 ユーザーの操作は必要ありません。
    1102 DPM: 重大な警告: ServerName <を>。 ユーザーの操作は必要ありません。
    1103 DPM: 回復アラート: ServerName <を>。 ユーザーの操作は必要ありません。
    1104 DPM: 解決済み情報アラート: <ServerName> ユーザーの操作は必要ありません。
    1105 DPM: 解決済み警告アラート: <ServerName> ユーザーの操作は必要ありません。
    1106 DPM: 解決された重大な警告: serverName <。> ユーザーの操作は必要ありません。
    1107 次のアラートは 、ResolvedTime <で非アクティブ>。 ユーザーの操作は必要ありません。
    1108 次のアラートは 、OccuredSince <で発生>。
    1109 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細を確認します。 ユーザーの操作は必要ありません。
    1200 Status: <AlertStatus>

    Volume: <VolumeName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: レプリカ ボリュームの使用ディスク領域が ThresholdValue のしきい値<を超>。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1201 Status: <AlertStatus>

    データ ソースの種類: <DatasourceType>

    データ ソース: <DatasourceName>

    コンピューター: <ServerName>

    保護グループ: <ProtectedGroup>

    説明: レプリカ ボリュームを検出できません。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1202 Status: <AlertStatus>

    保護グループ: <ProtectedGroup>

    説明: DPM は、次のいずれかの変更点を検出しました。
    - 新しい共有またはボリューム
    - 削除されたボリュームまたは共有
    - 共有が再設定されている
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1204 ServerName サーバー上<DatasourceName>の<は>一貫性チェックと同期中です。 整合性チェックは、自動的または手動で開始できます。 自動整合性チェック オプションを構成するには、保護グループの変更ウィザードを使用してこの保護グループを変更します。 手動整合性チェックを開始するには、[保護]タスク領域の [操作] ウィンドウで、[整合性チェックの実行 ] を選択します 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1205 Status: <AlertStatus>

    データ ソースの種類: <DatasourceType>

    データ ソース: <DatasourceName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: レプリカが作成されています。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1206 ServerName サーバー上<DatasourceName>の<は>データソースと矛盾しています。 このデータ ソースのすべての保護アクティビティは、レプリカが整合性チェックと同期されるまで失敗します。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1209 Status: <AlertStatus>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: StartDateTime <で>。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1210 Status: <AlertStatus>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: StartDateTime <で>ジョブが完了しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1211 StartDateTime <で>された TargetServerName <への>。 一部のジョブではデータが正常に回復され、一部のジョブは失敗しています。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1212 Status: <AlertStatus>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: StartDateTime で復旧ジョブ<が>完了しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1214 Status: <AlertStatus>

    データ ソースの種類: <DatasourceType>

    データ ソース: <DatasourceName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: 最後<FailureCount> が作成されません。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1215 Status: <AlertStatus>

    データ ソースの種類: <DatasourceType>

    データ ソース: <DatasourceName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: 同期ジョブが失敗しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1216 Status: <AlertStatus>

    データ ソースの種類: <DatasourceType>

    データ ソース: <DatasourceName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: DPM は保護を停止できなかった。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1217 Status: <AlertStatus>

    説明: 新しい保護可能なコンピューターが見つかりました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1218 ServerName サーバー上<DatasourceType> <DatasourceName>の<レプリカ>作成されません。 レプリカを手動で作成する方法を選択しました。 このデータ ソースの後続のすべての保護アクティビティは、レプリカが作成され、整合性チェックと同期されるまで失敗します。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1219 ServerName サーバー上<DatasourceType> <DatasourceName>の<レプリカ>作成されません。 レプリカ作成ジョブは、後で実行される予定です。 レプリカの作成が完了するまで、データ保護は開始されない。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1220 Status: <AlertStatus>

    説明: DiskName <ディスク> 検出できないか、応答を停止しました。 このディスクを使用する後続のすべての保護アクティビティは、ディスクがオンラインに戻るまで失敗します。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1221 Status: <AlertStatus>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: 互換性のない DPM 保護エージェント。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1222 Status: <AlertStatus>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: DPM 保護エージェントに連絡できません。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1223 Status: <AlertStatus>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: エンド ユーザーの回復アクセス許可の更新に失敗しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1224 Status: <AlertStatus>

    Volume: <VolumeName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: ネットワーク帯域幅の使用状況調整が機能していません。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1225 サポートされていないデータが見つかりました。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1226 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    説明: <LibraryType>: <ライブラリ>は使用できません。接続が確立されるまで、このライブラリのすべてのジョブは失敗します。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1227 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    説明: ライブラリが効率的に機能しません。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1228 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    ドライブ: <LibraryDrive>

    説明: テープは使用停止であり、ライブラリから削除する必要があります。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1229 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    説明: 空きテープの数がしきい値以下です。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1230 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    テープ: <MediaLabel>

    説明: テープ消去ジョブが失敗しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1231 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    テープ: <MediaLabel>

    説明: テープ検証ジョブを開始できなかったか、失敗しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1232 Status: <AlertStatus>

    説明: データ コピー ジョブが失敗しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1233 Status: <AlertStatus>

    説明: バックアップ ジョブのライブラリ カタログが正しく構築されていません。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1234 Status: <AlertStatus>

    説明: テープへのバックアップに失敗しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1237 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    ドライブ: <LibraryDrive>

    説明: ライブラリ内のドライブが機能していない。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1238 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    テープ: <MediaLabel>

    説明: テープが検証されました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1240 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    説明: ジョブには、ライブラリで使用できないテープが必要です。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1241 AlertBeingResolved
    1242 CannotResolveAutomatically
    1243 詳細なインベントリが失敗しました。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
    • 各テープ操作の後に高速インベントリを実行します。
    • 詳細インベントリに指定されたテープがドライブに含めず、バックアップ中である必要があります。
    • 詳細なインベントリエラーアラートの数を減らすには、次のレジストリ キーを作成します。 レジストリ エディターを開くには、[実行の開始] > 選択し、regedit と 入力します
      レジストリ サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\1.0\Alert
      エントリ名: DetailedInventoryFailed
      種類: DWORD
      値データ: 0

    注意
    レジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生する可能性があります。 これらの問題では、オペレーティング システムの再インストールが必要な場合があります。 こうした問題の修復について、マイクロソフトはいかなる保証もいたしません。 レジストリの変更はユーザー自身の責任において行ってください。 レジストリを変更する前に必ずバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っている必要があります。


    レジストリ キーを作成したら、[監視] ビューの [ジョブ] タブを使用して、詳細なインベントリ ジョブが失敗するか成功したかどうかを 確認 できます。
    1244 DPM サーバー上のデータベース サイズがしきい値を超えています。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1245 Status: <AlertStatus>

    <LibraryType>: <ライブラリ>

    テープ: <MediaLabel>

    説明: データ整合性の検証に失敗しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1246 Status: <AlertStatus>

    Volume: <VolumeName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: 復旧ポイント ボリュームに使用されるディスク領域が ThresholdValue のしきい値<を超>。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1247 Status: <AlertStatus>

    データ ソースの種類: <DatasourceType>

    データ ソース: <DatasourceName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: DPM は保護の構成に失敗しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1248 Status: <AlertStatus>

    データ ソースの種類: <DatasourceType>

    データ ソース: <DatasourceName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: 復旧ポイントの統合に失敗しました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1249 Status: <AlertStatus>

    説明: DPM は、同じディスク ID 番号 (DiskID) を持つ複数のディスクを検出しました。 これらのディスクはいずれも DPM サーバー プールStorageされません。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1250 Status: <AlertStatus>

    データ ソースの種類: <DatasourceType>

    データ ソース: <DatasourceName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: データ破損が検出されました。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1251 Status: <AlertStatus>

    コンピューター: <PSServerName>

    説明: PSServerName サーバーでバックアップ/回復ジョブを実行するには、エージェント<必要>。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1252 Status: <AlertStatus>

    データ ソースの種類: <DatasourceType>

    データ ソース: <DatasourceName>

    コンピューター: <ServerName>

    説明: 最後<FailureCount> オンライン回復ポイントが作成されません。
    詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
    1255 以前に <> OldFolderPath <> にマップされた共有<Share Name>。 DPM は引き続き古い FolderPath <を保護>推奨される方法で保護を変更してください。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。

    エラー コード 2000-3999

    エラー コード メッセージ ページの先頭へ
    2000 別の競合する操作が進行中のため、DPM は操作の実行に失敗しました。 後で操作を再試行します。
    2001 WorkitemNotActive
    2002 ConcurrencyRulesViolation
    2003 SubtaskIsAlreadyRunning
    2004 ProtectionNotDefinedForSubtask
    2005 ReplicaRootDirectoryAlreadyUsed
    2006 VolumeAlreadyProtected
    2007 DirectoryNotInProtectedVolume
    2008 DirectoryIsInExclusionList
    2010 CanNotConnectWithHost
    2011 CommunicationProblem
    2012 AuthorizationFailed
    2013 ホスト認証に失敗しました。 認証を再試行します。
    2014 HostUnreachable
    2015 RASVolumeNotFound
    2016 FsCaseSensitive
    2017 NeedRebootServer
    2018 FSFServiceFailure
    2019 RemoteCommunicationProblem
    2020 VolumeNotFound
    2021 NotEnoughSpaceForFilterLog
    2022 NotEnoughSpaceForSpillLog
    2023 NotEnoughSpaceOnReplica
    2024 FSFSessionNotExists
    2025 RootDirMovedIn
    2026 CannotApplyChanges
    2027 MonitoringLogIsFull
    2028 FSFTimeoutExpired
    2029 FSFFailedValidate
    2030 InvalidFileSpec
    2031 指定された宛先パスが無効です。 別の場所に復元します。
    2032 指定したパスが存在しません。 有効なパスを選択します。
    2033 AgentTargetServer サーバー上で FileName ファイル名の<を実行>エラー<発生>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
    1. 上記の説明の詳細なエラー コードを参照してください。 問題が修正された後で操作を再試行します。
    2. リソース不足が原因でエラーが発生した場合は、一時的なエラーになる可能性があります。後で操作を再試行する必要があります。
    3. エラーが SMB 共有の特権のためである場合は、しばらく待つか、ファイル サーバーを再起動してから、操作を再試行します。
    2034 指定されたパスは NTFS ボリューム上に存在しない。 NTFS ボリュームに復元します。
    2035 ディスク領域が不足していたため、操作が失敗しました。 コピー先のコンピューターのボリューム <VolumeName> の空きディスク領域を増やしてから、操作を再試行するか、十分な空きディスク領域を持つ別の宛先に回復します。
    2036 AgentTargetServer サーバー上のファイルまたはフォルダー <FileName> にアクセスできなかったため<失敗>。 これは、ファイルまたはフォルダーが破損しているか、ボリューム上のファイル システムが破損している可能性があります。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
    1. 影響を受けるボリュームで chkdsk を実行し、整合性チェックと同期を実行します。
    2. chkdsk を実行しても問題が解決しない場合、上記のコンピューターが保護されたコンピューター (DPM サーバーではなく) である場合は、ソースからこのファイルまたはフォルダーを削除してから、整合性チェックを使用して同期を実行してください。
    2037 DPM では、選択したボリューム が ServerName <の VolumeName ><検出>。 ServerName サーバー<の VolumeName>が<確認>します。 ボリュームが存在する場合は、操作を再試行します。
    2038 再解析ポイント全体でアイテムを回復できないので、一部のアイテムは復元されていません。 回復先<ReparsePtPath>のフォルダーは、再解析ポイントです。 再解析ポイントを含む宛先に回復を再試行します。
    2039 DPM は、対象のコンピューターの所有権情報を取得できなかったため、操作の実行に失敗しました。 後で操作を再試行します。
    2040 DPM は 、AgentTargetServer サーバー上<VolumeName>に<アクセス>。 これは、バックアップ中のクラスター フェールオーバー、またはボリューム上のディスク領域の不足が原因で発生する可能性があります。 バックアップ中にクラスター フェールオーバーが発生した場合は、操作を再試行してください。 それ以外の場合は、対象のコンピューター上の VolumeName <ボリューム>空きディスク領域の量を増やしてから、操作を再試行します。
    3000 要求されたレポートの履歴が、SQL Server Reporting Services。 ユーザーの操作は必要ありません。
    3002 DPM でレポートを生成できない。 パラメーターが見つからないか、正しく指定されていません。 ユーザーの操作は必要ありません。
    3003 サービスSQL Server Reporting Servicesが実行されていない場合。 DPM データベースが作成されたコンピューターでサービスを開始します。 [管理ツール ] メニューの [サービス] を 選択します。 [スタート] ボタンを SQL Server Reporting Services し、[スタート] を 選択します
    3004 レポートに対してこのアクションを実行するための十分なアクセス許可はありません。 DPM サーバー上のローカル Administrators グループのメンバーである必要があります。 DPM データベースがリモート コンピューター上にある場合は、リモート コンピューター上の DPM Administrators グループのメンバーである必要があります。
    3005 DPM でレポートを生成できない。 パラメーターが見つからないか、正しく指定されていません。 ユーザーの操作は必要ありません。
    3008 InstanceName SQL Serverエージェント <サービス>応答していない場合。 InstanceName SQL Serverエージェント サービス<再起動>。
    3009 DPM では、このレポートのスケジュールを設定する必要があります。 情報が見つからないか、正しく指定されていません。 ユーザーの操作は必要ありません。
    3010 DPM では、このレポートの電子メール サブスクリプションを設定できません。 情報が見つからないか、正しくない可能性があります。 [操作 ] ウィンドウで 、[オプション] 選択し 、[SMTP サーバー ] タブで正しい SMTP サーバー名と電子メール アドレスを指定します。
    3011 この期間のレポートを生成するのに十分なコンテンツが表示されない。

    DPM でこのレポートを生成するには、使用可能なデータ<日数>日数を指定する必要があります。
    このレポートを生成するには、少なくとも日数<日数>します。
    3012 このレポートに対して有効なプロパティ設定が検出されていないので、DPM はこのアクションを実行できません。 構成を修復するには 、「REPAIRING DPM 2010」の「DPM を修復する」の手順に従います
    3013 DPM がサーバーに接続SQL Server Reporting Services。 再起動SQL Server Reporting Servicesし、もう一度操作を実行します。
    3014 サーバー名のレポート ジョブが失敗<エラー>発生しました。 システム ファイルが破損している可能性があります。 レポート タスクを再試行します。 問題が解決しない場合は、「REPAIRING DPM 2010」で説明されている手順を使用して、DPM インストールを修復します。
    3015 DPM は電子メール設定を変更できません。 ServerName サーバー名<にログオン>。 [スタート]メニューの [すべてのプログラム] をポイントし 、[2008 年 2008 年Microsoft SQL Server] をポイントし、[構成ツール] をポイントし、[Reporting Services 構成] を 選択します。 [ レポート サーバーの構成] で、電子メール設定を更新します。
    3016 DPM Windowsを表示するには、ユーザー アカウントが必要です。 アカウントを作成するには、「DPM セットアップ ヘルプ」で説明されている手順を使用して DPM を再インストールします。
    3017 DPM レポートが作成したユーザー アカウントが有効になっていません。 アカウントを再度有効にするには、DPM 管理者コンソールのナビゲーション バーで、[レポート] を 選択します。 [操作 ] ウィンドウで、[オプション] を 選択し、[レポート パスワード] タブで、有効なパスワードを入力します。
    3018 アカウントのレポート パスワードWindows期限が切れています。 アカウントのパスワードを AccountName <変更>。 [管理ツール ] メニューの [コンピューターの管理] を選択します。 [ローカル ユーザーとグループ] を展開し、[ユーザー] を 選択します。 [アカウント名] を < 右クリックし >、[パスワードの設定]を選択します
    3019 ErrorAccessDenied
    3020 システム内のローカル Windowsアカウントを構成できません。 操作は、ドメインのプライマリ ドメイン コントローラーでのみ許可されます。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、操作を再試行します。
    3021 DPM は、グループが既にWindowsアカウント グループを作成できません。 アカウント グループWindows削除し、操作を再試行します。
    3022 DPM は、アカウントが既に存在Windowsアカウントを作成できません。 アカウントをWindowsし、操作を再試行します。
    3023 入力したパスワードがグループ Windows要件を満たしていないので、DPM は管理者アカウントを構成できません。 アカウントの別のパスワードを入力します。
    3024 DPM では、DPM データベースにユーザー名アカウントへのアクセス<付与>できません。 サーバーが正常にSQL Server構成されていることを確認します。
    3025 アクセス許可が不十分なため、ローカル コンピューターをイントラネット セキュリティ ゾーンInternet Explorer追加できません。 管理者またはバックアップ オペレーターとしてログオンし、もう一度操作を試します。
    3026 選択したレポートは、Web サイトが HttpMachine <信頼>ゾーンにないので表示できません。 サイトを追加してレポートを表示しますか? ユーザーの操作は必要ありません。
    3027 レポート のスケジュールが期限切れで、リセットされます。 DPM レポートの設定を確認します。
    3028 コンピューターを信頼できる領域に追加することはできません。 拡張セキュリティ構成を再インストールInternet Explorer勧めします。 コントロール パネルで [プログラムの追加と 削除] を使用します。 [コンポーネントの追加と削除Windowsし、[拡張セキュリティ構成] Internet Explorer チェックします。 ただし、後続の手順でユーザー名とパスワードを指定してレポートに進みます。
    3030 指定された日付が既に過ぎたため、DPM はレポート スケジュールを作成できません。 今日または後の日付を指定します。
    3031 今日または後の日付を指定します。 将来の日付を指定します。
    3034 DPM レポートには、ASP.NET 2.0 が必要です。このコンピューターに見つからないか、インストールされていません。 2.0 ASP.NET インストールします。 コントロール パネルで [プログラムの追加と 削除] を使用します。 [**コンポーネントの追加と削除Windowsし、[**アプリケーション サーバー] をオンにし、[詳細] を 選択します。 [ASP.NET とインターネット インフォメーション サービス (IIS) を選択し 、[OK] を選択します
    3035 アクセス許可が不十分なため、DPM はレジストリを読み取ってレポート設定を取得できません。 管理者としてログオンし、操作を再試行します。
    3036 DPM レポートでは、IIS 構成を照会できません。 Connect DPM データベースが作成されたコンピューターにアクセスします。 管理インストルメンテーション Windowsが実行されている必要があります。
    3037 ReportingAccessIISFailed
    3038 SQL Server Reporting Servicesがインストールされていないか、正しく構成されていません。 正しくインストールSQL Server Reporting Services実行されていることを確認します。
    3039 DPMReport ローカル アカウントに必要なセキュリティ設定を適用できないので、DPM レポートはまだアクティブ化されていません。 [管理ツール ] メニューの [ローカル セキュリティ ポリシー ] を選択します。 [ ローカル ポリシー] を展開し、[ユーザー権利の割 り当て] を選択します。 [ローカル ポリシーで ログオンを許可する] を右クリック し、[プロパティ] を 選択します。 [ ユーザーまたはグループの追加] を 選択し、DPMReport アカウントを追加します。 DPMReport アカウントが [ローカル ログオンの拒否] ポリシーに一覧表示されている場合 は、その アカウントを削除します。
    3040 DPM セットアップでは、レポート サーバー構成を更新して電子メール設定を構成できません。 ServerName サーバー名<にログオン>。 [スタート]メニューの [すべてのプログラム] をポイントし 、2008 年Microsoft SQL Server をポイントし、[構成ツール] をポイントし、[Reporting Services Configuration Manager] を選択します。 Reporting Services Configuration Manager で、 電子メール設定を更新します。
    3041 DPM はレポートを生成できません。 これは、ユーザーのweb.configファイルが無効SQL Server Reporting Servicesアクセスできない場合があります。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
    1. 正しくインストールされ、SQL Server Reporting Servicesされていることを確認します。
    2. ファイルが有効web.config確認します。
    3042 テープ上のデータのコロケーションが有効になっているため、レポートが正しくない可能性があります。 ユーザーの操作は必要ありません。
    3050 共有を更新したり、アクセス許可を共有したりできません。 同期を再実行するか、次の同期が実行されるのを待ちます。 問題が解決しない場合は、ドメイン構成を確認します。
    3051 Active Directory ドメイン サービス データベースを更新できません。 同期を実行するか、次にスケジュールされた同期が発生するのを待ちます。 問題が解決しない場合は、ドメイン構成を確認します。
    3052 Active Directory ドメイン サービス スキーマが正しく構成されていません。 スキーマ拡張操作をやり直します。
    3053 クラスター サーバーのクラスター サーバーに対してノード<検出>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
    1. [管理 ] タスク 領域の [ エージェント] タブで、クラスター ノードにアクセス可能な場所を確認します。
    2. クラスター管理コンソールを使用して、クラスターがまだクラスター化されている必要があります。
    3054 ListOfDataSources アプリケーションの 1 つ以上のボリューム<不足>。 データ ソースの依存ボリュームがオンラインである必要があります。
    3055 DPM は、ServerName <コンピューター<コンポーネント>を列挙<できません>。 [コンポーネント] <> 保護エージェントからアクセス可能です。
    3100 <DatasourceType DatasourceName> のレプリカ用に DPM を実行しているコンピューターで使用されているディスク領域が >< 、<ThresholdValue>% のしきい値を超えているか、変更されたデータを収容するのに十分なディスク領域が足りない。 ディスク領域を割り当てない場合、同期ジョブが失敗する可能性があります。 レプリカのディスク領域を追加で割り当てる。 記憶域プールで空きディスク領域がない場合は、DPM を実行しているコンピューターに物理ディスクを追加する必要があります。
    3101 保護グループ <ProtectedGroup> の <ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> の回復データは、検出できないボリュームに存在します。 <DatasourceName>に関連するすべての後続の保護アクティビティは、このボリュームがオンラインに戻るまで、またはレプリカが再作成されるまで失敗します。 レプリカ ボリュームと復旧ポイント ボリュームを含むディスクが [ディスクの管理] に表示されます。 ディスクの管理でボリュームを見つけきできない場合は、次の手順を実行してください。
    1. DPM 管理者 コンソール の [管理] タスク領域の [ディスク] タブで、レプリカ ボリュームと復旧ポイント ボリュームを含むディスクを再スキャンし、ボリュームがオンラインに戻っている必要があります。
    2. DPM 管理者 コンソールの [ 保護] タスク領域で、[メンバーの保護の停止] オプションを使用してデータ ソースの保護を停止し、もう一度データ ソースを保護グループに追加します。
      3102 AdgMemberChange
      3103 DPM は、ServerName データベース上の datasourceType DatasourceName<のバックアップの一部としてカタログ>取得 >< <>。 回復ポイントは有効ですが、この回復ポイントを使用してアイテム レベルの回復を実行することはできません。 この回復ポイントを使用してアイテム レベルの回復を実行しない場合は、このアラートを閉じ直します。それ以外の場合は、推奨されるアクションを実行します。
      1. ディスクへの短期バックアップで操作が失敗した場合は、[保護] タスク領域でデータ ソースを選択し、[回復ポイントの作成] を選択してバックアップを再開します。
      2. テープへの短期的なバックアップに対して操作が失敗した場合は、[保護] タスク領域で、同じ保護グループに属している障害が発生したデータ ソースをすべて選択し、[回復ポイントの作成 - テープ] を選択します。 これにより、テープ バックアップが同じテープ上に確実に保存されます。
      3. バックアップを開始した直後に、このアラートを閉じ直します。
        3104 DatasourceType <DatasourceName> <のレプリカ>整合性チェックと同期中です。 整合性チェックは、自動的または手動で開始できます。 自動整合性チェック オプションを構成するには、保護グループの変更ウィザードを使用してこの保護グループを変更します。 手動整合性チェックを開始するには、[保護]タスク領域の [操作] ウィンドウで、[整合性チェックの実行 ] を選択します ユーザーの操作は必要ありません。
        3105 ServerName サーバー<上> <DatasourceName>の datasourceType <レプリカ>作成されます。 最初のレプリカが作成されると、増分変更だけが同期されます。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3106 <ServerName <DatasourceType> <DatasourceName> <の>のレプリカは、保護されたデータ ソースと矛盾しています。 データ ソースのすべての保護アクティビティは、レプリカが整合性チェックと同期されるまで失敗します。 既存の復旧ポイントからデータを回復できますが、レプリカの整合性が保たれるまで新しい復旧ポイントを作成することはできません。

        ファームSharePoint、一貫性のあるデータベースを使用して復旧ポイントを作成し続ける必要があります。 一貫性のないデータベースをバックアップするには、ファームで整合性チェックを実行します。
        このエラーを解決するには、整合性チェックと同期します。
        3107 DPM は、サーバー名サーバーサーバーによって管理<PSServerName> でバックアップ/回復ジョブ<実行>。 この DPM サーバーで PSServerName <管理>、警告ウィンドウの下に表示される推奨されるアクション リンクをクリックします。 これにより 、PSServerName のバックアップ/回復ジョブ<サーバー名> DPM サーバーサーバーで<失敗>。
        3109 <StartDateTime> で開始された <DatasourceType> <DatasourceName> の回復ジョブ (<ServerName> の宛先) が進行中です。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3110 <StartDateTime> で開始された <DatasourceType> <DatasourceName> の回復ジョブが完了し、<ServerName> の宛先が指定されています。 一部のジョブは正常にデータを回復し、一部のジョブは失敗しました。

        TempListOfFiles ファイルを使用して、次の<を復元>。
        ファイルがコピー先のコンピューターにまだ存在し、使用されていないか、ファイルに十分なディスク領域が存在する必要があります。
        3111 <TargetServerName> の宛先である <StartDateTime> で開始された <DatasourceType> <DatasourceName> の回復ジョブが完了しました。 ほとんどのジョブまたはすべてのジョブで、要求されたデータの回復に失敗しました。 考えられるソリューション
        - [監視]タスク領域 の[ジョブ]タブで、[種類] を選択してジョブを種類別にグループ化し、回復ジョブの詳細を表示します。
        - VMMS サービスがダウンしている場合、このエラーが表示される場合があります。 サービスを開始した後、アクションを再試行します。
        - SMB 共有特権のためにこのエラーが表示される場合は、しばらく待つか、サーバーを再起動してから、もう一度操作を試してください。
        3112 <StartDateTime> で開始された <DatasourceType> <DatasourceName> の回復ジョブが、<ServerName> の宛先で正常に完了しました。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3113 Exchange回復 クラスター連続レプリケーション (CCR) Exchangeローカル連続レプリケーション (LCR) であるサーバーに回復する場合は、次の手順を実行します。
        1. 復元されたストレージ グループのレプリカを再取り付けしました。
        2. 回復したストレージ グループのストレージ グループ コピーを再開します。
        3114 ServerName データベース上の DatasourceType <DatasourceType> <DatasourceName>の復旧<作成ジョブ>失敗しています。 障害が発生した復旧ポイント作成ジョブの数 = FailureCount <の>。

        保護されているデータ ソースがSharePoint場合は、[エラーの詳細]を選択して、復旧ポイントの作成に失敗したデータベースの一覧を表示します。
        ユーザーの操作は必要ありません。
        3115 OccurredSince <以降> ServerName の < DatasourceName>の<ジョブ>失敗しました。 失敗したジョブの総数 = FailureCount <を>。 次の理由で最後のジョブが失敗しました。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3116 DPM は、DatasourceType <サーバー名> <DatasourceName>の<停止>。 コンピューター上のデータ ソースを保護する必要がなくなった場合は、コンピューターから保護エージェントをアンインストールできます。 また、停止保護ジョブを再試行できます。
        3117 DPM は、保護する可能性がある新しいコンピューターを検出しました。 新しいコンピューターの一覧を表示するには、[詳細] を 選択します
        3118 ServerName サーバー上<DatasourceType> <DatasourceName>の<レプリカ>作成されません。 レプリカを手動で作成する方法を選択しました。 このデータ ソースの後続のすべての保護アクティビティは、レプリカが作成され、整合性チェックと同期されるまで失敗します。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. [保護] タスク領域のこのデータ ソースの詳細で指定されているレプリカ パスにデータを手動 コピーします。
        2. データをコピーした後、[保護の一貫性 チェック > を実行する] を選択します
        3119 ServerName サーバー上<DatasourceType> <DatasourceName>の<レプリカ>作成されません。 レプリカ作成ジョブは、後で実行する予定です。 レプリカの作成が完了するまで、データ保護は開始されない。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3120 DiskName <ディスク> 検出できないか、応答を停止しました。 このディスクを使用する後続のすべての保護アクティビティは、ディスクがオンラインに戻るまで失敗します。 [管理 ] タスク 領域の [ディスク] タブ で、ディスクの状態を確認します。 ディスクが見つからない場合は、ディスク構成を再スキャンしてディスクを検出します。 ディスクがまだ見つからない場合は、物理ディスク接続を確認してから、ディスクを再度スキャンします。 ディスクが使用できなくなった場合は、記憶域プールからディスクを削除できます。 影響を受けるデータの保護を続行するには、[メンバーの保護の停止] オプションを使用してデータ ソースの保護を停止し、データ ソースを保護グループに再度追加します。
        3121 サーバー名サーバーの DPM <エージェント>このバージョンの DPM と互換性がありません。 ServerName サーバー名の以降のすべての<回復>エージェントの正しいバージョンがインストールされるまで失敗します。 [管理 ] タスク 領域の [ エージェント] タブで、エージェントの状態を確認し、正しいバージョンに更新します。
        3122 サーバー名サーバーの DPM <エージェント>接続できません。 接続が確立されていない場合、このコンピューターの後続の保護アクティビティが失敗する可能性があります。 試行された連絡先は、次の理由で失敗しました: <理由> [管理 ] タスク 領域の [エージェント ] タブ で、エージェントの状態を確認します。
        3123 サーバー名サーバーのエンド ユーザー回復に使用されるアクセス許可を更新<失敗>。 アクセス許可の更新が失敗した理由: <理由> ユーザーの操作は必要ありません。
        3124 DPM ネットワーク帯域幅の使用量調整は、Windows ServerName サーバー名サーバーで Windows QoS (QoS <) パケット スケジューラが有効になっていないため、機能>。 <ServerName> で DPM 保護エージェント サービスを停止してから、QoS パケット スケジューラが有効になっているか、コンピューターのネットワーク帯域幅の使用調整を無効にします。 QoS パケット スケジューラをインストールするには、次の手順を実行します。

        コントロール パネルで、[ネットワーク接続] をポイント し、適切な接続を右クリックし、[プロパティ] を 選択します。 [全般]タブで、[サービスの追加 QoS パケット > > > スケジューラのインストール > ] [OK] を選択します
        3125 DPM は、1 つ以上の保護されたボリュームで、サポートされていない新しいファイルまたはフォルダーを検出しました。 DPM は引き続きこれらのボリュームでサポートされているデータを保護しますが、サポートされていないデータは保護されません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3126 以前に <OldFolderPath>にマップされた ShareName <の共有>が NewFolderPath <に>。 DPM は引き続き OldFolderPath <を保護>、推奨されるアクションで示されている保護を変更することをお勧めします。 NewFolderPath <を>するには、[保護] タスク領域で、次の手順を実行します。
        1. この共有の保護を停止します。
        2. 同じ共有を再保護します。
        3127 DPM は、同じディスク ID 番号 (DiskID) を持つ複数のディスクを検出しました。 これらのディスクはいずれも DPM サーバー プールStorageされません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. マルチパス ソフトウェアが DPM サーバーで実行されているのを確認します。
        2. [管理] タスク領域 の [ディスク] タブで 、[再スキャン] を選択します
        3128 DPM は 、ListOfDataSources データベースのデータ ソース<一貫性>。 これを修正しようとすると、成功しなかった可能性があります。 保護されたコンピューターまたは DPM サーバーのハードウェアの問題により、古い復旧ポイントを回復できない場合があります。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. 保護されたコンピューターと DPM サーバーでハードウェア関連のエラーが発生した場合は、System イベント ログを確認します。
        2. ボリューム上の最後の復旧ポイントと、問題がある可能性がある古い復旧ポイントのテスト 回復を実行します。
        3. エラーに示されているデータ ソースの新しい復旧ポイントを手動で作成します。
        4. 整合性チェックを頻繁に実行します。
        3129 DPM は 、ListOfDataSources データベースのバックアップ中にデータ ソースの<検出>。 これは、ハードウェアの問題が発生する可能性がある保護されたサーバーで IO エラーが発生したためです。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. 保護されたコンピューターでハードウェア関連のエラーが発生した場合は、System Event ログを確認します。
        2. ハードウェア診断ツールを実行して、ハードウェアの正常性を確認します。
        3. アプリケーション固有の整合性チェックを実行して、データの論理的な一貫性を確認します。 障害が発生した場合は、最新の復旧ポイントからデータを回復し、アプリケーション固有の整合性チェックを実行します。 論理的に一貫性のある復旧ポイントを回復するまで、以前の復旧ポイントでこのプロセスを繰り返します。
        4. エラーで示されたデータ ソースの新しい復旧ポイントを手動で作成します。
        5. 整合性チェックを頻繁に実行します。
        3130 DPM は 、ComputerName サーバー上の datasourceType <DatasourceName> <DatasourceName>の VHD <バックアップ>。 回復ポイントは有効ですが、この回復ポイントを使用してアイテム レベルの回復を実行できません。 このエラーを解決するには、以下の 1 つ以上の手順を実行します。

        この回復ポイントを使用してアイテム レベルの復元を実行しない場合は、このアラートを閉じ、それ以外の場合は、次の推奨されるアクションを実行します。
        1. DPM サーバーに Hyper-V の役割をインストールします。
        2. [保護 ] タスク 領域でデータ ソースを選択し、[回復ポイントの作成] を選択 してバックアップ を再起動します。
        3131 DPM は、<DatasourceType> <DatasourceName> のバックアップの一部としてアクティブな仮想ハード ディスク情報を取得<>。 回復ポイントは有効ですが、この回復ポイントを使用してアイテム レベルの回復を実行できません。 この回復ポイントを使用してアイテム レベルの回復を実行しない場合は、このアラートを閉じ直します。それ以外の場合は、次の推奨されるアクションを実行します。
        1. Hyper-V WMI プロバイダーの呼び出しが Hyper-V ホストで成功したと確認します。
        2. [保護] タスク 領域でデータ ソースを選択し、[回復ポイントの作成] をクリック してバックアップ を再開します。
        3132 操作が取り消されたため、DPM は <の <DatasourceType >< DatasourceName> のバックアップ後に VHD 親ロケーターの修正に失敗しました。 回復ポイントは有効ですが、この回復ポイントを使用してアイテム レベルの回復を実行できません。 この回復ポイントを使用してアイテム レベルの回復を実行しない場合は、このアラートを閉じ直します。それ以外の場合は、[保護]タスク領域 でデータ ソースを選択し、[回復ポイントの作成] を選択してバックアップを再起動します。
        3133 DPM は、ファーム名データベースの データベース のアイテム SharePoint カタログ<収集>。 ファーム内のこれらのデータベースの回復ポイントの一部は、以前に成功したカタログに関連付けられる可能性があります。 DPM 管理シェルでコマンドレットを実行SharePointファームの Start-CreateCatalog カタログ ジョブを再起動します。
        3134 DPM は、DatasourceType のバックアップ メタデータ情報を取得<ServerName> <DatasourceName>の<取得>。 データ ソースがファームのSharePoint、有効な復旧ポイントが作成されました。 ただし、この回復ポイントのコンテンツ データベースは、別の場所オプションを使用する場合にのみ復元できます。 データ ソースがファームSharePoint場合は、次の情報を確認します。
        1. これは、現在のファーム管理者資格情報を使用してフロントエンド ConfigureSharePoint.exe -EnabledSharePointProtection Web サーバー SharePoint実行されています。
        2. VSS SharePointがフロントエンド Web サーバーで実行されている場合。
        3135 DatasourceName サーバーのデータ ソース のカタログ ジョブ<実行>ファームではないのでSharePointできません。 サーバー ファームであるデータ ソースを指定してコマンドレットを再実行SharePointします。
        3136 DPM は、Windows Server> Name <で <DatasourceName> <のレプリカに対する Windows グループ <GroupName>読み取りアクセス許可を提供できなかった。 回復ポイントは有効ですが、この回復ポイントを使用してアイテム レベルの回復を最適化された方法で実行できない場合があります。 この回復ポイントを使用して最適化されていないアイテム レベルの復元を実行し、このアラートを閉じすることができます。それ以外の場合は 、[保護] タスク領域でデータ ソースを選択し、[回復ポイントの作成] を選択 してバックアップ を再起動します。
        3137 GroupName ファイルのグループ<見>。 DPM は自動的にこのグループを再作成しますが、以前の回復ポイントでは最適化されたアイテム レベルの回復は失敗します。 以前の回復ポイントに対して最適化されていないアイテム レベルの回復を実行します。 通常よりも時間がかかる場合があります。 これを実行するための詳細な手順については、ドキュメントを参照してください。
        3151 DPM は、割り当てられた時間内にこのジョブを完了できなかった。 [監視 ] タスク 領域で、ジョブを種類別にグループ化し、ジョブの詳細を確認します。 このジョブの次のスケジュールされた実行が現在実行されている場合、アクションは必要ありません。 ジョブが現在実行されていない場合は、ジョブを再試行します。

        同期ジョブを再試行して再度失敗した場合は、オンザワイヤー圧縮を有効にしてください。 詳細については 、「How to Enable On-the-Wire Compression 」を参照してください
        3152 ハードウェアとソフトウェアの構成、および機能の使用パターンに関する Microsoft 匿名フィードバックを自動的に送信する場合に選択します。 カスタマー エクスペリエンス向上プログラムをオプトインまたはオプトアウトします。
        3153 AlertAlreadyResolved
        3154 説明: 新しいデータ ソースが見つかりました。 詳細については、DPM 管理者コンソールの [監視] タスク領域で、アラートの詳細を確認します。
        3155 説明: データ ソースがありません。 詳細については、DPM 管理者コンソールの [監視] タスク領域で、アラートの詳細を確認します。
        3158 AlertIDNotFound
        3159 ServerName サーバー上の DatasourceName <の>の<作成>失敗しました。 最後の復旧ポイントの作成は、次の理由で失敗しました。<理由> ユーザーの操作は必要ありません。
        3160 ServerName サーバー上<DatasourceName>同期<ジョブ>失敗しました。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3161 保護グループ <ProtectedGroup> の <DatasourceName> <ServerName> の回復データは、検出できないボリューム上に存在します。 このボリュームがオンラインに戻り、またはレプリカが再作成されるまで 、<DatasourceName>に関連するすべての後続の保護アクティビティは失敗します。 レプリカ ボリュームを含むディスクが [ディスクの管理] に表示されます。 または、DPM 管理者 コンソールの [保護] タスク領域で、[ディスク割り当ての変更] アクションを使用してレプリカ領域を割り当てる。
        3162 ServerName サーバー<上> DatasourceName <の>作成されます。 最初のコピーが行われた後は、増分変更だけが同期されます。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3163 ServerName サーバー上<DatasourceName>の<は>データソースと矛盾しています。 データ ソースのすべての保護アクティビティは、レプリカが整合性チェックと同期されるまで失敗します。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3164 <StartDateTime> で開始し、<ServerName> の宛先で開始された <DatasourceName> の復旧ジョブが進行中です。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3165 <StartDateTime> で開始された <DatasourceName> の復元ジョブが、<ServerName> の宛先で完了しました。 一部のジョブではデータが正常に回復され、一部のジョブは失敗しています。 [監視 ] タスク 領域の [ジョブ] タブで 、ジョブを種類別に並べ替え、回復ジョブの詳細を表示します。
        3166 <StartDateTime> で開始された <<DatasourceName> の復元ジョブが、<TargetServerName> の宛先で完了しました。 ほとんどのジョブまたはすべてのジョブで、要求されたデータの回復に失敗しました。 [監視 ] タスク 領域の [ジョブ] タブで、 種類別にジョブをフィルター処理して、回復ジョブの詳細を表示します。
        3167 <StartDateTime> で開始された <DatasourceName> の回復ジョブが、<ServerName> の宛先で正常に完了しました。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3168 DPM データベース (DPMDB) のサイズがしきい値の制限を超えています。

        DPM データベース のサイズ: DPMDBSize

        DPM データベースの場所: サーバー<サーバー名> DPMDBLocation <を>。
        DPM データベース (DPMDB) のサイズを縮小することはできません。 このアラートを解決するには、DPMDB ボリュームの空き領域を増やしたり、テープ カタログ保持ダイアログでアラートのしきい値を増やしたりする必要があります。 テープ カタログが大きい場合は、テープ カタログのサイズを小さくすると、DPM データベースがそれ以上大きくなる可能性があります。

        SharePoint

        何百万ものアイテムが含まれる大規模なSharePointファームを保護している場合は、この警告が表示される場合があります。 データベースが増えるのに十分なディスク領域が DPM データベース ボリュームに含まれます。
        3169 <DatasourceType> <DatasourceName> の回復ポイント ボリュームに対して DPM を実行しているコンピューターで使用されているディスク領域が、<ThresholdValue>% のしきい値を超えています (DPM では、使用可能な空き領域に加えて、600 MB の内部使用率が必要です)。 ディスク領域を多く割り当てない場合、ディスク領域が不足して同期ジョブが失敗する可能性があります。 [保護] タスク領域の [ディスク割り当ての変更] アクションを使用して、復旧 ポイント ボリュームのディスク領域を追加 します 。 記憶域プールで空きディスク領域がない場合は、DPM を実行しているコンピューターに物理ディスクを追加する必要があります。
        3170 DPM は、<ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName>の回復、整合性チェック、または初期レプリカ作成ジョブを開始できません。理由: <理由> ユーザーの操作は必要ありません。
        3171 開始時刻は終了時刻以上です。 フィルター定義を修正します。
        3172 フィルター定義で少なくとも 1 つのライブラリを選択する必要があります。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3173 フィルター定義で少なくとも 1 つのデータ ソースを選択する必要があります。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3174 フィルター定義には、少なくとも 1 つのジョブの種類とジョブの状態を指定する必要があります。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3175 転送されるデータと経過時間は、整数で、0 以上、最大数値サイズ未満である必要があります。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3176 正しい形式で入力されていない日付。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3177 既定のフィルターを更新または削除することはできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3178 <DatasourceType DatasourceName> の で、次のいずれかの操作が実行されている場合、レプリカの復旧ポイントの統合が >< 失敗しました。
        1. 完全バックアップを明示的に実行する
        2. 整合性チェック
        3. 回復
        このエラーが表示される場合は、考えられる解決策の一覧を次に示します。
        • [監視] タスク領域 で、[アラート] タブ オンにし、上記のいずれかの操作に関する特定のアラートを検索します。 そのアラートの推奨されるアクションに従います。 上記の操作でアクティブなアラートが見つからない場合は、アラート ウィンドウの下に表示されるリンクをクリックして、このアラートを無効にします。
        • 整合性チェックを実行し、もう一度操作を再試行します。
        3179 指定した名前のフィルターが既に存在します。 別のフィルター名を指定します。
        3180 DPM は、サーバー名サーバーサーバーによって管理<PSServerName> でバックアップ/回復ジョブ<実行>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. コンピューターに対してアクティブなエージェントの所有権が必要なアラートを解決します。
        2. 失敗したジョブを再実行するには、アラート ウィンドウの下に表示されるリンクをクリックします。
        3181 保護グループ内の一部のコンピューターは 、ThresholdValue <日間>されません。 DPM がバックアップしていないコンピューターの一覧を確認するには、[エラーの詳細の表示] をクリックし、適切なアクションを実行します。 バックアップされていないクライアント コンピューターのアラートを DPM が表示する日数を変更するには、保護グループのプロパティを変更します。
        3182 <StartDateTime> で開始された <DatasourceType> <DatasourceName> の回復ジョブが、<ServerName> の宛先で正常に完了しました。

        代替ホストへの仮想マシンの回復が完了しました。
        仮想マシンの構成を開始する前に確認します。 起動する前に、代替ホスト上の仮想マシンのネットワーク アダプターを再構成する必要がある場合があります。
        3183 次のコンピューターのバックアップ SLA が満たされていない。

        <ServerName>
        ユーザーの操作は必要ありません。
        3184 データ ソースが別の DPM サーバーによって所有されているため、DPM はデータ ソースのバックアップ/回復ジョブを実行できません。

        データ ソース: <DatasourceName>

        所有者 DPM Server: serverName <を>。

        1. この DPM サーバーからこのデータ ソースの保護を停止するか、この DPM サーバーのデータ ソースの所有権を引き継ぐ。
        2. 所有権を取得した後、以下のリンクをクリックして、失敗したジョブを再実行します。
        3185 実稼働サーバーで現在実行中のバックアップジョブと回復ジョブの数が制限に達したため、DPM はデータ ソースのバックアップ ジョブを実行できません。

        データ ソース: <DatasourceName>

        実稼働サーバー: <ServerName>。
        この運用サーバーで実行されているバックアップ/回復ジョブの数を減らすか、一部のバックアップジョブと回復ジョブが完了し、操作を再試行するのを待ちます。
        3186 実稼働サーバーで現在実行中のバックアップジョブと回復ジョブの数が制限に達したため、DPM はデータ ソースの回復ジョブを実行できません。

        データ ソース: <DatasourceName>

        実稼働サーバー: <ServerName>。
        この運用サーバーで実行されているバックアップ/回復ジョブの数を減らすか、一部のバックアップジョブと回復ジョブが完了し、操作を再試行するのを待ちます。
        3187 ServerName サーバー名サーバー上の datasourceName <の>の<作成>失敗しました。 次の理由で、最後のオンライン復旧ポイントの作成に失敗しました。
        3188 サーバー名サーバー名のオンライン復旧<作成>失敗しました。 最後のオンライン復旧ポイントの作成は、次の理由で失敗しました。(ID: 3188)

        WindowsAzure Backup Agent では、選択したボリュームのスナップショットを作成できません。 (ID: 100034)
        これは、DPMWriter サービスが実行されていない場合に発生する可能性があります。 この問題を解決するには、DPMWriter サービスを [自動] に設定し、サービスが開始済みである必要があります。
        3189 <ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> に対して、1 つ以上のジョブが進行中の場合、オンライン バックアップを開始できません。
        3190 オンライン バックアップは 、DatasourceType <の DatasourceName>の<スキップ>。
        3200 Active Directory ドメイン サービスでエンド ユーザーの回復固有の情報にアクセスできない。 ドメイン構成を確認して、DPM スキーマ拡張機能が Active Directory に正常に適用されたことを確認します。 また、拡張スキーマのデータにアクセスするためのアクセス許可が DPM に付与されているのも確認してください。
        3201 DPM は、指定されたユーザー名とパスワードでログインに失敗しました。 ユーザー名とパスワードを確認し、操作を再試行します。
        3202 Active Directory ドメイン サービスのエンド ユーザー回復固有のコンテンツにアクセスできない。 同期を再実行するか、次の同期が実行されるのを待ちます。 問題が解決しない場合は、ドメイン構成を確認します。
        3210 ProductName のインストールが正常に完了<>ウィザードが中断されました。 システムが変更されていない。 後でこのプログラムをインストールするには、もう一度インストールを実行します。
        3211 システムが変更されていない。 後でこのプログラムをインストールするには、もう一度インストールを実行します。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3212 Data Protection ManagerActive Directory ドメイン サービスの更新エラー。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3213 Active Directory ドメイン サービスを構成する必要があります。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3214 使用されるアカウントが Schema Admins グループのメンバーではないので、構成に失敗しました。 スキーマ管理者グループのメンバーであるアカウントを使用して、もう一度やり直してください。
        3215 ドメインが見つからなかったため、Active Directory ドメイン サービスを構成する必要があります。 ドメイン名が適切に構築されていることを確認します。 次の例は、適切に構築されたドメイン名を示 city.corp.contoso.com。
        3216 指定した名前の DPM コンピューターが見つからなかったため、Active Directory ドメイン サービスを構成できません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3217 入力したコンピューター名が無効です。 Active Directory ドメイン サービスでエンド ユーザー回復データへのアクセス権を与える必要がある DPM コンピューターの名前を入力します。
        3218 有効な DPM コンピューター名ではありません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3219 このコンピューターが特定のドメインに存在しないか、ドメインが見つからないか、使用されているアカウントに Active Directory ドメイン サービス更新権限が付与されていないため、構成に失敗しました。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3221 ドメイン コントローラー間で Active Directory ドメイン サービスに対する最近の変更がまだレプリケートされていないため、DPM はエンド ユーザー回復用に Active Directory ドメイン サービスを構成できなかった。 スキーマ マスターが少なくとも 1 つのドメイン コントローラーに最新の変更をレプリケートし、操作を再試行してください。
        3222 ドメイン名が無効です。 完全なドメイン名を FQDN 形式で指定します。
        3223 入力DNS ドメイン名前が無効です。 Active Directory ドメイン DNS ドメインエンド ユーザー回復データへのアクセスを許可する DPM サーバーの名前を指定します。
        3301 <LibraryType> <ライブラリ> に連絡する必要があります。 接続が確立<場合> <ライブラリ> LibraryType のすべてのジョブは失敗します。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3302 <LibraryType> <ライブラリ> は、次の理由で効率的に機能しません。

        ライブラリ のライブラリ<ライブラリ> <ドライブ>更新する必要があります。
        このライブラリで報告されるドライブの数は、DPM によって検出されたドライブの数とは異なります。 サービスのためにライブラリからドライブが取り出されている場合は、このアラートを無視します。それ以外の場合は、ライブラリ内のドライブを手動で再マップします。 テープ ライブラリ ドライブの再マップの詳細については 、「Remap a tape drive」を参照してください
        3303 ライブラリ ドライブ<ライブラリ>ライブラリ <ライブラリ>が機能し、ドライブが修復されるまでライブラリ ジョブが失敗する可能性があります。 ドライブが機能していない理由: <理由> ユーザーの操作は必要ありません。
        3304 DPM は、<MediaLabel>を使用停止としてマークしています。つまり、将来このテープにデータを書き込む必要があります。 このテープからデータを回復できる場合があります。 このテープは使用停止であり、ライブラリから削除する必要があります。 このテープからデータを回復できる場合があります。 このテープからの回復に失敗した場合は、データの重複または古いコピーを確認します。
        3305 <LibraryType> <Library> の空きテープの数は、<ThresholdValue> のしきい値以下です。 将来のバックアップが失敗するのを防ぐために、ライブラリにテープを追加し、空きとしてマークする必要があります。 ライブラリにテープを追加し、無料としてマークします。
        3308 <MediaLabel>は、次の理由で消去<しました。> ユーザーの操作は必要ありません。
        3309 MediaList ファイルの<データ>確認できません。理由: <理由> ユーザーの操作は必要ありません。
        3310 データ コピー ジョブが失敗した理由は次のとおりです。<理由> ユーザーの操作は必要ありません。
        3311 テープ ジョブへのバックアップが失敗した理由: <理由> サブエラーを確認し、適切なアクションを実行します。
        3312 テープ ジョブへのバックアップは完了しましたが、カタログが <DatasourceType> <DatasourceName> サーバー名 <に対して 正しく>。 データが失われることはありませんが、バックアップ ジョブのデータにアクセスするには、カタログを再構築する必要があります。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3313 LibraryType <ライブラリ の次のテープ> <確認>完了: < MediaList> ユーザーの操作は必要ありません。
        3314 必要なテープが LibraryType ライブラリ の一覧で使用できない<回復 >< ジョブ>。 I/E ポートまたはライブラリ ドアのロックを解除して、必要なテープをライブラリに挿入します。 管理タスク領域の [ライブラリ] タブの [テープの追加 (I/E ポート) またはロック解除ドア] アクションを使用せずに必要なテープを挿入する場合は、このアラートの [詳細] セクションで [ジョブの続行] を選択します。
        3315 <TaskName>は、必要なテープ <MediaLabel> が LibraryType ライブラリ ライブラリ のライブラリ<使用できない> <>。 I/E ポートを介して、<または>を解除して 、MediaLabel ラベル付きテープをライブラリに挿入します。 管理タスク領域の [ライブラリ] タブの [テープの追加 (I/E ポート) またはロック解除ドア] アクションを使用せずに必要なテープを挿入する場合は、このアラートの [詳細] セクションで [ジョブの続行] を選択します。
        3316 テープの詳細なインベントリが失敗した理由: <理由> ユーザーの操作は必要ありません。
        3317 <LibraryType> <ライブラリ> <> のテープ <MediaList> 上の <DatasourceName> のデータ検証では、次のファイルでデータ整合性の問題が見つかりました。

        <TempListOfFiles>
        ユーザーの操作は必要ありません。
        3500 検索で 250 件を超える結果が返されました。 表示できる結果は 250 件のみです。 検索コントロールを使用して検索を絞り込む。
        3598 このアクションは 、PSServerName データベースに対してこの DPM の<設定>。 これにより、サーバー名サーバーサーバーの DPM サーバー<PSServerName>のバックアップジョブ<回復ジョブ>失敗します。

        所有権を設定しますか?
        ユーザーの操作は必要ありません。
        3599 このアクションは 、PSServerName データベースに対してこの DPM の<設定>。 これにより、次の結果が得られます。
        1. サーバー名サーバーの DPM サーバー<PSServerName>のバックアップまたは<ジョブ>失敗します。
        2. PSServerName で現在実行中のバックアップ ジョブ<回復ジョブ>取り消す必要があります。

        所有権を設定しますか?
        ユーザーの操作は必要ありません。
        3600 このアクションは、選択したジョブを再実行します。 このジョブを再度実行しますか? ユーザーの操作は必要ありません。
        3601 このアクションは、選択したジョブを取り消します。 このジョブをキャンセルしますか? ユーザーの操作は必要ありません。
        3602 このアクションは、失敗した回復の新しい回復ジョブを開始します。 続行しますか? ユーザーの操作は必要ありません。
        3603 <ServerName> の <VolumeName> の保留中のレプリカ作成をキャンセルするには、このボリュームに存在する保護グループ <ProtectedGroup> からすべてのメンバーを削除します。 レプリカの作成を再スケジュールするには、メンバーを保護グループに戻します。
        3604 保護グループの構成が変更されたため、このジョブを再実行できません。 [監視] タスク 領域の [ ジョブ] タブで、このジョブを再実行します。
        3605 データが無効なので、このジョブを再実行できません。 再試行するには、[回復] タスク 領域 で、回復ウィザードを使用してデータをテープにコピーします。
        3606 データが無効なので、このジョブを再実行できません。 再試行するには、[回復] タスク 領域の [操作] ウィンドウ 、[データの確認] を選択します
        3607 データが無効なので、このジョブを再実行できません。 再試行するには、[回復] タスク領域 で、テープの内容を再設定します。
        3608 このジョブを再実行すると、このデータ ソースが新しいテープにバックアップされます。 この保護グループ内のすべてのデータ ソースを同じテープにバックアップする場合は、[アラート] タブを選択し、この保護グループのテープ障害通知に対するバックアップの 1 つを選択し、このアラートの [詳細] セクションで、[テープ ジョブへのバックアップの再実行] を選択します。

        このデータ ソースを新しいテープにバックアップしますか。
        ユーザーの操作は必要ありません。
        3609 このジョブに関連付けられている保護グループが変更されたため、このジョブを再実行できません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        3610 これらのアラートを無効にすると、[保護] タスク領域で保護状態が [OK] に変更され、Operations Manager でアラートが解決されます。 選択したアラートを無効にしますか? ユーザーの操作は必要ありません。
        3611 依存ジョブは、このデータ ソースの一部であるデータ ソースに対して実行Windows SharePoint Servicesできません。 すべての依存データ ソースに対して依存ジョブが完了したら、操作を再試行します。
        3700 互換性のないバージョンのデータベースが検出されました。 DPM は DPM 管理者コンソールを開くことができません。 有効なデータベースを復元し、操作を再試行します。 詳細については、「セカンダリ DPM サーバーで バックアップする」および「サポートされている機能と DPM の機能 」を参照してください。
        3750 DPM <の DatabaseVersion>バージョンとバージョン <バイナリ>バージョンは互換性がありません。 有効なデータベースを復元し、操作を再試行します。 詳細については、「セカンダリ DPM サーバーを 使用してバックアップする」および「サポートされている機能と DPM に対応していない機能」 を参照してください
        3751 DPM の評価コピーの有効期限が切れています。 DPM ライセンスを購入する必要があります。 DPM ライセンスの取得の詳細については、「購入方法」参照System Center。
        3752 DPM で MSDPMTrustedMachines セキュリティ グループが見つからなかった。 このグループが削除されたか、エントリが壊れています。 DPM をアンインストールし、DPM を再インストールしてセキュリティ グループを再作成します。
        3753 このコンピューターにインストールされている DPM データベースのバージョンは、DPM アプリケーションのバージョンより後です。 DPM を引き続き使用するには、以前の DPM インストールの一部であるサービス パックまたは修正プログラムをインストールする必要があります。
        3754 DPM 管理者コンソールは、ドメインに属するユーザーだけが開くことができます。 ドメイン ユーザー アカウントを使用してログオンし、もう一度やり直します。

        エラー コード 4000-5999

        エラー コード メッセージ ページの先頭へ
        4001 SystemDrive のシステム ボリューム上に、インストール<完了>ディスク領域が不足しています。 インストールを続行するには 、SystemDiskSpaceRequired <ボリューム上> MB を解放します。
        4002 このSQL Server Reporting Servicesは、IIS (IIS) またはコンピューターがインストールされていないインターネット インフォメーション サービスにインストール ASP.NET 無効です。 インストールSQL Serverし、もう一度 DPM をインストールして必須ソフトウェアをインストールします。
        4003 Reporting Services のインストールが正しく構成されていないか、レポート サービスのインスタンスがインスタンスのインスタンス<InstanceName>リンクSQL Server。
        1. ローカル専用のインスタンスインスタンスを DPM <インスタンス>するには、アプリケーションをアンインストールSQL Serverプログラムを再度実行します。
        2. 既存の SQL Server インスタンスで DPM をインストールするオプションを使用するには、Reporting Services インスタンスも正しくインストールされ、リンクされていることを確認します。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4005 DPM は、以前のインストールで作成されたデータベースを見SQL Server Reporting Services: commaSeparatedDatabaseName <を>。 セットアップでは、これらのデータベースが削除されます。
        4006 サービス <名> 資格情報の下<実行>です。 <名前> ローカル ユーザー資格情報で実行する必要があります。 DPM セットアップでは、資格情報がローカル ユーザー アカウントに変更されます。
        4007 サービス <名前>インストールされていません。 インストール<前提条件> が無効です。 前提条件<アンインストール> プログラムを再度実行します。
        4012 サービス<名> 資格情報の下で実行<資格情報> します。 サービスは NT Authority NETWORK SERVICE アカウントで実行することをお勧めします。 Reporting Services 構成ツールで、[サービス アカウント] を選択し、<SqlInstance> インスタンスの組み込みのネットワーク サービス アカウントに設定をSQL Server。
        4015 複数のコンピューターに DPM 保護エージェントをインストールしました。 手順を進む前にアンインストールすることをお勧めします。 DPM 管理者コンソールで、[ナビゲーション] バー の [管理 ] を選択します。 [エージェント ] タブ で、エージェントを選択し、[アンインストール] を 選択します
        4017 DPsDb <DPM データベース>見つからないか破損しています。 DPM のクリーン インストールを実行する場合は、セットアップを実行する前に DPM データベースを削除する必要があります。 DPM の既存のインストールをアップグレードまたは修復する場合は、有効な DPM データベースを復元し、セットアップに進む必要があります。
        4019 SqlInstance インスタンスのインスタンスに既存<DPM データベース>がありますSQL Server。 既存のデータベースに DPM をインストールすることはできません。 この SQL Server Management Studio、DpsDb データベース<を>し、もう一度プログラムを実行します。 古い DPM データベースを再利用する必要がある場合は、データベースをバックアップし、DPM のインストールが完了した後に復元します。
        4020 DPM セットアップでは、複数の既存の保護グループが検出されました。 DPM 管理者コンソールの [保護] タスク 領域 で、保護からグループを削除し、DPM セットアップを再度実行します。
        4021 Active Directory ドメイン サービスにアクセスできないので、続行できません。 コンピューターがドメインに参加し、DNS が正しく構成されていることを確認し、管理者特権を持つドメイン ユーザーとしてログオンし、プログラムを再度実行します。
        4023 前提条件<インストール>失敗しました。 システムへのインストール <> によって行われたすべての変更がロールバックされました。 手動で前提条件<インストール>。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4024 前提条件<インストール>失敗しました。 システムへのインストール <> によって行われたすべての変更がロールバックされました。 手動で前提条件<インストール>。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4025 前提条件<構成>失敗しました。 コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して、前提条件<>。 前提条件をアンインストール <、> DPM セットアップを再度実行します。
        4026 DPM セットアップでは 、ServiceName サーバーの<構成>。 コントロール パネルで [プログラムの追加と 削除] を使用して DPM をアンインストールします。 アンインストール後、DPM セットアップを再度実行します。
        4027 DPM セットアップでは、データベースへのアクセスが拒否されたため、記憶域プール内のボリュームに関する情報を収集できません。 記憶域プールに割り当てられたボリュームを手動で削除するか、ディスクを書式設定します。
        4028 セットアップで DbName データベースの<削除>でした。 データベースを手動で削除するには、SQL Server Management Studio。
        4029 セットアップでは、マスター データベースからスケジュールを削除できません。 [SQL Server Management Studio] を開き、次の DPM インスタンスに接続SQL Server。 アプリケーションのインスタンスSQL ServerエージェントSQL Serverし、[ジョブ] で [ScheduleCategory] カテゴリ<削除>します。
        4030 セットアップでは、レポートを使用して展開されたレポートを削除SQL Server Reporting Services。 このコンピューターに DPM を再インストールする場合は、操作は必要ありません。 DPM を再インストールしない場合は、レポートを削除SQL Serverをアンインストールする必要があります。
        4031 コンピューター名<コンピューター> イントラネット セキュリティ ゾーンの設定から削除Internet Explorer。 Internet Explorer の [ツール] メニューで、[インターネット オプション] を選択します。 [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで、[ローカル イントラネット サイト詳細設定] を選択し、イントラネット ゾーンからコンピューター < > > ComputerName>を削除します。
        4032 DPM では、ユーザー アカウント<アカウント名>削除できません。 アカウントのアカウント名<手動で>します。
        4033 DPM セットアップでは 、COMMASeparatedShortcutLocations <から DPM 管理者コンソール のショートカットを削除>。 DPM 管理者コンソール のショートカットを手動で削除します。
        4034 DPM セットアップでは 、ServiceName のサービス <を削除>。 ServiceName サーバーからサービス<手動で>。 [管理ツール ] メニューの [サービス] を 選択します
        4035 DPM セットアップでは、コンピューター上<の GroupName>グループを削除<削除>。 グループを手動で削除します。 [管理ツール ] メニューの [コンピューターの管理] を選択します。 [ローカル ユーザーとグループ] を展開し、[グループ] を 選択します。 [GroupName] を<右クリック>し、[削除] を 選択します
        4036 DPM データベースが削除されました。ただし、DPM は DataFilesCompleteLocation データベース ファイル<削除>。 データベース ファイルを手動で削除します。
        4037 ServiceName サーバーのサービス <を>するには、コンピューターを再起動する必要があります。 コンピューターを再起動します。
        4038 DPM セットアップでは、ボリュームを VolumesDir サーバーから<マウント>。 ディスクの管理を使用してボリュームを手動でアンマウントします。
        4039 このコンピューターは、DPM の最適なパフォーマンスを得る上で推奨されるメモリ容量より小さい。 推奨されるメモリ量は 2 GB です。 このコンピューターにメモリを追加するか、別のコンピューターに DPM をインストールします。
        4040 DPM セットアップでは、このコンピューターがドメイン コントローラーであるのが検出されました。 DPM セットアップに進む前に、アラート ウィンドウの下に表示されるリンクに示されている手順に従ってください。
        4045 DPM セットアップでは 、DirectoryPath サーバーのフォルダーに対するアクセス<設定>。 DirectoryPath のフォルダー<有効>、現在のユーザーが場所にアクセスできる場所を確認します。
        4046 DPM では、FileName <を削除>。 現在のユーザーがファイルを削除するアクセス許可を持っている必要があります。
        4047 DPM セットアップでは 、SetupServiceName のサービス <構成>。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM セットアップの実行を再試行します。
        4051 BinaryDrive のインストールを完了するには、プログラム ファイルのボリューム <ディスク>不足しています。 DPM のインストールを続行するには 、BinaryDiskSpaceRequired <ボリューム上> MB を解放します。
        4052 DPM 保護エージェントがインストールされている場合は、サーバーに DPM をインストールできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        4053 DPM セットアップでは、保護されたコンピューターを DComUsersGroup グループから削除できません。 グループから保護されたコンピューターを削除します。 [管理ツール ] メニューの [コンピューターの管理] を選択します。 [ローカル ユーザーとグループ] を展開し、[グループ] を 選択します。 右側 のウィンドウで [分散 COM ユーザー] を選択し、保護されたコンピューターのエントリをこのグループから削除します。
        4054 セットアップでは、保護されたコンピューターを DCom Users グループ グループに追加できません。 エラーの詳細を確認します。 コントロール パネルの [プログラムの追加 と削除] を使用して DPM をアンインストールし、DPM セットアップを再度実行します。
        4056 DPM セットアップでは、DPM をファイアウォールの例外Windows追加できません。 エラーの詳細を確認します。 [コントロール パネル] で、[ファイアウォール Windows] をクリックし、[全般] タブで、[例外を許可しない] オプションがオフになっているか確認します。 コントロール パネルの [プログラムの追加 と削除] を使用して DPM をアンインストールし、DPM セットアップを再度実行します。
        4057 DatabaseDrive サーバーのデータベース ボリュームに、インストールを完了<ディスク>不足しています。 インストールを続行するには 、DatabaseDiskSpaceRequired <ボリューム上> MB を解放します。
        4065 ユーザー名を指定しなかった。 ユーザー名を指定します。
        4066 会社名を指定しなかった。 会社名を指定します。
        4067 DPM ライセンスの数は 0 以上である必要があります。 0 以上の DPM ライセンスの番号を指定します。
        4068 前提条件を<FolderPath>インストールするためのインストール ソースが存在しないか、アクセスできないか、セットアップが場所で 1 つ以上の前提条件を見つけ出しません。 DPM インストール DVD が正しくコピーされていることを確認し、セットアップを再実行します。
        4069 InputParameterTag <入力> 必須です。 InputParameterTag の有効な<を指定>。
        4070 前提条件のチェックがエラーで失敗しました。 SetupLogFile サーバーの DPM セットアップ ログ ファイル<を確認>。 エラーを解決し、DPM セットアップを再度実行します。
        4071 DPM セットアップでは、次のコマンドから DPM 管理者コンソール のショートカットを削除<CommaSeparatedShortcutLocations>。 ショートカットを手動で削除します。
        4072 FileName ファイル名<指定> パスが無効です。 有効なパスを指定し、パスにアクセス可能なパスを確認します。
        4073 CommandlineArgument のコマンド ライン<引数>無効です。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4074 FileName ファイル<パス> MaxLimit <を超>します。 短い長さのパスを選択します。
        4075 CommandlineArgument コマンド<コマンドライン引数>指定されています。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4076 CommandlineArgument <の値>指定されていません。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4077 DPM は、このコンピューターにインストールされていません。 DPM 製品 DVD から DPM セットアップを実行します。
        4078 DPM は既にこのコンピューターにインストールされています。 DPM をアンインストールするには、コントロール パネルで [プログラムの追加と削除 ] を使用します。
        4079 DPM は、このコンピューターにインストールされていません。 DPM をインストールするには、「DPM の インストール」を参照してください
        4080 コマンド ラインで IN ファイルが指定されていません。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4081 DPM 構成に失敗しました。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4082 DPM では 、SetupServiceName <サービスを 開始>。 サービスを手動で開始します。 [管理ツール ] メニューの [サービス] を 選択します[SetupServiceName] <を右>し、[スタート] を 選択します
        4083 DPM のセットアップでは、エージェントを構成する必要があります。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4085 DPM のセットアップでは、前提条件を抽出する必要はありません。 DPM のインストールとその前提条件の詳細については、「GET DPM のインストール」を参照してください
        4086 DPM が正常にインストールされました。 ただし、DPM セットアップでは、抽出されたフォルダーを FolderPath <削除>。 手動で FolderPath <フォルダー> 削除します。
        4087 DPM セットアップでは、抽出されたフォルダーを FolderPath <削除>。 手動で FolderPath <フォルダー> 削除します。
        4089 DPM セットアップでは、データベース名とデータベース名<構成>。 サービスが開始されたインスタンス名<MSSQL$>確認します。 サービスが開始されていない場合は、[管理ツール] メニューの [サービス] をクリックします。 [MSSQL$] を右クリック<InstanceName> し、[スタート] を クリックします
        4096 CmdProcXmlTooLarge
        4097 DPM セットアップでは、次のレジストリ キーを削除できません CommaSeparatedRegKeys Microsoft レジストリ エディターを使用してレジストリ キーを削除します
        4103 DPM のセットアップで、インストールされている DPM バージョンがアップグレードをサポートしないのが検出されました。 現在の DPM バージョンをアンインストールし、セットアップを再実行します。 現在の DPM バージョンをアンインストールし、セットアップを再実行します。
        4105 DPM セットアップでは、この DPM コンピューターに最新の更新プログラムがインストールされていないと検出されました。 KBnumber System Center 2016 UR4 Data Protection Manager <インストール>セットアップを再実行します。 KBLink System Centerから DPM2016 UR4 <KBnumber>を<インストール>し、セットアップを再実行します。
        4200 DPM ライター サービスにアクセスできない。 詳細については、アプリケーション イベント ログを確認してください。 DPM がインストールされ、DPM Writer サービスが実行されていることを確認します。
        4201 バックアップ操作が正常に完了しなかった。 一部のバックアップ シャドウ コピーを作成できません。 DPM レプリカがビジー状態でいなかっているのを確認し、操作を再試行します。
        4202 バックアップ操作に失敗しました。 少なくとも 1 つのレプリカ ボリュームに、バックアップ シャドウ コピー用の十分なディスク領域が存在しない。 詳細については、「監視 DPM」を参照してください
        4204 DpmBackup は、以前に作成されたバックアップ シャドウ コピーを削除できません。 詳細については、「監視 DPM」を参照してください
        4205 DpmBackup では、DPM データベースまたは DPM レポート データベースをバックアップできません。 エラーの詳細については、イベント ログを確認します。 詳細については、「監視 DPM」を参照してください
        4206 DPM ライターは、データベースのデータベース名<接続>できません。 DPM で使用されるSQL Serverが実行され、ネットワーク上でアクセス可能な状態にしてください。
        4207 DPM ライターは、データベースのデータベース名<クエリ>できません。 DPM で使用されるSQL Serverが実行され、ネットワーク上でアクセス可能な状態にしてください。
        4208 DPM ライターがレジストリにアクセスできない。 正しくインストールData Protection Manager確認します。
        4209 DPM ライターで内部エラーが発生しました。 DPM Writer サービスを再起動し、バックアップ操作を再試行します。 その他のトラブルシューティング情報については、アプリケーション イベント ログを確認してください。 詳細については、「監視 DPM」を参照してください
        4210 DpmBackup で内部エラーが発生しました。 アプリケーション イベント ログでエラーの原因を確認します。 原因を修正し、操作を再試行します。 詳細については、「監視 DPM」を参照してください
        4211 この操作を実行するのに十分な特権がない。 DPM サーバーで、イベント ビューアーを使用して、このイベントの詳細を表示します。 詳細は、アプリケーション イベント ログで確認できます。
        4212 同じスナップショット セット内のバックアップ用に複数のコンポーネントが選択されている場合、DpmWriter サービスで PrepareBackup 中にエラーが発生しました。 バックアップ用に 1 つの DPM レプリカを選択し、もう一度操作を試します。
        4213 バックアップ操作に失敗しました。 DpmBackup が DPM ライター サービスを開始できなかった。 DPM サーバーで、イベント ビューアーを使用して、このイベントの詳細を表示します。 詳細は、アプリケーション イベント ログで確認できます。
        4214 DpmBackup が DPM ライター サービスを停止できなかった。 MMC Services スナップインを使用して、サービスを手動で停止します。
        4216 DpmPathMerge は、データベースのデータベース名<クエリ>できません。 適切な特権でSQL Serverサービスが実行されている必要があります。
        4217 DpmPathMerge はレジストリにアクセスする必要があります。 正しくインストールData Protection Manager確認します。
        4218 DpmPathMerge で内部エラーが発生しました。 再度実行してください。 詳細については、「監視 DPM」を参照してください
        4219 このレプリカは、DpmBackup ツールを使用して作成されていないバックアップから復元されたため、またはバックアップの作成後に保護されたボリュームの GUID が変更されたため、DpmPathMerge は余分なパス情報を自動的に削除できません。 このレプリカが保護されたデータと一貫性を保つには、FsPathMerge ツールを実行して、復元されたレプリカから余分なパス情報を手動で削除します。 FsPathMerge の使用手順については、「データのアーカイブと復元 」を参照してください
        4220 レプリカが有効な状態 (Validity: <Validity>) ではないので、DPM ライターは <DatasourceName> のレプリカのスナップショットを作成できません。 DPM 管理者コンソールで、データ ソースの整合性チェックを実行して、レプリカの整合性を確認します。
        4221 DPM ライターは、レプリカの空き時間とスナップショットの利用を待っています。 選択したデータ ソースに対してジョブが実行されなかっている場合は、もう一度操作を試してください。
        4222 DPM では、回復ポイントの空き領域が使い切れ、<DatasourceName> のスナップショットが失敗し、既存の復旧ポイントがリサイクルされるのを防ぐ必要があります。
        1. DatasourceName ファイルの復旧ポイント ボリュームに割り当<を増>。
        2. 復旧ポイントのボリュームの領域を増やした後、操作を再試行します。
        4223 DPM ライターは、DatasourceName データベースのレプリカ<スナップショット>。 これは、次の原因が原因である可能性があります。

        1) レプリカに有効な復旧ポイントはありません。

        2) データ ソースの最後の高速完全バックアップ ジョブの失敗。

        3) レプリカの無効な増分復旧ポイントを削除中にエラーが発生しました。
        DPM 管理者コンソールで、データ ソースの高速完全バックアップ ジョブを実行します。
        4300 DPM セットアップでは、DPMRA サービスを削除する必要があります。 DPMRA サービスを手動で削除します。 コマンド プロンプトで、コマンドを実行 sc delete DPMRA します。
        4301 DPM セットアップでは、DPM がインストールされている Dr. Watson バージョンをアンインストールできません。
        4304 [Microsoft Hyper-Vおよび PowerShell 管理ツール] ウィンドウ機能はインストールされていません。 このソフトウェアは、ユーザーが正Data Protection Manager実行するために必要です。 インストールするには、コマンド start /wait dism.exe /Online /Enable-feature /All /FeatureName:Microsoft-Hyper-V /FeatureName:Microsoft-Hyper-V-Management-PowerShell /quiet /norestart ラインから実行し、コンピューターを再起動します。 その後、DPM セットアップを再度実行する
        4305 このコンピューターには、以前のバージョンの Microsoft 管理コンソールがあります。
        4306 DPM セットアップでは 、UserName サーバーのユーザー名としてログオンするために提供<使用>。 詳細については、エラー ログを確認します。 指定したリモート 管理者SQL Server資格情報が正しく、ローカル コンピューターにログオンアクセス許可が付与されていることを確認します。
        4307 DPM セットアップは、指定されたインスタンスのサーバーに接続SQL Server。 考えられる原因:
        サーバーを実行しているコンピューターへのリモートSQL Server無効になります。

        解決策:
        データベースのリモート インスタンスを有効にするにはSQL Serverを実行します。
        1. [スタート メニュー] から 、[すべてのプログラム] をポイントし 、[Microsoft SQL Server 2008] をポイントし、[構成ツール] をポイントし、[SQL Server 構成マネージャー]を選択します
        2. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウで、[ネットワーク構成]を展開SQL Server DPM 名前付きインスタンスのネットワーク プロトコルを選択します。
        3. [詳細] ウィンドウで 、TCP/IP が無効になっている場合は 、[TCP/IP] を右クリックし、[有効にする] を 選択します

        考えられる原因:
        ブラウザー SQL Serverが無効になっています。

        解決策:
        ブラウザー サービスをSQL Serverするには、次の操作を行います。
        1. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウで、[サービス] を選択SQL Server します
        2. [詳細] ウィンドウで、[ブラウザー] を 右クリックSQL Server、[ プロパティ] を 選択します
        3. [ブラウザー のSQL Server] ダイアログ ボックスの [サービス]タブで、[スタート モード] ドロップダウン リストから [自動] を選択し 、[OK] を選択します


        既定では、Microsoft SQL Serverブラウザー サービスSQL Serverを自動的に開始します。

        考えられる原因:
        サーバーのリモート インスタンスがSQL Server形式で指定してください。
        < > \ ComputerName <InstanceName>


        既定のインスタンス <、ComputerName>のみを使用します。

        考えられる原因:
        DPM サーバーと、DPM サーバーを実行しているコンピューターとの間にネットワーク接続SQL Server。

        解決策:
        DPM サーバーと、サーバーを実行しているコンピューターとの間に接続SQL Server。
        4308 インスタンスがSQL Server無効です。 有効なインスタンスを指定SQL Server。
        4311 SQL Server管理ツールは、このコンピューターにはインストールされません。 インストールSQL Serverバージョンと互換性のあるツールSQL Serverインストールします。
        4312 リムーバブル Storageサービスが実行されています。 DPM を正しくインストールするために、DPM セットアップは停止し、このサービスを無効にします。
        4313 DPM セットアップでは、DPM ライブラリ エージェント サービスを削除する必要があります。 サービスを手動で削除します。 コマンド プロンプトで、と入力 sc delete DPMLA します。
        4314 DPM セットアップでは、フォルダーを InstallLocation <\Temp> MTATempStore$として共有できません。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM セットアップを再度実行します。
        4315 DPM セットアップでは、このコンピューターのセキュリティ設定を構成できません。 DPM サーバーがドメインのメンバーであり、ドメイン コントローラーが実行されている状態を確認します。 さらに、DPM サーバーとドメイン コントローラーの間にネットワーク接続が確立されているのを確認します。
        4316 DPM セットアップでは、DPMRATrustedMachines グループのセキュリティ設定を構成できません。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM セットアップを再度実行します。
        4317 DPM セットアップは、リムーバブル サーバー サービス (NtmsSvc) Storage無効に失敗しました。 リムーバブル デバイス サービスを手動 で停止Storage します。 [管理ツール ] メニューの [サービス] を 選択します。 [リムーバブル] を 右クリックStorage し、[停止] を 選択します。 次に、DPM セットアップを再度実行します。
        4318 DPM セットアップは、グループの作成 DPMRADCOMTrustedMachinesDPMRADmTrustedMachines 失敗しました。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM セットアップを再度実行します。
        4319 DPM が正常にインストールされました。 ただし、DPM のインストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。 コンピューターを再起動して、DPM のインストールを完了します。
        4321 DPM は、コンピューター上のレジストリ キー <レジストリ キー>にアクセス<アクセス>。 レジストリ キーが存在し、ユーザー <UserName> が完全なアクセス許可を持ち、このコンピューターとコンピューター <ComputerName> でリモート レジストリ サービスが実行>。
        4323 エラー: DPM セットアップがローカル グループにユーザーを追加できなかった。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM セットアップを再度実行します。

        ID: 4323。 詳細: メンバーが存在しないので、メンバーをローカル グループに追加したり、ローカル グループから削除したりすることはできませんでした。
        この問題は、環境に不一部の名前空間がある場合 (つまり、ドメインの NetBIOS 名と DNS 名が異なる場合) に発生する可能性があります。 この問題を解決する方法の詳細については、「System Center 2012 R2 Data Protection Manager インストールが失敗し、ID が生成されます。4323: "メンバーを追加できません" を参照してください。
        4324 インスタンスをローカル コンピューター<InstanceName>選択することはできません。 DPM をインストールする別のインスタンスを指定するか、DPM が独自のインスタンスをインストールSQL Serverします。 DPM のインスタンスSQL Server存在する場合は、再利用されます。
        4325 DPM セットアップでは、DPM を実行しているコンピューターまたは選択したインスタンスのコンピューターの完全修飾ドメイン名を取得SQL Server。 コンピューターが同じドメインに参加し、DNS クライアント サービスが実行され、ネットワーク上で DNS にアクセス可能なことを確認します。 次に、DPM セットアップを再度実行します。
        4326 DPM セットアップでは、DPM に必要な証明書ストアの作成に失敗しました。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM セットアップを再度実行します。
        4327 DPM 用に作成された証明書ストアを削除するセットアップに失敗しました。 コマンド プロンプトで、次のコマンド certutil.exe -delstore を実行して証明書を DPMBackStore 削除します DPMRestoreStore
        4328 サービス名<資格情報>資格情報の下<実行>です。 ドメイン ユーザー資格情報またはローカル システム アカウントで実行されている必要があります。 サービスSQLアカウントを変更するには、SQL Serverコンピューターで [構成] ツールを実行します。 次に、プログラムを再度実行します。
        4330 DPM セットアップでは 、UserAccountName <グループ>グループからアカウント<削除>。 グループから UserAccountName <アカウント> 手動で削除します。
        4331 [コンピューター名] SQL Serverコンピューター<DPM サポート>が削除されていません。 他の DPM サーバーがサーバーを使用して DPM データベースをホストしている場合は、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して DPM サポート ファイルをアンインストール します。
        4332 データベースインスタンスのインスタンス<インスタンス>データベース 名<データベース> クエリSQL Server。 エラー メッセージを確認し、アクションを再試行します。
        <ExceptionMessage>
        4333 このアプリケーションは、このコンピューターに既にインストールされています。 [スタート] メニューからこのアプリケーションに アクセス できます。
        4337 DPM 保護エージェントが ComputerName サーバーのコンピューター<インストール>。 エージェントをインストールし、操作をやり直します。
        4338 ComputerName ファイルの構成<見>。 移行するコンピューター構成の有効な名前を入力します。
        4339 SourceLocation ファイルから DestinationLocation ファイル<に>コピー<失敗>。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行します。 その後、操作を再試行します。
        4340 ComputerName サーバー上の DatabaseDrive サーバーのデータベース ボリューム<ディスク>不足<不足>。 DatabaseDiskSpaceRequired <ボリューム上> MB の空き容量を使用して続行します。
        4341 セットアップでは、クエリを実行SQL Server。 サービスが実行SQL Server確認します。
        4342 コンピューターのアンインストールを完了するには、再起動がData Protection Manager。
        4344 Microsoft System Center DPM サポート ファイルは、コンピューターにインストールSQL Server。 インストールSQL SERVER DVD またはインストール共有setup.exeから Prep をインストールし、もう一度やり直してください。
        4345 選択したファイルSQL Server、以前のバージョンの Microsoft System Center DPM サポート ファイルがインストールされています。 インストールSQLPrepInstaller.exe (インストール DVD またはインストール共有にある) を実行し、もう一度やり直してください。 実行可能ファイルは SQLPrepInstaller フォルダー内にあります。
        4347 サーバー名の<DatasourceName>の<コピー>、このデータ ソースはスキップされています。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行します。 その後、操作を再試行します。
        4348 DPM では、指定されたパイプ の選択したインスタンスで名前付きパイプ プロトコルを有効にするSQL Server。 選択したサーバーで、SQL Server 構成マネージャーツールを実行し、選択したインスタンスのネットワーク構成を有効にします。
        4349 共有に対応するフォルダーに対するアクセス許可を設定 MTATempStore$ できません。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、インストールを再試行します。
        4350 DPM アップグレードのマークが付いたレプリカは無効です。 ユーザーの操作は必要ありません。
        4351 インストール時に必要なファイル/フォルダーのアクセス許可を設定できません。
        4352 VolumesDirectory サーバーのパスの下にレプリカ ボリューム<マウント>。 ディスクの管理を使用して、DPM を使用する前に DPM ボリュームを手動でマウントします。
        4353 VolumesDirectory サーバーのパスの下で、セットアップでレプリカ ボリューム<マウント>。 ディスクの管理を使用して、DPM ボリュームを手動でマウント解除します。
        4355 選択SQL Serverのエージェント サービスが自動として実行するように構成 されていません。 これにより、インストール後に DPM が正しく機能するようにサービスが再構成されます。
        4357 この DPM サーバーは共有ライブラリを使用しています。 次のコマンドを実行してライブラリ共有を無効にし、プログラムを再度実行します。

        1. SetSharedDPMDatbase.exe RemoveDatabaseSharing

        2. AddLibraryServerForDpm.exe -DpmServerWithLibrary <FQDNofLibraryServer> -Remove

        DPM データベースをバックアップし、リモート インスタンスを使用している場合は、SQL Serverに接続SQL Server。
        4359 DPM セットアップでは、記憶域プール内の一部のボリュームに対するセキュリティアクセス許可を設定できません。 ボリュームが見つからない可能性があります。 すべてのボリュームがオンラインである必要があります。 ディスク管理コンソールで、すべての DPM ボリュームを右クリックし、[プロパティ] を 選択します。 [セキュリティ ] タブ で、適切なアクセス許可を適用することによってのみ、管理者グループと LocalSystem アカウントのボリュームへのアクセスを制限します。
        4360 DPM データベースのバージョンがインストールされている DPM バージョンと一致しないので、既存のインストールをアップグレードできません。 既存の DPM SQLからデータ ファイルがコピーされ、SQLインスタンスに接続されていることを確認SQLします。 次に、プログラムを再度実行します。
        4362 一部の前提条件がインストールされている場合は、コンピューターを再起動してプログラムを再度実行する必要があります。
        4364 DPM セットアップでは、指定したユーザーが指定したインスタンスの sysadmin ロールに属SQL Serverしました。
        4365 DPM セットアップでは、指定したユーザーが、インスタンスを実行しているコンピューターの Administrator グループに属SQL Serverしました。
        4366 DPM セットアップでは、次の情報が検出されました。

        1) 指定したユーザーは、インスタンスを実行しているコンピューターの Administrator グループSQL Serverではありません。

        2) 指定したユーザーが、指定したインスタンスの sysadmin ロールSQL Serverではありません。
        4372 DPM セットアップでは、DPM データベース ファイルを InstanceName ファイル<接続>。 DPM データベース ファイルが InstanceName ファイルに接続できない理由<し>インストールし直します。
        4373 DestinationLocation ファイルのディレクトリ パス<作成>。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行します。 その後、操作を再試行します。
        4374 DPM データベース ファイルが、選択したデータベース のインスタンスSQL Server。 選択したデータベース ファイルが選択したインスタンスに接続されていることを確認しSQL Serverプログラムを再度実行します。
        4375 セットアップでは、このコンピューターに DPM 管理シェルまたは DPM リモート管理が既にインストールされていることを検出しました。 アプリケーションをアンインストールし、セットアップを再度実行する
        4376 DPM 管理シェルを DPM サーバーにインストールすることはできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        4377 仮想マシンをWindowsするサーバー Hyper-V のバージョンは、バックアップ前に実行していたバージョンよりも前のバージョンです。 DPM は、この回復シナリオをサポートしません。
        4379 DPM データベースのアップグレード中にエラーが発生しました。 詳細については、エラー ログを確認してください。
        4380 アップグレード後にレプリカを無効にマークしている間にエラーが発生しました。 問題を解決し、セットアップを再度実行します。
        4383 SystemState データ ソースのデータベースのアップグレード中にエラーが発生しました。 問題を解決し、セットアップを再度実行します。
        4384 リモート サーバー上のサービスのサービス アカウントを確認しようとしてエラーが発生SQL Server。 レポート サービスのサービス アカウントSQL Serverネットワーク サービスであり、SQL ServerエージェントSQL Serverがドメイン アカウントである必要があります。
        4385 SQL Server選択したインスタンスの Reporting Service は、Secure Socket Layer (SSL) を使用しています。 これは再構成され、Reporting Services が Secure Socket Layer を使用しなくる。 レポート サーバーを SSL (SSL) 接続用に構成するSecure Sockets Layer詳細については、以下のリンクをクリックしてください。 アラート ウィンドウの下にリンクが表示されます。
        4386 再起動SQL Serverコンピューターで保留中のため、インストールが失敗しました。 コンピューターを再起動し、DPM セットアップを再度開始します。
        4387 インストール中に予期しないエラーが発生しました。 詳細については、DPM セットアップ エラー ログを確認してください。
        4388 このインスタンスに接続されている DPM データベースをSQL Serverしています。 アップグレードを進む前に、DPM データベースのバックアップを取ってください。
        4501 シナリオまたはチェック xml に何か問題があります。 XMLs を確認し、もう一度やり直す
        4502 [成功] のチェック
        4503 チェックの実行に失敗しました。 詳細については、ログ ファイルを参照し、もう一度やり直してください。
        4504 入力 xml でこのチェックに対して SkipCheck フラグが設定されている場合は、チェックをスキップします。
        4505 xml の読み込みに失敗しました。 詳細については、ログ ファイルを参照し、もう一度やり直してください。
        4506 xml の書き込みに失敗しました。 詳細については、ログ ファイルを参照し、もう一度やり直してください。
        4507 このチェック <> 必須の前提条件が見つからない場合。
        4508 不足している前提条件<前提条件> インストールされています。 コンピューターを再起動し、アプリケーションを再度実行します。
        4509 SQL Server - DPM <インストール>使用されているインスタンス インスタンスは、評価エディションのインスタンスSQL Server。 評価サイクルが終了するまで、このバージョンの SQL Serverインスタンスを引き続き使用できます。 その後、DPM 用インスタンスのこのライセンスを引き続き使用SQL Server完全なライセンスをSQLする必要があります。
        4510 グループ<グループ> 現在のドメインに存在しない場合。 グループが作成されるまで、DPM をインストールできません。
        4511 ユーザー<ユーザー> グループ名グループ<>ではありません。 このユーザーがグループ名グループに追加されるまで、DPM <インストール>できません。
        4512 ComputerName <コンピューター> グループの一部<グループ名>。 このコンピューターがグループ名グループの一部として追加されるまで、DPM <インストール>できません。
        4513 UserName <ユーザー> 現在のドメインに存在しない場合。 DPM は、ユーザーが作成<ユーザー名>インストールできません。
        4514 ReportSr.dllコンピューター上SQL Server ComputerName <が>されません。 DPM データベースをホストするために他の DPM サーバーが SQLインスタンスを使用している場合は、そのファイルを FolderPath データベースから<削除>。
        4515 DPM では、選択したインスタンスで TCP\IP プロトコルを有効にするSQL Server必要があります。 選択SQL Server 構成マネージャーツールを実行し、選択したインスタンスでネットワーク構成SQL Serverします。
        4516 選択SQL Serverに DPM がインストールされています。 選択したサーバーで、DPM をアンインストールするか、DPM がインストールSQL Server別のサーバーを使用します。
        4517 DPM では、SQL Native Client TCP\IP を有効にする必要があります。 DPM コンピューター SQL Native Client構成 TCP\IP を有効にする。
        4518 SourceLocation ファイルから DestinationLocation <に>ファイル<移動>。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行します。 その後、操作を再試行します。
        4519 サーバーにインストールする Operations Manager Server がインストールされていないコンピューターには、中央コンソール サーバー コンポーネントSystem Centerできません。 2012 以上の場合は、Operations Manager Server に中央コンソール サーバー System Centerインストールしてみてください。
        4522 セットアップでは、DPM コンピューターからすべての Sharepoint スナップショット リーダー グループを削除することはできませんでした。 [管理ツール ] メニューの [コンピューターの管理] 選択し、[ローカル ユーザーと グループ] を開きます。 名前が文字列で始まるグループを削除します AutoRecoverableSnapShotReaders_
        4523 DPM Central Console Management Pack の一方または両方が Operations Manager Server にインポートされていない。 DPM インストール DVD またはインストール ファイルの場所にある ManagementPacks フォルダーから次の管理パックをインポートします。
        • Microsoft.SystemCenter.DataProtectionManager.2016.Library.mp
        • Microsoft.SystemCenter.DataProtectionManager.2016.Discovery.mp。
        その後、前提条件の確認を再度実行します。
        4524 DPM Central Console Management Pack が Operations Manager Server にインポートされているかどうかを確認できません。 Operations Manager Server がこのコンピューターにインストールされ、そのサービスが実行されていることを確認します。
        4525 Operations Manager Server SDK アセンブリを読み込めない。 このコンピューターに Operations Manager Server がインストールされていることを確認します。
        4526 DPM Central Console のセットアップでは、Operations Manager Server のパフォーマンスを最適化するために、次のレジストリ キーを作成します。
        HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\Modules\Global\PowerShell
        QueueMinutes=dword:00000077。
        4527 DPM Central Console のセットアップでは、Operations Manager Server のパフォーマンスを最適化System Center Data Protection Manager'スケール オーバーライド' 管理パックが自動的にインポートされます。
        4528 DPM Central Console サーバー コンポーネントの構成手順の一部が失敗しました。 [場所のインストール] DPMCentralConsoleServerConfig.batから<>して、構成を完了します。
        4529 DPM Central Console のセットアップでは、Operations Manager Server 上に既に存在する既定の役割 (役割ベースのアクセス制御に使用される) の作成がスキップされました。 既存のロールの構成が不完全な場合があります。 役割を手動で削除し、[場所のインストールDefaultRoleConfigurator.exe] <から>を再実行して、役割を再作成します。
        4530 Operations Manager Server にインポートされた DPM Central Console Management Pack の一方または両方が正しいバージョンです。 既存の ManagementPacks を削除し、DPM インストール DVD またはインストール ファイルの場所にある ManagementPacks フォルダーから次の管理パックをインポートします。
        • Microsoft.SystemCenter.DataProtectionManager.2016.Library.mp
        • Microsoft.SystemCenter.DataProtectionManager.2016.Discovery.mp。
        その後、前提条件の確認を再度実行します。

        エラー コード 6000-7999

        エラー コード メッセージ ページの先頭へ
        6001 ADGAgentUnableToAccessVolume
        6002 アイテムのフル コントロールを許可する SYSTEM アカウントのアクセス許可を設定します。 アイテムのフル コントロールを許可する SYSTEM アカウントのアクセス許可を設定します。
        6003 SYSTEM アカウントがアクセス許可を拒否<FileName>パスにアクセスできません。 アイテムのフル コントロールを許可する SYSTEM アカウントのアクセス許可を設定します。
        6011 ADGAgentUnableToAccessMountPoint
        6012 SYSTEM アカウントがアクセス許可を拒否されたため、DPM は FileName <パス>マウント ポイントにアクセスできません。 SYSTEM アカウントのアクセス許可を設定して、リスト フォルダーのコンテンツを許可し、指定したパス内のアイテムの読み取りを許可します。
        6013 SYSTEM アカウントがアクセス許可を拒否されたため、DPM は FileName <パス>マウント ポイントにアクセスできません。 SYSTEM アカウントのアクセス許可を設定して、指定したパス内のアイテムのリスト フォルダー Content と Read を許可します。
        7001 ターゲット コンピューター上のオペレーティング システムは、有効なクライアント オペレーティング システムではありません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        7002 Active Directory ドメイン サービスでコンピューターが見つかりませんでした。 ユーザーの操作は必要ありません。
        7003 選択したデータ ソースを同じ保護グループに追加することはできません。 保護グループには、クライアント データ ソースまたは他のデータ ソースが必要です。 ユーザーの操作は必要ありません。
        7004 [名前 <]> クライアント コンピューターではサポートされていません。 バックアップする必要があるフォルダーを指定するには、[名前] <を>。 詳細については、を実行します get-help <Name>
        7005 クライアント コンピューター<構成>、名前のパラメーターを使用できません。 詳細については、コマンドレットのヘルプを参照してください。
        7006 選択したデータ <>構成中は、Name パラメーターを使用できません。 詳細については、コマンドレットのヘルプを参照してください。
        7007 指定された同期頻度が無効です。 同期頻度は、1 時間、2 時間、4 時間、6 時間、12 時間、24 時間に設定できます。 ユーザーの操作は必要ありません。
        7009 クライアント コンピューターの即時またはスケジュールされた初期レプリケーションはサポートされていません。 最初のレプリケーションは、クライアント コンピューターが DPM サーバーのネットワークに接続するときに発生します。 ユーザーの操作は必要ありません。
        7010 [名前] <コンピューター> サーバーとして保護されています。 同時にクライアントとして保護することはできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        7011 [名前 <]>クライアントとして保護されているコンピューターではサポートされていません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        7012 [名前] <クライアント>保護されているコンピューター。 同時にサーバーとして保護することはできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        7013 選択したコンピューターの一部を追加できない場合があります。 追加できなかったコンピューターの一覧を表示するには、選択できるコンピューターの一覧の下にある [コンピューターの追加に失敗しました] リンクをクリックします。 ユーザーの操作は必要ありません。

        エラー コード 23000-24999

        エラー コード メッセージ ページの先頭へ
        23043 DPM が MediaLabel サーバーのテープの<に達>。 これは、テープが改ざんされたためです。 このテープの別のコピーがある場合は、そのコピーを使用して回復操作を再試行します。
        23044 DPM は現在サーバー上で他の操作を実行しているので、再スキャンを実行できません。 他の操作が完了するのを待ち、この操作を再試行します。
        23045 DPM は、1 つ以上のテープを I/E ポート スロットに移動できなかった。
        1. ライブラリ のドアがロックされ、I/E ポートが取り消されているのを確認します。
        2. ライブラリ内に十分な空き I/E ポート スロットがある場合は、確認してください。
        24001 InvalidMediaPoolPropertyXml
        24002 MediaNotTrackable
        24003 テープは別の DPM サーバーによって管理されます。 ユーザーの操作は必要ありません。
        24004 MediaContainsValidDataset
        24005 MediaNeedsErase
        24006 ReachedMaxMediaLimit
        24007 MediaLabel <の>、クリーニング テープではないので、クリーニング テープとしてマークすることはできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        24008 このテープが別のジョブで使用<MediaLabel>に対して要求された操作を DPM が完了できません。 後で操作を再試行します。
        24009 InvalidVolumeAssociation
        24010 CanNotMoveMedia
        24011 NoSlotFree
        24012 NoIEPortSlotFree
        24013 NoRecomendedPoolExists
        24014 ライブラリの電源が不足している、またはケーブルが正しく接続されていません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。

        1. ライブラリが有効になっていることを確認します。
        2. データ接続と電源ケーブルが正しく接続されていることを確認します。
        3. [ コンピューターの管理] を開 き、[ デバイス マネージャー] でライブラリが表示されるのを確認します。
        24015 テープがライブラリの自動ローダーに貼り付けされています。 ライブラリのオートローダーからテープを削除します。 テープ エラーのトラブルシューティングの手順については、ハードウェアのドキュメントを参照してください。 テープが修復された場合は、ライブラリ ジョブを再度実行します。
        24017 ドライブ<*更新> <*ライブラリ>ライブラリの種類を指定します。 [管理 ] タスク 領域の[ライブラリ] タブでライブラリを選択し、[操作]ウィンドウで [再スキャン]を選択します
        24018 ドライブのクリーニングに失敗またはタイム アウトしました。 クリーニング テープを変更し、[管理] タスク領域の [ライブラリ] タブの[操作] ウィンドウで、ドライブを選択し、[クリーン] を 選択します
        24019 LibraryType <の DriveName>ドライブ<*ライブラリ> <*サービス>必要があります。 ドライブをサービスするために、ハードウェアの製品サポートに問い合わせください。 また、すべての保護グループを確認して、このドライブがない場合にドライブの割り当てを変更する必要がある場合を特定する必要があります。
        24021 DPM は、テープを ElementType < ElementName> <>に移動<試>使用されました。 DPM がライブラリ の現在の状態と同期<可能性>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。

        1. [管理] タスク領域の[ライブラリ] タブで、ライブラリ <ライブラリ> を選択し、[操作]ウィンドウで [インベントリ] を選択 します
        2. ElementType <が>場合は、ライブラリのフロント パネルを使用してこのテープを削除します。
        24022 ElementName <ElementType> <DPM が>にテープを含んでいなかった場合。 DPM は、ライブラリ の種類とライブラリ の状態<同期> <可能性>。 [管理 ] タスク 領域で、[ライブラリ] タブを選択し、<LibraryType> <ライブラリ> を選択し、[操作] ウィンドウで [インベントリ ライブラリ] を選択 します
        24023 ライブラリ <ライブラリ>、テープをマウント解除するときに、元のマウント元のスロットに戻す必要があります。 ただし、SlotName <スロット> 空ではありません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。

        1. ライブラリのフロント パネルを使用<SlotName>のテープを取り外します。
        2. [管理]タスク 領域で 、[ライブラリ] タブを選択し、[操作]ウィンドウで [インベントリ ライブラリ] を選択してインベントリを実行します。
        24024 同じ名前のライブラリが既にこのサーバーに接続されています。 ライブラリの別の名前を選択します。
        24025 I/E ポートが<ないので> <LibraryType>で操作を実行できません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        24026 DPM 管理者コンソールがライブラリの実際の状態と同期していないので、操作を実行できません。 DPM 管理者コンソールを閉じてから再度開き、ライブラリの実際の状態と同期します。
        24027 この操作は 、SlotName <がライブラリ>のスロット<>失敗しました。 このテープは現在 、MediaLocationInfo <MediaLocationType> <>。 ライブラリのフロント パネルを使用して、テープを現在の場所から上記で指定したスロットに移動します。
        24028 MediaNotFound
        24029 LibraryType <ライブラリ の> <が>サポートされていないので、テープ消去操作はスキップされました。 ユーザーの操作は必要ありません。
        24031 このテープが特定されていないため、DPM は <LibraryType> <ライブラリ> の <MediaLocationType> <MediaLocationInfo> でテープを再設定する機能を持てなかっていた。 [管理]タスク 領域で [ライブラリ]タブを選択 し、[操作] ウィンドウで [インベントリ ライブラリ]を選択します。 次に、MediaLabel ファイルの<>し、[不明なテープを識別 する] を選択します
        24032 VerifyOmidNotSupported
        24033 この DPM サーバーには既に既知<MediaLabel>に対して詳細なインベントリは実行されません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        24034 必要なリソースの 1 つにアクセスできないので、DPM は I/E ポート リソースを予約する必要はありません。 ライブラリの保留中のアラートが表示されるのを確認します。 また、I/E ポート スロットが開いた残っていないか確認します。その場合は、I/E ポート スロットを閉じます。
        24035 TaskAbsentInPriorityQueue
        24036 I/E ポートが現在使用中のため、操作に失敗しました。 I/E ポートが空き後にこの操作を再試行します。
        24037 DPM で表示される <LibraryType ライブラリ> の状態がライブラリの実際の状態と一致しないので、選択したテープの消去に >< 失敗しました。 詳細なインベントリと高速インベントリを実行します。
        24038 <MediaLocationType> <MediaLocationInfo> のテープ <MediaLabel> 上のバーコードは、DPM で前回インベントリされた後に変更されたと見なされます。 このエラーを解決するには、テープ バー コードを更新します。
        24039 MediaLabel ラベルと MediaLabel のラベルが付<されたテープ>バーコード<重複>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. ライブラリからテープを削除します。
        2. DPM から重複するバーコード情報をクリアします。
        3. テープのバーコードを置き換え、ライブラリに挿入し戻します。
        4. ライブラリをインベントリします。
        24040 DPM は、インベントリされていないので、インポート<MediaLabel>再エクスポートに失敗しました。 [管理 ] タスク 領域の [ライブラリ]タブ で、[インベントリ ライブラリ] を選択し、詳細なインベントリを実行するオプションを選択します。
        24041 DPM は、テープが空白のため、インポート<MediaLabel>再エクスポートに失敗しました。 DPM は、有効なデータを持つテープのみを再設定できます。
        24042 DPM は、カタログ情報が含まれているため、インポートされたテープの再カタログに失敗しました。 データが複数のテープにまたがり、カタログ情報が別のテープに存在している可能性があります。 バックアップに関連付けられているすべてのテープを挿入し、操作を再試行します。
        24043 LibraryNotFound
        24044 DriveNotFound
        24045 MediaPoolNotFound
        24046 MediaPoolNotAdmin
        24047 MediaPoolNotFree
        24048 MountMediaFailed
        24049 DismountMediaFailed
        24050 Media Lab> e <のテープが<ライブラリ ライブラリ> で使用できないので、> <実行>。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. DPM 管理者コンソールで、ナビゲーション バーで [監視 ] を選択し、[通知] タブ を選択 します。ライブラリによって生成 された無料のテープしきい値 に達したアラートを確認します。 このようなアラートが存在する場合は、手順 3 に進みます。
        2. DPM 管理者コンソールで、ナビゲーション バー の [管理 ] を選択し、[ライブラリ] タブを 選択 し、次の操作を行います。
          • すべてのライブラリ スロットを展開し、空きテープまたは期限切れのテープを確認します。 何も存在しない場合は、手順 3 に進みます。
          • ライブラリ内の疑わしいテープを確認します。 疑わしいテープが存在する場合は、「 疑わしいテープの管理」を参照してください
        3. 新しいテープをライブラリに挿入し、高速インベントリアクションを実行し、続いて [不明なテープを識別する]アクションを実行 します。 DPM 管理者コンソールで、ナビゲーション バー の [管理]を選択し、[ライブラリ] タブを選択し、新しいテープが空きテープとして表示されます。 次に、ナビゲーション バーで [ 監視] を選択し、[アラート] タブ 選択し、失敗したジョブを再起動します。
        24051 MediaLabel リソース<必要> 別のタスクによって予約されます。 他のタスクが完了するのを待つか、進行中の操作をキャンセルします。 操作を再び実行してください。
        24052 必要なドライブ リソースの 1 つがオンラインではないか、クリーニングまたはサービスが必要なので、DPM はドライブ リソースを予約する必要があります。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. ライブラリとそのドライブのすべてのアラートを表示および解決します。 アラートを解決した後、操作を再試行します。
        2. [管理]タスク 領域で、[ライブラリ] タブを選択し、[操作] ウィンドウで [再スキャン]を選択します。 再スキャン操作が正常に完了したら、操作を再試行します。
        24053 必要なドライブ リソースは、別のタスクによって予約されます。 ライブラリとドライブのすべてのアラートを表示して解決するか、他の操作が完了するのを待ちます。 アラートを解決した後、操作を再試行します。
        24054 MediaLocation> <Type ファイルがクリーニング テープ<MediaLocationInfo >のテープでは操作を実行できません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        24055 LibraryType および LibraryType ファイルで使用可能なドライブが<できなかったため、> <>。 ドライブがオンラインに存在しないか、すべてのドライブでクリーニングまたはサービスが必要です。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. [監視] タスク領域 の [アラート] タブで、 このライブラリとそのドライブのすべてのアラートを解決します。 アラートを解決した後、この操作を再試行します。
        2. 正しく機能しているが、現在使用されているドライブがある場合は、他の操作が完了するのを待ち、この操作を再試行します。
        24056 <LibraryType> <DPM> によって無効になっているライブラリ の種類。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. このライブラリがアクティブな保護グループに関連付けられている場合は、保護グループを変更して別のライブラリに関連付け、テープ関連のジョブが失敗するのを防ぐ。
        2. テープ関連のジョブにこのライブラリを使用する場合は、[管理]タスク領域の [ライブラリ] タブで、このライブラリを選択し、[操作] ウィンドウで[ライブラリの有効化] を選択します。
        24057 テープ バックアップが失敗した、または実行しなかったため、DPM は <DatasourceType> <DatasourceName> の <ServerName> のテープ バックアップのコピーを作成できなかった。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. 監視タスク領域でアラートを使用して、失敗したテープ バックアップ ジョブ 再試行します。
        2. テープ バックアップ ジョブが全く実行されなかったためコピーが失敗した場合は、[保護] タスク領域で[回復ポイントの作成 - テープ] を選択して、短期的なテープ バックアップを作成します。
        3. テープ バックアップを正常に実行した後、監視タスク領域でアラートを使用して、失敗したコピー ジョブ 再試行します。
        24058 <CertificateIssuer> によって発行されたシリアル番号 <CertificateSerialNumber> を持つ証明書 Name < 有効期限>。 この時間以降、暗号化されたバックアップ ジョブはすべて失敗します。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. この証明書にプライベート キーが含まれている場合は、この証明書を DPM 回復証明書コレクションに移動して、将来データを回復し、この証明書を DPM バックアップ証明書コレクションの有効な証明書に置き換え、さらにバックアップを続行します。
        2. この証明書にプライベート キーが含まれている場合は、この証明書を DPM バックアップ証明書コレクションの有効な証明書に置き換え、さらにバックアップを続行します。
        24059 <CertificateIssuer> によって発行されたシリアル番号 <CertificateSerialNumber> を持つ証明書 Name < 有効期限>。 この時間以降、暗号化されたバックアップ ジョブはすべて失敗します。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. この証明書にプライベート キーが含まれている場合は、この証明書を DPM 回復証明書コレクションに移動して、将来データを回復し、この証明書を DPM バックアップ証明書コレクションの有効な証明書に置き換え、さらにバックアップを続行します。
        2. この証明書にプライベート キーが含まれている場合は、この証明書を DPM バックアップ証明書コレクションの有効な証明書に置き換え、さらにバックアップを続行します。
        証明書の詳細については 、「How to Encrypt Data in a Protection Group」を参照してください。 「保護グループ の展開」も参照してください
        24060 DPMBackupStore の下の一部の証明書は、ジョブの開始以降に変更されています。 ジョブを再試行します。
        24061 LibraryType <ライブラリ <の MediaLocationType> <MediaLocationInfo> で<予期> <テープ>。 疑わしいテープを示すアクティブなアラートが存在するかどうかを確認します。 このようなアラートが存在する場合は、適切な推奨アクションを実行し、このジョブを再試行します。
        24070 DPMBackupStore の下の一部の証明書の有効期限が切れています。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. この証明書にプライベート キーが含まれている場合は、この証明書を DPM 回復証明書コレクションに移動して、将来データを回復し、この証明書を DPM バックアップ証明書コレクションの有効な証明書に置き換え、さらにバックアップを続行します。
        2. この証明書にプライベート キーが含まれている場合は、この証明書を DPM バックアップ証明書コレクションの有効な証明書に置き換え、さらにバックアップを続行します。
        証明書の詳細については 、「How to Encrypt Data in a Protection Group」を参照してください。 「保護グループ の展開」も参照してください
        24071 この DPM サーバーは、データを復号化できる有効な証明書が DPMBackupStore および DPMRestoreStore にないので、この暗号化されたテープへの読み取りまたは書き込みを許可されません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. DPMBackupStore に、このテープを復号化するための証明書が含まれることを確認します。
        2. このテープの読み取りが承認されている DPM サーバーで、このテープを使用します。
        証明書の詳細については 、「How to Encrypt Data in a Protection Group」を参照してください。 「保護グループ の展開」も参照してください
        24072 DPMBackupStore または DPMRestoreStore 存在しない。 証明書管理コンソールを使用して、証明書ストア DPMBackupStoreDPMRestoreStore 証明書ストアを再作成します。
        24073 DPMBackupStore の下に証明書はありません。 DPM バックアップ証明書コレクションに証明書を追加します。

        証明書の詳細については 、「How to Encrypt Data in a Protection Group」を参照してください。 「保護グループ の展開」も参照してください
        24074 テープ上のデータの暗号化に失敗しました。 ジョブを再試行します。
        24075 このテープの証明書が壊れています。 このテープ上のデータは回復できません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        24076 DPM によってライブラリ エージェントに送信されたコマンドがタイム アウトしました。 操作を再び実行してください。
        24077 DPM は、ライブラリ ライブラリ ライブラリのドライブ <DriveName> にテープ <MediaLabel>をマウント <>。 これは、DPM がライブラリの現在の状態と同期されていないためです。 [管理 ] タスク 領域の [ライブラリ] タブで 、ライブラリを選択し、[インベントリ ライブラリ] を選択します。 有効な場合は、[高速インベントリ] オプションを選択 します。それ以外の場合は、[ 詳細在庫] オプションを選択 します。
        24078 DPMBackupStore には、プライベート キーを持つ証明書はありません。 証明書の管理コンソールで、DPM サーバー上のコンピューター アカウント の証明書 ストアを開きます。 プライベート キーを持つ証明書を DPMBackupStore 証明書コレクションに追加します。

        証明書の詳細については 、「How to Encrypt Data in a Protection Group」を参照してください。 「保護グループ の展開」も参照してください
        24079 DPM では 、MediaLabel のテープ カタログ情報を解析しようとして、エラー<発生>。 操作を再び実行してください。
        24080 DPM は 、MediaLabel ファイルのテープの内容を解析しようとして重大な<発生>。 これは、このテープのデータが破損している可能性があります。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. このテープの別のコピーがある場合は、それを使用して回復を再試行します。
        2. このテープのコピーがもう 1 つない場合は、[回復] タスク領域で、必要なすべての個別の回復可能なアイテムを選択し、回復を実行します。
        24081 NoCertificatePresentInRestoreStore
        24082 指定した復旧ポイントが存在しないので、DPM で操作を実行できません。 ユーザーの操作は必要ありません。
        24083 DatasourceType <ServerName> <で DatasourceName><が>。 DPM レプリカと復旧ポイント ボリュームのハードウェア スナップショットは、SAN 回復のために保護されたコンピューターにマウントされません。 SAN ソフトウェアを使用して、DPM レプリカボリュームと復旧ポイント ボリュームのハードウェア スナップショットを取得し、保護されたコンピューターにマウントします。
        24084 << MediaLocationType >< MediaLocationInfo> の <ライブラリ> のテープは、サポートされていない物理ブロック サイズを使用して別のテープ バックアップ アプリケーションによって書き込まれます。 このエラーを解決するには、次の手順を実行してテープの内容を消去します。
        • DPM 管理者コンソールの [管理]タスク領域 で、[ライブラリ] タブを選択し、テープを選択し、[テープの消去]をクリックします。 テープを消去した後、DPM はバックアップに使用できます。

        メモ
        スタンドアロン テープ ドライブがある場合は、DPM 以外のツールを使用してテープを消去する必要があります。
        24085 DPM では、新しいスレッドを開始できません。 システム メモリと CPU 使用率を確認します。
        24086 DPM は、ライブラリ ライブラリ のドライブ <DriveName> の MediaLabel> のテープ<マウント>マウント<失敗>。 これは、DPM がライブラリの現在の状態と同期されていないためです。 [管理 ] タスク 領域の[ライブラリ] タブでライブラリを選択し、[操作]ウィンドウで [インベントリ ライブラリ]を選択します。 有効な場合は、[高速インベントリ] オプションを選択 します。それ以外の場合は、[ 詳細在庫] オプションを選択 します。
        24087 CouldNotAcquireGlobalDPMDBLock
        24088 ライブラリ<ライブラリ>ライブラリ <の DriveName> <ドライブ>ゾーンが正しく設定されていません。 変更者ではなく、DPM サーバー<ライブラリ> <ライブラリ>のドライブのみを表示してください。
        24089 <LibraryType> <*ライブラリ>*コンピューター<に 接続>ドライブは使用できないので、オフラインです。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. このライブラリのドライブが適切にゾーン設定されていることを確認します。
        2. このライブラリのすべてのドライブ関連のアラートが解決済みである必要があります。
        24090 グローバル DPMDB データベースにアクセスできません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. グローバル DPMDB データベースにアクセス可能な状態を確認します。
        2. グローバル DPMDB データベースSQL Serverインスタンスが実行されている必要があります。
        3. グローバル DPMDB データベースをホストするコンピューターへのネットワーク接続が正しく構成されていることを確認します。
        4. グローバル DPMDB データベース SQL Serverブラウザー サービスが実行されている必要があります。
        5. MSDTC サービスが、この DPM サーバーとグローバル DPMDB データベース コンピューターで実行されている必要があります。
        24091 グローバル DPMDB データベースにアクセスできません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. グローバル DPMDB データベースにアクセス可能な状態を確認します。
        2. グローバル DPMDB データベースSQL Serverインスタンスが実行されている必要があります。
        3. グローバル DPMDB データベースをホストするコンピューターへのネットワーク接続が正しく構成されていることを確認します。
        4. グローバル DPMDB データベース SQL Serverブラウザー サービスが実行されている必要があります。
        5. MSDTC サービスが、この DPM サーバーとグローバル DPMDB データベース コンピューターで実行されている必要があります。
        24092 操作のリソースの予約中にエラーが発生しました。 操作を再び実行してください。

        エラー コード 25001-30000

        エラー コード メッセージ ページの先頭へ
        25001 この時点では、DPM が LibraryType ライブラリ サーバー上で他の操作<実行> <実行>。 現在のライブラリ操作が完了するのを待ち、この操作を再試行します。
        25003 LARtnMediaToOriginalAddr
        25002 MediaLocationType MediaLocationInfo <ライブラリ> <のテープは、クリーニング テープ> >< 表示されます。 ただし、このテープはクリーニング テープとしてマーク付けされていない。 [管理] タスク 領域の [ライブラリ] タブ で、このテープを選択し、[クリーニング テープとして マーク] を選択します
        25005 ライブラリ ライブラリ上の DriveName <ドライブ>の<処理>予想以上に時間がかかった。 クリーニング操作に失敗した可能性があります。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. サポートされている場合は、ライブラリのフロント パネルを確認して、このクリーニング操作が正常に完了したと確認します。
        2. クリーニング操作に失敗した場合は、クリーニング テープを変更してから、クリーニング ジョブを再度実行します。
        25009 DPM はライブラリの現在の状態と同期されません。 ライブラリライブラリのライブラリ<> <ジョブ> 失敗する可能性があります。 [管理] タスク 領域の [ライブラリ] タブで 、[インベントリ ライブラリ] を選択します。 使用可能な場合は、[高速在庫] オプション 選択し、それ以外の場合は[ 詳細在庫] オプションを選択 します。
        25010 DPM は、ライブラリ ライブラリ <の ElementType> <ElementName>に<アクセス>。 この<ElementType> 存在しません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. [管理] タスク領域 の [ライブラリ] タブ で、[インベントリ ライブラリ] を選択して インベントリ を実行します。 有効な場合は、[在庫の高速 ] オプションを 選択します。 それ以外の場合は、[ 詳細在庫] オプションを選択 します。 これにより、DPM で表示されるライブラリの状態が更新されます。
        2. DPM がインベントリを正常に完了した後、操作を再試行します。
        25011 DPM は、ライブラリ のライブラリの<*ライブラリ> <*インベントリ>。 これは、ハードウェアの問題が原因である可能性があります。 トラブルシューティング手順については、ハードウェア マニュアルを参照してください。
        25012 DPM はライブラリの現在の状態と同期されません。 ライブラリライブラリのライブラリ<> <ジョブ> 失敗する可能性があります。 [管理] タスク 領域の [ライブラリ] タブで 、[インベントリ ライブラリ] を選択します。 使用可能な場合は、高速インベントリを実行するオプションを選択し、それ以外の場合は詳細なインベントリを実行します。
        25013 DPM は 、DriveName <ドライブ>正しくインストールされていないと検出しました。 ドライブの SCSI マッピングとバス マッピングを確認して、ドライブが正しくマップされていることを確認します。 マッピングを変更する場合は、[管理] タスク領域の [ライブラリ]タブで、[再スキャン] を 選択します
        25014 <LibraryType> < ライブラリ> 準備が整いません。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. ライブラリが有効になっていることを確認します。
        2. データまたは電源チャネルの緩やかな接続を確認します。
        3. ライブラリが Device Manager に表示されるのを確認します。
        4. ライブラリのドアが閉じているか確認します。
        5. その他のトラブルシューティング手順については、ハードウェア マニュアルを参照してください。
        25015 DPM が DriveName の<が> 検出しました。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. ドライブがサービスされている場合は、この警告を無視できます。
        2. ドライブの電源がオンになっているか確認します。
        3. ドライブが正しく接続されていることを確認します。
        4. Device Manager で、ドライブが有効になっていないか表示されない場合は、ハードウェア マニュアルを参照して、他のトラブルシューティング手順を確認してください。
        25016 DPM は、バックアップ テープとして誤って識別されるクリーニング テープのように見えるので、<MediaLocationType> <MediaLocationInfo> でテープを使用できなかった。 MediaLocationInfo サーバーのスロット<MediaLocationInfo> <が>確認します。 [管理] タスク領域で [ライブラリ]タブを選択し、このテープを選択し、[操作]ウィンドウで [クリーニング テープとしてマーク] を 選択します
        25017 別のアプリケーションが現在使用<DriveName>ドライブにアクセスできない。 他のアプリケーションがドライブの使用を終了するまで待つか、他のアプリケーションを停止します。
        25018 MediaLocationInfo ファイルの MediaLocationType <の> <メディアが>切れています。 クリーニング テープを変更し、クリーニング ジョブを再度実行します。
        25100 DPM では、ライブラリ サーバー上の自動ローダーを制御しようとして、エラー<発生>。
        1. ライブラリ をオフ<>をオンにし、操作を再試行します。
        2. ライブラリのフロント パネルを調べて、ライブラリによってエラーが報告されていないか確認します。
        3. その他のトラブルシューティング手順については、ハードウェア マニュアルを参照してください。
        25101 ドライブ名のドライブで MediaLabel <を使用 >、DPM でエラー<発生>。 これは、ドライブまたはテープに問題がある可能性があります。
        1. 別のドライブ<MediaLabel> テープを使用します。 これを行うには、まず DriveName ファイルのドライブ<無効>。 このテープを選択し、[不明な テープを識別する] を選択します。 この操作が失敗した場合は、テープの潜在的な問題を示します。
        2. 別のライブラリ<MediaLabel>を使用します。 他のライブラリにテープを読み込み、このテープを選択し、[不明なテープを識別 する] を選択します。 この操作が失敗した場合は、テープの潜在的な問題を示します。
        3. 上記のいずれかのアクションでテープ操作が成功した場合は 、DriveName ファイルのドライブに問題<示>。
        4. その他のトラブルシューティング手順については、ハードウェア マニュアルを参照してください。
        25102 DPM は、テープを ElementType < ElementName> <>に<移動>しました。 DPM がライブラリライブラリの現在の状態と同期<があります>
        1. [管理] タスク領域の [ライブラリ] タブで、[ライブラリ]ウィンドウ<を>し、[操作] ウィンドウで [インベントリ] を 選択 します。
        2. [ElementType] <にテープ>場合は、ライブラリのフロント パネルを使用してテープを削除します。
        25103 LASourceElementEmpty
        25104 LATransportFull
        25105 DPM サーバーでテープ ドライブまたはライブラリ デバイスが切断または再接続されている可能性があります。 [管理] タスク領域の [ライブラリ] タブで 、[操作] ウィンドウ [再スキャン] を選択 します。
        25106 <LibraryType> <ライブラリ> がオフになっているか、切断されています
        1. ライブラリの<*ライブラリ> <*チェック> オンにしてください。
        2. データまたは電源チャネルの接続が緩んでいるか確認します。
        3. ライブラリがデバイス マネージャーに表示されるのを確認します。
        25107 DriveName <ドライブ>クリーニング が必要です。 ドライブは、クリーンアップされるまで、それ以上の操作には使用されません。 ドライブ<DriveName> DPM によって自動的にクリーンアップされます。 このエラーが頻繁に表示される場合は、ドライブにサービスを提供します。
        25108 ライブラリ ライブラリ <、> ロックまたはロック解除を行うには、すべてのドライブを空にする必要があります。 ただし、DriveName <ドライブ> テープが含む場合があります。 ライブラリ ライブラリ の前面パネルを使用<ライブラリ>ドライブから DriveName ドライブにテープを移動<空>に移動します。
        25109 テープがスタンドアロン ドライブに正しく挿入されていないか、スタンドアロン ドライブの準備ができていない可能性があります。 1. テープがドライブに正しく挿入されていないか確認します。
        2. ドライブの準備が完了し、操作可能な状態を確認します。
        25123 ライブラリ の挿入/取り出し (I/E) ポートが開いているため、<>失敗しました。 ライブラリのフロント パネルを使用して、I/E ポートを閉じます。
        25124 テープ ドライブまたはライブラリ ハードウェアが正しくセットアップされていないように見えるので、再スキャンに失敗しました。 Device Manager で、テープ ドライブまたはライブラリ ハードウェアのドライバーが正しくインストールされていることを確認します。
        25125 DPM は、他の プロセス<使用>、書式設定されたデバイス名の値のペアを使用する機能を使用できません。 1. DPM サーバー上の他のプロセスが現在ライブラリを使用しているかどうかを確認します。 この場合は、プロセスを停止します。
        2. ライブラリの電源が入り、機能しているのを確認する
        25126 ファイル からドライブ マッピング情報を取得DPMLA.xml。 このファイルの情報が正しく書式設定されていません。 現在のライブラリ構成を正しく表す場合は、「DPM 操作ガイド」を参照して、DPMLA.xmlを変更する手順を参照してください。

        エラー コード 30001-32000

        エラー コード メッセージ ページの先頭へ
        30001 CriticalIoError
        30002 テープマウント操作の後、テープ <MediaLabel> (Barcode- <MediaLabel>) が <MediaLocationType> <MediaLocationInfo> に見つからないか、ドライブ内のテープが変更されました。 ライブラリの状態を更新するには、インベントリを実行し、操作を再試行します。 [管理] タスク 領域の [ライブラリ] タブで 、[インベントリ ライブラリ] を選択します
        30003 <<ライブラリ <ライブラリ> にある MediaLabel> (バーコード - <MediaLabel> > > <) のテープは、書き込み保護されています。 テープから書き込み保護を削除し、操作を再試行します。
        30004 テープ <MediaLabel> (バーコード - <MediaLabel>) は、<LibraryType> <ライブラリ> のドライブの種類 <DriveName> と互換性 がない可能性があります テープとドライブの種類が互換性があり、ドライブがサポートされているのを確認します。 また、ドライブのファームウェアをアップグレードする必要がある場合も確認します。
        30005 DPM がインストール ボリュームのスクラッチ領域を使い切った。 DPM インストール ボリュームで十分な記憶域が使用可能な状態を確認する
        30006 TempAreaNotAccessible
        30007 InvalidDatasetId
        30008 DPM は、このテープからカタログ情報を読み取る試み中に重大なエラーが発生したため、テープ <MediaLabel> の内容を再カタログに失敗しました。 これは、テープ データが破損している可能性があります。 このテープの別のコピーがある場合は、代わりにそれを使用して、再設定操作を行います。 これがテープの唯一のコピーであり、可能な限り多くのデータを回復する場合は、次のようにします。

        1. [管理] タスク領域 の [ライブラリ] タブ で、テープを選択します。
        2. [コンテンツの 表示] を選択します
        3. このテープの内容をディスクにコピーします。
        30009 CorruptOffsetFile
        30010 VssInfrastructureError
        30011 VssErrorRetryable
        30012 ボリュームの VSS スナップショットの取得中にエラーが発生しました。 操作を再び実行してください。 一貫して失敗した場合は、保護グループから保護されたデータを削除し、再度保護します。
        30013 VolumeNotSupported
        30014 SnapshotOutOfResources
        30015 指定された復旧ポイントが存在しない 復旧ポイント ボリュームのディスク割り当て領域を増やしたり、古い復旧ポイントを削除するには、Remove-RecoveryPointします。 回復ポイントの削除の詳細については、DPM 管理シェルを開き、次のコマンドを実行します。

        Get-Help Remove-RecoveryPoint -detailed

        SAN の場合など、カスタム レプリカボリュームと復旧ポイント ボリュームを使用している場合は、DPM を使用して割り当てられたディスク領域を変更できません。 このような場合は、次の手順に従います。
        1. [ディスク割り 当ての 変更] ダイアログで、データ ソースの復旧ポイント ボリュームに対応するボリュームを特定します。
        2. [ ディスクの管理] を 選択し、カスタム ボリュームを右クリックします。
        3. [ボリュームの 拡張] を選択します
        30016 UsnWrap
        30017 UsnNotPresent
        30018 UsnIdChange
        30019 RestoreAllFilesFailed
        30020 MaxNumberOfBitmapsReached
        30021 InvalidBitmapId
        30022 ApplicatorSyncError
        30023 ProductionServerDirtyShutdown
        30024 重大な不整合が検出されたため、変更をレプリケートできません。 データ ソースの除外フィルターまたは包含フィルターを検証するには、[保護グループの変更 ] を選択します。 保護グループを変更した後、その下にあるリンクを選択して、整合性チェックを使用して同期ジョブを実行します。
        30025 ストレージ グループ内の 1 つ以上のデータベースのマウントに失敗しました 次のExchange Server、イベント ログ エントリのエラーの原因を確認します。
        30026 ストレージ グループ内の 1 つ以上のデータベースのマウント解除に失敗しました 次のExchange Server、イベント ログ エントリのエラーの原因を確認します。
        30027 後のデータ検証のクリーンアップが失敗した理由は 、ServerName サーバーで DatasourceName <の内部>エラー<発生>。 操作を再び実行してください。
        30028 VerifyDatasetFailure
        30029 Eseutil.exeをクリーン シャットダウン状態に戻すデータベース ファイルにログを適用できなかった場合。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、復旧ポイントが破損している可能性があります。 別の復旧ポイントからの回復を再試行します。
        30030 サーバーで SIS が有効になっていません。 サーバーの SIS を有効にします。
        30031 StatusBlockMismatch
        30032 ProductionServerVolumeResized
        30033 ボリュームが使用できなくなった - マウント解除またはオフラインになる可能性があります ボリュームがオンラインでマウントされているのを確認します。
        30034 FilterInternalError
        30035 ProductionServerVolumeDirty
        30036 StatusBlockCorrupt
        30037 DPM では、このデータ ソースの最後の既知のバックアップ追跡情報を特定できません。 ジョブを再実行します。
        30038 ディスク上の不良セクタが原因で、変更ジャーナルが壊れています。 変更ジャーナルを削除するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

        fsutil usn deletejournal

        詳細については、「コマンドの使用法」を参照してください。 整合性チェックを実行するには、[保護] [整合性チェック > 実行] を選択します
        30039 SQLLogChainBroken
        30040 SQLFailedServiceStart
        30041 SQLFailedServiceStop
        30042 SQLScratchPathTooLong
        30043 SQLDbMissing
        30044 SQL2kUpgraded
        30045 少なくとも 1 つのデータベースがオンラインではない ストレージ グループ内のすべてのデータベースがオンラインであるのを確認し、ジョブを再試行します。
        30046 保護エージェントはレプリカを同期できません。 一貫性のあるチェックで同期を実行します。
        30047 VSSDatasourceUnavailable
        30048 SQLLogEarlyToApply
        30049 SQLServerRefusingConnection
        30050 SQLCommandFailed
        30051 回復する 1 つ以上のデータベースに対してデータベース フラグを上書きしない サーバーでExchange上書きデータベース フラグ を設定 し、操作を再試行します。
        30052 ReplicaAgentDirtyShutdownDetected
        30053 UsnEntryDeleted
        30054 StatusBlockOffset
        30055 PreScriptExecuteError
        30056 PostScriptExecuteError
        30057 PreScriptTimeOutError
        30058 PostScriptTimeOutError
        30059 ScriptConfigError
        30060 ApplicatorCaseSensitivityMismatch
        30061 ShadowcopyAreaFull
        30062 RSGSpecifiedForNonRSG
        30063 NonRSGSpecifiedForRSG
        30064 ExchangeAlternateRecoveryInvalidInput
        30065 ExchangeAlternateDatabaseMounted
        30066 LocalContinuousReplicationEnabled
        30067 VerifyDatasetTimeout
        30068 PreSnapStepExecuteError
        30069 PreSnapStepTimeOutError
        30070 PostSnapStepExecuteError
        30071 PostSnapStepTimeOutError
        30072 SystemStatePreSnapStepExecuteError
        30073 SystemStatePreSnapStepTimeOutError
        30074 ExchangeLogChainBroken
        30075 指定されたデータベース ファイルの場所の 1 つのボリュームが存在しません。 指定されたファイルの場所のボリュームが、サーバーの宛先サーバーで使用可能SQLします。
        30076 <ServerName> の <DatasourceName> では、このデータ ソースの復旧ポイント ボリュームが DPM サーバーで使用できないため、操作は失敗しました。 この問題が修正されるまで、将来のバックアップも失敗します。
        • 復旧ポイントのボリュームがオフラインの場合は、オンラインにしてから、影響を受けるデータ ソースの整合性チェックを実行します。
        • 回復ポイントのボリュームをオンラインにできない場合は、影響を受けるメンバーを保護から削除し、再保護します。 影響を受けるメンバーの保護を停止する場合は、ディスク上のレプリカを削除するオプションを選択します。
        30077 DPM では、サーバー名サーバー上の DatasourceName データベースの復旧ポイント ボリューム<空き>が <しました>。 このデータ ソースの保護は、有効期限が切る前に既存の復旧ポイントが削除されるのを防ぐには失敗します。 このデータ ソースに対してアクティブな保留中の復旧ポイント ボリュームしきい値アラートが表示されなかからなか、ジョブを再実行します。 DPM によってボリュームが自動的に拡大され、アラートが解決された可能性があります。
        30078 DPM サーバーの VSS エラー<が原因> ServerName <DatasourceName>操作が失敗しました。 将来のバックアップは、この問題が修正されるまで失敗する可能性があります。
        1. 整合性チェックを再実行し、この問題が解決した場合に確認します。
        2. ディスクが DPM サーバーに正しく接続されていることを確認します。 ディスク ケーブル接続に問題がある場合は、問題を修正し、整合性チェックを実行します。
        3. ディスク ケーブル接続の問題が発生していないと確認されている場合は、VSS 障害をクリアします。 次に chkdsk 、VolumeName <を>し、最後に整合性チェックを実行します。
        30079 VssErrorOther
        30080 ExchangeCmdletFailed
        30081 ExchangePrerequisitesMissing
        30082 VssErrorNonRetryable
        30083 DPM サーバーの VSS エラー<が原因> ServerName <DatasourceName>操作が失敗しました。 整合性チェックを再実行し、この問題が解決した場合に確認します。

        整合性チェックを実行してもこの問題が解決しない場合は、DPM サーバーでページ ファイル サイズを大きくしてから、整合性チェック ジョブを実行します。
        30084 DPM サーバーの VSS エラー<が原因> ServerName <DatasourceName>操作が失敗しました。 イベント ログで volsnap イベントをWindowsする 整合性チェックを再実行します。
        30085 AgentTargetServer <メモリ>が切れ、操作が失敗しました。 イベント ビューアーのエントリを確認して、原因を特定します。 問題を修正した後、操作を再試行します。
        30086 BitmapfileCorrupt
        30087 ネットワーク上でのデータ転送中に、DPM がチェックサムの不一致を検出しました 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、ネットワーク管理者に問い合わせて、考えられるネットワークの問題を診断してください。
        30088 DPM は、SCR コピーの状態が <DatasourceType> <DatasourceName> <ServerName> で不健康なので、保護を続行できません。 SCR コピーの状態が正常な状態を確認し、ジョブを再試行します。
        30089 サポートされていない <単一インスタンス ストア (SIS) ファイル <FileName> がソース ボリュームで見つかった場合 、targetedServerName> で操作が失敗しました。 このエラーを解決するには、ファイル属性を変更するか、仮想マシン全体を回復します。
        30100 サーバーサーバー名サーバーの DatasourceName <に対する復旧ポイントボリューム マッピング>エラーが検出<DPM が>。 この問題が解決されるまで、すべての将来のバックアップは失敗します。 この問題を解決するには、次のいずれかの操作を実行します。
        30101 DPM は、<MediaLocationType MediaLocationInfo> のテープ <MediaLabel> (バーコード - <MediaBarcode>) で I/O 操作の実行中に重大なエラーが発生しました。 >< このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        1. テープ ドライブ ベンダーから最新のドライバーとファームウェアの更新プログラムをダウンロードしてインストールします。
        2. 多くのテープ ドライブ ベンダーには、ハードウェアの問題の診断に使用できるユーティリティも用意されています。
        3. テープ ドライブをクリーンアップしてサービスを提供します。

        テープ サイズに合わせて TapeSize レジストリ値を変更する
        テープが最後に達すると、一部のドライバーは、テープの終了に達したコードではなく、デバイス I/O エラー コード を誤って返 します。 このエラーを解決するには、次のレジストリ キーの値をテープ サイズに合わせて変更します。
        • レジストリの場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Agent
        • DWORD 名: TapeSize
        • 値データ (MB): 00030000

        並列書き込みバッファーの数を減らす
        誤ったドライバーが複数の並列書き込み要求を処理しない場合があります。 このエラーを解決するには、次のレジストリ キーを作成および変更して、DPM で使用される並列書き込みバッファーの数を減らします。
        • レジストリの場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Agent
        • DWORD 名: BufferQueueSize
        • 値データ: 00000001

        注意
        レジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生する可能性があります。 これらの問題では、オペレーティング システムの再インストールが必要な場合があります。 こうした問題の修復について、マイクロソフトはいかなる保証もいたしません。 レジストリの変更はユーザー自身の責任において行ってください。 レジストリを変更する前に必ずバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っている必要があります。
        30102 ドライブの I/O 操作中に回復不能なエラーが発生しました。 別のテープで操作を再試行するか、バックアップから部分的なデータを復元してみてください。
        30103 テープマウント操作の後、ドライブにテープが見つからないか、ドライブ内のテープが変更されました。 インベントリを実行してライブラリの状態を更新し、操作を再試行します。 [管理] タスク領域の [ライブラリ] タブで 、[インベントリ ライブラリ] を選択します
        30104 DPM は、テープが書き込み保護されたため、テープへの書き込みに失敗しました。 テープから書き込み保護を削除し、操作を再試行します。
        30105 テープとドライブの種類が互換性がない場合があります。 テープとドライブの種類が互換性があり、ドライブがサポートされているのを確認します。 また、ドライブ ファームウェアにアップグレードが必要な場合も確認します。
        30106 一時記憶域ボリュームに空き領域が残っていない。
        1. DPM サーバーの DPM インストール パスの下に temp という名前のフォルダーを作成します (既定では、このパスは %ProgramFiles%\Microsoft Data Protection Manager\DPM .
        2. このフォルダーを temp という共有として共有 します
        3. このフォルダーに対する DPM サーバーの フル コントロールアクセス許可をローカル システム アカウントに付与します。
        30107 RA では、一時領域への読み取り/書き込みができません。 DPM は、適切なアクセス許可を持つ一時領域を再作成します。
        30108 MediaLabel のテープ<データ>データが破損しているか、これは適切なテープではありません。 テープの別のコピーを使用して、操作を再試行します。 テープの内容を表示して、予期されるデータが含まれているか確認できます。
        30109 DPM は、このテープからカタログ情報を読み取る試み中に重大なエラーが発生したため、テープの内容の再カタログに失敗しました。 これは、テープ データが破損している可能性があります。 このテープの別のコピーがある場合は、代わりにそれを使用して、再設定操作を行います。 これがテープの唯一のコピーであり、可能な限り多くのデータを回復する場合は、管理タスク領域の [ライブラリ]タブでこのテープを選択し、[コンテンツの表示] をクリックし、このテープの内容をディスクにコピーします。
        30110 DPM で重大な内部エラーが発生しました。 (DirsAndFileOffsetFileList の読み取り/解析で重大なエラー) 操作を再び実行してください。
        30111 VSS アプリケーション ライターまたは VSS プロバイダーの状態が悪い。 既に状態が悪かったか、現在の操作中に状態が悪い状態に入ったかのどちらかです。 必要なライセンスがサーバーにインストールされていることを確認し、バックアップを再試行します。

        これは、仮想マシンのバックアップを試み、VHD ファイルが CSV のルートにある場合にも発生します。 この問題を回避するには、フォルダーを作成し、フォルダー内に VHD を移動します。
        30112 DPM で再試行可能な VSS エラーが発生しました。 このエラーが発生した状況に応じて、次のセクションでは、このエラーを解決する方法について説明します。

        仮想マシンのボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) エラー
        この状況でこのエラーを解決するには、次のアクションを 1 つ以上実行します。
        • 仮想マシン上の統合コンポーネント パッケージのバージョンが最新のバージョンである必要があります。 仮想マシンのホストで、サーバー マネージャーを開き、[役割] を展開し 、[Hyper-V] を選択し、[概要] 領域の [イベント] ボックスの一覧で、統合コンポーネント パッケージを更新する必要があるという警告を探します。
        • 仮想マシン上のすべてのライターが安定した状態にあるか確認します。 仮想マシンで、管理者特権でコマンド プロンプト ウィンドウを開き vssadmin list writers 、「Enter」と入力し、Enter キーを押します。
        • 仮想マシンに未解決の VSS エラーが発生しないか確認します。 仮想マシンで、サーバー マネージャーを き、[診断]を展開し、[イベント ビューアー] を展開し、[Windows ログ]を展開 し、[アプリケーション] を 選択します。 検出された VSS エラーを解決します。
          • [診断] を展開 し、[Windows ログ] を展開し、解決手順について Application イベントと System イベントを確認します。
          • [役割] を展開し 、[Hyper-V] を選択し、[概要]領域で、[イベント] リストで解決手順を確認します。

        2010 で実行されているコンピューターの増分バックアップを使用して復旧ポイントExchange Serverする
        循環ログは、このデータ ソースで有効になっている可能性があります。 DPM 2010 は、循環ログが有効になっている 2010 年Exchange Serverコンピューターの増分バックアップを サポートしません

        この状況でこのエラーを解決するには、[循環ログ] チェック ボックスをオフにして、もう一度復旧ポイントを作成してみてください。

        ストレージ グループで ntbackup を実行した後に増分バックアップを実行すると、次の増分バックアップは失敗します。
        増分バックアップを実行する前に、DPM の完全復旧ポイントを作成します。
        30113 DPM は、データ ソース <DatasourceName> の 1 つ以上のボリュームの復旧ポイントを作成しようとしてエラー<発生>。 ボリューム名が無効になったため、この問題が発生した可能性があります。 操作を再び実行してください。
        30114 VSS プロバイダーは、<ServerName> のデータ ソース <DatasourceName> に対して 1 つ以上のボリュームをサポートし、これらのボリュームの復旧ポイントを作成できません。 このボリュームと、このボリュームでホストされているデータ ソースの保護を停止します。
        30115 スナップショット ボリュームが保護されたコンピューターでチャーンを保持するのに十分な記憶域を持たなかったため、DPM は <ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> の変更を同期できなかった チャーンが低い場合は、後で操作を再試行します。
        30116 VSS は、おそらく ServerName サーバー上のディスク領域が使い切<しました> このサーバーの保護に関係するボリュームの VSS 差分領域に割り当てられた領域を増やします。
        30117 変更ジャーナルでジャーナル ラップ エラーが発生したため、DPM はそれ以上の変更を追跡できないか、または <ServerName のデータ ソース <DatasourceName> に対する変更を見逃している可能性があります。> 整合性チェックで同期を実行するには、[保護] [整合性チェック > 実行] を選択します

        問題が解決しない場合は、ジャーナル サイズの変更を増やしたり、現在の保護グループを構成して同期を頻繁に行う場合があります。

        変更ジャーナル サイズを変更するには
        1. [ディスク割 り当ての変更] を 選択し、[保護 されたサーバー] タブを選択 します。
        2. [変更] を選択 し、割り当てられた領域を変更します。

        同期スケジュールを変更するには、次の方法を実行します。
        1. [保護] タスク領域で保護 グループを 選択します。
        2. [操作] ウィンドウ で、[ 保護グループの変更 ] を選択します
        30118 ジャーナルが初期化されていないか、サイズが間違っている変更 ジャーナル サイズの変更を構成するには、アラート ウィンドウの 下に表示される [ディスク割り当ての変更] リンクを選択します。 [ディスクの 割り当て ] ページで、[ 保護されたサーバー ] を選択し、[変更] を選択 、割り当てられた領域を変更します。

        保護するボリュームに少なくとも 300 MB の空き領域が含か確認します。

        保護グループを変更した後、[保護の一貫性 チェック > を実行する] を選択します
        30119 変更ジャーナル ID は、前回の同期以降に変更された可能性があります。 DPM では、このコンピューター上の変更を追跡できません。
        30120 DPM は、すべてのファイルの回復に失敗しました。 別の場所に回復するか、別の回復ポイントから回復してみてください。
        30121 ファイル コピーに失敗しました。 SourceLocation ファイルまたは DestinationLocation <のソース>場所<ディレクトリ>存在しません。

        (<メッセージ >)

        例外トレース:

        <ExceptionMessage>
        ソースとターゲットの場所が正しく、適切なアクセス許可を持っている必要があります。
        30122 ファイル コピーに失敗しました。 SourceLocation のソース<場所>存在しません。

        (<メッセージ >)

        例外トレース:

        <ExceptionMessage>
        ソースとターゲットの場所が正しく、適切なアクセス許可を持っている必要があります。
        30123 I/O エラーが原因でファイル コピーが失敗しました。

        ソースの場所: <SourceLocation>

        宛先の場所: <DestinationLocation>。

        (<メッセージ >)

        Exception

        <ExceptionMessage>
        ソースと移動先の場所が存在し、ローカル システム アカウント のフル コントロール アクセス許可を持っている必要があります。
        30124 バックアップ ジョブのカタログが 、DatasourceType <の DatasourceName>に<正 しく>。 操作を再び実行してください。
        30125 ServerName サーバー上<DatasourceName>の<バックアップ ジョブ>進行中です。 以前のバックアップ ジョブが終了するのを待ち、バックアップを再試行します。 または、現在のジョブをキャンセルし、バックアップ ジョブを再試行できます。
        30126 サーバー名<DatasourceName>の<バックアップ>できません。 DPM でディスク上に有効な回復ポイントが見つからなかった。 [監視] タスク 領域の [ジョブ] タブ で、同期ジョブのエラーを確認して解決します。 次に、有効な復旧ポイントを作成し、テープ ジョブへのバックアップを再度実行します。 有効な復旧ポイントを作成するには、次の手順を実行します。

        1. アプリケーション データの場合は、[保護]タスク領域で、[復旧ポイントの作成] を選択し、[ディスク上の完全バックアップの高速]を選択します
        2. ファイル データの場合は、[保護]タスク領域で [復旧ポイントの作成] を選択し、[同期後に復旧ポイントを作成する]を選択します
        30127 増分バックアップ ジョブが取り消されたのは、データ ソースに関連付けられた完全バックアップが使用できないか、このジョブが依存する新しいバージョンのバックアップが含まれるためです。

        これは致命的ではないエラーです。 別のバックアップは、このバックアップとほぼ同時に作成されています。 回復には他のバックアップを使用します。
        操作を再び実行してください。
        30128 ServerName データベースで DatasourceName <に>バックアップ<無効>。 テープにバックアップする場合は、完全バックアップを実行します。 ディスクにバックアップする場合は、高速フル バックアップを実行します。
        30129 DPM は、タスクを完了するためにファイル 一覧を生成できなかった。 [管理]タスク領域の[ライブラリ]タブ でテープを選択し、[操作] ウィンドウで [コンテンツの表示]を選択します
        30130 メモリ リソース不足のため、DPM は <DatasourceName> <> の変更の追跡を開始できなかった 1 つのボリュームに 100 を超える保護可能なデータ ソースが含められないことを確認します。 この場合は、データ ソースを複数のボリュームに分割できるのか確認してください。
        30131 DPM は 、DatasourceType <ServerName サーバー上> <DatasourceName>の<と同期>。 保護を続行できません。 ダーティ フェールオーバーが実行されたクラスター化されたリソースを保護している場合は、確認します。 この場合、DPM は保護を続行する前に、整合性チェックとの同期を必要とします。
        30132 DatasourceName データベースのレプリカ データセットをアーカイブしようとして、重大な内部<検出>。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートにお問い合わせください。
        30133 <ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> で重大な不整合が検出されたため、<FileName> に対して変更をレプリケートすることはできません。 データ ソースの除外フィルターと包含フィルターを検証するには、[保護] タスク領域で、[保護グループの変更]を選択します。 保護グループを変更しても整合性チェックが開始されない場合は、整合性チェックを使用して同期を実行します。
        30134 DPM は、<DatasourceType> <DatasourceName> のレプリカ上の古い増分バックアップのデータを<>。 レプリカのクリーンアップが成功するまで、同期は失敗します。 これは、DPM の外部からレプリカ ボリュームにアクセスしている場合に発生する可能性があります。 詳細なエラーを確認し、レプリカ ボリューム パスに関する問題を解決し、ジョブを再試行します。 それ以外の場合、DPM は次にスケジュールされた同期ジョブ中に変更と同期します。
        30135 <ServerName <の DatasourceType> <Datasource> Name> <のレプリカは、保護されたデータ ソースと一致しません。

        DPM は、データ ソースが保護用に構成された後、保護されたオブジェクトのファイルの場所またはボリューム構成の変更を検出しました。
        整合性チェックを使用して同期を実行します。
        30136 <ServerName <の DatasourceType> <Datasource> Name> <のレプリカは、保護されたデータ ソースと一致しません。

        DPM は、保護用に構成された後、一部の保護されたオブジェクトが見つからないと検出しました。
        [保護]タスク領域 で、[保護グループの変更] を選択して、DPM サーバー上のデータ ソースの構成情報を更新し、必要に応じてレプリカ ボリューム サイズを大きくします。 保護グループを変更しても整合性チェックが開始されない場合は、整合性チェックを使用して同期を実行します。
        30137 <ServerName <の DatasourceType> <Datasource> Name> <のレプリカは、保護されたデータ ソースと一致しません。

        DPM は、保護用に構成されたデータ ソースの新しい保護可能なオブジェクトを検出しました。
        [保護]タスク領域で、[保護グループの変更] を選択して、DPM サーバー上のデータ ソースの構成情報を更新し、必要に応じてレプリカ ボリューム サイズを大きくします。 保護グループを変更しても整合性チェックが開始されない場合は、整合性チェックを使用して同期を実行します。
        30138 <ServerName <の DatasourceType> <Datasource> Name> <のレプリカは、保護されたデータ ソースと一致しません。

        DPM は、保護用に構成されたデータ ソースの既存の保護オブジェクトの変更を検出し、新しい保護可能なオブジェクトを検出しました。
        [保護]タスク領域で、[保護グループの変更] を選択して、DPM サーバー上のデータ ソースの構成情報を更新し、必要に応じてレプリカ ボリューム サイズを大きくします。 保護グループを変更しても整合性チェックが開始されない場合は、整合性チェックを使用して同期を実行します。
        30139 CCR フェールオーバーのため、 Name <の DatasourceType> <DatasourceName <に>が一貫性がありません。 整合性チェックを含む同期ジョブは、30 分後に自動的にトリガーされます。 アクションは不要です。
        30140 DPM は、バックアップ ジョブのSQL、または最新の時点ジョブへの回復のいずれかとして、ログ バックアップの実行を試みました。 SQL ログ バックアップ ジョブは、前回のバックアップ以降、<DatasourceType> データベース <DatasourceName> の SQL ログ チェーンの不連続を検出しました。 すべての増分バックアップ ジョブは、高速完全バックアップが実行されるまで失敗します。 バックアップエラーの場合
        バックアップ ジョブの一部としてこのエラーが発生した場合は、[保護] タスク領域で SQL Server データベースを選択し、[復旧ポイントの作成] を選択してから、高速フル バックアップを実行します。 または、次にスケジュールされた高速フル バックアップの実行を待機できます。

        回復エラーの場合
        このエラーが回復ジョブの一部として発生した場合は、別の時点から回復してみてください。 詳細については、アプリケーション を実行しているコンピューターでアプリケーション イベント ビューアー SQL Server確認してください。 このデータベースが別のバックアップ アプリケーションによって既に保護されていないか確認します。
        30141 < で DatasourceType> <DatasourceName> を回復するには、DPM が < ServerName> で SQL Server サービスを停止して開始する必要があります。 サービスを停止した後、DPM はサービスを正常に開始できません。 保護されたコンピューター上SQL Serverサービスが start コマンドを正常に送信できると確認します。 サービスが正常に開始されたことを確認したら、回復を再試行します。 このエラーが再度発生した場合は、別の復旧ポイントからマスター データベースを回復してみてください。
        30142 < で DatasourceType> <DatasourceName> を回復するには、DPM が < ServerName> で SQL Server サービスを停止して開始する必要があります。 DPM がサービスを正常に停止できなかった。 保護されたコンピューターの SQL Server サービスが stop コマンドを正常に送信できると確認します。 サービスを正常に停止できる状態にした後、回復を再試行します。
        30143 AgentTargetServer サーバー上<DatasourceType> <DatabaseName>データベース<が>。 管理者にExchange Serverしてください。サーバー上のイベント ログ エントリからエラーの原因をExchangeします。
        30144 AgentTargetServer サーバー上<DatasourceType> <DatabaseName>データベース<マウント>。 サーバー上Exchange、イベント ログ エントリによるエラーの原因を確認します。
        30146 <ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> <の <ObjectName> に対して、データ整合性の検証チェックが>。 サーバーを最近アップグレードしたExchange、そのサーバーから DPM サーバーにコピーします。 管理者にExchange Serverし、問題を確認します。 最後に既知の良好なバックアップを回復して、破損した状態に対処できます。
        30147 Eseutil.exeをクリーン シャットダウン状態に戻す<DatasourceType> <DatasourceName> on <AgentTargetServer> のデータベース ファイルにログを適用できなかった。 管理者にExchange Serverしてください。 サーバー上のイベント ログExchange問題の解決に役立つ場合があります。 問題が解決しない場合は、復旧ポイントが破損している可能性があります。 別の復旧ポイントからの回復を再試行します。
        30148 DPM は 、ProtectedGroup の保護グループの <DatasourceName> の<VirtualName> クラスター リソース グループ<アクセスできなかった> クラスター管理コンソールを使用<VirtualName>アクセス可能なクラスター リソース グループを確認します。
        30149 このクラスターで予期しないフェールオーバーが発生<DatasourceType> <DatasourceName> クラスター < VirtualName> の保護を継続することはできません。
        30150 DPM は SIS リンク ファイルのバックアップまたは復元を試行しています。この場合、SIS をサーバー名サーバーで有効<必要>。 [プログラムの追加と削除] の [Windowsコンポーネント] を使用して、コンピューターで SIS を有効にしてください。
        30151 DPM は、サーバー名の DatasourceName ファイルの変更<情報>読<失敗しました>
        30152 このデータが存在するボリューム<サイズが変更> ServerName> の <DatasourceName> で DPM は引き続き保護できません。
        30153 保護グループ <ProtectedGroup> のデータ ソース <DatasourceName> が存在する <ServerName> 上のファイル システムは、BitLocker ドライブ暗号化によってロックされるか、無効な状態にあり、使用できなくなりました。 ボリュームがオンラインであり、ファイル システムが一貫性のある状態にあるか確認します。 ボリュームがロックされている場合は、ボリュームのロックを解除して操作を再試行します。
        30154 DPM で、サーバー名の DatasourceName の変更<追跡中に><しました>
        30155 DPM は、このコンピューターがクリーンにシャットダウンせずに電源がオフになっているため、<ServerName> の <DatasourceName> の保護を継続できません。
        30156 変更の追跡情報が壊れているため、DPM は <DatasourceName> サーバー名<の>保護を継続できません
        30157 回復されたメール ボックスに DPM が接続する必要があるユーザーのエイリアスがオンラインで、サーバー Exchangeされます。 オフラインで、任意のサーバーに接続されていないエイリアスExchangeします。
        30158 テープ バックアップが失敗したため、<DatasourceType> <DatasourceName> <> のテープバックアップの検証に失敗しました。 テープ バックアップを再試行してから、検証を再試行します。
        30159 このクラスターでフェールオーバーが発生<、クラスター <VirtualName> の DatasourceType> <DatasourceName> の保護を継続することはできません。
        30160 このクラスターでフェールオーバーが発生したため、DPM はクラスター <VirtualName> で <DatasourceType> <DatasourceName> のテープ バックアップを実行できなかった。 テープ バックアップ ジョブを再試行します。
        30161 DPM は、サーバー名サーバー上の DatasourceType <DatasourceName > <の追跡>を<できません>。 操作を再び実行してください。 レプリカに不整合のマークが付いている場合は、このデータ ソースで整合性チェックを実行します。
        30162 <ServerName <ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> の変更を追跡するために使用される変更ジャーナルが、ディスク上の不良セクタが原因で壊れているため、保護を続行できません。 保護されたコンピューター上の変更ジャーナルを削除するには、FsUtil.exeツールを使用して、変更ジャーナルを再作成します。 次に、データ ソースで整合性チェックを実行します。
        30163 SQL ServerName サーバー上の Type> <DatasourceName <の <一時フォルダー>パスが長すぎます。 これにより、バックアップジョブまたは回復ジョブが失敗する可能性があります。 DPM は、データベース ログ ファイルと同じ場所にSQL Server作成します。 一時フォルダー名は DPM_SQL_PROTECT です

        この問題を解決するには、次の手順を実行します。
        1. データベース ログ ファイルの場所を変更して、その物理パスが可能な限り短くします。
        2. このデータベースの整合性チェック ジョブを実行します。
        30164 ServerName <の DatasourceType> <DatasourceName><使用できません>。 この問題のトラブルシューティングを行う場合は、以下を確認します。
        1. データベースがオンラインです。
        2. データベースが復元状態ではありません。
        3. データベースが削除されていない。
        4. データベースにアクセスできます。
        5. データベースがミラーリング セッションの一部である場合は、パートナー SQL Server データベース間のミラーリングを再確立するか、データベースを保護から削除し、このデータベースの保護グループを再作成します。
        30166 DPM は 、DatasourceType データベースの復旧ポイント ボリューム<DatasourceName> <DPM サーバー>使用できないと検出しました。 復旧ポイント のボリュームがオンラインになるまで、保護ジョブは失敗します。 DPM 記憶域プールに追加されたディスクすべてがオンラインである必要があります。
        30167 バックアップ ジョブが失敗した理由は、DPM が Exchange Server Storage グループ インスタンス <DatasourceName> <ServerName> の一部のデータベースがオフラインであるのを検出したためです。 ストレージ グループ内のすべてのデータベースをオンラインにし、再試行します。
        30168 サービスが再起動された場合、<ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> <に対して完全バックアップが必要です。 [保護] タスク領域 で、[復旧ポイント ディスクの作成] 選択し、[高速完全バックアップを使用して復旧ポイントを作成 する] を選択します
        30169 データ ソースが使用できないので、<ServerName <> <DatasourceName> <ServerName> で操作が失敗しました。 この問題のトラブルシューティングを行う場合は、以下を確認します。
        1. データ ソースがオンラインです。
        2. データ ソースが復元状態ではありません。
        3. アプリケーション VSS ライターが実行されています。
        4. データ ソースにアクセスできます。
        5. データ ソースがありません。
        6. データ ソースが SharePointファームのメンバーである場合は、そのデータ ソースがファーム構成SharePoint確認します。 このエラーの詳細については 、「Hyper-V Protection の問題」を参照してください
        30170 最新の時点への復旧に失敗しました。 最新の時点への回復中に、DPM は、回復の最後に SQL ServerName> の SQL データベース <DatasourceName> <に最新の変更を適用するために、テール ログの復元を試行します。 この末尾ログの復元に失敗しました。 アプリケーション イベント ビューアーのログを確認して、SQL Serverログの復元に失敗した理由を確認します。

        問題を解決するには、次の操作を実行できます。
        1. 同じデータベースで別の回復が実行された直後に、最新の時点への回復は行われません。 最新の時点への回復を試みる前に、同期ジョブの実行を許可します。
        2. この問題が繰り返し発生した場合に、回復する別の時点を選択します。
        30171 最新の時点への復旧に失敗しました。 最新の時点への回復中に、DPM は SQL Server トランザクション ログ バックアップを実行して、SQL Server データベース <DatasourceName> から <ServerName> の最新の変更を取得してから回復を開始します。 このトランザクション ログのバックアップに失敗しました。 アプリケーション イベント ビューアーのログを確認して、SQL Serverログのバックアップが失敗したSQL Server確認します。

        問題を解決するには、次の操作を実行できます。
        1. ログ SQL Serverチェーンが壊れている場合は、完全バックアップを実行してログ チェーンを再初期化する必要があります。
        2. データベースの DPM レプリカが無効な場合は、このデータベースの整合性チェック操作を実行する必要があります。

        トランザクション ログのバックアップをデータベースに対して正常に実行できない場合は、回復する別の時点を選択します。
        30172 SQL Server インスタンスが保護エージェント (ID 30172 Details: Internal error code: 0x80990F75) への接続を拒否したため、 の SQL Server データベース <DbName> に対して DPM ジョブが失敗しました。 この問題を解決するには、SQL Server 管理コンソールを開き、[可用性グループのプロパティ全般読み取り可能セカンダリ] に移動し、プライマリ サーバーとセカンダリ サーバーの両方を [はい] > > に 設定します
        30173 SQL Server > Name SQL の <DatasourceType> <DatasourceName> に対して <コマンドの実行が失敗しました。<理由>。 SQL Server サービスによって投稿されたエントリについては、SQL Server のインスタンスでアプリケーション イベント ビューアーログを確認して、SQL コマンドが失敗した可能性がある理由を確認します。 詳細については、エラー ログのSQL Serverしてください。
        30174 <AgentTargetServer> の <DatabaseName> に上書きフラグが設定されていないため、datasourceType> <DatasourceName> の回復に失敗しました。 < 管理者コンソールExchangeで、回復するデータベースの データベース フラグを上書きして、操作を再試行します。
        30175 DPM は、<ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> <の変更をレプリケートできなかった。 このコンピューターで実行されているアプリケーションが正常に動作し、このファイル システムの高い動作が発生しないか確認します。 このエラーが一貫して発生する場合は、[ 保護 ] タスク領域で、[ディスク割り当ての変更 ] を選択します。 保護されたコンピューターの変更ジャーナル サイズを大きくするには、[保護されたコンピューター] タブで、[変更] を 選択します
        30176 I/O エラーが原因でファイルの削除に失敗しました。 ファイルは、他のアプリケーションで使用されている可能性があります。 ファイルの場所: <場所> ファイルの場所が正しく、ファイルに適切なアクセス許可が付与されていることを確認します。
        30177 PrmFileDeleteNameNullError
        30178 PrmFileDeleteNameImproperError
        30179 PrmFileDeleteFileDoesNotExistError
        30180 PrmFileDeleteDirectoryNotFoundError
        30181 PrmFileDeletePathTooLongError
        30182 PrmFileDeleteNotSupportedError
        30183 権限のないアクセス エラーが原因でファイルの削除に失敗しました。 ファイル パス: <場所> ファイルの場所が正しく、ファイルに適切なアクセス許可が付与されていることを確認します。
        30184 DPM では、DatasourceType <サーバー名> <DatasourceName>の<>。 [監視 ] タスク 領域で、[このデータ ソースの保護アラートを構成できません] を解決し、次のリンクを選択してジョブを再試行します。
        30185 DatasourceType <DatasourceName> <> の最新の復旧ポイントへの回復は、以前の復旧ポイントに既に回復済みなので実行できません。 [回復 ] タスク 領域で、最新の復旧ポイントより前の復旧ポイントを選択します。
        30186 サーバー名サーバーの<エージェント>無効になります。 DPM 管理者 コンソールの [管理] タスク領域の [エージェント] タブで、 保護されたコンピューターで保護エージェントを有効にします。
        30187 TargetServerName <保護エージェント>同期中に予期せずシャットダウンしました。 DPM は 、DatasourceType データベースまたは DatasourceName <のデータ> <部分的にレプリケート>。
        30188 DatasourceType <の復旧 > <、> に一貫性がないときに作成されました。 この復旧ポイントの一部のデータには、部分的に同期されたデータが含まれている場合があります。
        30189 DatasourceType ファイルのバックアップ前スクリプトを実行<DatasourceName> <エラー>返しました。 バックアップ前スクリプトにエラーが発生し、正常に実行される可能性があります。
        30190 DatasourceType ファイルのバックアップ後スクリプトを実行<DatasourceName> <エラー>返しました。 バックアップ後のスクリプトにエラーが発生し、正常に実行できる必要があります。
        30191 DatasourceType ファイルのバックアップ前スクリプト<DatasourceName> <が>されます。 バックアップ前スクリプトが指定された時間内に実行を終了するか、タイムアウト期間を長くしてください。
        30192 DatasourceType ファイルのバックアップ後スクリプト<DatasourceName> <が>されます。 バックアップ後スクリプトが指定された時間内に実行を終了するか、タイムアウト期間を長くしてください。
        30193 DatasourceName データベースのバックアップ前スクリプトまたはバックアップ後スクリプト XML の構成<DatasourceType> <が>です。 バックアップ前スクリプトまたはバックアップ後のスクリプト構成 XML ファイルにエラーが発生し、XML が正しく形成されていないか確認します。
        30194 DPM では大文字と小文字<サポートが有効>、<ServerName> で DatasourceName ファイルを保護できません。
        30195 DPM では、復旧ポイント ボリュームの空き領域が使い切れ、<ServerName> の <DatasourceName> の同期が失敗し、既存の復旧ポイントが削除されるのを防ぐためです。 このデータ ソースでアクティブな保留中の復旧ポイント ボリュームしきい値アラートが表示されなかから、ジョブを再実行してください。 DPM によってボリュームが自動的に拡大され、アラートが解決された可能性があります。
        30196 指定されたストレージ グループが回復用ストレージ グループ<として <AgentTargetServer> の> <DatasourceType> DatasourceName> に対して回復に失敗しました。 操作を再試行し、回復用ストレージ グループではないストレージ グループを指定するか、[回復するグループに回復する] Storage選択します。
        30197 <AgentTargetServer> の <DatasourceType> <DatasourceName> に対して、指定されたストレージ グループが回復用ストレージ グループではないので、回復に失敗しました。 操作を再試行し、回復用ストレージ グループを指定します。
        30198 <AgentTargetServer> の <DatasourceType> <DatasourceName> に対して、代替ストレージ グループまたは指定したデータベースが無効である場合、回復に失敗しました。 ストレージ グループまたはデータベースがサーバー上に存在することをExchangeします。
        30199 <AgentTargetServer> の <DatasourceType> <DatasourceName> に対して、指定されたターゲット データベースがマウント状態のため、回復に失敗しました。 ターゲット データベースがマウント解除状態にあるか確認します。
        30200 <ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> のバックアップ操作の準備が停止されたのは、この操作が失敗または取り消された別のバックアップ操作に依存したためです。 操作を再び実行してください。
        30201 の <DatasourceType> <DatasourceName> の回復操作の準備が停止されました。これは、失敗または取り消された別の回復操作に依存したためです。 操作を再び実行してください。
        30202 ServerName SQLの DatasourceType <DatasourceType> <DatasourceName> の<一時>はまだ構成されていません。 DPM は、データベース ログ ファイルと同じ場所に一SQL作成します。 一時フォルダー名は DPM_SQL_PROTECT です

        DPM では、サーバー名の一時フォルダーがまだ構成<サーバー名>。 [保護 ] タスク 領域で、このデータベースの復旧ポイントを作成します。
        30203 ServerName サーバー<DatasourceType> <DatasourceName>の<レプリカ>一貫性があります。 一貫性のあるレプリカでは、スケジュールされた整合性チェックは実行されません。
        30204 レプリカ ライターは、<2007> <の <AgentTargetServer> の datasourceType> <DatasourceName> に対して有効Exchangeです。 DPM では、LCR を使用して 2007 年Exchange Serverを保護するために、レプリカ ライターを無効にする必要があります。 DWORD エントリをサブキーに追加し、値を 0 に設定し、Microsoft Exchange レプリケーション サービスを再起動して、レプリカ ライター EnableVssWriter HKLM\Software\Microsoft\Exchange\Replay\Parameters を無効にします。 その後、操作を再試行します。
        30205 <ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> の場合、指定した名前のデータベースが SQL インスタンスに既に存在しているため、回復に失敗しました。 回復するデータベースの代替名を指定します。 指定した名前のデータベースが、サーバー上に既に存在SQLします。
        30207 DPM は 、DatasourceType データベースの DatasourceType ファイルに対して回復可能な<の> <コンパイル>。 この回復ポイントから詳細なレベルの回復を実行できません。 次にスケジュールされた完全バックアップは回復可能なオブジェクトの一覧を同期させるので、アクションは必要ありません。 または、[保護]タスク領域で、必要な保護されたオブジェクトを選択し、[復旧ポイントの作成] をクリックして、完全バックアップを使用して復旧ポイントを作成するオプションを選択します。
        30208 データ整合性チェックは、<Server> Name <の <DatasourceName> の <ObjectName>。 サーバーでエラーが報告されたExchange、サーバーのバックアップ ファイルExchange破損している可能性があります。 次の手順に従って問題を解決します。
        1. サーバー管理者Exchangeに問い合わせて、データベースとログが正常な状態にあるExchange確認します。
        2. データベースとログが Exchangeサーバーに破損していない場合は、このデータ ソースの整合性チェックと同期を実行する必要があります。
        3. Exchange サーバー上のデータベースとログが壊れている場合は、前回の既知の適切なバックアップから Exchange データを回復できます。
        30209 DPM は 、VirtualName サーバーのリソース グループに対してクラスター構成<変更>、レプリカの不整合をマークしました。
        30210 スナップショット前の手順を実行すると、エラーが返されました。 スナップショット前の手順にエラーが発生し、正常に実行できる状態を確認します。
        30211 スナップショット前の手順の実行がタイム アウトしました。 スナップショット前の手順がタイムアウト期間中に正常に完了することを確認します。
        30212 スナップショット後の手順を実行すると、エラーが返されました。 スナップショット後の手順にエラーが発生し、正常に完了することを確認します。
        30213 スナップショット後のステップの実行がタイム アウトしました。 スナップショット後の手順がタイムアウト期間中に正常に完了することを確認します。
        30214 DPM はバックアップの作成に失敗しました。 システム状態のみをバックアップする場合は、保護されたコンピューターに System State バックアップを格納するのに十分な空き領域が空き容量を持っている必要があります。 Windows Server 2008 を実行している保護されたコンピューターで、Windows Server Backup (WSB) がインストールされ、他のバックアップまたは回復タスクが実行されていないか確認します。 WSB によって報告されたエラーは、保護されたコンピューターのイベント ログで確認できます。 解決アクションとこれらのエラーの詳細については、「バックアップ操作」 を参照してください
        30216 Windowsサーバー バックアップでは、DPM によってExchange ServerログSQL Serverログを切り捨てる可能性があります。 このエラーを解決するには、以下の操作を行います。
        • サーバー バックアップをWindows使用してボリュームをバックアップする場合は、バックアップ一度ウィザードを使用する必要があります。
        • バックアップ スケジュール ウィザードを使用してスケジュールされたバックアップを実行する場合は、DPM で保護されているボリュームに、Exchange Server メールボックス ストアや SQL Server データベースなどのアプリケーション データが含SQL Serverしてください。
        • サーバー バックアップWindows再構成します。 次に、DPM 管理者コンソールの [保護] タスク領域で、ボリュームを選択し、[回復ポイントの作成]を選択し、[操作] ウィンドウで [完全バックアップの表現]を選択します
        30215 タイムアウト期間中に System State バックアップを作成できなかった。 ServerName サーバー名の保護されたコンピューター<を>して、バックアップがタイム アウトした理由を確認します。
        30217 DPM の Eseutil のバージョンが、保護されているサーバー上Exchange一致しません。 これにより、整合性チェックが失敗する可能性があります。

        保護しているサーバーのインストール フォルダーから次Exchangeをコピーし、DPM サーバー上<FolderPath>にコピーします。

        ese.dll

        eseutil.exe

        また、64 ビット バージョンのサーバーを 32 ビット DPM サーバーにコピーeseutil.exeする必要があります。 32 ビット バージョンの eseutil.exeは、Exchange DVD で使用できます。

        また 、[Eseutil 整合性の実行] チェック オプションの選択を解除して、この保護グループの Eseutil 整合性チェックを実行しない場合も選択できます。 保護されたデータを確実に復元Exchange、これはお勧めしません。

        続行しますか?
        30218 DPM で予期しない VSS エラーが発生したため、操作に失敗しました。 エラーの原因については 、ServerName <アプリケーション>ログを確認します。 原因を修正し、操作を再試行します。

        このエラーの詳細については 、「Hyper-V Protection の問題」を参照してください
        30219 AgentTargetServer <Datasource> DatasourceName <DatasourceName のコマンドレット実行>失敗しました (<理由<)> 管理者に連絡Exchange Server問題を解決します。
        30220 Com コンポーネント ExchangeCmdletWrapper のアクティブ化が AgentTargetServer <失敗しました> COM コンポーネントの ExchangeCmdletWrapper が適切に構成されていることを確認します。
        30221 DPM は 、DatasourceName データベースの DatasourceType <変更> <レプリケート>。 DPM が変更をレプリカに適用しようとして、操作が失敗しました。
        30222 変更の追跡情報が壊れている<サーバー> DatasourceName>の保護を継続できません
        30223 <ServerName <>> の datasourceType> <DatasourceName> に対して、このデータベースのミラーリング セッションが存在>の回復に失敗しました。 回復中のデータベースがミラーリング セッションの一部ではないか確認します。
        30224 DPM Online に対する ServerName <の DatasourceName>の<復旧>の作成は完了できません。 DPM でディスク上に有効な回復ポイントが見つからなかった。 [監視] タスク 領域の [ジョブ] タブ で、同期ジョブのエラーを確認して解決します。 次に、有効なディスク回復ポイントを作成し、DPM オンライン回復ポイント作成ジョブを再度実行します。 有効な復旧ポイントを作成するには、次の手順を実行します。
        1. アプリケーション データの場合は、[保護]タスク領域で、[復旧ポイントの作成] を選択し、[ディスク上の完全バックアップの高速]を選択します
        2. ファイル データの場合は、[保護]タスク領域で [復旧ポイントの作成] を選択し、[同期後に復旧ポイントを作成する]を選択します
        30225 継続的な DPM Online 回復ポイントの<によって> DatasourceName>のレプリカでジョブが失敗しました。 操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 その後、操作を再試行します。
        30226 継続的な拡大操作によって発生<ServerName>の datasourceName <の>エラー。 操作が完了するまで待ちます。 その後、操作を再試行します。
        30227 既に有効なので、<DatasourceName>サーバー<サーバー>のレプリカでジョブが失敗しました。 アクションは不要です。
        30228 <ServerName <の DatasourceType> <Datasource> Name> <のレプリカは、保護されたデータ ソースと一致しません。

        DPM は、データ ソースが保護用に構成された後、保護されたオブジェクトのファイルの場所またはボリューム構成の変更を検出しました。
        DPM サーバー上のデータ ソースの構成情報を更新するには、警告ウィンドウの下に表示される [このデータ ソースの保護グループの変更] リンクを選択します。 次に、整合性チェックを使用して同期ジョブを実行します。
        30229 保護されたコンピューターの Windows Server Backup (WSB) でエラー (WSB イベント ID: <WindowsBackupEventID>、WSB エラー コード: <WindowsBackupErrorCode>) が発生したため、DPM はバックアップを作成できません。 解決アクションと WSB エラーの詳細については、「バックアップ操作」 を参照してください
        30230 このデータ ソースのリソース グループが失敗する可能性があるすべてのノードで保護エージェントがアップグレードされないので、DPM は の <DatasourceType> <DatasourceName> の保護を続行できません。 [管理 ] タスク 領域の [エージェント ] タブで、このデータ ソースのリソース グループが失敗する可能性があるすべてのノードの保護エージェントをアップグレードします。
        30231 データ ソースのキャプションが<されたため、<ServerName> <の DatasourceName> <> の操作が失敗しました。 バックアップを再起動するには、次の手順を実行します。
        1. 保護を停止します (データを保持しながら)。
        2. 保護グループを再保護します。
        30232 アップグレード後にバックアップが作成されていないので、回復を実行することはできません。 ただし、ファイルとして復元できます。 ファイルとして復元を実行し、データを回復します。
        30241 DPM は重複排除されたファイルのバックアップまたは復元を試行しています。この場合、重複排除を AgentTargetServer サーバーで有効にする<必要>。 コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] で [Windows/削除]コンポーネント を使用して、コンピューターで重複 除去を有効 にします。
        30242 DPM は重複排除されたファイルのバックアップまたは復元を試み、ターゲットを NTFS ボリュームにする必要があります。重複排除は、そのボリュームで無効にする必要があります。 NTFS ファイルシステムをバックアップ/回復ターゲットとして使用するボリュームを選択し、そのボリュームで重複排除が無効になっていることを確認します。

        1 つのボリュームで重複排除を無効にするには 、Disable-DedupVolume コマンドレットを使用 します。
        30288 VirtualMachineName サーバーの仮想<のオフライン バックアップ>サポートされていません。 <ServerName> 上の仮想マシンのオフライン バックアップを許可するには、レジストリ キー <RegistryKey> を 1 に設定してから、ジョブの実行を再試行します。
        30289 Hyper-V の役割は、ServerName < インストール>。 Hyper-V の役割がインストールされていないホストに仮想マシンを回復できません。 Hyper-V の役割を ServerName <インストール>、もう一度ジョブを実行してみてください。
        30290 バックアップ操作に関係する 1 つ以上のボリュームをスナップショット セットに追加中にエラーが発生しました。 問題のトラブルシューティングについては 、ServerName <イベント>を確認してください。 このエラーを解決するには、Hyper-V を実行しているホスト コンピューターでハードウェア スナップショットの作成に必要な Challenge-Handshake 認証プロトコル (CHAP) 資格情報が正しく構成されていることを確認します。 詳細については、VSS ハードウェア プロバイダー ベンダーのドキュメントを参照してください。
        30294 NoDiffAreaAssoc
        30295 DatasourceName オブジェクトのシャドウ <関連付>がありません。 アプリケーション イベント ログで VSS エラーを確認します。
        30299 DPM で再試行可能な VSS エラーが発生しました。 回復する仮想マシンがシャットダウンされた後、回復を再試行してください。 エラーが解決しない場合は、サーバー名のアプリケーション <ログ>エラーの原因を確認します。 原因を修正し、操作を再試行します。

        このエラーの詳細については 、「Hyper-V Protection の問題」を参照してください
        30300 <ServerName> の <DatasourceName> のレプリカの同期は、レプリカが有効な状態でないか、非アクティブな状態にあるため失敗しました。 保護されたコンピューターのアプリケーション イベント ログで、DPM ライター サービスからのエラーを確認します。 適切なアクションを実行し、操作を再試行します。
        30301 <ServerName <DatasourceType> <Datasource> Name> <のレプリカは、保護されたデータ ソースと一致しません。
        1. 一部の依存データ ソースが DatasourceName データ ソースの保護されたデータ ソースに追加<確認>。 その場合は、 保護 グループの [保護の変更] を実行し、アラート ウィンドウの下にあるそれぞれのリンクを選択して、データ ソースの整合性チェックを実行します。
        2. <DatasourceName> に依存データ ソースが追加されていない場合は、依存するデータ ソースが既に DPM によって直接保護されていないか確認します。 この場合は、保護ウィンドウに移動し、レプリカを削除するオプションを使用して、これらのデータ ソースの保護を停止します。 この処理が完了したら 、DatasourceName ファイルの<を再作成>。
        3. 前のどちらのオプションも有効でない場合は、関連付けられた VSS ライターがバックエンド サーバーで正しく実行されていることを確認します。 ライターが正常な状態ではない場合は、ライターを再起動します。
        30302 <ServerName <DatasourceType> <Datasource> Name> <のレプリカは、保護されたデータ ソースと一致しません。 保護されたデータ ソースの依存データ ソースが DatasourceName <削除されたか>サーバー間で移動されたかを確認します。 どちらかが発生した場合は、[保護] ウィンドウで、このデータ ソースの保護を停止し、[現在のデータ バックアップを保持する] オプションを選択 します。 次に 、DatasourceName <保護グループ> 再作成します。
        30303 DPM は 、DatasourceType <をテープ> <サーバー名> DatasourceName <バックアップ>失敗しました。
        1. DatasourceName データベースで保護されたデータ ソースに追加または削除された依存データ ソース<確認>。 データ ソースが追加または削除された場合は、[保護] ウィンドウで <DatasourceName> の保護を停止し、[現在のデータ バックアップを保持する] オプションを 選択 します。 次に 、DatasourceName ファイルの<を再作成>。
        2. <DatasourceName> に属する依存データ ソースが既に DPM によって直接保護されている場合は、[保護] タスク領域で、[レプリカの削除] オプションを選択して、これらの依存データ ソースの保護を 停止 します。 次に 、DatasourceName データベースの保護<を再作成>。
        30400 選択したデータ ソースを保護するには、変更<作成>サーバー 名を再起動する必要があります。 コンピューターを再起動し、整合性チェックと同期します。
        30500 変更の追跡は、次のいずれかの理由で一貫性がありません。

        1. 保護されたサーバーの予期しないシャットダウン。

        2. クラスターフェールオーバー中の DPM ビットマップ フェールオーバーで予期しない問題。
        このエラーをトラブルシューティングするには、次の手順を実行します。
        1. クラスターの新しく追加されたノードに DPM エージェントがインストールされていることを確認します。
        2. 整合性チェックを使用して同期ジョブを実行します。
        30501 変更の追跡は、次のいずれかの理由で一貫性がありません。

        1. 保護されたサーバーの予期しないシャットダウン

        2. 追跡されたボリュームを共有する 1 つ以上のデータ ソースのクラスター フェールオーバー中の DPM ビットマップ フェールオーバーで予期しない問題。
        整合性チェックを使用して同期ジョブを実行します。
        30502 変更の追跡は、マウント解除時に DPM フィルター ログ ファイルがオーバーフローした場合に一貫性がないとマークされています。 整合性チェックを使用して同期ジョブを実行します。
        30503 ボリュームのマウント解除またはクラスターフェールオーバー中に予期しない問題が発生し、変更の追跡に不整合が発生しました。 整合性チェックを使用して同期ジョブを実行します。
        30504 DPM エージェントは DPM ビットマップを検出できません。 整合性チェックを使用して同期ジョブを実行します。
        31000 この操作を実行する前に、保護されたデータ ソース のサイズが DatasourceName <に>が計算されていないので、操作は失敗しました。 この操作を実行する前に確認し Get-DatasourceDiskAllocationSet-DatasourceDiskAllocation 正常に実行します。
        31001 必要なスケジュールの一部が指定されていないので、保護グループの作成に失敗しました。
        31002 ライブラリまたはスタンドアロン テープ ドライブが指定されていないため、保護グループの作成に失敗し、テープ保護が選択されています。 ライブラリまたはスタンドアロン テープ ドライブを指定し、保護グループの作成を試みます。
        31003 サーバー名または所有者ノード<サーバー名> DPM サーバーからアクセスできないので、操作に失敗しました。 クラスター管理ソフトウェアを使用して、クラスター リソース グループが ServerName <または>がオンラインの状態を確認します。
        31004 ServerName のクラスターでリソース グループを列挙<しました> <ServerName> クラスター名を表します。
        1. クラスター サービスがクラスターで実行されている状態を確認します。
        2. DPM サーバーからクラスターに ping を実行できると確認します。
        3. クラスター サービスがオンラインの場合は、[エージェントの管理] タブでクラスターのノード を更新 します。
        31005 DPM は、このリソース グループが<可能性>ノードに保護エージェントがインストールされていないので、 サーバー 名サーバー上のクラスター リソース グループを保護できません。 [管理 ] タスク 領域の [エージェント] タブ で、このリソース グループが失敗する可能性があるすべてのノードに保護エージェントをインストールします。
        31006 保護エージェントがインストールされているコンピューターがインストールされていないので、DPM は新しい保護グループの作成ウィザードを開始できません。 [管理] タスク領域 の [エージェント] タブ で、保護するコンピューターに保護エージェントをインストールします。 エージェントを正常にインストールしたら、新しい保護グループの作成ウィザードを開始します。
        31007 整合性チェックは、時間のかかる操作です。 レプリカが保護されたデータと矛盾している場合にのみ開始をお勧めします。

        整合性チェックを実行しますか?
        31009 [保護グループの変更] は 、InputParameterTag のネットワーク名が削除<無効>。 保護グループを変更する前に、これらのクラスター上の保護されたメンバーの保護を停止します。
        31010 保護用に選択されたメンバーがいないので、保護グループの作成に失敗しました。 メンバーを追加して保護グループの作成を再試行します。
        31011 指定したパラメーター セットが正しくありません。 短期的なディスク ポリシーの目標のみを指定します。
        31012 指定したパラメーター セットが正しくありません。 短期的なテープ ポリシーの目標のみを指定します。
        31013 指定したパラメーター セットが正しくありません。 長期テープ ポリシーの目的のみを指定します。
        31014 指定したパラメーター セットが正しくありません。 短いテープ ポリシーと長期のテープ ポリシーの目標のみを指定します。
        31015 指定したパラメーター セットが正しくありません。 短期的なディスクと長期のテープ ポリシーの目標のみを指定します。
        31016 増分同期ジョブは、この保護グループ内のすべての保護アイテムで実行することはできません。 同期の頻度を回復ポイント の直前に変更します
        31017 長期保持範囲は、週、月、または年でのみ指定できます。
        31018 指定した保持範囲では、InputParameterTag のバックアップ頻度<サポートしています。>
        31019 ProtectableObject <オブジェクト>、ProtectedGroup グループの保護グループ<存在>。
        31020 ProtectableObject <オブジェクト> データ ソースなので除外できません。
        31021 DatasourceName データベースの外部データ ソースの復旧<作成>。
        31022 DatasourceName データベースの保護されていないデータ ソースの復旧<作成>。
        31023 <ProtectedGroup> の保護がテープに設定されたため、データ ソース <DatasourceName> のディスクに復旧ポイントを作成できません。
        31024 増分同期を実行し、アプリケーションがサポートしていない<DatasourceName>復旧ポイントを作成できません。
        31025 <ProtectedGroup> の保護がディスクに設定されたため、データ ソース <DatasourceName> のテープに復旧ポイントを作成できません。
        31026 ProtectedGroup <保護> ディスクにのみ設定されています。
        31027 <LibraryType> < ライブラリ>ドライブ <の> があります。 それ以上の値を指定することはできません。
        31028 DatasourceName <データ ソース> 保護グループに属していない場合。
        31029 DatasourceName <データ ソース> MediaLabel データベースに非アクティブ<レプリカ>。
        31030 保護のためにライブラリが指定されていません。
        31031 ProtectedGroup <保護> テープにのみ設定されています。
        31032 このデータ ソースは変更ジャーナルを<ため> DatasourceName ファイルのジャーナル サイズを設定できません。
        31033 削除用に指定された復旧ポイントが増分テープ バックアップの一部として作成されたため、操作に失敗しました。

        DPM は、完全テープ バックアップの一部として作成された復旧ポイントのみを削除できます。 完全テープ バックアップによって作成された復旧ポイントを指定した後、操作を再試行します。 これにより、完全テープ バックアップによって作成された復旧ポイントと、すべての依存増分テープ バックアップが自動的に削除されます。
        31034 この操作は、互いに依存関係を持つため、次の復旧ポイントを削除します。
        31035 操作を続行しますか?
        31036 整合性チェックのスケジュールは 、InputParameterTag コマンドレットの <使用して>する必要があります。
        31037 DayofWeek を指定して続行する必要があります。
        31038 テープ ベースの保護用にのみ構成された保護グループの整合性チェック スケジュールを指定できません。
        31039 RelativeInterval を指定して続行する必要があります。
        31040 重複する時間を指定し、一意の時間を指定します。
        31041 指定された曜日を重複し、一意の曜日を指定します。
        31042 テープ ベースの保護用にのみ構成された保護グループのオフセット スケジュールを指定できません。
        31043 DatasourceName データベースの保護されていないデータ ソースの整合性チェック<開始>。
        31044 <ProtectedGroup> の保護がテープに設定されたため、データ ソース <DatasourceName> の整合性チェックを開始できません。
        31045 データには複数のコピーがあります。 次のいずれかを選択し、このコマンドレットに渡します。
        31046 DPM では、このデータ ソースを保護できません。 DPM データベースを選択できるのは、DPM サーバーからの保護のみです。 ファイル システムを保護するには、DPM 管理シェルのコマンドレットを使用して AllowLocalDataProtection Set-DpmGlobalPropertyを有効にする必要があります。
        31048 オンラインのリカタログは、ボリューム、ファイル共有、またはクライアント コンピューターでのみ実行できます。
        31049 回復ポイントの場所の数は、このコマンドレットに渡される回復可能なアイテムの数と同じにしてください。
        31050 渡した復旧ポイントの場所が無効です。 別の値でもう一度やり直してください。
        31051 検索パス文字列を追加し、もう一度やり直してください。
        31052 一部の前提条件の手順が実行されていないので、この手順を実行できません。 MissingStepList サーバー間の適切<が正常>実行されたことを確認し、この手順を再試行してください。 詳細については、「DPM ヘルプ」を参照してください。
        31053 この保護グループは、指定された保護の種類をサポートしていない。 別の値でもう一度やり直してください。
        31054 渡されたデータ ソースはすべて、同じ保護グループに属している必要があります。
        31055 DatasourceName <指定>データ ソースは 、ProtectedGroup グループの保護グループ<一部>。
        31056 DiskItem オブジェクトに必要な最小<は 、MinimumSize><使用>。 それ以上の値を選択し、もう一度やり直してください。
        31057 DiskItem オブジェクトのディスク領域<は> UsedSize ファイルの現在の<以下>。 それ以上の値を選択し、もう一度やり直してください。
        31058 DatasourceName <データ ソース>保護されていないので、サイズの計算を実行できません。
        31059 DatasourceName データベースのデータ ソースでサイズ<を>。 これは、データ ソースの一部が保護されている場合にのみ実行できます。 オプションなしで再試行 -CalculateSize します。
        31060 この回復元の場所は、テープではなくディスク上にある。
        31061 1 年未満のスケジュール済みレプリカ作成時間を指定します。
        31062 保護の種類はディスク ベースの保護にのみ設定されています。したがって、このコマンドは無視されます。
        31063 このテープは、クリーニング テープとしてマークされます。 正しいテープでコマンドを実行します。
        31064 指定された開始時刻が正しくありません。 開始時刻を次の形式 で入力します。hh:mm
        31065 DatasourceName オブジェクトの外部データ ソースに対して子データ ソース オブジェクト<取得>。
        31066 ProtectedGroup <保護グループ> この種類のスケジュールは含されません。
        31067 このファイルの種類は除外用に指定されていません。
        31068 このメンバーは保護のために指定されていないので、保護から削除することはできません。
        31069 回復用にライブラリが指定されていません。 RecoveryOption でテープからの回復に使用するライブラリを指定し、操作を再試行します。
        31070 この操作は、テープ上の復旧ポイントでのみ有効です。
        31071 渡された復旧ポイントの場所は、現在の復旧ポイントに属していない。
        31072 前提条件の手順が完了していないので、この手順を実行できません。 詳細については、「DPM 管理シェル Get-Help <CmdletName> 」と入力します。
        31073 無効な検索の詳細が渡された
        31074 ターゲット コンピューターが存在しないか、現在 DPM によって保護されていない
        31075 共有は、ボリューム回復ポイントからのみ取得できます
        31076 選択したデータ ソースのレプリカがレプリカ作成保留中の状態ではない場合、回復 を続行 できません。 レプリカにデータを回復する前に、必ず実行してください DpmSync -reallocateReplica 。 詳細については、「DPM 操作ガイド」を参照してください。
        31077 保護されたコンピューターが指定されていない場合は、検索文字列で UNC 形式を使用する必要があります。 フォルダーで検索を行う場合は、保護されたコンピューター名を指定します。
        31078 システム状態を元の場所に戻す必要があります。 別の場所に復元します。
        31079 回復可能なアイテムは回復できません。 詳細については、「DPM ヘルプ」を参照してください。
        31080 指定した代替インスタンスは、元のインスタンスと同じです。 別のインスタンスを指定するか、データベース名を変更する
        31081 指定したターゲット サーバーと 1 つ以上のデータベース ファイルの場所は、元のサーバーと同じです。 回復が失敗するか、ファイルが上書きされる可能性があります。 続行しますか?
        31082 指定された代替データベース名は、システム データベースです。 DPM は、システム データベースを別の場所に回復できません。 指定したデータベース名をシステム データベースに変更します。
        31083 代替データベース名は空です。 回復に使用する有効な代替データベース名を指定する
        31084 インスタンス名SQLが空または無効です。 回復に使用する有効SQL代替インスタンス名を指定する
        31085 DPM は 、ServerName サーバー上<DatasourceName>ボリューム<検出>。 ボリュームが存在する場合は、コマンドレットを使用して状態を更新し、現在のタスクを再試行することで、この Get-Datasource -ProductionServer <ProductionServer> -Inquire 問題を修正できます。
        31086 データ ソース <DatasourceName> は、以前はデータ ソース < ReferentialDatasourceName の一部として保護され、非アクティブなディスクまたはテープ レプリカを持っていたため、保護のために選択できません。 > データ ソースを選択し、[操作] ウィンドウで [非アクティブな保護の削除] を選択して、[保護] タスク領域の < ReferentialDatasourceName の非アクティブな保護 > を削除します
        31087 選択したデータベースには、同じファイル パスに回復できない複数の FILESTREAM データ グループがあります。 回復を続行するには、データベースSQL FileStream グループに対して個別のファイル パスを選択してください。
        31088 指定された短期バックアップ頻度では、増分バックアップの作成はサポートされていません。 毎日のバックアップ頻度を指定するか、CreateIncrementals パラメーターを削除します。
        31089 指定された IP アドレスは、バックアップ LAN IP アドレス一覧で指定された IP アドレスの一覧に既に存在します。 IP アドレスのシーケンス番号を変更する場合は、まず IP アドレスを削除してから、適切なシーケンス番号に追加します。
        31090 バックアップ LAN IP アドレス一覧に存在しないので、指定した IP アドレスを削除できません。 現在バックアップ LAN の一部であるアドレスのみを削除できます。 バックアップGet-BackupNetworkAddress LAN の一部である IP アドレスの一覧を表示するには、次の情報を使用します。
        31091 指定したアドレスが有効なサブネット アドレスではありません。 サブネット アドレスは、10.212.12.55/16 (IPV4) または A821:db8:3c4d:15::/64 (IPV6) のいずれかの形式である必要があります。
        31092 指定したシーケンス番号が無効です。 有効な番号でもう一度やり直してください。 コマンド Get-BackupNetworkAddress を使用して有効なシーケンス番号の一覧を表示する
        31093 指定されたサブネット マスクが IPV6 に対して無効です。 IPV6 アドレスの有効なサブネット マスクは、1 ~ 128 の範囲です。
        31094 指定されたサブネット マスクが IPV4 に対して無効です。 IPV4 アドレスの有効なサブネット マスクは、1 ~ 32 の範囲です。
        31095 指定された回復オプションが無効です。 コマンドレットに渡すパラメーターを確認し、これらのパラメーターが回復しようとするデータ ソースの種類に対応します。
        31096 他の DPM インストールTest-DPMTapeData作成されたので、指定した復旧ポイントでこの操作を実行できなかった。 この回復ポイントの作成に使用された DPM サーバーで、この操作を再試行します。
        31097 <ServerName> VirtualName リソース グループのExchange所有者<ではありません>。 管理者にExchangeするか、完全修飾ドメイン名 (ドメイン名など) で再試行 test.contoso.com。
        31098 PreferredPhysicalNode が正しく指定されていません。 すべての値を指定し、もう一度やり直してください。

        (例: - PreferredPhysicalNode (ResourceGroup1.contoso.com, server1.contoso.com), (ResourceGroup2.contoso.com, server2.contoso.com))。
        31099 現在の同期頻度では保持範囲を達成できません。
        31100 指定されたコマンド ライン パラメーターが無効です。 正しいパラメーターを指定し、もう一度やり直してください。
        31101 再スキャン操作では、DPM サーバーに接続されている新しいライブラリがチェックされ、現在接続されているライブラリの状態が更新されます。

        再スキャンを続行しますか?
        31102 再スキャン操作に失敗しました。 詳細については、[監視] タスク領域 の [ ジョブ] タブを 表示します。
        31103 再スキャン操作が正常に完了しました。
        31104 ライブラリの種類に応じて、ドアのロックを解除すると、ライブラリで現在実行されているジョブが取り消されます。 新しいジョブがキューに追加され、ライブラリ のドアがロックされているときに開始されます。

        LibraryType ファイルのドアのロックを解除<ライブラリ> <必要>?
        31105 LibraryType <ライブラリ> <>を解除できない
        31106 LibraryType <ライブラリ> <>。 これで、ライブラリ のドアを開く必要があります。

        このドアは TimeInMinutes <分>されます。
        31107 LibraryType <ライブラリ> <>がロックされません。 ライブラリ のドアを確認し、正しく閉じているか確認します。 ドアが閉じていない場合は、ドアを閉じてから、この操作を再試行します。
        31108 [ライブラリの種類] または [ライブラリ<の> <に*>。*
        31109 ライブラリを無効にすると、ライブラリを使用する保護ジョブに影響します。

        選択したライブラリを無効にしますか?
        31110 選択したドライブが使用されています。

        ドライブを無効にするには、ジョブが終了するか、ジョブを取り消すのを待ちます。
        31111 選択したドライブは、ライブラリ内で唯一機能しているドライブです。

        無効にすると、そのライブラリ用に構成されているすべての保護ジョブが失敗します。

        選択したドライブを無効にしますか?
        31112 選択したドライブは無効です。

        選択したドライブが属するライブラリを使用するように構成された保護ジョブは、ライブラリ上の残りのドライブを使用します。
        31113 選択したドライブが有効になっています。
        31114 選択したドライブをクリーニングするために、<ライブラリ>クリーニング テープを使用できません。

        クリーニング テープを追加し、クリーニング ジョブを再起動してください。
        31115 選択したテープをクリーニング テープとしてマークしますか?
        31116 選択したテープは保護グループに属しているから無料としてマークすることはできません。

        テープを無料としてマークする前に、関連付けられた保護グループの保護を停止する必要があります。 テープが属する保護グループは、[保護グループ] 列に一覧表示されます。
        31117 MarkAsFreePGEraseIntentError
        31118 テープを空きテープとしてマークしても、テープの内容は消去されますが、保護グループで使用できるのはテープのみです。

        選択したテープを空きテープとしてマークしますか?
        31119 DPM は、選択したテープの内容を表示する前に、選択したテープを再設定する必要があります。

        今すぐテープを再設定しますか?
        31120 選択したテープは保護グループに属しているから消去できません。

        テープを消去するには、関連付けられた保護グループの保護を停止する必要があります。 テープが属する保護グループは、[保護グループ] 列に一覧表示されます。
        31121 消去されたテープからデータを取得できません。

        選択したテープを消去しますか?
        31122 DPM は、選択したインポートされたテープを再エクスポートして、そのテープに含まれるデータに関する情報を抽出します。 リカタログ操作が完了すると、このデータは [回復] タスク領域の [外部 DPM テープ] の下に表示されます。

        この操作の進行状況は、[監視] タスク領域の [ジョブ] タブで監視できます。

        ジョブ ビューでは、DPM が再設定を必要としないテープを再設定しないので、選択されているテープの数が少ない場合があります。

        リカタログ操作を続行しますか?
        31123 ライブラリ の I/E ポート <開> 開きます。 追加するテープを I/E ポートに配置し 、[OK] をクリックします

        [OK] をクリック すると、I/E ポート のドアが閉じ、I/E ポートのテープがライブラリに追加されます。
        31124 別のジョブで使用用に予約されたため、選択したテープを空きテープとしてマークすることはできませんでした。
        31125 選択したテープは現在使用されているので、クリーニング テープとしてマークすることはできませんでした。
        31126 <FailureCount>現在使用されているテープをクリーニング テープとしてマークすることはできませんでした。
        31127 DPM は、選択したアイテムに対して要求されたアクションを実行する必要がありました。

        これは、選択したアイテムまたはこれらのアイテムに関連付けられている一部のプロパティに変更が加え、アクションが実行されなかっている可能性があります。
        DPM 管理者コンソールを閉じて再度開き、同期します。
        31128 選択したデータは、指定した場所にコピーされます。

        コピー ジョブの進行状況は、[監視] タスク領域の [ジョブ] タブで監視できます。
        31129 <FailureCount>の合計<外>。 選択したテープは保護グループに属しているから無料としてマークすることはできません。

        テープを無料としてマークする前に、関連付けられた保護グループの保護を停止する必要があります。 テープが属する保護グループは、[保護グループ] 列に一覧表示されます。
        31130 <FailureCount>の合計<外>。 別のジョブで使用用に予約されたため、選択したテープを空きテープとしてマークすることはできませんでした。
        31131 <FailureCount>の合計<外>。 選択したテープを空きテープとしてマークすることはできません。 テープは消去する必要があります。

        [操作] ウィンドウの [テープの消去] をクリックして、テープを消去します。 テープを消去するこの要件は、テープが以前に属していた保護グループで指定されました。
        31132 選択したテープは、ライブラリの I/E ポートに移動されます。

        操作を続行しますか?
        31133 <FailureCount>の合計<外>。 保護されているデータが含まれているため、テープを消去できません。

        テープを消去するには、関連付けられた保護グループの保護を停止する必要があります。 テープが属する保護グループは、[保護グループ] 列に一覧表示されます。
        31134 選択したテープは現在使用されているので、クリーニング テープとしてマークを解除することはできませんでした。
        31135 <FailureCount>現在使用中のため、クリーニング テープとしてマークを解除することはできませんでした。
        31136 選択したテープは現在、再設定中です。

        このテープの内容は、リカタログ操作が正常に完了した後にのみ表示できます。
        31137 LibraryType <ライブラリ> <オフライン>操作に失敗しました。
        31138 LibraryType の設定が<*ライブラリ> <*無効>操作が失敗しました。
        31139 LibraryType <*のドア> <*ライブラリ> ロックが解除されています。
        31140 LibraryType <*のドア> <*ライブラリ> ロック解除中です。 処理が完了するまで待機します。
        31141 LibraryType <*のドア> <*ライブラリ>既にロックされています。
        31142 LibraryType <*のドア> <*ライブラリ>ロックされています。 操作が完了するのを待ちます。
        31143 サーバー名サーバーサーバーの DPM サーバー<接続>。 一度に接続できる DPM サーバーは 1 台のみです。 別の DPM サーバーを対象Disconnect-DPMServerコマンドレットを実行する前に、サーバーを使用して既存の接続を終了します。
        31144 ServerName <サーバー> Active Directory で見つかりませんでした。 このサーバーにアクセス可能なサーバーを確認するには、ping を実行します。 その後、操作を再試行します。 サーバーにアクセスできる場合は、DPM サービスが実行され、現在のユーザーがドメイン アカウントを持ち、ローカル管理者グループのメンバーである必要があります。 問題が解決しない場合は、DPM 管理者に問い合わせてください。
        31145 [場所] <テープ>、 再設定できません。 このコマンドレットを再試行する前に、次の手順を実行します。

        テープが空きとしてマークされている場合は、このSet-Tape -NotFree を実行します。

        テープが不明としてマークされている場合は、このStart-DPMLibraryInventoryを実行します。
        31146 DriveName ファイルのドライブ<がオフライン>操作に失敗しました。
        31147 DriveName のドライブ名が<無効>操作に失敗しました。
        31148 この子データ ソースは、保護から既に除外されています。
        31149 共有ライブラリを使用している場合、Refresh 操作は、テープの最新の状態と、ライブラリを共有する DPM サーバーによってライブラリ (またはスタンドアロン テープ ドライブ) で最後に実行された再スキャンの結果を表示します。 専用ライブラリを使用している場合、DPM はライブラリとテープの状態を自動的に更新します。

        共有ライブラリの詳細については、[ヘルプ] をクリックします。
        31150 選択したテープはすべて、ライブラリ ライブラリの I/E ポート スロット<されました>
        31151 疑わしいテープでは、この操作は許可されません。 [場所] ボックスでテープ< り>、バーコードを置き換え、テープの詳細なインベントリを実行します。
        31152 SharePointコンポーネントを元の場所に個別に復元することはできません。
        31153 回復プロセスを開始する前に、SharePoint サービス プロバイダー (SSP) とそのインデックス ファイルを元の場所から削除する必要があります。

        SSP とその インデックス ファイルの削除の詳細については、[ヘルプ] をクリックします。

        SSP とそのインデックス ファイルを元の場所から既に削除している場合は、[はい] を クリックします
        31154 ミラー化されたデータベースSQL Server元の場所に復元することはできません。
        31155 この操作は、選択したデータ ソースでは許可されません。 データ ソースをディスク上で保護できない場合があります。
        31156 SCR の保護オプションをExchange Serverできません。
        31158 選択したデータ ソースは 、InputParameterTag サーバーのプライマリ DPM サーバー<保護>。 この DPM サーバーは、選択したデータ ソースのレプリカをプライマリ DPM サーバー (セカンダリ保護) から保護しています。

        この DPM サーバーがプライマリ保護を引き継ぎ、これらのデータ ソースを直接保護する必要がありますか?
        31159 選択したデータ ソースは、以前は InputParameterTag サーバーのプライマリ DPM サーバー<保護>。 この操作を実行すると、セカンダリ保護が再開され、プライマリ DPM サーバーとセカンダリ DPM サーバー上のデータ間の整合性チェックが実行されます。

        選択したデータ ソースの実稼働サーバーの他のデータ ソースがまだこの DPM サーバーで直接保護されている場合、そのようなデータ ソースのジョブは、保護がプライマリ DPM サーバーに切り替えるまで失敗します。

        選択したデータ ソースの保護を InputParameterTag <に切り>?
        31160 この DPM サーバーは、プライマリ DPM サーバーから DatasourceName <データ>を保護しません。 このデータ ソースの障害保護を切り替えすることはできません。
        31161 選択したデータ ソースのレプリカ保護の種類は同じにする必要があります。
        31162 選択したデータ ソースの 1 つ以上が、プライマリ DPM サーバー上の保護のために既に構成されています。 保護を切り替えた場合、これらのデータ ソースのレプリカはプライマリ DPM サーバーから保護されます。
        31163 ポリシー スケジュールを指定した日付で設定することはできません。 この問題を解決するには、月の最初の日を開始日として指定し、操作を再試行します。
        31165 1 日のバックアップには少なくとも 2 日を選択する必要があります
        31200 DPM は、指定されたコンピューターへの回復を開始できなかった。
        1. 指定されたコンピューター名が完全修飾ドメイン名であるのを確認します。
        2. 指定されたコンピューターに保護エージェントがインストールされていることを確認します。
        3. クラスター化されたサーバーへの回復の場合は、このクラスターに属するすべての物理ノードに保護エージェントがインストールされていることを確認します。
        31203 選択した復旧ポイントは、DPM サーバーへの回復には無効です。
        31204 DPM データベースを元の場所に直接復元できないので、このオプションは無効になります。 詳細については、「DPM 操作ガイド」を参照してください。
        31205 最新の時点の復旧は、次の場所からサポートされていません。

        1) セカンダリ DPM サーバー

        2) 無効なレプリカ

        3) 非アクティブな保護。
        31206 DPM では、このメンバーを保護できません。 セカンダリ DPM サーバーでは、プライマリ DPM サーバーまたはプライマリ DPM サーバーが保護しているコンピューターのデータ ソースのデータ ソースのみを保護できます。
        31207 手動レプリカ<保留中> InputParameterTag を実行できません。 レプリカの手動作成を完了し、この操作を再試行します。
        31208 不足している<に対して InputParameterTag>を実行できません。 レプリカ ボリュームと復旧ポイント ボリュームを含むディスクが [ディスクの管理] に表示されるの を確認します。 ディスク管理コンソールでボリュームを見つけきできない場合は、DPM 管理者コンソールで[保護] タスク領域を開き、[レプリカの削除]オプションを使用してデータ ソースの保護を停止し、データ ソースを保護グループに再度追加します。
        31209 一貫性のない<で InputParameterTag>を実行できません。 このレプリカの整合性チェックで同期を実行し、この操作を再試行します。
        31210 DPM では、このメンバーを保護できません。 セカンダリ DPM サーバーでは、レプリカの部分的な保護は許可されません。
        31211 DPM では、このメンバーを保護できません。 セカンダリ DPM サーバーでは、プライマリ DPM サーバーによって保護されていないデータ ソースを保護できません。
        31212 切り替え保護用にクラスター化されたリソース グループを選択しました。 この操作は、このリソース グループの下のすべてのノード (ServerName <) に>。 このクラスターに属する他のリソース グループの保護が失敗する可能性があります。 保護を再開するには、すべてのリソース グループに対してこの操作を実行する必要があります。
        31213 保護されたコンピューターの保護をセカンダリ DPM サーバーに切り替えることなく、セカンダリ DPM サーバーから元の場所にデータを回復することはできません。

        保護を切り替える場合は、データ ソースを右クリックし、[障害保護の切り替え] を選択して、操作を再試行します。
        31214 保護されたコンピューターに保護エージェントがないので、スイッチ保護に失敗しました。
        31215 入力が無効です。 プライマリ DPM サーバーへの保護の切り替えは、プライマリ DPM サーバーでは許可されません。 プライマリ DPM サーバーへの保護の切り替えは、セカンダリ DPM サーバーでのみ許可されます。
        31216 入力が無効です。 プライマリ DPM サーバーの保護を切り替えすることはできません。 切り替え保護は、保護されたコンピューターの保護のみを切り替えて使用できます。
        31217 同期の頻度をオフセットできるのは、増分バックアップの場合のみです。
        31218 オフセットが同期周波数より大きい。
        31220 この DPM サーバーの復旧ポイントの制限を超えたので、DPM は必要なポリシーをこの保護グループに適用できなかった。 プライマリ DPM サーバーでこのエラーが表示される場合は、
        1. 現在保護されているデータ ソースのエクスプレス フル (またはファイル復旧ポイント) の数を減らしていけなか確認します。
        2. 既存の保護グループの保持範囲を減らします。
        3. この DPM サーバーによって保護されているデータ ソースの数を減らします。

        セカンダリ DPM サーバーでこのエラーが表示される場合は、
        1. 現在保護されているアプリケーション (またはファイルの回復ポイント) の同期頻度を減らすことが可能か確認します。
        2. 既存の保護グループの保持範囲を減らします。
        3. この DPM サーバーによって保護されているデータ ソースの数を減らします。
        31221 有効な状態ではないレプリカは移行できません。
        31222 指定したディスクが無効であるか、または十分なディスク領域が存在しない。 十分な空きディスク領域を持つディスク オブジェクトの有効なセットを指定し、選択したディスクが DPM 記憶域プールに追加されたと確認します。
        31223 移行中にデータ ソースが [不整合] としてマークされています。 整合性チェックを実行して保護を再開します。
        31224 <DatasourceName>最近移行されました。 以前のレプリカ ボリューム<復旧ポイント> DatasourceName を再び移行することはできません。
        31225 DPM は、データ ソースの移行をサポート<ServerName>に存在<できません>。 アクティブなディスク ベースの保護がないデータ ソースや、親を移行せずに子データ ソースを移行することはできません。 移行しようとしているデータ ソースに対してどちらの条件も当てはかからなことを確認します。
        31226 選択したデータベースには、1 つ以上の FILESTREAM データ グループがあります。 このようなデータベースを構成済みのファイルの場所に復元することはできません。 カスタム ファイルの場所がSQLインスタンスのターゲット を選択し、回復を再試行します。
        31227 セカンダリ DPM サーバーはプライマリ DPM サーバーで保護されているローカル データ ソースを保護できないので、DPM はこのデータ ソースを保護できません。
        31228 次のデータベースは、以前は別のデータ ソースの一部SharePointとして保護<DatasourceName>。 保護のためにこのデータ ソースを選択すると、DPM はこれらのデータベースの以前の復旧ポイントを削除します。 これらのデータベースの以前の復旧ポイントを保持するには、データベースを最初に保護された Share Point データ ソースに戻す必要があります。

        新しいデータ ソースの一部としてデータベースを保護し、古い復旧ポイントを削除するには、データ ソースを保護グループに追加します。
        31229 データベースがバックアップされた SQL インスタンスと、データベースが回復される SQL Server インスタンスとの間にバージョンの不一致が存在する場合、マスター データベースを復元できません。 マスター データベースを、復元するインスタンスと同じバージョンのインスタンスで作成SQL Server復旧ポイントから復元します。
        31230 ステージング領域 (<FolderPath>) から <ServerName> (開始時刻: <StartDateTime>) への <DatasourceName> の回復が進行中です。 アクションは不要です。
        31231 ステージング領域 (<FolderPath>) から <ServerName> (開始時刻: <StartDateTime>) への <DatasourceName> の回復が正常に完了しました。 アクションは不要です。
        31232 <DatasourceName> のステージング領域 (<FolderPath>) から <ServerName> (開始時刻: <StartDateTime>) への回復が部分的に成功しました。 <TransferredFilesCount>が正常に回復されました。 ジョブを再試行します。
        31233 <DatasourceName> をステージング領域 (<FolderPath>) から <ServerName> (Start Time <StartDateTime>) に復元すると、選択したデータの回復に失敗しました。 ジョブを再試行します。
        31234 ステージング領域 (<FolderPath>) から <ServerName> (開始時刻: <StartDateTime>) への <DatasourceName> の回復が進行中です。 アクションは不要です。
        31235 ステージング領域 (<FolderPath>) から <ServerName> (開始時刻: <StartDateTime>) への <DatasourceName> の回復が正常に完了しました。 アクションは不要です。
        31236 <DatasourceName> のステージング領域 (<FolderPath>) から <ServerName> (開始時刻: <StartDateTime>) への回復が部分的に成功しました。 <TransferredFilesCount>が正常に回復されました。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
        31237 ステージング領域 (<FolderPath>) から <ServerName> (開始時刻: <StartDateTime>) への <DatasourceName> の回復が、選択したデータの回復に失敗しました。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
        31238 メタデータ情報が存在しないか、または壊れているので、ステージング領域からの回復が失敗しました。 メタデータ情報が使用可能であり、破損していないか確認します。 インターネット ソースからステージング領域に回復された場合は、その回復を再試行してください。
        31239 DPMComponentName GUID 値が空です。 有効な値でもう一度やり直してください。
        31240 DPM セットアップで DPMDRTrustedMachines グループの作成に失敗しました。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、DPM セットアップを再度実行します。
        31241 共有に対応するフォルダーに対するアクセス許可を設定 MTATempStore$ できません。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行してから、インストールを再試行します。
        31242 バージョン <LOCALDPMVersion> DPM のバージョンとリモート DPM のバージョン <RemoteDPMVersion>互換性がありません。 リモート DPM をアップグレードして、そのバージョンがローカル DPM のバージョンと同じにし、操作を再試行します。
        31243 バージョン <LOCALDPMVersion> DPM のバージョンとリモート DPM のバージョン <RemoteDPMVersion>互換性がありません。 ローカル DPM をアップグレードして、そのバージョンがリモート DPM のバージョンと同じにし、操作を再試行します。
        31244 DatasourceName データ ソースの移行中にエラー<が発生>。 DPM 管理コンソールで、このデータ ソースに対応する復旧ポイントの作成エラーを確認し、適切な推奨アクションに従います。 復旧ポイント ボリュームの領域が不足してエラーが発生した場合は、復旧ポイントのボリュームを展開するか、以前の復旧ポイントを削除して復旧ポイント ボリュームの領域を解放します。
        31245 DPM Online で記憶域の割り当てに失敗しました。
        31246 DPM Online で記憶域の割り当てを割り当て取りを割り当てに失敗しました。
        31247 レジストリの重要な製品エントリがWindowsでした。 このコンピューターにインストールされているData Protection Manager修復します。
        31249 このオプションは、選択したデータ ソースのサイズが、同じ場所に位置付けできるほど小さくなかではなかからなかにあるので無効になります。 [ヘルプ] をクリックして詳細を確認する
        31250 DPM は、フロントエンド web サーバー SQL SqlInstance <の>を解決SharePointできません。
        1. プリンシパル データベースの SQL または SQL Server インスタンスをポイントする SharePoint フロントエンド Web サーバー上の SQL エイリアス SQL Server <SqlInstance> を構成します。 その後、操作を再試行します。
        2. クライアント接続SQL Serverコンポーネントがフロントエンド Web サーバー SharePointされていることを確認します。
        3. フロントエンド Web サーバー SharePoint実行して、DPM で解決できないSQL Serverエイリアス ConfigureSharePoint.exe -ResolveAllSqlAliases を識別できます。
        31251 このオプションは、新しい保護グループを作成する場合、または初めてディスクにデータ ソースを保護する場合にのみ有効になります。 詳細については、[ヘルプ] を 選択します
        31252 このオプションは、選択したデータ ソースをコロケーションできないので無効になっています。 詳細については、[ヘルプ] を 選択します
        31253 一貫性チェックは、選択した保護グループの一貫性のない状態にあるすべてのメンバーに対して実行されます。

        整合性チェックは時間のかかる操作です。

        整合性チェックを実行しますか?
        31254 DPM Online 回復ポイントは作成されませんでした。これは、DPM サーバーと DPM Online の間の同期が、最後の回復ポイントが作成された後に発生していないか、同期中に変更が見つからなかったためです。 プレースホルダー
        31255 DPM Online の回復ポイントの作成は、内部エラーが原因で失敗しました。 しばらくしてから再試行してください。 操作を再び実行してください。
        31256 DPM Online 回復ポイントの作成に失敗しました
        31257 ディスク ベースの短期回復を削除するには、まずオンライン保護の選択を解除する必要があります。

        これは、オンライン保護は、ディスク ベースの短期的な保護がある場合にのみ発生する可能性があるためです。
        31258 DPM Online 回復ポイントからの読み取り中にエラーが発生しました。 復旧ポイントが存在しなくなったか、または回復用に共有を選択した場合、その内容へのパスが復旧ポイントから欠落しています。 別の復旧ポイントからデータを回復します。
        31259 カスタム ボリュームの書式を設定しない (以前のディスク割り当てダイアログで) 指定したメンバーの場合、選択した設定は適用されません。 これらのボリュームでは、保護を設定した後で整合性チェックを実行する必要があります。
        31260 回復ポイントが削除された後、DPM Online からデータを回復できなかった。 別の回復ポイントからの回復を試してください。
        31261 回復ポイントが別のジョブで使用されているので、DPM Online 回復ポイントの削除に失敗しました。 しばらくすると削除を試してください。
        31262 DPM Online に関連して内部エラーが発生しました
        31263 DPM Online 回復ポイントの削除に失敗しました
        31264 操作は取り消されました。 操作を再び実行してください。
        31265 DPM Online レプリカの作成は、DPM Server レプリカの作成前に実行をスケジュールできません。 DPM Server レプリカの作成後に DPM Online レプリカの作成を実行するスケジュールを設定します。
        31266 CannotKeepAliveSALApi
        31267 14 を保護するための 1 つ以上のExchange不足しています。

        14 のデータベースを保護するための前提条件の詳細な一覧については http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=158965 、 ( Exchangeを参照してください。
        31268 物理ノードは、SCR Protection でサポートされるExchangeトポロジです。 物理ノード トポロジを指定します。
        31269 DPM オンライン レプリカを手動で初期化することはできません。 DPM オンライン レプリカでは、自動初期化のみ許可されます。 自動初期化を現在または以降に実行する必要があるかどうかを指定します。
        31270 指定したパラメーター セットが正しくありません。 短期的なディスクと長期的なオンライン ポリシーの目標のみを指定します。
        31271 指定したパラメーター セットが正しくありません。 長期のオンラインまたは長期テープ ポリシーの目標と共に、短期ディスクのみを指定します。
        31273 オンライン保持範囲は、最大 2 か月間提供されます。 2 か月未満のオンライン保持範囲を指定します。
        31274 DPMVersionMismatch
        31275 DAG の一部である保護されたコンピューターでは、スイッチ保護はサポートされていません。
        31276 DPM Online サービスでエラーが発生し、操作を完了できなかった。 上記の説明の詳細なエラー コードを参照してください。 問題が修正された後で、この操作を再試行してください。
        31280 アイテム <ProtectableObject> の保護は、DPM Online に対する長期的な保護が GroupName グループの保護グループに対<設定>。
        31281 グループ名の保護<保護グループ>保護グループに対してディスクに対する短期的な保護が設定されていないので、アイテム <<ProtectableObject オブジェクトの保護>。
        31282 DPM Online を使用するサーバー名を使用<サーバー> DPM Online の保護は許可されません。 DPM Online をアクティブ化し、保護グループの作成を試みる。
        31283 GroupName グループの<グループ>。アプリケーション データのみを含む。 DPM Online では、ファイル データのみを保護できます。
        31284 ProtectableObject <この> DPM Online に保護することはできません。 DPM Online では、ファイル データのみを保護できます。
        31300 日付が無効なので、指定した開始時刻でスケジュールを作成できなかった。 28 以下の日付を指定します。
        31301 このデータの保護が停止<DatasourceName>復旧ポイントを作成できません。
        31302 ディスク間バックアップ用に構成されている保護グループでデータ整合性チェックを実行することはできません。 このオプションは、ディスク間バックアップまたはディスク間バックアップ用に構成された保護グループでのみ使用できます。
        31303 増分バックアップでデータ整合性チェックを実行することはできません。 ジョブを再起動し、完全バックアップでデータ整合性チェックを実行します。
        31310 VSS ライター SQLが ServerName サーバー名サーバーで<実行>。

        選択したサーバー SQLまたはクラスター内のすべてのノードで、VSS ライター サービスが開始および実行されている状態を確認します。
        32000 DPM は SqlInstance サーバーのインスタンスにデータベースSQL<接続>。 <ErrorDescription>
        • 指定したインスタンスがオンラインSQL Server確認します。
        • SQL データベース ファイルに、プライマリ データ ファイル、セカンダリ データ ファイル、およびログ ファイルの .mdf、.ndf、および .ldf 拡張子がそれぞれ含されていない場合、DPM は指定された SQL Server インスタンスにデータベースを接続できません。

        エラー コード 32001-33000

        エラー コード メッセージ ページの先頭へ
        32001 DPM は、回復ファームで指定された Web アプリケーション DPMRecoveryWebApplication の存在を検出できなかった。 1. 回復ファームがオンラインで実行されている状態を確認します。
        2. 名前を持つ回復ファームで Web アプリケーションを作成したという確認 DPMRecoveryWebApplication

        詳細については、「DPM 操作ガイド」を参照してください。
        32002 DPM は、コンテンツ データベースを回復ファームに接続できなかった。 Exception Message = <ExceptionMessage>
        1. 回復ファームがオンラインで実行されている状態を確認します。
        2. DCOM コンポーネントが、回復ファームをホストするフロントエンド Web サーバーで正 WSSCmdletWrapper しく構成されていることを確認します。 詳細については、「DPM 操作ガイド」を参照してください。
        32003 DPM は、回復ファームから SiteUrl <アイテム>エクスポートできません。 Exception Message = <ExceptionMessage> この問題を解決するには
        1. 回復ファームがオンラインで実行されているのを確認します。
        2. 保護されたファームに存在するすべての機能、Web テンプレート、および言語パックが、指定された回復ファームにも存在する必要があります。
        3. 回復するアイテムがコンテンツ データベースのこのバージョンに存在しない場合。 回復には別の復旧ポイントを使用します。
        4. 環境変数を十分な領域を持つ場所に変更するには、フロントエンド Web サーバーで次 TEMP のコマンドを実行します。
          ConfigureSharePoint.exe -SetTempPath

        5. 接続されていないアイテム レベルの回復を使用する場合は、ファーム管理者が、指定した SQL Server インスタンスに接続されていないコンテンツ データベースを作成するための適切なアクセス許可を持SQL Serverします。
          32004 DPM は 、ContentDatabase サーバーのコンテンツ データベース<を>ファームから切り離す必要があります。 Exception Message = <ExceptionMessage> この問題を解決するには
          1. 回復ファームがオンラインで実行されている状態を確認します。
          2. 回復ファームSharePointサーバーの全体管理コンソールを開き、コンテンツ データベースを削除します。
          32005 DPM で SiteUrl にアイテムを<できなかった>
          を保護されたファームに対して実行します。 Exception Message = <ExceptionMessage>
          この問題を解決するには
          1. 保護されたファームがオンラインで実行されているのを確認します。
          2. 実稼働ファームに存在する機能、Web テンプレート、および言語パックが、復旧ポイントの作成時と同じことを確認します。
          3. 環境変数 TEMP を十分な領域を持つ場所に変更するには、フロントエンド Web サーバーで次のコマンドを実行します。
            ConfigureSharePoint.exe -SetTempPath

          4. 回復する URL の親 URL が、実稼働ファームの有効な URL であること確認します。
            32006 DPM が正 DPMRecoveryWebApplication しく構成されていないと判明しました。
            1. 保護されたファームがオンラインで実行されている状態を確認します。
            2. 管理コンソールSharePoint開き、名前の付いた Web アプリケーションを削除してから DPMRecoveryWebApplication 再作成します。
            3. 操作を再試行します。
            32007 DPM が DatasourceName <保護に失敗しました>
            DPM は、VSS ライターが有効になっている同じSharePointのフロントエンド Web サーバー SharePoint検出したためです。
            このファーム内のフロントエンド Web サーバーは、VSS ライターを有効SharePoint必要があります。

            この問題を解決するには
            1. データ ソースを保護しないフロントエンド Web サーバーで、VSS ライター SharePoint無効にします。
            2. [新しい保護グループ の作成] ウィザードを閉 じてから、操作を再試行します。
            32008 DPM は、依存SharePointデータベースの構成を検出できないので、このファームをSQLできません。 この問題を解決するには
            1. VSS ライSharePointがフロントエンド Web サーバー上のコンテンツ データベースを報告しているか確認します。
            2. VSS ライター SQL Server有効にし、すべてのコンピューターで正常な状態で実行SQL Serverします。
            3. このサーバー ファームに含まれる一部のデータベースSharePoint DPM によって既に保護されています。
            • ファームを保護SharePoint、これらのデータベースを保護から削除し、既存の復旧ポイントを削除します。
            32009 DPM は、SharePointデータベースと保護する検索インデックスの一部を検出しなかったため、検索インデックスを保護できません。 この問題を解決するには
            1. VSS ライターの適切SQL Serverが有効になっているか確認します。
            2. 検索インデックスがあるコンピューターで、SPSearch/SharePoint VSS ライターが有効Office確認します。
            32010 DPM は 、DatasourceName サーバーの SharePoint サービス プロバイダー (SSP) のコンテンツ <を取得>一貫性のある状態に保つ必要があります。 この問題を解決するには、次の手順を確認します。
            1. 保護されたSharePoint サービス プロバイダー (SSP) がオンラインで実行されています。
            2. 保護されたファームをホストするフロントエンド Web サーバーでは WSSCmdletWrapper 、DCOM コンポーネントが正しく構成されています。
              詳細については、「DPM を使用したバックアップ SharePoint」を参照してください

            3. 操作を再試行し、バックアップ中に他のアプリケーションまたはプロセスが SSP クロールを再開しようとしていることを確認します。
            32011 SSP <DatasourceName> または SSP のインデックス ファイルが削除されていないため、DPM は SharePoint サービス プロバイダー (SSP) の回復を続行できません。 SSP を削除し、インデックス ファイルが削除されたと確認してから、回復を再試行します。
            32012 DPM は 、DatasourceName のインデックス サーバー Windows SharePoint Services検索サービスを停止または<できません。> サービス管理コンソールを使用して、検索サービスを手動で停止およびWindows SharePoint Servicesします。 検索構成を削除しない。
            32013 インデックス サーバー <DatasourceName> の対応する Windows SharePoint Services Search サービスが存在しないか、この回復ポイントが作成された時点とは異なる構成が行われたため、DPM は元の場所に回復できなかった。 元の構成Windows SharePoint Services検索サービスを起動し、回復を再試行します。
            32014 選択したデータベースはミラーリング セッションの一部ではなくなったため、DPM は引き続き保護できません。 この問題を解決するには、次のどちらかを行います。
            • これが一時的なブレークイン ミラーリングである場合は、パートナーとデータベースの間でミラーリングSQL Serverします。
            • これが永続的な変更である場合は、保護からデータベースを削除してから、保護グループを再作成します。 このデータベースが存在する SQL Server のインスタンスで SQL Server 自動保護を有効にしている場合、データベースは新しいデータ ソースとして処理され、自動的に保護に追加されますので、このデータベースの保護を再作成する必要があります。
            32015 DPM では、このデータベースのミラーリング セッション フェールオーバーが検出されたため、選択したデータベースの保護を続行できません。 整合性チェックを使用して同期ジョブを実行します。
            32016 DPM は、このデータベースが新しいミラーリング セッションの一部なので、要求されたデータベースの保護を続行できません。
            1. データベースがデータベースとして保護されている場合SQL Serverデータベースを保護から削除し、このデータベースの保護グループを再作成します。 DPM でこのデータベースの SQL Server インスタンスに対して自動保護が構成されている場合は、新しいデータ ソースとして処理され、自動的に保護に追加されるので、このデータベースの保護の再設定は必要ありません。
            2. データベースがサーバー ファームの一部SharePoint、このアラートは DPM によって自動的に解決される場合があります。
            1. または、[保護] ウィンドウに 移動 し、ユーザーファームを含む保護グループの [保護のSharePointします。
            2. [保護グループの変更] ウィザードの[グループ メンバーの選択] ページで、SharePoint Web サーバー ノードを展開し、保護グループを変更します。
            3. サーバー ファームで整合性チェックSharePointします。
            32017 DPM が SiteUrl からアイテムを<できなかった>
            コンテンツ データベースから ContentDatabase <を>。 Exception Message =<ExceptionMessage>
            この問題を解決するには
            1. 実稼働ファームがオンラインで実行されているのを確認します。
            2. 実稼働ファームをホストするフロントエンド Web サーバーで、DCOM コンポーネントが正 WSSCmdletWrapper しく構成されていることを確認します。 詳細については、「DPM 操作ガイド」を参照してください。
            3. 保護されたファームでは、復旧ポイントの作成時と同じで、すべての機能、Web テンプレート、および言語パックが存在する必要があります。
            4. 回復するアイテムがコンテンツ データベースのこのバージョンに存在しない場合。 回復には別の復旧ポイントを使用します。
            5. ファーム管理者が、指定したインスタンスに接続されていないコンテンツ データベースを作成するための適切なアクセス許可を持SQL Serverします。
            32018 DPM は、接続されていないコンテンツ データベースを ContentDatabase データベース<クエリ>。Exception Message =<ExceptionMessage> この問題を解決するには
            1. 実稼働ファームがオンラインで実行されているのを確認します。
            2. 実稼働ファームをホストするフロントエンド Web サーバーで、DCOM コンポーネントが正 WSSCmdletWrapper しく構成されていることを確認します。 詳細については、「DPM 操作ガイド」を参照してください。
            3. ファーム管理者が、指定したインスタンスに接続されていないコンテンツ データベースを作成するための適切なアクセス許可を持SQL Serverします。
            32019 サーバー名サーバー SharePointフロントエンド Web サーバー上<DPM エージェント>適切に構成されていません。 DPM は WssCmdletWrapper DCOM コンポーネントを正常に起動できなかった。 この問題を解決するには
            1. ファーム管理者のパスワードの有効期限が切れている場合は、フロントエンド Web サーバーで次のコマンドを実行します。
              ConfigureSharePoint.exe -EnableSharePointProtection

              これにより、ログオン資格情報 WssCmdletWrapper がリセットされ、更新されます。
            2. 検索を保護SharePoint、フロントエンド Web サーバーで次のコマンドを実行します。
              ConfigureSharePoint.exe -EnableSPSearchProtection
            32020 ShareName の共有としてシャドウ コピーを表示<失敗しました> 最適化されていないアイテム レベルの回復を実行してみてください。 これは通常より多くの時間がかかるでしょう。 これを実行するための詳細な手順については、ドキュメントを参照してください。
            32021 ShareName の共有からシャドウ コピーを非表示<失敗しました> 次のコマンドを実行して共有を削除します。
            net share <ShareName> /delete
            32022 ShareName の共有に UserName ユーザー<アクセス許可>追加<失敗しました> ユーザー名グループ<存在 することを>します。 設定されていない場合は、最適化されていないアイテム レベルの回復を実行します。 通常よりも時間がかかる場合があります。 これを実行するための詳細な手順については、ドキュメントを参照してください。
            32023 ユーザーをグループグループ<に> UserName <に>しました。 この問題を解決するには
            1. グループのグループ<グループ> します。
            2. SQL Serverサービスがローカル サービスまたはローカル コンピューター アカウントとして実行されていないか確認します。

            グループに<グループ>サービスが実行されていない場合は、最適化されていないアイテム レベルの回復を実行します。 これは通常より多くの時間がかかるでしょう。 これを実行するための詳細な手順については、ドキュメントを参照してください。
            32024 グループのグループから userName <ユーザー>削除<失敗しました>しました。 グループからユーザーを手動で削除します。 それ以外の場合は、最適化されていないアイテム レベルの回復を実行してください。 これは通常より多くの時間がかかるでしょう。 これを実行するための詳細な手順については、ドキュメントを参照してください。
            32025 エージェントのサービス アカウントSQL一意に識別できなかった。 サービスがローカル SQL Serverまたはローカル コンピューター アカウントから実行されていないか確認します。 それ以外の場合は、最適化されていないアイテム レベルの回復を実行してください。 これは通常より多くの時間がかかるでしょう。 これを実行するための詳細な手順については、ドキュメントを参照してください。
            32026 グループのグループ名からすべてのメンバーを削除<失敗>しました。 グループが存在することを確認します。 サーバー マネージャーからグループのすべてのメンバーを削除し、もう一度やり直してください。
            32027 このデータ ソースの別のサイト復旧が進行中です。 このデータ ソースのアイテム レベルの回復が完了するまで待ちます。 その後、操作を再試行します。
            32028 選択したデータベースは可用性グループの一部ではなくなったため、DPM は引き続き保護できません。
            データベース: <DatasourceName>
            この問題を解決するには、可用性グループSQL Serverを確認します。
            32029 DPM は可用性グループ データベースをバックアップするための適切なノードを特定できず、バックアップに失敗しました。
            データベース: <DatasourceName>
            この問題を解決するには、可用性グループSQL Serverを確認します。
            32030 以前にスタンドアロンのデータベースが可用性グループの一部SQL、DPM は現在のバックアップにSQLしました。
            データベース: <DatasourceName>
            現在のスタンドアロン データベースの保護をSQL Server可用性グループ データベースとして 再保護 します。
            32057 現在、この復旧ポイントのボリュームを縮小することはできません。 考えられる理由は次のとおりです。
            1. Windows現在、ボリュームの終わりに向かって復旧ポイント セグメントが存在するために、このボリュームを縮小することを許可していない。 古い復旧ポイントの有効期限が切れるとWindowsボリュームを縮小できる必要があります。 いくつかの回復ポイントの有効期限が切れた後、この操作を再試行してください。
            2. 縮小 (目的の復旧ポイント数を考慮) は、ディスク領域の増加がごくわずかになります。
            32058 指定した保持範囲の予想されるデータチャーンに基づいて、復旧ポイントのボリュームは、<MinSizeAfterShrink> と <MaxSizeAfterShrink> の間のサイズにのみ縮小できます。 これらのしきい値の間で値を選択し、もう一度やり直してください。
            32060 CmdletName1 <コマンドレット>パラメーター 1 パラメーターとパラメーター 2 の<パラメーター>パラメーター <パラメーター>することはできません。
            32061 動的ディスクは、ディスクのプライベート領域を使用して論理ディスク マネージャー (LDM) データベースを維持します。 LDM データベースは、この操作<CurrentLdmOccupancy>占有状態になります。 占有率 <が LdmErrorThreshold> に達すると、すべてのボリュームの作成と拡大が無効になり、ボリュームの増加を必要とするバックアップが失敗する可能性があります。 1 つ以上のデータ ソースを別のボリュームに移行することで、LDM データベースの拡大を制御できます。
            32062 動的ディスクは、ディスクのプライベート領域を使用して論理ディスク マネージャー (LDM) データベースを維持します。 LDM データベースは現在 CurrentLdmOccupancy <占有>です。 占有が LdmErrorThreshold <> に達すると、すべてのボリュームの作成と拡大が無効になり、ボリュームの増加を必要とするバックアップが失敗する可能性があります。 1 つ以上のデータ ソースを別のボリュームに移行することで、LDM データベースの拡大を制御できます。
            32063 Status: <AlertStatus>
            説明: 動的ディスクは、ディスクのプライベート領域を使用して論理ディスク マネージャー (LDM) データベースを維持します。 LDM データベースは現在 CurrentLdmOccupancy <占有>です。 占有が LdmErrorThreshold <> に達すると、すべてのボリュームの作成と拡大が無効になり、ボリュームの増加を必要とするバックアップが失敗する可能性があります。
            1 つ以上のデータ ソースを別のボリュームに移行することで、LDM データベースの拡大を制御できます。
            32064 動的ディスクは、ディスクのプライベート領域を使用して論理ディスク マネージャー (LDM) データベースを維持します。 この操作の後、LDM データベースの占有率が <CurrentLdmOccupancy> (ldmErrorThreshold の <DPM 制限値を超えた) ため、このボリュームの作成または拡大は許可されません。> 1 つ以上のデータ ソースを別のボリュームに移行することで、LDM データベースの拡大を制御できます。
            32065 動的ディスクは、ディスクのプライベート領域を使用して論理ディスク マネージャー (LDM) データベースを維持します。 LDM データベースの現在の占有率は <CurrentLdmOccupancy> で、これは ldmErrorThreshold データベースの DPM <の制限を超>。 したがって、すべてのボリュームの作成と拡大が無効になっています。 1 つ以上のデータ ソースを別のボリュームに移行することで、LDM データベースの拡大を制御できます。
            32066 Status: <AlertStatus>
            説明: 動的ディスクは、ディスクのプライベート領域を使用して論理ディスク マネージャー (LDM) データベースを維持します。 LDM データベースの現在の占有率は <CurrentLdmOccupancy> で、これは ldmErrorThreshold データベースの DPM <の制限を超>。 したがって、すべてのボリュームの作成と拡大が無効になっています。
            1 つ以上のデータ ソースを別のボリュームに移行することで、LDM データベースの拡大を制御できます。
            32067 LDM データベース占有率の検証中にエラーが発生しました。 しばらくして操作を再試行します。
            32068 DPM には多数の動的ディスク ボリュームがあります。 この Create-PG/Modify-PG 以降のボリューム数は <CurrentVolumeCount> ですが、DPM の上限は maxVolumesThreshold <のみです>。 したがって、この操作は許可されません。 既存のデータ ソースと新しいデータ ソースを共同で移動してみてください。
            32069 ボリューム数の検証中にエラーが発生しました。 しばらくして操作を再試行します。
            32070 Windowsボリュームの末尾にデータが存在するために、現在縮小できません。 古い復旧ポイントの有効期限が切れるとWindowsボリュームを縮小できる必要があります。 いくつかの回復ポイントの有効期限が切れた後、この操作を再試行してください。
            32071 指定した保持範囲の予想されるデータチャーンに基づいて、復旧ポイントのボリュームをさらに縮小することはできません。
            32072 復旧ポイントボリュームの縮小可能なしきい値は、圧縮前に計算する必要があります。 縮小可能なしきい値を見つけるには、[縮小] を クリックします
            32073 復旧ポイントボリュームの縮小可能なしきい値は、圧縮前に計算する必要があります。 圧縮可能なしきい値を検索するには、-CalculateShrinkThresholds パラメーターGet-DatasourceDiskAllocationコマンドレットを使用します。
            32500 キャッシュ ボリューム内のディスク領域が不足しています。 MABAgent サービスのスクラッチの場所を変更するには、次の手順を実行します。
            1. 管理者特権Microsoft Azureで次のコマンドを実行して、回復サービス エージェントを停止します。
              Net stop obengine

            2. スクラッチ フォルダーを、十分な容量を持つ別のドライブにコピーします。


              必要なスクラッチ領域は、バックアップするデータのサイズの少なくとも 10% です。 (たとえば、100 ギガバイト [GB] のデータをバックアップするには、スクラッチの場所に最低 10 GB の空き領域が必要です)。
            3. スクラッチ フォルダーの新しいパスを使用して、次のレジストリ エントリを更新します。

              HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Azure Backup\Config - ScratchLocation

              HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Azure Backup\Config\CloudBackupProvider - ScratchLocation

            4. 管理者特権Microsoft Azureで次のコマンドを実行して、回復サービス エージェントを起動します。
              Net start obengine
            32501 無効または正しくないスクラッチの場所 [ScratchPath <]>指定されています。 指定したスクラッチ パスが正しく、SYSTEM アカウントがアクセス可能なパスを確認します。
            32502 Azure Backup は、キャッシュ COMPRESSED の場所 ENCRYPTEDOFFLINE 、、 REPARSE_POINT SPARSE_FILE VIRTUAL 特別な属性をサポートしていない。 これらの特別な属性を無効にするか、キャッシュの場所をこれらの属性なしでボリュームに移動します。 詳細な手順については、「よく寄せられる質問 - Microsoft Azure回復サービス(MARS) エージェント」を参照してください
            32503 Azure Backup では、内部データ構造を初期化できません。 解決策については、カスタマー サポートにお問い合わせください。
            32504 ファイル内の変更を見つけできません。 これは、さまざまな理由が原因である可能性があります。 操作を再び実行してください。 操作を再び実行してください。
            32505 操作中に予期しないエラーが発生しました。 操作を再び実行してください。
            32506 FileName ファイルに書き<できません>。 ディスク領域を解放し、操作を再試行します。
            32507 FileName ファイルにアクセス<できません>。 SYSTEM アカウントがファイルにアクセスできるのを確認します。
            32510 Status: <AlertStatus>

            説明: データベースの自動保護に失敗しました。
            32511 自動保護に失敗したため、1 つ以上のデータベースまたは VMware VM を自動的に保護できなかった。 データベースがファームに属しているSharePoint、ファームの復旧ポイントは、これらのデータベースなしで作成され続ける。 この問題を解決するには
            • 自動保護を修正するには、エラーを解決し AutoProtectInstances.ps1 、DPM 管理シェルから実行します。
            • データベースがデータベース ファームにSharePoint場合は、次のSharePointします。
              1. [保護 ] タブ で、ファームを含む保護グループSharePoint、[保護の変更]を選択します
              2. [保護グループ の変更] ウィザードで、SharePoint Web サーバー ノードの [グループメンバー] ページを展開し、ウィザードを完了します。
              3. サーバー ファームで整合性チェックSharePointします。
            32512 インスタンスインスタンスが自動保護されている場合、SQL DatabaseName <データベース>カスタム ボリューム<を>できません。 このデータベースに DPM の記憶域プールを使用するか、このインスタンスの自動保護を削除します。
            32513 FileStream ファイル グループを持つデータベース <DatabaseName> を、FileStream が有効になっていない SQL Server インスタンス <InstanceName>に復元することはできません。 InstanceName サーバーで FileStream アクセス<有効> 操作を再試行します。
            32514 DPM Online の保護は、14 のバージョンExchangeされていません ディスクExchangeベースの保護を使用してデータを保護する
            32515 メールボックス データベースExchange DAG の一部である場合は、テープに直接保護することはできません。 DAG Exchangeデータベースの場合は、短期的なディスク ベースの保護と長期テープ ベースの保護を使用します。
            32516 再実行できるのは、同じ種類のジョブの選択のみです。
            32517 保護のためにファイルまたはフォルダーが選択されていないので、バックアップ ジョブが失敗しました。
            32519 バックアップ ジョブは、同じデータ ソースに別のタスクが存在するために失敗しました。
            32520 バックアップ ジョブが失敗した理由は、依存する復旧ポイントが remove-RecoveryPoint コマンドレットまたはプルーニングによって削除されたためです。
            32521 クライアントの初期化が保留中の場合、整合性チェックはクライアント データ ソースのトリガーに失敗しました。 これは、クライアント コンピューターが DPM サーバーに接続するときに自動的に発生します。
            32522 オンライン回復ポイントでは、テープへのコピーは許可されません。
            32523 プライマリ DPM サーバーの保護エージェントを別のコンピューターからアップグレードすることはできません。 DPM サーバーをアップグレードするには、新しいバージョンを DPM サーバーにインストールします。
            32524 <DatasourceCount>データベースが SharePointFarmName サーバーのSharePointファーム<削除>。 これらのデータベースは、復旧ポイントの一部ではありません。 削除されたデータベースは 、DatasourceNameList <次>。 データを保持してこのファームの保護を停止し、DPM のファーム構成を更新するために再保護します。
            32525 1 つ以上のデータベースが SharePointFarmName サーバーのSharePointファーム<追加>。 ファームの復旧ポイントは、これらのデータベースなしで作成されています。 このアラートは、次の復旧ポイントの生成前に自動的に解決される場合があります。

            または、この問題を解決するには、次の手順を実行します。
            1. [保護] ウィンドウまたは [保護] ファームを含むSharePointで、[保護の変更]を選択します
            2. [保護グループの変更] ウィザードで、[グループ メンバーの選択] ページSharePointフロントエンドWeb サーバー ノードを展開し、ウィザードを完了します。
            3. サーバー ファームで整合性チェックSharePointします。

            このサーバー ファームに属するデータベースSharePoint DPM によって個々のデータベースとして既に保護されている場合は、次の処理を行います。
            1. [保護] ウィンドウで、[保護されたデータの削除] オプションを選択して、これらのデータベースの保護を停止します。
            2. [保護グループの変更] ウィザードで、[グループ メンバーの選択] ページSharePointフロントエンドWeb サーバー ノードを展開し、ウィザードを完了します。
            3. サーバー ファームで整合性チェックSharePointします。
            32526 DPM では、このデータ ソースに必要なファイルの一部をバックアップする必要があります。 これは、断続的なエラー、またはサポートされていないファイルの種類が原因で発生する可能性があります。 このバックアップが重複排除されたボリュームの場合、重複排除されたファイルの一部またはすべてがこの回復ポイントから回復できない可能性があります。
            同期に失敗したファイルの数: エラー <Count>
            次の同期中に、DPM はこれらのファイルのバックアップを再試行します。
            バックアップできないファイルの一覧については、ログを確認してください。 重複排除されたメタデータ ファイルをバックアップできない場合は、整合性チェックを実行して、次の復旧ポイントが適切なことを確認します。
            32527 Status: <AlertStatus>
            データ ソースの種類: <DatasourceType>
            データ ソース: <DatasourceName>
            コンピューター: <ServerName>
            説明: DPM では、このデータ ソースに必要なファイルの一部をバックアップする必要があります。 これは、断続的なエラーやファイルの種類がサポートされていない場合に発生する可能性があります。
            詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
            32528 選択したデータ ソースは、スタンドアロンの MailBox DB または DR レプリカなので、コピー バックアップ用に構成できません。
            32529 一貫性チェック オプションは、クライアント コンピューターでは構成できません。 レプリカが矛盾している場合、次の同期は自動的に整合性チェックを実行します。
            32530 DPM Server <サーバー名> DPM Online サービスで既にアクティブ化されています。 新しいパラメーターを使用してアクティブ化するには、非アクティブ化してから DPM Online サービスをアクティブ化する必要があります。
            32531 DPM ServerName サーバー上の DPM Online サービスの非アクティブ化<サーバー名>、アクティブで非アクティブなオンライン保護がない場合にのみ実行できます。 アクティブで非アクティブなオンライン保護を削除し、非アクティブ化を実行する
            32532 DPM Online サービスに到達できないので、DPM Online のアクティブ化を完了できません。 ネットワーク設定を確認し、ライセンス認証をやり直してください。
            32533 アカウント名または共有シークレットが正しくないので、DPM Online のライセンス認証を完了できません。 有効なアカウント名と共有シークレット キーを指定します。
            32534 DPM Online のライセンス認証を完了できない 有効なアカウント名と共有 Start-Online シークレット キーを使用してコマンドレットを実行して、ライセンス認証を再試行します。
            32535 非アクティブ化は、DPM Online 保護<まだ アクティブ>サーバー名の DPM サーバーとして実行できません。
            32536 エラーが発生したファイル ログを開け<FileName>
            32537 保護エージェントのアップグレードに必要なサービスが表示されません。 このコンピューターに DPM 保護エージェントがインストールされている場合は、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用してアンインストールしてから、切断されたエージェントのインストールを行います。
            32538 エラーが原因で同期のためにスキップされたファイルの数が、このデータ ソース上の MaxLimit <ファイル>制限を超えています FileName ファイルのログ ファイルから個々のファイルのエラーを確認<適切>実行します。 一部のファイルが一貫して失敗した場合は、保護グループを変更するか、ファイルを別の場所に移動して、これらのファイルを含むフォルダーを除外できます。
            32540 DpmraServiceProxyError
            32541 このアクションは、ファーム レベルでジョブSharePoint再実行します。 前回の操作中に失敗したファームの個々のデータベースのすべてのジョブが再実行されます。 前回の操作中にデータベースに対して成功したジョブは実行されません。

            続行しますか?
            32542 保護エージェントのインストールに失敗しました。 この DPM サーバーから保護エージェント (バージョン <AgentVersion>) をインストールするために必要なファイルを読み取るエラーが発生しました。 インストール ファイルが存在し、必要なアクセス許可を持っているか確認し、操作を再試行します。
            32543 一部の保護エージェントは、DPM コンソールから更新できません。 次の手順を実行して、これらのエージェントを更新します。
            1. エージェント インストーラーを、DPM インストール ディレクトリ<DirectoryPath>ディレクトリからネットワーク共有にコピーします。
            2. 保護されたコンピューターの管理者特権で DPMAgentInstaller を実行する
            3. DPM 管理コンソールでエージェントの状態を更新します。
            32544 この機能は、短期的なディスク ベースの保護でのみサポートされます。 コロケーションの詳細については 、「DPM ヘルプ」を参照してください
            32545 DOCVolumeNotPresent
            32546 PrimaryDPMServer オプションは、クライアント保護にのみ有効です。
            32547 ServerName でこのユーザーに対して構成<はありません。>
            32548 DPM が ServerName で保護されたコンピューターを<できなかった> 保護されたコンピューターが DPM サーバーに接続されている必要があります。 保護されたコンピューターが Active Directory ドメインにある場合は、保護されたコンピューターの正しい完全修飾ドメイン名 (FQDN) が指定されていることを確認します。 ServerName <が NETBIOS>構成されたワークグループ コンピューターである場合は、NETBIOS 名を指定します。 それ以外の場合は、ワークグループ コンピューターの DNS 名を指定します。
            32549 指定されたサーバー名が無効です。 ServerName <NETBIOS>構成されている場合は、NETBIOS 名を指定します。 それ以外の場合は、ワークグループ コンピューターの DNS 名を指定します。
            32550 バックアップに不可欠な次のファイルが見つからない: fileName <します。>
            32551 ディスク上のレプリカ ボリュームは、DPM Online に割り当てられた領域よりも大きくなった。 DPM Online のレプリカのサイズを大きくするは、現在のリリースではサポートされていません。 オンライン保護を停止し、データを再保護します。
            32552 継続的なオンライン回復ポイントの作成ジョブ<によって> ServerName <DatasourceName>のレプリカでジョブが失敗しました。 進行中の操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 その後、操作を再試行します。
            32553 継続的なオンライン レプリカの作成によって<DatasourceName> サーバー <サーバー>のレプリカでジョブが失敗しました。 オンライン レプリカの作成操作が完了するのを待ちます。 次に、ジョブを再試行します。
            32554 継続的なオンライン回復ポイント作成ジョブ<によって>サーバー <DatasourceName>のレプリカでジョブが失敗する 操作をキャンセルするか、完了するまで待ちます。 次に、ジョブを再試行します。
            32555 DPM は、この DPM サーバー上のアクティブまたは非アクティブ<保護> ServerName サーバーから保護されたコンピューターを削除できません。 この保護されたコンピューターのアクティブな保護を削除してから、操作を再試行します。
            32556 DPM は、次のいずれかのグループから サーバー<サーバー>コンピューターを削除する必要がありました。
            1. 分散 COM ユーザー
            2. DPMRADmTrustedMachines
            3. MSDPMTrustedMachines
            上記<ServerName> を削除します。
            32557 エージェントの他のタスクが AgentTargetServer コンピューター上で応答<が>されます。 しばらくすると、タスクを再起動します。
            32558 このタスクが AgentTargetServer コンピューター上のエージェントで応答していない<が>されます。 しばらくすると、タスクを再起動します。
            32559 BMR データ ソースのレプリカ ボリューム構成に失敗しました。 DatasourceName データベースの BMR データ ソース <の>ネットワーク上で共有することはできません。 操作を再び実行してください。
            32560 競合するジョブが進行中のため、操作を実行できません。 進行中のジョブが [監視] タスク領域からジョブを完了またはキャンセル するのを 待ちます。
            32561 DPM で永続的な VSS エラーが発生し、一部の VSS サービスを再起動してエラーを修正しました。 エラーの原因については 、ServerName <アプリケーション>ログを確認します。
            このエラーの詳細については 、「Hyper-V Protection の問題」を参照してください
            しばらくすると問題が解決しない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートにお問い合わせください。
            32571 承認ストアを DPM データベースに永続化できません。 操作が失敗しました。 詳細については、「エラー ログ」を参照してください。 もう一度操作を再試行します。
            32572 1 つ以上のライブラリ デバイス (ドライブと変更者) が到達不能と検出されたため、DPM によってシステムから無効になりました。 これは、デバイスのハードウェア障害が原因である可能性があります。 デバイス マネージャーを確認して、無効になっているデバイスを確認できます。 デバイスが正しく接続されていることを確認します。 デバイスベンダーが提供する場合は、診断ツールを使用して、デバイスが正常に動作しているのを確認します。 問題を特定して修正したら、デバイス マネージャーでデバイスを有効にし、DPM コンソールの[ライブラリの管理] ページで 、[再スキャン]を選択します
            32573 説明: 1 つ以上のライブラリ デバイス (ドライブと変更者) が到達不能と検出され、DPM によってシステムから無効になりました。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの 詳細を 確認します。
            32574 ドライブが予期しない状態です。 DPM は、ドライブが変更または置き換えられるまで使用されません。 ドライブが物理的に損傷を受けたか、よりクリーンなテープが内部に貼り付けされているかどうかを確認します。 ベンダー提供の診断ツールを使用して、ハードウェアの問題を確認します。 問題が修正された後、DPM コンソールの [ライブラリの管理] ページからそのライブラリで高速インベントリを実行します。
            32575 保護エージェントは、選択したコンピューターでアップグレードされます。 [はい] をクリックして続行します。
            32576 CmdletUserNotAdmin
            32577 DPM は、バックアップ中にスキップされたファイルを FileName にログ<け取り> 他のアプリケーションで開いている場合は、ファイルを閉じて、操作を再試行します。
            32578 DPM は、ホスト サーバー名サーバー名の復元後に仮想マシン <VirtualMachineName> の保存状態を 削除<失敗>。 仮想マシンの起動に失敗することがあります。 ホスト上の Hyper-V マネージャーから仮想マシンの保存済み状態を手動で削除し、起動してみてください。
            32579 DPM は、保護グループ <ProtectedGroup>の <DatasourceName> のクラスター リソース グループ にアクセス>。 代替場所ワークフローを使用してデータ ソースを回復します。 クラスター管理コンソールを使用<VirtualName>アクセス可能なクラスター リソース グループを確認します。
            32580 SqlInstance SQL Serverインスタンス<は> DPM ロールへの制限されていないターゲット パスを持つ回復ターゲットとして既に追加されています。 DestinationLocation サーバーのパスを使用して回復<追加>、無制限のパスを持つ回復ターゲットを削除します。
            32581 SqlInstance SQL Serverインスタンス <は、1 つ以上の特定のターゲット パス>この DPM ロールに回復ターゲットとして既に追加されています。 制限されていないターゲット パスを持つ回復ターゲットを追加すると、このインスタンスで指定されたターゲット パスはすべて削除されます。 続行しますか?
            32582 DPM サーバーが保護できるデータ ソースの最大数は 、MaxDataSources <に>。 この制限を超えると、DPM サーバーはバックアップ SLA を見逃し、最終的には応答しなくなる可能性があります。 現在 、DPMServerNameNumDataSources <データ ソース>保護<しています> 1. <DPMServerName> で現在保護されているデータ ソースの数を <MaxDataSources> 未満に減らすことが可能>。
            2. DPM サーバーを追加して、追加のデータ ソースを保護します。
            32583 DPM サーバーは 、MaxProtectedServers の最大<サーバー>できます。 この制限を超えると、DPM サーバーはバックアップ SLA を見逃し、最終的には応答しなくなる可能性があります。 現在 、DPMServerName 上<NumProtectedServers サーバー>保護<しています> 1. DPMServerName <で現在保護されているサーバーの数を <MaxProtected> Servers <未満に減ら>。
            2. 追加のサーバーを保護するために DPM サーバーの追加を検討してください。
            32584 DPM サーバーには 、MAXDPMReplicaVolSize および TB <レプリカの合計サイズ>できます。 この制限を超えると、DPM サーバーはバックアップ SLA を見逃し、最終的には応答しなくなる可能性があります。 現在 、DPMServerNameDPMReplicaVolSize TB の<レプリカ ボリューム>サイズ<があります。> 1. DPMServerName サーバーで保護するデータ ソースの<減>。
            2. DPM サーバーを追加して、追加のデータ ソースを保護します。
            32585 DPM サーバーには、TB の MaxDPMShadowCopyVolSize <復旧ポイントの合計ボリューム>できます。 この制限を超えると、DPM サーバーはバックアップ SLA を見逃し、最終的には応答しなくなる可能性があります。 現在 、DPMServerName 上の DPMShadowCopyVolSize <TB の>復旧ポイントの<があります。> 1. 回復ポイントのボリューム サイズが <MaxDPMShadowCopyVolSize> TB より小さい<DPMServerName> で保持期間を短縮できるかどうかを確認します。
            2. DPMServerName データベースで保護するデータ ソース<減>。
            3. DPM サーバーを追加して、追加のデータ ソースを保護します。
            32588 DPM サーバーは 、MaxHyperVReplicaVolumeSize を 1 バックアップできます。 この制限を超えると、DPM サーバーがバックアップ SLA を見逃す可能性があります。 この保護を進めている場合は 、HYPERVReplicaVolumeSize <DPMServerName> TB の HYPER-V データを<します。> 1. この保護グループまたは Hyper-V ワークロードを保護する他の既存の保護グループに対して、1 日にスケジュールされている Express Full バックアップの数を減らすことを検討してください。
            2. DPMServerName サーバーで保護する Hyper-V 仮想マシンの数<減>。
            32589 DPM サーバーは、最大サイズの MaxSPReplicaVolumeSize <レプリカ ボリューム> TB SharePointできます。 この制限を超えると、DPM サーバーがバックアップ SLA を見逃し、最終的に応答しなくなる可能性があります。 現在 <、DPMServerNameSPReplicaVolumeSize> TB SharePointを使用<しています> ファームがさらに拡大SharePoint場合は、データベースを個別に保護SharePoint SQL Server検討してください。 ただし、このファームに対して詳細な復元SharePoint行う必要があります。
            32590 ServerName データベース上の DatasourceName <のレプリカ>コピー<失敗>。 現在のレプリカが無効とマークされています。
            32591 サーバー名上<DatasourceName>の<保護> DPM サーバーに切り替えました。
            32592 ServerName サーバー名<DatasourceName>の<保護>テープにのみ変更されました。 アクションは必要ありません。
            32593 DPM サーバーには、Exchange Server 200 Exchange Server 7 ストレージ グループまたは週 2010 データベースごとに最大 <MaxExchangeEFs> Express Full バックアップを作成できます。 この制限を超えると、DPM サーバーがバックアップ SLA を見逃し、最終的に応答しなくなる可能性があります。 現在 、DPMServerName 上 <の Express フル バックアップ> NumExchangeEFs <があります> <DATAsourceName> で <DPMServerName> でスケジュールされる Express Full バックアップの頻度を <MaxExchangeEFs> 未満に減らします。
            32594 DPM サーバーには、最大 1 週間に 1 <の Express Full バックアップ> MaxPSMSSQLEFs をSQL Serverできます。 この制限を超えると、DPM サーバーがバックアップ SLA を満たさなくなる可能性があります。最終的には応答しなくなる可能性があります。 現在 、DPMServerName <サーバー名>の Express Full バックアップ<NumPSMSSQLPSEFs>が<されています> 1. <SERVERName> に対して <DPMServerName> でスケジュールされる Express Full バックアップの頻度を <MaxPSMSSQLEFs 未満に>。
            2. <MaxPSMSSQLEFs> Express Full バックアップ未満の他の SQL サーバーも保護グループに含まれている場合は、<ServerName> 上のデータベースを保護するための新しい保護グループを作成し、この保護グループの Express Full バックアップの頻度を <MaxPSMSSQLEFs> 未満に設定してください。
            32595 DPM のバックアップ ジョブと回復ジョブは、検出できないキャッシュ ボリュームを使用します。 以降のすべてのオンライン保護アクティビティは、このボリュームがオンラインに戻るまで、または再作成されるまで失敗します。 オンライン キャッシュ ボリュームとボリュームを含むディスクが [ディスクの管理] に表示されるのを確認します。
            32596 説明: DPM Online キャッシュ ボリュームを検出できません。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
            32598 DPM Online ライセンス認証は、Windows ServerName> で Windows 管理インストルメンテーション (WMI <) サービスから情報を取得しようとするときに失敗しました。アクセスが拒否されました。 サーバー名サーバー名で WMI サービスにアクセス<確認>アクティブ化を再試行します。
            32599 SQL Server の <MaxSQLDbsForIncr> データベースを超える SQL Server データベースの増分バックアップの頻度の制限は、<MaxMSSQLIncrementals> 時間ごとに 1 つ未満である必要があります。 この制限を超えると、DPM がすべてのデータベースのバックアップ SLA を満たしていない可能性があります。一部のデータベースは SLA を満たすためにバックアップされない場合があります。 現在 、ServerName <データベース> NumSQLDbsForIncr <が> SQLされています。 1. <DPMServerName> でスケジュールされる増分バックアップの頻度を、<MaxMSSQLIncrementals> 時間ごとに 1 未満に減らします。
            2. 保護グループに、<MaxSQLDbsForIncr> データベースより少ない他の SQL サーバーも含まれている場合は、<ServerName> でデータベース用の新しい保護グループを作成する方法を検討してください。

            この保護グループに対<MaxMSSQLIncrementals>時間以上の増分バックアップをスケジュールします。
            32600 DPM Access Manager サービスが DPM サーバーに接続されていないか、以前の接続が失われました。 DPM サーバーに接続するには、[DPM サーバーに Connect] ボタンを選択 します。
            32601 この役割名は既に存在します。 別の名前を入力します。
            32602 サーバー名の DPM サーバーに<できません> このコンピューターで DPM Access Manager サービスが実行されているのを確認します。
            32603 この DPM 役割名は存在しません。 有効な DPM 役割名を入力します。
            32604 指定したグループ名<GroupName>存在しません。 有効なグループ名Windows入力します。 その他の詳細: <ExceptionMessage>
            32605 役割名のエントリが無効です。 指定した DPM 役割名には、特殊文字が含まれています。 役割名の特殊文字を削除するか、新しい名前を入力します。
            32606 DPM セットアップでは、認証マネージャー内に承認Windows作成する必要があります。 もう一度操作を再試行します。
            32607 DeleteAzManStoreFailed
            32608 SqlInstance SQL指定<インスタンス>
            が無効であるか、見つからないかのいずれかです。
            指定した名前SQL Serverインスタンスが存在する場合は、コマンドレットを実行 Get-Datasource -ProductionServer <ProductionServer> -Inquire して情報を更新します。 その後、操作を再試行します。
            32609 DPM Self-Service回復ツールSQL DPM AccessManager サービスと同期されません。 DPM AccessManager サービスに再接続します。
            32610 OccuredSince <以降> DatasourceName サーバーの DPM Online 復旧ポイント<作成>失敗しました。 失敗したジョブの総数 = FailureCount <を>。 次の理由で最後のジョブが失敗しました。
            32611 Status: <AlertStatus>
            データ ソースの種類: <DatasourceType>
            データ ソース: <DatasourceName>
            コンピューター: <ServerName>
            説明: DPM Online 回復ポイントの作成ジョブが失敗しました。
            詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
            32612 同じ CSV を使用した別のバックアップとして、バックアップ用のクラスター共有ボリューム (CSV) の準備に失敗しました。 ソフトウェア VSS プロバイダーを使用している場合は、ハードウェア プロバイダーを使用することをお勧めします。 詳細については 、「Understanding Protection for CSV」を参照してください

            ハードウェア VSS プロバイダーが既にノードにインストールされている場合は、クラスター管理コンソールからこの仮想マシンで使用される CSV の状態を確認し、CSV の直接 I/O を再び有効にします。 その後、操作を再試行します。
            32613 [OS volume]\ClusterStorage が書き込みアクセスに使用できないので、回復に失敗しました。 このフォルダーはクラスター サービスによって保護されます。 [OS volume]\ClusterStorage の下にあるクラスター共有ボリュームへのパスを回復ターゲットとして選択します 。 たとえば、C:\ClusterStorage\Volume3 などです。
            32614 役割名の入力が無効です。 DPM の役割名は、長さが 27 文字以下である必要があります。 長さが 27 文字以下の役割名を指定します。
            32615 現在のユーザーには、指定したフォルダーに対する書き込みアクセス許可が付与されていません。 書き込みアクセス権を持つフォルダー パスを指定します。
            32616 入力が無効です。 使用できるのは、 -Editable 指定されている -Name 場合のみです。 パラメーターを指定し -Name 、再試行します。
            32617 次の回復項目を削除できません。
            32618 次の回復ターゲットを削除できません。
            32619 次のセキュリティ グループを削除できません。
            32620 ライブ移行が進行中の場合、VM のバックアップはサポートされません。 ライブ移行が完了するか、ライブ移行を取り消すのを待ち、バックアップを再試行します。
            32621 RDBSpecifiedForNonRDB
            32622 NonRDBSpecifiedForRDB
            32623 指定されたデータベースが回復データベース<として <AgentTargetServer> の datasourceType> <DatasourceName> <に対して回復に失敗しました。 操作を再試行し、回復データベースではないデータベースを指定するか、[回復データベースに復元] オプションを選択 します。
            32624 指定されたデータベースが回復データベースでは<では> <AgentTargetServer> の <datasourceType> <DatasourceName>> に対して回復に失敗しました。 操作を再試行し、回復データベースを指定します。
            32625 PassiveCopySpecifiedForRecovery
            32626 <AgentTargetServer <> の DatasourceType> <DatasourceName> に対して、指定されたデータベース コピーがパッシブ コピーとして回復に失敗しました。 パッシブ コピーへの回復は、このバージョンの DPM ではサポートされていません。 パッシブ コピーを回復するには、[ ネットワーク フォルダーにコピー] を選択し、手動で再読み取りを行います。
            32627 ExchangeAnotherBackupInProgress
            32628 データベースが現在バックアップ中<DatasourceName>コピーとしてバックアップに失敗しました。 バックアップが完了するのを待ち、操作を再試行します。
            32629 ファイアウォール ルールの構成に失敗しました。 DPM セルフサービスの回復機能は、ポート 6075 を使用します。 このポートで受信接続を受け入れるファイアウォールルールが構成されていることを確認します。 ファイアウォール ルールを手動で構成するか、次のコマンドを実行できます。

            netsh advfirewall firewall add rule name=DPMAM_WCF_SERVICE dir=in program="{DPM Install Path}\bin\DPMAMService.exe" profile=Any action=allow

            netsh advfirewall firewall add rule name=DPMAM_WCF_6075 dir=in action=allow protocol=TCP localport=6075 profile=Any

            ポート 6075 のファイアウォールルールが既に構成されている場合は、この警告は無視してください。
            32630 DPM サーバーは 、MaxDPMMSSQLEFs の最大<、1 週間>の Express Full バックアップSQL Serverできます。 この制限を超えると、DPM サーバーがバックアップ SLA を見逃し、最終的に応答しなくなる可能性があります。 現在 、DPMServerName <の Express Full バックアップ> NumDPMMSSQLPSEFs をSQL Serverしている<があります。>
            1. DPMServerName <で SQL Server にスケジュールされている Express Full バックアップの頻度を、> MaxDPMMSSQLEFs <未満に>。
            2. DPM サーバーを追加して、追加のデータ ソースを保護SQL Server検討してください。
            32631 通信エラーが原因で操作を完了できなかった。
            1. サーバーがインターネットに接続されていることを確認します。
            2. 上記の説明の詳細なエラー コードを参照してください。 問題が修正された後で、この操作を再試行してください。
            32632 サービスとの通信中にエラーが発生し、操作を完了できなかった インターネットに接続されていることを確認します。 プロキシ設定が正しく構成されていることを確認します。
            32633 DPM Online サービスとの通信中に不明なエラーが発生しました 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートにお問い合わせください。
            32634 DPM は、その開始について DPMAMService に通知できなかった。 AutoHeal が機能しない場合があります。 DPMAMService を再起動します。
            32635 PSServerName <サーバー> DPM 保護エージェントがインストールされていないか、サーバー名の DPM サーバーによって<されません>
            32636 FolderPath の回復<場所>存在しないか、アクセスできません。 回復先の場所を確認し、再試行します。
            32637 DPM サーバーが保護できる障害復旧 (DR) データ ソースの最大数は 、MaxDataSources <に>。 この制限を超えると、DPM サーバーはバックアップ SLA を見逃し、最終的には応答しなくなる可能性があります。 現在 、DPMServerNameNumDataSources <データ ソース>保護<しています> DPMServerName <で現在保護されている DR データ ソースの数> MaxDataSources <より少なく>。
            32640 ExchangeCircularLoggingEnabled
            32641 DatasourceName データベースで循環ログが有効になっている<バックアップ>しました。 循環ログの場合、増分バックアップはサポートされません。 循環ログを無効にし、Express Full バックアップをトリガーするか、増分バックアップを無効にします。
            32642 ExchangeScrFilePathChanged
            32643 DPM は、ストレージ グループの DatasourceName <ファイル パス>検出しました。 対応 remove-SCRSG.ps1 する add-SCRSG.ps1 ストレージ グループの SCR ターゲットで実行し、整合性チェックを実行します。
            32644 VssBackupMetadataInvalid
            32650 NoDeallocationAsDeactivated
            32651 DPM は、クライアント コンピューターの保護をセカンダリ DPM に直接切り替えるのをサポートしていない
            32652 このコンピューターは DPM サーバーに接続されていないので同期できません。
            32653 データ整合性チェック機能は、クライアント コンピューターではサポートされていません。
            32654 この操作の DPM 役割を選択します。
            32655 選択した DPM 役割を完全に削除する必要がありますか?
            32656 リスト ビューに少なくとも 1 つのアイテムを追加する必要があります。
            32657 データベースのインスタンスの名前SQL Server無効です。 空にしたり、既定値を設定したりすることはできません。
            32658 有効なデータベース名SQL Server入力します。 リスト ビューのインスタンス全体をSQL Server、リスト ビューのテキストをクリアします。
            32659 有効なファイル パスを入力します。 無制限アクセスの場合は、リスト ビューに入力されたファイル パスをクリアします。
            32660 指定されたファイルが見つかりません。
            32661 DPMDRToDPMDCCommunicationError
            32662 プライマリ DPM サーバー上のレプリカ ボリュームのディスク領域が不足していたため、DPM はこのデータ ソースのセカンダリ保護を続行できません (<TargetServerName>)。
            1. プライマリ DPM サーバーのレプリカ ボリュームを拡大します。
            2. 操作を再試行します。
            32663 DPM セルフサービス回復構成ツールを起動できません。
            32664 DPM 役割の構成が正常に保存されました。
            32665 選択した DPM の役割が正常に削除されました。
            32666 セキュリティ グループの名前が無効です。 空にしたり、既定値を設定したりすることはできません。
            32667 SQL Server、DatasourceName <、> インスタンスSQL Serverを持つデータベース<InstanceName>が見つかりませんでした。
            32670 選択したボリューム <VolumeName>ドライブ文字やマウント ポイントが存在しなかるために保護できません。 DPM は、ドライブ文字またはマウント ポイントを使用してボリュームのみを保護します。
            32671 ServerName のプライマリ DPM サーバーでアクセス<されました>
            1. ServerName <が> DPM サーバーによって保護されていないか確認します。
            2. エージェントのインストール ウィザードを使用<ServerName>にエージェントを再インストールします。
            32680 ServerName サーバー名に指定<資格情報> 無効です。 ターゲット サーバーの実行中に指定されたのと同じ資格情報で操作 SetDpmServer を再実行します。
            32681 ServerName のサーバー プロパティのクエリに<失敗しました> ターゲット サーバーに到達可能で、DPM エージェントがインストールされていることを確認します。
            32682 UserName に対してこのユーザー名のユーザー <に失敗しました>
            32683 サーバー名のローカル ユーザー アカウントのパスワードを更新<しました>
            • ServerName <NETBIOS>構成されている場合は、NETBIOS 名を指定します。 それ以外の場合は、ワークグループ コンピューターの DNS 名を指定します。
            • このサーバーにユーザー アカウントが存在するか、指定した保護されたコンピューター名が正しいか確認します。
            • 指定したサーバーがドメイン以外の保護用に構成されていることを確認します。
            • 呼び出し元はサーバーの管理者です。
            32684 サーバーサーバー名の保護エージェントに<できません> 1. 上記のサーバー名に DPM サーバーからアクセス可能な名前を指定します。
            2. 保護エージェントがリモート サーバーにインストールされていることを確認します。 また、保護されたコンピューターで SetDpmServer.Exe オプションを -isNonDomainServer 使用して実行したものも確認してください。
            32685 このサーバーは、サーバーサーバー名の DPM サーバー設定<一致しません> 1. 正しい保護されたコンピューターを指定していることを確認します。
            2. 正しい保護されたコンピューターを指定した場合は、 で正しい DPM サーバー名で実行し、操作を SetDpmServer 再試行します。
            32686 選択したサーバー<ServerName>
            ドメイン以外の保護用に構成された回復ターゲットにすることはできません。
            ドメイン保護用に構成されているサーバーを選択します。
            32687 指定したパスの 1 つ以上に無効な文字が含まれています。 無効な文字が指定されているパスを確認し、修正します。
            32688 指定した資格情報を持つユーザー アカウントの作成に失敗しました。 このサーバーの最小セキュリティ要件を満たすパスワードを指定します。
            32689 UserName <ユーザー アカウント> 既に使用されています。 DPM では、ワークグループ サーバーと通信するために一意で排他的なユーザー アカウントが必要です。

            保護されたコンピューターに移動し、一意の setdpmserver.exe ユーザー名で再実行します。 次に、新しいユーザー資格情報でこの操作を再試行します。
            32690 指定したユーザー名が ServerName サーバーで構成されたユーザーと<しません> 上記のサーバーでの実行中に指定したのと同じユーザーの資格情報 SetDpmServer を入力してください。
            32691 <ServerName>ワークグループ サーバーとして保護するように構成されていません。
            32692 SetDpmServerAccessDenied
            32693 SetDpmServerUserExists
            32694 SetDpmServerPasswordInvalid
            32695 SetDpmServerPasswordMismatch
            32696 SetDpmServerInvalidOption
            32697 SetDpmServerDnsSuffixInvalid
            32698 SetDpmServerNetbiosDnsMistmatch
            32699 SetDpmServerForceGuestEnabled
            32700 SetDpmServerWorkgroupInvalidOption
            32701 SetDpmServerInvalidUsername
            33000 ベア メタルの回復をテープに直接保護することはできません。 必要に応じて、保護の種類を短期的なディスク ベースの保護と長期テープ ベースの保護に変更する

            エラー コード 33001-40000

            エラー コード メッセージ ページの先頭へ
            33001 ベア メタル回復が保護されている場合、システム状態を削除できません。 保護グループからシステム状態を削除するには、まずベア メタルの回復を削除する
            33002 セカンダリ DPM サーバー Exchange Server DAG の一部であるデータベースを保護することはできません。
            33004 開始時刻を終了時刻以上にすることはできません。 フィルター定義を修正し、再試行します。
            33101 指定された代替データベース名は、システム データベースです。 指定したデータベース名をシステム データベースに変更します。
            33102 指定した設定の回復ジョブが正常に開始されました。

            ジョブの進行状況は、メイン コンソールから監視できます。
            33103 回復を停止すると、このジョブがキャンセルされます。 続行しますか?
            33104 同じ設定で復旧ジョブを再実行しますか?
            33105 回復ジョブが再度実行されている。 メイン コンソールで進行状況を監視できます。
            33106 DPM Server サーバーに接続<サーバー名>。

            DPM Server がオンラインであり 、InputParameterTag ポートに必要なファイアウォール<が構成>確認します。 問題が解決しない場合は、DPM 管理者に問い合わせてください。
            33107 DPM Server サーバーと ServerName サーバー名<接続>。 ユーザー アカウントは、このサーバー上の承認されたエンド ユーザーとして構成されていません。 詳細については、DPM 管理者にお問い合わせください。
            33108 回復に使用できるデータベースは一切用意されません。 ユーザー アカウント用に構成されたデータベースはいずれも、DPM Server サーバー サーバー<サーバー名>。 詳細については、DPM 管理者にお問い合わせください。
            33109 回復ジョブを開始する必要があります。

            <ErrorDescription> < ReasonText>
            33110 回復ジョブを取り消す必要がありました。

            <ErrorDescription> < ReasonText>
            33111 サーバー名の DPM サーバー<接続> 失われました。

            再接続して続行します。
            33112 ServerName <サーバー> Active Directory で見つかりませんでした。
            33113 DPM セルフサービスの回復ツールは、DPM Server サーバーサーバーから応答を取得<ServerName>。 これは、サーバーが他の要求の処理にビジー状態にあるためです。 しばらくすると、この操作を再試行してください。 問題が解決しない場合は、DPM 管理者に問い合わせてください。
            33114 サーバー名の DPM サーバーのプロパティ<取得>。 DPM セルフサービス回復ツールは、既定のプロパティを使用します。
            33115 <ErrorDescription>
            33116 DPM では、指定した DPM サーバーで復元を許可されている復旧ポイントが見つかりませんでした。 バックアップが実行された時点で管理者だった復旧ポイントのみを復元できます。 他の回復ポイントを復元するには、DPM 管理者に連絡するか、別の DPM から復元を試みる必要があります。 別の DPM サーバーに接続してみてください。
            33117 要求したデータを共有しようとして、DPM でエラーが発生しました。 データを復元するには、DPM 管理者に問い合わせてください。 データを復元するには、DPM 管理者に問い合わせてください。
            33118 DPM は、有効期限が切れているため、要求したデータを共有する必要がありました。 UI を再度開き、もう一度やり直す データを復元するには、DPM 管理者に問い合わせてください。
            33119 DPM は、プライマリ DPM サーバー <ServerName サーバーによって保護されている <PSServerName> のデータ ソースの一覧を取得<>。 この DPM サーバー<セカンダリ>設定するデータ ソースをサーバー名サーバーが保護している必要があります。 問題が解決しない場合は、サーバー名サーバーで DPMWriter サービス<再起動>。
            33120 コンピューター上の DpmDRTrustedMachines グループのセキュリティ設定を構成<ServerName サーバー名>コンピューター<構成>。 この問題を解決するには
            1. 使用したユーザー名とパスワードが、対象のコンピューターに対する管理者権限を持っている必要があります。
            2. DpmDRTrustedMachines グループが ComputerName <に存在>。
            3. Computer> Name サーバー名とサーバー名サーバー名のバージョンに同じメジャー <。
            33121 DPM Access Manager サービスは、内部エラーのために要求を処理できません。 その他の詳細: <ExceptionMessage> 操作を再び実行してください。 失敗が続く場合は、サポート担当者に連絡して、さらにサポートを受けてください。
            33122 DPM は、回復アイテムまたはターゲットの一覧を DPM の役割に追加できなかった。 回復アイテムまたはターゲットの数が DPM の役割ごとに 300 を超えないようにします。
            33123 <ServerName <の DatasourceType> <Datasource> Name> <のレプリカは、保護されたデータ ソースと一致しません。 DPM エラー ID = dpmErrorCode <を>。
            33140 AGENTTargetServer サーバー上のシャドウ コピーに DPM がアクセスできなかったため、操作<失敗>。 これは、次の理由が原因である可能性があります。
            1) バックアップ中のクラスター フェールオーバーまたは
            2) ボリュームのディスク領域が不十分です。
            バックアップ中にクラスター フェールオーバーが発生した場合は、操作を再試行してください。 それ以外の場合は、ソース サーバー上のボリューム上の空き領域の量を増やしてから、操作を再試行します。
            33141 サーバー<サーバー>データ ソースのデータ ソース<DatasourceName>セカンダリ DPM サーバー上で直接保護されています。 選択したデータ ソースの保護をプライマリ DPM サーバーに切り替える場合は、<DatasourceName> データ ソースの保護を停止し (データを保持する場合と保持しない場合)、操作を再試行します。
            33142 DPM は、レプリカまたは復旧ポイントのボリュームが見つからない/オフラインのため、このデータ ソースを保護できません。 この問題を解決するには
            1. 不足しているディスク ボリュームをオンラインにしてから、保護プロセスを続行します。
            2. データ ソースの非アクティブな保護を削除し、データ ソースを保護に追加します。
            3. DpmSync ツールを使用して、不足しているボリュームを再作成します。
            DpmSync -ReallocateReplica
            33143 DatasourceName <の>は 、<OldSize> から NewSize <に>。
            33144 DPM は DatasourceName データベースのボリューム<展開>。
            33145 この操作は、選択したコンピューターがリソース グループ、DPM サーバー、または DPM 保護エージェントがサーバーにインストールされていないため、許可されません。 リソース グループの場合は、物理ノードで操作を再試行します。
            33150 DPM は 、SiteUrl サーバーのアイテムを復元している間、回復ポイントの作成時に既存SharePointを<できません>。 Exception Message = <ExceptionMessage>。 アクセス許可を手動で適用します。
            33151 次のコンピューターは、DPM 保護エージェントをアップグレードする最小ソフトウェア要件を満た<ではありません。> 選択したWindows Server 2003 Service Pack 2 がインストールされていることを確認します。 オペレーティング システムが最近更新された場合、Active Directory の更新プログラムは保留中の場合があります。 Active Directory の更新が完了するまで待ち、保護エージェントのアップグレードを再試行します。 Active Directory の更新に必要な時間は、Active Directory ドメイン レプリケーション ポリシーによって異なります。

            ソフトウェア要件の詳細については、「DPM システム要件」を参照してください。
            33152 AdminChangedOnClient
            33153 自動展開スクリプトによって保護のために、次のクライアント コンピューターを追加する必要がありました。
            33154 次のクライアント コンピューターは、自動展開スクリプトによって保護のために追加されました。
            33155 自動展開スクリプトでは、次の自動展開保護グループを更新することはできません。
            33156 次の自動展開保護グループは、自動展開スクリプトによって更新されました。
            33157 DPM サーバー<DPMServerName>は、クライアント コンピューターの自動展開から除外されます。
            33158 DPM サーバー<DPMServerName>、 自動展開の容量に達しました。
            33159 保護グループ設定 XML ファイルで指定された復旧ポイント のスケジュールが無効です。
            33160 クライアント コンピューターが Active Directory ドメイン サービス データベースに見つかりませんでした。
            33161 自動展開と見なされるすべての DPM サーバーの容量に達しました。
            33162 自動展開プロセスは正常に完了しました。
            33163 Active Directory のクライアント コンピューターの列挙に失敗し、次のエラーが発生しました。
            33164 Active Directory のクライアント コンピューターの列挙が成功しました。
            33165 指定<オブジェクト ID> ObjectId が有効な GUID ではありません。 有効な GUID 文字列形式については、MSDN のドキュメントを参照してください。
            33166 スコープ パラメーターが無効です。 詳細については、「DPM コンソール スコープ パラメーター ( )」を参照してください http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=226330
            33167 DPM は、このアラートを発生しなかった。 このリンクからの DPM 通知のトラブルシューティングのみ可能です。 [OK] をクリックして、Operations Manager に戻します。
            33168 この操作は、現時点では現在の保護グループでは実行できません。 [保護グループの変更] ウィザードを実行し、[グループ メンバーの選択] ページで、データ ソースを更新する必要がある保護されたコンピューターを展開します。 次に、グループの更新操作を実行します。
            33170 ブラウザーを開くことができません。 ブラウザーを再インストールし、操作を再試行します。
            33171 [名前] サーバーのデータ アクセス サービスに接続System Centerアクセス許可<>。 アクセス許可の問題を確認します。 Operations Manager コンソールを再度開き、操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Operations Manager 管理者に問い合わせてください。
            33172 現在のユーザーの下にある RegistryKey <レジストリ キー>アクセスするアクセス許可 を持ってない。 アクセス許可を確認し、操作を再試行します。
            33173 タスクの実行中に問題が発生しました。 サポートに問い合わせてください。
            33175 選択したアイテムの [トラブルシューティング] ウィンドウを開くことができません。 DPM Central Console クライアント コンポーネントのインストールが不完全または破損しています。 DPM Central Console クライアント コンポーネントを再インストールします。 問題が解決しない場合は、DPM 管理者に問い合わせてください。
            33176 選択したオブジェクトが存在しません。 [Operations Manager] ウィンドウを更新し、操作を再試行します。
            33177 監視アラートを取得できない。
            33179 指定したサイズが、現在割り当てられているサイズより小さい。
            33185 DPM トラブルシューティング コンソールの起動中にエラーが発生しました。 DPM トラブルシューティング コンソールを手動で起動します。
            33186 要求された操作を開始しようとして予期しないエラーが発生しました。 操作を再び実行してください。
            33187 ObjectOutOfScope
            33188 SCOMAgentTaskReturnedFailure
            33189 操作の実行中に予期しないエラーが発生しました。 操作を再び実行してください。 操作を再び実行してください。
            33193 コロケーションされたデータ ソースをカスタム ボリュームに移行することはできません。 操作を再び実行してください。
            33210 インスタンス上の DPM データベースに接続<インスタンス> SQL Server できません。 インスタンスが次の要件SQL Serverを満たしていることを確認します。
            1. ファイアウォールが DPM コンピューターからの要求をブロックしていない。 ファイアウォールを構成する手順については、「SQL Serverアクセスを許可Windowsファイアウォールを構成する」をSQL Serverしてください
            2. 現在のユーザーは、SQL Server インスタンスを実行しているコンピューターの Administrator グループの一部であり、SQL Server インスタンスで sysadmin ロールを持っています。
            3. SQL Server ブラウザー サービスがサーバーでSQLしています。
            4. TCP/IP プロトコルは、インスタンスに対してSQL Serverされます。
            33211 アラートの [推奨されるアクション] セクションで指定した手順を実行する必要があります。
            33212 CBPIdentityContextNotFound
            33213 指定した保護グループ セット のオプションが無効です コマンドレットに渡すパラメーターを確認し、これらのパラメーターがコマンドレットが期待するパラメーターと一致する必要があります。
            33214 別の PGSet が同じ名前で既に存在する場合、PGSet を作成できません。 作成する PGSet と同じ名前の PGSet が存在していないことを確認します。
            33215 エラーが発生したため、保護グループを保護グループ セットに割り当SQLでした。 保護グループと保護グループ セットが存在し、保護グループが別の保護グループ セットに割り当てられていないか確認します。
            33216 保護<グループ> PGNameList を保護グループ セットに割り当てる必要がありました。 保護グループと保護グループ セットが存在し、保護グループが別の保護グループ セットに割り当てられていないか確認します。
            33217 保護グループ セットを削除できません。 削除しようとしている保護グループ セットに保護グループが割り当てられていないことを確認します。
            33218 サーバー<ServerName>無効または有効にすることはできませんでした。 データベース接続を確認します。
            33219 DPM では、次のコンピューターがクラスター化されているかどうかを識別できません 。ListofServers <を使用します。> これらのコンピューターへのエージェントのインストールは続行できます。 クラスター化されたリソースを正常に保護するには、クラスターのすべてのメンバーに DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。 エラーの詳細を確認します。 管理インストルメンWindowsサービスが実行され、DPM サーバーからリモートでアクセス可能な状態にしてください。
            33220 指定されたドメイン資格情報には 、ListofServers データベースの次の<管理者>。 [コンピューターの選択] ページからコンピューター を削除するか、選択したコンピューターすべてへの管理者アクセス権を持つアカウントの資格情報を指定します。
            33221 DPM は、次のサーバー上のサービス コントロール マネージャーに接続<ListofServers> リストされているサーバーがオンラインで、DPM サーバーからリモートからアクセス可能な状態を確認します。
            ファイアウォールが有効になっている場合は、DPM サーバーからの要求がブロックされていないか確認します。
            33222 データ ソースのバックアップ ジョブ: 実稼働<DatasourceName>: PSServerName <が正常>完了しました。
            作成された復旧ポイント: preBackupTime <を>。
            バックアップの種類: backupType <バックアップ> します。
            33223 データ ソースのバックアップ ジョブ: <サーバー上> DatasourceName: PSServerName <エラー>しました。
            BackupFailedTime <バックアップ ジョブが失敗>。
            バックアップの種類: backupType <バックアップ> します。
            33224 DPM サーバーがインストールされている場合、保護エージェントをインストールすることはできません 。ListofServers サーバー<インストール>。
            33225 次のコンピューターは、この DPM SQL Serverのデータベースをホストします 。ListofServers <を>。
            オペレーティング システムがサーバー 2003 Windowsコンピューターの場合、エージェントをインストールすると、コンピューターの再起動が必要な場合があります。 再起動が完了するまで、DPM エンジンと DPM 管理者コンソールは機能しません。 これらのコンピューターに保護エージェントをインストールしますか?
            33226 この操作は、[トラブルシューティング] ウィンドウでは実行できません。 DPM 管理者コンソールから操作を再試行します。
            33227 再開アクションは 、InstanceName オブジェクトの [名前] <>に<できません。>
            33228 RetryOperationAsTokenExpired
            33229 構成オプションと共に拇印を指定します。 資格情報が既に構成されている場合は、再生成オプションを使用します。 詳細については、コマンドレットのヘルプを参照してください。
            33230 コンピューター名サーバーに対して証明書<構成>。 証明書の拇印を使用して、初めて証明書を構成します。
            33231 ComputerName サーバーのコンピューター ストア<InputParameterTag>を持つ証明書<見>。 この拇印を持つ証明書がコンピューターの個人用ストアに存在することを確認するか、別の拇印を指定します。
            33232 コンピューター 名サーバーの個人用コンピューター ストアで拇印 <InputParameterTag> を使用して証明書を見<エラー>。 Exception Message = <ExceptionMessage> エラーのログを参照し、アクションを実行します。
            33233 コンピューター> のコンピューター ストアにある拇印 <InputParameterTag> を使用して証明書を検証しようとして、エラー<発生しました。 Exception Message = <ExceptionMessage> 証明書に Cryptography API Next Generation (CNG) キーが設定されているのを確認します。 DPM では、CNG キーを持つ証明書はサポートされていません。 それ以外の場合は、エラーのログを参照し、アクションを実行します。
            33234 コンピューター <ComputerName> の個人用コンピューター ストアの拇印 <InputParameterTag> で提供される証明書は、DPM の要件に対応していない。
            証明書に対して次の要件が満たされていない。
            <メッセージ>
            証明書が次の要件を満たしていることを確認します。
            1. 証明書はローカル コンピューター上で信頼され、有効期限が切れていない。
            2. 関連付けられた認証局の失効サーバーがオンラインです。
            3. 証明書には、有効な交換アルゴリズムを持つ関連付けられたプライベート キーがあります。
            4. 証明書の公開キーの長さは、1024 ビット以上です。
            5. 拡張キー使用法が有効になっている場合、証明書にはサーバー認証とクライアント認証の両方が必要です。
            6. 証明書とそのルート CA のサブジェクトを空にすることはできません。
            7. DPM では、暗号化 API 次世代 (CNG) キーを使用した証明書はサポートされていません。
            33235 DPM では、TCP ポートの InputParameterTag を開<ファイアウォール>追加する必要があります。 Tcp ポートの InputParameterTag <ファイアウォール>手動で追加します。
            33236 DPM は ServiceName サービスのサービスを有効<開始>でした。 サーバー マネージャーから ServiceName <サービス>手動で有効にして起動します。
            33237 DPM は DPM 資格情報を構成する必要があります。 Exception Message = <ExceptionMessage>。 詳細については、エラー ログを参照してください。
            33238 このアクションを実行するためのアクセス許可はありません。 DPM 管理者は、次のいずれかのタスクに対するアクセス許可を付与する必要があります 。<操作>
            33239 CmdletName1 <コマンドレット> スコープ環境ではサポートされていません。
            33240 セントラル コンソールは既にこのコンピューターにインストールされています。 インストールされている次のすべてのコンポーネントをアンインストールします。
            • DPM Central Console Server
            • Microsoft System Center 2012 DPM リモート管理
            • Microsoft System Center SP1 DPM リモート管理
            • Microsoft System Center 2012 R2 DPM リモート管理
            • DPM リモート管理
            33241 Microsoft .NET Framework 4 は、このコンピューターにインストールされていません。 Microsoft .NET Framework 4 をインストールし、操作を再試行します。
            33242 パラメーター<Parameter1>がありません。 パラメーターパラメーターのパラメーターパラメーター 1 に<値>指定し、操作を再試行します。
            33243 証明書の信頼チェーンにある InputParameterTag <付> CA を見つけできません。 この拇印を持つ承認済み CA が証明書の信頼チェーンに存在するかどうかを確認するか、別の拇印を指定します。
            33244 InputParameterTag を使用して拇印を使用して証明書の信頼されたルートを見<エラーが>。 Exception Message = <ExceptionMessage>。 エラーのログを参照し、アクションを実行します。
            33245 実行しようとしているアクションには、より高い特権が必要です。 DPM 管理者に問い合わせてください。
            33246 DPM は、次のサーバーがクラスター化されているのに、完全修飾ドメイン名 (ListofServers サーバーの名前<識別>。 上記のサーバーでのエージェントのインストールは続行できます。 クラスター化されたリソースを正常に保護するには、クラスターのすべてのメンバーに DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。 クラスターの状態が正しく構成されていることを確認し、すべてのメンバーがドメインに参加されていることを確認します。
            33247 保護エージェントが次のサーバーに既にインストールされています :ListofServers <サーバー>。
            33248 DPM は、DPM バックアップ イベント イベント ログにイベントを書き込むに失敗しました。 DPM バックアップ イベント イベント ログが削除されたか、アクセス許可が変更されています。 DPM をアンインストールし、DPM を再インストールして DPM バックアップ イベント イベント ログを再作成します。
            33249 現在の操作は、DPM サーバーで実行されている DPMAMService でタイム アウトされています。 操作を再試行し、問題が解決しない場合は DPM 管理者に問い合わせてください。
            33300 DPM CPWrapper サービスがコンピューターのコンピューターの ComputerName <正しく>されていません。 Exception Message = <ExceptionMessage>。 詳細については、エラー ログを参照してください。
            33301 DPM CPWrapper サービスは、無効なコンピューター<ComputerName>証明書を使用しています。 Exception Message = <ExceptionMessage>。 詳細については、エラー ログを参照してください。
            33302 DPM CPWrapper Service 認証は、コンピューター上の ComputerName <で>しました。 Exception Message = <ExceptionMessage>。 詳細については、エラー ログを参照してください。
            33303 DPM CPWrapper Service の承認は、コンピューターの ComputerName <で>しました。 Exception Message = <ExceptionMessage>。 詳細については、エラー ログを参照してください。
            33304 コンピューターのコンピューター名<DPM CPWrapper サービス>エラーが発生し、使用できない状態にある可能性があります。 Exception Message = <ExceptionMessage>。 この問題を解決するには
            • 関連するファイアウォールの例外が正しく構成されていることを確認します。
            • コンピューターがピア サーバーによって信頼<コンピューター名> DPM CPWrapper サービスで使用される証明書を確認します。
            • ComputerName サーバーで DPM CPWrapper サービスを再起動<試>。
            33305 DPM Central Console クライアント コンポーネントのインストール場所が見つからなかった。 DPM Central Console クライアント コンポーネントを再インストールします。 問題が解決しない場合は、DPM 管理者に問い合わせてください。
            33306 [名前] ページで Operations Manager Health サービス<接続>。 サーバーをホストしているコンピューターヘルス サービス、Operations Manager サーバーが実行ヘルス サービス確認します。
            33307 ジャーナル サイズの変更は、管理者コンソールで作業している DPM 管理者によってのみ変更できます。 DPM 管理者に問い合わせてください。
            33308 このアクションでは 、PSServerName サーバーの所有権<サーバー名> DPM サーバーに<設定>。 これにより 、PSServerName サーバー名のバックアップまたは回復ジョブ<が>されます。

            所有権を設定しますか?
            33309 このアクションを実行するためのアクセス権はありません。 DPM 管理者に問い合わせてください。
            33310 DPM では 、ServerName サーバー名の保護されたコンピューター上の 1 つ以上の<列挙>。 サーバー上に共有が含か確認します。
            33320 この操作では、このコンピューターに DPM リモート<バージョン>インストールする必要があります。 DPM リモート管理サーバーをインストールした後で、<を再試行>。
            33321 DPMServerName <コンピューター> DPM サーバーではないか、一元管理とトラブルシューティングをサポートしていません。
            33322 この API を呼び出すコンピューターは、信頼できるコンピューターではありません。
            33323 コンピューター名サーバーで DPM で使用<証明書>有効期限 が切れる期限が切 <ExpiryDate <の前に <Computer> Name <で DPM で使用される証明書を更新し>ローカル コンピューターの個人用証明書ストアにインポートします。 新 しい証明書の [ルートによって 発行] フィールドと [発行] フィールドは、現在の証明書のフィールドと同じにしてください。 現在の証明書の詳細拇印 - InputParameterTag <を使用>。
            33324 コンピューター名の DPM で使用<証明書>有効期限が切れているか、有効期限が切れる<有効期限が切れます。> <ExpiryDate <の前に <Computer> Name <で DPM で使用される証明書を更新し>ローカル コンピューターの個人用証明書ストアにインポートします。 新 しい証明書の [ルートによって 発行] フィールドと [発行] フィールドは、現在の証明書のフィールドと同じにしてください。 現在の証明書の詳細拇印 - InputParameterTag <を使用>。
            33325 コンピューター名サーバーで DPM で使用<証明書>有効期限 が切れる期限が切 <ExpiryDate <の前に <Computer> Name <で DPM で使用される証明書を更新し>ローカル コンピューターの個人用証明書ストアにインポートします。 新 しい証明書の [ルートによって 発行] フィールドと [発行] フィールドは、現在の証明書のフィールドと同じにしてください。 現在の証明書の詳細拇印 - InputParameterTag <を使用>。
            33326 コンピューター名の DPM で使用<証明書>有効期限が切れているか、有効期限が切れる<有効期限が切れます。> <ExpiryDate <の前に <Computer> Name <で DPM で使用される証明書を更新し>ローカル コンピューターの個人用証明書ストアにインポートします。 新 しい証明書の [ルートによって 発行] フィールドと [発行] フィールドは、現在の証明書のフィールドと同じにしてください。 現在の証明書の詳細拇印 - InputParameterTag <を使用>。
            33327 [<操作> 失敗<エラー>が発生した<の>の合計: エラー<エラー >
            33328 例外を除くユーザー アクションの実行に失敗 <しました。>
            33329 ジョブをキャンセルできません。 操作を実行する権限を持っている場合に確認します。
            33330 <StartDateTime> で開始された <DatasourceType> <DatasourceName> から <TargetServerName> に回復するジョブは、最適化された ILR を使用して失敗しました。 最適化されていない ILR を使用する別のジョブがトリガーされました。 回復ジョブの詳細を表示するには、[監視]タブの [ジョブ] に移動し、ジョブを種類別にグループ化します。
            33331 DPM は、DatasourceType のバックアップ メタデータ情報を取得<ServerName> <DatasourceName>の<取得>。 データ ソースが汎用データ ソースの場合は、有効な復旧ポイントが作成されています。 DatasourceName <に VSS>がある場合は、ライターが正しく実行されていることを確認します。
            33332 キャンセル要求を DPM Server に送信できません。 しばらくしてから再試行してください。
            33333 ServerName サーバー名の<に接続>。 この問題を解決するには
            1. このコンピューターで DPM サービスが実行されているのを確認します。
            2. 現在のユーザーが Operations Manager の少なくとも 1 つの役割に追加されたと確認します。
            3. Operations Manager コンソールを開き、DPM コンソールを開いてみます。
            33334 一部のアラートでバックアップを再開できません。 後で再試行してください。
            33335 すべてのアラートでバックアップを再開できません。 後で再試行してください。
            33336 バックアップを正常に再開しました。
            33337 データ アクセス サービスにSystem Centerできません。 このコンピューターで System Centerデータ アクセス サービスが実行され、十分な特権を持っている必要があります。
            33338 レポート サービスのリモート インストールで SMTP の詳細が構成されていない限り、DPM はレポートの電子メール サブスクリプションSQL Serverできません。 DPM のセットアップ中に既存のサーバーを選択する場合は、SMTP のSQL Server構成する必要があります。

            管理者に問い合わせてSQL Serverレポート サービスの構成ファイルに SMTP サーバー名、ポート番号、およびSQL Serverを手動で入力します。

            [オプション] ダイアログ ボックスの [SMTP サーバー ] タブの SMTP サーバーの 詳細は 、DPM アラート通知のみを有効にします。 詳細については、「DPM ヘルプ」を参照してください。
            33339 このコンピューターには、以前のバージョンの DPM がインストールされています。 2012 DPM System Center候補にアップグレードし、セットアップを再度起動します。
            33340 管理パックを最近再インポートした場合、役割の構成が壊れている可能性があります。 DPM 固有の役割を開き、役割にタスクが割り当てられているか確認します。 削除しない場合は、役割を削除して再作成します。 役割を再作成する方法の詳細については、「. http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=234368
            33341 手動でテープを Free としてマークするには、DPM 管理シェルForceFree-Tape.ps1スクリプトを実行します。
            33342 ユーザーが関連付けられた保護グループを変更したため、ジョブが取り消されました。 操作を再び実行してください。
            33343 DPM は、保護エージェントが ListofServers の次のサーバーにインストール<しました> これらのサーバーにエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。
            1. [管理] タスク領域 で、[エージェント] タブ を選択 します。
            2. [操作] ウィンドウ で、[ インストール] を 選択します

            上記のサーバーがクラスターまたはミラーに対応する場合は、そのクラスター/ミラーのすべての物理ノードに DPM 保護エージェントをインストールします。
            33344 最新のディスク バックアップが既にクラウドにバックアップされている<DatasourceType> <DatasourceName> <ServerName> の DPM はクラウド バックアップをスキップしました。
            33345 デバイスに接続Data Protection Manager。 このバージョンの DPM は、セントラル コンソール クライアントではサポートされていません。 ConnectサポートされているData Protection Managerのみ。
            33399 DPM は、DPM サーバー上で VmmHelperService を構成して開始する機能を備え付けなかった。
            サーバー名: <ServerName>。
            例外メッセージ: <ExceptionMessage>
            この問題を解決するには
            1. VMM コンソールの機能が DPM Server にインストールされていることを確認します。
            2. 次のコマンドレットを使用して、DPM で VMM サーバーを再構成します。
              Set-DPMGlobalProperty -DpmServerName <DPMServerName> -KnownVMMServers <VMMServerName>
            33400 DPM は、サーバー (VMM) サーバー Virtual Machine Manager確立できなかった。
            サーバー名: <ServerName>。
            例外メッセージ: <ExceptionMessage>
            この問題を解決するには
            1. VMM コンソールの機能が DPM Server にインストールされていることを確認します。
            2. 次のコマンドレットを使用して、DPM で VMM サーバーを再構成します。
              Set-DPMGlobalProperty -DpmServerName <DPMServerName> -KnownVMMServers <VMMServerName>

            3. この DPM サーバーからの要求を受け入れる VMM サーバーが構成されていることを確認します。
            33401 DPM は、仮想マシン (VMM) サーバー上の仮想マシンのプロパティを照会しようとVirtual Machine Manager発生しました。
            仮想マシン名: <DatasourceName>。
            ServerName <サーバー名>。
            例外メッセージ: <ExceptionMessage>
            この問題を解決するには
            1. VMM コンソールの機能が DPM Server にインストールされていることを確認します。
            2. 次のコマンドレットを使用して、DPM で VMM サーバーを再構成します。
              Set-DPMGlobalProperty -DpmServerName <DPMServerName> -KnownVMMServers <VMMServerName>

            3. この DPM サーバーからの要求を受け入れる VMM サーバーが構成されていることを確認します。
            33402 DPM では、VMM (VMM) サーバーによって管理Virtual Machine Managerが見つからなかった。
            仮想マシン名: <DatasourceName>。
            サーバー名: <ServerName>。
            この問題を解決するには
            1. 仮想マシンがまだ指定した VMM サーバーによって管理されているのを確認します。
            2. 仮想マシンが指定した VMM サーバーによって管理されていない場合は、仮想マシンを管理エンティティとして VMM サーバーに追加します。
            33403 構成済みのサーバーから新しいサーバーに仮想マシンが移行されたことを DPM が検出したため、バックアップ ジョブが正常に完了しなかった。 DPM は仮想マシンの構成を更新し、新しいバックアップ ジョブを自動的にトリガーします。
            仮想マシン名: <DatasourceName>。
            構成済みサーバー:サーバー<サーバー名>。
            新しいサーバー: PSServerName <を>。
            DPM は仮想マシンの構成を更新し、新しいバックアップ ジョブを自動的にトリガーしますので、アクションは必要ありません。
            33404 DPM では、保護グループを保持し、データ ソースのサーバーを変更できません。
            データ ソース: <DatasourceName>
            サーバー名: <ServerName>。
            操作を再び実行してください。
            33405 オンライン復旧ポイントは削除できません。
            33406 <ServiceName>、 使用されているサブスクリプションに対して次の警告が発生しました。
            33407 復旧ポイントのステージング領域データが無効になったので、ステージング領域への復元に失敗しました。 ウィザードを使用して回復ポイントの新しい回復を実行します。
            33408 オンライン保護のためにデータ ソースが選択されていない。 オンライン保護用に一部のデータ ソースを選択するか、データ保護の種類からオンライン保護オプションを削除します。
            33409 ステージング エリア パス <StagingAreaPath <が見つからなかった<ServerName> 上の Datasource> Name <の回復>失敗しました。
            33410 ステージング エリア パス <StagingAreaPath> がロックできなかったので、<ServerName> <の datasourceName> の回復が失敗しました。
            33411 DPM サーバーがバックアップ サービスに接続できません。 バックアップ サービス ポータルを使用して、インターネット接続とバックアップ サブスクリプションの状態を確認します。
            33412 Status: <AlertStatus>
            説明: DPM サーバーがバックアップ サービスに接続できません。
            バックアップ サービス ポータルを使用して、インターネット接続とバックアップ サブスクリプションの状態を確認します。
            33413 バックアップ サービスで構成されたバックアップ ポリシーは、この DPM サーバーと同期されていません。 DPM のアラート ウィンドウの下に表示される推奨されるアクション リンクをクリックして、ポリシーの更新を試みることができます。
            33414 Status: <AlertStatus>
            説明: バックアップ サービスで構成されたバックアップ ポリシーが、この DPM サーバーと同期されていません。
            DPM のアラート ウィンドウの下に表示される推奨されるアクション リンクをクリックして、ポリシーの更新を試みることができます。
            33415 DPM では、このデータ ソースに必要な一部のファイルのオンライン回復ポイントを作成する必要があります。 これは、断続的なエラーやファイルの種類がサポートされていない場合に発生する可能性があります。
            オンライン回復ポイントの作成中に失敗したファイルの数: <FailureCount>
            次のオンライン回復ポイント作成ジョブは、これらのファイルのバックアップを再度試みます。
            オンライン回復ポイントの作成が成功しなかったファイルの一覧については、ログを確認します。
            33416 Status: <AlertStatus>
            データ ソースの種類: <DatasourceType>
            データ ソース: <DatasourceName>
            コンピューター: <ServerName>
            説明: DPM では、このデータ ソースに必要なファイルをクラウドにバックアップする必要はありません。 これは、断続的なエラーやファイルの種類がサポートされていない場合に発生する可能性があります。
            詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、[監視] タスク領域でアラートの詳細 確認します。
            33417 回復ステージング フォルダーが構成されていません。 回復ステージング フォルダーを構成するには、[オンライン管理] ビューに 移動し、 オンライン保護の登録ウィザードを実行します。 その後、操作を再試行します。
            33418 Azure バックアップ エージェントのバージョンは DPM と互換性がありません。 互換性のあるバックアップ エージェントのバージョンが DPM サーバーにインストールされていることを確認します。
            33419 DPM サーバーは、登録状態を取得するためにバックアップ サービスに接続できません。 [管理] ビューの [クラウド] タブ からバックアップ サブスクリプションの状態を 更新し、 操作を再試行します。
            33420 現在、1 つ以上のデータ ソースがオンライン保護用に構成されています。 これらのデータ ソースのオンライン保護を削除し、登録を解除してください。
            33421 DPM サーバーは、オンライン保護用に構成されていません。 ServiceName <を>して <AgentFriendlyName> をインストールするには、[管理] ビューの [オンライン]タブで[サブスクリプションの管理] を 選択 します。 オンライン保護のためにこの DPM サーバーを登録し、操作を再試行します。
            33422 <ServiceName> は、各データ ソース<の>パラメーター 1 のみをサポートします。 指定した Azure バックアップ スケジュールが、この制限を超えています。 保持範囲または Azure バックアップ頻度を減らして、アクションを再試行します。
            33423 TaskId を使用してタスクを取り消<Parameter1>。 このタスクを含むジョブを取り消してみてください。
            33424 保護エージェントが SQL Server インスタンスに sysadmin 特権を持たなかったため、 の <DatasourceType> <DatasourceName> に対して DPM ジョブが失敗しました。 NT Service\DPMRA をインスタンスの sysadmin ロールに追加SQL Serverします。
            33425 サーバー名の保護されたコンピューターが ShareName <ネットワーク パス>アクセスできなかったため、ジョブ<しました> 保護されたコンピューターがネットワーク パスに完全にアクセスし、ジョブを再試行してください。
            33426 DPM セットアップは、指定されたサーバーがクラスター化SQL検出できません。
            正しいサーバー インスタンスSQL指定され、サーバーが稼働中SQLを確認します。
            33427 DPM セットアップでは、指定SQLサーバーがクラスター化されているのが検出されました。
            クラスター化されたSQLサーバーの場合、SQL Reportingサーバーはサーバーと異なるSQLがあります。
            33428 DPM セットアップでは、指定SQLサーバーがクラスター化されていないのが検出されました。
            クラスター化されていないサーバー SQL、SQL Reportingサーバーはサーバーサーバーと同じSQLがあります。
            33429 DPM セットアップでは、ノード上SQLエージェントが PhysicalNode <クラスター>他のノードとは異なるアカウント名で実行されているのが検出されました。
            33430 DPM セットアップでは、ノード上の SQLPrep <PhysicalNode>クラスター内の他のノードとは異なるパスにインストールされていることを検出しました。
            33431 DPM セットアップは、レポート サービスの指定されたインスタンスSQL Serverできません。 指定したコンピューターとレポート サービスのインスタンスがSQL Server要件を満たしていることを確認します。
            • コンピューターはネットワークを使用してアクセスできます。
            • ファイアウォールが DPM コンピューターからの要求をブロックしていない。 ファイアウォールを構成するには、「SQL Serverアクセスを許可する Windowsファイアウォールを構成する」でSQL Serverします
            • 指定したユーザーは、SQL Server インスタンスを実行しているコンピューターの Administrator グループと、SQL Serverロールに属します。
            • ブラウザー SQLサービスがサーバー上でSQLされています。
            • TCP/IP プロトコルは、サーバーサーバーの指定されたインスタンスSQLされます。
            33432 DPM セットアップでは、サーバー上の WMI サービスSQLできません。 管理インストルメンWindows (WMI) サービスが実行されているのを確認します。
            33433 UserName ファイルの指定<ユーザー>無効です。 domain\username 形式で有効なユーザー名を指定します。
            33434 指定されたインスタンスのSQL Serverは、この製品でサポートされている最小バージョンより低くなります。
            33435 VCRedist のインストールが ServerName <で>。 この問題を解決するには
            1. VCRedist 2010 がサーバー名サーバーにインストール<確認>。 インストールされていない場合は、DPM インストール ディレクトリからインストールします。
            2. ジョブを再試行します。
            33436 提供されるインスタンスは Reporting Server インスタンスではありません。 Reporting Server インスタンスを指定します。
            33437 提供される Reporting Server インスタンスのバージョンは、この製品でサポートされている最小バージョンより低くなります。
            33438 バックアップまたは整合性チェック ウィンドウが正しく指定されていません。 たとえば、2 つの異なる日のウィンドウが互いに重なっている場合や、あいまいさがある場合があります。 この問題を解決するには、バックアップまたは整合性チェック ウィンドウを明確な方法で指定します。
            33439 バックアップまたは整合性チェック ウィンドウは、短期的な保護のためにのみ設定できます。 この問題を解決するには、短期的な保護を持つ保護グループのバックアップまたは整合性チェック ウィンドウを指定します。
            33440 <ServerName <の datasourceType> <Datasource> Name> <のこのバックアップ タスクは、バックアップ ウィンドウの外側にあるので取り消されました バックアップ タスクを長い時間実行する場合は、この保護グループのバックアップ ウィンドウを増やします。
            33441 <ServerName> の <DatasourceType> <DatasourceName> のこの整合性チェック タスクは、整合性チェック ウィンドウの外側にあるので取り消されました タスクを長い時間実行する場合は、この保護グループの整合性チェック ウィンドウを増やします。
            33442 PGName の保護グループ内のデータ ソース不足しています。保護グループに指定された SLA は SLA <されます> これらのデータ ソースにバックアップエラーが発生した場合、またはバックアップ頻度または SLA アラートの頻度を変更する必要がある場合に調査します。 バックアップ SLA が欠落しているデータ ソースの一覧を表示するには、アラートウィンドウの上に表示される [詳細なエラーの表示] リンクをクリックします。
            33443 CBPNotInstalled
            33444 SLAInHours に指定された値が無効です 次の値が有効です。
            • 24 時間。
            • 24 時間未満の場合、値は 24 の整数の割数 (1、2、3、4、または 6 など) である必要があります。
            • 24 時間を超える場合は、48 または 72 など、24 の倍数になります。 最大 2160 時間 (90 日)。
            33445 指定された保護グループ ID の保護グループが見つからなかった。 既存の保護グループの適切な保護グループ ID を渡すか、正しい DPM サーバーに接続されていることを確認します。
            33446 この DPM サーバーは、次の実稼働サーバーのプライマリ DPM サーバーを見つけできません。 その結果、保護のために使用できません。
            <メッセージ>
            33447 msdpm のセキュリティの初期化で ATL エラーが発生しました。
            33448 データベース内にローカル DPM Server のエントリが見当たらされません。 これは、サーバーの名前変更またはドメイン参加/退出イベントで発生する可能性があります。 DPM サービスを再起動し、コンソールを試して、この問題を自動的に修正します。

            [管理] タブが無効になります。
            33449 "JobType データベース" のデータベース内の DataSourceInfo にアクセス<できません>。 これは、DataSourceID が不良なジョブを含む孤立したジョブが原因で発生する可能性があります。 対応する保護グループを変更してみてください。
            33450 コンテナー資格情報は、Azure Backup の DPM サーバーを登録する新しい方法です。 証明書による登録はサポートされていません。 Azure Backup portal クイック スタート ページからコンテナー資格情報ファイルをダウンロードして登録します。
            33451 リモート UI からサポートされているのは、ネットワーク共有上のファイルのみです。 有効なネットワーク共有パスを次の形式で指定します。

            \\<Computer-Name>\<Vault-credential-folder>\<Vault-credential-file>
            33452 回復には、再設定が必須です。 開始されていないか、進行中です。
            33453 選択したオブジェクトでは、再設定を実行できません。
            33454 再設定は既に完了しています。 これでアイテムを回復できます。
            33461 クラウド バックアップの数は、1 日のバックアップに対<バックアップ>日の制限を超えています。 制限内の値を設定します。
            33462 一部の相対的な週は重複しています。 週が重複していないか確認します。
            33463 一部の月は重複しています。 重複する月が発生していないか確認します。
            33464 この保護グループに対して新しい保持ポリシーを設定できない。 アイテム保持ポリシーは既に構成されています。 最初のオンライン レプリケーション方法をリセットするには、次の操作を行います。
            1. 保護グループのオンライン保護を停止します。
            2. 次に、新しい初期オンライン レプリケーション方法を使用してオンライン保護を追加します。


            このアクションは、保護された保護グループのすべてのクラウド データを削除します。
            33465 保持スケジュールがバックアップ スケジュールと一致しません。 オンライン バックアップ スケジュールに一致する保持ポイントを指定します。
            33466 一部の保持間隔が重複しています。 重複する間隔が設定されていないか確認します。
            33467 このデータ ソースに対して新しいアイテム保持ポリシーを設定できない。 アイテム保持ポリシーは既に構成されています。 新しい保持ポリシーを設定するには、データ ソースのオンライン保護を停止してから、新しい保持ポリシーでオンライン保護を追加する必要があります。 このアクションでは、保護されたデータ ソースのすべてのクラウド データが削除されます。
            33468 アイテム保持ポリシーは、1 日のバックアップでは 7 日未満、週単位のバックアップでは 4 週間、月単位のバックアップでは 3 か月、年次バックアップでは 1 年間とすることはできません。 指定された保持範囲の値が最小保持値以上である必要があります。
            33469 この操作は、現在のバージョンの MARS エージェントではサポートされていません。 MARS エージェントの最新バージョンをインストールし、もう一度やり直してください。
            33470 この操作を完了するために必要なセキュリティ PIN。 SecurityPin パラメーターを使用して、セキュリティ PIN を指定します。
            33471 オフライン初期データレプリケーションの一部の値が見つからない。 すべてのパラメーターを指定します。
            33472 指定したネットワーク共有パスが無効です。 有効なネットワーク共有パスを次の形式で指定します。

            \\<Computer-Name>\<Share-folder>\<file>
            33473 共有から Azure ストレージへの初期バックアップ データのコピーを待機しています。 この問題を解決するには
            1. アラート ウィンドウの下に表示されるリンクから Azure インポート ツールをインストールします。
            2. ツールを実行してデータをディスクにコピーします。
            3. ディスクを Azure に出荷します。
            33474 ステージング場所への初期バックアップ データ転送が完了しました。 Azure Import ジョブを使用して初期バックアップ データを転送します。
            33475 Azure インポート ジョブが終了するのを待ちます。 Azure Import ツールをインストールし、Azure Import ジョブを使用してステージング場所に初期バックアップ データを転送します。 指示に従って最初のデータ転送を完了します。
            33476 [ファイルの発行] ファイル設定読み取りができない。 ファイルが有効か確認します。
            33477 このアクションにはクラウドの再設定が必要であり、時間がかかる場合があります。 recatalog が完了したら、このアクションを試してください。
            続行しますか?
            33478 最初のオンライン レプリケーション方法は既に構成されています。 最初のオンライン レプリケーション方法をリセットするには、次の操作を行います。
            1. 保護グループのオンライン保護を停止します。
            2. 次に、新しい初期オンライン レプリケーション方法を使用してオンライン保護を追加します。


            このアクションは、保護された保護グループのすべてのクラウド データを削除します。
            33480 入力されたサブスクリプション ID と発行設定ファイルは関連付けされません。 次のことを確認します。
            1. サブスクリプション ID が入力されました。
            2. 発行設定ファイルは、サブスクリプション ID を入力するサブスクリプションのファイルです。
            33481 外部 DPM からオンライン回復可能なデータを追加<ServerName>。 しばらく時間が経過した後に再試行します。
            33482 他の DPM サーバーは、このコンテナーに登録されていません。 HASH(0x3e553b4)
            33483 回復可能なデータが使用できないか、選択したサーバーが DPM サーバーではありません。 HASH(0x3e55ddc)
            33485 完全および永遠のバックアップ オプションは、毎日および毎週サポートされていません。 HASH(0x3e501ec)
            33486 指定された復旧ポイントは既に保留です HASH(0x3e53c2c)
            33487 指定された復旧ポイントが保留ではない HASH(0x3e5462c)
            33488 完全/永遠のバックアップ パラメーターが重複しています HASH(0x3e4f024)
            33489 Azure Backup では、月次または年 1 回の保持ポリシーに対して 1 つの永遠の復旧ポイントのみを有効にできます。 月次または年次の保持ポリシーの 1 つの永遠の回復ポイントを選択する
            33490 CmdletName1 <コマンドレット> リモート環境ではサポートされていません。
            33491 [ジョブ名のインポート] は、2 ~ 64 文字の長でなければなりません。 小文字、数字、ハイフン、アンダースコアのみを含め、文字で始め、スペースを含めることはできません。 HASH(0x3e5ae74)
            33492 Storageアカウント名の長は 3 ~ 24 文字です。 小文字と数字のみを含めできます。 HASH(0x3e58884)
            33493 Storageコンテナー名の長は 3 ~ 63 文字です。 小文字、数字、ハイフンのみを含め、文字または数字で始める必要があります。 名前に連続するハイフンを 2 つ含めすることはできません。 HASH(0x3e59284)
            33494 Microsoft Azureバックアップ エージェントは、回復サービス エージェントがインストールされているコンピューター Microsoft Azureインストールできません。 Microsoft Azure Recovery Services エージェントがインストールされているターゲット サーバーに Microsoft Azure Microsoft Azure バックアップ エージェントをインストールするには、Microsoft Azure Recovery Services エージェントをアンインストールし、もう一度インストールを試します。 詳細については 、「Azure Backup Server のインストールとアップグレード」を参照してください
            33495 回復サービス エージェントがインストールされているコンピューター Microsoft Azureを続行できません。 Microsoft Azure Recovery Services エージェントがインストールされているターゲット サーバーに Microsoft Azure Microsoft Azure バックアップ エージェントをインストールするには、Microsoft Azure Recovery Services エージェントをアンインストールし、もう一度インストールを試します。 詳細については 、「Azure Backup Server のインストールとアップグレード」を参照してください
            33496 Microsoft AzureバックアップがインストールされているコンピューターにSystem Center Data Protection Managerできません。 Microsoft Azure Recovery Services エージェントがインストールされているターゲット サーバーに Microsoft Azure Microsoft Azure バックアップ エージェントをインストールするには、Microsoft Azure Recovery Services エージェントをアンインストールし、もう一度インストールを試します。 詳細については 、「Azure Backup Server のインストールとアップグレード」を参照してください
            33497 Microsoft Azureバックアップは、エージェントがインストールされているコンピューター System Center Data Protection Managerできません。 Microsoft Azure Recovery Services エージェントがインストールされているターゲット サーバーに Microsoft Azure Microsoft Azure バックアップ エージェントをインストールするには、Microsoft Azure Recovery Services エージェントをアンインストールし、もう一度インストールを試します。 詳細については 、「Azure Backup Server のインストールとアップグレード」を参照してください
            33498 Microsoft Azureバックアップは既にこのコンピューターにインストールされています。
            33499 セットアップでは、回復サービス エージェントMicrosoft Azureこのコンピューターに既にインストールされていることを検出しました。 インストールをスキップします。
            33500 この DPM サーバーのデータベースは、次のリモート サーバー インスタンスSQLされます。
            < > \ ServerName <SqlInstance>

            この DPM サーバーのデータベースを保護するには、そのコンピューターに保護エージェントをインストールし、このウィザードを開き、SQL サーバーのリモート インスタンスに移動し、保護のために DPM データベースを選択する必要があります。
            33501 クライアント ツールのSQLバージョンは、インストールされているバージョンとSQL Serverされません。 インストールSQLと互換性のあるクライアント ツールをインストールSQL Server。
            33502 クラウド メタデータのバックアップは既に進行中です。 クラウド メタデータのバックアップをスキップする。
            33503 コンピューター クラウドの登録状態は false です。 クラウド メタデータのバックアップを続行できません。
            33504 クラウド メタデータには変更はありません。 クラウド メタデータのバックアップをスキップする。
            33505 このデータ ソースのスナップショットを作成できません。 考えられる理由と推奨されるアクションは次のとおりです。
            1. データ ソースのレプリカが無効な状態です。 このデータ ソースで整合性チェックを実行します。
            2. レプリカ データの状態が一貫性がありません。 このデータ ソースのディスク復旧ポイントを作成します。
            3. シャドウ コピー ボリュームには 、MinDiffSpaceForCloudBackup <スナップショットを取得>バイト数が含まれます。 シャドウ コピーのボリューム サイズを大きくします。
            エラーの一覧に記載されている理由を確認します。 適用する操作を修正し、操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            33506 DPM は Hyper-V WMI 名前空間に接続できません。 管理インストルメンWindows (WMI) サービスが実行され、Hyper-V 管理ツールがインストールされていることを確認します。
            33507 DPM で WMI クエリを実行できない。 クエリは、エラーまたは空の結果を返します。 操作を再び実行してください。
            33508 DPM は、ボリュームを記憶域プールに追加する前に、ボリュームを書式設定します。 ボリュームに存在するデータは完全に削除されます。 続行しますか?
            33509 Parameter1 <パラメーター> ValueEntered プロパティの値<使用>。 有効なパラメーター値を使用してコマンドレットを再実行します。
            33510 DPM では 、DatasourceName を使用するデータ ソースの空き領域が十分<見>。 少なくとも 1 つのディスク ストレージで DatasourceType データ ソースの種類を保護<十>空き領域があることを確認します。 または、このデータ ソースに十分な容量を持つディスク ストレージを手動で指定してみてください。
            33511 DatasourceName のデータ ソース用に<ディスク>空き領域が足りない場合。 別のディスク ストレージを選択するか、選択したディスク ストレージを展開してみてください。
            33512 DPM セットアップでは、ディスク ストレージ上のバックアップ データを削除できません。 ディスク ストレージを手動で削除または書式設定します。
            33513 DatasourceName を使用してこのデータ ソースに対して保留中<初期化ジョブ>。
            33514 VolumeName の DPM ストレージ プール ボリュームの使用領域<ThresholdValue>のしきい値を<超>。 ボリュームを展開しない場合、バックアップ ジョブが失敗する可能性があります。 一部のデータ ソースの記憶域を他の記憶域プール ボリュームに移動するか、記憶域プール ボリュームを展開します。
            33515 VolumeName の DPM 記憶域プール ボリュームに十分な<があります> 一部のデータ ソースの記憶域を他の記憶域プール ボリュームに移動するか、記憶域プール ボリュームを展開します。
            33516 DPM は、クエリの実行中に WMI サービスとの通信に失敗しました。 Windows管理インストルメンテーション (WMI) サービス、Hyper-V 仮想マシン管理サービス、および Microsoft 記憶域スペース SMP サービスが実行されているのを確認し、操作を再試行します。
            33517 この操作は許可されません (<理由>)。 HASH(0x3e6797c)
            33518 DPM 記憶域プール のボリューム <VolumeName>がありません。 ボリュームがオンラインで正常な状態を確認します。 [DPM ディスクの管理] タブから再スキャンをトリガーします。
            33521 DPM では 、DatasourceName データベースのデータ ソースのレプリカを再割り当てする適切<見>。 少なくとも 1 つのディスク ストレージが正常で、十分な空き領域を持っている必要があります。
            33600 入力したパスワードが長すぎます。 MaxPasswdSize の文字<未満>があります。 小さいパスワードを入力します。
            33601 LastError ファイルのエラーが発生し、セキュリティで保護された<書き 込>。 DPM コンピューター上のセキュリティで保護された記憶域に関する問題を調査して修正します。
            33602 セキュリティで保護されたストアからの資格情報の列挙に失敗し 、LastError <エラー>。 DPM コンピューター上のセキュリティで保護された記憶域に関する問題を調査して修正します。
            33603 セキュリティで保護されたストアから資格情報を削除すると 、LastError <エラー>。 DPM コンピューター上のセキュリティで保護された記憶域に関する問題を調査して修正します。
            33604 渡された資格情報名は null または空です。 有効な資格情報名を渡します。
            33605 渡されたユーザー名は null または空です。 有効なユーザー名を渡します。
            33606 渡された資格情報名は既に存在します。 新しい資格情報名を渡します。
            33607 渡された資格情報名が存在しない。 既存の資格情報名を渡します。
            33608 資格情報のハンドルが無効のため、セキュリティで保護されたストアからの資格情報の読み取りが失敗しました。 DPM コンピューター上のセキュリティで保護された記憶域に関する問題を調査して修正します。
            33609 セキュリティ設定が緩和された場合、コンピューター間で資格情報を渡すのは許可されません。 ネットワーク上で資格情報を渡す必要が生じないので、DPM サーバーでこの操作を実行します。
            33610 渡されるサーバー ID は Guid.Empty です。 有効なサーバー ID を渡します。
            33611 指定したサーバーが既に存在します。 新しいサーバー名を追加してください。 新しいサーバー名を渡します。
            33612 渡されるサーバー名は Guid.Empty です。 有効なサーバー名を指定します。
            33613 プロキシ サーバーが存在しません。 DPMRA がインストールされている有効なプロキシ サーバーを渡します。
            33614 DPM は、VMware サーバーからエラーが発生<ServerName>エラー - VMWareErrorCode <発生しました> VMware Server が良好な状態にあるか確認します。
            33615 DPM では、保護されたコンピューター上の VMware Server を ServerName <列挙>。 VMware Server が良好な状態にあるか確認します。
            33616 VMware サーバーに到達できません。
            33617 <ServerName> VMware サーバーではありません。 この操作は、VMware サーバーでのみ実行できます。 有効な VMware Server を指定します。
            33618 選択したデータストアは、選択したホストで使用できません 有効なデータストアを指定します。
            33619 リソース プールが無効です。 選択したリソース プールが、選択したホストのコンピューティング リソースに属していない 有効なリソース プールを指定します。
            33620 DPM で VMware Disk SubSystem からエラーが発生しました。 Server - <ServerName> ErrorCode - vmWareErrorCode <> VMware Server が良好な状態にあるか確認します。
            33621 CHANGETracking 情報の取得中に、VMware から DPM でエラーが発生しました。 Server - <ServerName> ErrorCode - vmWareErrorCode <> 整合性チェック ジョブを実行してバックアップ コピーを同期します。
            33622 選択したフォルダーが回復に無効です。 選択したホスト システムのデータセンターの VM フォルダー階層からフォルダーを選択する
            33623 VMware Server および ServerName <と通信>。
            33624 入力した説明が長すぎます。 MaxDescriptionSize の値は、MaxDescriptionSize <文字よりも大>してください。 短い説明を入力します。
            33625 CredName の資格情報を<できません> この資格情報は、認証<するために、>の NumberOfProdServers によって使用されます。 資格情報を削除できるのは、この資格情報が実稼働サーバーで使用されていない場合のみです。 別の資格情報を使用する実稼働サーバーを更新し、この資格情報を削除します。
            33626 ProdName サーバーサーバーが<見>。 正しい実稼働サーバーが入力パラメーターとして指定されていることを確認します。 正しい実稼働サーバー情報を使用してコマンドを再実行します。
            33627 ProdName サーバー サーバーを更新する<設定>。 実稼働サーバーで更新する必要がある実稼働サーバーの設定を提供します。 正しい実稼働サーバー設定でコマンドを再実行します。
            33628 入力された資格情報の名前が長すぎます。 MaxCredNameSize の値は、MaxCredNameSize <文字よりも大>してください。 短い資格情報名を入力します。
            33629 入力したユーザー名が長すぎます。 MaxUserNameSize の値は、maxUserNameSize <文字>できません。 短いユーザー名を入力します。
            33630 関連付けられたコンピューターのすべての保護されたメンバーがすべての保護グループから削除されるまで、Production Server を削除できません。 関連付けられたコンピューターのすべての保護されたメンバーを保護グループから削除する: ListofServers <削除する>
            33631 入力された実稼働サーバー名が長すぎます。 MaxProductionServerNameSize の値は、maxProductionServerNameSize <文字よりも大>してください。 短い実稼働サーバー名を入力します。
            33632 <DatasourceName>が既に別の DPM Server のメンバーなので、保護に追加できません
            33633 VMware VM データ ソースではテープ保護はサポートされていません。
            34000 サーバー名 のレコードを削除するときに不明<エラー> 操作を再試行する
            34500 バックアップされたデータの合計サイズが組織のクォータ制限を超えているので、バックアップは失敗しました。 後続のスケジュールされたバックアップのバックアップエラーを防止するには、次の操作を行います。
            1. バックアップの保持範囲を減らして、古いバックアップを確実に削除します。
            2. 未使用のサーバーの登録を解除して、領域が割り当てられていないか確認します。
            34501 次の仮想ハード ドライブをマウントできないので、バックアップを開始<でした。> バックアップ用に構成されたスクラッチ領域が、暗号化されていない非圧縮フォルダーに格納されていることを確認します。
            34502 仮想ディスク サービスで予期しないエラーが発生したため、バックアップを開始する必要があります。 仮想ディスク サービスを再起動し、バックアップ操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、システム イベント ログで仮想ディスク サービス イベントを確認します。
            34503 WindowsAzure Backup Agent は、最新のバックアップを確認するときにファイルの破損を検出しました。 新しい復旧ポイントを作成できません。 次のバックアップは、データの転送を再度試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください
            34504 バックアップで回復不能なエラーが発生しました。 詳細については、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            34505 このサーバーの暗号化パスフレーズは設定されません。 暗号化パスフレーズを構成します。 暗号化パスフレーズが正しく構成されていることを確認します。
            34506 このコンピューターに格納されている暗号化パスフレーズが正しく構成されていません。 暗号化パスフレーズが正しく構成されていることを確認します。
            34507 指定された暗号化パスフレーズが正しくありません。 このサーバーをコンテナーに登録するために以前に使用したパスフレーズと同じパスフレーズを指定します。
            34508 指定した証明書は、Backup Vaults に関連付けされていません。別の証明書を試してください。 使用する証明書の公開キーが Azure Backup Vault のWindows確認します。
            34509 サーバー登録証明書をローカル証明書ストアから取得できませんでした。 有効な証明書がローカル証明書ストアに存在する場合は、もう一度お試しください。 回復サービス登録の有効な証明書には、次のプロパティがあります。
            1. 証明書の有効期限が切れていない。
            2. 証明書には、クライアント認証 EKU と、パブリック キーに関連付けられたプライベート キーが Azure Backup Vault にアップロードWindowsがあります。
            34510 ローカル証明書ストアには、このサーバーの有効な登録証明書が存在しません。 回復サービス登録の有効な証明書には、次のプロパティがあります。
            1. 証明書の有効期限が切れていない。
            2. 証明書には、クライアント認証 EKU と、パブリック キーに関連付けられたプライベート キーが Azure Backup Vault にアップロードWindowsがあります。
            34511 このサーバー名は既にバックアップ コンテナーに登録されています。 このサーバーを再登録するには、Azure 管理ポータルのバックアップ コンテナーのWindowsに移動し、[再登録を許可する]を選択します
            34512 この証明書のバックアップ コンテナーが見つかりません。 証明書が有効で、バックアップ サービス登録をサポートしている場合に確認します。
            34512 この証明書のバックアップ コンテナーが見つかりません。 証明書が有効で、バックアップ サービス登録をサポートしている場合に確認します。
            34513 無効なコンテナー資格情報が提供されています。 ファイルが壊れているか、回復サービスに関連付けられている最新の資格情報が存在しません。 新しいコンテナー資格情報ファイルをポータルからダウンロードし、ダウンロード日から 2 日前に使用することをお勧めします。
            34514 指定された Vault 資格情報ファイルの有効期限が切れています 新しいコンテナー資格情報ファイルをポータルからダウンロードし、ダウンロード日から 2 日前に使用することをお勧めします。
            34515 このコンピューターを重複排除が有効なコンテナーに登録しようとしている。 重複排除を最適に節約するには、以前にこのコンテナーに登録した他のコンピューターに対して指定したパスフレーズと同じパスフレーズを入力する必要があります。 HASH(0x3efb70c)
            34516 Microsoft Azure最新のバックアップの検証中に、Recovery Services エージェントが不整合を検出しました。 新しい復旧ポイントを作成できません。 次のバックアップは、データの転送を再度試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください
            34517 Microsoft Azure最新のバックアップの検証中に、Recovery Services エージェントが不整合を検出しました。 新しい復旧ポイントを作成できません。 次のバックアップは、データの転送を再度試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください
            34518 Microsoft Azure最新のバックアップの検証中に、Recovery Services エージェントが不整合を検出しました。 新しい復旧ポイントを作成できません。 次のバックアップは、データの転送を再度試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください
            34519 Microsoft Azure最新のバックアップの検証中に、Recovery Services エージェントが不整合を検出しました。 新しい復旧ポイントを作成できません。 次のバックアップは、データの転送を再度試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください
            34522 ServerName サーバーの仮想<の VirtualMachineName>の<が>。 VHD の変更追跡データが見つかりませんでした。 これは、この VM の 1 つ以上の VHD が別の VHD に置き換えられた場合に発生する可能性があります。 VM の整合性チェックを実行します。
            1. [ 保護] で、VM を選択します。
            2. [整合性 チェック] を選択します
            34527 指定されたコンテナー資格情報ファイルにアクセスできません。 ダウンロードしたコンテナー資格情報ファイルのローカル コピーに、保護されたコンピューター上のシステム特権でアクセス可能な場所を確認し、もう一度やり直してください。
            34528 指定されたコンテナー資格情報ファイルを読み取りできません。 新しいコンテナー資格情報ファイルをダウンロードして、もう一度やり直してください。
            34529 この操作の完了に必要なファイルが別のプロセスで使用されている場合、操作を完了できません。 しばらく経過した後で操作を再試行します。
            34530 システム リソースが不足していたので、この時点で操作を完了する必要があります。 しばらく経過した後で操作を再試行します。
            34531 現時点では、Azure は操作を認証できなかった。 これは、一時的な問題が原因である可能性があります。 しばらく経過した後で操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            34532 この時点では、バックアップの結果として作成されたデータの整合性としてバックアップを完了できませんでした。 しばらく経過した後で操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            34645 Microsoft Azure最新のバックアップの検証中に、Recovery Services エージェントが不整合を検出しました。 新しい復旧ポイントを作成できません。 次のバックアップは、データの転送を再度試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください

            エラー コード 40001-100000

            エラー コード メッセージ ページの先頭へ
            40001 StorageManager で予期しない内部エラーが発生しました。
            40002 レプリカまたはスナップショットのいずれかを含む VHD をマウントまたはマウント解除することはできませんでした。 VHD を含むストレージが正常でマウントされ、VHD が他のプロセスで使用されていないか確認し、操作を再試行します。
            40003 現在の操作に関係する記憶域を読み取りまたは書き込みで使用する必要があります。 記憶域が正常で、マウントされ、他のプロセスでは使用されていない状態で、この操作に十分な空き領域が含まれるか確認してから、操作を再試行します。
            40004 現在の操作に関係するレプリカが破損した状態です。 データ ソースの保護を解除し、再保護します。
            40005 指定した記憶域は、システム ボリューム、既存のデータ、不健康な状態、または正しく書式設定されていないので使用できません。 記憶域が正常にマウントされ、操作を再試行してください。
            40006 指定した記憶域は、DPM 記憶域プールに既に追加されています。 HASH(0x3ef7fbc)
            40007 指定した記憶域が DPM 記憶域プールに含めされていません。 HASH(0x3eff98c)
            40008 指定したパラメーターの組み合わせが無効です。 HASH(0x3f00324)
            40009 指定された操作では、関連付けられた記憶域を最初にマウントする必要があります。 HASH(0x3f00c94)
            40010 マウント操作またはマウント解除操作に指定された VHD が見つかりません。 関連するデータ ソースをホストする記憶域を確認し、DPM 記憶域を更新して、操作を再試行します。
            40011 指定した操作では、関連付けられた記憶域を最初にマウント解除する必要があります。 HASH(0x3ec6de4)
            40012 ボリューム <VolumeName>データ ソースがアクティブ/非アクティブにバックアップされているので、DPM ストレージから削除できません。 DPM 記憶域からボリュームを削除するには、削除データを使用してこれらのデータ ソースの保護を停止します。 HASH(0x3ec576c)
            40013 この操作は、レガシ ストレージ (DPM ストレージ プール ディスク) で保護されたデータ ソースではサポートされていません。 HASH(0x3ec30ec)
            40014 指定されたターゲット ディスク ストレージは、ソース ディスク ストレージと同じです。 別のターゲット ディスク ストレージを指定します。
            50000 Microsoft Azureバックアップでは、バックアップ ターゲットとしてテープはサポートされていません。 HASH(0x3ec94ac)
            50001 Microsoft Azureバックアップでは、Microsoft のバックアップはサポートVirtual Machine Manager。 HASH(0x3ec9f1c)
            50002 Microsoft Azureバックアップ サーバーで別の Azure Backup サーバーを保護できない HASH(0x3ec4984)
            50004 Microsoft Azureバックアップ サーバーは、バックアップ ジョブが Azure サービスから切断され、<日数 以上>続行できません。 ネットワーク接続を Azure に復元します。
            50005 Microsoft Azureの有効期限が切れています。 ディスクと Azure へのバックアップはすべて停止されます。 バックアップがMicrosoft Azure機能するには、Active Azure サブスクリプションと Azure サービスへのネットワーク到達可能性が重要です。 Azure サブスクリプション ポータルにサインインし、サブスクリプションをアクティブにするために修正アクションを実行します。
            50006 Microsoft Azureがプロビジョニングから削除されました。 ディスクと Azure の両方へのバックアップが停止されます。 Azure からの回復とディスクの回復が停止されます。 バックアップがMicrosoft Azure機能するには、Active Azure サブスクリプションと Azure サービスへのネットワーク到達可能性が重要です。 Azure portal にサインインし、サブスクリプションを再アクティブ化します。
            50007 バックアップがMicrosoft Azure機能するには、Active Azure サブスクリプションと Azure サービスへのネットワーク到達可能性が重要です。 Azure サービスに接続可能で、Azure サブスクリプションがアクティブな状態を確認する
            50008 Azure Backup Server には、バックアップと回復の目的でステージング領域が必要です。 ステージング領域を作成するには、次の操作を行います。
            1. MABS UI にサインインし、[管理] タブ を選択 します。
            2. [管理] タブで 、[オンライン] を選択し 、[構成] を 選択します
            50009 Azure Backup Server には、.NET Framework 4.6 が必要です。 4.6 .NET Frameworkインストールし、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=846809 セットアップを再実行します。
            50010 必要な修正プログラム KB2919355 が見つからない。 からこの修正プログラム https://support.microsoft.com/kb/2919355/ をインストールし、セットアップを再実行する
            50011 セットアップでレジストリ メタデータを更新できない。 この更新プログラムの失敗は、記憶域の使用量の過剰な使用につながる可能性があります。 これを回避するには、次の記事で説明したように、ReFS トリミング レジストリ エントリを更新してください。 https://aka.ms/mabstroubleshootingguide
            50012 セットアップでレジストリ メタデータを更新できない。 この更新プログラムの失敗は、記憶域の使用量の過剰な使用につながる可能性があります。 これを回避するには、次の記事で説明したように、Volume SnapOptimization レジストリ エントリを更新してください。 https://aka.ms/mabstroubleshootingguide
            50013 セットアップでレジストリ メタデータを更新できない。 このレジストリは、パフォーマンスの向上を目的とします。 この機能を利用するには、次の記事で説明したように、Duplicate Extent BatchSize レジストリ エントリを更新してください。 https://aka.ms/mabstroubleshootingguide
            50014 セットアップでレジストリ メタデータを更新できない。 このレジストリは、パフォーマンスの向上を目的とします。 この機能を利用するには、次の記事で説明したように、Duplicate Extent BatchSize レジストリ エントリを更新してください。 https://aka.ms/mabstroubleshootingguide
            50500 セットアップでは、このコンピューター Microsoft Azureバックアップが既にインストールされていることを検出しました。 インストールをスキップします。
            50501 Microsoft Azure登録済みのバックアップ コンテナーが保護ストレージ モデル上にあるコンピューターにバックアップをインストールすることはできません。 バックアップ コンテナーを保護されたインスタンス モデルに変更してください。
            50502 提供されているツールのSQL Serverは、2014 年SQL Serverです。 サポートされている最小バージョンの SQL Server 2014 SQL Serverです。
            50503 SQL Server管理 2014 ツールは、このコンピューターにインストールされていません。
            1) インストール メディアから SQLツールをインストールしてください。
            2) ツールの詳細については、「SQL Server」を参照してください https://msdn.microsoft.com/data/hh297027
            50504 .NET Framework 3.5 SP1 は、このコンピューターにインストールされていません。 インストールしてセットアップを再実行します。
            50506 バックアップ サーバーの新Microsoft Azureバージョンを使用できます。 新しいバージョンの詳細を確認し、そこからダウンロードできます https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=620846

            エラー コード100001+

            エラー コード メッセージ ページの先頭へ
            100001 必要なアイテムが省略されたため、このバックアップ ポリシーを保存できません。 バックアップ スケジュール、保持ルール、選択した有効なファイルとフォルダーが構成されていることを確認し、バックアップ ポリシーを再度保存します。
            100002 バックアップするファイルが指定されていないので、このバックアップ ポリシーを保存できません。 バックアップに含めるファイルを選択し、もう一度ポリシーを保存します。
            100003 バックアップに指定されたファイルが無効なので、このバックアップ ポリシーを保存できません。 バックアップに含める有効なファイルを選択し、もう一度ポリシーを保存します。
            100004 バックアップ スケジュールが指定されていないので、このバックアップ ポリシーを保存できません。 バックアップを実行する日数と時間を選択し、もう一度ポリシーの保存を試みます。
            100005 バックアップ スケジュールが完了していないので、このバックアップ ポリシーを保存できません。 バックアップを実行する日数と時間の両方が選択されているのを確認し、ポリシーの保存を再度試みます。
            100006 このバックアップ ポリシーは、バックアップの実行に使用する前に保存する必要があります。
            100007 削除しようとするバックアップ ポリシーがサーバーに存在しません。
            100008 現在のサーバーに既に既存のバックアップ ポリシーが存在する場合、新しいバックアップ ポリシーを作成できません。 このサーバーの新しいバックアップ ポリシーを作成するには、最初に前のポリシーを削除する必要があります。 バックアップの実行時間、またはバックアップに含まれるアイテムを変更するには、既存のポリシーを変更します。
            100009 現在実行中のバックアップ操作で、無効なパラメーターが検出されました。 バックアップ操作を停止し、バックアップに含まれるファイルとフォルダーが有効か確認します。
            100010 内部エラーにより、バックアップ ポリシーが変更されました。
            100011 このアプリケーションを開始するには、ローカルの Administrator グループのメンバーである必要があります。または同等の権限を持っている必要があります。
            100012 この操作を実行するには、サーバーを Microsoft Azureバックアップに登録する必要があります。
            100013 バックアップ ポリシーにこのボリュームを含めるには、バックアップに含めるボリュームから少なくとも 1 つのファイルまたはフォルダーを指定する必要があります。
            100014 指定されたバックアップ スケジュールは、日数または時間が重複している場合に使用できません。 スケジュールを保存する前に、重複するアイテムを削除します。
            100015 指定されたバックアップ スケジュールは使用できません。 バックアップ スケジュールは、00:00 時間から 30 分ごとに実行するように構成できます。 1 時間または 30 分のバックアップ時間を選択します。
            100016 バックアップ ポリシーは、ファイルやフォルダーなしでは保存できません。
            100017 バックアップ操作を開始できなかった。
            100018 回復操作を開始できなかった。
            100019 現在の操作を停止する必要がありました。
            100020 バックアップ Microsoft Azureレプリケーション エンジンが初期化に失敗し、バックアップ操作を再試行しました。
            100021 Microsoft Azure現在の操作の状態を確認Microsoft Azureバックアップ エージェントがバックアップ サーバーに接続する必要があります。
            100025 このサーバーの暗号化パスフレーズの有効期限が切れています。 バックアップ MMC スナップインからMicrosoft Azureパスフレーズを構成します。
            1. [操作] ウィンドウで、[ プロパティの変更] 選択し、[暗号化設定] タブを選択 します。
            2. 指定された領域に、バックアップの暗号化に使用するパスフレーズを入力します。
            100027 Microsoft Azureバックアップ エージェントは、復元の実行に必要な暗号化キーを取得できません。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100028 バックアップに指定されたボリュームは読み取り専用ドライブとして構成され、バックアップを使用してバックアップMicrosoft Azureできません。
            100029 バックアップに指定されたボリュームはクラスター共有ボリュームであり、バックアップを使用してバックアップMicrosoft Azureできません。
            100030 Microsoft Azureバックアップ エージェントは、バックアップ のバックアップを使用してバックアップ ストレージの場所を初期化Microsoft Azureしました。 再度実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100031 Microsoft Azureバックアップ エージェントは、バックアップの実行に必要なバックアップMicrosoft Azureを使用して、ストレージの場所を初期化できません。 再度実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100032 Microsoft Azureバックアップ エージェントは、バックアップ操作の完了時に予期しないエラーが発生しました。 このバックアップは回復できない場合があります。 再度実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100033 Microsoft Azureバックアップ エージェントは、バックアップ操作の完了時に予期しないエラーが発生しました。 このバックアップは回復できない場合があります。 再度実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100034 Microsoft Azureバックアップ エージェントは、選択したボリュームのスナップショットを作成できません。 再度実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100035 Microsoft Azureバックアップ エージェントは、バックアップにデータを転送中に予期しないMicrosoft Azureしました。 このバックアップは回復できない場合があります。 再度実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100036 Microsoft Azureバックアップ エージェントで、バックアップ操作中に予期しないエラーが発生しました。 このバックアップは回復できない場合があります。 再度実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100037 現在の操作は管理者によって取り消されました。
            100038 現在の操作が正常に完了しなかった。 詳細については、データ ソースのエラーの詳細を参照してください。
            100039 バックアップ用に選択されたファイルとフォルダーを持つ 1 つ以上のボリュームが存在しません。 バックアップ用に選択されたボリュームがマウントされ、オンラインで、アクセス可能な場合は、もう一度やり直してください。
            100040 バックアップに指定されたボリュームは、固定ボリュームではありません。 Microsoft Azureバックアップは、固定ボリュームでのみ使用できます。
            100041 バックアップ用に指定されたボリュームは、現在 BitLocker ドライブ暗号化によって保護されています。 ボリュームをバックアップする前に、ボリュームのロックを解除するMicrosoft Azureがあります。 ボリュームのロックが解除され、もう一度操作を試してください。
            100042 このコンピューターの暗号化パスフレーズが正しく構成されていません。 暗号化パスフレーズの長さは 16 文字以上である必要があります。 続行するには、16 文字以上のパスフレーズを指定します。
            100043 このコンピューターの暗号化パスフレーズが正しく構成されていません。 暗号化パスフレーズの長さは 16 文字以上である必要があります。 続行するには、16 文字以上のパスフレーズを指定します。
            100044 入力された暗号化パスフレーズが一致しません。 入力した両方のパスフレーズが一致し、続行します。
            100045 保持設定が正しく構成されていないので、このバックアップ ポリシーを保存できません。 バックアップのスケジュール ウィザードを使用して、ポリシーを再度構成します。
            100046 Microsoft Azureバックアップ エージェントが操作を初期化できなかった。 システム エラーの詳細とシステム イベント ログを確認し、適切なアクションを実行してから、もう一度操作を実行します。
            100047 バックアップまたは回復操作が進行中の場合、バックアップ ポリシー設定を変更できません。 操作が完了するか、現在実行中の操作を取り消すまで待ち、もう一度やり直してください。
            100048 サーバーの暗号化キーの数が上限を超えています。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100049 バックアップ操作または復元操作が現在進行中のため、試行された操作は現時点では実行できません。 操作が完了するか、現在実行中の操作を取り消すまで待ち、もう一度やり直してください。
            100050 バックアップ Microsoft Azureエージェントがバックアップバックアップに接続Microsoft Azureしました。 ネットワーク設定を確認し、インターネットに接続できると確認します。
            100051 接続Microsoft Azureがタイム アウトする前に、バックアップ エージェントMicrosoft Azureバックアップに接続できません。 ネットワーク設定を確認し、[インターネットに接続できる] を確認します。
            100052 バックアップ Microsoft Azure OBEngine サービスに接続できません。 OBEngine サービスがサービス コントロール パネルに存在し 、InputParameterTag <ポート>確認します。
            100053 このサーバー上のバックアップ エージェントMicrosoft Azure応答を取得できません。 これは、バックアップ エージェントが他の要求Microsoft Azureビジー状態にあるためです。 しばらくすると、この操作を再試行してください。
            100055 予期しないエラーが発生すると、バックアップ検証プロセスが失敗しました。 エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行します。 その後、もう一度操作を実行します。
            100056 ファイル名には、次の文字を含めることはできません "\/:?<>|
            ワイルドカード文字 ( ) を使用して回復するアイテムの検索は * * 、abc、abc*、*abc などのパターン * でのみサポートされます。
            エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行します。 その後、もう一度操作を実行します。
            100057 現在のバックアップ操作は、データ転送エラーの数が FailureCount <を超>指定されたファイルを処理できなかったため失敗しました。 スクラッチ領域が構成されているボリュームが満たされていないか確認し、ログ内の個々のエラーに対処した後で操作を再試行します。
            100058 データ転送エラーの数が FailureCount の数を超えたため、現在の回復操作<指定>処理できなかったためです。 別の復旧ポイントを選択し、回復操作を再試行します。
            100059 FileName ファイルのログ ファイルを作成できなかった<操作>失敗しました。
            100060 どのファイルも処理できなかったので、バックアップ ジョブは失敗しました。 ログ内の個々のエラーに対処した後で操作を再試行する
            100061 どのファイルも処理できなかったので、回復ジョブは失敗しました。 別の復旧ポイントを選択し、操作を再試行します。
            100062 サーバー登録の状態は、バックアップを使用してMicrosoft Azureできませんでした。 インターネットに接続し、プロキシ サーバーの設定が正しく構成されていることを確認します。 次に、Microsoft Azure MMC スナップインを更新して、サーバー登録の状態を更新します。
            100063 ConfigurationError
            100064 バックアップを 1 日に 3 回以上実行するように構成することはできません。 スケジュールされたバックアップの数を 1 日に 3 回に制限します。
            100065 バックアップは、7 日、15 日、または 30 日間保持できます。 他の値ではありません。 バックアップを 7 日、15 日、または 30 日間保持するかどうかを選択します。
            100066 内部サービス エラー [InputParameterTag <] が原因>。 しばらく経過した後で操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100067 バックアップ エージェントがバックアップにMicrosoft Azureできなかったため、操作Microsoft Azureしました。 インターネットに接続されていることを確認し、プロキシ サーバーの設定が正しく構成されていることを確認してから、もう一度やり直してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100068 Azure バックアップでは、ネットワーク共有への回復はサポートされていません。 回復先としてローカルにマウントされた NTFS ボリュームを選択し、もう一度やり直してください。
            100069 Microsoft AzureRecovery Services エージェントが回復場所を見つけ出す方法が見つからなかった。 指定した回復場所がオンラインでアクセス可能な場所を確認する
            100070 回復する 1 つ以上のファイルに対して選択された回復先が無効です。 回復先がローカルにマウントされた NTFS ボリューム上にあるか確認します。
            100071 バックアップ用に指定されたボリュームが無効です バックアップ ソースとしてディスク上のボリュームを選択します。 ボリュームをバックアップするには、NTFS を使用してボリュームを書式設定し、書き込み可能である必要があります。 クラスター化された共有ボリューム、ネットワーク共有、DVD ドライブや USB フラッシュ ドライブなどのリムーバブル メディアはサポートされていません。
            100072 選択した宛先ボリュームに空き領域が存在しなかから、回復操作を完了できません。 十分な領域を持つボリュームを選択し、もう一度やり直してください。
            100073 MaxSupportedSize の最大許容データ ソース サイズが GB を超えた<バックアップ操作>失敗しました。 バックアップに含まれるデータの量を減らして、操作を再試行します。
            100074 バックアップ用に作成された VSS スナップショットは、バックアップの進行中に消えました。 バックアップを再試行します。 問題が解決しない場合は 、vssadmin コマンド ライン ツールを使用して差分領域の割り当てを増やし、最新の更新プログラムがインストールされていることを確認してください。
            100075 バックアップ操作に関係する 1 つ以上のボリュームをスナップショット セットに追加中にエラーが発生しました。 イベント ログを確認して、問題のトラブルシューティングを行います。 アプリケーション イベント ログの VolSnap データ ソースの最近のレコードを確認して、問題が発生した理由を確認します。
            100076 このサーバーでは大文字と小文字の区別が有効になっているため、この操作を実行できません。 大文字と小文字を区別するファイルとフォルダーのバックアップは、サーバーで大文字と小文字の区別が無効になっている場合でもサポートされません。
            100077 FileName ファイルの指定<パス> 1 つ以上の理由で無効です。
            1) ファイル名に次の文字を含めることはできません <>:"/\|?
            2) ファイル パスに次の文字を含めることはできません <>:"/\|*?
            3) ファイル パスを相対パスとして指定することはできません。 含 . め、または ..
            4) UNC パスを使用してファイルの場所を指定することはできません。
            ファイルの場所のパスで相対パスまたは UNC パスを使用する場合は、絶対パスを使用するファイル パスを変更します。 フォルダーのファイル名にサポートされていない文字が含まれている場合は、バックアップする前にアイテムの名前を変更する必要があります。
            100078 FileName ファイル のファイル パスを<ボリューム>、次の 1 つ以上の理由で無効です。
            1) ボリュームは BitLocker ドライブ暗号化によって保護されています。
            2) ボリュームは NTFS で書式設定されていない。
            3) ドライブの種類が固定されていない。
            4) ボリュームは読み取り専用です。
            5) ボリュームは現在オンラインではありません。
            6) ボリュームはネットワーク共有上です。
            100079 FileName ファイルの指定<パス>見つからないパスを参照するために無効です。 ファイル パスが正しいか確認してから、もう一度やり直してください。
            100080 指定した FileName <パス>、再解析ポイントの下にあるため無効です。 再解析ポイントの下にあるファイルをバックアップすることはできません。 再解析ポイントの移動先を含むファイル パスを指定し、もう一度やり直します。
            100081 FileName ファイルの指定<パス> 1 つ以上の理由で無効です。
            1) ローカル サーバー上にないパスを参照します。
            2) 有効なドライバー文字ベースのファイル パスではありません
            ドライブ文字ベースのファイル パス (たとえば、C:\folder\folder\folder *.txtまたはC:\mnt\E_vol\1.txt指定し、もう一度 \ やり直してください。
            100082 バックアップ エージェントの新Microsoft Azureバージョンが利用可能です。
            100083 バックアップ エージェントの新Microsoft Azureバージョンを使用できます。 新しいバージョンの詳細を確認し、そこからダウンロードできます http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=229525
            100084 ストレージ領域全体の 80% 以上が消費されています。
            100085 ストレージ領域全体の 80% 以上が消費されています。 バックアップが中断せずに実行されるのを確認するには、バックアップ スケジュールを変更して、以前のバックアップの保持範囲を減らすか、バックアップするアイテムの数を減らします。
            100086 データ重複排除を使用して最適化されたソース ボリュームのファイルは、最適化されていない形式でバックアップされます。
            100087 このサーバーをバックアップ サービスで認証するには、サーバー登録証明書を使用できません。 管理者アカウントでサインインし、もう一度やり直してください。 問題が解決しない場合は、サーバーを再度登録します。
            100088 このサーバーのサーバー登録証明書は無効で、バックアップ サービスでこのサーバーを認証するために使用できません。 サーバー ID を確立するには、サーバーを再度登録する必要があります。
            100089 バックアップ Microsoft Azureエージェントは、バックアップ サービスでこのサーバーを認証できません。 サーバー ID を確立するには、サーバーを再度登録する必要があります。
            100090 サーバーの登録または登録解除の操作が進行中です。 操作が完了したら、サーバーの登録または登録解除操作を再試行します。
            100091 FileName ファイルの操作の実行中にエラー<発生>。 この問題を解決するには
            - 操作を再試行します。
            - 利用可能なリソースが不足してエラーが発生した場合は、一時的なエラーになる可能性があります。 しばらく経過した後で操作を再試行します。
            100092 バックアップ エージェントMicrosoft Azureスケジュールされたバックアップを開始する必要があります。 他のバックアップまたは回復操作が進行中でなか確認します。
            100093 指定した場所の読み取り中にエラーが発生しました。 場所が有効であり、フォルダーに対する読み取りおよび書き込み権限を持っている必要があります。
            100094 バックアップ サービスとバックアップ エージェントのデータMicrosoft Azureが一致しません。 Microsoft ダウンロード センター ( から Microsoft Azureバックアップ エージェントの最新バージョンをインストールします https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=229525) 。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100095 1 つ以上のファイルの元の場所が使用できなくなったので、回復操作を実行できません 回復先として別の場所を指定し、もう一度やり直してください。
            100096 指定されたパスが無効です。 ボリュームが存在することを確認し、正しいドライブ文字を指定します。
            100097 指定されたターゲット ボリュームが正しくありません。 ターゲット ボリュームが存在し、保護されていないか確認します。
            100098 rename-obvolume の実行に失敗しました。 しばらく経過した後で操作を再試行します。
            100099 空き領域が不足して、選択したバックアップ ボリュームのスナップショットを Azure Backup で作成できなかったため、バックアップに失敗しました。 バックアップされた各ボリュームで使用可能な空き領域が 1 GB 以上あるか確認します。
            100100 回復用に選択された 1 つ以上のファイルまたはフォルダーが、選択したバックアップに存在しない。 これは、失敗したファイルが少ない警告でバックアップが完了した場合に発生する可能性があります。 この問題を解決するには:
            1. 警告なしで成功したバックアップからの回復を試します。
            2. 現在のファイルの親フォルダーを復元します。
            100101 バックアップを実行するには、アクティブな状態のポリシーが必要です。
            100102 PolicyState を [削除済み] に設定することはできません。 ポリシーの削除には RemoveOBPolicy を使用します。
            100103 暗号化のために提供されるアルゴリズム名はサポートされていません。 アルゴリズム名のスペルが正しいことを確認します。 既定のアルゴリズムを使用するには、アルゴリズム名を指定するレジストリ エントリを削除します。
            100104 この時点では、並列バックアップ ジョブの最大数が既に実行されているので、試行された操作を実行できません。 他のバックアップ操作が完了するか、現在実行中のバックアップ操作を取り消すまで待ち、もう一度やり直してください。
            100105 この時点では、並列復元ジョブの最大数が既に実行されているので、試行された操作を実行できません。 他の復元操作が完了するか、現在実行中の復元操作を取り消すまで待ち、もう一度やり直してください。
            100107 このサーバーで証明書を使用して、このサーバーをバックアップ コンテナーで認証Microsoft Azure使用できません。 このサーバーにインストールした証明書が、バックアップ コンテナーにアップロードされた証明書に対応Microsoft Azure確認してから、もう一度やり直してください。
            100108 このサーバーに関連付けられている証明書は無効になったので、このサーバーをバックアップ コンテナーで認証Microsoft Azureできません。 インストールした証明書が、バックアップ コンテナーにアップロードされた証明書に対応し、Microsoft Azure有効期限が切れていないか確認します。 その後、もう一度やり直してください。
            100109 復旧ポイントの数は 、MaxRecoveryPoints <を超>。 バックアップスケジュールや保持設定を変更します。
            100110 このサーバーは、コンテナー資格情報で指定されたコンテナーに登録されていません。 適切なコンテナー資格情報を指定します。
            100111 現在の操作は、指定されたコンテナー資格情報に関連付けられているコンテナーの種類ではサポートされていません。 適切なコンテナー資格情報を指定します。
            100112 指定された発行設定ファイルが無効です。 Azure portal から発行設定ファイルをダウンロードし、ポリシーを再度作成する
            100113 指定されたサブスクリプション ID が無効です。 提供された発行設定ファイルに対応する有効なサブスクリプション ID が与えられるか確認する Azure portal でサブスクリプション ID を確認し、対応する発行設定ファイルをダウンロードし、ポリシーを再度作成する
            100114 指定されたインポート ジョブ名が無効です。 名前が小文字、数字、アンダースコアすべてで構成され、名前がストレージ アカウント内の既存のインポート ジョブと競合しなか [ジョブ名のインポート] をオンにし、Azure portal Import/Exportの [Storage] タブで重複する名前を確認します。
            100115 指定されたディレクトリ パスが存在しないか、アクセスできない ディレクトリが存在し、有効なアクセス許可を持っている場合の確認
            100116 指定された文字列名が無効です 名前の指定に無効な文字が使用されているかどうかを確認する
            100117 ローカル ストアへの管理証明書のプッシュに失敗しました 証明書が既に存在するか、ストアにアクセスできないか確認する
            100118 [ジョブ名のインポート] は、2 ~ 64 文字の長でなければなりません。 小文字、数字、ハイフン、アンダースコアのみを含め、文字で始め、スペースを含めることはできません。 HASH(0x2ec9f14)
            100119 Storageアカウント名の長は 3 ~ 24 文字です。 小文字と数字のみを含めできます。 HASH(0x2ecb944)
            100120 Storageコンテナー名の長は 3 ~ 63 文字です。 小文字、数字、ハイフンのみを含め、文字または数字で始める必要があります。 名前に連続するハイフンを 2 つ含めすることはできません。 HASH(0x2ef82c4)
            100121 Azure Backup は、指定された回復場所に書き込む事ができない。 指定した回復場所に SYSTEM アカウントの読み取り/書き込み/変更のアクセス許可を提供し、もう一度やり直してください。
            100122 Microsoft Azure回復サービス エージェント UI および PowerShell コマンドレットは、DPM サーバーでは使用できません。 DPM UI または DPM PowerShell コマンドレットを使用します。
            100123 [回復] で選択したアイテムの一覧が大きいか、選択したアイテムのパス名が長いので、ファイルを回復できません。 個々のアイテムを減らした後で操作を再試行します (完全なフォルダーを選択すると役立ちます)。
            100124 オフライン バックアップを開始するステージング場所を準備できません。 指定されたステージング場所が有効で、オンラインで、書き込み可能な場所を確認し、もう一度やり直してください。
            100125 オフライン バックアップの構成を作成/更新できません。 既存のスケジュールを削除し、バックアップを再スケジュールします。 指定されたステージング場所が次の要件を満たしていることを確認します。
            1. ステージングの場所は有効で、オンラインで、書き込み可能です。
            2. ステージングの場所にはローカル システムの特権があります
            100126 代替サーバーの回復を開始するために使用される Vault Credential ファイルの有効期限が切れたので、回復がタイム アウトしました。 新しくダウンロードした Vault Credential ファイルでもう一度やり直し、少ないアイテムを復元して、Vault Credential の有効期限 48 時間以内に回復を完了します。
            100128 ポリシーがオフライン バックアップ モードの場合、保護用の新しいボリュームを追加できません。 ポリシー モードが [オンライン] に変わるまで待ち、もう一度やり直してください。
            100129 セキュリティ PIN が設定されていない。 セキュリティ PIN を設定するには、Azure portal にサインインし、[Recovery Services コンテナー] 設定 [セキュリティ PIN の生成] に > > > 移動します
            100130 入力されたセキュリティ PIN が正しくありません。 この操作を完了するには、正しいセキュリティ PIN を指定します。
            100132 1 日のバックアップの保持期間が 7 日未満、週 4 週間のバックアップ、月単位のバックアップが 3 か月、年次バックアップが 1 年間である場合、アイテム保持ポリシーを更新できません。 指定した保持範囲が最小保持期間の要件を満たしていることを確認し、もう一度やり直してください。
            100133 ソース ボリューム のスナップショットは、データ ソース レプリカの不整合が原因で失敗しました。 このデータ ソースで整合性チェックを実行し、もう一度やり直してください。
            100134 レプリカのメタデータが無効なので、ソース ボリューム のスナップショットに失敗しました。 このデータ ソースのディスク復旧ポイントを作成し、オンライン バックアップを再試行します。
            100135 ファイル カタログ情報をアップロードできません。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100136 FileName をマウントできないという名前の仮想ハード ドライブ<バックアップを開始できない> RPC サービスがオンラインであり、ディスクの管理が VDS に接続可能な構成を確認します。 仮想ディスク サービスと obengine サービスを再起動し、バックアップ操作を再試行します。 詳細とソリューションについては、次のコードを0x800706BAしてください。
            100137 FileName をマウントできないという名前の仮想ハード ドライブ<バックアップを開始できない> 仮想ディスク サービスを再起動し、バックアップ操作を再試行します。 最新のオペレーティング システムにアップグレードします。 詳細とソリューションについては、次のコードを0x80004005してください。
            100138 FileName をマウントできないという名前の仮想ハード ドライブ<バックアップを開始できない> 仮想ディスク サービスを再起動し、バックアップ操作を再試行します。
            100139 シャドウ コピーのボリューム領域が小さいため、ソース ボリューム のスナップショットが失敗しました。 シャドウ コピー ボリュームには、スナップショットを取得できる 1.2 GB 以上の空き容量が必要です。 シャドウ コピーのボリューム サイズを大きくし、もう一度やり直してください。
            100140 レプリカがアイドル状態ではないので、ソース ボリューム のスナップショットが失敗しました。 レプリカがアイドル状態ではありません。 しばらく時間が経過した後にもう一度やり直してください。
            100141 このコンピューターの時刻が同期されないので、認証できません。 これが解決されるまで、すべての操作は失敗します。 コンピューターの時刻を同期して、正確に設定します。
            100142 登録を完了するために必要な重要な詳細が見つかりませんでした。 これは、エンジンのクラッシュが原因で発生する可能性があります。 コンテナー資格情報の詳細を再度入力し、もう一度登録を試みます。
            100143 回復サービス エージェントがバックアップにMicrosoft Azureできなかったため、操作Microsoft Azureしました。 インターネットに接続されていることを確認し、プロキシ サーバーの設定が正しく構成されていることを確認してから、もう一度やり直してください。 ファイアウォール、VPN、またはプロキシ サーバーが Azure エンドポイントへの呼び出しをブロックしている場合に確認します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100144 回復サービス エージェントがバックアップにMicrosoft Azureできなかったため、操作Microsoft Azureしました。 インターネットに接続されていることを確認し、プロキシ サーバーの設定が正しく構成されていることを確認してから、もう一度やり直してください。 ファイアウォール、VPN、またはプロキシ サーバーが Azure エンドポイントへの呼び出しをブロックするかどうかを確認します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100145 wbadmin コマンドレットまたは WSB PowerShell コマンドレットをトリガーできません。 Microsoft Azure回復サービス エージェントでは、Windowsサーバー バックアップを使用する必要があります。 サーバー バックアップWindows wbadmin コマンド ライン ツールがインストールされ、wbadmin サービスが実行されていることを確認します。

            詳細については、「Install Windows サーバー バックアップ ツール」を参照してください
            100146 システム状態のバックアップがサーバー バックアップで開始される前に、Windowsが終了しました。 サーバー バックアップWindows wbadmin コマンド ライン ツールがインストールされていることを確認します。 詳細については、「Install Windows サーバー バックアップ ツール」を参照してください
            100147 サーバー バックアップからジョブの状態を取得Windowsできません。 サーバー バックアップWindows wbadmin コマンド ライン ツールがインストールされていることを確認します。 これは、WSB プロセスがクラッシュした場合にも発生します。

            詳細については、「Azure Backup Windows Azure へのシステム状態バックアップの一般提供」を参照してください
            100148 サーバー バックアップで別のジョブが実行Windows失敗しました。 このジョブは、独自に再試行されます。
            100149 システム状態のバックアップWindows必要なサーバー バックアップ ツールをインストールできません この手順に従って、サーバー Windows wbadmin コマンド ライン ツールをインストールします。

            詳細については、「Azure Backup Windows Azure へのシステム状態バックアップの一般提供」を参照してください
            100150 システム状態バックアップ用に構成されたターゲット VHD パスが無効です。 VhdFilePath <ローカルに>されているボリューム上に、オンラインでアクセス可能な環境を確保する
            100151 システム状態バックアップ用に構成されたターゲット ボリューム パスが無効です。 VolumePath <が>マウントされたボリューム上にいて、オンラインでアクセス可能な場所にあるか確認する
            100152 VhdFilePath を使用してシステム状態バックアップ VHDD を<し 、volumePath>を<作成>。 VhdFilePath および VolumePath サーバー上にファイルとディレクトリを作成するための LOCAL SYSTEM ADMIN <権限>持<確認>。
            100153 ターゲット ボリュームのディスク領域が不足している場合、System State バックアップを実行できない ターゲット ボリュームに最低 20 GB のディスク領域が確保され、操作を再試行してください。
            100154 システム状態のバックアップは、このコンピューターではサポートされていません。 詳細については、「Azure Backup Windows Azure へのシステム状態バックアップの一般提供」を参照してください
            100155 ステージング vhd を準備できないので、バックアップを開始する必要があります。 LOCAL SYSTEM が VhdFilePath のアクセス権を持<パス>、バックアップを再試行してください。
            100156 WSB ジョブの停止に失敗しました。 操作を再び実行してください。
            100157 サーバー のバックアップ ジョブがエラー メッセージWindows失敗した場合、操作を実行できない :wsBMessage <。> この問題の解決方法の詳細については、「Microsoft Azure サービス エージェントのシステム状態バックアップエラー (エラー ID 8007007B)」を参照してください。
            100158 サーバー のバックアップ ジョブがエラー メッセージWindows失敗した場合、操作を実行できない :wsBMessage <。> この問題の解決方法の詳細については、「Microsoft Azure サービス エージェントのシステム状態バックアップエラー (エラー ID 8007007B)」を参照してください。
            100159 サーバー のバックアップ ジョブがエラー メッセージWindows失敗した場合、操作を実行できない :wsBMessage <。> この問題の解決方法の詳細については、「Microsoft Azure サービス エージェントのシステム状態バックアップエラー (エラー ID 8007007B)」を参照してください。
            100160 WSB でジョブが失敗しました。 操作を再び実行してください。
            100161 無効なシステム状態の復元ポイント。 操作を再び実行してください。
            100162 回復サービス エージェントが WSB Microsoft Azure状態の復元をトリガーできなかったため、操作は失敗しました。 WSB と wbadmin がインストールされていることを確認します。
            100163 システム状態の復元ジョブの開始に失敗しました。 操作を再び実行してください。
            100164 無効なシステム状態のバックアップ コピー 操作を再び実行してください。
            100165 Microsoft Azure応答しない VDS サービスが原因で、Recovery Services エージェントがバックアップ ストレージの場所を初期化できなかった。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100166 Microsoft AzureRecovery Services エージェントは、バックアップを使用してバックアップ ストレージの場所を初期化Microsoft Azureしました。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100167 Azure Backup では、オフライン初期バックアップ用に構成されたアイテムのアイテムの変更やバックアップと保持時間はサポートされていません。 オフライン バックアップ ジョブが完了するまで待って、バックアップ ポリシーを変更します。
            100168 システム ファイル エラーが原因でバックアップに失敗しました。 これは、このサーバーで保留中の 1 つ以上のアクション (再起動など) が原因である可能性があります。 System File Checker を実行して、システム ファイル エラーを修復し、必要に応じて再起動し、もう一度操作を実行します。 詳細については、「System File Checker ツールを使用して、見つからないシステムまたは破損したシステムを修復する」を参照してください
            100169 システム ファイル エラーが原因でバックアップに失敗しました。 これは、このサーバーで保留中の 1 つ以上のアクション (再起動など) が原因である可能性があります。 System File Checker を実行して、システム ファイル エラーを修復し、必要に応じて再起動し、もう一度操作を実行します。 詳細については、「System File Checker ツールを使用して、見つからないシステムまたは破損したシステムを修復する」を参照してください
            100170 バックアップ用に選択された 1 つ以上のボリュームのスナップショット操作を開始できなかったため、バックアップに失敗しました。 ボリュームが、別の VHD に含まれている仮想ハード ディスク (VHD) 上に含まれているので、必ず確認してください。 また、VHD 上にあるファイルがバックアップ用に選択されていないか、VHD を含むボリューム上のファイルが選択されていないか確認します。
            100171 Windowsディスク領域が小さいので、サーバー バックアップはシステム状態のバックアップに失敗しました。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> ディスク領域を増やしたり、スクラッチ フォルダーを大きなボリュームに移動したりして、バックアップを再試行します。
            100172 Windowsサーバー バックアップが一部のシステム ファイルにアクセスできなかった。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> システム ファイル チェッカーを実行して、システムの問題を修正し、バックアップを再試行します。 詳細については、「System File Checker ツールを使用して、見つからないシステムまたは破損したシステムを修復する」を参照してください
            100173 Windowsサーバー のバックアップでシステム状態のバックアップに失敗しました。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> この問題を解決するには:
            1. ディスク領域の量を増やしたり、スクラッチ フォルダーを大きなボリュームに移動したりして、バックアップを再試行します。
            2. System File Checker を実行してシステムの問題を修正し、バックアップを再試行します。

            詳細については、「System File Checker ツールを使用して、見つからないシステムまたは破損したシステムを修復する」を参照してください
            100174 Windowsサーバー のバックアップは、システム状態のバックアップを取るに失敗しました。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> この問題を解決するには
            1. Windows 7 またはWindows Server 2008 R2でシステム状態バックアップ操作を実行する場合は、2155347997 (0x8078001D) エラー コードにある修正プログラムを適用します。
            2. バックアップを再試行します。
            100175 システム状態のバックアップにシステム ライターが見つかりません。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> この問題を解決するには、「サーバー バックアップが失敗した場合にエラーが発生Windowsシステム状態のバックアップ」の手順に従います。システム ライターがバックアップ内に見つかりません
            100176 この機能は非推奨です。 インスタント 回復オプションを使用します。
            100177 システム ファイル エラーが原因でバックアップに失敗しました。 これは、このサーバーで保留中の 1 つ以上のアクション (再起動など) が原因である可能性があります。 システム ファイル チェッカーを実行して、システム ファイル エラーを修復し、必要に応じて再起動し、操作を再試行します。 詳細については、「System File Checker ツールを使用して、見つからないシステムまたは破損したシステムを修復する」を参照してください
            100178 システム ファイルの事前チェックがタイム アウトしたため、バックアップに失敗しました。 バックアップを再試行します。 詳細については、「System File Checker ツールを使用して、見つからないシステムまたは破損したシステムを修復する」を参照してください
            100179 最新の更新プログラムを適用するコンピューターで再起動が保留中のため、システム状態のWindowsできません。 コンピューターを再起動し、バックアップを再試行します。
            100180 VSS で一時的でないエラーが原因でバックアップに失敗しました。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100181 VSS の一時的なエラーが原因でバックアップに失敗しました。 しばらく経過した後でバックアップを再試行します。 この問題が解決しない場合は、VSS サービスを再起動し、もう一度やり直してください。
            100182 スナップショット操作が正常に完了する前に VSS ライターがタイムアウトしたため、バックアップに失敗しました。 しばらく経過した後でバックアップを再試行します。 この問題が解決しない場合は、VSS サービスを再起動し、もう一度やり直してください。
            100183 VSS のエラーにより、Azure Backup が VSS ライターと通信できなかったので、バックアップに失敗しました。 VSS サービスを再起動します。 問題が解決しない場合は、このサーバーを再起動し、もう一度やり直してください。
            100184 VSS サービスでエラーが発生したため、バックアップに失敗しました。 これは一時的な問題である可能性があります。 VSS サービスを再起動し、もう一度やり直してください。
            100185 別のスナップショットの作成が現在進行中のため、バックアップに失敗しました。 しばらく待って、もう一度やり直してください。
            100186 バックアップ中のボリュームにデータをフラッシュ中に VSS サービスがタイム アウトしたため、バックアップに失敗しました。 これは、ボリュームの読み取り/書き込み超過が原因である可能性があります。 ボリューム アクティビティが正常に戻るのを待ち、もう一度やり直してください。
            100187 シャドウ コピー セットには、ライターの選択したコンポーネントを正しくバックアップするために必要なボリュームのサブセットのみが含まれる。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100188 VSS で予期しないエラーが発生し、バックアップに失敗しました。 VSS Writer サービスを再起動し、サーバーを再起動し、もう一度やり直してください。
            100189 VSS サービスで予期しないエラーが発生し、バックアップに失敗しました。 これは一時的な問題である可能性があります。 しばらく経過した後でバックアップを再試行します。 この問題が解決しない場合は、VSS サービスを再起動し、もう一度やり直してください。
            100190 VSS ライター サービスが応答しないので、バックアップに失敗しました。 VSS Writer サービスを再起動し、サーバーを再起動し、もう一度やり直してください。
            100191 Azure Backup がオンライン バックアップに必要なディスク バックアップ レプリカを見つけできなかったため、バックアップに失敗しました。 レプリカを再作成するには、DPM コンソールから次のコマンドを実行します。
            DpmSync.exe -ReallocateReplica

            整合性チェックを実行し、オンライン バックアップを再試行します。
            100192 一時的な問題のため、ディスク バックアップ レプリカのマウント ポイントが見つからなかったため、バックアップに失敗しました。 オンライン バックアップを再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100193 ディスク バックアップ レプリカを複製できなかったので、バックアップに失敗しました。 以前のすべてのディスク バックアップ レプリカ ファイル (.vhdx) がマウント解除され、オンライン バックアップ中にディスクからディスクへのバックアップが進行中でなか確認します。
            100194 一時的な問題のため、ディスク バックアップ レプリカのマウント ポイントが見つからなかったため、バックアップに失敗しました。 オンライン バックアップを再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100201 内部サービス エラーが原因で現在の操作が失敗しました 承認に失敗しました。 しばらくしてから操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100202 内部サービス エラー [認証に失敗しました] が原因で、現在の 操作が失敗しました。 しばらくしてから操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100203 バックアップ仕様の一部だったすべてのフォルダーが見つかりません。 不足しているフォルダーを追加し、もう一度やり直してください。
            100204 ACS から AAD への移行に失敗しました。 サービスを再起動します。
            100205 Microsoft Azure回復サービス エージェントが操作を完了できなかった。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100206 Azure Backup が構成済みのキャッシュの場所でメタデータ vhd を初期化できなかったため、バックアップに失敗しました。 これは、キャッシュの場所を含むディスクのエラーが原因である可能性があります。 キャッシュの場所を別のディスクに移動し、この操作を再試行してください。 キャッシュの場所を更新する方法の詳細については、「バックアップ キャッシュ フォルダーの 管理」を参照してください
            100207 アイテム保持ポリシーは、1 日のバックアップでは 7 日未満、週単位のバックアップでは 4 週間、月単位のバックアップでは 3 か月、年次バックアップでは 1 年間とすることはできません。 アイテム保持ポリシーを更新し、もう一度やり直してください。
            100208 Windowsシステムライターが無効なパスを報告したため、サーバーはシステム状態のバックアップを取り込むため失敗しました。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <>
            100209 Microsoft Azure最新のバックアップを取っている間に、Recovery Services エージェントが不整合を検出しました。 次のバックアップは、データの転送を再度試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100210 Azure Backup が構成されたキャッシュの場所でメタデータ vhd を準備できなかったため、バックアップに失敗しました。 これは、キャッシュの場所を含むディスクのエラーが原因である可能性があります。 キャッシュの場所を別のディスクに移動し、この操作を再試行してください。 キャッシュの場所を更新する方法については、「よく寄せられる質問 - Microsoft Azure回復サービス(MARS) エージェント」を参照してください
            100211 WindowsVSS スナップショットを取得するディスク領域が少ないので、サーバーはシステム状態のバックアップを取るに失敗しました。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> すべての重要 なボリュームを検索するには、「Get-WBVolume」 を参照してください。 すべての重要なボリュームの VSS シャドウ コピー記憶域が十分な空き領域を持つボリューム上にあるか確認します。
            100212 Windows指定されたバックアップ ディスクが見つからなかったため、サーバーはシステム状態のバックアップを実行できなかった。 これは、OS 以外のディスク上に古いインストールから重要なボリューム (EFI または回復ボリューム) Windowsが存在する場合に発生する可能性があります。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> すべての重要 なボリュームを検索するには、「Get-WBVolume」 を参照してください。 使用されていない古い重要なボリュームを書式設定し、バックアップを再試行します。
            100213 Windowsサーバーがシステム状態のバックアップ EFI システム パーティションがロックされているか、他のアプリケーションがシステム パーティション上のファイルを使用しています。 これは、一部のサード パーティ製のセキュリティ ソフトウェアが原因である可能性があります。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> セキュリティ ソフトウェアから EFI システム パーティションを除外またはロック解除し、バックアップを再試行します。
            100214 バックアップの進行中に、Windowsサーバー バックアップによって作成された VSS スナップショットが消えました。 すべての重要 なボリュームを検索するには、「Get-WBVolume」 を参照してください。 重要なすべてのボリュームの VSS シャドウ コピーストレージ領域を増やしたり、シャドウ コピーストレージ領域を大きなボリュームに移動したりします。
            100215 システムライターによって報告されたファイルが壊れています。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> システム ファイル チェッカーを実行して、システムの問題を修正し、操作を再試行します。 詳細については、「System File Checker ツールを使用して、見つからないシステム ファイルまたは破損したシステム ファイルを修復する」を参照してください。
            100216 VSS のエラー Windowsサーバー バックアップが VSS ライターと通信できなかった場合、操作は失敗しました。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> VSS サービスを再起動します。 問題が解決しない場合は、このサーバーを再起動し、もう一度やり直してください。
            100217 ボリュームの読み取り中に予期しないエラーが発生し、バックアップに失敗しました。 これは、ディスク エラーが原因である可能性があります。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> すべての重要なボリュームを検索し、重要なボリュームの chkdsk を実行してバックアップを再試行するには 、「Get-WBVolume」 を参照してください。
            100218 VSS で一時的でないエラーが原因で操作が失敗しました。 管理者特権のコマンド プロンプトから実行し、安定した状態ではないライターの関連サービスを再起動し、 vssadmin list writers 操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100219 ボリュームの読み取り中に予期しないエラーが発生し、バックアップに失敗しました。 これは、ディスク エラーが原因である可能性があります。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> すべての重要なボリュームを検索し、重要なボリュームの chkdsk を実行してバックアップを再試行するには 、「Get-WBVolume」 を参照してください。
            100220 Azure バックアップ エージェントは、WindowsServerBackup から正常にシステム状態のバックアップを見つけ取る必要があります。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100221 Azure バックアップ エージェントは、サーバー バックアップによって取得されたシステム状態Windows検証できません。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100222 サービスへの接続に wbengine 失敗しました。 操作を再び実行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100223 ステージング場所のディスク領域が不足していたので、バックアップに失敗しました。 ステージングの場所に、オフライン バックアップを使用してバックアップするソース データの累積サイズ以上の使用可能なディスク領域が含まれているか確認します。
            100224 このボリュームからバックアップするデータのサイズが、現在の OS バージョンのボリュームごとに <MaxSupportedSize> TB の最大許容サイズを超えているため、バックアップに失敗しました。 Windows Server 2012 以上にアップグレードして、ボリュームあたり最大 54 TB を保護するか、ボリュームごとにバックアップ用に <MaxSupportedSize> TB 以下のデータを選択してください。
            100225 データがステージングの場所に正常に転送されません。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100226 ファイル内の変更を見つけできません。 これは、さまざまな理由が原因である可能性があります。 操作を再び実行してください。 操作を再び実行してください。
            100227 システム ライターの一部が状態が悪いので、操作に失敗しました。 WSB エラー ログ リンクで失敗したライターの一覧を確認するか、管理者特権でコマンド vssadmin list writers プロンプトからコマンドを実行します。 Stable 状態ではないライターの関連サービスを再起動し、操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100228 Azure へのログオンに失敗しました。 この問題を解決するには、「回復サービス(MARS) エージェントMicrosoft Azureトラブルシューティング」を参照してください
            100229 指定したサブスクリプション内の指定されたストレージ アカウントとコンテナーを見つけ出す必要があります。 指定したストレージ アカウントとコンテナーが指定されたサブスクリプションに存在し、もう一度操作を試してください。
            100230 インポート ジョブの状態を照会し、バックアップ データを Recovery Services Vault に移動するために必要なサービス呼び出しを Azure に対して実行できません。 この問題を解決するには、「回復サービス(MARS) エージェントMicrosoft Azureトラブルシューティング」を参照してください
            100231 現在のユーザーが提供されたサブスクリプションの所有者またはサービス管理者ではなかからなのに、提供された Azure サブスクリプション ID にリソースを作成してアクセス許可を適用できません。 提供された Azure サブスクリプションの所有者または管理者としてログオンし、もう一度やり直してください。
            100232 このサーバー上Azure PowerShell見つけできません。 Azure PowerShellバックアップを構成するには、このファイルが必要です。 ファイルをダウンロードしてインストールするには、「Azure PowerShellインストール」をAzure PowerShell。 アプリをインストールしたAzure PowerShellもう一度お試しください。
            100233 サブスクリプションまたは提供されたログオン資格情報が無効である場合、Azure にログオンできません。 入力したサブスクリプション ID またはログオン資格情報が有効な場合は、操作を再試行してください。
            100234 シャドウ コピー セットにシステム状態を正しくバックアップするために必要なボリュームのサブセットのみが含まれているので、操作は失敗しました。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> VSS サービスを再起動します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100235 Windowsサーバー バックアップは、ディレクトリ構造が密のため、システム状態のバックアップに失敗しました。 Windowsサーバー バックアップのエラー メッセージ: WSBMessage <> から利用可能な修正プログラムを適用する サーバー 2008 R2または Windows を実行しているコンピューターでシステム状態をバックアップWindows Server 2012。 次に、バックアップを再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100236 WindowsVSS で一時的なエラーが発生したため、サーバー バックアップはシステム状態のバックアップに失敗しました。 しばらく経過した後でバックアップを再試行します。 この問題が解決しない場合は、VSS サービスを再起動し、もう一度やり直してください。
            100237 ターゲット ディスクが使用できないので、システム状態のバックアップに失敗しました。 ウイルス対策およびストレージ管理アプリケーションの除外リストに Azure Backup スクラッチ フォルダーが含されていないことを確認し、バックアップを再試行します。
            100238 Azure Backup エージェントがステージング ディスクのマウントに失敗したため、システム状態のバックアップに失敗しました。 バックアップを再試行します。
            100239 複数のステージング ディスクがマウントされたため、システム状態のバックアップに失敗しました。 ディスク管理を開き、不要なすべてのディスクをマウント解除し、バックアップを再試行します。
            100240 このポリシーに必要な証明書 XML ファイルARMオフライン シード ポリシーの設定に失敗しました。 アプリと証明書生成ユーティリティのオフライン バックアップ ユーティリティを使用して証明書 XML をMicrosoft AzureインポートAD確認します。 詳細については、前提条件をご覧ください。
            100241 指定されたインポート ジョブ名が、このサーバーで構成されている別のバックアップ ポリシーの一部として別のストレージ アカウント名 "%StorageAccountName;" で構成済みのため、オフライン バックアップ ポリシーを保存できません。 同じインポート ジョブ名とストレージ アカウントのペアを使用してオフライン バックアップを再構成するか、別のリソース グループまたはインポート ジョブ名を選択します。
            100242 このサーバーの認証情報を Azure にアップロードできなかったので、現在の Azure アカウントのオフライン バックアップ ポリシーを作成できません。 別の Azure アカウントを使用してログインするか、に記載されている手順を参照してください https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2051112 。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            100262 要件を満たすために暗号化パスフレーズが検証されていない。 これは、オンラインの復元が正常に行なう場合に必要です。 フォルダーから暗号化パスフレーズを起動して、PassphraseValidator.exe検証 %ProgramFiles%\Microsoft Azure Recovery Services Agent\bin\ してください。
            120001 操作が正常に実行されました。
            120002 処理に失敗しました。
            120003 操作が進行中です。
            130001 Microsoft Azureバックアップで内部エラーが発生しました。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130002 CloudInvalidInputError
            130003 バックアップ サービスのサービス バージョンとバックアップ エージェントMicrosoft Azureが一致しません。 Microsoft ダウンロード センター () からMicrosoft Azureバックアップ エージェントの最新バージョンをインストールします http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=229525 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130004 IdInvalidAudienceError
            130005 IdInvalidTokenError
            130006 IdIssuerNotTrustedError
            130007 IdMissingAudienceError
            130008 IdMissingExpiryFieldError
            130009 IdMissingIssuerError
            130010 IdTokenExpiredError
            130011 IdBadTokenSignatureError
            130012 IdClaimsIntegrityError
            130013 このアクションを実行する権限はありません
            130014 Microsoft Azureバックアップで内部エラーが発生しました。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130015 Microsoft Azure割り当てられた時間内にバックアップが操作を完了できなかった。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130016 CloudConnectionError
            130017 AcsInvalidSAMLAssertionError
            130018 AcsNoOutputClaimError
            130019 AcsNoRPExistsError
            130020 AcsTokenResponseError
            130021 AcsTokenRequestError
            130022 SelfSignedCertCreationError
            130023 AcsMalformedTokenError
            130024 このアクションを実行する権限はありません。
            130025 CloudInvalidDataStreamError
            130026 バックアップ サービス用に構成された URL が無効か、サービスが現在使用できません。 インターネットに接続可能であり、ネットワーク設定が正しく構成されていることを確認します。 その後、数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130027 CloudXmlSchemaError
            130028 DataQueueConnectionStringConfigError
            130029 MessageDequeueCountThresholdExceededError
            130030 CloudWAQueueAccessError
            130031 受信メッセージの最大メッセージ サイズクォータが、受信メッセージの構成済み値を超cbengine.exe.config クォータを増やすには、適切 MaxReceivedMessageSize なバインド要素のプロパティを使用します。
            130032 WebExceptionInternalError
            130033 CloudTrUnknownExceptionError
            130034 CloudServiceFaultExceptionError
            130035 CloudInternalFaultExceptionError
            130036 InvalidTokenAuthZModeError
            130037 CloudWAQueueInitError
            130038 InterServiceTokenMissingExpiryField
            130039 InvalidInterServiceToken
            130040 InterServiceTokenBadSignature
            130041 InterServiceTokenExpired
            130042 Microsoft Azureバックアップで内部エラーが発生しました。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130043 サービスで内部エラーが発生しました。 しばらく経過した後で操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130044 CloudOperationBlockedError
            130045 CloudTableInternalError
            130046 CloudTableConcurrencyError
            130047 CloudTableDuplicateEntityError
            130048 CloudDosLimitIncorrectDefinition
            130049 RandomNumberOutOfRange
            130050 サブスクリプションの有効期限が切Microsoft Azureバックアップに失敗しました。 Azure サブスクリプションを更新して、引き続き正常にバックアップします。
            130051 AcsTokenRequestRetryableError
            130052 このコンピューターの時刻が同期されないので、認証できません。 これが解決されるまで、すべての操作は失敗します。 コンピューターの時刻を同期して、正確に設定します。
            130053 特定のリソースの制限に達すると、操作はブロックされます。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130054 操作は制限を超えて試行されたので、一部の時間ブロックされます。 しばらくすると、操作が再度許可されます。 しばらく経過した後で操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130055 操作で I/O エラーが発生しました。 しばらくすると、操作が再度許可されます。 しばらく経過した後で操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            130056 内部エンドポイントをホストする役割が正しく構成されていないか、ホストされているエンドポイントが現在使用できません。 役割と cscfg の設定が正しく構成されていることを確認します。 操作はクライアントによって再試行されます。 問題が解決しない場合は、エンジニアリング チームにお問い合わせください。
            130057 CloudTableConflictError
            130058 サービスは一時的に利用できません。 しばらくしてから操作を再試行します。
            140001 AcsAddRulesFailureError
            140002 AcsCreateCertIdPFailureError
            140003 AcsCreateRGFailureError
            140004 AcsCreateRPFailureError
            140005 AcsDataServiceClientError
            140006 AcsDataServiceQueryError
            140007 AcsDataServiceRequestError
            140008 AcsDeleteCertIdPFailureError
            140009 AcsDeleteRulesFailureError
            140010 AcsGetRPFailureError
            140011 AcsGetRulesFailureError
            140012 IdAddMachineInDbFailureError
            140013 IdAddUserInDbFailureError
            140014 指定されたサーバー名は、バックアップに登録Microsoft Azureされません。 サーバー名が正しいか確認してから、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            140015 IdMissingAuthHeaderError
            140016 サーバーをバックアップバックアップに登録Microsoft Azureしました。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            140017 IdRegisterMachineInAcsFailureError
            140018 ユーザーをバックアップに登録Microsoft Azureしました。 操作に対して正しいユーザー ID とパスワードを指定していることを確認します。
            140019 IdRegisterUserInAcsFailureError
            140020 バックアップを使用してコンピューターの登録をMicrosoft Azureしました。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            140021 IdUnregisterMachineInAcsFailureError
            140022 IdUpdateMachineInDbFailureError
            140023 IdInvalidMachineCertificateError
            140024 AcsUpdateRPFailureError
            140025 AcsDeleteRGFailureError
            140026 このサーバーのバックアップのライセンス認証Microsoft Azure更新できません。
            140027 AcsDataServiceQueryRetryableError
            140028 AcsDataServiceRequestRetryableError
            140029 AcsDataServiceClientRetryableError
            140030 ComponentHasNoSubscription
            140031 有効なコンテナーが見つかりません 有効なコンテナーが必要な場合は、しばらくしてから操作を再試行してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            140032 IdMgmtStamp には、構成済みの警告制限を超える企業があります 1. IdMgmt スタンプを追加します。
            2. 構成されている会社の数の制限を増やします。
            140033 IdUnregisterUserInAcsFailureError
            140034 DoSLimitMachinesPerCompany
            140035 MSODSGenericError
            140036 MSODSCookieReadError
            140037 MSODSNewCookieError
            140038 MSODSNonRetryableError
            140039 MSODSCertificateError
            140040 MSODSGetChangesFailed
            140041 MSODSGetDirectoryObjectsFailed
            140042 MSODSPublishFailed
            140043 MSODSCookieWriteError
            140044 IdContainerReRegisterNotAllowedError
            140045 BillingTaskInternalError
            140046 PushBillingEventsFailed
            140047 アップロードされた証明書が無効です。
            140048 登録済みサーバーが含まれているので、Vault を削除できません 登録済みのサーバーを削除し、コンテナーを削除します。
            140049 ACS からライセンス認証キーを取得できない コンテナーが存在することを確認します。
            140050 ライセンス認証キーを更新する必要があります。 コンテナーが存在することを確認します。
            140053 Azure Backup コンテナーは、保護されたストレージ モデル上に置かされています。 この課金モデルは、現在のバージョンのバックアップではMicrosoft Azureされません。 バックアップ コンテナーの課金モデルを保護されたインスタンスに変更するか、保護されたインスタンス モデル上の別のバックアップ コンテナーに変更します。
            150001 指定したアカウントを承認できません。 以前にサービスに登録されている正しいアカウントを使用していることを確認するか、サービス管理者に問い合わせて正しい資格情報を取得してください。
            150002 TTInvalidOrgLiveTokenDecryptionError
            150003 指定したアカウントを承認できません。 サービス管理者に問い合わせて、使用している資格情報が正しく、バックアップ用に構成Microsoft Azureします。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            150004 TTInvalidOrgLiveTokenSignatureError
            150005 TTSAMLTokenError
            150006 TTOrgLiveTokenPuidMissingError
            150007 TTOrgLiveTokenExpiredError
            160000 Microsoft Azureバックアップで予期しないエラーが発生しました。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            160001 CloudStorageResourceNotFound
            160002 CloudStorageWriteFailed
            160003 CloudStorageResourcePathNotFound
            160004 このアクションを実行する権限はありません。 サブスクリプションが有効で、操作を実行する権限を持っている必要があります。
            160005 Microsoft Azureバックアップ エージェントは、オンライン データ ストアに問い合わせできません。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            160006 CloudStorageAccountAuthenticationFailed
            160007 CloudStorageAccountNotFound
            160008 CloudStorageResourceAlreadyExist
            160009 Microsoft Azureバックアップで予期しないエラーが発生しました。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            160010 バックアップMicrosoft Azure使用が多く、現時点では要求にサービスを提供できません。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            160011 Win32OperationFailed
            160012 Win32OperationTimeout
            160013 CloudStorageTransientError
            160014 CloudStorageUnexpectedError
            160015 CloudStorageTimeout
            160016 VhdVolumeOnlineFailed
            160017 MetadataBlockCorrupt
            160018 BatCorrupt
            160019 AibCorrupt
            160020 VhdCorrupt
            160021 CatalogObjectNotFound
            160022 ReplicaSnapshotNotFound
            160023 BlobTypeNotAllocated
            160024 バックアップされたデータと一致しないメタデータ内の予期しないエントリがサービスによって検出されました。 これらの不整合を解決するには、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            160025 CloudStorageRequestPreCondtitionFailed
            160026 Win32FileNotFound
            160027 Win32PathNotFound
            160028 InvalidStorageAccountTenantType
            160029 TableBeingDeleted
            170001 ReplicaAlreadyAllocated
            170002 ReplicaNotFound
            170003 ReplicaSnapshotAlreadyExists
            170004 AddPolicyFailedError
            170005 UpdatePolicyFailedError
            170006 VhdMergeFailedBlobDeletion
            170007 ClearPageRangeFailedPageClearing
            170008 GCFailed
            170009 StorageAccountResourceNotFound
            170010 InsufficientBlobStorageForBackup
            170011 StorageAccountResourceIncorrectConfig
            170012 TenantAssignmentContentionError
            170013 StorageResourceManagerInternalError
            170014 NoStorageResourceInValidState
            170015 StorageAccountsNotProvisioned
            170016 CloudDatasourceSizeComputationFailed
            170017 1 つのリソースで保護できるデータ ソースの総数の制限に達すると、データ ソースの追加に失敗しました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            170018 1 つのレプリカのスナップショットの総数の制限に達すると、操作は失敗しました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            170019 1 つのデータ ソースのレプリカの総数の制限に達すると、操作は失敗しました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            170020 1 日の回復の総数の制限に達すると、操作は失敗しました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            170021 DoSLimitAddPolicyPerDay
            170022 DoSLimitDeletePolicyPerDay
            170023 DoSLimitUpdatePolicyPerDay
            170024 DoSLimitUpdatePassphrasePerDay
            170025 DoSLimitGetSASUriPerDay
            170026 バックアップ ポリシーを保存できません。 バックアップで選択したアイテムの一覧が大きいか、選択したアイテムのパス名が長い。 個々のアイテムの数を減らすか、完全なフォルダーを選択してから、操作を再試行します。
            170036 保護サービスに渡されるアイテム保持ポリシー xml が無効です。
            180001 選択した復旧ポイントが存在しません。 別の復旧ポイントを選択します。
            180002 復旧ポイントが使用できないか壊れているか、回復に使用できません。 別の復旧ポイントを選択します。
            180003 VmLocalStorageFull
            180004 VhdMountFailed
            180005 VhdBlockIoFailed
            180006 SourceFileIoFailed
            180008 選択した復旧ポイントへのアクセスが拒否されました。 適切な資格情報を指定し、操作を再試行してください。
            180009 SpecNotFoundInReplicaSnapshot
            180010 CopyBlobGenericError
            180011 CopyBlobOverwritten
            180012 CopyBlobAborted
            180013 RecoveryTaskAborted
            190001 SqlTransientError
            190002 SqlDeadlockError
            190003 SqlAzureDatabaseFullError
            190004 SqlAuthenticationError
            190005 SqlDuplicateDataError
            190006 SqlDependentDataError
            190007 SqlExcessiveResourceError
            190008 SqlUnmappedError
            190009 SqlConcurrencyError
            190010 SqlDataTruncateError
            190011 SqlAzureBusyError
            190012 SqlAzureDistributedTransactionError
            190013 SqlExceptionError
            190014 SqlCmdUnexpectedRowCount
            190015 InvalidDBVersion
            190016 NoEligibleDbPresentForProv
            190017 InvalidFederationDetail
            190018 FederationOperationInProgress
            190019 InvalidFederationKey
            190020 InvalidFederatedMember
            190021 NoFederatedMemberPresentForProvisioning
            190022 SqlClientFirewallSettingNotConfigured
            200001 CatalogCommunicationError
            200002 CatalogInternalError
            200003 CatalogDuplicateDataError
            200004 CatalogConcurrencyError
            200005 EntityFrameworkError
            200006 CatalogUnauthorizedError
            200007 DenormalizedDataNotPresentError
            200008 CatalogDBResourceFull
            200009 CatalogDBVersionNotSupported
            200010 CatalogCriticalUnauthorizedError
            210001 指定された資格情報を使用して認証できません。 サインイン アシスタント プログラムMicrosoft Online Services正しくインストールされ、実行されていることを確認します。 その後、操作を再試行します。
            210002 指定されたユーザー ID またはパスワードが正しくありません。 操作に対して正しいユーザー ID とパスワードを指定していることを確認します。 Microsoft Azure バックアップ ポータルにサインインし、Microsoft Azure Backup へのサブスクリプションがアクティブで、サーバー登録時に指定されたユーザー ID にグローバル管理者の役割が割り当てられているか確認します。 サービスの状態とユーザー ID の役割が正しいと確認できたら、サーバーの登録をやり直してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            210005 このサービスにサインインするには、秘密の質問と秘密の回答を変更する必要があります。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            210006 指定したアカウントのプライマリ電子メール アドレスが確認されていません アカウントのプライマリ メール アドレスを検証し、もう一度操作を試します。
            210007 アカウントが無効になっています。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            210008 認証サービスに連絡中にエラーが発生しました。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            210009 認証サービスに連絡中にエラーが発生しました。 インターネットに接続可能であり、ネットワーク設定が正しく構成されていることを確認します。 その後、数分待って、もう一度操作を試してください。
            210010 プロファイルに関する追加情報が必要なので、アカウントがまだアクティブ化されていません。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            210011 サインイン名が変更されるまで、アカウントはブロックされます。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            210012 Microsoft Online Services Sign-Onアシスタントがサーバーにインストールされていません。 アシスタントをMicrosoft Online Services Sign-On再インストールします。
            220001 InvalidResourceDetails
            220002 GetResourcesFailed
            220003 RefreshResourceLoadCacheFailed
            220004 ResourceLoadAddUpdateFailed
            220005 AddResourceToTenantFailed
            220006 AddResourceToTenantConcurrencyError
            220007 GetResourcesForTenantFailed
            220008 Microsoft Azure現時点では、バックアップはメンテナンス中です。 数分待ちます。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            220009 NoAvailableResourcesToAllocate
            220010 AcquireLockFailed
            220011 ReleaseLockFailed
            220012 StampDbResourceMisconfiguredError
            220013 GetTenantsForResourceFailed
            230001 NoEligibleProtectionStampFound
            230002 NoEligibleFileCatalogStampFound
            230003 SpecifiedStampNotFound
            230004 StampProvisioningFailed
            230005 MessageForwardingFailed
            230006 ResourceNotYetProvisioned
            240000 DatasourceAlreadyProtected
            240001 DsConfigTooLarge
            250000 バックアップ エージェントが新しいバックアップ データを確認するときにMicrosoft Azure破損を検出した場合、新しい復旧ポイントを作成できません。 次のバックアップは、データの転送を再度試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            250001 SkylineChecksumMismatch
            250002 BlockChecksumMismatch
            250003 バックアップでバックアップ データの不整合が検出されたため、操作は失敗しました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            250004 バックアップのメタデータに不整合が検出されたため、操作は失敗しました。 操作を再び実行してください。 再試行後も引き続きこのエラーが表示される場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            250005 1 日の整合性チェックの総数の制限に達すると、操作は失敗しました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            250006 1 日の完全整合性チェックの総数の制限に達すると、操作は失敗しました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            250007 1 日の再構築チェックサム ストアの総数の制限に達すると、操作は失敗しました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            250008 1 日の再構築メタデータ ブロック ストリーム操作の総数の制限に達すると、操作は失敗しました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            250009 NoMetadataBlocksInReplica
            260000 要求された復旧ポイントが壊れています。 別の復旧ポイントを使用して回復操作を再試行します。
            260001 復旧ポイントは、要求された時間パラメーターでは使用できません。 別の時刻パラメーターを使用して回復操作を再試行します。 バックアップは既定で 30 日間保存されます。
            260002 指定したサーバーの復旧ポイントが、要求された日時パラメーターと一緒に存在しません。 別の日時パラメーターまたは別のサーバー名で操作を再試行します。
            260003 組織は現在、バックアップの登録Microsoft Azureされません。 サブスクリプションが最新であり、正しい管理アカウントを使用していることを確認します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            260004 サービスが重大なエラーから回復したため、現在の操作に失敗しました。 サーバーを再登録し、操作を再試行します。
            260005 指定された復旧ポイントは、使用可能な復旧ポイントの一覧に見つかりません。 別の復旧ポイントを指定して操作を再試行します。
            260006 回復ポイントには、指定されたコンポーネントの種類が含まれているのではなく、そのコンポーネントはバックアップでサポートされていません。 使用可能でサポートされているコンポーネントの種類を指定して、操作を再試行します。
            260007 データを回復する対象のバージョンは、バックアップ バージョンのデータから到達できません。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            260008 タスクが有効な回復タスクとしてリストされていないので、指定されたタスク識別子の状態を報告する必要がありました。 有効なタスク識別子を指定して、その状態を照会します。
            260009 要求された操作は、現在処理中のタスクに割り当てられているため、取り消されました。 タスク スケジューラを使用して、実行中のタスクの状態を表示できます。
            260010 内部エラー状態のため、要求された回復操作を処理する必要がありました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            260011 内部エラー状態のため、要求された回復操作を処理する必要がありました。 Microsoft サポートにお問い合わせください。
            260012 サービスが重大なエラーから回復したため、現在の操作に失敗しました。 操作を再び実行してください。
            260013 現在、このサーバーではバックアップを使用できません。 サービスが更新プログラムをインストールしている場合や、回復中である可能性があります。 数分後にもう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            260014 バックアップ サービスが重大なエラーから回復したため、現在のバックアップ操作は一時停止されています。 この回復の結果、バックアップ設定が変更されている可能性があります。 バックアップ設定が正しいか確認します。 バックアップ スケジュールを保存すると、スケジュールに従ってバックアップ操作が再開されます。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            260015 指定された DR 回復ドリル オプションの文字列とバージョンが正しく書式設定されていません。 接続文字列形式でオプションの回復ドリルを確認SQL Server指定します。
            260016 メタデータ状態から参照される 1 つ以上のバックアップ BLOB が BLOB ストアに見つかりません。 別の有効な復旧ポイントを選択してデータを回復します (最新の場合があります)。それ以外の場合は Microsoft サポートにお問い合わせください。
            260017 ターゲット DB スキーマは、現在のバージョンのサービスではサポートされていません。 サービスのアップグレードが正常に完了したと確認します。 問題が解決しない場合は、このエラーを製品グループに報告します。
            260018 ターゲット DB スキーマのバージョンは、現在のバージョンのサービスと互換性がありません。 サービスのアップグレードが正常に完了したと確認します。 問題が解決しない場合は、このエラーを製品グループに報告します。
            260019 以前にトリガーされたプルーニング タスクが進行中で、現在のタスク トリガーがスキップされました。 問題が解決しない場合は、このエラーを製品グループに報告します。
            260020 トリガーされるプルーニング タスクは、予想される次のタスク トリガーの頻度内です。 このタスクはスキップされます。 問題が解決しない場合は、このエラーを製品グループに報告します。
            260021 コンポーネントの種類に対して中止された BCDR プルーニング タスク。 問題が解決しない場合は、このエラーを製品グループに報告します。
            260022 サービスが重大なエラーから回復したため、現在の操作に失敗しました。 回復を再トリガーします。
            260023 サービスが重大なエラーから回復したため、現在の操作に失敗しました。 回復を再トリガーします。
            260024 バックアップ サービスはメンテナンス中ですが、現在は操作は完了しなかっています。 しばらく経過した後、操作を再試行します。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            260025 サービスが重大なエラーから回復したため、現在の操作に失敗しました。 しばらくして、コンピューターをバックアップ コンテナーに登録してみてください。 問題が解決しない場合は、新しいバックアップ コンテナーを作成し、その下にコンピューターを登録します。
            270000 CloudAsyncInternalError
            270001 CloudAsyncWorkAlreadySubmitted
            270002 CloudAsyncWorkLimitReached
            270003 CloudAsyncWorkNoProgress
            270004 CloudAsyncWorkStatusIncompatibleSchema
            270005 CloudAsyncWorkSubmitted
            270006 CloudAsyncWorkNotComplete
            270007 WAStorageDataServiceQueryRetryableError
            270008 WAStorageDataServiceRequestRetryableError
            270009 WAStorageDataServiceClientRetryableError
            270010 WAStorageDataServiceQueryError
            270011 WAStorageDataServiceRequestError
            270012 WAStorageDataServiceClientError
            280001 指定されたプロキシ サーバーのアドレスが有効な URI ではありません。
            280002 指定するプロキシ ポートは、1 ~ 65535 の番号である必要があります。
            280003 プロキシ サーバー認証に使用するユーザー ID が指定されていません。
            280004 プロキシ サーバー認証に使用するパスワードが指定されていません。
            280005 ネットワーク調整の帯域幅使用量は、512 Kbps ~ 1023 Mbps である必要があります。
            280006 ネットワーク調整設定を適用するには、少なくとも 1 つの作業日を選択する必要があります。
            280007 ネットワーク調整設定に指定された開始作業時間と終了作業時間は同じです。 異なる開始時間と終了作業時間を選択します。
            280008 このサーバーの構成設定は、現時点では保存できません。 操作を再び実行してください。
            280009 このサーバーの構成設定は、現時点では取得できませんでした。 操作を再び実行してください。
            280010 プロキシ サーバーで認証が必要な場合は、ユーザー ID とパスワードを指定します。
            280011 Microsoft Azureバックアップ エージェントがプロキシ サーバーに接続できません。 サーバー設定とプロキシ サーバー のアドレスが正しいか確認します。
            290001 InvalidStampDetailsInMsgForwarderDb
            290002 MsgForwardingFailed
            290003 NoStampFoundForTenant
            300001 トリガーされた展開操作に失敗しました。 スローされた例外を見て、それを修正します。 情報を診断するのに十分ではない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            300002 環境ファイルに必須の環境設定が見つかりませんでした。 エラー メッセージに記載されている環境設定が環境ファイルに存在する必要があります。 環境管理コマンドレットを GetADStorage 使用して、環境ファイルを確認できます。
            300003 指定されたフレンドリー名を持つリソース エントリが環境ファイルに見つかりませんでした。 エラー メッセージに記載されている表示名のリソースが環境ファイルに存在する必要があります。 環境管理コマンドレットを GetADStorage 使用して、環境ファイルを確認できます。
            300004 プラグイン アセンブリを読み込む必要があります。 構成ファイルに記載されている DLL パスと型名が正しいか確認します。
            300005 環境ファイルに存在する証明書が無効です。 環境ファイルに存在する証明書情報は、有効な証明書を表す必要があります。 環境ファイルまたは前提条件ファイルに格納されている証明書データは、証明書本文の Base64 文字列形式である必要があります。 証明書のパスワードが正しい必要があります。 前提条件のファイルをシークレット ストアにプッシュする場合は、(フラグを使用せずに使用して) 事前処理 Set-ADStorage 済みである必要 -OverWrite があります。 前提条件のファイルまたは環境ファイルをコミットする場合は、問題を修正する必要があります。 環境ファイルを読み取る場合は、復号化されていない環境ファイルをダウンロードし、問題を修正し、ストレージにコミットしてから、読み取り操作を実行できます。
            300006 指定されたシークレット ストア環境名が見つからないか、サポートされていません シークレット ストア環境名が正しいか確認します。 シークレット ストア環境名が正しい場合は、PG に問い合わせ、特定の環境が回復サービス展開インフラストラクチャでサポートされていることを確認します。
            300007 シークレット ストアがエンド ポイントに接続できない シークレット ストアの環境名とエンドポイントが正しいか確認します。 シークレット ストア サービスが実行されている必要があります。
            300008 シークレット ストア操作に失敗しました エラーの理由については、内部の例外メッセージを確認します。
            300009 シークレット ストアからの展開ストレージ キーの読み取りが失敗しました 有効 DeploymentStorageSSKey なシークレット ストア キーを指定する必要があります。 渡されたシークレット ストア環境に展開ストレージ接続文字列が存在し、アクションを実行しているユーザーがキーにアクセスできる必要があります。
            300010 シークレット ストアに格納されている展開ストレージ アカウント接続文字列が無効な接続文字列 ストレージ アカウントの DeploymentStorageSSKey 有効な接続文字列の値を保持する
            300011 FriendlyName EncryptionCertificate の下の環境ファイルまたは前提条件ファイルにシークレット ストア証明書が見つかりません シークレット ストア証明書は、FriendlyName EncryptionCertificate を使用して環境ファイルまたは前提条件ファイルに存在する必要があります。
            300012 シークレット ストアプレフィックスの名前が無効です。 プレフィックスは、このリンクで示される名前付け規則に従う必要があります。 プレフィックスにバック スラッシュが含まれているのを確認します。 代わりにスラッシュを使用します。 シークレット ストアのプレフィックスは、展開インフラストラクチャによって生成されるシークレット キーのプレフィックスの一部になります。
            300013 要求されたサービスの展開構成が見つかりません。 展開先フォルダーが完了し、\Configs\DeploymentConfigs フォルダーが含まれている必要があります。 サービスの展開構成ファイルが存在する必要があります。
            300014 スタンプに 1 つ以上の無効な設定があります。 環境ファイルの設定が有効な場合は、設定プロセッサの型名と dll が展開構成に正しく記載されていることを確認します。また、検証ロジックが無効な設定を適切に検証します。
            300015 ストレージ アカウントにコミットできるリソース DB リソースがストレージ アカウントに見つかりません。 正しい設定ファイル (Add mode または Update(s) モード) を指定していることを確認します。 プロビジョニングされたリソースがない場合は、ストレージ アカウントにサービスにコミットするリソースが含まれるので、これが想定されます。
            300016 Prereq ファイルが無効と評価されました。 エラー トレースを実行して、無効にされた設定またはリソースと、その理由を特定します。
            300017 指定されたスタンプのプロビジョニング アクションのデータセンターが、展開コンテキストが初期化されているデータセンターと一致しない PowerShell 環境で実行している場合は、プロビジョニングが SetEnvironment.ps 同じデータセンターに対して実行された状態を確認します。
            300018 クエリの実行SQL失敗しました DB の接続が正しくSQLスクリプト ファイルが正しいか確認します。 詳細については、内部例外を参照してください。
            300019 展開リソースのプロビジョニング中に作成の設定が失敗しました リソースのプロビジョニング中に作成の設定が失敗しました。 詳細については、内部例外を参照してください。
            300020 データベースの作成でエラーが発生しました 資格情報が有効か確認します。 詳細については、内部例外を参照してください。
            300021 指定されたスタンプ名が環境ファイルに見つかりませんでした スタンプが環境ファイルに存在するか、正しいスタンプ名を指定していることを確認します。
            300022 Azure Management REST API が失敗しました。 状態コードとメッセージを調べて、問題を理解し軽減します。
            300023 証明書は別のプロセスで使用されているので、インストールできません。 操作を再び実行してください。
            310001 AzureResourceNotFound
            310002 AzureAuthenticationFailed
            310003 AzureInternalError
            310004 AzureOperationTimedOut
            310005 AzureBusy
            310006 AzureSubscriptionDisabled
            310007 AzureOperationConflict
            310008 AzureOperationFailed
            320001 ResourceNotFound
            320002 要求は、StampType の予期しないサービス スタンプ<マップされます。>
            330001 ProviderNotRegistered
            330002 ProviderRegisteredIncorrectly
            340001 <ParameterName> 無効です。 ParameterName の有効な<を指定>。
            340002 REST API 呼び出しで内部エラーが発生しました。 数分待って、もう一度操作を試してください。 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。
            340003 RestApiClientError
            480001 ディスクのマウントに失敗しました
            480002 回復中に予期しないエラーが発生しました。
            480003 復旧ポイントが壊れています。
            480004 BLOB が見つからない。
            480005 特定のインデックスがありません。
            480006 復旧ポイントは、現在のエージェントでサポートされていない形式です。
            480007 Azure Backup がこのサーバー上の iSCSI イニシエーター サービスに接続できないので、回復ボリュームをマウントできません。 このサーバーで Microsoft iSCSI イニシエーター サービスを再起動し、もう一度回復を試みます。
            480008 BLOB の以前のスナップショットが見つかりませんでした。
            480010 Azure Backup では、このサーバーで無効になっている iSCSI イニシエーター サービスを使用できないので、回復ボリュームをマウントできません。 このサーバーで Microsoft iSCSI イニシエーター サービスを有効にし、もう一度回復を試みます。
            480011 Microsoft iSCSI イニシエーターのドライバーが更新プログラムを必要とすると検出されたので、Azure Backup は回復ボリュームをマウントする必要がありました。 Microsoft iSCSI イニシエーター ドライバーを更新するには、Device Manager Storage コントローラーにアクセスし、不明なデバイスとしてリストされている任意のエントリのドライバー > を更新します。 詳細については、「MARS エージェントを使用してWindowsサーバーにファイルを復元する」を参照してください