Azure のモノのインターネット (IoT) ソリューションを選択する

IoT Hub
IoT Central

この記事では、Azure IoT Central と個々の Azure サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) コンポーネントの使用を比較して、モノのインターネット (IoT) ソリューションの構築、デプロイ、管理を行います。

IoT ソリューションでは、デバイス、イベント、アクションをクラウド アプリケーションを介して接続するために、テクノロジの組み合わせを使用します。 選択するテクノロジとサービスは、お使いのシナリオの開発、デプロイ、管理の要件に応じて異なります。

IoT Central アプリケーションのサービスとしてのプラットフォーム (aPaaS) には、IoT ソリューションに必要な統合された Azure コンポーネントと機能が既に用意されています。 もう 1 つのオプションは、Azure IoT Hub を他の Azure PaaS コンポーネントと組み合わせて、独自の IoT ソリューションを開発することです。

Azure IoT Central を開始する

IoT Central は、Azure PaaS コンポーネントを、拡張可能でフル マネージドの IoT アプリ開発および運用プラットフォームに組み立てる Microsoft aPaaS です。 IoT Central は、ソリューション開発を加速し、運用を合理化し、信頼性の高いスケーラブルでセキュリティで保護された IoT ソリューションの構築を簡素化します。

IoT Central のオファー内容は次のとおりです。

  • デバイス管理とルールの作成を簡略化する、すぐに使用できる Web ユーザー エクスペリエンス (UX) と API のサーフェス領域。
  • IoT インテリジェンスを基幹業務アプリケーションに拡張し、分析情報に基づいて行動できるようにします。
  • 組み込みのディザスター リカバリー、マルチテナント機能、グローバルな可用性、予測可能なコスト構造。

次の図は、IoT Central ベースのアーキテクチャを示しています。

Diagram showing an IoT Central architecture and services like IoT Hub, Device Provisioning Service, and Azure Stream Analytics.

  1. IoT Central は、Azure IoT デバイス SDKAzure RTOSAzure Sphere、または Azure IoT Edge を介してデバイス イベントとテレメトリを取り込みます。

  2. IoT Central は複数の Azure PaaS サービスで構築されているため、次の機能がすぐに利用できます。

    • データ インジェストとプロビジョニング サービス。
    • ホット、ウォーム、コールド パスのデータ ストレージと分析。
    • 高可用性/ディザスター リカバリー (HADR) とエラスティック スケーリングを提供するマネージド PaaS レイヤー。
    • 次のことが可能な管理 Web ユーザー エクスペリエンス。
      • 生データ ビュー、接続状態、デバイス モデリング、ジョブを使用してデバイスを管理します。
      • ダッシュボード、分析、ルールを使用してデバイス データを表示および分析します。
      • ユーザー管理と組織を使用してデータとデバイスをセキュリティで保護します。
  3. IoT Central は、アラートのトリガー、データのエクスポート、データ クエリのサポートによってソリューションを拡張します。

  4. IoT Central は、Power BI、Azure Maps、検索、API Management、Web Apps、Mobile Apps、Dynamics 365、Flow、Logic Apps などの基幹業務アプリと統合されます。

Azure PaaS サービスを使用して構築する

さらに制御とカスタマイズが必要な場合は、個々の Azure PaaS コンポーネントを使用して IoT ソリューションを構築できます。 次の図は、PaaS ベースの IoT アーキテクチャの Azure サービスを示しています。

Diagram showing a reference architecture composed of Azure PaaS services.

  1. IoT システムは、Azure IoT device SDK、Azure RTOS、Azure Sphere、または Azure IoT Edge を介してデバイス データを取り込むことができます。

  2. IoT Hub、Azure IoT Hub Device Provisioning Service (DPS)、または Azure Digital Twins は、デバイスのプロビジョニング、接続、管理を提供できます。

  3. データ ストレージと分析について:

  4. 管理およびビジネス統合サービスには、Power BI、Azure Maps、検索、API Management、Web Apps、Mobile Apps、Dynamics 365、Flow、Logic Apps を含めることができます。

詳細な PaaS IoT リファレンス アーキテクチャと説明については、Azure IoT 参照アーキテクチャに関するページを参照してください。

aPaaS と PaaS のアプローチを比較する

IoT Central を使用すると、複雑で進化する IoT インフラストラクチャの保守と更新を回避できます。 ビジネスの変革と革新的なオファリングの設計に時間とお金を集中できます。

IoT Central がサポートしていないカスタマイズされた機能やサービスをソリューションで必要とする場合は、IoT Hub をコア要素として使用して PaaS ソリューションを開発できます。

次の比較表とリンクは、IoT Central マネージド ソリューションを使用するか、IoT Hub を使用して PaaS ソリューションを構築するかを決定するのに役立ちます。

IoT Central と IoT Hub ベースの PaaS ソリューション

次の表では、IoT Central または IoT Hub ベースの PaaS ソリューションがさまざまな IoT 機能を実現する方法について説明します。

機能 IoT Central IoT Hub ベースの PaaS
説明 デバイスの接続と大規模な管理を簡素化するフル マネージド aPaaS ソリューション。

aPaaS ベースのソリューションはスケーラブルで反復可能で信頼性が高い一方、PaaS ベースのソリューションよりもカスタマイズ性が低いトレードオフがあります。
IoT Hub を、IoT アプリケーションとそれが管理するデバイスとの間の中央メッセージング ハブとして使用します。 他の Azure PaaS サービスでさらに多くの機能を追加します。

このアプローチは柔軟性が高くなりますが、より多くの開発と管理の労力が求められます。
アプリケーション開発 IoT Central は、ソリューションの再現性をサポートするアプリケーション プラットフォームです。 詳細については、IoT Central アプリケーション管理ガイドを参照してください。

アプリケーション テンプレートは、IoT ソリューション開発のキックスタートに役立ちます。 汎用のアプリケーション テンプレート、あるいは小売業エネルギー政府機関、または医療の各業界にフォーカスした事前構築済みテンプレートのいずれかを使用します。
IoT Hub とその他の PaaS サービスを使用して、独自のアプリケーション ソリューションを設計して構築します。
デバイス テンプレート デバイス テンプレートは、デバイスの種類の特性と動作を構成するのに役立ちます。 サポートされているデバイス管理タスクと視覚化用のテンプレートを使用します。 プライベート リポジトリでデバイス メッセージ テンプレートを定義して管理します。
デバイス管理 組み込みの Azure IoT Device Provisioning Service (DPS) 機能は、デバイス統合とデバイス管理を提供します。 デバイス ツインやダイレクト メソッドなどの IoT Hub プリミティブを使用して、ソリューションを設計および構築します。 DPS を個別に有効にします。
OPC UA プロトコル サポートされていません。 OPC Publisher を使用して、IoT Hub にテレメトリ データを発行することで、OPC UA 対応の産業資産と Azure でホストされるリソースのギャップを埋めます。 OPC Publisher は、IEC62541 OPC UA PubSub 標準形式およびその他の形式をサポートしています。 詳しくは、Microsoft OPC Publisher を参照してください。
SigFox および LoRaWAN プロトコル Azure IoT Central デバイス ブリッジを使用します。 Azure IoT Edge 用のカスタム モジュールを作成し、それを Azure IoT Hub を介して統合します。
マルチテナント 組織 が、アプリ内マルチテナントを有効にします。 IoT Central アプリケーション内のどのデバイスをユーザーが表示できるかを管理するための階層を定義できます。 顧客ごとに個別のハブを使用してマルチテナントを実現します。 ソリューションのデータ層にアクセス制御を構築することもできます。
メッセージの保持期間 IoT Central では、データは 30 日間のローリングで保持されます。 IoT Hub では、組み込みのイベント ハブに最大 7 日間データを保持できます。
ビッグ データ IoT Central 内からデータを管理します。 ビッグ データ Azure PaaS サービスを追加および管理します。
データのエクスポート エクスポート機能を使用して、データを継続的にエクスポートします。 Azure BLOB ストレージ、イベント ハブ、サービス バス、Webhook、Azure Data Explorer にデータをエクスポートします。 エグレスでのメッセージのフィルター処理、強化、変換を行います。 IoT Hub の組み込みのイベント ハブ エンドポイントを使用します。また、メッセージ ルーティングを使って、他の保存場所にデータをエクスポートします。
分析 統合分析エクスペリエンスにより、デバイス管理のコンテキストでデバイス データを探索します。 Steam Analytics、Azure Data Explorer、Azure Synapse などの別個の Azure PaaS サービスを使用して、分析、分析情報、アクションを組み込みます。
視覚化 UX により、デバイス データの視覚化、分析クエリの実行、カスタム ダッシュボードの作成が簡単になります。 組み込みのユーザー インターフェイスはありません。
ルールとアクション 組み込みのルールとアクションの処理機能を、電子メール通知、Azure Monitor グループ、Power Automate、Webhook アクションとともに使用します。 詳細については、「Azure IoT Central のルールとアクション」を参照してください。 IoT Hub から Azure Stream Analytics または Azure Event Grid にデータを送信します。 Azure ロジック アプリまたはその他のカスタム アプリケーションに接続して、ルールとアクションを処理します。 詳細については、「Azure Logic Apps による IoT リモート監視と通知」を参照してください。
スケーラビリティ 自動スケーリングに対応しています。 IoT Central のスケール制限と自動スケールの詳細については、「クォータと制限」を参照してください。 IoT Hub 自動スケールを有効にするソリューションをデプロイします。 詳細については、「Azure IoT Hub の自動スケール」を参照してください。
高可用性と障害復旧 (HADR) 組み込みの HADR 機能を自動的に管理します。 詳細については、「Azure IoT Central のスケーラビリティと高可用性」を参照してください。 複数の HADR シナリオをサポートするようにソリューションを設計します。 詳細については、「Azure IoT Hub の高可用性とディザスター リカバリー」を参照してください。
サービス レベル アグリーメント (SLA) 99.9% の接続性を保証します。 詳細については、「Azure IoT Central の SLA」を参照してください。 IoT Hub の Standard および Basic レベルでは、99.9% のアップタイムが保証されます。 IoT Hub 無料レベルには SLA がありません。 詳細については、「Azure IoT Hub の SLA」を参照してください。
価格 最初の 2 つのアクティブなデバイスは、メッセージ ボリュームが 1 か月あたり 800 (Standard レベル 0 プラン)、10,000 (Standard レベル 1 プラン)、60,000 (Standard レベル 2 プラン) を超えない場合は無料です。 追加のデバイスの料金は月ごとに日割り計算されます。 IoT Central では、アクティブなデバイスの最大数が 1 時間ごとにカウントされ、課金されます。 詳細については、「Azure IoT Central の価格」を参照してください。 IoT Hub の価格の詳細については、「Azure IoT Hub の価格」を参照してください。

IoT Central とその他の Azure PaaS 機能

次の表は、IoT Central やその他の Azure PaaS サービスのさまざまな機能に対するサポートのレベルを示しています。 塗りつぶされた円🔵は完全なサポートを意味し、線➖は部分的なサポートを示し、空の円⚪はサポートがないことを意味します。

IoT Central IoT Hub + DPS Stream Analytics + Azure Functions Azure Cosmos DB + Azure Data Explorer Active Directory
説明 既製の IoT ソリューション開発環境 IoT データ インジェスト サービス ストリーム処理サービス データ ストレージ サービス ユニバーサル ID 管理とセキュリティ プラットフォーム
HADR とエラスティック スケール 🔵
デバイス接続管理エクスペリエンス 🔵
データ ルーティング、フィルター処理、およびルール
分析と視覚化 🔵
データ ストレージとセキュリティ 🔵 🔵 🔵
エクスポート、他のサービスとの統合 🔵 🔵 🔵 🔵 🔵

次のステップ