新しい Azure Kubernetes Service (AKS) クラスターの監視を有効にするEnable monitoring of a new Azure Kubernetes Service (AKS) cluster

この記事では、サブスクリプションへのデプロイを準備している、Azure Kubernetes Service でホストされているマネージド Kubernetes クラスターを監視するように Container insights を設定する方法について説明します。This article describes how to set up Container insights to monitor managed Kubernetes cluster hosted on Azure Kubernetes Service that you are preparing to deploy in your subscription.

サポートされている次のいずれかの方法を使用して、AKS クラスターの監視を有効にすることができます。You can enable monitoring of an AKS cluster using one of the supported methods:

  • Azure CLIAzure CLI
  • TerraformTerraform

Azure CLI を使用して有効にするEnable using Azure CLI

Azure CLI で作成した新しい AKS クラスターの監視を有効にするには、クイック スタート記事の「AKS クラスターの作成」セクションの手順に従ってください。To enable monitoring of a new AKS cluster created with Azure CLI, follow the step in the quickstart article under the section Create AKS cluster.

注意

Azure CLI を使用する場合は、まず、ローカルに CLI をインストールして使用する必要があります。If you choose to use the Azure CLI, you first need to install and use the CLI locally. Azure CLI バージョン 2.0.74 以降を実行している必要があります。You must be running the Azure CLI version 2.0.74 or later. ご利用のバージョンを識別するには、az --version を実行します。To identify your version, run az --version. Azure CLI をインストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。If you need to install or upgrade the Azure CLI, see Install the Azure CLI. aks-preview CLI 拡張機能バージョン 0.4.12 以降をインストールしている場合は、プレビュー拡張機能を有効にするために行ったすべての変更を削除します。これは、AKS プレビュー機能が Azure US Government クラウドでは利用できないので、既定の Azure CLI 動作をオーバーライドできるためです。If you have installed the aks-preview CLI extension version 0.4.12 or higher, remove any changes you have made to enable a preview extension as it can override the default Azure CLI behavior since AKS Preview features aren't available in Azure US Governmnet cloud.

Terraform を使用して有効にするEnable using Terraform

Terraform を使用して新しい AKS クラスターをデプロイする場合、既存のものを指定することを選択しない場合には、プロファイルに必要な引数を指定して Log Analytics ワークスペースを作成しますIf you are deploying a new AKS cluster using Terraform, you specify the arguments required in the profile to create a Log Analytics workspace if you do not chose to specify an existing one.

注意

Terraform を使用することを選択する場合、Terraform Azure RM プロバイダー バージョン 1.17.0 以降が実行されている必要があります。If you choose to use Terraform, you must be running the Terraform Azure RM Provider version 1.17.0 or above.

Container insights をワークスペースに追加するには、azurerm_log_analytics_solution を参照し、addon_profile を含め、oms_agent を指定してプロファイルを完成させます。To add Container insights to the workspace, see azurerm_log_analytics_solution and complete the profile by including the addon_profile and specify oms_agent.

監視を有効にし、すべての構成タスクが正常に完了すると、次の 2 つの方法のいずれかを使用して、クラスターのパフォーマンスを監視することができます。After you've enabled monitoring and all configuration tasks are completed successfully, you can monitor the performance of your cluster in either of two ways:

  • 左側のウィンドウで [正常性] を選択し、AKS クラスターで直接監視します。Directly in the AKS cluster by selecting Health in the left pane.

  • 選択したクラスターの AKS クラスター ページで、 [Monitor Container insights](コンテナーの分析情報の監視) タイルを選択します。By selecting the Monitor Container insights tile in the AKS cluster page for the selected cluster. Azure Monitor の左側のウィンドウにある [正常性] を選択します。In Azure Monitor, in the left pane, select Health.

    AKS で Container insights を選択するためのオプション

監視を有効にした後、クラスターの正常性メトリックが表示されるまで、約 15 分かかる場合があります。After you've enabled monitoring, it might take about 15 minutes before you can view health metrics for the cluster.

エージェントとソリューションのデプロイを確認するVerify agent and solution deployment

バージョン 06072018 以降のエージェントでは、エージェントとソリューションの両方が正常にデプロイされていることを確認することができます。With agent version 06072018 or later, you can verify that both the agent and the solution were deployed successfully. これより前のバージョンのエージェントでは、エージェントのデプロイしか確認できません。With earlier versions of the agent, you can verify only agent deployment.

エージェント バージョン 06072018 以降Agent version 06072018 or later

エージェントが正常にデプロイされていることを確認するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to verify that the agent is deployed successfully.

kubectl get ds omsagent --namespace=kube-system

出力は次のようになり、適切にデプロイされたことが示されます。The output should resemble the following, which indicates that it was deployed properly:

User@aksuser:~$ kubectl get ds omsagent --namespace=kube-system 
NAME       DESIRED   CURRENT   READY     UP-TO-DATE   AVAILABLE   NODE SELECTOR                 AGE
omsagent   2         2         2         2            2           beta.kubernetes.io/os=linux   1d

ソリューションのデプロイを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify deployment of the solution, run the following command:

kubectl get deployment omsagent-rs -n=kube-system

出力は次のようになり、適切にデプロイされたことが示されます。The output should resemble the following, which indicates that it was deployed properly:

User@aksuser:~$ kubectl get deployment omsagent-rs -n=kube-system 
NAME       DESIRED   CURRENT   UP-TO-DATE   AVAILABLE    AGE
omsagent   1         1         1            1            3h

06072018 より前のバージョンのエージェントAgent version earlier than 06072018

06072018 より前にリリースされたバージョンの Log Analytics エージェントが適切にデプロイされていることを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that the Log Analytics agent version released before 06072018 is deployed properly, run the following command:

kubectl get ds omsagent --namespace=kube-system

出力は次のようになり、適切にデプロイされたことが示されます。The output should resemble the following, which indicates that it was deployed properly:

User@aksuser:~$ kubectl get ds omsagent --namespace=kube-system 
NAME       DESIRED   CURRENT   READY     UP-TO-DATE   AVAILABLE   NODE SELECTOR                 AGE
omsagent   2         2         2         2            2           beta.kubernetes.io/os=linux   1d

CLI で構成を表示するView configuration with CLI

ソリューションが有効かどうか、Log Analytics ワークスペースのリソース ID、クラスターに関するサマリー詳細などの詳細を取得するには、aks show コマンドを使用します。Use the aks show command to get details such as is the solution enabled or not, what is the Log Analytics workspace resourceID, and summary details about the cluster.

az aks show -g <resourceGroupofAKSCluster> -n <nameofAksCluster>

数分してコマンドが完了すると、ソリューションに関する情報が JSON 形式で表示されます。After a few minutes, the command completes and returns JSON-formatted information about solution. コマンドの結果では監視アドオン プロファイルが表示され、次の出力例のようになります。The results of the command should show the monitoring add-on profile and resembles the following example output:

"addonProfiles": {
    "omsagent": {
      "config": {
        "logAnalyticsWorkspaceResourceID": "/subscriptions/<WorkspaceSubscription>/resourceGroups/<DefaultWorkspaceRG>/providers/Microsoft.OperationalInsights/workspaces/<defaultWorkspaceName>"
      },
      "enabled": true
    }
  }

次のステップNext steps

  • ソリューションのオンボードを試みた際に問題が発生した場合は、トラブルシューティング ガイドを確認してください。If you experience issues while attempting to onboard the solution, review the troubleshooting guide

  • AKS クラスターと実行中のワークロードの正常性とリソース使用率を収集するための監視を有効にしたうえで、Container insights を使用する方法について学習します。With monitoring enabled to collect health and resource utilization of your AKS cluster and workloads running on them, learn how to use Container insights.