Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェントについてAbout the Microsoft Azure Recovery Services (MARS) agent

この記事では、Azure Backup サービスが Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェントを使用して、ファイル、フォルダー、およびボリュームまたはシステム状態をオンプレミスのコンピューターから Azure にバックアップおよび復元する方法について説明します。This article describes how the Azure Backup service uses the Microsoft Azure Recovery Services (MARS) agent to back up and restore files, folders, and the volume or system state from an on-premises computer to Azure.

MARS エージェントでは、次のバックアップ シナリオがサポートされています。The MARS agent supports the following backup scenarios:

MARS のバックアップ シナリオ

  • ファイルとフォルダー:Windows のファイルとフォルダーを選択的に保護します。Files and Folders: Selectively protect Windows files and folders.
  • ボリューム レベル:ご使用のマシンの Windows ボリューム全体を保護します。Volume Level: Protect an entire Windows volume of your machine.
  • システム レベル:Windows システム状態全体を保護します。System Level: Protect an entire Windows system state.

MARS エージェントでは、次の復元シナリオがサポートされています。The MARS agent supports the following restore scenarios:

MARS の復旧シナリオ

  • 同じサーバー:バックアップが最初に作成されたサーバー。Same Server: The server on which the backup was originally created.

    • ファイルとフォルダー:復元する個々のファイルとフォルダーを選択します。Files and Folders: Choose the individual files and folders that you want to restore.
    • ボリューム レベル:復元するボリュームと回復ポイントを選択して、同じ場所または同じマシン上の別の場所に復元します。Volume Level: Choose the volume and recovery point that you want to restore and then restore it to the same location or an alternate location on the same machine. 既存のファイルのコピーを作成するか、既存のファイルを上書きするか、既存のファイルの回復をスキップします。Create a copy of existing files, overwrite existing files, or skip recovering existing files.
    • システム レベル:システム状態と回復ポイントを選択して、指定した場所にある同じマシンに復元します。System Level: Choose the system state and recovery point to restore to the same machine at a specified location.
  • 代替サーバー:バックアップが作成されたサーバー以外のサーバー。Alternate Server: A server other than the server where the backup was taken.

    • ファイルとフォルダー:回復ポイントをターゲットマシンに復元する、個々のファイルとフォルダーを選択します。Files and Folders: Choose the individual files and folders whose recovery point you want to restore to a target machine.
    • ボリューム レベル:別の場所に復元する、ボリュームと回復ポイントを選択します。Volume Level: Choose the volume and recovery point that you want to restore to another location. 既存のファイルのコピーを作成するか、既存のファイルを上書きするか、既存のファイルの回復をスキップします。Create a copy of existing files, overwrite existing files, or skip recovering existing files.
    • システム レベル:システム状態ファイルとして別のマシンに復元する、システム状態と回復ポイントを選択します。System Level: Choose the system state and recovery point to restore as a System State file to an alternate machine.

バックアップ プロセスBackup process

  1. Azure portal から Recovery Service コンテナーを作成し、 [Backup goals](バックアップの目標) からファイル、フォルダー、システム状態を選択します。From the Azure portal, create a Recovery Services vault, and choose files, folders, and the system state from the Backup goals.

  2. オンプレミスのマシンに Recovery Service コンテナーの資格情報とエージェント インストーラーをダウンロードしますDownload the Recovery Services vault credentials and agent installer to an on-premises machine.

  3. エージェントをインストールして、ダウンロードしたコンテナーの資格情報を使用し、マシンを Recovery Services コンテナーに登録します。Install the agent and use the downloaded vault credentials to register the machine to the Recovery Services vault.

  4. クライアントのエージェント コンソールからバックアップを構成して、バックアップの対象、バックアップのタイミング (スケジュール)、Azure にバックアップを保持する期間 (保持ポリシー) を指定し、保護を開始します。From the agent console on the client, configure the backup to specify what to back up, when to back up (the schedule), how long the backups should be retained in Azure (the retention policy) and start protecting.

Azure Backup エージェントの図

関連情報Additional information

  • 初期バックアップ (最初のバックアップ) は、バックアップ設定に従って実行されます。The Initial Backup (first backup) runs according to your backup settings. MARS エージェントでは、VSS を使用して、バックアップ用に選択されたボリュームの特定の時点のスナップショットを取得します。The MARS agent uses VSS to take a point-in-time snapshot of the volumes selected for backup. エージェントでは Windows システム ライターの操作のみを使用して、スナップショットをキャプチャします。The agent only uses the Windows System Writer operation to capture the snapshot. アプリケーションの VSS ライターは使用されないため、アプリ整合性スナップショットはキャプチャされません。It doesn't use any application VSS writers, and doesn't capture app-consistent snapshots. VSS を使用してスナップショットを取得した後、MARS エージェントでは、バックアップの構成時に指定したキャッシュ フォルダーに仮想ハード ディスク (VHD) が作成されます。After taking the snapshot with VSS, the MARS agent creates a virtual hard disk (VHD) in the cache folder you specified when you configured the backup. エージェントでは、各データ ブロックのチェックサムも格納されます。The agent also stores checksums for each data block.

  • 増分バックアップ (後続バックアップ) は、指定したスケジュールに従って実行されます。Incremental backups (subsequent backups) run according to the schedule you specify. 増分バックアップ中は、変更されたファイルが識別され、新しい VHD が作成されます。During incremental backups, changed files are identified and a new VHD is created. VHD は圧縮および暗号化されて、コンテナーに送信されます。The VHD is compressed and encrypted, and then it's sent to the vault. 増分バックアップが完了した後、新しい VHD は初期レプリケーション後に作成された VHD にマージされます。After the incremental backup finishes, the new VHD is merged with the VHD created after the initial replication. このマージされた VHD では、進行中のバックアップの比較に使用される最新の状態が提供されます。This merged VHD provides the latest state to be used for comparison for ongoing backup.

  • MARS エージェントからは、USN (更新シーケンス番号) の変更ジャーナルを使用して最適化されたモードでバックアップ ジョブを実行できます。また、ボリューム全体をスキャンすることによってディレクトリまたはファイルの変更を確認すると、最適化されていないモードで実行されます。The MARS agent can run the backup job in optimized mode using the USN (Update Sequence Number) change journal, or in unoptimized mode by checking for changes in directories or files via scanning the entire volume. エージェントでは、ボリューム上のそれぞれのファイルをスキャンし、メタデータと比較して変更されたファイルを判断する必要があるため、最適化されていないモードはより遅くなります。Unoptimized mode is slower because the agent has to scan each file on the volume and compare it against the metadata to determine the changed files. 初期バックアップは、常に最適化されていないモードで実行されます。The Initial backup will always run in unoptimized mode. 前のバックアップが失敗した場合、次のスケジュールされたバックアップ ジョブは最適化されていないモードで実行されます。If the previous backup failed, then the next scheduled backup job will run in unoptimized mode. これらのモードとその検証方法の詳細については、こちらの記事を参照してください。To learn more about these modes and how to verify them, refer to this article.

その他のシナリオAdditional scenarios

  • Azure 仮想マシン内の特定のファイルやフォルダーをバックアップ:Azure 仮想マシン (VM) をバックアップする主な方法は、VM 上で Azure Backup 拡張機能を使用することです。Back up specific files and folders within Azure virtual machines: The primary method for backing up Azure virtual machines (VMs) is to use an Azure Backup extension on the VM. この拡張機能は、VM 全体をバックアップします。The extension backs up the entire VM. VM 内の特定のファイルやフォルダーをバックアップする場合は、Azure VM に MARS エージェントをインストールできます。If you want to back up specific files and folders within a VM, you can install the MARS agent in the Azure VMs. 詳細については、「アーキテクチャ:組み込みの Azure VM バックアップ」を参照してください。For more information, see Architecture: Built-in Azure VM Backup.

  • オフライン シード処理:通常、Azure へのデータの初回完全バックアップでは大量のデータが転送されるため、より広いネットワーク帯域幅が必要になります。Offline seeding: Initial full backups of data to Azure typically transfer large amounts of data and require more network bandwidth. 後続のバックアップでは、差分または増分のデータ量のみが転送されます。Subsequent backups transfer only the delta, or incremental, amount of data. Azure Backup では、初回バックアップが圧縮されます。Azure Backup compresses the initial backups. オフライン シード処理プロセスによって、Azure Backup ではディスクを使用して、圧縮済みの初回バックアップ データをオフラインで Azure にアップロードすることができます。Through the process of offline seeding, Azure Backup can use disks to upload the compressed initial backup data offline to Azure. 詳細については、「Azure Data Box を使用した Azure Backup オフライン バックアップ」を参照してください。For more information, see Azure Backup offline-backup using Azure Data Box.

次のステップNext steps

MARS エージェントのサポート マトリックスMARS agent support matrix

MARS エージェントに関する FAQMARS agent FAQ