Azure でアプリケーションを使用して連携するためのツールTools to engage via applications in Azure

アプリケーションを使用した連携に関するページで説明されているように、アプリケーションは MVP ソリューションの重要な側面になることがあります。As described in Engage via applications, applications can be an important aspect of an MVP solution. 多くの場合、アプリケーションは、仮説をテストするために必要です。Applications are often required for testing a hypothesis. この記事は、それらのアプリケーションの開発を加速させるために、Azure が提供するツールを理解するために役立ちます。This article helps you learn the tools Azure provides to accelerate development of those applications.

アプリケーションを使用して連携するためのクラウド導入フレームワークのアプローチ

方法論に足並みを揃えるAlignment to the methodology

この種類のデジタル発明は、以下に示されているアプローチのそれぞれを通して加速できます。You can accelerate this type of digital invention through each of the following listed approaches. 上の図にも、これらの方法が示されています。The preceding image also shows these approaches. デジタル発明を加速するための技術的なガイダンスは、このページの左側の目次に一覧表示されています。Technical guidance for accelerating digital invention is listed in the table of contents on the left side of this page. これらの記事は、ガイダンスを全体的な方法論に合わせるために、アプローチによってグループ化されています。Those articles are grouped by their approaches to aligning guidance with the overall methodology.

この記事では、結果的にアプリケーションにつながるすべての発明は、導入の強化に関するページで説明されている共有ソリューションから生じるものと想定しています。For this article, assume all inventions that result in an application stem from a shared solution as described in Empower adoption. さらに、各アプリケーションによって、内部と外部のお客様の両方に対する何らかの種類のカスタマー エクスペリエンスにつながるものと想定しています。Also assume each application results in some type of customer experience for both internal and external customers.

これらの想定に基づいて、デジタル発明を開発しているクラウド導入チームにとって、次の 3 つのパスが最も一般的です。Based on these assumptions, the following three paths are the most common for cloud adoption teams who are developing digital inventions:

  • 市民開発者: 事業分野の専門家は、プロの開発者に関わる前に、市民開発者ツールを使用します。Citizen developers: Before engaging professional developers, business subject matter experts use citizen developer tools. これらのツールを使用して、顧客の仮説がその顧客のニーズを満たすことができるかどうかが迅速にテストされ、検証されます。These tools rapidly test and validate that a customer hypothesis can meet the needs of that customer.
  • インテリジェントなエクスペリエンス: クラウド プラットフォームを使用して最新のエクスペリエンスを作成し、迅速なデプロイと短いフィードバック ループを推進します。Intelligent experiences: Create modern experiences by using cloud platforms to drive rapid deployment and short feedback loops. Web アプリケーションに展開して、インテリジェンスを組み込んだり、ボットを統合したりします。Expand on web applications to infuse intelligence or even integrate bots.
  • クラウドネイティブ: 必然的にクラウド機能を利用する新しい発明を構築します。Cloud-native: Build a new invention that naturally takes advantage of cloud capabilities.

各パスでは、短期的にも長期的にも、長所と短所が発生します。Each path results in advantages and disadvantages that are both short-term and long-term. クラウド ガバナンス チーム、クラウド運用チーム、およびクラウド センター オブ エクセレンス チームが、すべてのアプローチをサポートする準備ができたら、持続可能なビジネス運用への影響を最小限に抑えて導入を加速させることができます。When the cloud governance team, the cloud operations team, and the cloud center of excellence team are ready to support every approach, you can accelerate adoption with minimal effect on sustainable business operations.

ツールチェーンToolchain

クラウド導入チームが採用するパスに応じて、Azure では、顧客の共感によってチームの構築能力を高めるツールを提供しています。Depending on the path that the cloud adoption team takes, Azure provides tools to accelerate the team's ability to build with customer empathy. 次の Azure のサービスの一覧は、上記のデシジョン パスに基づいてグループ化されています。The following list of Azure offerings is grouped based on the preceding decision paths. これらのサービスには、以下が含まれています。These offerings include:

  • Azure App ServiceAzure App Service
  • Azure Kubernetes Service (AKS)Azure Kubernetes Service (AKS)
  • Azure MigrateAzure Migrate
  • Azure StackAzure Stack
  • Power AppsPower Apps
  • Power AutomatePower Automate
  • Power BIPower BI

はじめにGet started

このページの左側の目次に、さまざまな記事がまとめられています。The table of contents on the left side of this page outlines many articles. これらの記事は、このツールチェーン内の各ツールの使用を開始するのに役立ちます。These articles help you get started with each of the tools in this toolchain.

注意

一部のリンクは、このフレームワークの範囲を超えるために、クラウド導入フレームワークの範囲外になるものもあります。Some links might leave the Cloud Adoption Framework to help you go beyond the scope of this framework.