Azure Logic Apps のコネクタConnectors for Azure Logic Apps

コネクタは、Azure Logic Apps からその他のアプリ、サービス、システム、プロトコル、およびプラットフォームでの、イベント、データ、およびアクションへのすばやいアクセスを提供します。Connectors provide quick access from Azure Logic Apps to events, data, and actions across other apps, services, systems, protocols, and platforms. ロジック アプリでコネクタを使用して、クラウドおよびオンプレミス アプリの機能を拡張すると、タスクの実行時に、作成したデータや既に所有しているデータを使用できます。By using connectors in your logic apps, you expand the capabilities for your cloud and on-premises apps to perform tasks with the data that you create and already have.

Logic Apps には数百のコネクタが用意されていますが、この記事では、人気が高く、より多く使用されているコネクタについて説明します。これらのコネクタは、データと情報を処理するために、数千のアプリと数百万の実行で正常に使用されています。While Logic Apps offers hundreds of connectors, this article describes the popular and more commonly used connectors that are successfully used by thousands of apps and millions of executions for processing data and information. すべてのコネクタと、トリガー、アクション、制限など各コネクタの参照情報については、コネクタの概要に関するページにあるコネクタ参照ページをご覧ください。To find the full list of connectors and each connector's reference information, such as triggers, actions, and limits, review the connector reference pages under Connectors overview. また、トリガーとアクションLogic Apps の価格モデルLogic Apps の価格の詳細も確認してください。Also, learn more about triggers and actions, Logic Apps pricing model, and Logic Apps pricing details.

ヒント

コネクタがないサービスまたは API を統合するには、HTTP などのプロトコル経由で直接サービスを呼び出すか、カスタム コネクタを作成します。To integrate with a service or API that doesn't have connector, you can either directly call the service over a protocol such as HTTP, or create a custom connector.

コネクタの種類Connector types

コネクタは、組み込みトリガーおよびアクションとして、またはマネージド コネクタとして利用できます。Connectors are available as built-in triggers and actions or as managed connectors.

  • 組み込み:組み込みトリガーおよびアクションは、Azure Logic Apps に "ネイティブ" であり、ロジック アプリに対して次のタスクを実行するのに役立ちます。Built-in: Built-in triggers and actions are "native" to Azure Logic Apps and help you perform these tasks for your logic apps:

    • カスタムおよび詳細なスケジュールで実行します。Run on custom and advanced schedules.

    • ロジック アプリのワークフロー (ループや条件など) を整理および制御し、さらに変数とデータ操作を行います。Organize and control your logic app's workflow, for example, loops and conditions, and also to work with variables and data operations.

    • 他のエンドポイントと通信します。Communicate with other endpoints.

    • 要求を受信して応答します。Receive and respond to requests.

    • Azure 関数、Azure API Apps (Web Apps)、Azure API Management を使用して管理および公開する独自の API、および要求を受け取ることができる入れ子にしたロジック アプリを呼び出します。Call Azure functions, Azure API Apps (Web Apps), your own APIs managed and published with Azure API Management, and nested logic apps that can receive requests.

  • マネージド コネクタ:Microsoft によってデプロイおよび管理されるこれらのコネクタでは、Office 365、Azure Blob Storage、SQL Server、Dynamics、Salesforce、SharePoint など、クラウド サービスとオンプレミス システムの一方または両方にアクセスするためのトリガーとアクションが提供されます。Managed connectors: Deployed and managed by Microsoft, these connectors provide triggers and actions for accessing cloud services, on-premises systems, or both, including Office 365, Azure Blob Storage, SQL Server, Dynamics, Salesforce, SharePoint, and more. 一部のコネクタでは特に企業間 (B2B) 通信シナリオがサポートされており、ロジック アプリにリンクされた統合アカウントが必要です。Some connectors specifically support business-to-business (B2B) communication scenarios and require an integration account that's linked to your logic app. 特定のコネクタを使う前にまず、Azure Logic Apps によって管理される接続を作成することが必要な場合があります。Before using certain connectors, you might have to first create connections, which are managed by Azure Logic Apps.

    たとえば、Microsoft BizTalk Server を使っている場合、ロジック アプリでは、BizTalk Server オンプレミス コネクタを使って BizTalk Server に接続し、通信を行うことができます。For example, if you're using Microsoft BizTalk Server, your logic apps can connect to and communicate with your BizTalk Server by using the BizTalk Server on-premises connector. 統合アカウント コネクタを使用すると、ロジック アプリで BizTalk のような操作を拡張または実行できます。You can then extend or perform BizTalk-like operations in your logic apps by using the integration account connectors.

    コネクタは、標準またはエンタープライズのいずれかとして分類されます。Connectors are classified as either Standard or Enterprise. エンタープライズ コネクタ では、追加コストを払うことで、SAP、IBM MQ、IBM 3270 などのエンタープライズ システムへのアクセスが提供されます。Enterprise connectors provide access to enterprise systems such as SAP, IBM MQ, and IBM 3270 for an additional cost. コネクタが標準かエンタープライズかを判断するには、コネクタの概要に関する記事で示されている各コネクタのリファレンス ページにある技術的な詳細をご覧ください。To determine whether a connector is Standard or Enterprise, see the technical details in each connector's reference page under Connectors overview.

    これらのカテゴリを使ってコネクタを識別することもできますが、一部のコネクタは複数のカテゴリに属している場合があります。You can also identify connectors by using these categories, although some connectors can cross multiple categories. たとえば、SAP はエンタープライズ コネクタでもありオンプレミス コネクタでもあります。For example, SAP is an Enterprise connector and an on-premises connector:

    カテゴリCategory 説明Description
    マネージド コネクタManaged connectors Azure Blob Storage、Office 365、Dynamics、Power BI、OneDrive、Salesforce、SharePoint Online などのサービスを使用するロジック アプリを作成します。Create logic apps that use services such as Azure Blob Storage, Office 365, Dynamics, Power BI, OneDrive, Salesforce, SharePoint Online, and many more.
    オンプレミス コネクタOn-premises connectors オンプレミス データ ゲートウェイをインストールして設定した後、これらのコネクタを使用すると、ロジック アプリは、SQL Server、SharePoint Server、Oracle DB、ファイル共有などのオンプレミス システムにアクセスできます。After you install and set up the on-premises data gateway, these connectors help your logic apps access on-premises systems such as SQL Server, SharePoint Server, Oracle DB, file shares, and others.
    統合アカウント コネクタIntegration account connectors 統合アカウントを作成して料金を支払うと使用可能になります。これらのコネクタは、XML を変換および検証したり、フラット ファイルをエンコードおよびデコードしたり、AS2、EDIFACT、および X12 プロトコルを使用して企業間 (B2B) メッセージを処理したりします。Available when you create and pay for an integration account, these connectors transform and validate XML, encode and decode flat files, and process business-to-business (B2B) messages with AS2, EDIFACT, and X12 protocols.

統合サービス環境 (ISE) から接続するConnect from an integration service environment (ISE)

Azure 仮想ネットワーク内のリソースに直接アクセスする必要があるロジック アプリの場合は、専用のリソースでロジック アプリをビルド、デプロイ、および実行できる、専用の統合サービス環境 (ISE) を作成できます。For logic apps that need direct access to resources in an Azure virtual network, you can create an dedicated integration service environment (ISE) where you can build, deploy, and run your logic apps on dedicated resources. ロジック アプリ デザイナーで、ISE 内でロジック アプリに使用するコネクタを参照する場合、組み込みトリガーおよびアクションに CORE ラベルが表示されますが、一部のコネクタには ISE ラベルが表示されます。In the Logic App Designer, when you browse the connectors that you want to use for logic apps in an ISE, a CORE label appears on built-in triggers and actions, while the ISE label appears on some connectors.

注意

ISE 実行されるロジック アプリとそのコネクタは、これらのコネクタが実行されている場所には関係なく、固定価格プランまたは使用量ベースの価格プランに従います。Logic apps that run in an ISE and their connectors, regardless where those connectors run, follow a fixed pricing plan versus the consumption-based pricing plan. 詳細については、Logic Apps の価格モデルおよび Logic Apps の価格の詳細に関するページをご覧ください。For more information, see Logic Apps pricing model and Logic Apps pricing details.

LabelLabel Example 説明Description
CORECORE ISE コネクタの例 このラベルが付いた組み込みトリガーおよびアクションは、ロジック アプリと同じ ISE 内で動作します。Built-in triggers and actions with this label run in the same ISE as your logic apps.
ISEISE ISE コネクタの例 このラベルが付いたマネージド コネクタは、ロジック アプリと同じ ISE 内で動作します。Managed connectors with this label run in the same ISE as your logic apps. Azure 仮想ネットワークに接続されているオンプレミス システムがある場合、ISE を使用すると、ロジック アプリでオンプレミス データ ゲートウェイを使用せずに、そのシステムに直接アクセスすることができます。If you have an on-premises system that's connected to an Azure virtual network, an ISE lets your logic apps directly access that system without the on-premises data gateway. 代わりに、そのシステムの ISE コネクタ (使用可能な場合)、HTTP アクション、またはカスタム コネクタを使用できます。Instead, you can either use that system's ISE connector if available, an HTTP action, or a custom connector. ISE コネクタがないオンプレミス システムの場合は、オンプレミスのデータ ゲートウェイを使用します。For on-premises systems that don't have ISE connectors, use on-premises data gateway. 使用可能な ISE コネクタを確認するには、「ISE コネクタ」を参照してください。To review available ISE connectors, see ISE connectors.
ラベルなしNo label マルチテナント コネクタの例 CORE または ISE ラベルのない他のすべてのコネクタは、引き続き使用でき、グローバルなマルチテナント Logic Apps サービスで実行できます。All other connectors without the CORE or ISE label, which you can continue to use, run in the global, multi-tenant Logic Apps service.

組み込みBuilt-in

Logic Apps は、組み込みトリガーおよびアクションを備えているため、スケジュールベースのワークフローを作成し、ロジック アプリで他のアプリやサービスと通信することができます。また、ロジック アプリでワークフローを制御し、データの管理や操作もできます。Logic Apps provides built-in triggers and actions so that you can create schedule-based workflows, help your logic apps communicate with other apps and services, control the workflow through your logic apps, and manage or manipulate data.

名前Name [説明]Description
API アイコン
スケジュール
API icon
Schedule
- 繰り返しトリガーを使用して、指定した繰り返しでロジック アプリを実行します。基本的なスケジュールから詳細なスケジュールまで指定できます。- Run a logic app on a specified recurrence, ranging from basic to advanced schedules with the Recurrence trigger.
- スライディング ウィンドウ トリガーを使用して、連続したチャンクのデータを処理する必要があるロジック アプリを実行します。- Run a logic app that needs to handle data in continuous chunks with the Sliding Window trigger.
- 遅延アクションを使用して、指定した期間、ロジック アプリを一時停止します。- Pause your logic app for a specified duration with the Delay action.
- 延期期限アクションを使用して、指定した日時までロジック アプリを一時停止します。- Pause your logic app until the specified date and time with the Delay until action.
API アイコン
バッチ
API icon
Batch
- [メッセージのバッチ処理] トリガーを使用して、メッセージをバッチで処理します。- Process messages in batches with the Batch messages trigger.
- [バッチへのメッセージの送信] アクションを使用して、既存のバッチ トリガーを持つロジック アプリを呼び出します。- Call logic apps that have existing batch triggers with the Send messages to batch action.
API アイコン
HTTP
API icon
HTTP
HTTP のトリガーとアクションを使用して HTTP または HTTPS エンドポイントを呼び出します。Call HTTP or HTTPS endpoints with triggers and actions for HTTP. その他の HTTP 組み込みトリガーおよびアクションには HTTP + SwaggerHTTP + Webhook が含まれます。Other HTTP built-in triggers and actions include HTTP + Swagger and HTTP + Webhook.
API アイコン
要求
API icon
Request
- 他のアプリやサービスからロジック アプリを呼び出し可能にしたり、Event Grid リソース イベントでロジック アプリをトリガーしたり、 [要求] トリガーによる Azure Security Center アラートへの応答でロジック アプリをトリガーしたりします。- Make your logic app callable from other apps or services, trigger on Event Grid resource events, or trigger on responses to Azure Security Center alerts with the Request trigger.
- [応答] アクションを使用して、アプリやサービスに応答を送信します。- Send responses to an app or service with the Response action.
API アイコン
Azure API
Management
API icon
Azure API
Management
Azure API Management で管理および発行する独自の API によって定義されたトリガーとアクションを呼び出します。Call triggers and actions defined by your own APIs that you manage and publish with Azure API Management.
API アイコン
Azure App
Services
API icon
Azure App
Services
Azure App Service でホストされている Azure API アプリまたは Web アプリを呼び出します。Call Azure API Apps, or Web Apps, hosted on Azure App Service. Swagger が含まれている場合、これらのアプリで定義されているトリガーとアクションは、他のファースト クラスのトリガーおよびアクションのように表示されます。The triggers and actions defined by these apps appear like any other first-class triggers and actions when Swagger is included.
API アイコン
Azure Logic
Apps
API icon
Azure Logic
Apps
要求トリガーで開始するその他のロジック アプリを呼び出します。Call other logic apps that start with the Request trigger.

ロジック アプリからコードを実行するRun code from logic apps

Logic Apps には、ロジック アプリのワークフローで独自のコードを実行するための組み込みアクションが用意されています。Logic Apps provides built-in actions for running your own code in your logic app's workflow:

名前Name [説明]Description
API アイコン
Azure Functions
API icon
Azure Functions
カスタム コード スニペット (C# または Node.js) をロジック アプリから実行する Azure 関数を呼び出します。Call Azure functions that run custom code snippets (C# or Node.js) from your logic apps.
API アイコン
インライン コード
API icon
Inline code
ロジック アプリから JavaScript コード スニペットを追加して実行します。Add and run JavaScript code snippets from your logic apps.

ワークフローを制御するControl workflow

Logic Apps では、ロジック アプリのワークフローでアクションを構成および制御するための組み込みアクションが提供されています。Logic Apps provides built-in actions for structuring and controlling the actions in your logic app's workflow:

名前Name [説明]Description
組み込みアイコン
条件
Built-in Icon
Condition
条件を評価し、条件が true と false のいずれであるかに基づいて、さまざまなアクションを実行します。Evaluate a condition and run different actions based on whether the condition is true or false.
組み込みアイコン
For each
Built-in Icon
For each
配列内のすべての項目に対して同じアクションを実行します。Perform the same actions on every item in an array.
組み込みアイコン
スコープ
Built-in Icon
Scope
アクションをスコープにグループ化します。スコープ内のアクションが実行を完了すると、スコープ独自のステータスが取得されます。Group actions into scopes, which get their own status after the actions in the scope finish running.
組み込みアイコン
スイッチ
Built-in Icon
Switch
アクションをケースにグループ化します。既定のケースを除き、ケースには、一意の値が割り当てられます。Group actions into cases, which are assigned unique values except for the default case. 割り当てられた値が式、オブジェクト、またはトークンの結果に一致するケースのみを実行します。Run only that case whose assigned value matches the result from an expression, object, or token. 一致が存在しない場合は、既定のケースを実行します。If no matches exist, run the default case.
組み込みアイコン
終了
Built-in Icon
Terminate
アクティブに実行中のロジック アプリ ワークフローを停止します。Stop an actively running logic app workflow.
組み込みアイコン
期限
Built-in Icon
Until
指定された条件が true になるまで、または特定の状態が変化するまで、アクションを繰り返します。Repeat actions until the specified condition is true or some state has changed.

データを管理または操作するManage or manipulate data

Logic Apps では、データ出力とその形式を操作するための組み込みアクションが提供されています。Logic Apps provides built-in actions for working with data outputs and their formats:

名前Name [説明]Description
組み込みアイコン
データの操作
Built-in Icon
Data Operations
データの操作を実行します。Perform operations with data:

- 作成:さまざまな型の複数の入力から単一の出力を作成します。- Compose: Create a single output from multiple inputs with various types.
- CSV テーブルの作成:JSON オブジェクトの配列からコンマ区切り値 (CSV) テーブルを作成します。- Create CSV table: Create a comma-separated-value (CSV) table from an array with JSON objects.
- HTML テーブルの作成:JSON オブジェクトの配列から HTML テーブルを作成します。- Create HTML table: Create an HTML table from an array with JSON objects.
- 配列のフィルター処理:別の配列内にある、条件を満たす項目から配列を作成します。- Filter array: Create an array from items in another array that meet your criteria.
- 結合:配列内のすべての項目から 1 つの文字列を作成し、それらの項目を指定の区切り記号で区切ります。- Join: Create a string from all items in an array and separate those items with the specified delimiter.
- JSON の解析:JSON コンテンツ内のプロパティとその値からわかりやすいトークンを作成して、ユーザーがそれらのプロパティをワークフロー内で使用できるようにします。- Parse JSON: Create user-friendly tokens from properties and their values in JSON content so that you can use those properties in your workflow.
- 選択:別の配列内の項目または値を変換し、それらの項目を指定のプロパティにマッピングすることにより、JSON オブジェクトで配列を作成します。- Select: Create an array with JSON objects by transforming items or values in another array and mapping those items to specified properties.

組み込みアイコンBuilt-in Icon
日付/時刻Date Time
タイムスタンプを使用して操作を実行します。Perform operations with timestamps:

- 時間への追加:指定した数の単位をタイムスタンプに追加します。- Add to time: Add the specified number of units to a timestamp.
- タイム ゾーンの変換:タイムスタンプをソース タイム ゾーンからターゲット タイム ゾーンに変換します。- Convert time zone: Convert a timestamp from the source time zone to the target time zone.
- 現在の時刻:現在のタイムスタンプを文字列として返します。- Current time: Return the current timestamp as a string.
- 未来の時間の取得:現在のタイムスタンプに指定した時刻単位を加えて返します。- Get future time: Return the current timestamp plus the specified time units.
- 過去の時間の取得:現在のタイムスタンプから指定した時刻単位を引いて返します。- Get past time: Return the current timestamp minus the specified time units.
- 時間からの減算:タイムスタンプから時間単位数を減算します。- Subtract from time: Subtract a number of time units from a timestamp.

組み込みアイコン
変数
Built-in Icon
Variables
変数の操作を実行します。Perform operations with variables:

- 配列変数に追加:変数によって保管される配列内に、値を最後の項目として挿入します。- Append to array variable: Insert a value as the last item in an array stored by a variable.
- 文字列変数に追加:変数によって保管される文字列内に、値を最後の文字として挿入します。- Append to string variable: Insert a value as the last character in a string stored by a variable.
- 変数の値を減らす:変数の値を一定値だけ減らします。- Decrement variable: Decrease a variable by a constant value.
- 変数の値を増やす:変数の値を一定値だけ増やします。- Increment variable: Increase a variable by a constant value.
- 変数を初期化する:変数を作成し、そのデータ型と初期値を宣言します。- Initialize variable: Create a variable and declare its data type and initial value.
- 変数の設定:既存の変数に異なる値を代入します。- Set variable: Assign a different value to an existing variable.

マネージド コネクタManaged connectors

Logic Apps には、次のサービスまたはシステムでタスク、プロセス、およびワークフローを自動化するためによく使用される標準コネクタが用意されています。Logic Apps provides these popular Standard connectors for automating tasks, processes, and workflows with these services or systems:

名前Name 説明Description
API アイコン
Azure Service Bus
API icon
Azure Service Bus
Logic Apps で最もよく使用されているコネクタを使用して非同期メッセージ、セッション、およびトピック サブスクリプションを管理します。Manage asynchronous messages, sessions, and topic subscriptions with the most commonly used connector in Logic Apps.
API アイコン
SQL Server
API icon
SQL Server
オンプレミスの SQL Server、またはクラウド内の Azure SQL Database に接続して、レコードの管理、ストアド プロシージャの実行、クエリの実行を行えるようにします。Connect to your SQL Server on premises or an Azure SQL Database in the cloud so that you can manage records, run stored procedures, or perform queries.
API アイコン
Azure Blob
Storage
API icon
Azure Blob
Storage
ストレージ アカウントに接続して、BLOB コンテンツの作成と管理ができるようにします。Connect to your storage account so that you can create and manage blob content.
API アイコン
Office 365
Outlook
API icon
Office 365
Outlook
Office 365 メール アカウントに接続して、メール、タスク、カレンダー イベントおよび会議、連絡先、要求などの作成と管理ができるようにします。Connect to your Office 365 email account so that you can create and manage emails, tasks, calendar events and meetings, contacts, requests, and more.
API アイコン
SFTP-SSH
API icon
SFTP-SSH
SSH を使用してインターネットからアクセス可能な SFTP サーバーに接続して、ファイルとフォルダーを操作できるようにします。Connect to SFTP servers that you can access from the internet by using SSH so that you can work with your files and folders.
API アイコン
SharePoint
Online
API icon
SharePoint
Online
SharePoint Online に接続して、ファイル、添付ファイル、フォルダーなどを管理できるようにします。Connect to SharePoint Online so that you can manage files, attachments, folders, and more.
API アイコン
Azure
キュー
API icon
Azure
Queues
Azure Storage アカウントに接続して、キューとメッセージの作成と管理ができるようにします。Connect to your Azure Storage account so that you can create and manage queues and messages.
API アイコン
FTP
API icon
FTP
インターネットからアクセス可能な FTP サーバーに接続して、ファイルとフォルダーを操作できるようにします。Connect to FTP servers you can access from the internet so that you can work with your files and folders.
API アイコン
ファイル
システム
API icon
File
System
オンプレミスのファイル共有に接続して、ファイルの作成と管理ができるようにします。Connect to your on-premises file share so that you can create and manage files.
API アイコン
Azure Event Hubs
API icon
Azure Event Hubs
イベント ハブを通じてイベントを使用したり、発行したりします。Consume and publish events through an Event Hub. たとえば、ロジック アプリから Event Hubs を使用して出力を取得し、リアルタイム分析プロバイダーに送信できます。For example, get output from your logic app with Event Hubs, and then send that output to a real-time analytics provider.
API アイコン
Azure Event
Grid
API icon
Azure Event
Grid
Azure やサードパーティのリソースが変更されたときなどに、Event Grid が発行するイベントを監視します。Monitor events published by an Event Grid, for example, when Azure resources or third-party resources change.
API アイコン
Salesforce
API icon
Salesforce
Salesforce アカウントに接続して、レコード、ジョブ、オブジェクトなどの項目の作成と管理ができるようにします。Connect to your Salesforce account so that you can create and manage items such as records, jobs, objects, and more.

オンプレミス コネクタOn-premises connectors

ここでは、オンプレミス システムのデータやリソースにアクセスするために Logic Apps で提供されていてよく使用される標準コネクタを紹介します。Here are some commonly used Standard connectors that Logic Apps provides for accessing data and resources in on-premises systems. オンプレミス システムへの接続を作成するには、最初にオンプレミス データ ゲートウェイのダウンロード、インストール、設定を行う必要があります。Before you can create a connection to an on-premises system, you must first download, install, and set up an on-premises data gateway. このゲートウェイは、セキュリティで保護された通信チャネルを提供します。必要なネットワーク インフラストラクチャを設定する必要はありません。This gateway provides a secure communication channel without having to set up the necessary network infrastructure.

API アイコン
BizTalk
Server
API icon
BizTalk
Server
API アイコン
ファイル
システム
API icon
File
System
API アイコン
IBM DB2
API icon
IBM DB2
API アイコン
IBM
Informix
API icon
IBM
Informix
API アイコン
MySQL
API icon
MySQL
API アイコン
Oracle DB
API icon
Oracle DB
API アイコン
PostgreSQL
API icon
PostgreSQL
API アイコン
SharePoint
Server
API icon
SharePoint
Server
API アイコン
SQL
Server
API icon
SQL
Server
API アイコン
Teradata
API icon
Teradata

統合アカウント コネクタIntegration account connectors

Logic Apps では、Azure の Enterprise Integration Pack (EIP) で利用可能な統合アカウントを作成して料金を支払うときに、ロジック アプリで企業間 (B2B) ソリューションを作成するための標準コネクタが提供されています。Logic Apps provides Standard connectors for building business-to-business (B2B) solutions with your logic apps when you create and pay for an integration account, which is available through the Enterprise Integration Pack (EIP) in Azure. このアカウントを使用すると、パーティー、取引先契約、マップ、スキーマ、証明書などの B2B 成果物を作成したり、保管したりできます。With this account, you can create and store B2B artifacts such as trading partners, agreements, maps, schemas, certificates, and so on. これらの成果物を使用するには、ロジック アプリを統合アカウントに関連付けます。To use these artifacts, associate your logic apps with your integration account. 現在、BizTalk Server を使用している場合は、これらのコネクタが既になじみがあるように見えるかもしれません。If you currently use BizTalk Server, these connectors might seem familiar already.

API アイコン
AS2
のデコード
API icon
AS2
decoding
API アイコン
AS2
のエンコード
API icon
AS2
encoding
API アイコン
EDIFACT
のデコード
API icon
EDIFACT
decoding
API アイコン
EDIFACT
のエンコード
API icon
EDIFACT
encoding
API アイコン
フラット ファイル
のデコード
API icon
Flat file
decoding
API アイコン
フラット ファイル
のエンコード
API icon
Flat file
encoding
API アイコン
統合
アカウント
API icon
Integration
account
API アイコン
Liquid
変換
API icon
Liquid
transforms
API アイコン
X12
のデコード
API icon
X12
decoding
API アイコン
X12
のエンコード
API icon
X12
encoding
API アイコン
XML
変換
API icon
XML
transforms
API アイコン
XML
検証
API icon
XML
validation

エンタープライズ コネクタEnterprise connectors

Logic Apps では、SAP や IBM MQ などのエンタープライズ システムにアクセスするため、以下のエンタープライズ コネクタが提供されています。Logic Apps provides these Enterprise connectors for accessing enterprise systems, such as SAP and IBM MQ:

API アイコン
IBM 3270
API icon
IBM 3270
API アイコン
IBM MQ
API icon
IBM MQ
API アイコン
SAP
API icon
SAP

ISE コネクタISE connectors

専用の統合サービス環境 (ISE) で作成して実行するロジック アプリの場合、ロジック アプリ デザイナーでは CORE ラベルを使用して ISE 内で実行する組み込みトリガーおよびアクションが識別されます。For logic apps that you create and run in a dedicated integration service environment (ISE), the Logic App Designer identifies built-in triggers and actions that run in your ISE by using the CORE label. ISE 内で実行するマネージド コネクタには ISE ラベルが表示されますが、グローバルなマルチテナント Logic Apps サービスで実行するコネクタには、いずれのラベルも表示されません。Managed connectors that run in an ISE display the ISE label, while connectors that run in the global, multi-tenant Logic Apps service don't display either label. 次の一覧は、現在 ISE バージョンがあるコネクタを示しています。This list shows the connectors that currently have ISE versions:

API アイコン
AS2
API icon
AS2
API アイコン
Azure
Automation
API icon
Azure
Automation
API アイコン
Azure Blob
Storage
API icon
Azure Blob
Storage
API アイコン
Azure Cosmos
DB
API icon
Azure Cosmos
DB
API アイコン
Azure Event
Hubs
API icon
Azure Event
Hubs
API アイコン
Azure Event
Grid
API icon
Azure Event
Grid
API アイコン
Azure File
Storage
API icon
Azure File
Storage
API アイコン
Azure Key
Vault
API icon
Azure Key
Vault
API アイコン
Azure Monitor
ログ
API icon
Azure Monitor
Logs
API アイコン
Azure Service
Bus
API icon
Azure Service
Bus
API アイコン
Azure SQL Data
Warehouse
API icon
Azure SQL Data
Warehouse
API アイコン
Azure Table
Storage
API icon
Azure Table
Storage
API アイコン
Azure
キュー
API icon
Azure
Queues
API アイコン
EDIFACT
API icon
EDIFACT
API アイコン
ファイル
システム
API icon
File
System
API アイコン
FTP
API icon
FTP
API アイコン
IBM 3270
API icon
IBM 3270
API アイコン
IBM DB2
API icon
IBM DB2
API アイコン
IBM MQ
API icon
IBM MQ
API アイコン
SAP
API icon
SAP
API アイコン
SFTP-SSH
API icon
SFTP-SSH
API アイコン
SMTP
API icon
SMTP
API アイコン
SQL
Server
API icon
SQL
Server
API アイコン
X12
API icon
X12

詳細については、以下のトピックを参照してください。For more information, see these topics:

トリガーとアクションの種類Triggers and action types

コネクタは、トリガーアクション、またはその両方を提供できます。Connectors can provide triggers, actions, or both. トリガーはすべてのロジック アプリの最初の手順であり、通常トリガーを起動し、ロジック アプリの実行を開始するイベントを指定します。A trigger is the first step in any logic app, usually specifying the event that fires the trigger and starts running your logic app. たとえば、FTP コネクタには、"ファイルが追加されるか、変更されたとき" にロジック アプリを起動するトリガーがあります。For example, the FTP connector has a trigger that starts your logic app "when a file is added or modified". 一部のトリガーは、指定されたイベントまたはデータを定期的にチェックし、指定されたイベントやデータを検出したときに起動します。Some triggers regularly check for the specified event or data and then fire when they detect the specified event or data. 他のトリガーは、待機し、特定のイベントが発生した場合や新しいデータを使用できるようになった場合にただちに起動します。Other triggers wait but fire instantly when a specific event happens or when new data is available. トリガーは、ロジック アプリに必要なデータも渡します。Triggers also pass along any required data to your logic app. ロジック アプリでは、ワークフロー全体でそのデータを読み取り、使用することができます。Your logic app can read and use that data throughout the workflow. たとえば、Office 365 Outlook コネクタには "新しいメールが届いたとき" トリガーがあり、ロジック アプリのワークフローにメールの内容を渡すことができます。For example, the Office 365 Outlook connector has a trigger, "When a new email arrives", that can pass the content from that email into your logic app's workflow.

トリガーの起動後、Azure Logic Apps は、ロジック アプリのインスタンスを作成し、ロジック アプリのワークフローでアクションの実行を開始します。After a trigger fires, Azure Logic Apps creates an instance of your logic app and starts running the actions in your logic app's workflow. アクションは、ロジック アプリのワークフローでトリガーを追跡し、タスクを実行する手順です。Actions are the steps that follow the trigger and perform tasks in your logic app's workflow. たとえば、SQL データベースから顧客データを取得し、後のアクションでそのデータを処理するロジック アプリを作成できます。For example, you can create a logic app that gets customer data from a SQL database and process that data in later actions.

次に、Azure Logic Apps が提供する一般的な種類のトリガーを示します。Here are the general kinds of triggers that Azure Logic Apps provides:

  • 繰り返しトリガー:このトリガーは、指定したスケジュールで実行され、特定のサービスまたはシステムに緊密に関連付けられません。Recurrence trigger: This trigger runs on a specified schedule and isn't tightly associated with a particular service or system.

  • ポーリング トリガー:このトリガーは、指定したスケジュールに基づいて、特定のサービスまたはシステムを定期的にポーリングし、新しいデータまたは特定のイベントが発生したかどうかをチェックします。Polling trigger: This trigger regularly polls a specific service or system based on the specified schedule, checking for new data or whether a specific event happened. 新しいデータが使用可能になるか、または特定のイベントが発生した場合、トリガーはロジック アプリの新しいインスタンスを実行し、それにより、入力として渡されたデータを使用できるようになります。If new data is available or the specific event happened, the trigger creates and runs a new instance of your logic app, which can now use the data that's passed as input.

  • プッシュ トリガー:このトリガーは、新しいデータまたはイベントの発生を待機し、リッスンします。Push trigger: This trigger waits and listens for new data or for an event to happen. 新しいデータが使用可能になるか、またはイベントが発生した場合、トリガーはロジック アプリの新しいインスタンスを作成して実行し、それにより、入力として渡されたデータを使用できるようになります。When new data is available or when the event happens, the trigger creates and runs new instance of your logic app, which can now use the data that's passed as input.

コネクタの構成Connector configuration

各コネクタのトリガーとアクションは、ユーザーが構成できる独自のプロパティを提供します。Each connector's triggers and actions provide their own properties for you to configure. 多くのコネクタでは、ロジック アプリでトリガーやアクションを使用する前に、最初に対象のサービスまたはシステムへの接続を作成し、認証資格情報またはその他の構成の詳細を指定する必要があります。Many connectors also require that you first create a connection to the target service or system and provide authentication credentials or other configuration details before you can use a trigger or action in your logic app. たとえば、Office 365 Outlook 電子メール アカウントにアクセスして操作するには、そのアカウントへの接続を承認する必要があります。For example, before you can access and working with your Office 365 Outlook email account, you must authorize a connection to that account.

Azure Active Directory (Azure AD) OAuth を使用するコネクタの場合、接続の作成は、Office 365、Salesforce、GitHub などのサービスへのサインインを意味し、そこでアクセス トークンが暗号化され、Azure シークレット ストアに安全に保存されます。For connectors that use Azure Active Directory (Azure AD) OAuth, creating a connection means signing into the service, such as Office 365, Salesforce, or GitHub, where your access token is encrypted and securely stored in an Azure secret store. FTP や SQL などのその他のコネクタでは、サーバーのアドレス、ユーザー名、およびパスワードなどの構成の詳細を含む接続が必要です。Other connectors, such as FTP and SQL, require a connection that has configuration details, such as the server address, username, and password. これらの接続構成の詳細も暗号化され、安全に保存されます。These connection configuration details are also encrypted and securely stored. Azure での暗号化の詳細を参照してください。Learn more about encryption in Azure.

接続は、サービスまたはシステムが許可する限り、ターゲットのサービスまたはシステムにアクセスすることができます。Connections can access the target service or system for as long as that service or system allows. Office 365 や Dynamics など、Azure AD OAuth 接続を使用するサービスについては、アクセス トークンは Azure Logic Apps によって無制限に更新されます。For services that use Azure AD OAuth connections, such as Office 365 and Dynamics, Azure Logic Apps refreshes access tokens indefinitely. 他のサービスでは、Azure Logic Apps がトークンを更新せずに使用できる期間に制限が設けられる場合があります。Other services might have limits on how long Azure Logic Apps can use a token without refreshing. 一般に、一部のアクションでは、パスワードの変更などのすべてのアクセス トークンが無効になります。Generally, some actions invalidate all access tokens, such as changing your password.

カスタム API とコネクタCustom APIs and connectors

カスタム コードを実行する API や、コネクタとして使用できない API を呼び出すには、カスタム API Apps を作成して、Logic Apps プラットフォームを拡張します。To call APIs that run custom code or aren't available as connectors, you can extend the Logic Apps platform by creating custom API Apps. "任意の" REST または SOAP ベース API 用のカスタム コネクタを作成することもできます。その場合、これらの API は、Azure サブスクリプションの任意のロジック アプリで使用できるようになります。You can also create custom connectors for any REST or SOAP-based APIs, which make those APIs available to any logic app in your Azure subscription. Azure 内でカスタム API Apps またはコネクタを公開し、誰でも使用できるようにするには、Microsoft の認定を受けるためにコネクタを提出してください。To make custom API Apps or connectors public for anyone to use in Azure, you can submit connectors for Microsoft certification.

注意

統合サービス環境 (ISE) にデプロイして実行したロジック アプリは、Azure 仮想ネットワーク内のリソースに直接アクセスできます。Logic apps that you deploy and run in an integration service environment (ISE) can directly access resources in an Azure virtual network. オンプレミス データ ゲートウェイを必要とするカスタム コネクタを ISE の外部で作成した場合は、ISE 内のロジック アプリでもそれらのコネクタを使用できます。If you have custom connectors that require the on-premises data gateway, and you created those connectors outside an ISE, logic apps in an ISE can also use those connectors.

ISE 内で作成されたカスタム コネクタは、オンプレミス データ ゲートウェイでは動作しません。Custom connectors created within an ISE don't work with the on-premises data gateway. ただし、これらのコネクタでは、ISE がホストされている Azure 仮想ネットワークに接続されているオンプレミス データ ソースに直接アクセスできます。However, these connectors can directly access on-premises data sources that are connected to an Azure virtual network hosting the ISE. そのため、ISE 内のロジック アプリでは、ほとんどの場合、それらのリソースと通信するときにデータ ゲートウェイは不要です。So, logic apps in an ISE most likely don't need the data gateway when communicating with those resources.

ISE の作成について詳しくは、Azure Logic Apps から Azure Virtual Network への接続に関するページをご覧ください。For more information about creating ISEs, see Connect to Azure virtual networks from Azure Logic Apps.

接続の作成をブロックするBlock creating connections

Azure Logic Apps でコネクタを使用して特定のリソースに接続することが組織で許可されていない場合は、Azure Policy を使用して、ロジック アプリのワークフロー内の特定のコネクタについて、接続を作成する機能をブロックすることができます。If your organization doesn't permit connecting to specific resources by using their connectors in Azure Logic Apps, you can block the capability to create those connections for specific connectors in logic app workflows by using Azure Policy. 詳細については、Azure Logic Apps での特定のコネクタによって作成される接続のブロックに関するページを参照してください。For more information, see Block connections created by specific connectors in Azure Logic Apps.

次のステップNext steps