チュートリアル:Azure Data Box Heavy を注文するTutorial: Order Azure Data Box Heavy

Azure Data Box Heavy は、迅速かつ簡単な信頼性の高い方法でオンプレミス データを Azure にインポートできるハイブリッド ソリューションです。Azure Data Box Heavy is a hybrid solution that allows you to import your on-premises data into Azure in a quick, easy, and reliable way. お客様は、Microsoft 提供の 770 TB (おおよその使用可能容量) ストレージ デバイスにデータを転送した後、そのデバイスを Microsoft に戻します。You transfer your data to a Microsoft-supplied 770 TB (approximate usable capacity) storage device and then ship the device back. その後、このデータは Azure にアップロードされます。This data is then uploaded to Azure.

このチュートリアルでは、Azure Data Box Heavy を注文する方法について説明します。This tutorial describes how you can order an Azure Data Box Heavy. このチュートリアルで学習する内容は次のとおりです。In this tutorial, you learn about:

  • Data Box Heavy の前提条件Prerequisites for Data Box Heavy
  • Data Box Heavy を注文するOrder a Data Box Heavy
  • 注文を追跡するTrack the order
  • 注文をキャンセルするCancel the order

前提条件Prerequisites

デバイスを展開する前に、Data Box サービスとデバイスに関する次の構成の前提条件を完了してください。Complete the following configuration prerequisites for Data Box service and device before you deploy the device.

設置場所ではFor installation site

開始する前に次の点を確認します。Before you begin, make sure that:

  • デバイスが標準的な出入り口や通路を通過できること。The device fits through standard doorways and entryways. デバイスが搬入経路全体を問題なく通過できることを確認してください。However, do make sure that the device can fit through all your entryways. デバイスのサイズは次のとおりです。幅:26 インチ、長さ: 48 インチ、高さ: 28 インチ。Device dimensions are: width: 26" length: 48" height: 28".
  • 1 階以外のフロアに設置する場合、エレベーターまたはスロープからデバイスを搬入できること。If installed on a floor other than the ground floor, you need access for the device via an elevator or a ramp. デバイスの重量は約 500 ポンドです。The device weighs approximately ~500 lbs.
  • データセンター内に、これだけの設置面積を占めるデバイスを収容可能な平らな場所があり、その近くに使用可能なネットワーク接続用設備があること。Make sure that you have a flat site in the datacenter with proximity to an available network connection that can accommodate a device with this footprint.

サービスではFor service

開始する前に次の点を確認します。Before you begin, make sure that:

  • アクセスの資格情報 (ストレージ アカウント名やアクセス キーなど) を持つ Microsoft Azure のストレージ アカウントがあること。You have your Microsoft Azure storage account with access credentials, such as storage account name and access key.

  • Data Box サービスで使用するサブスクリプションが、次のいずれかの種類であること。The subscription you use for Data Box service is one of the following types:

  • デバイスの注文を作成するサブスクリプションに対して、所有者または共同作成者アクセス権があることを確認します。Ensure that you have owner or contributor access to the subscription to create a device order.

デバイスではFor device

開始する前に次の点を確認します。Before you begin, make sure that:

  • デバイスが開梱されていること。Your device is unpacked.

  • データセンター ネットワークに接続されているホスト コンピューターがあること。You should have a host computer connected to the datacenter network. Data Box Heavy はこのコンピューターからデータをコピーします。Data Box Heavy will copy the data from this computer. ホスト コンピューターでは、Azure Data Box Heavy のシステム要件に関する記事に記載されているサポート対象オペレーティング システムが実行されている必要があります。Your host computer must run a supported operating system as described in Azure Data Box Heavy system requirements.

  • RJ-45 ケーブルを使用してローカル UI に接続し、デバイスを構成するためのノート PC があること。You need to have a laptop with RJ-45 cable to connect to the local UI and configure the device. このノート PC を使用して、デバイスの各ノードで 1 回構成を行います。Use the laptop to configure each node of the device once.

  • お客様のデータセンターには、高速ネットワークが必要です。Your datacenter needs to have high-speed network. 少なくとも 1 本の 10 GbE 接続を利用することを強くお勧めします。We strongly recommend that you have at least one 10 GbE connection.

  • デバイス ノードごとに 40 Gbps または 10 Gbps のケーブルが 1 本あること。You need one 40 Gbps or 10 Gbps cable per device node. Mellanox MCX314A-BCCT ネットワーク インターフェイスと互換性のあるケーブルを選択します。Choose cables that are compatible with the Mellanox MCX314A-BCCT network interface:

    • 40 Gbps ケーブルの場合、ケーブルのデバイス側の端は QSFP+ である必要があります。For the 40 Gbps cable, device end of the cable needs to be QSFP+.
    • 10 Gbps ケーブルの場合、SFP+ ケーブルが必要です。ケーブルの一端を 10 G スイッチに差し込み、QSFP+ から SFP+ へのアダプター (QSA アダプター) を使用して他端をデバイスに差し込みます。For the 10 Gbps cable, you need an SFP+ cable that plugs into a 10 G switch on one end, with a QSFP+ to SFP+ adapter (or the QSA adapter) for the end that plugs into the device.
    • 電源ケーブルは、デバイスに付属しています。The power cables are included with the device.

Data Box Heavy を注文するOrder Data Box Heavy

デバイスを注文するには、Azure portal で次の手順を実行します。Perform the following steps in the Azure portal to order a device.

  1. Microsoft Azure 資格情報を使用して、次の URL にサインインします。https://portal.azure.comUse your Microsoft Azure credentials to sign in at this URL: https://portal.azure.com.

  2. [+ リソースの作成] を選択し、Azure Data Box を検索します。Select + Create a resource and search for Azure Data Box. [Azure Data Box] を選択します。Select Azure Data Box.

    Azure Data Box 1 を検索するSearch Azure Data Box 1

  3. [作成] を選択しますSelect Create.

  4. ご利用のリージョンで Data Box サービスが利用可能かどうかを確認します。Check if the Data Box service is available in your region. 次の情報を入力または選択し、 [適用] を選択します。Enter or select the following information and select Apply.

    設定Setting Value
    サブスクリプションSubscription Data Box サービス用の EA、CSP、または Azure スポンサー サブスクリプションを選択します。Select an EA, CSP, or Azure sponsorship subscription for Data Box service.
    サブスクリプションは、課金アカウントにリンクされます。The subscription is linked to your billing account.
    転送の種類Transfer type [Azure へインポート] を選択します。Select Import to Azure.
    ソースの国/地域Source country/region データが現在存在する国/地域を選択します。Select the country/region where your data currently resides.
    宛先 Azure リージョンDestination Azure region データを転送する Azure リージョンを選択します。Select the Azure region where you want to transfer data.

    Data Box ファミリの使用可能性の選択Select Data Box family availability

  5. [Data Box Heavy] を選択します。Select Data Box Heavy. 1 つの注文での使用可能な最大容量は 770 TB です。The maximum usable capacity for a single order is 770 TB.

    [[Data Box Heavy の選択

  6. [注文]注文の詳細を指定します。In Order, specify the Order details. 次の情報を入力または選択し、 [次へ] を選択します。Enter or select the following information and select Next.

    設定Setting Value
    名前Name 注文を追跡するためのフレンドリ名を指定します。Provide a friendly name to track the order.
    名前の長さは 3 ~ 24 文字で、文字、数字、ハイフンを使うことができます。The name can have between 3 and 24 characters that can be letters, numbers, and hyphens.
    名前の最初と最後は、文字か数字とする必要があります。The name must start and end with a letter or a number.
    Resource groupResource group 既存のグループを使用するか、新しいグループを作成します。Use an existing or create a new one.
    リソース グループとは、まとめて管理したり、デプロイしたりできるリソースの論理コンテナーです。A resource group is a logical container for the resources that can be managed or deployed together.
    宛先 Azure リージョンDestination Azure region ストレージ アカウントのリージョンを選択します。Select a region for your storage account.
    詳細については、利用可能なリージョンに関する記事をご覧ください。For more information, go to region availability.
    保存先Storage destination ストレージ アカウント、マネージド ディスク、またはその両方から選択します。Choose from storage account or managed disks or both.
    指定した Azure リージョンに基づいて、既存のストレージ アカウントのフィルター処理された一覧から 1 つまたは複数のストレージ アカウントを選択します。Based on the specified Azure region, select one or more storage accounts from the filtered list of an existing storage account.
    Data Box Heavy は、最大 10 個のストレージ アカウントにリンクできます。Data Box Heavy can be linked with up to 10 storage accounts.
    新しい汎用 v1 アカウント汎用 v2 アカウント、または Blob Storage アカウントを作成することもできます。You can also create a new General-purpose v1, General-purpose v2, or Blob storage account.
    デバイスでサポートされるストレージ アカウントに関する記事を参照してください。See the storage accounts supported with your device.
    仮想ネットワークに対するストレージ アカウントがサポートされます。Storage accounts with virtual networks are supported. セキュリティで保護されたストレージ アカウントと Data Box サービスとを連携させるには、ストレージ アカウントのネットワーク ファイアウォール設定内で、信頼できるサービスを有効にします。To allow Data Box service to work with secured storage accounts, enable the trusted services within the storage account network firewall settings. 詳細については、Azure Data Box サービスを信頼できるサービスとして追加する方法に関する記事を参照してください。For more information, see how to Add Azure Data Box service as a trusted service.

    保存先としてストレージ アカウントを使用している場合は、以下のようなスクリーンショットが表示されます。If using storage account as the storage destination, you see the following screenshot:

    ストレージ アカウントの Data Box Heavy 注文

    保存先としてのストレージ アカウントに加えて、オンプレミス VHD からマネージド ディスクを作成するために Data Box Heavy を使用している場合は、次の情報を提供する必要があります。If in addition to storage account as the storage destination, you are also using Data Box Heavy to create managed disks from the on-premises VHDs, you need to provide the following information:

    設定Setting Value
    リソース グループResource groups オンプレミスの VHD からマネージド ディスクを作成する場合は、新しい リソース グループを作成します。Create new resource groups if you intend to create managed disks from on-premises VHDs. 既存のリソース グループを使用できるのは、Data Box サービスでマネージド ディスクの Data Box Heavy 注文を作成するときに、そのリソース グループがすでに作成されていた場合に限られます。You can use an existing resource group only if the resource group was created previously when creating a Data Box Heavy order for managed disk by Data Box service.
    複数のリソース グループを指定するときは、各リソース グループをセミコロンで区切ります。Specify multiple resource groups separated by semi-colons. サポートされるリソース グループは、最大 10 個です。A maximum of 10 resource groups are supported.

    マネージド ディスクの Data Box Heavy 注文

    マネージド ディスクに指定されたストレージ アカウントは、ステージング ストレージ アカウントとして使用されます。The storage account specified for managed disks is used as a staging storage account. VHD は、Data Box サービスにより、ページ BLOB としてステージング ストレージ アカウントにアップロードされた後、マネージド ディスクに変換され、リソース グループに移動されます。The Data Box service uploads the VHDs as page blobs to the staging storage account before converting it into managed disks and moving it to the resource groups. 詳細については、「Azure へのデータのアップロードを確認する」を参照してください。For more information, see Verify data upload to Azure.

  7. [配送先住所] に、お客様の氏名、会社の名前と郵送先住所、および有効な電話番号を入力します。In the Shipping address, provide your first and last name, name and postal address of the company, and a valid phone number. [住所の確認] を選択します。Select Validate address.

    配送先住所でサービスが利用可能かどうかが確認されます。The service validates the shipping address for service availability. 指定した配送先住所でサービスを利用できる場合は、その旨が通知されます。If the service is available for the specified shipping address, you receive a notification to that effect. [次へ] を選択します。Select Next.

  8. [通知の詳細] で、電子メール アドレスを指定します。In the Notification details, specify email addresses. 指定した電子メール アドレスに、注文の状態の更新に関する電子メール通知が送信されます。The service sends email notifications regarding any updates to the order status to the specified email addresses.

    グループの管理者が辞めた場合も引き続き通知を受け取ることができるように、グループ メールを使用することをお勧めします。We recommend that you use a group email so that you continue to receive notifications if an admin in the group leaves.

  9. 注文、連絡先、通知、プライバシー条項に関する情報の概要を確認します。Review the information Summary related to the order, contact, notification, and privacy terms. プライバシー条項への同意に対応するボックスをオンにします。Check the box corresponding to the agreement to privacy terms.

  10. [注文] を選択します。Select Order. 注文が作成されるまで数分かかります。The order takes a few minutes to be created.

注文を追跡するTrack the order

注文後、Azure portal から注文の状態を追跡できます。After you have placed the order, you can track the status of the order from Azure portal. Data Box Heavy の注文に移動し、 [概要] に移動して状態を表示します。Go to your Data Box Heavy order and then go to Overview to view the status. ポータルでは、注文は、 [注文済み] 状態で表示されます。The portal shows the order in Ordered state.

デバイスが使用できない場合は、通知されます。If the device is not available, you receive a notification. デバイスが使用可能な場合は、Microsoft が配送用のデバイスを特定し、配送の準備をします。If the device is available, Microsoft identifies the device for shipment and prepares the shipment. デバイスの準備中に、次のアクションが実行されます。During device preparation, following actions occur:

  • デバイスに関連付けられているストレージ アカウントごとに SMB 共有が作成されます。SMB shares are created for each storage account associated with the device.
  • 各共有で、ユーザー名やパスワードなどのアクセス資格情報が生成されます。For each share, access credentials such as username and password are generated.
  • デバイスのロック解除に役立つデバイス パスワードも生成されます。Device password that helps unlock the device is also generated.
  • Data Box Heavy は、デバイスへの不正アクセスを防ぐためにどの時点でもロックされます。The Data Box Heavy is locked to prevent unauthorized access to the device at any point.

デバイスの準備が完了すると、ポータルでは、注文が [処理済み] 状態で表示されます。When the device preparation is complete, the portal shows the order in Processed state.

処理された Data Box Heavy の注文

次に、Microsoft は、デバイスを準備して地域の運送業者を通じて発送します。Microsoft then prepares and dispatches your device via a regional carrier. デバイスが出荷されると、お客様に追跡番号が送信されます。You receive a tracking number once the device is shipped. ポータルには、出荷済み状態の注文が表示されます。The portal shows the order in Dispatched state.

発送された Data Box Heavy の注文

注文をキャンセルするCancel the order

この注文をキャンセルするには、Azure portal で [概要] に移動し、コマンド バーの [キャンセル] をクリックします。To cancel this order, in the Azure portal, go to Overview and click Cancel from the command bar.

注文は、注文した後、注文の状態が [処理済み] とマークされるまでの間の任意の時点でキャンセルできます。After placing an order, you can cancel it at any point before the order status is marked processed.

キャンセルされた注文を削除するには、 [概要] に移動し、コマンド バーの [削除] をクリックします。To delete a canceled order, go to Overview and click Delete from the command bar.

次のステップNext steps

このチュートリアルでは、Azure Data Box Heavy に関する次のようなトピックについて説明しました。In this tutorial, you learned about Azure Data Box Heavy topics such as:

  • 前提条件Prerequisites
  • Data Box Heavy を注文するOrder Data Box Heavy
  • 注文を追跡するTrack the order
  • 注文をキャンセルするCancel the order

次のチュートリアルに進み、Data Box Heavy を設定する方法を学習してください。Advance to the next tutorial to learn how to set up your Data Box Heavy.