Azure と JenkinsAzure and Jenkins

Jenkins は、ソフトウェア プロジェクトの継続的インテグレーションと配信 (CI/CD) を設定する際に使用される、広く普及しているオープンソースのオートメーション サーバーです。Jenkins is a popular open-source automation server used to set up continuous integration and delivery (CI/CD) for your software projects. Azure で Jenkins デプロイをホストしたり、Azure リソースを使用して、既存の Jenkins 構成を拡張したりできます。You can host your Jenkins deployment in Azure or extend your existing Jenkins configuration using Azure resources. Azure へのアプリケーションの CI/CD を簡素化する Jenkins プラグインも使用できます。Jenkins plugins are also available to simplify CI/CD of your applications to Azure.

この記事は、Jenkins での Azure 使用の概要のほか、Jenkins ユーザーが利用できる重要な Azure コア機能も扱っています。This article is an introduction to using Azure with Jenkins, detailing the core Azure features available to Jenkins users. お使いの Jenkins サーバーの Azure での共有については、Azure での Jenkins サーバーの作成に関する記事を参照してください。For more information about getting started with your own Jenkins server in Azure, see Create a Jenkins server on Azure.

Azure で Jenkins サーバーをホストするHost your Jenkins servers in Azure

Azure で Jenkins をホストすることで、ビルドの自動化を集中管理し、ソフトウェア プロジェクト拡大のニーズに合わせてデプロイを拡大縮小します。Host Jenkins in Azure to centralize your build automation and scale your deployment as the needs of your software projects grow. Azure への Jenkins のデプロイには以下を使用できます。You can deploy Jenkins in Azure using:

Azure Jenkins のデプロイは、Azure Monitor ログAzure CLI を使用して監視および管理します。Monitor and manage your Azure Jenkins deployment using Azure Monitor logs and the Azure CLI.

ビルド自動化をオン デマンドで拡大縮小するScale your build automation on demand

ジョブとパイプラインのビルド数と複雑性の増加に応じて、既存の Jenkins デプロイにビルド エージェントを追加して、Jenkins のビルド容量を拡張します。Add build agents to your existing Jenkins deployment to scale your Jenkins build capacity as the number of builds and complexity of your jobs and pipelines increase. こうしたビルド エージェントを Azure 仮想マシンで実行するには、Azure VM Agents プラグインを使用します。You can run these build agents on Azure virtual machines by using the Azure VM Agents plug-in. 詳細については、こちらのチュートリアルを参照してください。See our tutorial for more details.

Azure サービス プリンシパルで構成したら、Jenkins のジョブとパイプラインでは、その資格情報を使用することで次が実現します。Once configured with an Azure service principal, Jenkins jobs and pipelines can use this credential to:

Azure サービスにコードをデプロイするDeploy your code into Azure services

Jenkins プラグインを使用して、アプリケーションを Jenkins CI/CD パイプラインの一部として Azure にデプロイします。Use Jenkins plugins to deploy your applications to Azure as part of your Jenkins CI/CD pipelines. Azure App Service および Azure Container Service にデプロイすることで、基盤となるインフラストラクチャを管理することなく、アプリケーションの更新プログラムをステージング、テスト、およびリリースできます。Deploying into Azure App Service and Azure Container Service lets you stage, test, and release updates to your applications without managing the underlying infrastructure.

次のサービスおよび環境にデプロイするためのプラグインが用意されています。Plug-ins are available to deploy to the following services and environments: