階層リンク、セレクター、およびディレクトリを使用して、アイテム間を移動して開く

Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2017

—ダッシュボード、リポジトリ、プロダクトバックログ、かんばんボード、ビルドパイプラインなどの機能や成果物にすばやく移動するには、 — 階層リンク、セレクター、およびディレクトリを使用できます。

組織とプロジェクトの階層リンク

[プロジェクトの概要] ページに移動するには、階層リンク内の [プロジェクト] リンクを選択します。 組織に対して定義されているすべてのプロジェクトを含む [組織] ページに移動するには、[組織] リンクを選択します。

最上位レベルの階層リンク

水平ナビゲーションでは、組織レベルとプロジェクトレベルの階層リンク構造は提供されません。 代わりに、プロジェクト/チームセレクターから最近のチームまたはプロジェクトを選択できます。

プロジェクト/チームセレクターから別のチームまたはプロジェクトを選択する

すべてを参照 [] を選択すると、[ プロジェクト ] ページが開きます。

セレクター

セレクターは、現在のページ内のアイテムを選択するために使用されます。 ほとんどのアジャイルツールはチームに対して定義されているため、チームの成果物またはツールを選択する必要があります。

セレクターは、現在のページ内のアイテムを選択するために使用されます。 ほとんどのアジャイルツールはチームに対して定義されているため、特定のページだけでなくチームを選択する必要があります。

注意

特定のページまたはアイテムに移動すると、選択した内容がシステムに記憶されます。 セレクターを使用して、現在のページ内で別のアイテムを選択します。

例: ダッシュボードセレクター

ダッシュボード 内で、セレクターから特定のダッシュボードを開きます。

ダッシュボード、ダッシュボードセレクター

このセレクターは、次のナビゲーション要素を特徴としています。

  • チーム名またはキーワードに基づいてダッシュボードをフィルター処理するための検索ボックス
  • 次の2つのページから選択できます。
    • チーム別に整理された 自分 のもの (作成したダッシュボード)
    • アルファベット順に表示されている すべて(すべてのユーザーによって作成されたダッシュボード)
  • お気に入りしたダッシュボードがセレクターの上部に表示されます
  • 新しいダッシュボード 機能の追加
  • すべてのダッシュボードの参照 -ダッシュボードを開き >すべて

ダッシュボード 内で、ダッシュボードを表示するチームを選択します。

プロジェクト/チームセレクターから別のチームまたはプロジェクトを選択する

次に、ダッシュボードの名前を選択して表示します。

たとえば、ここでは [ 進行中の作業 ] ダッシュボードを開きます。

ダッシュボード、チームダッシュボードの選択

例: バックログ

ボード>バック ログページから、セレクターを使用して別のチームのバックログに切り替えます。 ここでも、お気に入りバックログはメニューの上部に表示されます。 チーム名またはキーワードに基づいてリストをフィルター処理することもできます。

Work>バックログ、バックログセレクター

または、[ すべてのチームバックログを参照 ] をクリックして、[すべてのバックログ > ] ページを開きます。

(1) プロジェクト/チームセレクターからチームを選択し、(2) 作業、(3) バック ログ、(4) バックログ項目 (スクラムの場合)、 ストーリー (アジャイルの場合)、または 要件 (CMMI の場合) である製品バックログを選択します。

[Work>バックログ] ページ (標準ページ) を開きます。

別のチームを選択するには、プロジェクト/チームセレクターを開き、別のチームを選択するか、[ 参照 ] オプションを選択します。

別のチームを選択する

成果物の階層リンクとセレクター

[ページの選択] では、ページ内の移動をサポートしたり、アイテムを開いたりするための階層リンクが用意されています。

例: クエリフォルダーと階層リンク

たとえば、[ クエリ ] ページで作業している場合は、サブフォルダー、フォルダー、またはページに移動できます。

クエリの階層リンク

また、セレクターメニューからお気に入りしたクエリを選択することも、[ すべてのクエリ ] ページに返すすべてのクエリを参照するように選択することもできます。

クエリのスクリーンショット、クエリセレクター。

例: パイプラインフォルダーと階層リンク

階層リンクおよびセレクターのナビゲーション要素は、フォルダー内のアイテムの定義と整理をサポートするほとんどのサービス内で使用されます。 これには、 パイプライン または ビルドとリリースの アプリケーションページが含まれます。

ビルド定義、クエリセレクターのスクリーンショット。

配置フォルダーに 戻るには、[展開 階層リンク] リンクを選択します。

ビルドとリリース、ビルド定義

ディレクトリ

ディレクトリは、サービス領域に対して定義されているすべての成果物のフィルター可能な一覧を提供します。 多くの場合、アプリケーションに移動すると、アプリケーションのディレクトリが開きます。

たとえば、 ボード>ボード のディレクトリは次のようになります。

ボードディレクトリ

ボードは次の順序で一覧表示されます。

  • 最後に閲覧したボード
  • お客様のお気に入りボード
  • 所属するチームのすべてのボード
  • プロジェクトに対して定義されているすべてのボードをアルファベット順に指定します。

フィルターアイコンを選択し て、フィルターの 基本に関するページの説明に従って一覧をフィルター処理します。

特定のページから、階層リンクまたはセレクターからディレクトリを開くことができます。 たとえば、ボードセレクターから [ すべてのボードを参照 ] を選択します。

階層リンクから開く

セレクターから開く

セレクターからボードのディレクトリを開く

階層リンクからボードのディレクトリを開く

チームプロファイル

  • チームに対して定義されている項目にすばやくアクセスするには、チームプロファイルを開きます。 チームプロファイルは、[概要] >ダッシュボードボード>ボード、ボード >バックログ、および ボード>スプリント ページから使用できます。

    チームプロファイルを開く

    チームに対して定義されているすべての項目を表示するパネルが開きます。

    チームプロファイルすべての項目

  • メニューから選択すると、一覧をフィルター処理して、 ダッシュボードボードバックログ、または スプリント だけを表示できます。

    チームツールをフィルター処理する

  • チームの管理者とチームのメンバーを表示するには、[ メンバー] を選択します。

    チームメンバー

  • チーム構成を表示または変更するには、[ チーム設定] を選択します。
    その後、 チームメンバーチーム管理者を追加したり、 チームの通知、チーム イテレーション区分パスに移動したりすることができます。

チームツールの管理と構成」も参照してください。