クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルへの ExpressRoute 回線の移行Moving ExpressRoute circuits from the classic to the Resource Manager deployment model

この記事では、Azure ExpressRoute 回線をクラシック デプロイ モデルから Azure Resource Manager デプロイ モデルに移行する意味について概説します。This article provides an overview of what it means to move an Azure ExpressRoute circuit from the classic to the Azure Resource Manager deployment model.

クラシック デプロイ モデルでデプロイされた仮想ネットワークと Resource Manager デプロイ モデルでデプロイされた仮想ネットワークにはどちらも、単一の ExpressRoute 回線を使用して接続できます。You can use a single ExpressRoute circuit to connect to virtual networks that are deployed both in the classic and the Resource Manager deployment models. この両方のデプロイメント モデルにまたがって、その作成方法を問わず、ExpressRoute 回線を仮想ネットワークにリンクできるようになりました。An ExpressRoute circuit, regardless of how it is created, can now link to virtual networks across both deployment models.

An ExpressRoute circuit that links to virtual networks across both deployment models

クラシック デプロイ モデルで作成された ExpressRoute 回線ExpressRoute circuits that are created in the classic deployment model

クラシック デプロイ モデルで作成された ExpressRoute 回線で、クラシック デプロイ モデルと Resource Manager デプロイ モデルの両方に接続できるようにするためには、最初に Resource Manager デプロイ モデルに移行する必要があります。ExpressRoute circuits that are created in the classic deployment model need to be moved to the Resource Manager deployment model first to enable connectivity to both the classic and the Resource Manager deployment models. 接続の移行中に接続が失われたり中断が発生したりすることはありません。There isn't connectivity loss or disruption when a connection is being moved. クラシック デプロイ モデルにおける回線と仮想ネットワークとの間のリンクは、(同じサブスクリプション内であるかどうかに関係なく) すべて保持されます。All circuit-to-virtual network links in the classic deployment model (within the same subscription and cross-subscription) are preserved.

移行が正常に完了すると、見た目、パフォーマンス、操作感は、Resource Manager デプロイ モデルで作成された ExpressRoute 回線とまったく同じになります。After the move is completed successfully, the ExpressRoute circuit looks, performs, and feels exactly like an ExpressRoute circuit that was created in the Resource Manager deployment model. これで、Resource Manager デプロイ モデルの仮想ネットワークへの接続を作成することができます。You can now create connections to virtual networks in the Resource Manager deployment model.

ExpressRoute 回線を Resource Manager デプロイ モデルに移行すると、ExpressRoute 回線のライフ サイクルの管理は Resource Manager デプロイ モデルを使用してのみ行えるようになります。After an ExpressRoute circuit has been moved to the Resource Manager deployment model, you can manage the life cycle of the ExpressRoute circuit only by using the Resource Manager deployment model. これは、ピアリングの追加、更新、削除、回線のプロパティ (帯域幅、SKU、課金タイプなど) の更新、回線の削除などの操作を行うことができるのが Resource Manager デプロイ モデルに限られることを意味します。This means that you can perform operations like adding/updating/deleting peerings, updating circuit properties (such as bandwidth, SKU, and billing type), and deleting circuits only in the Resource Manager deployment model. 両方のデプロイ モデルへのアクセスを管理する方法の詳細については、Resource Manager デプロイ モデルで作成された回線に関する以下のセクションを参照してください。Refer to the section below on circuits that are created in the Resource Manager deployment model for further details on how you can manage access to both deployment models.

移行にあたって接続プロバイダーの関与は必要ありません。You do not have to involve your connectivity provider to perform the move.

Resource Manager デプロイ モデルで作成された ExpressRoute 回線ExpressRoute circuits that are created in the Resource Manager deployment model

Resource Manager デプロイ モデルで作成された ExpressRoute 回線を両方のデプロイ モデルからアクセスできるように設定できます。You can enable ExpressRoute circuits that are created in the Resource Manager deployment model to be accessible from both deployment models. サブスクリプションのすべての ExpressRoute 回線は、両方のデプロイ モデルからアクセスできるように設定できます。Any ExpressRoute circuit in your subscription can be enabled to be accessed from both deployment models.

  • Resource Manager デプロイ モデルで作成された ExpressRoute 回線は、既定でクラシック デプロイ モデルにアクセスできません。ExpressRoute circuits that were created in the Resource Manager deployment model do not have access to the classic deployment model by default.
  • クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルに移行された ExpressRoute 回線は、既定で両方のデプロイ モデルからアクセスできます。ExpressRoute circuits that have been moved from the classic deployment model to the Resource manager deployment model are accessible from both deployment models by default.
  • ExpressRoute 回線は、作成されたのが Resource Manager デプロイ モデルであるかクラシック デプロイ モデルであるかに関係なく、必ず Resource Manager デプロイ モデルにアクセスできます。An ExpressRoute circuit always has access to the Resource Manager deployment model, regardless of whether it was created in the Resource Manager or classic deployment model. これは、仮想ネットワークをリンクする方法に従うことで、Resource Manager デプロイ モデルで作成された仮想ネットワークへの接続を作成できることを意味します。This means that you can create connections to virtual networks created in the Resource Manager deployment model by following instructions on how to link virtual networks.
  • クラシック デプロイ モデルへのアクセスは、ExpressRoute 回線の allowClassicOperations パラメーターを使用して制御します。Access to the classic deployment model is controlled by the allowClassicOperations parameter in the ExpressRoute circuit.

重要

サービスの制限 に関するページに記載されているすべてのクォータが適用されます。All quotas that are documented on the service limits page apply. たとえば、Standard の回線は、クラシック デプロイ モデルと Resource Manager デプロイ モデルの両方にわたって最大で 10 個の仮想ネットワーク リンク/接続を持つことができます。As an example, a standard circuit can have at most 10 virtual network links/connections across both the classic and the Resource Manager deployment models.

クラシック デプロイ モデルへのアクセスの制御Controlling access to the classic deployment model

ExpressRoute 回線の allowClassicOperations パラメーターを設定すると、単一の ExpressRoute 回線で両方のデプロイメント モデルの仮想ネットワークにリンクできるようになります。You can enable a single ExpressRoute circuit to link to virtual networks in both deployment models by setting the allowClassicOperations parameter of the ExpressRoute circuit.

allowClassicOperations を TRUE に設定すると、両方のデプロイメント モデルから ExpressRoute 回線に仮想ネットワークをリンクできます。Setting allowClassicOperations to TRUE enables you to link virtual networks from both deployment models to the ExpressRoute circuit. クラシック デプロイ モデルの仮想ネットワークにリンクするには、クラシック デプロイ モデルの仮想ネットワークをリンクする方法に関するガイダンスに従ってください。You can link to virtual networks in the classic deployment model by following guidance on how to link virtual networks in the classic deployment model. Resource Manager デプロイ モデルの仮想ネットワークにリンクするには、Resource Manager デプロイ モデルの仮想ネットワークをリンクする方法に関するガイダンスに従ってください。You can link to virtual networks in the Resource Manager deployment model by following guidance on how to link virtual networks in the Resource Manager deployment model.

allowClassicOperations を FALSE に設定すると、クラシック デプロイ モデルから回線へのアクセスがブロックされます。Setting allowClassicOperations to FALSE blocks access to the circuit from the classic deployment model. ただし、クラシック デプロイ モデルのすべての仮想ネットワーク リンクは保持されます。However, all virtual network links in the classic deployment model are preserved. この場合、ExpressRoute 回線は、クラシック デプロイ モデルで認識されません。In this case, the ExpressRoute circuit is not visible in the classic deployment model.

クラシック デプロイ モデルでサポートされる操作Supported operations in the classic deployment model

allowClassicOperations が TRUE に設定されている場合は、ExpressRoute 回線で次の従来の操作がサポートされます。The following classic operations are supported on an ExpressRoute circuit when allowClassicOperations is set to TRUE:

  • ExpressRoute 回線の情報の取得Get ExpressRoute circuit information
  • クラシック仮想ネットワークへの仮想ネットワーク リンクの作成/更新/取得/削除Create/update/get/delete virtual network links to classic virtual networks
  • 仮想ネットワーク リンクでのサブスクリプションの境界を越えた接続に必要な承認の作成/更新/取得/削除Create/update/get/delete virtual network link authorizations for cross-subscription connectivity

ただし、allowClassicOperations が TRUE に設定されていても、次に示す従来の操作は実行できません。However, when allowClassicOperations is set to TRUE, you cannot perform the following classic operations:

  • Azure プライベート ピアリング、Azure パブリック ピアリング、Microsoft ピアリングに使用するボーダー ゲートウェイ プロトコル (BGP) ピアリングの作成/更新/取得/削除Create/update/get/delete Border Gateway Protocol (BGP) peerings for Azure private, Azure public, and Microsoft peerings
  • ExpressRoute 回線の削除Delete ExpressRoute circuits

クラシック デプロイ モデルと Resource Manager デプロイ モデルとの間の通信Communication between the classic and the Resource Manager deployment models

ExpressRoute 回線は、クラシック デプロイ モデルと Resource Manager デプロイ モデルとの間の橋渡し的な役割を果たします。The ExpressRoute circuit acts like a bridge between the classic and the Resource Manager deployment models. クラシック デプロイ モデルの仮想ネットワーク内の仮想マシンと Resource Manager デプロイ モデルの仮想ネットワーク内の仮想マシンとの間のトラフィックは、両方の仮想ネットワークが同じ ExpressRoute 回線にリンクされている場合は ExpressRoute を通過します。Traffic between virtual machines in virtual networks in the classic deployment model and those in virtual networks in the Resource Manager deployment model flows through ExpressRoute if both virtual networks are linked to the same ExpressRoute circuit.

合計スループットは、仮想ネットワーク ゲートウェイのスループット容量によって制限されます。Aggregate throughput is limited by the throughput capacity of the virtual network gateway. トラフィックは、接続プロバイダーのネットワークや組織のネットワークを通過しません。Traffic does not enter the connectivity provider's networks or your networks in such cases. 仮想ネットワーク間のトラフィック フローは、完全に Microsoft ネットワーク内で完結します。Traffic flow between the virtual networks is fully contained within the Microsoft network.

Azure パブリックおよび Microsoft ピアリング リソースへのアクセスAccess to Azure public and Microsoft peering resources

通常、Azure パブリック ピアリングおよび Microsoft ピアリングからアクセスできるリソースに対して、中断することなくアクセスできます。You can continue to access resources that are typically accessible through Azure public peering and Microsoft peering without any disruption.

サポートされる操作What's supported

ここでは、ExpressRoute 回線でサポートされる操作について説明します。This section describes what's supported for ExpressRoute circuits:

  • クラシック デプロイ モデルでデプロイされた仮想ネットワークと Resource Manager デプロイ モデルでデプロイされた仮想ネットワークには、単一の ExpressRoute 回線を使用してアクセスできます。You can use a single ExpressRoute circuit to access virtual networks that are deployed in the classic and the Resource Manager deployment models.
  • クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルに ExpressRoute 回線を移行することができます。You can move an ExpressRoute circuit from the classic to the Resource Manager deployment model. 移行が完了すると、見た目、操作感、パフォーマンスは、Resource Manager デプロイ モデルで作成された ExpressRoute 回線と同じになります。After it is moved, the ExpressRoute circuit looks, feels, and performs like any other ExpressRoute circuit that is created in the Resource Manager deployment model.
  • 移行できるのは ExpressRoute 回線のみです。You can move only the ExpressRoute circuit. この操作で回線リンク、仮想ネットワーク、VPN ゲートウェイを移行することはできません。Circuit links, virtual networks, and VPN gateways cannot be moved through this operation.
  • ExpressRoute 回線を Resource Manager デプロイ モデルに移行すると、ExpressRoute 回線のライフ サイクルの管理は Resource Manager デプロイ モデルを使用してのみ行えるようになります。After an ExpressRoute circuit has been moved to the Resource Manager deployment model, you can manage the life cycle of the ExpressRoute circuit only by using the Resource Manager deployment model. これは、ピアリングの追加、更新、削除、回線のプロパティ (帯域幅、SKU、課金タイプなど) の更新、回線の削除などの操作を行うことができるのが Resource Manager デプロイ モデルに限られることを意味します。This means that you can perform operations like adding/updating/deleting peerings, updating circuit properties (such as bandwidth, SKU, and billing type), and deleting circuits only in the Resource Manager deployment model.
  • ExpressRoute 回線は、クラシック デプロイ モデルと Resource Manager デプロイ モデルとの間の橋渡し的な役割を果たします。The ExpressRoute circuit acts like a bridge between the classic and the Resource Manager deployment models. クラシック デプロイ モデルの仮想ネットワーク内の仮想マシンと Resource Manager デプロイ モデルの仮想ネットワーク内の仮想マシンとの間のトラフィックは、両方の仮想ネットワークが同じ ExpressRoute 回線にリンクされている場合は ExpressRoute を通過します。Traffic between virtual machines in virtual networks in the classic deployment model and those in virtual networks in the Resource Manager deployment model flows through ExpressRoute if both virtual networks are linked to the same ExpressRoute circuit.
  • サブスクリプションの境界を越えた接続は、クラシック デプロイ モデルと Resource Manager デプロイ モデルの両方でサポートされます。Cross-subscription connectivity is supported in both the classic and the Resource Manager deployment models.
  • ExpressRoute 回線をクラシック モデルから Azure Resource Manager モデルに移動した後、その ExpressRoute 回線にリンクされている仮想ネットワークを移行することができます。After you move an ExpressRoute circuit from the classic model to the Azure Resource Manager model, you can migrate the virtual networks linked to the ExpressRoute circuit.

サポートされていないものWhat's not supported

ここでは、ExpressRoute 回線でサポートされない操作について説明します。This section describes what's not supported for ExpressRoute circuits:

  • クラシック デプロイ モデルからの ExpressRoute 回線のライフ サイクルの管理。Managing the life cycle of an ExpressRoute circuit from the classic deployment model.
  • クラシック デプロイ モデルでのロールベースのアクセス制御 (RBAC)。Role-Based Access Control (RBAC) support for the classic deployment model. クラシック デプロイ モデルの回線に対して RBAC 制御を行うことはできません。You cannot perform RBAC controls to a circuit in the classic deployment model. 回線に対する仮想ネットワークのリンクとリンク解除は、サブスクリプションの管理者/共同管理者が実施できます。Any administrator/coadministrator of the subscription can link or unlink virtual networks to the circuit.

構成Configuration

クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルへの ExpressRoute 回線の移行」に説明されている手順を参照してください。Follow the instructions that are described in Move an ExpressRoute circuit from the classic to the Resource Manager deployment model.

次の手順Next steps