回線のプロビジョニングと回線の状態の ExpressRoute ワークフローExpressRoute workflows for circuit provisioning and circuit states

このページでは、サービス プロビジョニングと上位のルーティング構成ワークフローについて段階的に説明します。This page walks you through the service provisioning and routing configuration workflows at a high level.

回線のワークフロー

下の図とそれに対応する手順は、ExpressRoute 回線をエンドツーエンドでプロビジョニングするための作業を示しています。The following figure and corresponding steps show the tasks you must follow in order to have an ExpressRoute circuit provisioned end-to-end.

  1. PowerShell を利用し、ExpressRoute 回線を構成します。Use PowerShell to configure an ExpressRoute circuit. 詳細については、 ExpressRoute 回線の作成 に関する記事を参照してください。Follow the instructions in the Create ExpressRoute circuits article for more details.

  2. サービス プロバイダーに接続を要求します。Order connectivity from the service provider. このプロセスはさまざまです。This process varies. 接続の要求方法に関する詳細については、接続プロバイダーにお問い合わせください。Contact your connectivity provider for more details about how to order connectivity.

  3. PowerShell で ExpressRoute のプロビジョニング状態を確認することで、回線が正常にプロビジョニングされていることを確認します。Ensure that the circuit has been provisioned successfully by verifying the ExpressRoute circuit provisioning state through PowerShell.

  4. ルーティング ドメインを構成します。Configure routing domains. 接続プロバイダーが代わりにレイヤー 3 を管理する場合、接続プロバイダーが回線のルーティングを構成します。If your connectivity provider manages Layer 3 for you, they will configure routing for your circuit. 接続プロバイダーがレイヤー 2 サービスのみを提供する場合、ルーティング要件ページとルーティング構成ページのガイドラインに従い、自分でルーティングを構成する必要があります。If your connectivity provider only offers Layer 2 services, you must configure routing per guidelines described in the routing requirements and routing configuration pages.

    • Azure プライベート ピアリングを有効にする - 仮想ネットワーク内にデプロイされている VM / クラウドに接続するには、このピアリングを有効にします。Enable Azure private peering - Enable this peering to connect to VMs / cloud services deployed within virtual networks.

    • Microsoft ピアリングを有効にする - Office 365 と Dynamics 365 サービスにアクセスするにはこれを有効にします。Enable Microsoft peering - Enable this to access Office 365 and Dynamics 365. さらに、すべての Azure PaaS サービスは、Microsoft ピアリング経由でアクセスできます。Additionally, all Azure PaaS services are accessible through Microsoft peering.

      重要

      Microsoft に接続するには、インターネットに使用しているプロキシ/エッジとは別のプロキシ/エッジを使用する必要があります。You must ensure that you use a separate proxy / edge to connect to Microsoft than the one you use for the Internet. ExpressRoute とインターネットの両方に同じエッジを使用すると、ルーティングが非同期になり、ネットワークの接続が停止します。Using the same edge for both ExpressRoute and the Internet will cause asymmetric routing and cause connectivity outages for your network.

      ワークフローのルーティング

  5. ExpressRoute 回線に仮想ネットワークをリンクする - 仮想ネットワークを ExpressRoute 回線にリンクできます。Linking virtual networks to ExpressRoute circuits - You can link virtual networks to your ExpressRoute circuit. 指示に従い、回線に VNet をリンク してください。Follow instructions to link VNets to your circuit. VNet は ExpressRoute 回線と同じ Azure サブスクリプションに配置するか、別のサブスクリプションに配置できます。These VNets can either be in the same Azure subscription as the ExpressRoute circuit, or can be in a different subscription.

ExpressRoute 回線のプロビジョニング状態ExpressRoute circuit provisioning states

各 ExpressRoute 回線には 2 つの状態があります。Each ExpressRoute circuit has two states:

  • サービス プロバイダーのプロビジョニング状態Service provider provisioning state
  • StatusStatus

状態は Microsoft のプロビジョニングの状態を表します。Status represents Microsoft's provisioning state. Expressroute 回線を作成したとき、このプロパティは "有効" に設定されます。This property is set to Enabled when you create an Expressroute circuit

接続プロバイダーのプロビジョニング状態は接続プロバイダー側の状態を表します。The connectivity provider provisioning state represents the state on the connectivity provider's side. これは「プロビジョニングされていません」、「プロビジョニングしています」、「プロビジョニング済み」のいずれかになります。It can either be NotProvisioned, Provisioning, or Provisioned. ExpressRoute 回線を使用するには「プロビジョニング済み」状態になっている必要があります。The ExpressRoute circuit must be in Provisioned state for you to be able to use it.

ExpressRoute 回線の状態Possible states of an ExpressRoute circuit

このセクションでは、ExpressRoute 回線の状態を一覧にまとめています。This section lists out the possible states for an ExpressRoute circuit.

作成時At creation time

PowerShell コマンドレットを実行し、ExpressRoute 回線を作成すると、直後に ExpressRoute 回線の状態が以下のようになります。You will see the ExpressRoute circuit in the following state as soon as you run the PowerShell cmdlet to create the ExpressRoute circuit.

ServiceProviderProvisioningState : NotProvisioned
Status                           : Enabled

接続プロバイダーが回線にプロビジョニングしているときWhen connectivity provider is in the process of provisioning the circuit

サービス キーを接続プロバイダーに渡し、接続プロバイダーがプロビジョニングを開始すると、直後に ExpressRoute 回線の状態が以下のようになります。You will see the ExpressRoute circuit in the following state as soon as you pass the service key to the connectivity provider and they have started the provisioning process.

ServiceProviderProvisioningState : Provisioning
Status                           : Enabled

接続プロバイダーがプロビジョニングを完了したときWhen connectivity provider has completed the provisioning process

接続プロバイダーがプロビジョニングを完了すると、直後に ExpressRoute 回線の状態が以下のようになります。You will see the ExpressRoute circuit in the following state as soon as the connectivity provider has completed the provisioning process.

ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
Status                           : Enabled

回線は「プロビジョニング済み」で「有効」の状態でなければ使用できません。Provisioned and Enabled is the only state the circuit can be in for you to be able to use it. レイヤー 2 のプロバイダーを使用している場合、この状態にあるときにのみ、回線のルーティングを構成できます。If you are using a Layer 2 provider, you can configure routing for your circuit only when it is in this state.

接続プロバイダーが回線をプロビジョニング解除しているときWhen connectivity provider is deprovisioning the circuit

サービス プロバイダーに ExpressRoute 回線のプロビジョニング解除を要請した場合、サービス プロバイダーがプロビジョニング解除を完了すると、回線が以下の状態になります。If you requested the service provider to deprovision the ExpressRoute circuit, you will see the circuit set to the following state after the service provider has completed the deprovisioning process.

ServiceProviderProvisioningState : NotProvisioned
Status                           : Enabled

必要に応じて再度有効にしたり、PowerShell コマンドレットを実行して回線を削除したりできます。You can choose to re-enable it if needed, or run PowerShell cmdlets to delete the circuit.

重要

ServiceProviderProvisioningState が "プロビジョニング中" または "プロビジョニング済み" のときに、回線を削除する PowerShell コマンドレットを実行すると、操作は失敗します。If you run the PowerShell cmdlet to delete the circuit when the ServiceProviderProvisioningState is Provisioning or Provisioned the operation will fail. 最初に ExpressRoute 回線のプロビジョニング解除を接続プロバイダーに要請してから、回線を削除してください。Please work with your connectivity provider to deprovision the ExpressRoute circuit first and then delete the circuit. PowerShell コマンドレットを実行して回線を削除するまで、Microsoft は回線に課金を続けます。Microsoft will continue to bill the circuit until you run the PowerShell cmdlet to delete the circuit.

ルーティング セッション構成の状態Routing session configuration state

BGP プロビジョニング状態からは、Microsoft エッジで BGP セッションが有効になっているかどうかがわかります。The BGP provisioning state lets you know if the BGP session has been enabled on the Microsoft edge. ピアリングを使用するにはこの状態を有効にする必要があります。The state must be enabled for you to be able to use the peering.

特に Microsoft ピアリングの場合、BGP セッションの状態を確認することが重要です。It is important to check the BGP session state especially for Microsoft peering. BGP プロビジョニング状態に加え、「 アドバタイズされたパブリック プレフィックス」と呼ばれているもう 1 つの状態があります。In addition to the BGP provisioning state, there is another state called advertised public prefixes state. BGP セッションを開始し、ルーティングをエンドツーエンドで動作させるには、「アドバタイズされたパブリック プレフィックス」状態を「 構成済み 」にする必要があります。The advertised public prefixes state must be in configured state, both for the BGP session to be up and for your routing to work end-to-end.

「アドバタイズされたパブリック プレフィックス」状態が「検証必須」に設定されている場合、BGP セッションは無効になっています。アドバタイズされたプレフィックスがルーティング レジストリの AS 番号に一致しなかったためです。If the advertised public prefix state is set to a validation needed state, the BGP session is not enabled, as the advertised prefixes did not match the AS number in any of the routing registries.

重要

「アドバタイズされたパブリック プレフィックス」状態が「 手動検証 」の場合、 Microsoft サポート でサポート チケットを開き、関連自律システム番号と共にアドバタイズされた IP アドレスを所有している証拠を提出する必要があります。If the advertised public prefixes state is in manual validation state, you must open a support ticket with Microsoft support and provide evidence that you own the IP addresses advertised along with the associated Autonomous System number.

次の手順Next steps