ExpressRoute 回線のピアリングの作成と変更 (クラシック)Create and modify peering for an ExpressRoute circuit (classic)

この記事では、PowerShell とクラシック デプロイ モデルを使用して、ExpressRoute 回線のピアリング/ルーティング構成を作成して管理する手順について説明します。This article walks you through the steps to create and manage peering/routing configuration for an ExpressRoute circuit using PowerShell and the classic deployment model. 以下の手順では、ExpressRoute 回線の状態確認、ピアリングの更新、または削除およびプロビジョニング解除の方法も示します。The steps below will also show you how to check the status, update, or delete and deprovision peerings for an ExpressRoute circuit. ExpressRoute 回線用に 1 つ、2 つ、または 3 つすべてのピアリング (Azure プライベート、Azure パブリック、および Microsoft) を構成することができます。You can configure one, two, or all three peerings (Azure private, Azure public, and Microsoft) for an ExpressRoute circuit. ピアリングは任意の順序で構成することができます。You can configure peerings in any order you choose. ただし、各ピアリングの構成は必ず一度に 1 つずつ完了するようにしてください。However, you must make sure that you complete the configuration of each peering one at a time.

これらの手順は、レイヤー 2 接続サービスを提供するサービス プロバイダーで作成された回線にのみ適用されます。These instructions only apply to circuits created with service providers that offer Layer 2 connectivity services. サービス プロバイダーが提供する管理対象レイヤー 3 サービス (MPLS など、通常は IP VPN) を使用する場合、接続プロバイダーがユーザーに代わってルーティングを構成および管理します。If you are using a service provider that offers managed Layer 3 services (typically an IPVPN, like MPLS), your connectivity provider will configure and manage routing for you.

重要

2017 年 3 月 1 日の時点で、クラシック デプロイ モデルに新しい ExpressRoute 回線を作成することはできません。As of March 1, 2017, you can't create new ExpressRoute circuits in the classic deployment model.

  • 接続のダウン タイムを発生させずに、クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルに既存の ExpressRoute 回線を移動できます。You can move an existing ExpressRoute circuit from the classic deployment model to the Resource Manager deployment model without experiencing any connectivity down time. 詳しくは、既存の回線の移動に関する記事をご覧ください。For more information, see Move an existing circuit.
  • allowClassicOperations を TRUE に設定することで、クラシック デプロイ モデル内の仮想ネットワークを接続できます。You can connect to virtual networks in the classic deployment model by setting allowClassicOperations to TRUE.

Resource Manager デプロイ モデルで ExpressRoute 回線を作成して管理するには、次のリンクを使用します。Use the following links to create and manage ExpressRoute circuits in the Resource Manager deployment model:

Azure のデプロイ モデルについてAbout Azure deployment models

Azure は現在、2 つのデプロイメント モデルで使用できます。Resource Manager とクラシックです。Azure currently works with two deployment models: Resource Manager and classic. これらの 2 つのモデルには、完全に互換性があるわけではありません。The two models are not completely compatible with each other. 作業を開始する前に、使用するモデルを把握しておく必要があります。Before you begin, you need to know which model that you want to work in. デプロイメント モデルについては、デプロイメント モデルの概要に関するページを参照してください。For information about the deployment models, see Understanding deployment models. Azure に慣れていない場合には、Resource Manager デプロイ モデルの使用をお勧めします。If you are new to Azure, we recommend that you use the Resource Manager deployment model.

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

構成の前提条件Configuration prerequisites

  • 構成を開始する前に必ず、前提条件ページ、ルーティングの要件ページおよびワークフロー ページを確認してください。Make sure that you have reviewed the prerequisites page, the routing requirements page, and the workflows page before you begin configuration.
  • アクティブな ExpressRoute 回線が必要です。You must have an active ExpressRoute circuit. 手順に従って、ExpressRoute 回線を作成し、接続プロバイダー経由で回線を有効にしてから続行してください。Follow the instructions to create an ExpressRoute circuit and have the circuit enabled by your connectivity provider before you proceed. ExpressRoute 回線をプロビジョニングされ、有効になっている状態にする必要があります。そうすれば、以下で説明されているコマンドレットを実行できます。The ExpressRoute circuit must be in a provisioned and enabled state for you to be able to run the cmdlets described below.

最新の PowerShell コマンドレットをダウンロードするDownload the latest PowerShell cmdlets

最新バージョンの Azure Service Management (SM) PowerShell モジュールと ExpressRoute モジュールをインストールします。Install the latest versions of the Azure Service Management (SM) PowerShell modules and the ExpressRoute module. 次の例を使用する場合は、コマンドレットの新しいバージョンがリリースされると、バージョン番号 (この例では、5.1.1) が変わることに注意してください。When using the following example, note that the version number (in this example, 5.1.1) will change as newer versions of the cmdlets are released.

Import-Module 'C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules\Azure\5.1.1\Azure\Azure.psd1'
Import-Module 'C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules\Azure\5.1.1\ExpressRoute\ExpressRoute.psd1'

詳細については、Azure PowerShell コマンドレットの概要に関するページで、お使いのコンピューターを構成して Azure PowerShell モジュールを使用する方法のステップ バイ ステップのガイダンスを参照してください。For more information, see Getting started with Azure PowerShell cmdlets for step-by-step guidance on how to configure your computer to use the Azure PowerShell modules.

サインインSign in

Azure アカウントにサインインするには、次の例を使用します。To sign in to your Azure account, use the following examples:

  1. 管理者特権で PowerShell コンソールを開き、アカウントに接続します。Open your PowerShell console with elevated rights and connect to your account.

    Connect-AzAccount
    
  2. アカウントのサブスクリプションを確認します。Check the subscriptions for the account.

    Get-AzSubscription
    
  3. 複数のサブスクリプションがある場合は、使用するサブスクリプションを選択します。If you have more than one subscription, select the subscription that you want to use.

    Select-AzSubscription -SubscriptionName "Replace_with_your_subscription_name"
    
  4. 次に、次のコマンドレットを使用して、Azure サブスクリプションをクラシック デプロイ モデルの PowerShell に追加します。Next, use the following cmdlet to add your Azure subscription to PowerShell for the classic deployment model.

    Add-AzureAccount
    

Azure プライベート ピアリングAzure private peering

このセクションでは、ExpressRoute 回線用の Azure プライベート ピアリング構成を作成、取得、更新、および削除する方法について説明します。This section provides instructions on how to create, get, update, and delete the Azure private peering configuration for an ExpressRoute circuit.

Azure プライベート ピアリングを作成するにはTo create Azure private peering

  1. ExpressRoute 回線を作成します。Create an ExpressRoute circuit.

    手順に従って、 ExpressRoute 回線 を作成し、接続プロバイダー経由で回線をプロビジョニングします。Follow the instructions to create an ExpressRoute circuit and have it provisioned by the connectivity provider. 接続プロバイダーが管理対象レイヤー 3 サービスを提供する場合は、Azure プライベート ピアリングを有効にするように接続プロバイダーに要求できます。If your connectivity provider offers managed Layer 3 services, you can request your connectivity provider to enable Azure private peering for you. その場合は、次のセクションにリストされている手順に従う必要はありません。In that case, you won't need to follow instructions listed in the next sections. ただし、接続プロバイダーがルーティングを管理しない場合は、回線を作成した後、以下の手順に従います。However, if your connectivity provider does not manage routing for you, after creating your circuit, follow the instructions below.

  2. ExpressRoute 回線をチェックして、プロビジョニングされていることを確認します。Check the ExpressRoute circuit to make sure it is provisioned.

    ExpressRoute 回線がプロビジョニングされ、有効になっているかどうかをチェックします。Check to see if the ExpressRoute circuit is Provisioned and also Enabled.

    Get-AzureDedicatedCircuit -ServiceKey "*********************************"
    

    返された結果:Return:

    Bandwidth                        : 200
    CircuitName                      : MyTestCircuit
    Location                         : Silicon Valley
    ServiceKey                       : *********************************
    ServiceProviderName              : equinix
    ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
    Sku                              : Standard
    Status                           : Enabled
    

    回線が Provisioned および Enabled と示されていることを確認します。Make sure that the circuit shows as Provisioned and Enabled. Enabled になっていない場合は、接続プロバイダーと協力して、回線を必要な状態およびステータスにします。If it isn't, work with your connectivity provider to get your circuit to the required state and status.

    ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
    Status                           : Enabled
    
  3. 回線用に Azure プライベート ピアリングを構成します。Configure Azure private peering for the circuit.

    次の手順に進む前に、以下のものがそろっていることを確認します。Make sure that you have the following items before you proceed with the next steps:

    • プライマリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the primary link. これを、仮想ネットワーク用に予約されたアドレス空間の一部にすることはできません。This must not be part of any address space reserved for virtual networks.
    • セカンダリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the secondary link. これを、仮想ネットワーク用に予約されたアドレス空間の一部にすることはできません。This must not be part of any address space reserved for virtual networks.
    • このピアリングを確立するための有効な VLAN ID。A valid VLAN ID to establish this peering on. 回線の他のピアリングで同じ VLAN ID を使用していないことを確認します。Verify that no other peering in the circuit uses the same VLAN ID.
    • ピアリングの AS 番号。AS number for peering. 2 バイトと 4 バイトの AS 番号の両方を使用することができます。You can use both 2-byte and 4-byte AS numbers. このピアリングではプライベート AS 番号を使用できます。You can use a private AS number for this peering. 65515 を使用していないことを確認します。Verify that you are not using 65515.
    • いずれかを使用する場合は、MD5 ハッシュ。An MD5 hash if you choose to use one. 省略可能Optional.

    次の例を使用して、回線用に Azure プライベート ピアリングを構成できます。You can use the following example to configure Azure private peering for your circuit:

    New-AzureBGPPeering -AccessType Private -ServiceKey "*********************************" -PrimaryPeerSubnet "10.0.0.0/30" -SecondaryPeerSubnet "10.0.0.4/30" -PeerAsn 1234 -VlanId 100
    

    MD5 ハッシュを使用する場合、次の例を使用して、回線用にプライベート ピアリングを構成します。If you want to use an MD5 hash, use the following example to configure private peering for your circuit:

    New-AzureBGPPeering -AccessType Private -ServiceKey "*********************************" -PrimaryPeerSubnet "10.0.0.0/30" -SecondaryPeerSubnet "10.0.0.4/30" -PeerAsn 1234 -VlanId 100 -SharedKey "A1B2C3D4"
    

    重要

    顧客 ASN ではなく、ピアリング ASN として AS 番号を指定していることを確認します。

Azure プライベート ピアリングの詳細を表示するにはTo view Azure private peering details

次のコマンドレットを使用して、構成の詳細を表示できます。You can view configuration details using the following cmdlet:

Get-AzureBGPPeering -AccessType Private -ServiceKey "*********************************"

返された結果:Return:

AdvertisedPublicPrefixes       : 
AdvertisedPublicPrefixesState  : Configured
AzureAsn                       : 12076
CustomerAutonomousSystemNumber : 
PeerAsn                        : 1234
PrimaryAzurePort               : 
PrimaryPeerSubnet              : 10.0.0.0/30
RoutingRegistryName            : 
SecondaryAzurePort             : 
SecondaryPeerSubnet            : 10.0.0.4/30
State                          : Enabled
VlanId                         : 100

Azure プライベート ピアリングの構成を更新するにはTo update Azure private peering configuration

次のコマンドレットを使用して、構成のどの部分でも更新することができます。You can update any part of the configuration using the following cmdlet. 次の例では、回線の VLAN ID が 100 から 500 へ更新されています。In the following example, the VLAN ID of the circuit is being updated from 100 to 500.

Set-AzureBGPPeering -AccessType Private -ServiceKey "*********************************" -PrimaryPeerSubnet "10.0.0.0/30" -SecondaryPeerSubnet "10.0.0.4/30" -PeerAsn 1234 -VlanId 500 -SharedKey "A1B2C3D4"

Azure プライベート ピアリングを削除するにはTo delete Azure private peering

以下のコマンドレットを実行して、ピアリング構成を削除することができます。You can remove your peering configuration by running the following cmdlet. このコマンドレットを実行する前に、すべての仮想ネットワークが ExpressRoute 回線からリンク解除されていることを確認する必要があります。You must make sure that all virtual networks are unlinked from the ExpressRoute circuit before running this cmdlet.

Remove-AzureBGPPeering -AccessType Private -ServiceKey "*********************************"

Azure パブリック ピアリングAzure public peering

このセクションでは、ExpressRoute 回線用の Azure パブリック ピアリング構成を作成、取得、更新および削除する方法について説明します。This section provides instructions on how to create, get, update, and delete the Azure public peering configuration for an ExpressRoute circuit.

注意

Azure パブリック ピアリングは、新しい回線では非推奨です。

Azure パブリック ピアリングを作成するにはTo create Azure public peering

  1. ExpressRoute 回線の作成Create an ExpressRoute circuit

    手順に従って、 ExpressRoute 回線 を作成し、接続プロバイダー経由で回線をプロビジョニングします。Follow the instructions to create an ExpressRoute circuit and have it provisioned by the connectivity provider. 接続プロバイダーが管理対象レイヤー 3 サービスを提供する場合は、Azure パブリック ピアリングを有効にするように接続プロバイダーに要求できます。If your connectivity provider offers managed Layer 3 services, you can request your connectivity provider to enable Azure public peering for you. その場合は、次のセクションにリストされている手順に従う必要はありません。In that case, you won't need to follow instructions listed in the next sections. ただし、接続プロバイダーがルーティングを管理しない場合は、回線を作成した後、以下の手順に従います。However, if your connectivity provider does not manage routing for you, after creating your circuit, follow the instructions below.

  2. ExpressRoute 回線がプロビジョニングされていることを確認するCheck ExpressRoute circuit to verify that it is provisioned

    まず、ExpressRoute 回線がプロビジョニングされており、有効にもなっているかどうかを確認する必要があります。You must first check to see if the ExpressRoute circuit is Provisioned and also Enabled.

    Get-AzureDedicatedCircuit -ServiceKey "*********************************"
    

    返された結果:Return:

    Bandwidth                        : 200
    CircuitName                      : MyTestCircuit
    Location                         : Silicon Valley
    ServiceKey                       : *********************************
    ServiceProviderName              : equinix
    ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
    Sku                              : Standard
    Status                           : Enabled
    

    回線が Provisioned および Enabled として示されていることを確認します。Verify that the circuit shows as Provisioned and Enabled. Enabled になっていない場合は、接続プロバイダーと協力して、回線を必要な状態およびステータスにします。If it isn't, work with your connectivity provider to get your circuit to the required state and status.

    ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
    Status                           : Enabled
    
  3. 回線用に Azure パブリック ピアリングを構成します。Configure Azure public peering for the circuit

    続行する前に、次の情報を確認してください。Make sure that you have the following information before you proceed:

    • プライマリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the primary link. これは有効なパブリック IPv4 プレフィックスである必要があります。This must be a valid public IPv4 prefix.
    • セカンダリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the secondary link. これは有効なパブリック IPv4 プレフィックスである必要があります。This must be a valid public IPv4 prefix.
    • このピアリングを確立するための有効な VLAN ID。A valid VLAN ID to establish this peering on. 回線の他のピアリングで同じ VLAN ID を使用していないことを確認します。Verify that no other peering in the circuit uses the same VLAN ID.
    • ピアリングの AS 番号。AS number for peering. 2 バイトと 4 バイトの AS 番号の両方を使用することができます。You can use both 2-byte and 4-byte AS numbers.
    • いずれかを使用する場合は、MD5 ハッシュ。An MD5 hash if you choose to use one. 省略可能Optional.

    重要

    顧客 ASN ではなく、ピアリング ASN として AS 番号を指定していることを確認します。

    次の例を使用して、回線用の Azure パブリック ピアリングを構成できます。You can use the following example to configure Azure public peering for your circuit:

    New-AzureBGPPeering -AccessType Public -ServiceKey "*********************************" -PrimaryPeerSubnet "131.107.0.0/30" -SecondaryPeerSubnet "131.107.0.4/30" -PeerAsn 1234 -VlanId 200
    

    MD5 ハッシュを使用する場合は、次の例を使用して回線を構成します。If you want to use an MD5 hash, use the following example to configure your circuit:

    New-AzureBGPPeering -AccessType Public -ServiceKey "*********************************" -PrimaryPeerSubnet "131.107.0.0/30" -SecondaryPeerSubnet "131.107.0.4/30" -PeerAsn 1234 -VlanId 200 -SharedKey "A1B2C3D4"
    

Azure パブリック ピアリングの詳細を表示するにはTo view Azure public peering details

構成の詳細を表示するには、次のコマンドレットを使用します。To view configuration details, use the following cmdlet:

Get-AzureBGPPeering -AccessType Public -ServiceKey "*********************************"

返された結果:Return:

AdvertisedPublicPrefixes       : 
AdvertisedPublicPrefixesState  : Configured
AzureAsn                       : 12076
CustomerAutonomousSystemNumber : 
PeerAsn                        : 1234
PrimaryAzurePort               : 
PrimaryPeerSubnet              : 131.107.0.0/30
RoutingRegistryName            : 
SecondaryAzurePort             : 
SecondaryPeerSubnet            : 131.107.0.4/30
State                          : Enabled
VlanId                         : 200

Azure パブリック ピアリング構成を更新するにはTo update Azure public peering configuration

次のコマンドレットを使用して、構成のどの部分でも更新することができます。You can update any part of the configuration using the following cmdlet. この例では、回線の VLAN ID が 200 から 600 に更新されています。In this example, the VLAN ID of the circuit is being updated from 200 to 600.

Set-AzureBGPPeering -AccessType Public -ServiceKey "*********************************" -PrimaryPeerSubnet "131.107.0.0/30" -SecondaryPeerSubnet "131.107.0.4/30" -PeerAsn 1234 -VlanId 600 -SharedKey "A1B2C3D4"

回線が Provisioned および Enabled として示されていることを確認します。Verify that the circuit shows as Provisioned and Enabled.

Azure パブリック ピアリングを削除するにはTo delete Azure public peering

以下のコマンドレットを実行して、ピアリング構成を削除することができます。You can remove your peering configuration by running the following cmdlet:

Remove-AzureBGPPeering -AccessType Public -ServiceKey "*********************************"

Microsoft ピアリングMicrosoft peering

このセクションでは、ExpressRoute 回線の Microsoft ピアリング構成を作成、取得、更新および削除する方法について説明します。This section provides instructions on how to create, get, update, and delete the Microsoft peering configuration for an ExpressRoute circuit.

Microsoft ピアリングを作成するにはTo create Microsoft peering

  1. ExpressRoute 回線の作成Create an ExpressRoute circuit

    手順に従って、 ExpressRoute 回線 を作成し、接続プロバイダー経由で回線をプロビジョニングします。Follow the instructions to create an ExpressRoute circuit and have it provisioned by the connectivity provider. 接続プロバイダーが管理対象レイヤー 3 サービスを提供する場合は、Azure プライベート ピアリングを有効にするように接続プロバイダーに要求できます。If your connectivity provider offers managed Layer 3 services, you can request your connectivity provider to enable Azure private peering for you. その場合は、次のセクションにリストされている手順に従う必要はありません。In that case, you won't need to follow instructions listed in the next sections. ただし、接続プロバイダーがルーティングを管理しない場合は、回線を作成した後、以下の手順に従います。However, if your connectivity provider does not manage routing for you, after creating your circuit, follow the instructions below.

  2. ExpressRoute 回線がプロビジョニングされていることを確認するCheck ExpressRoute circuit to verify that it is provisioned

    回線が Provisioned および Enabled として示されていることを確認します。Verify that the circuit shows as Provisioned and Enabled.

    Get-AzureDedicatedCircuit -ServiceKey "*********************************"
    

    返された結果:Return:

    Bandwidth                        : 200
    CircuitName                      : MyTestCircuit
    Location                         : Silicon Valley
    ServiceKey                       : *********************************
    ServiceProviderName              : equinix
    ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
    Sku                              : Standard
    Status                           : Enabled
    

    回線が Provisioned および Enabled として示されていることを確認します。Verify that the circuit shows as Provisioned and Enabled. Enabled になっていない場合は、接続プロバイダーと協力して、回線を必要な状態およびステータスにします。If it isn't, work with your connectivity provider to get your circuit to the required state and status.

    ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
    Status                           : Enabled
    
  3. 回線用に Microsoft ピアリングを構成します。Configure Microsoft peering for the circuit

    続行する前に、次の情報を確認してください。Make sure that you have the following information before you proceed.

    • プライマリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the primary link. これは、自分が所有しており、RIR/IRR に登録されている有効なパブリック IPv4 プレフィックスである必要があります。This must be a valid public IPv4 prefix owned by you and registered in an RIR / IRR.
    • セカンダリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the secondary link. これは、自分が所有しており、RIR/IRR に登録されている有効なパブリック IPv4 プレフィックスである必要があります。This must be a valid public IPv4 prefix owned by you and registered in an RIR / IRR.
    • このピアリングを確立するための有効な VLAN ID。A valid VLAN ID to establish this peering on. 回線の他のピアリングで同じ VLAN ID を使用していないことを確認します。Verify that no other peering in the circuit uses the same VLAN ID.
    • ピアリングの AS 番号。AS number for peering. 2 バイトと 4 バイトの AS 番号の両方を使用することができます。You can use both 2-byte and 4-byte AS numbers.
    • アドバタイズするプレフィックス:BGP セッションを介してアドバタイズする予定のすべてのプレフィックスのリストを指定する必要があります。Advertised prefixes: You must provide a list of all prefixes you plan to advertise over the BGP session. パブリック IP アドレス プレフィックスのみが受け入れられます。Only public IP address prefixes are accepted. 一連のプレフィックスを送信する計画の場合は、コンマ区切りの一覧を送信できます。You can send a comma-separated list if you plan to send a set of prefixes. これらのプレフィックスは、RIR/IRR に登録する必要があります。These prefixes must be registered to you in an RIR / IRR.
    • 顧客 ASN: ピアリング AS 番号に登録されていないプレフィックスをアドバタイズする場合は、そのプレフィックスを登録する AS 番号を指定できます。Customer ASN: If you are advertising prefixes that are not registered to the peering AS number, you can specify the AS number to which they are registered. 省略可能Optional.
    • ルーティング レジストリ名: AS 番号とプレフィックスが登録される RIR/IRR を指定できます。Routing Registry Name: You can specify the RIR / IRR against which the AS number and prefixes are registered.
    • いずれかを使用する場合は、MD5 ハッシュ。An MD5 hash, if you choose to use one. 省略可能。Optional.

    回線用に Microsoft ピアリングを構成するには、次のコマンドレットを実行します。Run the following cmdlet to configure Microsoft peering for your circuit:

    New-AzureBGPPeering -AccessType Microsoft -ServiceKey "*********************************" -PrimaryPeerSubnet "131.107.0.0/30" -SecondaryPeerSubnet "131.107.0.4/30" -VlanId 300 -PeerAsn 1234 -CustomerAsn 2245 -AdvertisedPublicPrefixes "123.0.0.0/30" -RoutingRegistryName "ARIN" -SharedKey "A1B2C3D4"
    

Microsoft ピアリングの詳細を表示するにはTo view Microsoft peering details

次のコマンドレットを使用して、構成の詳細を表示できます。You can view configuration details using the following cmdlet:

Get-AzureBGPPeering -AccessType Microsoft -ServiceKey "*********************************"

返された結果:Return:

AdvertisedPublicPrefixes       : 123.0.0.0/30
AdvertisedPublicPrefixesState  : Configured
AzureAsn                       : 12076
CustomerAutonomousSystemNumber : 2245
PeerAsn                        : 1234
PrimaryAzurePort               : 
PrimaryPeerSubnet              : 10.0.0.0/30
RoutingRegistryName            : ARIN
SecondaryAzurePort             : 
SecondaryPeerSubnet            : 10.0.0.4/30
State                          : Enabled
VlanId                         : 300

Microsoft ピアリング構成を更新するにはTo update Microsoft peering configuration

次のコマンドレットを使用して、構成のどの部分も更新することができます。You can update any part of the configuration using the following cmdlet:

Set-AzureBGPPeering -AccessType Microsoft -ServiceKey "*********************************" -PrimaryPeerSubnet "131.107.0.0/30" -SecondaryPeerSubnet "131.107.0.4/30" -VlanId 300 -PeerAsn 1234 -CustomerAsn 2245 -AdvertisedPublicPrefixes "123.0.0.0/30" -RoutingRegistryName "ARIN" -SharedKey "A1B2C3D4"

Microsoft ピアリングを削除するにはTo delete Microsoft peering

以下のコマンドレットを実行して、ピアリング構成を削除することができます。You can remove your peering configuration by running the following cmdlet:

Remove-AzureBGPPeering -AccessType Microsoft -ServiceKey "*********************************"

次の手順Next steps

次に、 ExpressRoute 回線に VNet をリンクしますNext, Link a VNet to an ExpressRoute circuit.